整形外科医のブログ

中堅の整形外科医が、日々の気付きを書き記します。投資の成功で働く必要が無くなりましたが、社会貢献のため医師を続けています。

アルバイト

診療報酬の高い科はどこ?

このエントリーをはてなブックマークに追加


昨日の続きです。【2017年版】診療科別・医師の年収比較~給与の高い科目はここだ! に注目してみました。





全国の病院、クリニック等の求人票の中から、地域や求められる経験年数を問わず、無作為に4,632求人を抽出した上で、提示されている給与(年収)の下限値の平均を算出しました。また、2015年版の順位と、そこからの変動額も記載しています。



66 - コピー




これはなかなか興味深い記事ですね。やはり、今最も熱い在宅医療が首位に立っています。2015年から年収ベースで131万円もアップしていることからも過熱振りがよく分かります。


整形外科も意外に検討しています。これは、脊椎外科の隆盛が関係しているのではないかと思います。リハビリテーション科も53万円アップの5位と大躍進しています。


ちなみに脊椎外科の隆盛は診療報酬の高さが原因ですが、これは国の政策誘導ではなくて治療方法のイノベーションに因るものです。


国が意図しないイノベーションの結果、従来の診療報酬体制に大きなチャンスの窓が開きました。このため、急激に脊椎外科医師の価値がアップしたのです。


ただ、国の政策方針による診療報酬上の優位ではないので、かつての眼科における白内障治療のように国によって潰されてしまう可能性が高いと考えています。


このあたりは、現時点で隆盛だからと言って、今から若い医師が新規参入するのは少し危険かもしれません。


一方、現時点で独り立ちしている脊椎外科医は、追い風が吹いている間に、可能な限り収益を積み上げることに注力するべきでしょう。


あと、下位の科を見ると、皮膚科・放射線科・眼科・麻酔科が目を引きます。いずれも2015年からマイナスとなっており、これらの科が置かれている厳しさが伝わってきます。


下位に沈んでいる理由は、やはり医師の供給過多だと思います。これらの科はQOLが高くて人気の科ですが、希望者が殺到した結果、レッドオーシャン化してしまったようです。


弁護士や歯科医師と同じく、医師も各科レベルでみると需給関係が悪化している科が存在することが垣間見れます。


途中で科を変えることは難しいので、科を選択する時には、興味があるという観点からだけではなく、需給関係も検討するべきでしょう。






★★ 『 整形外科の歩き方 』でお宝アルバイト獲得のための基本講座を公開中です! ★★






アルバイト医師は「炭鉱のカナリア」

このエントリーをはてなブックマークに追加


先日、医師のための資産形成セミナー に参加いただいた先生方を対象にしたクローズの物件見学会を行いました。見学会後の懇親会で興味深いお話をお伺いしました。


雑談の中で、勤務医の給与やアルバイト相場の話題になりました。私も以前から感じていたことですが、都市部を中心にじりじりと相場が低下しているという意見が多かったのです。


たとえば、
民間医局で検索しても最近では美容整形外科でもかつてのような高給案件は非常に少ないとのことです。美容外科医のなり手が多くなったためで、需給関係悪化が原因です。


このように、医師>病院 という力関係から、病院>医師 という力関係に変化しつつあります。このような時代の変化に気付かないと、「首を切られる」という結果になりかねません。


実際に私のアルバイト先でも、8月末で40歳台後半のアルバイト医師の首が切られました。この人は非常に横柄な態度で患者さんやコメディカルの評判がすこぶる悪かったです。


端から見ていて当然の結果ですが、一昔前ならかなり勤務態度が悪い人に対しても病院から退職勧告をすることはあまりありませんでした。


時代は変化しつつあります。医師の需給関係の悪化は確実に私たちの首を絞め始めています。しかし残念なことに、40歳台以上の医師はそのことに気付いていない方が多いです。


実際、この首を切られたアルバイト医師も何故自分が辞めさせられたのか理解できないようでした。このことを教訓にすると、私たちは環境の変化を常にモニタリングしておく必要があります。


基本的には ① 患者さんやコメディカルに対して礼節をもって接する ②常勤医のフォローをするつもりできっちりと仕事をする ことを心掛けていれば、「 しばらく 」 は大丈夫だと思います。


医師の需給関係悪化の影響は、まず立場の弱いアルバイト医師から顕在化します。アルバイト医師は、勤務医にとっての 「 炭鉱のカナリア 」 なのです。



 ★★ 『 整形外科の歩き方 』でお宝アルバイト獲得のための基本講座を公開中です! ★★


      




トンデモなアルバイト医に学ぶ

このエントリーをはてなブックマークに追加


大規模な公的病院以外では、外来診療や当直などの全ての業務を自院だけで賄うことは難しいので、アルバイト医のお世話になることが多いと思います。


私はアルバイトを受け入れる病院に勤めつつも、夜診アルバイトにも行っているので両方の視点からアルバイト医師に関わってきました。


最近の雑感を交えて、アルバイト医を論じてみたいと思います。まず10年ほど前と現在との比較ですが、若干病院側の方が立場が強くなってきている印象です。


例えば夜診のアルバイト先に、「非常勤医師なので診断書は一切書かない」「診断書が必要な患者さんは常勤医の外来受診を指示する」という人が居ましたが、半年であっさり解雇されました。


後遺症診断書などを常勤医に振るのは仕方無いですが、この人の場合は自賠責などの簡単な診断書も含めた全ての診断書の記載拒否なので病院側も非常に困ったようです。


全ての患者さんに対して他の曜日の受診を勧めていたそうで、解雇されるのも当然と思います。ただし、この人は40歳台後半の医師で、20年以上このスタイルだったのが驚くべきことです。


この人ほど酷くはないですが、1診体勢なのに完全予約制で一切新患を診ない人も居ます。まだ解雇されていないですが、この両者に共通しているのは卒後20年以上のベテランである点です。


医師の立場が圧倒的に強かった時代の考えのままベテランになったため、誰も注意できなくなったのでしょう。時代の変化を察知しなければ早晩労働市場から消える運命だと思います・・・。


医師の立場が強いのは、需給関係も大きな要因です。そして、少なくとも都市部においては医師数は充足されており、需給関係は緩んできています。


若手医師で勘違いしている人はあまり見かけないですが、私も含めた40歳台以上の医師は時代の変化を再認識する必要があるのかもしれません。


 ★★ 『 整形外科の歩き方 』でお宝アルバイト獲得のための基本講座を公開中です! ★★


      




当直は必要悪か?

このエントリーをはてなブックマークに追加


昨日は珍しく体調を崩していました。
原因はおそらく日曜日に食べた大量の焼肉だと思います。


丸一日ですが軽度の熱発と腹痛がありました。私はかなり丈夫な体なので、体調を崩すことはめったにありません。医師の私が言うのも何ですが、失って分かる健康のありがたさですね。


さて、体調が悪いと何をしてもパフォーマンスが下がります。昨日もがんばって仕事をしていましたが、目に見えて普段よりも冴えない仕事しかできませんでした。


最高の仕事をするには健康管理が重要なことを再認識しましたが、ふと当直明けも似たような状態であることに気付きました。もちろん、体調の悪かった昨日ほど冴えないわけではありません。


しかし、当直明けは何となく眠くて気だるいので、普段ほど覇気がありません。私は寝当直であってもある程度ダメージを喰らうので、仕事のパフォーマンスに悪影響を与えます。


当直は身体だけではなく仕事のパフォーマンスにも悪影響を与えるので、寝当直アルバイトは全て止めました。そして、アルバイトは割りの良い日勤もしくは夜診のみに絞っています。


若い頃は当直も勉強だと思っていましたが、冷静に考えれば当直でなくても勉強になる経験を積むことは可能です。したがって当直は睡眠時間とお金を交換しているに過ぎないと思うのです。


日本中の医師が同じ考え方だと医療体制が成り立たないのですが、私は当直は必要悪だと思っています。最高の仕事をするためにも自分の身体を一番に考えるべきではないでしょうか。



 ★★ 『 整形外科の歩き方 』でお宝アルバイト獲得のための基本講座を公開中です! ★★


      




駄ネタ: 当直バイトはマイ枕持参で!

このエントリーをはてなブックマークに追加


先日、知り合いの整形外科医師から興味深いお話を聞きました。
ある還暦に近いお歳の大学の同門の先生は、今でも当直アルバイトをされています。


さすがにお歳なので、高齢者がメインの長期療養型の病院の寝当直アルバイトだそうです。それでも夜間にときどき起こされることがあるようです。


このため、できるだけ早い時間帯から入眠するそうですが、枕がいつもと違うとなかなか寝付けないとのことでした。そして、この先生は驚くような解決策を考え出したのです。


その解決策とは、なんと自宅で普段使用している枕を当直室に持参することでした!
いわゆる「マイ枕」持参で、当直アルバイトに行っているのです。


私にこの話をしてくれた先生が実際に目撃したようで、大きな紙袋に持参のマイ枕を入れて当直室に入る姿は、少し笑いを誘う光景だったそうです。


マイ枕を使用することで、本当かどうかは分りませんが、当直中も早い時間帯から安眠できるとのことでした。確かにいくら寝当直でも、枕が変わるとなかなか寝付けないものです。


マイ枕を持参する先生は聞いたことが無かったですが、なかなかナイスアイデアだと思いました。当直中に寝付けないとお悩みの方は、一度「マイ枕」を試してみたら良いかもしれませんね。



 ★★ 『 整形外科の歩き方 』でお宝アルバイト獲得のための基本講座を公開中です! ★★


      




アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

管理人の著書
管理人によるケアネット連載コラム
log_carenet

医師のためのお金の話

管理人も参加しているオンラインサロン
勤務医のための資産形成マニュアル
築古木造戸建投資マニュアル
医師のための 金融資産形成術
医師のための金融資産形成術

タダで自宅を手に入よう!


配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。