整形外科医のブログ

中堅の整形外科医が、日々の気付きを書き記します。投資の成功で働く必要が無くなりましたが、社会貢献のため医師を続けています。

アルバイト

無料で医師賠償責任保険に加入!

このエントリーをはてなブックマークに追加


メインの病院のみの勤務であれば、仮に医療事故が発生した場合でも、その病院が加入している病院賠償責任保険で対応可能なことがほとんどです。


しかし、アルバイトに行っている場合には、アルバイト先で医療事故が発生した場合に備えて、医師賠償責任保険に加入しておく必要があります。


幸い、私はまだ一度も医師賠償責任保険のお世話になったことはないですが、不可抗力の事故も多いのでアルバイトをするのなら医師賠償責任保険への加入は必須だと考えています。


この医師賠償責任保険は結構高価で、1事故について最大2億円の支払限度額を確保しようとすると、団体割引の利く民間医局などで申し込んでも保険料は年間46,000円程度掛かります。


仮に20年間保険料を支払い続けた場合、総額が100万円近くになってしまいます。米国と比べると破格に安い保険料らしいのですが、それでも100万円という金額にはげっそりします。


そこで、医師賠償責任保険の保険料を安くする方法が無いかを調べたところ、意外なところに抜け道があることを発見しました。その方法とは「日本医師会」に入会することです。


日本医師会は、47の都道府県医師会から構成されており、それぞれの医師会は独立した法人組織です。まず地区医師会と都道府県医師会に入会した上で、日本医師会へ入会します。


日本医師会医師賠償責任保険の保険料は日本医師会の会費の中から自動的に支払われますので、同会の会員が損害保険会社と個別に保険契約の手続きを取る必要はありません。


保険会社から損害賠償金として支払われる補償限度額は1事故あたり最大1億円、年間1億円となっており、訴訟費用、弁護士費用等の訴訟費用は別枠となっています。


もし、勤務先の病院が日本医師会への加入を推奨しており、年会費(=16万円程度)を負担してくれるのなら、日本医師会へ加入することで医師賠償責任保険に無料で加入できるのです!


尚、下記の点には注意が必要です。
① 日本医師会医師賠償責任保険の免責金額は100万円
② 日本医師会には医師賠償責任保険未加入のタイプがある


勤務先の病院が日本医師会の年会費を負担してくれるのなら問題無いのですが、負担してくれない場合には2割の団体割引が利く民間医局の医師賠償責任保険を推奨します。


最高の1事故につき最大2億円の支払限度額であっても、保険料は年間58,000円 → 46,000円程度となります。10分程度のネット上の手続で完了するという利便性もメリットですね。



 ★★ 『 整形外科の歩き方 』でお宝アルバイト獲得のための基本講座を公開中です! ★★


      




医師の睡眠の質を改善する当直とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

MT proの新着記事メールで興味深い記事がありました。
「当直の“シフト制”で医師の睡眠の質が改善」 です。


Medical Tribune 2014年7月16日号に掲載予定だそうです。
以下、MT proからの転載です。


-----------------------------------------------------------------------------


医師の当直体制の違いによって当直時の睡眠の質と量は変わるのか。
当直業務に伴う睡眠不足は医師の健康を左右する要因でもある。


京都府立医科大学救急医療学の安炳文氏および滋賀医科大学睡眠学教授の宮崎総一郎氏は、医師の当直体制の違いによる睡眠への影響を検討した。


労働政策研究・研修機構が実施した「勤務医の就労実態と意識に関する調査」(2012年発表)では、医師にとって負担が最も大きいと感じる業務の1つに当直が挙げられた。


同調査では、当直中の平均睡眠時間が4時間未満の者は約半数もいるというが、医師の当直体制の違いによって当直時の睡眠の質と量にどう影響するのかは明かでない。  


そのため安氏らは,京都府立医科大学病院の卒後1,2年目の研修医を対象に、当直による睡眠への影響を検討した。当直体制は下記の3種類です。


 ① ナイトコール:  当直室で休養しながら診察依頼のコールがあるごとに救急室で診察
              当直時間18時~8時
 ② シフトワーク1: 夜間勤務前半(18時~1時)のみ救急室で継続勤務,後半は休養
 ③ シフトワーク2: 夜間勤務前半は休養、後半(1時~8時)に救急室で継続勤務


当直は曜日によって①のみの体制(指導医は非救急専従医)と、②と③をセットにした体制(指導医は救急専従医)となっている。  


当直中の睡眠の量と質の評価は、睡眠日誌やセントマリー病院質問票を用いた自覚的評価と、アクティグラフとポータブル脳波計による客観的評価により行った。


その結果,ナイトコール群に比べてシフトワーク1群で主観的な睡眠の質が有意に高かった。しかし、シフトワーク2群ではナイトコール群との間に有意差は認められなかった。


客観的評価のうち、睡眠の質の指標であるノンレム深睡眠の割合は、ナイトコール群に比べてシフトワーク1群および2群のいずれも有意に高かった(各P=0.016,P=0.042)。  


安氏らは、夜間のシフト体制は一般的な当直体制に比べて自覚的・客観的な睡眠を改善する可能性があると結論した。当直時に睡眠を取る方法を工夫する必要があるとしている。


-----------------------------------------------------------------------------



このように複数の医師による当直体制は、大学病院や日赤等の大規模な基幹病院のみだと思いますが、このような医療機関は患者数が多くて過酷な業務であることが多いです。


このような当直体制の病院では、当直室でコールを待つ一般的な当直体制から、当直時間帯を2つのシフト体制に変えることで、医師の睡眠の質が改善することを示唆するデータです。


私が勤務していた某日赤は、3名の医師(内科・外科・マイナー)が23~8時までの9時間を3時間毎にシフトする体制でしたが、連続睡眠が6時間取れる前と後のシフトは比較的体が楽でした。


もちろんCPAの搬入があると起こされますし、緊急性の高い専門科疾患の患者さんではコールされるので、6時間連続で眠れることは稀です。それでもシフト制は体に優しいと思いました。


シフト制の問題点としては、専門性を如何にして担保するかという問題点があります。専門外の疾患を診るリスクを取るか、睡眠の質を取るかの難しい選択を迫られます。


しかし私の経験上、院内に他科医師が待機している状況は、夜間であっても「あと2時間しのげば専門医にバトンタッチできる」といったように精神的には楽でした。


一般の小規模病院の1人当直体制ではシフト制は難しいですが、徐々にでも医師の当直体制が改善されるといいですね。




 ★★ 『 整形外科の歩き方 』でお宝アルバイト獲得のための基本講座を公開中です! ★★


      




大学医局の後ろ盾

このエントリーをはてなブックマークに追加


昨日は外来だったのですが、土曜日は新患が多いです。
山のような患者さんの診察をこなしていると、「胸部打撲」の患者さんが紛れ込んでいました。


「胸部打撲」でなぜ整形外科なのか?と思いながらも外科に行ってもらうように指示したところ、最初は外科受診だったのですが外科医の指示で整形外科に回されたとのことでした。


その外科医曰く、「肋骨が折れていると困るので整形外科で診察をしてもらい、もし気胸や血胸があれば外科に紹介して欲しい」というトンデモ理由だったのです・・・。


この外科医は某旧帝国大学から派遣されています。普段から職務態度が怠慢で自分の職務を放棄しています。私の立場としては、このような困った人はお引取り願いたいところです。


しかし、”医局の後ろ盾”があると、このような困った人であっても簡単に辞めさせることができないようです。それどころか経営陣的には”注意勧告”さえはばかられるような雰囲気のようです。


このことは示唆に富む話だと思います。勤務医の立場からは大学医局は鬱陶しいことが多いです。若いうちは2年毎に勤務病院のローテーションを迫られるし、研究・発表なども強要されます。


特に大学勤務中は息苦しくてたまりません。しかし大学医局から派遣されているということは、知らず知らずのうちに医局の庇護を受けていることを意味します。


大規模な公的病院を除くと勤務医は病院内での立場が強いですが、これは大学医局の庇護によるところが大きいと思います。私の勤務先でも、ピンで就職している医師は立場が弱いです。


この傾向は、50歳以上の医師で顕著です。転職先の多い30歳台の医師は気に入らなければあっさり退職しますが、50歳台になると転職が難しくなるため、ピンでは立場が弱くなるのです。


しかし残念ながら大学医局の関連病院には公的な大規模病院が多いです。公的病院は医師の待遇が悪いことが多いので、永久就職先としてはできれば避けたい選択肢です。


待遇の良い中小の民間病院は、医局の関連病院としては少数派です。そして病院の規模が小さくなればなるほど経営陣の力が強くなる傾向にあり、相対的に勤務医の立場が弱くなります。


つまり、医局派遣で待遇の良い中小民間病院に永久就職することが、勤務医としてベストチョイスだと考えられます。しかし、そのような美味しい状況を確実に実現することは難しいです。


勤務医のまま3~10億レベルの資産を築くには、勤務先病院の選択が非常に大きな影響を及ぼします。強い立場を維持しつつ、待遇の良い中小民間病院で働くことが最適解でしょう。


幸い私は上司に恵まれたこともあって、このような美味しい状況に身を置いています。しかし運の要素もあるので、普遍的にこの難問を解決する手法があれば教えて欲しいものです。




                ★★ 管理人監修の資産形成マニュアル ★★
 


管理人監修の「勤務医の、勤務医による、勤務医のための資産形成マニュアル」です。高度な医療技術で社会貢献するためには経済的安定が不可欠! という信念のもと、管理人は多くのメンターから指導を受けました。

その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。既に資産運用をしている方でも、勤務医のアドバンテージを生かした新しい考え方が見つかるかもしれません。

PDF版の販売で、30日間の返品保証付きです。当直1回分にも満たない価格なので、本マニュアルの手法を実践すれば、あっという間に元が取れると思います。 尚、医師以外の方のご購入はご遠慮ください。


情報教材表紙




アルバイトも結構勉強になります

このエントリーをはてなブックマークに追加


最近、アルバイト先で外来をしていて感じることがありました。
当然と言えば当然なのですが、医療機関によって患者層が違うのです。


比較的近いエリアにある医療機関であっても、医療機関の種類によって患者層はかなり異なります。もちろん、この年になったら初めて診る疾患はほとんど無いです。


しかし、メインの医療機関とは異なる患者さんを診る機会が増えるので、かなり長い間お目にかかる機会が無かった疾患を診断・治療することが多いです。


だいたいの感覚としてアルバイトに1回行くと、1~2個ぐらいの新しい気付きや久しぶりに診る疾患に出会います。単に私の記憶力があまり良くないだけなのかもしれませんが(笑)。


卒後10年目ぐらいまでは2年毎に病院をローテーションすることが多いですが、どんなに大規模な病院でも患者層の偏りを避けることができないことを考えると、合理的な行動だと思います。


逆に言うと1カ所の医療機関に長年勤務し続けることは、特に若いうちは避けた方が無難だと思います。1~2年するとその医療機関に最適化してしまい、新しい学びが少なくなるからです。


経済的な理由でアルバイトに行くことがほとんどだと思いますが、その気になればアルバイトも結構勉強になります。お金も稼げて知識もブラッシュアップできれば最高ですね!



 ★★ 『 整形外科の歩き方 』でお宝アルバイト獲得のための基本講座を公開中です! ★★


      




留置場からの問合せ

このエントリーをはてなブックマークに追加


先日、アルバイトで当直中の夜中の3時ごろに電話がかかってきました。
この当直バイトは寝当直で、夜中に起こされることはほとんどありません。


珍しく起こされたと思ったら事務当直の方からでした。近所にある警察署からの電話で、かかりつけの外来患者さんが逮捕されて留置場に勾留されることになったそうです。


かかりつけの外来患者さんが留置場に勾留されるにあたって、外来で処方した薬をしばらく服用しなくても大丈夫かという問合せだったのです。


カルテを確認すると高血圧・糖尿病・うつ病の内服薬でした。したがった、「明朝に内服薬を自宅から家人に持って来てもらって服用を再開したら問題無いと思います」と答えました。


すると担当の警察官は、「留置場には外部から薬を持ち込めないので、しばらく服用できなくなる」とおっしゃられました。後日に国費で新しい薬を処方するそうです。


確かに自宅から持ち込まれた薬の服用を全て許可していると、内容が分からないためとんでもないモノが紛れ込んでしまう可能性も否定はできません。勾留するのも何かと大変そうです・・・。


私は休肝日と自分だけの時間を取るために寝当直バイトをしていますが、ときどきこのような珍しい体験をすることがあります。寝当直と言っても、完全には侮れませんね。




 ★★ 『 整形外科の歩き方 』でお宝アルバイト獲得のための基本講座を公開中です! ★★


      




アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

医療研究を身近な存在とし、医療の未来を作る


管理人の著書

161228 【書影】医師の経済的自由
管理人によるケアネット連載コラム
log_carenet

医師のためのお金の話

管理人による m3.com 連載コラム
管理人も参加しているオンラインサロン
勤務医のための資産形成マニュアル
築古木造戸建投資マニュアル

医師のための築古木造戸建投資マニュアル 1
REITで実践する不動産投資セミナー
190122
医師のための 金融資産形成術


配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール

自由気ままな整形外科医

・医学博士
・日本整形外科学会専門医
・日本リウマチ学会専門医
・不動産投資家
・超長期金融資産投資家
・ビジネスオーナー
・宅地建物取引主任士

QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。