整形外科医のブログ

中堅の整形外科医が、日々の気付きを書き記します。投資の成功で働く必要が無くなりましたが、社会貢献のため医師を続けています。

投資家マインド

ケアネット:資産づくりで結果を出す人だけが知る「3つの心掛け」

このエントリーをはてなブックマークに追加

ケアネット・ドットコムの連載企画【医師のためのお金の話】第 25回が、本日アップされました。お題は、資産づくりで結果を出す人だけが知る「3つの心掛け」 です。



log_carenet



今回は、資産づくりで結果にコミットするための、3つの心掛けを紹介しました。実際の資産づくりにおいては、ハウツーよりも物事に対する取り組み方が重要だと感じます。


その理由は、資産づくりにおいて「トラブルなく結果を出すことは不可能」だからです。いかにして困難や問題点を乗り越えるかが、資産形成を成功に導く秘訣です。


ついつい私たちは枝葉の知識に目を向けがちですが、本当に成功したいのであれば根幹を成す投資に対する考え方や心構えが重要だと信じています。


人生に失敗やトラブルはつきものです。そして、日常臨床や研究と同様に、トラブルと向き合い乗り越えてこそ結果を出すことができます。


今回はトラブルを乗り越えるための TIPSをまとめてみました。これらの TIPSは資産づくりだけではなく、日常臨床や研究で行き詰ったときにも役に立つと思います。


3分で読了可能なので、是非ケアネット・ドットコムの連載企画【医師のためのお金の話】第 25回を訪問してください!






★★  医師のキャリア革命(オンラインサロン)  ★★


「経済的自由」を手に入れるために Facebookを利用した非公開のオンラインサロンに参加してみませんか?



gg - コピー




本サロンの目標は、参加者全員に生涯途絶えることのない "複数の収入の流れ"  を得るための " 学びの場 "  を提供することです。


資産形成マニュアルで、医師が効率よく資産形成を実践するノウハウを公開しましたが、本サロンはそのフォローアップの場と位置付けています。


それぞれの参加者たちが得た知識や体験を共有し、集合知を形成する。集合知は、サロンのメンバーが未知の航海に旅立つ際の羅針盤となる


そのような " 学びの場 "  を

  •  整形外科医のための英語ペラペラ道場
  •  整形外科医のブログ 

​ ​
がタッグを組んで運営します!!
参加希望の先生方は、こちらからお願いします




大量行動には締め切り効果の活用を!

このエントリーをはてなブックマークに追加


日々、時間に追われている先生は多いことでしょう。かく言う私も、最近は時間に追われまくっています。ちょっと普通ではない量の業務をこなしていることが原因です。


さて、このような事態に至ったときには、業務の断捨離を行うのもひとつの選択肢です。他者から依頼される長期的に見て重要ではない業務を断ることが第一選択です。


もちろん、立場的に断れないことも多いですが、断れる業務をすべて断ったとして、それでも「長期的に見ても重要」な業務が大量にある場合どうすればよいのでしょうか?


私は、まず最も重要度の高いことから取り掛かります。そんなの当たり前じゃないか!と思うでしょうが、普通は最も早く対応しなければいけないことから始める人が多いです。


「最も重要度の高い」と「最も早く対応しなければいけない」は、別物であることがほとんどです。そして重要度の高いものは時間がかかる場合が多い...。


このため、最も重要度の高いことから取り掛かると、泥沼にはまることにもなりかねません。それでも敢えて、私はリスクを取ってでも最も重要度の高いことから取り掛かります。


その理由は、締め切り効果を狙っているからです。自分を追い込んで限界以上のパフォーマンスをあげるのは苦しいことです。


しかし、結果を出すには大量行動が必要です。そして、大量行動を実践するには締め切り効果を利用するのが手っ取り早いのです。


少々ストイックな気もしますが、日々大量行動を実践するには締め切り効果を利用して、ガンガンやっていくのが吉だと考えています。最重要事項から取り掛かろう!なのです。






★★ お宝アルバイト獲得のための基本講座を公開中です! ★★






スペックの高さに慢心するな!

このエントリーをはてなブックマークに追加

私は医師なので日常的に接するのは医療業界の人間が多いですが、やはりその中でも医師は非常に人間としてのポテンシャルが高いと感じています。


何か新しいことをしなければいけない時でも、医師の場合は多少ほったらかしにおいても自分で解決できる人が多いです。飲み込みが速く、スイスイと仕事を進めていきます。


このことは私たちにとって普通の感覚ですが、一般的に言うと珍しいケースだと思います。やはり現在社会において、基本的なポテンシャルの高さは非常に有利です。


一方、医師には業務遂行能力がとても高い人が多いものの、世の中をうまく渡っているかと言うと、どうもそういう印象を受けないのは残念なことです。


医師は飲み込みがとても早くて仕事もソツなくできる人が多いのに、なぜ人生で成功している人が少ないのでしょうか?


長年、このことは私にとって大きな疑問のひとつでしたが、最近になってその理由が何となく分かるようになってきました。


それは、本当の意味で社会的に成功できるか否かは、自分で考えて自分の意志で行動できるかにかかっているからです。


自分で考えて行動できる人は世の中には少ないので、成功する人も少ないことになります。職業人としてのポテンシャルの高さは、手持ちツールが優れているに過ぎないのです。


確かに自分の持っているポテンシャルが優れていると、何かに取り組む時に有利になります。しかし、重要なことは素晴らしいポテンシャルを持ってることではありません。


そうではなく、自分で方針を立ててそれを実行する力の方が大きなウエイトを占めると思います。方針を立てて実行することの方が、自分の持つポテンシャルよりも上位なのです。


いくら性能の良い自動車を所有していても、行き先を決めていなかったり燃料が無いと移動ツールとしての真価を発揮できません。目的地や燃料がなければ鉄の塊に過ぎないです。


このことは非常に残念なことだと感じています。せっかく素晴らしいポテンシャルなのに、それを利用する機会がなく人生を無為に過ごしている人が非常に多い気がします。


そして残念なことに、職業人としての能力の高さは永遠ではありません。年齢を重ねるごとに経験値は増えるものの、身体的スペックは落ちていくためです。


トータルとしての実力は、ある一定の年齢に達すると下り坂になっていきます。そして総合力が下り坂になる頃になってはじめて、何かがおかしいと気付くのです。


そして、残念ながらその時にはすでに時期を逸していることが多いです。そうならないためにも、若い頃から自分の力で考えて行動する習慣をつけておくことが大事だと思います。


日本の社会では、若いうちは上から言われたことを愚直にこなすだけで問題ないと考えがちです。しかし、それではいけないと思います。


例えば臨床や研究において上司から言われた方針を愚直にこなしているだけではダメだと私は考えます。自分の力で考え、実行することを若いうちから考えておくべきでしょう。






★★  医師のキャリア革命(オンラインサロン)  ★★


「経済的自由」を手に入れるために Facebookを利用した非公開のオンラインサロンに参加してみませんか?



gg - コピー




本サロンの目標は、参加者全員に生涯途絶えることのない "複数の収入の流れ"  を得るための " 学びの場 "  を提供することです。


資産形成マニュアルで、医師が効率よく資産形成を実践するノウハウを公開しましたが、本サロンはそのフォローアップの場と位置付けています。


それぞれの参加者たちが得た知識や体験を共有し、集合知を形成する。集合知は、サロンのメンバーが未知の航海に旅立つ際の羅針盤となる


そのような " 学びの場 "  を

  •  整形外科医のための英語ペラペラ道場
  •  整形外科医のブログ 

​ ​
がタッグを組んで運営します!!
参加希望の先生方は、こちらからお願いします




時間管理マトリックスを行動指標に!

このエントリーをはてなブックマークに追加

今週はお盆だったので長期(?)休暇を取得していました。今年は引越しが直近に迫っているため海外旅行はお預けです。


荷造りに疲れたら海や川に遊びに行きました。ちょこっとだけクラブフロアに行きましたが、メインは自然の中で過ごしていたのでまるで童心に帰ったようです。


やることは多いとは言っても単純作業なので、生産性はほぼゼロの時間を過ごしていました。単純作業はアタマが空っぽになるのでストレスフリーです(笑)。


実は私がこのような無為な時間を過ごすことは極めて珍しいです。貧乏性なので時間を効率的にアレンジして、ガンガン業務を回していく質だからです。1分1秒がもったいない...


普段の私は、時間管理のマトリックスをベースにしています。時間管理のマトリックスは、7つの習慣 の内の第三の習慣「最重要事項を優先する」で紹介されています。







主にビジネスにおいての時間の使い方の指標として重宝されていますが、これをビジネスだけに留めておくのは非常に勿体ないと思います。


ビジネスや仕事だけではなく、日々の生活や資産形成にまで対象を広げてこの時間管理を適用すると、より有意義だと思います。下図はプレジデントオンラインからの抜粋です。



時間管理マトリックス - コピー




時間管理のマトリックスでは、日々の行動を「緊急性」と「重要度」に従って4つの領域に分割しています。


  • 第1領域: 必須:緊急性も重要性も高い
  • 第2領域: 価値:緊急性は低いが重要性は高い
  • 第3領域: 錯覚:緊急性は高いが重要性は低い
  • 第4領域: 無駄:緊急性も重要性も低い


このうち、最も重要な領域はどれでしょうか? 多くの人は第1領域であると考えますが、長期的な視野に立つと第2領域に充てる時間を意識的に増やすことが重要です。


第2領域の具体例を見てみましょう。具体的には、人間関係づくり、健康維持、勉強や自己啓発、大きな目標の実現に向けた活動などが挙げられます。


自主的に取り組むことが難しそうで、すぐに結果を出せないものばかりです。しかし、自分の成長のためにも長期的に取り組み続けることが必要となります。


一方、第1領域はあくまで戦術の域を出ません。ここに全労力を注ぎ込んでも自らのビジネス・資産の成長はさほど見込めません。もちろん第
3・4領域は「重要」ではありません。


そこで、自らの1日の行動が第1~4のどの領域に当てはまるのかを分類し、最も重要な第2領域と思われるものを抽出しました。

  • 戦略策定(経営戦略の実行、資産形成戦略の検討)
  • 読書
  • 勉強
  • 情報教材執筆

残念ながら、私の時間の中では上記4つしか
第2領域に該当するものは無さそうです。自分の1日を棚卸すると、意外なほど第2領域が少ないことに気付きます。


まぁ、普通にやっていれば緊急性の高い第1領域や第3領域ばかりになりますね。しかし、人生の質はいかにして第2領域に充てる時間を多くするかで決まります。


資産形成における「給与天引き貯蓄」の応用版として「時間の天引き」を考えます。まず第2領域のタスクから開始することが望ましいでしょう。


そして残った時間を第1領域と第3領域に充てます。可能であれば、第2領域のタスク以外は可能な限り他人に振ることを考えます。


この手法は、まず大事な第2領域の時間を確保してから、残りの時間で第1領域や第3領域を実行するのです。エラソーに書いていますが、言うは易く行うは難しの典型です...


第4領域はできるだけ少なくするべきですが、気付けばどっぷりつかっていることも多々あります。まだまだ精神力が弱いですね(笑)。






★★ 医学知見探求サービス ★★


医学知見を医師ユーザー同士で発信・共有するコミュ二ティに参加しませんか? 

quotomy - コピー


「医師と医学知見との出会いを再定義する」 Quotomy(クオトミー)は、臨床現場で働いていると個人で医学知見をキャッチアップすることが難しい、という臨床医の切実な痛みから誕生しました。


忙しい日常の中で、医学知見を得たり、発信したりすることが難しくなっています。 時間的・地理的制約のために、学会や勉強会への参加もできない環境で働く医師もいます。


知への探求を諦めていませんか?


抄読会をする感覚で、Quotomyで論文を読んだ感想や気づきをシェアしましょう! お気に入りのユーザー同士はフォローでき、お互いのアクションを確認できます。


Quotomyは現在ユーザー登録受付中です!
登録は こちら からお願いします。



何事もスピードが命!

このエントリーをはてなブックマークに追加

事業を立ち上げる際、最も重要なものの一つにスピードがあります。スピードと言っても処理能力を上げるということではありません。


何事に対しても迅速に反応して、後回しにすることをできるだけ避けるという意味です。その中でも私が特に重要視しているのは、決断に関するスピードです。


決断の速さですが、これはなかなかハードルが高いことです。決断するということは、自分の決定がその後に大きな影響を及ぼすということになるからです。


人は自分が決断したことで失敗すると、実際の被害の大きさよりも強く感じると言われています。このため、一般的には決断を回避する行動をとる人が多いです。


一方、何かをする時には決断しなければならないのですが、実際のところいくら考えても良い判断ができるとは限りません。


往々にして決断の遅い人はトレーニングを積んでいないため、いくら熟慮しても正確に判断できないことが多いです。むしろ決断の速い人の方が、決断の質が高い印象を受けます。


私の実感としては、迅速にその場で決断したことも、1週間~1ヵ月かけて考えて決断したことも、結果的には大して変わらないらないことが多い印象です。


結論が大して変わらないのであれば、考える時間がもったいないのですぐに決断したほうがいいということになります。


もちろん何の思考もせずに直感だけで判断するのは愚の骨頂です。そうではなく、限られた時間の中で可能な限り情報を仕入れ、その情報を基に可能な限り迅速に判断をするのです。




私の決断に要する時間


私は、事業上の決断をするときには 1営業日以内にできるだけたくさんの資料を集めて人から話を聞き、その結果として決断することが多いです。


物件購入に関してはさらに迅速です。現在所有している10物件のうち、即決した物件は半数に及びます。それ以外の物件も 30分~数時間以内に決断します。


これぐらいのスピード感が無いと、不動産投資において成功することは難しいのではないかと考えています。




事業スピードは小さな決断の積み重ね


次にどんどん前に物事を進めていく速さですが、これに関しても小さな決断の積み重ねだと思っています。物事を前に進めるのは小さな決断の積み重ねだからです。


このような小さな決断を迅速にどんどん決断して行きます。もちろんこれらの決断が最終的に間違っているということも多々あります 。


しかしここで失敗を恐れては物事が回っていきません。自分の命がなくなったりや資産の半分以上が消失するような重大な失敗以外は、ある程度の失敗は許容する度量が必要です。


そうすることによって、小さな決断をしやすくなり物事がどんどん早く進んでいくようになります。物事が好転していくのです。


日本の教育ではじっくり考えて物を決めていくということが尊ばれている傾向があります。しかし、実際の社会ではゆっくり考えて結論を出すことは得策ではありません。


日々小さな決断を積み重ねてどんどんと物事を進めていき、大きな決断も即決即断できるようになってくると資産拡大スピードが劇的に増えるのではないでしょうか。






★★ 管理人監修の資産形成マニュアル ★★
 


管理人監修の「勤務医の、勤務医による、勤務医のための資産形成マニュアル」です。高度な医療技術で社会貢献するためには経済的安定が不可欠! という信念のもと、管理人は多くのメンターから指導を受けました。

その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。既に資産運用をしている方でも、勤務医のアドバンテージを生かした新しい考え方が見つかるかもしれません。

PDF版の販売で、30日間の返品保証付きです。当直1回分にも満たない価格なので、本マニュアルの手法を実践すれば、あっという間に元が取れると思います。 尚、医師以外の方のご購入はご遠慮ください。



情報教材表紙




アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

医療研究を身近な存在とし、医療の未来を作る


管理人の著書

161228 【書影】医師の経済的自由
管理人によるケアネット連載コラム
log_carenet

医師のためのお金の話

管理人による m3.com 連載コラム
管理人も参加しているオンラインサロン
勤務医のための資産形成マニュアル
築古木造戸建投資マニュアル

医師のための築古木造戸建投資マニュアル 1
REITで実践する不動産投資セミナー
190122
医師のための 金融資産形成術


配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール

自由気ままな整形外科医

・医学博士
・日本整形外科学会専門医
・日本リウマチ学会専門医
・不動産投資家
・超長期金融資産投資家
・ビジネスオーナー
・宅地建物取引主任士

QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。