整形外科医のブログ

中堅の整形外科医が、日々の気付きを書き記します。投資の成功で働く必要が無くなりましたが、社会貢献のため医師を続けています。

投資家マインド

書評: イノベーション・オブ・ライフ

このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、イノベーション・オブ・ライフという書籍を拝読しました。この書籍はハーバード・ビジネススクール(HBS)の名物教授による書籍です。








原題は ” How Will You Measure Your Life? " であり、内容的にも邦題の「イノベーション」が冠せられている意味が分かりませんが、書籍自体はそこそこ感銘を受けました。


企業経営論を人生に応用することで、より良い人生を送る指針とすることを説いています。仕事で直面する問題の多くは、家庭で経験する問題と本質的に同じというスタンスです。


HBS教授である著者が、仕事上で学んだ企業経営の知識を、いかにして彼自身の人生に応用して、人生・子育て・家庭生活をより良いものにしていったかを論述しています。


HBSの教授という世俗的には成功の極めに立つ著者が、素晴らしい人生を送るためにどのような心掛けをしているのか? 


私が最も感銘を受けたのは、限られた「自分の時間」という貴重な資源を、いかにして戦略的に人生に「投資」していくのかを詳述している点です。


確かにリアルワールドでの事業や投資は、限られた資源(資金)を有効活用するために、投資するべき対象を苦心しながら取捨選択する小さな決断の連続です。


このことに関しては、所有している資産が100万円であっても1億円であっても同じことで、資産規模に関わらずビジネスオーナーや投資家が一様に悩み苦しむ問題点です。


ビジネスや投資では、資金配分をするための定石がある程度あります。そして、人生においても、「時間
という貴重な資源を、有効に投資する考え方が提唱されています。


最後に、成功のダークサイドについても詳述しています。成功のダークサイドといえば神田昌典氏の 成功者の告白 が有名ですが、少し異なる切り口での対策を知ることができます。


地位や名誉を得たり、経済的に富裕になることが、幸せな人生に結び付くのか? 残念ながら、それだけでは必要条件のひとつに過ぎません。


底辺から這い上がる過程では見えないモノを、あらかじめ知っておくことは非常に有用です。成功のダークサイド対策には神田氏の書籍がお勧めですが、この書籍も悪くありません。


ただし、予備知識があったとしても、成功のダークサイドを完全に回避するのは難しいことを、最後に付け加えておきます。特に医師の方は、充分に注意する必要があると思います。





★★ 発刊後3週で増刷決定! ★★
 


当ブログ管理人書き下ろしの書籍が、中外医学社から発刊されました。「経済的に自由な医師」になることで、医師としての充実感と経済的成功を両立できる道があります。


本著では、資産形成論とマインドを学ぶことができます。具体的な手法は勤務医のための資産形成マニュアルに譲りますが、医師に特化した資産形成の入門書として是非ご活用ください!




161228 【書影】医師の経済的自由







本物のコミュニケーション能力とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、現在注力中の医療系スタートアップ・ビジネスの営業の帰りに、紀伊國屋書店に寄りました。何気に医学書のブースをうろついていると、拙書を発見しました!



キャプチャ - コピー



さすが、1000坪以上の売場面積を誇る大型書店は違いますね。実際に拙書が書店棚に陳列されているのを見るのは初めてです。しかし、この状態では誰も買わないだろうな(笑)。


ちなみに、下の画像は、札幌で開催された第46回日本脊椎脊髄病学会学術集会の書店風景です。これは目立っていていい感じですが、ちょっと恥ずかしいかもです(笑)



555 - コピー





さて本日の話題は、コミュニケーションです。コミュニケーション能力は、医師として成功するために、そして起業や不動産投資で成功するためにも必要不可欠な能力です。


私は、生まれつき人見知りする性格です。このため、営業はさぞ大変だろう? と思われがちです。しかし、そんなことはありません。この日も喜々として営業廻りしていました。


人見知りの性格ながら、社会的なコミュニケーション能力はそれなりに備わっているようです。それでは、私の思うコミュニケーション能力とは何なのか? 


一般的に「 コミュニケーション能力の高い人 = 誰とでも仲良くなれて花のある人物 」と目されているのではないでしょうか?


例えば、学生時代にクラスの人気者だった人や、飲み会で目立つ人、異性にモテる人(笑)。確かにこれらに該当する人は、一種のコミュニケーション能力が高い人でしょう。


しかし、これらに該当する人が、社会人として成功するとは限りません。いや、ほとんど相関性が無いと言った方が正確かもしれません。


学生時代やアフターで輝くためのコミュニケーション能力など、実社会では何の役にも立たないのです。それでは、どのようなコミュニケーション能力が必要とされるのでしょうか?


私が思う社会で成功するためのコミュニケーション能力とは下記のごとくです。

  1. 相手へのリスペクトを忘れない
  2. 相手の属性や立場に関係なく、わけ隔てない態度で接する
  3. (ある特定分野における)自分の能力・経験に自信がある
  4. 幅広い分野の知識・経験をもっている
  5. 相手が欲しがる知識・経験をもっている
  6. 相手の利益に対して常に配慮する
  7. 複数の実力者同士のコミュニティーに属している



上記は、本当にコミュニケーション能力?って思う人がほとんどではないでしょうか(笑)。そう、一般的に想像されがちな、飲み会の花的な人物像とは全く異なります。


プライベートでは、学生時代の延長の(子供じみた)コミュニケーション能力もアリだと思います。しかし、実社会では、そんなつまらない能力は全く必要とされていません。


30~40歳台にもなって、何の生産性もない話に毎日興じている人は、相手にされなくなります。少なくとも私は、ゴルフや車や女性の話ししかしないヒトには興味無いです。


私はできるだけ、異なるコミュニティーの人と会うようにしています。ビジネスも投資も、成功の秘訣は人との出会いです。異なるコミュニティーの人との出会いを大切にしましょう。


この1週間、自分の職場や医療関係者以外との会話が無かった方は要注意です。かなり自分の世界が狭く偏っている可能性が高いです。


特に、医師は上記①②が欠如している人が多い印象です。コメディカルやMRにタメ口の人は注意しましょう。③~⑤に関しては、相手が医師である場合、自分の専門分野は該当しません。


該当するとすれば、あなたが自分の専門分野で超一流の場合のみです。少なくとも私にとって最も退屈な話題は整形外科です。それほど同業者に一目置かれることは難しいのです。


そんな面倒なことはせずに、ポイントをずらした方が楽です。私は、不動産・スモールビジネス・金融資産投資・旅館経営・ブログ運営などで、それなりの知識・経験を有しています。


このため、医師・投資家・ビジネスオーナーのいずれの属性の方とも、問題なくコミュニケーションをとることができます。相手に提供できる話題は尽きないのです。


唯一、私が弱点とするのは、若い女性です。彼女たちのニーズに応えることができる話題は、ほとんど持っていないので・・・。よく考えるとつまらない人間ですね(笑)。





★★ 発刊後3週で増刷決定! ★★
 


当ブログ管理人書き下ろしの書籍が、中外医学社から発刊されました。「経済的に自由な医師」になることで、医師としての充実感と経済的成功を両立できる道があります。


本著では、資産形成論とマインドを学ぶことができます。具体的な手法は勤務医のための資産形成マニュアルに譲りますが、医師に特化した資産形成の入門書として是非ご活用ください!




161228 【書影】医師の経済的自由







人々がレッドオーシャンへ向かう理由

このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、所有ビルの1Fで営業しているレンタルバーに、3名の方をお招きしました。現在、注力しているビジネス関係の協議がメインの目的です。



666 - コピー



お越しいただいた3人のメンバーは、日本最大級の某大家の会の幹部の方、私の不動産メンターのひとりの方、および司法書士事務所を経営している太田垣章子先生です。


太田垣先生は、プロ野球の球団のオリックス・ブルーウェーブの広報として3年間勤務したことがあるほどの才媛で、賃貸関係のトラブルに強い美人司法書士です。


そうそうたるメンバーをお迎えするために、私の宿泊施設のHPのモデルになってもらっている、トリリンガルの美人女子大生をスタッフに抜擢して当日に臨みました。


最初は、まじめにビジネスの話をしていたのですが、シャンパンを2本空けたあたりから酔いがまわってきて、いつものようなへべれけな状態になってしまいました(泣)。


しかし、全く収穫が無かったわけではなく、それなりに有意義な時間を過ごすことができました。それは、ビジネスや投資を行う際の戦略の概要を頭の中で整理できたことです。


話の中で、私が5つの分野でスモールビジネスを展開しているのは、相関性を低くしてキャッシュフローを安定化させるためか?と訊かれました。 一見そのように見えるかもしれません。


しかし、私は基本的に隣接領域への進出を心掛けています。このため、基本的には少しずつオーバーラップした分野になるため、全くバラバラの分野というわけではありません。


4つの全く異なるコア領域(医療、不動産、金融資産投資、ITマーケティング)の隣接分野なので、結果的には5つのスモールビジネスの相関性は極めて低くなっています。


しかし、相関性の無い分野で、同時にビジネス展開することは一般的にご法度です。 その理由は、生き残りを賭けて切磋琢磨している集団の中では、生半可な努力では通用しないからです。


彼らとの競争に打ち勝つためには、こちらもリソースを集中して、途方もない努力をする必要があります。ガチンコ勝負で他人を制するのは並大抵なことではありません。 


このため、関連性の無いビジネスを同時展開することは、極めて不利な状況に陥ってしまいがちです。それでも相関性の低い分野での起業を続けているのは、私の戦略が他にあるからです。


それは、「時流に乗る」と「専門性を高めて競合に打ち勝つ」のどちらの勝率が高いのかについての判断に寄ります。私は「時流に乗る」方が、勝率が高いと考えています。


このため、初めての分野に挑戦することに躊躇しないのです。言い換えればブルーオーシャンでの戦いか、レッドオーシャンでの戦いのどちらを選びますか? という問いになります。


ほとんどの人は、総論ではブルーオーシャンでの戦いを選択するでしょう。しかし、現実社会においてブルーオーシャンを探求して、自ら未知の世界に跳び込む人はほとんど居ません。


それは、その道の先に本当に目的地が存在するのかさえ判断できないことに加えて、教えてくれる人も学ぶべき教科書も無い状況下で、独力で道を切り開いていく必要があるからです。


ほとんどの人は、このような「博打」を嫌って、確実にそこに存在する収益の海に向かいます。その結果、多数の人が特定の分野に押し寄せて、血みどろの戦いを繰り広げているのです。


たしかに、未開の道の先には何も無いことが多いです。世の中、そんなに甘くないですから・・・。このため、道の選択は慎重に行う必要があります。


しかし、ある程度以上は考えても分からないので「宝くじ」を買うつもりで、新規事業を立ち上げてみるのが、実は成功への近道かもしれません。





★★ 管理人の著書  「医師の経済的自由」 ★★
 


当ブログ管理人書き下ろしの書籍が、中外医学社から発刊されました。「経済的に自由な医師」になることで、医師としての充実感と経済的成功を両立できる道があります。


本著では、資産形成論とマインドを学ぶことができます。具体的な手法は勤務医のための資産形成マニュアルに譲りますが、医師に特化した資産形成の入門書として是非ご活用ください!




161228 【書影】医師の経済的自由







仕事を道楽にするのは富裕層の特権!

このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、整形外科医のゆるいブログで、興味深いコメントがありました。それでもゼロからスタートする富裕層への道 パート11 後からちょっと修正 の中のコメントです。




コメント一覧
  • 1. ?
    1. 2017年03月28日 09:35
        何で超富裕層になっても働いてるんですか?
  •  



    ゆるい先生は超富裕層に到達しているのに何故仕事を続けているのか? という質問です。コメントされた方の頭の中は 「 超富裕層=リタイア 」 という図式のようです。


    知らない方も多いかもしれませんので、日本で一般的に考えられている富裕層の定義について説明します。野村総合研究所によって提唱されている定義が最も有名です。




    5555 - コピー




    純資産ベースでの分類であり、純資産1億円以上を富裕層と言います。ちなみに超富裕層とは純資産5億円超の世帯で、全世帯の0.13%しか存在しないようです。


    確かに、1000人にひとりのお金持ちであるのなら、働かなくてもいいのにと思っても不思議ではありませんね。コメントされた方の気持ちはよく分かります。


    ただ、ゼロから独力で超富裕層まで這い上がった人間で、そのようなメンタリティの方は少数派だと思います。逆に、何故リタイアしなければならないんだ? といった感覚でしょう。


    コメント主が質問されていたライフスタイルに関しては、富裕層といっても大して一般の方と変わらないと思います。実際、1億円程度の資産では遊んで暮らすなど到底できません。


    では、5億円の資産ならどうなのか? 残念ながら5億円でも十分とは言えません。以前、新教授はヒエラルキーの最底辺?!で御紹介したのと同様に、5億円では超富裕層の最底辺です。


    苦労してヒエラルキーの頂点である超富裕層に到達しても、それは新たな(超富裕層内の)ヒエラルキーの最底辺での戦いの始まりでもあるのです。


    そして実際に、超富裕層に到達してみると、今まで見えなかった「資産数十億円クラスの巨人」が闊歩していることに気付きます。活動のフィールドが違い過ぎて、感知できなかったのです。


    彼らからみると、ようやく超富裕層に這い上がったばかりの「ひよっこ」など取るに足らない存在です。このように、上に目を向けるとキリが無いのが現実です。


    では、「富裕層や超富裕層に到達してもしょうがないな」と思うところですが、やはり到達するだけの価値はあると思います。私が思う価値は下記のごとくです。


    1.  仕事を道楽にできる
    2.  その気になれば、他人の指図を受けなくて済む


    特に①は、何事にも代え難いです。本田静六翁もおっしゃられてように、仕事を道楽にできることほど素晴らしいことはありません。






    強がりではなく、本当の意味で仕事を道楽にできることは、富裕層や超富裕層の特権だと思います。働くって素晴らしいことです。特に医師の場合は、充足感がたまりません(笑)。


    一般的に、ゼロから始めて富裕層や超富裕層に到達するには、起業するしかありません。サラリーマン(給与所得者)ではなかなか到達できない領域なのです。


    しかし、医師に関しては起業(=開業)しなくても、やり方さえ適切であれば、富裕層ぐらいは充分に到達可能です。 そして、かなりの努力と運があれば、超富裕層も夢ではありません。


    一般的な企業オーナーと異なり、(病院経営者や多店舗展開クリニックのオーナーを除いて)勤務医や開業医の超富裕層は、時間当たりパフォーマンスのミスマッチが発生します。


    つまり、自分の時間を収益に変換するビジネスモデルなので、純資産が5億円を超えてくると、どれだけ効率良く働いても「割に合わない」という現象が発生するのです。


    それでも仕事を道楽にしていると、そんなことはさほど気になりません。一度きりの人生ですから、判断基準がお金だけでは寂し過ぎます。


    自分が苦労して体得した技術を社会に還元することは、自分の精神の充足にもつながると思うのです。






    ★★ 管理人監修の資産形成マニュアル ★★
     


    管理人監修の「勤務医の、勤務医による、勤務医のための資産形成マニュアル」です。高度な医療技術で社会貢献するためには経済的安定が不可欠! という信念のもと、管理人は多くのメンターから指導を受けました。

    その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。既に資産運用をしている方でも、勤務医のアドバンテージを生かした新しい考え方が見つかるかもしれません。

    PDF版の販売で、30日間の返品保証付きです。当直1回分にも満たない価格なので、本マニュアルの手法を実践すれば、あっという間に元が取れると思います。 尚、医師以外の方のご購入はご遠慮ください。



    情報教材表紙




    年下に教えを乞うのもひとつの才能

    このエントリーをはてなブックマークに追加

    自分の人間関係について考えたことはあるでしょうか?
    もし、あなたがまだ20歳台なら、あまり深く考える必要は無さそうです。


    何故なら、周囲のほぼ全員が社会での先輩にあたるため、とりあえず頭を下げて教えを乞う姿勢で問題ないからです。リープフロッグ現象に過度の期待を寄せることは禁物です。


    しかし、30歳を超えて卒後10年目ぐらいになってくると、立ち位置が微妙になってきます。医師として、社会人としての実力が付くにしたがって、他人に頭を下げられなくなってくるからです。


    そして、40歳を超えてくると更に顕著になっていきます。周囲で自分よりも上の立場(主に年齢ですが・・・)が少なくなるので、意識や態度が横柄になってくるのです。


    特に、医師ではこのことが顕著になってきます。何故なら、医師が頭を下げなければならないのは、自分よりも年上の医師だけのことが多いからです。


    狭い医療業界の中だけなら、まだ通用するかもしれません。しかし、医療業界から一歩外に出ると、「年下に頭を下げない変なプライド」が邪魔をして人生に災害をもたらすことがあります。


    「自分が一番物事を知っている」「年下の人間に頭を下げて教えを乞うなどありえない」と一瞬でも思った方は、かなりアブナイ状態かもしれません(笑)。


    このような方が陥ってしまいがちなのが、こちらでご紹介したような悲惨なケースです。ひとりの人間が、世の中の森羅万象の全てに通ずることは不可能です。


    そして、自分よりも年下であっても、ある特定分野で素晴らしい知識や経験をもっている人はたくさんいます。優れた人から教えてもらうことほど、効率の良いことはありません。


    仮に自分の得意分野であっても、自分よりも年下だからと言って門前払いすることは百害あって一利無しなのです。私の場合も、不動産メンターのひとりは、私よりも10歳年下の方です。


    不動産投資に関しては天才的な能力を持っているので、この方から受ける教えは非常に役に立っています。アドバイスに素直に従うことで、大きな利益を上げることに成功しました。


    私は、できるだけ人の年齢は気にかけないようにしています。フォーカスするのは、その人の年齢ではなく実力です。自分よりも実力が高ければ、年下であっても頭を下げて教えを乞います。


    不動産投資に限らず医療業界であっても、知らないことはあっさり訊くようにしています。訊く相手は医師に限らず、薬剤師・看護師・理学療法士・検査技師・事務の方等なんでもアリです。


    医師になって本当に良かったと思うことのひとつは、教えを乞う時に喜々として教えてくれる人が多いことです。あらゆる分野で、この特権(?)を活かさない手はありませんね。





    ★★ 管理人の著書  「医師の経済的自由」 ★★
     


    当ブログ管理人書き下ろしの書籍が、中外医学社から発刊されました。「経済的に自由な医師」になることで、医師としての充実感と経済的成功を両立できる道があります。


    本著では、資産形成論とマインドを学ぶことができます。具体的な手法は勤務医のための資産形成マニュアルに譲りますが、医師に特化した資産形成の入門書として是非ご活用ください!




    161228 【書影】医師の経済的自由







    アクセスカウンター
    • 今日:
    • 昨日:
    • 累計:

               管理人の著書
       勤務医のための資産形成マニュアル
          医師のための 資産形成講義
    2015神戸セミナー

          築古木造戸建投資マニュアル
          医師のための 金融資産形成術
    医師のための金融資産形成術

            タダで自宅を手に入よう!
       資産形成のコンサルテーション・サービス


    配送無料! 医学書 購入サイト
    プロフィール
    タグクラウド
    QRコード
    QRコード
    記事検索
    メッセージ
    免責事項
    免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。