整形外科医のブログ

中堅の整形外科医が、日々の気付きを書き記します。投資の成功で働く必要が無くなりましたが、社会貢献のため医師を続けています。

投資家マインド

ストリートスマートを目指せ!

このエントリーをはてなブックマークに追加

実社会で生きていると、組織の歯車になっている人を除いて学歴はあまり関係無い印象を抱きます。高学歴だからと言って特別なパフォーマンスを期待できるわけではありません。


医師としての技量に出身大学との相関があまり無いのと同様に、学歴というカンバンが必要なアカデミアを除くと、実社会で成功する要素に明確なものはありません。


特に社会人歴云十年になってくるとそのことを痛感するようになってきます。高校の同級生で東京大学に進学した奴は多いですが、羨ましい状況はほぼ皆無です...。


一般的に、「本を読んで賢くなった人」をブックスマート「勉強をして賢くなった人」はアカデミックスマートというそうです。


それに対して、「実践で賢くなった人」はストリートスマートと言います。実社会で結果を出すのは、ブックスマートやアカデミックスマートではなくストリートスマートです。


未来が不確実なこの時代、目指すべきはストリートスマートであることは論を俟ちません。しかし、ストリートスマートは他の2者と異なり習得は難しいです。


ストリートスマートになるのが難しいのは、
  • 目標設定を行い
  • 数えきれないほどたくさんの要素を考慮して
  • 自分の持ち札(能力、意志、胆力、人脈、財力、コミュニケーション能力)を利用して
  • 状況が変化すればそれに応じて柔軟に対応しながら
  • 結果を手繰り寄せる
という運の要素も含めたアドリブ的な行動が求められるからです。単に才能があって努力するだけでは結果は出ません。いかに柔軟に対応していくのかが成否を分けます。


周囲のストリートスマート達を観察すると、努力だけでは成し難く才能の占める割合が大きいように見えます。だからと言って努力しない理由にはなりません。


ストリートスマート的能力を向上させるには、実践で結果を出すために努力することが最短ルートです。例えば、昨日の私は卒FITを迎えた太陽光発電の有効利用法を模索しました。


当初の前提条件は下記のごとくです。
  • 8月に卒FITを迎える 9.5kWhの太陽光発電施設を有効利用したい
  • 卒FIT後の買取価格は8円/kWh
  • 旧自宅は貸家予定
  • 仮想蓄電サービス利用可能
  • 太陽光発電の買取契約および仮想蓄電サービスは、賃借人に引き継ぐことができる


どうすれば、賃借人+自分で最大の金銭的メリットを引き出せるのかを、いろいろシミュレーションした結果、ぼんやりと最適解(?)っぽい案が浮かんできました。


一旦思考作業を中断して体を動かしていると、最大の目的は太陽光発電の有効利用ではなく賃借人の満足にするべきであることに気付きました。


微々たる節約できる金額よりも、賃借人に満足してもらい長く住んでもらうことの方が重要なのです。そこで方針を転換して太陽光発電からの収益を丸ごと譲渡することにしました。


こうすることで、賃貸住宅に住んでいるにもかかわらず、売電収益を得ることができお得感が出ること、および私の電気料金集金業務が無くなるメリットを享受できます。


そうと決まれば、今度は賃借人が最大のメリットを得るプランをシミュレーションしました。太陽光発電には10年以上取り組んでいるので最適解を提案できるからです。


このような「どこにも正解の書いていない」課題に日々取り組み、クリアし続けているとストリートスマート的な能力は少しずつ向上していくのではないかと考えています。






★★  医師のキャリア革命(オンラインサロン)  ★★


「経済的自由」を手に入れるために Facebookを利用した非公開のオンラインサロンに参加してみませんか?



gg - コピー




本サロンの目標は、参加者全員に生涯途絶えることのない "複数の収入の流れ"  を得るための " 学びの場 "  を提供することです。


資産形成マニュアルで、医師が効率よく資産形成を実践するノウハウを公開しましたが、本サロンはそのフォローアップの場と位置付けています。


それぞれの参加者たちが得た知識や体験を共有し、集合知を形成する。集合知は、サロンのメンバーが未知の航海に旅立つ際の羅針盤となる


そのような " 学びの場 "  を

  •  整形外科医のための英語ペラペラ道場
  •  整形外科医のブログ 

​ ​
がタッグを組んで運営します!!
参加希望の先生方は、こちらからお願いします




医師だけが持つ特権の Tips

このエントリーをはてなブックマークに追加

旧自宅の改装工事が佳境を迎えています。
今回は自分史上最大の改装費をかけているので「ほぼ新築」になる予定です。


当然、それなりの価格帯の賃料設定なので中途半端な改装はできません。何故なら1ヵ所でもイマイチな箇所が混じっていると全体の評価が、その部分に引き下げられるからです。


このことを端的に言うと「一流の中に二流を混ぜてはいけない」ということになります。一流の飲食店に行くとトイレまで完璧です。


もし、トイレが汚かったり安っぽかったら、店全体の格が落ちてしまいます。このことを理解すると、高賃料帯では可能なかぎり妥協を許さない姿勢が重要となります。


不動産賃貸業で高賃料帯を目指す場合の心得は上記の通りですが、実は人間関係でもこのことは当てはまると考えています。


このため、こちらでご紹介したように、最近は人間関係の質を上げることに注意するようになってきました。端的に言うと自分より能力の高い人とのつながりを重視しています。


こちらの能力よりも上の人とつながるには、何らかの見返りを提供できなければいけません。私の場合は、それが医師としての人脈や医学的な知識ということになります。


他業界の人にとって、現役医師が有する生の人脈や知識は非常に貴重です。私たちにとっては空気のようなモノであってもそれが大きな財産であることに最近気付きました。


医師であれば誰でも持っているであろう医師間の人脈や知識を武器に、他業界の有力者とのつながりを強めていくことが、医師にとっての Tipsだと感じています。






★★ 第3刷決定! ★★
 


当ブログ管理人書き下ろしの書籍が、中外医学社から発刊されました。「経済的に自由な医師」になることで、医師としての充実感と経済的成功を両立できる道があります。


本著では、資産形成論とマインドを学ぶことができます。具体的な手法は勤務医のための資産形成マニュアルに譲りますが、医師に特化した資産形成の入門書として是非ご活用ください!




161228 【書影】医師の経済的自由







やはり整形外科医はチャラかった?!

このエントリーをはてなブックマークに追加

連載中の m3.comで興味深い記事がありました。
診療科別に見た、「平均年収トップ」の科は…です。


15の診療科別の平均年収や資産金額がランキングされています。あまり趣味の良い企画ではありませんね。しかし、そのような下品(!)な企画には興味がそそられます(笑)


平均年収の第1位は「眼科」の2070万円でした。2位は「循環器系」の2044万円、3位は「脳神経系」で2034万円です。われら「整形外科」は1986万円で5位と健闘しています。


一方、資産額の第1位は年収トップの「眼科」で6274万円です。2位は平均年収1704万円で13位に留まっている皮膚科です。ナント、資産額は6227万円もあります!


皮膚科医師の資産形成能力はなかなかのモノのようですね。やや派手な印象のある(?)科ですが、堅実に資産形成しているようです。


一方、われら整形外科医師はどんな感じでしょうか? 驚くべきことに年収ランキングは5位だったにもかかわらず、資産額は4532万円で 15位中の13位に甘んじています...。


典型的な浪費型の科なのでしょう。世間一般の整形外科医師はチャラいイメージですが、実際にそうなのであろうことは数字が証明しています(笑)。


資産形成系の情報発信をしている医師に占める整形外科医師の割合は高い印象を受けますが、実際に資産形成で成功している整形外科医師の割合は高くなさそうです。


整形外科医師は資産形成に有利という誤ったイメージを払拭して、われわれはもう少しがんばって資産形成の勉強をするべきなのかもしれませんね。






★★ 管理人監修の資産形成マニュアル ★★
 


管理人監修の「勤務医の、勤務医による、勤務医のための資産形成マニュアル」です。高度な医療技術で社会貢献するためには経済的安定が不可欠! という信念のもと、管理人は多くのメンターから指導を受けました。

その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。既に資産運用をしている方でも、勤務医のアドバンテージを生かした新しい考え方が見つかるかもしれません。

PDF版の販売で、30日間の返品保証付きです。当直1回分にも満たない価格なので、本マニュアルの手法を実践すれば、あっという間に元が取れると思います。 尚、医師以外の方のご購入はご遠慮ください。



情報教材表紙




リアル業務の効率悪さに打ちひしがられる

このエントリーをはてなブックマークに追加

6月1日から注力中のスタートアップの営業を再開しました。本来なら4月1日からテレアポ→地上戦のサイクルを鬼のように回していくつもりでしたが、かなり躓いています...。


それでも、6月9日に記念すべきコロナ後初めての営業アポが入りました。コロナ後の社会情勢を鑑みて、従来どおり日常業務は完全リモートワークでまわしています。


リモートでも特に問題はないのですが、4月入社のスタッフとまだ1回も会っていません...。そこで営業に同行してもらい、営業前に久しぶりに MTGすることにしました。


毎日のようにリモートで協業していますが、リアルで会うのは 1月ごろに飲みに行って以来、半年ぶりぐらいの出来事です。


久しぶりに雑談してから、その足で営業に向かいました。やや遠方のエリアだったので、その日の午後が1つの営業だけで潰れてしまいました。う~ん、効率悪いです...。


一応、20ヵ月連続で前年同月比でプラス成長を続けていますが、それだけ成長しているのは、基本的にリモートワークで無駄な業務を極力そぎ落としているからです。


久しぶりの営業だったので気持ち的には新鮮でしたが、地上戦の効率の悪さを改めて実感しました。何と言って移動時間や待ち時間の無駄は看過できないレベルです。


アタマの中はフル回転しているものの、PCの前に座って物理的に動かすのはマウスだけ、もしくはスキマ時間にスマホで業務指示を出すといった様式が効率化の極みだと思います。


また、先日区役所に法人の納税証明書を取得しにいきましたが、ハンコ(認印)が無いと一切受けつけません!という高圧的態度に阻まれて、すごすごと撤収することになりました。


日本の労働生産性はOECD加盟国 36ヵ国中 21位と低迷していますが、営業の効率の悪さや紙ベースのハンコ社会などを鑑みると、さもありなんといったところです。


リアルの要素が大きいほど、ビジネスの効率性は低下すると思います。私は 5年ほど前からほぼ完全なリモートワークを実践していますが、実はリモートワークに懐疑的です。


リモートワークは夢の就業形態ではありません。コミュニケーション不足など、たくさんのデメリットがあります。しかし、いざリアルで動こうとすると非効率性が鼻につきます。


私は空中戦よりも、直接訪問する営業などの地上戦が好きという旧世代の人間ですが、やはり日常の基幹業務はリモートベースの方が望ましいと考えます。


物理的に動くことなく、たくさんのデータを短時間でインプットして、アタマをフル回転させて業務をこなしていく...。どう考えてもこれに勝る手法は無いと思います。


医療業界の生産性の低さが問題なっていますが、ひとつの理由はリアルに動く機会が多いためだと思います。医師も「不動」「アタマはフル回転」を志向すべきではないでしょうか。






★★ 管理人監修の資産形成マニュアル ★★
 


管理人監修の「勤務医の、勤務医による、勤務医のための資産形成マニュアル」です。高度な医療技術で社会貢献するためには経済的安定が不可欠! という信念のもと、管理人は多くのメンターから指導を受けました。

その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。既に資産運用をしている方でも、勤務医のアドバンテージを生かした新しい考え方が見つかるかもしれません。

PDF版の販売で、30日間の返品保証付きです。当直1回分にも満たない価格なので、本マニュアルの手法を実践すれば、あっという間に元が取れると思います。 尚、医師以外の方のご購入はご遠慮ください。



情報教材表紙




m3: 成功する秘訣は大量行動にあり

このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、m3.comの連載企画【医師のための資産形成】第27回がアップされました。お題は成功する秘訣は大量行動にあり です。



m3com_logo




今回のコロナ禍による受診抑制のために、4~5月にかけて多くの医療機関では2~3割の減収になったようです。医療業界では、かつてない現象だと思います。


コロナ禍が収束に向かえば、受診抑制も収まると思いますが、患者さん側がこれまでの医療を過剰であったと認識する可能性も否定できません。


諸外国では、OTC医薬品を利用してセルフメディケーションを行うことが主流である国も多く、予断を許さない状況だと感じています。


そのような状況下でオンライン診療が時限的措置といえども規制緩和されたため、都市部を中心に一気に普及する可能性もあります。


そうなれば、最終的に資本力のある組織が総取りしてしまう可能性が高くなり、現在の医療体制が激変することも想定しなければなりません。


一医師として、このような状況下で生き残りを考えた場合、現在のようにひたすら専門性を高めるだけでは対応できなくなります。


ケアネットでも取り上げましたが差別化が重要な戦略でしょう。すでに他業界では差別化戦略にまい進している人が多いですが、医療業界にもその波がやってくるかもしれません。


しかし、差別化と言っても実際にはどうすればよいのでしょうか? ここでキーワードになるのは「大量行動」です。


今回の m3.comの連載では、大量行動で差別化するスキルを習得することに関する私の意見を述べてみました。3分ほどで読了可能なので、是非 m3.comを訪問してくださいね!






★★  医師のキャリア革命(オンラインサロン)  ★★


「経済的自由」を手に入れるために Facebookを利用した非公開のオンラインサロンに参加してみませんか?



gg - コピー




本サロンの目標は、参加者全員に生涯途絶えることのない "複数の収入の流れ"  を得るための " 学びの場 "  を提供することです。


資産形成マニュアルで、医師が効率よく資産形成を実践するノウハウを公開しましたが、本サロンはそのフォローアップの場と位置付けています。


それぞれの参加者たちが得た知識や体験を共有し、集合知を形成する。集合知は、サロンのメンバーが未知の航海に旅立つ際の羅針盤となる


そのような " 学びの場 "  を

  •  整形外科医のための英語ペラペラ道場
  •  整形外科医のブログ 

​ ​
がタッグを組んで運営します!!
参加希望の先生方は、こちらからお願いします




アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

医療研究を身近な存在とし、医療の未来を作る


管理人の著書

161228 【書影】医師の経済的自由
管理人によるケアネット連載コラム
log_carenet

医師のためのお金の話

管理人による m3.com 連載コラム
管理人も参加しているオンラインサロン
勤務医のための資産形成マニュアル
築古木造戸建投資マニュアル

医師のための築古木造戸建投資マニュアル 1
REITで実践する不動産投資セミナー
190122
医師のための 金融資産形成術


配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール

自由気ままな整形外科医

・医学博士
・日本整形外科学会専門医
・日本リウマチ学会専門医
・不動産投資家
・超長期金融資産投資家
・ビジネスオーナー
・宅地建物取引主任士

QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。