整形外科医のブログ

中堅の整形外科医が、日々の気付きを書き記します。投資の成功で働く必要が無くなりましたが、社会貢献のため医師を続けています。

投資家マインド

米国の富裕税導入を注視しろ!

このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年の米国大統領選挙で民主党候補指名者は、バイデン氏、ウォーレン氏、サンダース氏の3強が有力視されています。


このうち、ウォーレン氏とサンダース氏は富裕税を政策に掲げています。富裕税とは何でしょう?ウォーレン案は5000万ドル、サンダース案は3200万ドル以上の世帯に課す税です。


純資産3200万ドルは、日本円で約35億円です。この金額を超える部分に毎年 2%の富裕税を課そうという政策を民主党有力候補が掲げているのです。


民主党の政策ではありますが、米国民の60%が賛成していると言われています。あのアメリカンドリームの国である米国が富裕税に賛意を示しているのは驚くべきです。


それだけ、超富裕層に富が集中しており社会が二極化しているのでしょう。残念ながら日本には富裕税を課すレベルの超富裕層の数が米国ほど厚くありません。


誤解を恐れずに言うと、欧米やアジア新興国と異なり、日本は平等に貧乏になっている状況です。う~ん、寂しいですね...。


そうは言っても、米国のトレンドは日本にも波及する可能性があると私は考えています。本格的に米国で富裕税が導入されれば、日本でも導入の是非が議論されるのは必至です。


もちろん、日本では35億円以上の層は少ないので、もっと少ない金額に富裕税のラインが下がる可能性が高いです。例えば、1億円のラインにまで下りてくると該当者が激増します。


富裕税の厄介なところは、①毎年課税される ②現金で納付する必要がある ③昔の長者番付のようにプライバシー無視で個人情報が丸裸にされる ではないでしょうか。


①毎年課税されると、資産形成にはかなりのマイナスインパクトがあります。今どきプラス2%の運用をノーリスクで実施できる投資対象はほぼ存在しません。


それにもかかわらず「確実」に2%もの課税で資産が削られていくと、マイナスの複利効果が発動されるため凄い勢いで資産が溶けていくことになります。


②もかなりやっかいです。だいたい純資産クラスが数十億円クラスになると、現金ではなく株式や不動産として所有している者の割合が増加します。


このクラスの属性は、成功した起業家や不動産投資家が多いです。このため、純資産は巨額であるものの手元流動性が多いわけではありません。。


このため、納税のために資産を切り売りしたり融資を受けなければいけない可能性が高まります。これはなかなか厳しいと思います。


③の理由は、富裕税の実施が難しいことが理由です。富裕税の元になる資産の把握は容易ではありません。このため、厳密に超富裕層の資産背景を把握する必要があります。


超富裕層的には、血のにじむような努力で現在の地位を築いたにもかかわらず、国家や税務当局から犯罪者扱いでプライベートを丸裸にされたのではたまったものではありません。


このようなさまざまな問題点が山積する富裕税ですが、世界的な潮流を考えると社会を維持するためには導入が不可避な情勢なのかもしれません。


前述のように、欧米と日本では富裕税といっても対象が異なる可能性が高いです。このため、小金持ちレベルの人であっても米国の動向から目が離せないと思います。







★★ 管理人監修の資産形成マニュアル ★★
 


管理人監修の「勤務医の、勤務医による、勤務医のための資産形成マニュアル」です。高度な医療技術で社会貢献するためには経済的安定が不可欠! という信念のもと、管理人は多くのメンターから指導を受けました。

その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。既に資産運用をしている方でも、勤務医のアドバンテージを生かした新しい考え方が見つかるかもしれません。

PDF版の販売で、30日間の返品保証付きです。当直1回分にも満たない価格なので、本マニュアルの手法を実践すれば、あっという間に元が取れると思います。 尚、医師以外の方のご購入はご遠慮ください。



情報教材表紙




数字で考えるとマスコミのウソが分かる?!

このエントリーをはてなブックマークに追加

キャッチ―な見出しで読者獲得に勤しむ朝日新聞などのマスコミは、常識的に考えて胡散臭い記事が多いですが、真実か否かを確認する術はありません。


一般人が情緒に訴える記事を検証することは難しいのです。しかし、数字が出てくる記事に関しては別です。こちらはエビデンスを捕まえやすいので検証可能なことが多いからです。


先日、負債にあえぐシニアの就業…定年後も残る「住宅ローン」 改正が検討される「在職老齢年金制度」という記事が目につきました。大手新聞社ではなくZAKZAKですが(笑)。



 定年後のシニアが働くことは「希望すれば」のただし書きがつく。しかしなかにはそうでない人もいる。“辞めるに辞められない”事情とは。  


■バブル期の自宅購入が

 K氏(62)は今、定期的に通院中だ。定年間際の50代後半を過ぎた頃から息切れが起こりやすく、心臓弁膜症と診断された。
 ただ事務職なので60歳からの再雇用に支障があるほどではなく、仕事は続けられている。

 だが「あと3年」のはずが、そうは行かない。彼はバブル期に自宅を購入した“それでも家を買いました”世代で、現在もそのローンを払い続けているからだ。首都圏近郊の一戸建ては5000万円台。各種ローンを借りまくり、70歳までのローンは月額換算約20万円を抱えることとなった。

 バブル崩壊とともに同じような境遇の仲間たちは、せっかくの持ち家を売り払い去っていった。しかし彼は大企業勤めという条件もあり、2人の息子の教育にもコストをかけながらも踏みとどまった。その息子たちも独立し安堵(あんど)したが、彼には70歳までのローン支払いの義務が残されたのだ。

 ■「生まれたときが…」
 定年時の退職金で繰り上げ返済はしたものの、まだ残ったローンの返済と生活のためには雇用延長終了の65歳以降も働き続けるしかない。
 そんなとき、以前お世話になった企業から法務担当の誘いがあった。再雇用の収入減をカバーできる条件だが、「在職老齢年金制度」=表=のため一定の所得があると年金は削減される。それでもローンの支払いとの差額を計算し、再就職する道を選んだ。専門的職種の経歴が生かせ、体に負担が少ないことも決断の理由だ。

 その制度が今、改正が検討されているという。高齢者の勤労意欲を促進しようという政策で高所得者優遇との批判もあるが、自分のような負債を抱える者には切実な問題だ。だが、まだどうなるかはわからない。
 「同じような戸建物件でも、今なら半値程度。生まれたときが悪かったのか…」と自らを嘆けば心が痛む。これが本当の胸の痛みにならないことを願うK氏なのだった。(「オレンジ世代」取材班) 



さて、ここで問題です。上記記事の中に明らかなウソが2つ隠されています。このウソのために記事自体の論旨が成り立たなくなります。どこがウソなのか考えてください。




その1 自宅購入時期とバブル崩壊時期が合わない


K氏は2019年12月時点で62歳です。バブル期に自宅を購入したので70歳まであと8年間返済する必要があるそうです。当時最長の30年ローンとしても融資を受けたのは1997年です。


1997年はバブル崩壊から6年経過して不動産市場は大暴落しています。まだバーゲンハンティングの時期まで3~4年ありますが、むしろチャンスの窓が開いていた時期です。




その2 融資金額と返済金額が合わない

K氏は5000万円借りて現在の月額返済が約20万円とのことです。しかし、現在の金利水準で30年返済の場合、月々の返済金額は15万円程度となります。


私がこの数字に違和感を感じた理由は、融資金額と返済金額の関係がアタマに入っているからです。今の金利水準では1000万円あたりの月々の返済金額は3万円ほどです。



これまでの不動産市場の動きや融資条件・金額を実感として知っていると、この手の怪しい記事を読んでもピンときます。


K氏の年齢が62歳に設定された理由は、オレンジ世代に近い年齢に照準を合わせたからかもしれません。読者ウケする結論ありきの記事である可能性が高い印象を受けますね...。






★★ 管理人監修の資産形成マニュアル ★★
 


管理人監修の「勤務医の、勤務医による、勤務医のための資産形成マニュアル」です。高度な医療技術で社会貢献するためには経済的安定が不可欠! という信念のもと、管理人は多くのメンターから指導を受けました。

その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。既に資産運用をしている方でも、勤務医のアドバンテージを生かした新しい考え方が見つかるかもしれません。

PDF版の販売で、30日間の返品保証付きです。当直1回分にも満たない価格なので、本マニュアルの手法を実践すれば、あっという間に元が取れると思います。 尚、医師以外の方のご購入はご遠慮ください。



情報教材表紙




リセールバリュー重視の買い物が増殖中?!

このエントリーをはてなブックマークに追加

東洋経済オンラインで興味深い記事がありました。お金が貯まる人があえてブランド品を選ぶワケ です。


この記事に対するコメントは散々ですが、考え方としては完全には間違っていないと思います。やはり、キーワードは「リセールバリュー」でしょう。


節約=できるだけ安価なものを選択する、というのが一般的な考えでしたが、最近では価格が高めのものを敢えて購入する人が多いそうです。


その理由は、新品を購入する際に売れるモノを買うことで、トータルの費用が安価になるからです。考え方としては、富裕層の考え方に近いと思います。


このような考え方が本当に一般化してきたのであれば、日本の消費者も成熟してきたと言えるでしょう。しかし、今回の記事では重要なことが2つ抜け落ちています。


第1点は、消費財を購入する場合には、いくらブランドがあってリセールバリューが保たれるモノであっても、最終的にはリセールバリューはゼロになることです。


高価なモノはたしかに商品としての寿命が長い傾向にありますが、形のあるものはいつかかならず価値がゼロになります。このため、一生モノとかはあまり考えない方が無難です。


第2点は、バリューが最も急激に落ち込むのは新品購入時であることです。いくらリセールバリューの高い商品でも、新品を購入すると大きな価格下落を負担することになります。


このため、最も賢い購入タイミングは新品が初めて中古市場に放出される時です。新品からの大幅下落を初回購入した人が負担しているため、価格と質のバランスが良いのです。


この2点を知っているだけで、ずいぶんお得な買い物ができます。私は常にこれを意識しているので、不動産(建物)や自動車などの高額商品は中古しか買ったことがありません。


これだけでも新品購入する人と比較して、数千万円単位で得をしています。「新品」に至高の価値を見出している人は別ですが、そうでなければ新品購入は避けるべきでしょう。






★★ 管理人監修の資産形成マニュアル ★★
 


管理人監修の「勤務医の、勤務医による、勤務医のための資産形成マニュアル」です。高度な医療技術で社会貢献するためには経済的安定が不可欠! という信念のもと、管理人は多くのメンターから指導を受けました。

その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。既に資産運用をしている方でも、勤務医のアドバンテージを生かした新しい考え方が見つかるかもしれません。

PDF版の販売で、30日間の返品保証付きです。当直1回分にも満たない価格なので、本マニュアルの手法を実践すれば、あっという間に元が取れると思います。 尚、医師以外の方のご購入はご遠慮ください。



情報教材表紙




目指せ、ニッチ分野の小さな巨人!!!

このエントリーをはてなブックマークに追加

初めての分野に挑戦するときに、いつも感じることがあります。それは、どんな分野であっても必ず先行者が居ることです。そして先行者は太刀打ちできない「巨人」に見えます。


私は、2000年以降、資産形成やビジネス立ち上げを中心に、さまざまな分野にチャレンジしてきました。そして参入した分野には必ず巨人が居ました。


  • 2001年: 海外投資 → AICの古参メンバー
  • 2004年: 不動産投資 → 所属家主の会の中核メンバー
  • 2012年: ブログ → 医師系ブロガー
  • 2013年: ふるさと納税 → ふるさとチョイスなどのサイト運営者
  • 2014年: 産業用太陽光発電 → ネットで見つけた太陽光発電マニア(笑)
  • 2015年: Airbnb → 先輩イノベーター、ファミリアリンクなどの代行会社
  • 2016年: 宿泊業 → 古くからの簡易宿所運営者、サイトコントローラー管理者
  • 2016年: 医療系スタートアップ → 某有名医師起業家が設立した業界No.2企業
  • 2017年: 著書上梓 → たくさんの先輩著者
  • 2019年: ボクシング? → ジム内のたくさんのアマチュアボクサー


巨人が居たというよりも、巨人に見えたと言う方が正確かもしれません。例えば産業用太陽光発電では、自分ではまだ所有していないマニアの人が、圧倒的知識で巨人に見えました。


2001年の海外投資も今にして思えば笑ってしまうレベルですが、当時のAICのメンバーは海の向こうの訳の分からない金融商品に投資しているスゴイ人達だと思っていました。


上記で挙げた例では、一部を除くと絶対的なレベルは大したことはなく、だいたい初心者(=自分)よりも半年から2年ほどリードしているだけのことが多いです。


不動産投資や医療系スタートアップの巨人は「本物」ですが、決して手が届かないレベルではありません。もちろん、ボクシングは決して手の届くことは無いですが(笑)


最初は目のくらむばかりの高い壁のような存在でも、こちらが猛勉強してたくさんの経験を積むことで、巨人に見えた人達も決して手の届かない存在ではないことに気付きます。


そして、猛勉強を続けていると、周囲の人から自分がその分野の第一人者とみなされる場面が出てきます。周囲を見渡せば、リアルに経験している人がほとんどいないのです。


ふるさと納税、産業用太陽光発電、Airbnb、簡易宿泊所で第一人者とみなされ、たくさん質問や相談を受けたときには、数年先行しているだけなのに...と思ったものです。


特にニッチな分野では、半年から1年リードしているだけでも、周囲からは第一人者とみなされます。コミュニティ内の第一人者とみなされるか否かは大きな違いです。


コミュニティ内で第一人者とみなされると、たくさんの情報が集まってきます。へ~そんなことがあるんだ! ということが「相談」という名目でどんどんやってきます。


一緒になって考えていると、それだけで実践に即したたくさんの経験を積むことになります。第一人者の役得ですね。


このように、どんなニッチな分野でも巨人はいるものの、実際には半年から数年先行しているだけのことが多く、こちらが猛勉強すればキャッチアップ可能なことが多いです。


そして、自分が第一人者となって他人からみて「巨人」になると、加速度的に情報が集まりだします。そうなるとどんどん情報富者になるため物凄く有利になるのです。


これらの経験から導き出されることは、どんなニッチな分野でも巨人は居るが、たかだか半年から数年先行しているに過ぎないです。


そしてこれらの巨人にキャッチアップして自分が第一人者になることで、情報面での大きな利益を得ることが可能となります。目指せ、ニッチ分野の小さな巨人!!!






★★ 収益マイホーム購入マニュアル ★★
 


勤務医のあなたが開業医並みの収入を得て富裕層に到達する方法!」で提唱した収益マイホームの実践版です。2004年に”お金を生む”マイホームをタダ同然で取得した管理人が、家計のキャッシュフローを劇的に改善できる「収益マイホーム」を解説します。


どうせマイホームを取得するのなら、できるだけ安価に・安全に購入したいと思う方にぴったりのノウハウがぎっしり詰まったマニュアルです。 収益マイホームを購入することで、家賃や住宅ローンの支払から解放される可能性が高まります。


そしてこのことが人生の幅を広げることにもなるかもしれません。 全125ページのスライドのPDF版ダウンロード販売で、30日間の返品保証付きです。当直1回分にも満たない価格なので、本マニュアルの手法を実践すれば、あっという間に元が取れると思います。


尚、医師以外の方のご購入はご遠慮ください。



表紙画像
                                
タダで自宅を手に入よう! 収益マイホーム購入マニュアル ver.190905


時間ファーストを掲げてみる

このエントリーをはてなブックマークに追加

私は、医師のキャリア革命というオンラインサロンに参加しています。毎週さまざまな話題が出てくるのですが、先日お金と時間はどちらが大事か?という話題を投げてみました。


約 100名のメンバーが参加しているので、いろいろな意見が出ておもしろいです。皆さんのお金と時間に関する考え方を見ていると、やはり時間の方が大切な方が多いようです。


何といっても時間は有限です。万人に等しく与えられた24時間という限られた時間を、できるだけ効率的に過ごすことが、有意義な人生につながるのではないでしょうか。


世の中ではお金を基準にして行動を決定することが多いですが、オンラインサロンの皆様の意見を拝聴してから、より価値のある時間を基準にして行動を決定することにしました。




生活の自動化


自分の生活を振り返ると、いろいろ細かいことをしている自分に気付きます。例えば、トイレの水を流したり石鹸で手を洗ったり...


たいした時間ではないですが、塵も積もれば山となるです。自宅2号の改築時に全部自動にしてみました。トイレの水や石鹸も自動で出るとストレスが減った気がします(笑)。




通勤時間


通勤にかかる時間はバカになりません。私の場合、メインの職場は自宅から約 6km離れています。現状は自転車で片道20分ほどですが、他の方法を再確認してみました。

  • 自転車 25分
  • 自動車 20分
  • 公共交通機関 30分

速さで言うと自動車ですが、だいたい似たり寄ったりです。自分の時給を考えるとコストは問題にはなりません。純粋に時間で言うと自動車ですが、自転車は健康増進に役立ちます。


熟慮の末、自転車継続にしました。やはり身体を動かすのは気持ちいいですから。ちなみに、スタートアップの顧問先への定期訪問は地下鉄、出張病院は電車です。


いずれも、時間的には自動車がほぼ同じ所要時間なのですが、時間×健康の最適解を考えて公共交通機関を選択しました。ただ、インフルエンザの時期は自動車にしようと思います。




データ管理の時短グッズ


食洗機などはもちろんですがデータ管理でも時短グッズを導入しています。生活・事業・投資のすべての基盤は電子データベースなので、データの同期性と安全性が最優先課題です。


このため、複数の端末+クラウドサービスを数テラ単位で購入して、複数クラウドと複数端末を自動同期してバックアップの手間を省きました。月間数千円程度なので安いモノです。




他人の時間をいただく


自分しかできないこと以外は、極力他の人に業務を振るようにしています。個人的に私に何か雑用を頼もうとしても、私自身は動かないのでご用心を(笑)。


他人に業務を振るのは勇気の要る行為です。しかし、私は努めて「業務+責任
」をセットにして振るようにしています。そうすることで自分の判断力が拡張されるからです。


この際に心掛けていることは、自分がするべき仕事は「判断すること」だと常に意識することです。大量の情報と経験に基づいてジャッジすることこそ、自分の本分と考えています。


判断を要しない業務をしているときには、間違った時間の使い方をしていると思うようにしています。とにかくアタマを酷使して有意義な時間を過ごそう...






★★  医師のキャリア革命(オンラインサロン)  ★★


「経済的自由」を手に入れるために Facebookを利用した非公開のオンラインサロンに参加してみませんか?



gg - コピー




本サロンの目標は、参加者全員に生涯途絶えることのない "複数の収入の流れ"  を得るための " 学びの場 "  を提供することです。


資産形成マニュアルで、医師が効率よく資産形成を実践するノウハウを公開しましたが、本サロンはそのフォローアップの場と位置付けています。


それぞれの参加者たちが得た知識や体験を共有し、集合知を形成する。集合知は、サロンのメンバーが未知の航海に旅立つ際の羅針盤となる


そのような " 学びの場 "  を

  •  整形外科医のための英語ペラペラ道場
  •  整形外科医のブログ 

​ ​
がタッグを組んで運営します!!
参加希望の先生方は、こちらからお願いします




アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

医療研究を身近な存在とし、医療の未来を作る


管理人の著書

161228 【書影】医師の経済的自由
管理人によるケアネット連載コラム
log_carenet

医師のためのお金の話

管理人による m3.com 連載コラム
管理人も参加しているオンラインサロン
勤務医のための資産形成マニュアル
築古木造戸建投資マニュアル

医師のための築古木造戸建投資マニュアル 1
REITで実践する不動産投資セミナー
190122
医師のための 金融資産形成術


配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール

自由気ままな整形外科医

・医学博士
・日本整形外科学会専門医
・日本リウマチ学会専門医
・不動産投資家
・超長期金融資産投資家
・ビジネスオーナー
・宅地建物取引主任士

QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。