整形外科医のブログ

中堅の整形外科医が、日々の気付きを書き記します。投資の成功で働く必要が無くなりましたが、社会貢献のため医師を続けています。

投資家マインド

年下に教えを乞うのもひとつの才能

このエントリーをはてなブックマークに追加

自分の人間関係について考えたことはあるでしょうか?
もし、あなたがまだ20歳台なら、あまり深く考える必要は無さそうです。


何故なら、周囲のほぼ全員が社会での先輩にあたるため、とりあえず頭を下げて教えを乞う姿勢で問題ないからです。リープフロッグ現象に過度の期待を寄せることは禁物です。


しかし、30歳を超えて卒後10年目ぐらいになってくると、立ち位置が微妙になってきます。医師として、社会人としての実力が付くにしたがって、他人に頭を下げられなくなってくるからです。


そして、40歳を超えてくると更に顕著になっていきます。周囲で自分よりも上の立場(主に年齢ですが・・・)が少なくなるので、意識や態度が横柄になってくるのです。


特に、医師ではこのことが顕著になってきます。何故なら、医師が頭を下げなければならないのは、自分よりも年上の医師だけのことが多いからです。


狭い医療業界の中だけなら、まだ通用するかもしれません。しかし、医療業界から一歩外に出ると、「年下に頭を下げない変なプライド」が邪魔をして人生に災害をもたらすことがあります。


「自分が一番物事を知っている」「年下の人間に頭を下げて教えを乞うなどありえない」と一瞬でも思った方は、かなりアブナイ状態かもしれません(笑)。


このような方が陥ってしまいがちなのが、こちらでご紹介したような悲惨なケースです。ひとりの人間が、世の中の森羅万象の全てに通ずることは不可能です。


そして、自分よりも年下であっても、ある特定分野で素晴らしい知識や経験をもっている人はたくさんいます。優れた人から教えてもらうことほど、効率の良いことはありません。


仮に自分の得意分野であっても、自分よりも年下だからと言って門前払いすることは百害あって一利無しなのです。私の場合も、不動産メンターのひとりは、私よりも10歳年下の方です。


不動産投資に関しては天才的な能力を持っているので、この方から受ける教えは非常に役に立っています。アドバイスに素直に従うことで、大きな利益を上げることに成功しました。


私は、できるだけ人の年齢は気にかけないようにしています。フォーカスするのは、その人の年齢ではなく実力です。自分よりも実力が高ければ、年下であっても頭を下げて教えを乞います。


不動産投資に限らず医療業界であっても、知らないことはあっさり訊くようにしています。訊く相手は医師に限らず、薬剤師・看護師・理学療法士・検査技師・事務の方等なんでもアリです。


医師になって本当に良かったと思うことのひとつは、教えを乞う時に喜々として教えてくれる人が多いことです。あらゆる分野で、この特権(?)を活かさない手はありませんね。





★★ 管理人の著書  「医師の経済的自由」 ★★
 


当ブログ管理人書き下ろしの書籍が、中外医学社から発刊されました。「経済的に自由な医師」になることで、医師としての充実感と経済的成功を両立できる道があります。


本著では、資産形成論とマインドを学ぶことができます。具体的な手法は勤務医のための資産形成マニュアルに譲りますが、医師に特化した資産形成の入門書として是非ご活用ください!




161228 【書影】医師の経済的自由







「フルーツ売りの若者」を見た!

このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、昼食を食べに行った帰りに、病院の前で話題の「フルーツ売りの若者」に遭遇しました!同僚医師とぶらぶら歩いていると、20歳台女性がカゴを抱えて近づいて来たのです。


「売れ残ってしまったので1つ買ってくれませんか?」と言われました。大きなカゴにフルーツをてんこ盛りにして、いきなり登場されたので少し面喰いました。


ただ、結構涼やかな感じで好感の持てる印象でした。もちろん、こんな所でフルーツを買っても・・・という感じだったので断りました。


遭遇した時には「フルーツ売りの若者」の存在を知らなかったので、フルーツ店を起業した若手経営者、もしくは熱心な従業員だと思っていました。最近の若者は、なかなかヤルナ!


その後も病院前をウロウロして外来患者さんにセールスしていたので、病院の事務職員から注意を受けて追い出されたようですが・・・


しばらく「フルーツ売りの若者」のことは忘れていましたが、ネットで彼らの正体を知ってしまいました。詳しくはこちらをご覧してください。少しやるせない気持ちになりました。


彼らは、アルバイト情報誌の「日給1万円」という広告で釣られて、フルーツ売りの会社に集められるそうです。そして、そのシステムは下記のごとくです。

  1. 朝、フルーツ売りの会社に集合
  2. 朝礼では全員で円陣を組み、「今日もがんばって売ろう」と笑顔でハイタッチ
  3. 仕入れた売れ残りフルーツを、腐ったものは捨て、売れそうなものだけカゴに入れる
  4. リーダーを中心にグループになって、当日に売りに行くエリアを決める
  5. 現地に着いたら、ひたすら売り続ける
  6. 給与は出来高払い

このフルーツ売りの会社のシステムでは、グループのリーダーになるためには、売り上げの成績を上げなければならないそうです。


リーダーにもいくつかのステージがあり、一番の上のステージではフルーツ売りの会社のオーナーとして独立できるそうです。 「夢」を準備しているところがポイントです。


このように、フルーツ売りの会社は、「夢」と引き換えに若者の労働を搾取する、いわゆる「やりがい搾取」をビジネスモデルとしているそうです。


やりがい搾取は、いろいろな仕掛けでやりがいを感じさせて、低賃金で働かせて搾取するシステムです。代わりがいくらでもいる若者から、身体や精神が壊れるまで搾取するのです。


その仕掛けが、自己啓発的な笑顔の朝礼や、いつかは独立できるといった「夢」なのです。ここまで読んで、そんなのに騙されるヤツが悪いだろうと思ったアナタ、本当に大丈夫ですか?


私たち医師の世界にも、似たような状況がゴロゴロと転がっています。下手に高度専門職であることが、「やりがい搾取」を気付きにくくしています。


その仕事は、真に自分の成長に資するものでしょうか? 特に経験年数の浅い医師には、忙しさにかまけていないで、真に自分の成長に資するものか否かを見極めて欲しいと思います。





★★ 管理人監修の資産形成マニュアル ★★
 


管理人監修の「勤務医の、勤務医による、勤務医のための資産形成マニュアル」です。高度な医療技術で社会貢献するためには経済的安定が不可欠! という信念のもと、管理人は多くのメンターから指導を受けました。

その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。既に資産運用をしている方でも、勤務医のアドバンテージを生かした新しい考え方が見つかるかもしれません。

PDF版の販売で、30日間の返品保証付きです。当直1回分にも満たない価格なので、本マニュアルの手法を実践すれば、あっという間に元が取れると思います。 尚、医師以外の方のご購入はご遠慮ください。



情報教材表紙




80:20の法則は使える!

このエントリーをはてなブックマークに追加

今年も、もう2月半ばになりました。
早いモノです。そして、2月は確定申告の時期でもあります。


不動産やスモールビジネスを所有している人にとっては、結構プレッシャーの掛かる時期です。私は複数の法人を所有していますが、基本的には経理を外注しています。


そして、1年間も他に任せていた会計業務をこの時期に全部見直すのです。だいたいの数字は把握しているのですが、税務申告レベルには到底達していません。


このため、出来上がってきた会計報告を目を皿のようにして確認・修正するのです。そのまま顧問税理士の先生との決算期の面談に臨むという選択肢はありません。


何故なら、税務申告時のちょっとした修正や調整が数十万円~数百万円単位の手残り利益に直結することがしばしばあるからです。


しかし、膨大な数の仕分け記録を目で追っていると、心が折れそうになります(笑)。特に最初の1社は、慣れないこともあり、目がうつろになってきます。


この場合、ひとつのポイントがあります。それは「金額の大きな仕分けを中心にチェックすること」です。当たり前に聞こえますが、膨大な数字の海を泳いでいると、つい忘れがちなことです。


特に、ひとつの仕分けが数百万円単位のものは要注意です。事前に税理士の先生とも相談して、入念に調整しておく必要があります。あと、固定資産税の漏れなどが無いかも確認します。


実は、とある物件の8年前の固定資産税の記帳漏れが先日発覚して、悶絶してしまいました。もう時効なのでどうしようもないのですが、200万円近い損失になりました・・・


このように大きな仕分けに集中してチェックを進めると、意外と早く終わるようになります。1000円ぐらいの会議費はいちいちチェックせずに、10万円以上のモノに絞ってチェックするのです。


このような「コストパフォーマンスを考えた思考法」は、決算の確認だけではなく、医療を含めた全てのことに通じるコツだと思います。


何かに取り掛かる時には、できるだけ大きな視点でまず全体像を把握します。そして、全体像を把握した次の段階では、全体の20%ほどある影響力の大きな項目に集中します。


これはいわゆるパレートの法則です。実社会では、この法則は非常に有用です。医療だけでなく、不動産投資やスモールビジネスでも、この法則を念頭に業務を進めていくとよいでしょう。





★★ 管理人の著書  「医師の経済的自由」 ★★
 


当ブログ管理人書き下ろしの書籍が、中外医学社から発刊されました。「経済的に自由な医師」になることで、医師としての充実感と経済的成功を両立できる道があります。


本著では、資産形成論とマインドを学ぶことができます。具体的な手法は勤務医のための資産形成マニュアルに譲りますが、医師に特化した資産形成の入門書として是非ご活用ください!




161228 【書影】医師の経済的自由







周囲の人と違うことをする勇気

このエントリーをはてなブックマークに追加


アベノミクス以降の長期上昇相場のおかげで、「億り人」が注目されています。もう忘れた人も多いかもしれませんが、民主党政権時代の閉塞感とは打って変わりました。


さまざまな不安要素はあるものの、大きな流れとしては日本の状況は悪くありません。しかし好景気は、お金持ちをますます富ませて格差社会の拡大につながる可能性が高いです。


私は、資本主義社会の中で1代でお金持ちになることは、稼いだお金以上の意味と価値があると思います。もちろん、お金を多く持っていること自体は、額面以上の価値を持ちません。


しかし、成功者を観察すると、周囲の人とは違った人が多いです。彼らは、才能・目標設定の高さ・実現に向けての努力・ハングリー精神・好奇心が、周囲の人よりも桁外れに高いです。


つまり、成功者たちは稼いだお金ではなく、その存在自体に価値があると思うのです。日本で暮らしていると、「周囲の人と違うことをする」ということは、大きなリスクと感じるでしょう。


しかし、将来的に成功する可能性を少しでも高めたいのであれば、若い時から絶え間ない努力を続けることはもちろんのこと、「周囲の人と違うことをする」勇気も持ち続けるべきだと思います。


例えば、サラリーマン(医師なら勤務医)としての成功が出世することだとすれば、それは社長(医師なら大学教授や院長)まで登りつめる可能性に賭けることになります。


しかし、残念ながら社長に登り詰めたとしても、それほど金銭的な成功を得ることはできません。年収でいえば2000万~3000万円程度が、多くの会社(病院)の上限なのです。


しかも出世をするということには、大きな落とし穴があります。社内(大学や院内)での出世に人生を賭けるということは、本人の実力だけではなく運にも左右されます。


つまり、かなり低い確率の事象に人生を賭けるということだからです。私には、このアプローチはあまり適切な選択枝だと思えません。


優秀な若者が、サラリーマンとして生涯で得るリターンと、どこかのタイミングで起業(医師なら開業)することによって得られるリターンでは、後者の方がリターンが高いと思います。


話が脱線しましたが、私達が資本主義社会で生活をしている以上、お金を稼げるかどうかは、その人が成功者かどうかということを判断する重要な指標のひとつです。


言い換えると、成功者の持っているお金には、額面以上の意味と価値があると思うのです。では、俗にいう不労所得(?)で得たお金はどうなのか?


お金には色がありません。例えば朝から晩まで一生懸命働いて稼いだ給料も、投資家が株式の売買で稼いだ利益も、大家さんが得る家賃収入も、お金としての違いは無いと思います。



なぜなら、どの例も、時間・体力・思考力・決断力等の自分の持つ能力を使って取り組んだ結果として稼いだお金だからです。


したがって、稼ぎ方による優劣について(体を動かして稼いだお金が最も尊い等の)感情を挟む余地は無いのではないでしょうか。



だからこそ、どんな分野であっても成功を目指すことは、稼ぐことも含めて意味と価値があることだと思うのです。


そして、若い時から絶え間ない努力を続けることはもちろんのこと、「周囲の人と違うことをする」勇気を持ち続けることが、成功への近道だと思います。





★★ 管理人の著書  「医師の経済的自由」 ★★
 


当ブログ管理人書き下ろしの書籍が、中外医学社から発刊されました。「経済的に自由な医師」になることで、医師としての充実感と経済的成功を両立できる道があります。


本著では、資産形成論とマインドを学ぶことができます。具体的な手法は勤務医のための資産形成マニュアルに譲りますが、医師に特化した資産形成の入門書として是非ご活用ください!




161228 【書影】医師の経済的自由







医師のマネーリテラシーは低いのか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

医師仲間で話をしていて、よく話題にのぼるのはファイナンシャル・リテラシーの低さです。『医師や弁護士は専門バカである』 という都市伝説(?)が、まことしやかに囁かれています。


私は、結構な頻度で、このことを自覚している医師に遭遇します。ファイナンシャル・リテラシーの低さを、一種のコンプレックスにしている方が多い印象です。


しかし、平均的な医師のファイナンシャル・リテラシーは、決して低くはないと思います。もちろん、極めて高いことはないですが、肌感覚としては平均よりも少し上ぐらいです。


私は、大家さんや不動産投資家のコミュニティにも属していますが、彼らもさほど高いファイナンシャル・リテラシーを持っているわけではありません。


大家さんや不動産投資家は、単に不動産に関する知見が突き抜けているだけで、ファイナンシャル・リテラシーは平均程度しかない方が多い印象です。


「 な~んだ、それなら安心 」と思ったアナタ! ここで安心してはいけません。何故なら、日本人のファイナンシャル・リテラシーはゼロに近いため、平均であっても全く安心できないからです。


ファイナンシャル・リテラシーがゼロに近い理由は、そもそもファイナンシャル・リテラシーを系統立てて学ぶ機会が無いからです。勉強しないから知識はゼロという状態です。


「 じゃ、少し勉強すれば簡単に平均を上回れるな 」と思うところですが、コトはそんなに簡単ではありません。確かに平均を上回ることは容易ですが、それで結果を出せるかは別問題です。


以前もお話ししたように、ファイナンシャルリテラシーの観点から見ると、もっとも成績が良くないのは下位21~100位ではなく、上位5~20位だったのです!


つまり、中途半端な知識は、「毒」となるのです。ここにファイナンシャル・リテラシー習得の難しさがあります。生半可な知識では、高い確率でヤラれてしまうのです。


著書を執筆するにあたって、この点は最も留意した部分です。医師が経済的自由に到達するためには、何が最も重要なのか? 拙書の中で、その解を記載している部分を転載します。





第1章 資産形成における4つの階層と4つの手法
資産形成における4つの階層  


私は、いろいろな方から資産形成の相談を受けます。たいていは「金融資産投資」「不動産投資」のいずれかに関する相談です。これらの相談に対するアドバイスはとても簡単です。なぜなら、いずれも勝つための定石が存在するからです。


定石にしたがって、その人の状況に合わせて機械的にアドバイスします。しかし、相談を受けながらも相談者が本当の意味で成功する確率は高くないことを感じ取ります。なぜなら、「金融資産投資」や「不動産投資」といった領域は、資産形成という大きな枠組みの中では最下層に位置するからです。私は、次のような枠組みで資産形成を考えています。


①生活習慣・お金に対する心構え
②税法
③資産形成の総論
④資産形成の各論  


①の生活習慣とお金に対する心構えが最も上位の階層です。ここをしっかり押さえておかないと、やっていることがちぐはぐになってしまいます。例えば、日常的にコンビニで買い物をする習慣などは見直すべきです。


極めて多忙なため、自分の時給単価を計算した結果、やむを得ずコンビニを利用するのなら仕方ありません。しかし、何となく通勤路の途中にあるから立ち寄る等は論外です。テレビを視聴するのも、時間単位の情報量が少なすぎるので同様です。ひとつひとつの浪費行為は小さなものです。


しかし、塵も積もれば山となります。極端に矮小化された節約術などを行う必要はありませんが、お金や時間に対するしっかりとした心構えを持つ必要があります。建物で言うと、お金や時間に対する心構えは基礎であり、資産形成の各論は建物になります。


しっかりした基礎が無いと、その上に立つ建物は簡単に倒壊してしまいます。これと同様に、お金や時間に対する心構えがしっかりしていないと、金融資産投資や不動産投資などの資産形成の各論は、極めて不安定なものになってしまいます。  





著書の中でマインドの重要性を強調しているのは、マインドを知らない人に対して、具体例と称して単なる枝葉の知識やハウツーだけを教えてしまうと、「毒」になる可能性が高いからです。


資産形成に即したマインドを土台にして、具体的な知識を習得するというステップを踏まない限り、果実を得ることは難しいのです。


そして、医師の場合、中途半端な知識は一般の方よりも毒性が強いです。それは、職業上の信用度の高さと見かけ上の収入の多さのためです。


平均をかなり上回るファイナンシャル・リテラシーの医師でさえ、社会的信用度や収入に対する比率を考えると、一般の方と比べてかなりアンバランスです。つまり「 絶好のカモ 」なのです。



このような危険性があるため、社会的信用度や収入が高ければ高いほど、自分の身を守るためにも、マインドを土台にしてファイナンシャル・リテラシーを高める必要があります。



医師のファイナンシャル・リテラシーは、絶対値としては低くないものの、社会的信用度や収入ほどには高くない方が多いので、具体例よりも、まずマインドを学ぶことが重要だと思うのです。



【 お願いがあります! 】


拙書「医師の経済的自由」のAmazonレビューが、まだまだ少なくて困っています。マインドや資産形成論についての、あなたの意見や感想を是非聞かせてください!







★★ 管理人の著書  「医師の経済的自由」 ★★
 


当ブログ管理人書き下ろしの書籍が、中外医学社から発刊されました。「経済的に自由な医師」になることで、医師としての充実感と経済的成功を両立できる道があります。


本著では、資産形成論とマインドを学ぶことができます。具体的な手法は勤務医のための資産形成マニュアルに譲りますが、医師に特化した資産形成の入門書として是非ご活用ください!




161228 【書影】医師の経済的自由







アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

           管理人の著書
   勤務医のための資産形成マニュアル
      医師のための 資産形成講義
2015神戸セミナー

      築古木造戸建投資マニュアル
      医師のための 金融資産形成術
医師のための金融資産形成術

        タダで自宅を手に入よう!
   資産形成のコンサルテーション・サービス


SRI一橋大学消費者購買価格指数
配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール
QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。