整形外科医のブログ

中堅の整形外科医が、日々の気付きを書き記します。投資の成功で働く必要が無くなりましたが、社会貢献のため医師を続けています。

投資家マインド

時間管理マトリックスで考えよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

時間管理のマトリックスをご存知でしょうか? 時間管理のマトリックスは、大ベストセラーである7つの習慣の内の第三の習慣「最重要事項を優先する」で紹介されています。







主にビジネスにおいての時間の使い方の指標として重宝されていますが、これをビジネスだけに留めておくのは非常に勿体ないと思います。


ビジネスや仕事だけではなく、日々の生活や資産形成にまで対象を広げてこの時間管理を適用すると、より有意義だと思います。下図はプレジデントオンラインからの抜粋です。



時間管理マトリックス - コピー




時間管理のマトリックスでは、日々の行動を「緊急性」と「重要度」に従って4つの領域に分割しています。


  • 第1領域: 必須:緊急性も重要性も高い
  • 第2領域: 価値:緊急性は低いが重要性は高い
  • 第3領域: 錯覚:緊急性は高いが重要性は低い
  • 第4領域: 無駄:緊急性も重要性も低い


このうち、最も重要な領域はどれでしょうか? 多くの人は第1領域であると考えますが、長期的な視野に立つと第2領域に充てる時間を意識的に増やすことが重要です。


第2領域の具体例を見てみましょう。具体的には、人間関係づくり、健康維持、勉強や自己啓発、大きな目標の実現に向けた活動などが挙げられます。


う~ん、なかなか自主的に取り組むことが難しそうなことが並んでいますね(笑)。すぐに結果を出せないものばかりなので、長期的に取り組み続けることが必要となります。


一方、第1領域はあくまで戦術の域を出ません。ここに全労力を注ぎ込んでも、自らの専門性・ビジネス・資産の成長はさほど見込めません。


そこで、自らの1日の行動が第1~4のどの領域に当てはまるのかを、独断と偏見で分類してみました。


  • 朝  食: 分類不能?
  • 通  勤: 第3領域?
  • 外来診察: 第1領域
  • 昼  食: 第3領域?
  • 病棟回診: 第1領域
  • 手  術: 第1領域 > 第2領域
  • 患者対応: 第1領域 > 第4領域
  • 勉  強: 第2領域
  • 医局対応: 第3領域
  • 夕  食: 第2領域 > 第1領域
  • ブログ執筆:第4領域 > ときどき第2領域(お題による)
  • ネット閲覧:第4領域 >> 稀に第2領域(内容による)
  • 顧客対応: 第1領域(スタッフに任せるべき事案を自分で処理する)
  • 戦略策定: 第2領域(経営戦略の実行、資産形成戦略の検討)
  • 読  書: 第2領域
  • 経  理: 第3領域
  • 市場確認: 第4領域 >> 稀に第1領域(暴落時)



我ながら、ちょっとアレな感じの分類です。医師としてのプライドが無いのか? もしくは、お前は何者なんだ? と詰められかねないかもしれません。


判断基準は、医師として一流を極めるのではなく、自分なりの有意義な人生を過ごすことです。この考え方自体が、周囲から反感を買いそうで怖いです(笑)。


上記のように自分の1日を棚卸すると、意外なほど第2領域が少ないことに気付きます。まぁ、普通にやっていれば緊急性の高い第1領域や第3領域ばかりになりますね。


しかし、人生の質はいかにして第2領域に充てる時間を多くするかで決まります。私が実践している方法は、まず第2領域のタスクから開始することです。


そして残った時間を第1領域と第3領域に充てます。そして、第1領域のタスクは極限まで効率化を追求し、第3領域のタスクは可能な限り他人に振ったり、スタッフに任せます。


この手法は、資産形成における「給与天引き貯蓄」の応用版です。まず大事な第2領域の時間を確保してから、残りの時間で第1領域や第3領域を実行するのです。


第4領域はできるだけ少なくするべきですが、コレばかりは完全にゼロにすることは難しいです。このあたりは、まだまだ精神力が弱いですね(笑)。




★★ 発刊後3週で増刷決定! ★★
 


当ブログ管理人書き下ろしの書籍が、中外医学社から発刊されました。「経済的に自由な医師」になることで、医師としての充実感と経済的成功を両立できる道があります。


本著では、資産形成論とマインドを学ぶことができます。具体的な手法は勤務医のための資産形成マニュアルに譲りますが、医師に特化した資産形成の入門書として是非ご活用ください!




161228 【書影】医師の経済的自由







定年後の歩き方を考える

このエントリーをはてなブックマークに追加

2017.9.2の週刊ダイヤモンドの特集記事は「定年後の歩き方」でした。医師にはなじみの薄い「定年」ですが、なかなか興味深かったです。







そもそも論として、私たちはあまり定年を意識していません。いくつか理由がありますが、そのうちのひとつとして挙げられのは、組織に対する帰属意識の低さだと思います。


今自分が働いている環境で、一生を過ごすことになるとはあまり考えません。医師数増加が叫ばれてはいるものの、まだまだ私たち医師が職に溢れることは想像できない状況です。


そんな温室育ちの私にとって、「定年」は初めて知ることばかりでした。まず、定年の年齢が60歳であることを初めて知りました。アホとしか言いようがありませんね。。。


そして、主要企業においては55歳を基準に役員定年を導入しているそうで、経営幹部以外は賃金は2割ダウンになるそうです。55歳を過ぎると、追い出し準備が始まるのです。


医師の世界では55歳はまだまだ現役ですが、一般社会では退職に片足つっこんでいる状態のようです。これは厳しい! そして役員定年を皮切りに「収入の七つの崖」があります。



キャプチャ - コピー



上記は週刊ダイヤモンド31ページの抜粋です。役員定年 → 定年 → 年金受給開始までの5年間 → 企業年金の期限 → 配偶者死亡と坂道を転げ落ちるようにどんどん収入が減少します。


医師の場合、役員定年が無い代わりに企業年金がないので、トータルでは会社員よりも不利だと感じました。更に見えざる崖として、病気と介護が存在します。


あまりにリアル過ぎ+夢の無い話で嫌になってきますね。そして定年前後の不安の「3K」として、金・健康・孤独が挙げられるそうです。う~ん、これも厳しい。。。


そして、これらを一挙に解決する手段として「生涯現役」が推奨されています。曰く、仕事を続けることで収入や孤独の不安は和らぎ、生活リズムが保たれるので健康的とのことです。


確かに理論的には「生涯現役」が最強のソリューションかもしれませんが、知力や体力が年々低下していく状況で延々と働き続けるのはいかがなものかと思ってしまいます。


生涯現役を貫くのなら経営者の立場がいいかなと思います。しかし、変化の早い時代なので、加齢による判断能力の低下は、致命的な失敗を引き起こす可能性を高めます。


かと言って、雇用されて虐げられるのも高齢者には辛いですね。こうなると不動産オーナー等の資本家側になってまったり過ごすのが、現時点ではベストっぽいですね。


ただし、自動運転技術が確立されると不動産のパラダイムシフトが発生する可能性があります。このため、不動産オーナーといっても安泰ではあり得ません。


今回の特集記事を拝読して、安定という幻影を追い求めるのではなく、現実に即して自分の力で生きていく気概を持つべきという思いを新たにしました。





★★ 管理人監修の資産形成マニュアル ★★
 


管理人監修の「勤務医の、勤務医による、勤務医のための資産形成マニュアル」です。高度な医療技術で社会貢献するためには経済的安定が不可欠! という信念のもと、管理人は多くのメンターから指導を受けました。

その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。既に資産運用をしている方でも、勤務医のアドバンテージを生かした新しい考え方が見つかるかもしれません。

PDF版の販売で、30日間の返品保証付きです。当直1回分にも満たない価格なので、本マニュアルの手法を実践すれば、あっという間に元が取れると思います。 尚、医師以外の方のご購入はご遠慮ください。



情報教材表紙




クレジットカードは財布に入れるな!

このエントリーをはてなブックマークに追加

最近、月末のクレジットカード払いの多さに辟易しています(苦笑)。もともと私はニコニコ現金払い派ですが、2年前にブラックカードのインビが届いてからカード派になりました。


カード支払いが100万円を切る月が珍しく、凄い勢いでクレジットカードに連結している銀行口座の残高が減っていきます。あまりに支払いが多いので内容を確認しました。


お前はいつも自分の支出を把握しろと言っているじゃないか! と思う方が多いでしょう。確かに、私は節約家なので、自分の家計の支出はほぼ完璧に理解しているつもりです。


それなのに何故クレジットカードの支払いの内容を把握できていないのか? 調べてみると、税金や法人支出関係の支払いを全てクレジットカードで行っていることが原因でした。


ふるさと納税はもちろんのこと、最近では法人税・消費税・固定資産税の支払いも全てクレジットカードで行っています。う~ん、どれだけ国に貢献してるんだ・・・


主な原因は税金と法人支出であることが判明しましたが、金額は小さいもののクレジットカードならではの無駄が発生していることに気付きました。普段の買い物でのチョイ買いです。


よく、現金払いよりもクレジットカード払いを推奨する人がいます。①金利ゼロで支払いの先送りができること ②ポイント付与 ③家計簿管理が容易になる が理由に挙げられます。


確かに理論上は、①~③は全て正しいです。しかし、実際に全ての支払いをクレジットカードで実行すると、よほど意志の強い人以外は確実に支出が増えてしまいます。


それは、購入に対する心理的障壁が低くなることが原因です。これは、何故ビジネスオーナーはわざわざカード支払いを導入するのか? の答えでもあります。


例えば、私の旅館や店舗は楽天スマートペイを導入していますが、手数料は売上高の3.24%です。この数字はかなり痛い。何故、高額な手数料を支払ってまでカード決済を導入するのか?


それは、消費者の購入に対する心理的障壁を下げるためです。消費喚起のためだけにクレジットカード決済を導入していると言っても過言ではありません。


それほどまでに現金決済は消費者の財布のヒモを堅くします。何だかんだ言って、ビジネスオーナー的にクレジットカードは、販促ツール以外の何者でもないのです。


逆に、消費者の立場では、クレジットカードの持つ浪費への誘惑を断ち切ることが肝要です。特に私は②のポイントが曲者だと思っています。


確かにポイント還元は魅力的に見えます。しかし、クレジットカードを持っていたがために、1ヵ月で4000円の無駄な出費をしてしまった場合の損得勘定はどうでしょうか?


無駄に消費した4000円をポイントで取り返すには、還元率1%のカードの場合、4000円÷1%=40万円(!)もの消費が必要となります。これでは全く割に合いませんね。。。


ポイントで得る僅かなメリットと浪費の誘惑を天秤にかけると、圧倒的に浪費の誘惑による害悪の方が大きいです。クレジットカードを持つには、精神的鍛練が必要なのです(笑)


ちなみに、浪費の誘惑はリアル店舗よりもネットショッピングの方が大きいです。このあたりのことを考えて、私はクレジットカード支払いを下記に留める努力をしています。

  • 税の支払い(固定資産税、法人税、消費税、ふるさと納税)
  • 法人支出(事業支出)
  • 光熱費

これでも毎月100万円を超える支払いになるので嫌になりますね。。。クレジットカードって本当にアブナイとツールだと思います。




ところで、私のクレジットカードは楽天ブラックカードですが、2016年の年末あたりから大量にバラ撒かれるようになったようです。しかも年会費5年間無料という特典付きです。


私がインビを受け取った頃は、比較的レアなカードでしたが、今ではかなりメジャーなカードになっています。


一応招待制ですが、楽天銀行や楽天証券にウン千万円程度の資金を入れておくと、結構な頻度でインビがくるようです。ブラックカード(?)としてはかなり敷居が低いですね。


楽天経済圏で生活していない限り、さほど大きなメリットを感じませんが、MasterCardの上級カードサービスであるTaste of Premiumを利用できるのはありがたいです。


お得なブラックカード(?)が欲しい方は、楽天銀行や楽天証券にまとまった資金を入れておくと良いかもしれませんね。






★★ 管理人監修の資産形成マニュアル ★★
 


管理人監修の「勤務医の、勤務医による、勤務医のための資産形成マニュアル」です。高度な医療技術で社会貢献するためには経済的安定が不可欠! という信念のもと、管理人は多くのメンターから指導を受けました。

その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。既に資産運用をしている方でも、勤務医のアドバンテージを生かした新しい考え方が見つかるかもしれません。

PDF版の販売で、30日間の返品保証付きです。当直1回分にも満たない価格なので、本マニュアルの手法を実践すれば、あっという間に元が取れると思います。 尚、医師以外の方のご購入はご遠慮ください。



情報教材表紙




非年功序列型の給与体系の落とし穴

このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、興味深いタイトルの記事をネットで拝見しました。ファーウェイの初任給40万円はトクかリスクか です。以下に転載します。





中国企業であるファーウェイの日本法人が初任給40万円で新卒求人を出している件が話題となりました。一般的な大企業で大卒新人の初任給は20~25万円が相場ですから、ずいぶんな太っ腹に見えますね。


なぜ、ファーウェイと日本企業の初任給はこれだけの格差が生じているんでしょうか。そして、若者はどちらに就職する方がおトクなんでしょうか。



ァーウェイは“たぶん”終身雇用じゃないから

同じような事業を似たような規模で行っている企業同士なら、人件費の総額にそう大きな違いはありません。差が出るのは分配の仕方が原因です。日本の大手企業は終身雇用なので、どうしても毎月の給料は低く抑える必要があります。細く長く支払うイメージですね。また、年功序列で高給取りのベテラン社員が大勢いるので、その人たちにまわす人件費も確保しないといけません。結果、新人の初任給は低く抑えられることになります。


そうしたしがらみのないファーウェイの場合は、自由に労働の対価として相応しいと考える賃金水準を提示でき、それが40万円だったというわけです。「たぶん終身雇用じゃない」と書いたのは、そうはいっても若く勢いのある同社の場合は結果的に長期雇用が成立する可能性が少なくないからです。


ちなみに「日本の労働法制の下で終身雇用じゃない働かせ方なんて出来るの?」と疑問に思う人もいるでしょうが、採用時にあらかじめ業務内容を明確にし、相応の賃金を支払っておけばたいていの場合は何とかなります。



そして、日本企業も“たぶん”終身雇用じゃない

というわけで、きっと読者の中には「なら、長く安定して働きたいなら終身雇用の日本企業が良くて、リスクを取りたいならファーウェイの方がおススメってことですね?」と思った人もいることでしょう。


90年代だったら、筆者もそうアドバイスしたと思います。でも、シャープや東芝の例を見ても明らかなように、大企業といえども終身雇用が保証できる時代ではなくなりました。文字通り解雇されるようなケースは稀でも、ぜんぜん畑違いの業種に配置転換されたり、追い出し部屋のような扱いを受け止むを得ず離職する人は珍しくありません。そういう意味では、「職を失うリスク」はファーウェイも日本企業もたいして変わらないだろうというのが筆者の意見です。


むしろ、日本企業にはまったく別のリスクもあります。それは「65歳まで雇ってもらうこと前提で会社に預けておいた報酬を受け取れなくなるリスク」です。同じ「職を失うリスク」がある以上、生産性に応じた賃金をタイムリーに払ってくれるファーウェイの方がむしろ低リスクだと筆者は考えますね。


DeNAやサイバーエージェントといった非・年功序列型企業が東大生の就職先として人気のある現実を踏まえれば、ファーウェイもきっと優秀層の注目を集めることでしょう。


他の日本企業が優秀層を囲い込むには、生産性の低い社員をリストラし、人事制度も脱年功序列のものに改め、ファーウェイ以上の初任給を提示するしかありません。今回のファーウェイの求人は、優秀層の争奪戦を通じて、中期的に日本企業全体に変革を促す外圧となるでしょう。





皆さんは、どう思われたでしょうか? ファーウェイは日本での知名度はあまり高くないですが、中国の深圳発の” 元 ”スタートアップで、いまでは世界有数の巨大企業です。


著者はファーウェイ寄りの見解ですが、私も全く同感です。日本企業の若年者の給与が低いのは、分不相応の給与を取るベテラン社員に人件費を回さざるを得ないからです。


これは長期雇用が前提となっており、世代間の互助的な意味合いが強いです。いわば、年金制度の会社版と言っても良いと思います。


企業の場合は、年金制度のように極端な人口構成のひずみは生まれにくいですが、その代わりに企業のゴーイングコンサーン(継続企業の前提)が問題となってきます。


つまり、若い時に薄給に耐えても、ベテランの年齢に達したときに勤めていた企業が傾いていれば、高給を得ることなくそのまま終わってしまうという最悪な結果になります。


このように考えると、年功序列型の賃金体系は、制度疲労をきたしていると言わざるを得ません。全ての原因は企業のゴーイングコンサーンに疑義がついているからです。


1990年台までは圧倒的な技術力で世界を席巻しましたが、産業構造の変化で日本型経営の強みが無くなりました。このため、大企業でも簡単に破綻する事態が多発しているのです。


私がもし大学生であれば、年功序列型の日本企業ではなく、間違いなく非年功序列型の企業に就職するでしょう。労働の対価は、その場でもらいたいからです。


この点、医師はファーウェイ型の給与体系なので、非常に有利だと思います。意外にも、医師は、最初からグローバル企業が採用している給与体系に近いんですね。


ただし、この非年功序列型の給与体系のために「自分たちは高給取りだ」と勘違いしてしまうリスクが高いことには注意が必要です。


もちろん、多少は高給取りだとは思います。しかし、その”高給”の大部分は、ベテランになったときの高度な医療技術に対する「報酬の先取り
に過ぎないことを認識するべきだと思います。





★★ 発刊後3週で増刷決定! ★★
 


当ブログ管理人書き下ろしの書籍が、中外医学社から発刊されました。「経済的に自由な医師」になることで、医師としての充実感と経済的成功を両立できる道があります。


本著では、資産形成論とマインドを学ぶことができます。具体的な手法は勤務医のための資産形成マニュアルに譲りますが、医師に特化した資産形成の入門書として是非ご活用ください!




161228 【書影】医師の経済的自由







65歳定年が傍迷惑な人もいる!?

このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、知り合いの不動産投資家が、私の外来を再診されました。この方は、某業界のガリバー企業勤務です。名前を知らない人はいないほどの超有名企業で、もちろん東証一部上場です。


一般的に言うと、その企業に勤めていること自体がステイタスなのですが、最近の政府の方針に従って、定年退職時期が60歳 → 65歳に延長されたようです。


選択制ではあるものの、希望すれば65歳まで働けるそうです。一般的にはいい話かもしれません。しかし、この方は敢えて60歳で退職するつもりです。65歳定年など迷惑な話なのです。


何でも、会社の人事部は「65歳までウチの会社で働けるんだからありがたく思え」的なスタンスのようで、この空気がなんとも嫌な気持ちにさせられるとおしゃられていました。


また、60歳 → 65歳まで定年退職が延びるということは、その分の雇用を若年者から奪うことになります。政府の定年延長の方針は、若年者の搾取と表裏の関係なのです。


客観的にみても、この方は不動産投資家として成功しているため、いくら一部上場の超有名企業勤務と言っても、わざわざ65歳まで働く必要はなさそうです。


そして、最も印象的だった言葉が「自分の健康寿命を考えると、60歳でも遅すぎるかもしれない」でした。たしかに日本男性の健康寿命は71.11歳なので、10年ほどしかありません。


もちろん、健康寿命の定義は自覚症状に基づいているので、実際に要介護状態になる年齢ではありません。しかし、70歳を越えると何らかの身体不調を自覚するのは確かです。


このように考えると、健康の憂いなく自由な時間を謳歌できるのは、おそらく60歳から70歳の10年間しかないという計算が成り立ちます。


この知り合いの不動産投資家は、2000年台前半に不動産投資に参戦しました。私が不動産投資を開始した時期とほぼ重なります。


当時はロバート・キヨサキの金持ち父さんブームで、不動産投資の存在は知られていましたが、何のノウハウ本も無かったため、実際に投資する人はほとんどいませんでした。


そんな中、無謀にも 果敢に不動産投資の世界に飛び込んだごく少数の人が、成功を勝ち取ったのです。2009~2012年組も成功者ですが、2002~2005年組の方が成功度合いは上です。


知り合いの不動産投資家は40歳台前半で、不動産投資に参入して成功を掴みました。そして、成功で掴んだ自由な時間の価値を、十分に理解しているようです。


この方の60歳で退職するというプランに、私は全面的に賛成です。いくら東証一部上場の超有名企業と言っても、しょせんはサラリーマンに過ぎません。


外来中の短い雑談でしたが、私は少し清々しい気持ちになりました。私と一回り以上年齢が離れているので、今後の参考に、これからの10年をどう過ごすのかを観察したいと思いました。





★★ 発刊後3週で増刷決定! ★★
 


当ブログ管理人書き下ろしの書籍が、中外医学社から発刊されました。「経済的に自由な医師」になることで、医師としての充実感と経済的成功を両立できる道があります。


本著では、資産形成論とマインドを学ぶことができます。具体的な手法は勤務医のための資産形成マニュアルに譲りますが、医師に特化した資産形成の入門書として是非ご活用ください!




161228 【書影】医師の経済的自由







アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

管理人の著書
管理人によるケアネット連載コラム
log_carenet

医師のためのお金の話

勤務医のための資産形成マニュアル
築古木造戸建投資マニュアル
医師のための 金融資産形成術
医師のための金融資産形成術

タダで自宅を手に入よう!


配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール
QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。