整形外科医のブログ

中堅の整形外科医が、日々の気付きを書き記します。投資の成功で働く必要が無くなりましたが、社会貢献のため医師を続けています。

投資家マインド

日本は秒回の国に対抗できるのか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

秒回という言葉を御存知でしょうか? この言葉の存在を知ったのは、2020/11/21号の週刊東洋経済のチャイナビジネス特集でした。







秒回とは中国語で「即レス」を意味し、現地では当たり前の商習慣だそうです。友人同士、重要なビジネス関連のやりとりでは数秒で返信することも珍しくありません。


返信や回答に半日かかったりすることは、商習慣上も失礼にあたります。企業トップや地方政府トップでさえも、WeChatで直接やりとりするそうです。


この速度でなければ中国でビジネスする資格がありません。パナソニック現地子会社はハンコ決済を廃止しました。社員からハンコ決済の会社は経歴に傷が付くと言われたからです。


一方、先日税務署に行ったついでに法人の郵送先変更しようとすると、ハンコがないため受理されませんでした。サインでもダメとのことです。日本は石器時代なのか???


私が最後に中国を訪れたのは、1993年頃なので現在とは全く様相が異なります。このため、一般的な日本人と同じ感覚で中国を眺めていました。


強権主義の国是で、露骨に近隣国への領土的拡張意志を隠さない中国は、日本の生存を脅かす極めて大きな脅威だと認識しています。


このため、中国に対して良好と言えない感情を抱いていますが、その優秀さとアグレッシブさには一目置いています。私たちが生き残るには中国人に対抗できる能力が必要なのです。


日本のなまぬるい環境に居ると中国の速さは異常に感じるかもしれませんが、そのような隣国が存在することは事実です。私たちも中国人の強みは積極的に取り入れるべきです。


実は私も「秒回」です。メールやSNSへの返信やビジネス上の意志決定はだいたい数分以内です。ただ、日本でこれをやると「あの人ちょっとおかしいんじゃない?」と思われます。


このため、メールではあえて1時間後の予約返信にしたりしていました。ところが今回の記事を読んで、あまり気を遣う必要はないと思い直しました。


即レスは奇異に感じられるかもしれませんが、
敢えて自分の処理スピードを周囲に合わす必要はないと考えることにしました。


同じようなスピード感が標準であるのは隣国であることが少し嫌でしたが、自分が異常でないことが判明して少し安堵です(笑)。ゴーイングマイウェイで行こう。






★★ 管理人監修の資産形成マニュアル ★★
 


管理人監修の「勤務医の、勤務医による、勤務医のための資産形成マニュアル」です。高度な医療技術で社会貢献するためには経済的安定が不可欠! という信念のもと、管理人は多くのメンターから指導を受けました。

その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。既に資産運用をしている方でも、勤務医のアドバンテージを生かした新しい考え方が見つかるかもしれません。

PDF版の販売で、30日間の返品保証付きです。当直1回分にも満たない価格なので、本マニュアルの手法を実践すれば、あっという間に元が取れると思います。 尚、医師以外の方のご購入はご遠慮ください。



情報教材表紙




なぜ 1億円の資産が貯まらないのか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

最近、どの程度の労力をかけると経済的自由に到達できるのかについて、個人的によく訊かれます。なかなか難しい質問ですが、私は「かなりがんばる必要がある」と回答します。


医師になるぐらいなので、中高生の頃から努力を続けていた人が大半だと思います。自分はそんなに勉強していなかったという人も、世間を基準にすると相当な勉強量のはずです。


そして医師になっても卒後 10年ほどは死ぬほど働いて勉強することが標準です。やはり、医師免許や一流の技術を得るには相当量の労力が必要であることは論を俟たないでしょう。


ところが資産形成になると、努力量の基準が大幅に下がるのが不思議なものです。資産形成のために、10年間歯を食いしばって努力し続けたという人には滅多にお目にかかれません。


しかし、医師免許や専門分野の技術を習得するためにあれだけの労力を費やしたのに、資産形成には1週間に数時間も費やさないというのはおかしな話だと思います。


何故なら、資産形成は医師免許取得や専門分野の技術習得と同じぐらい、自分や家族の人生に及ぼす影響が大きいことが多いからです。


医師アルアルは、年収1000万円以上を30歳台前半に達成して、60歳ぐらいまで維持できたのにもかかわらず、資産が 1億円にも満たないという状況です。


普通に考えたら 1億円程度の資産は簡単に達成できるはずなのですが、底の抜けたバケツのような生活習慣が続いたため、退職時にほとんど貯金が無いという悲劇が生まれます。


このような悲劇は多くの医師の身に起こっていることですが、その原因の大部分は資産形成の重要さに応じた労力を費やしていない、の 1点に尽きると思います。


やはり、資産形成の勉強や生活習慣のコントロール等のキモになる部分は、ある程度の時間をかけて習得し、また日々ブラッシュアップしていくべきスキルだと思います。


自分の人生を左右する資産形成に対しては、医師免許取得や専門技術習得と同程度の真剣さで向き合うことを強くお勧めします。






★★ 管理人監修の資産形成マニュアル ★★
 


管理人監修の「勤務医の、勤務医による、勤務医のための資産形成マニュアル」です。高度な医療技術で社会貢献するためには経済的安定が不可欠! という信念のもと、管理人は多くのメンターから指導を受けました。

その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。既に資産運用をしている方でも、勤務医のアドバンテージを生かした新しい考え方が見つかるかもしれません。

PDF版の販売で、30日間の返品保証付きです。当直1回分にも満たない価格なので、本マニュアルの手法を実践すれば、あっという間に元が取れると思います。 尚、医師以外の方のご購入はご遠慮ください。



情報教材表紙




医師の平均積立金額と貯蓄目的に衝撃を受ける!

このエントリーをはてなブックマークに追加

連載させていただいている m3に興味深い記事がありました。【勤務形態・診療科別】医師の平均積立額とその目的は…です。


私自身はこの手のアンケートに回答したことはないのですが、結果をみるのはおもしろいです。さて、今回の調査で目を引いたのは下記の2点です。



【毎月の平均積立金額】

中央値・平均値とも参照しましたが、今回は離れ値が少ないことから、中央値でなく平均値を用いています、とのことです。


具体的な金額は、m3を参照いただきたいのですが、私の第一印象は「少なすぎる」でした。勤務医 vs 開業医の月々の積立額は 2倍の差がありますが、開業医でさえも過少です。


どうしてこの程度の金額しか積立できないのか最初は理解できませんでしたが、その理由のひとつとして対象が30~50歳台がメインだったことが挙げられるかもしれません。


この年代は子供の教育費やマイホーム取得で何かと出費のかさむ時期ではあります。しかし、理由が何であったとしても、資産形成のタネ銭収集のためには積立の増額が必要です。


私が躍起になって資産形成のタネ銭を集めたのは卒後10年ぐらいまでの間です。それ以降は資産からのキャッシュフローが相当大きくなったので、タネ銭集めもラクになりました。


卒後10年と言えば、一般的には子供の教育費はさほどかからず、住居費も収益マイホームにすれば支出を大幅に削減できます。


このあたりのライフサイクルを考えると、卒後10年間は積立金額を極限まで上げることが推奨されます。そして卒後10年間は、医師として研鑽する時期でもあります。


つまり、脇目もふらず仕事に没頭することで、自然とタネ銭が収集できる絶好の時期なのです。実際に私も卒後10年間は、3次救急の基幹病院で過労死寸前まで働いていました。



【貯蓄の目的】

こちらの調査結果にも驚きました。勤務医・開業医とも、堂々の第一位はナント「老後」です。60歳台以上なら理解できますが、20~40歳台で老後はないと思うのですが...。


2位以下は、子どもの教育資金、家族旅行、趣味、マイカー、マイホーム購入と続きます。留学資金や開業資金というのもありますが、いずれも少ないです。


おそらく、貯蓄目的の選択肢の影響もあるのでしょうが、投資資金(タネ銭)がほぼ皆無であることに衝撃を受けました。私にとっては、唯一無二の貯蓄理由はタネ銭です...。


とにかく雪だるまの核となるタネ銭を素早く集めて、ゴロゴロと雪だるまを転がしていくと、教育資金、家族旅行、趣味、マイカーまでなら、月々の CFで賄えるようになります。


貯蓄目的で投資資金という項目が無いこと自体に衝撃を受けました。しかし、統計学的外れ値なのは、案外私の方かもしれないと思い直しました。


普通は投資のタネ銭集めのために、貯蓄しないものなのでしょうか??? まぁ、他人の考えは私には無関係なのでどうでもいいことではありますが...。


ここまで、m3の少々ビミョーな調査結果の話題でしたが、皆さん本当はもっと堅実に生活しているのでしょうか???






★★ 管理人監修の資産形成マニュアル ★★
 


管理人監修の「勤務医の、勤務医による、勤務医のための資産形成マニュアル」です。高度な医療技術で社会貢献するためには経済的安定が不可欠! という信念のもと、管理人は多くのメンターから指導を受けました。

その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。既に資産運用をしている方でも、勤務医のアドバンテージを生かした新しい考え方が見つかるかもしれません。

PDF版の販売で、30日間の返品保証付きです。当直1回分にも満たない価格なので、本マニュアルの手法を実践すれば、あっという間に元が取れると思います。 尚、医師以外の方のご購入はご遠慮ください。



情報教材表紙




m3: 超長期では世の中の常識を疑え!

このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、m3.comの連載企画【医師のための資産形成】第30回がアップされました。お題は超長期では世の中の常識を疑え! です。



m3com_logo




私は常識人を自認していますが、資産形成にかんしては客観的にみるとハチャメチャで破滅的行動を採ることが多いです。


  • 暴落局面で何も考えずに買い下がる
  • 不動産不況のど真ん中で不動産投資を拡大する
  • インデックスへのドルコスト平均法での投資戦略を採用しない
  • 株式投資では分散をまったくせずに個別銘柄への集中投資を行う
  • iDeCoは定期預金一択


そんなに投資の常識を無視していて本当に大丈夫なのか?と疑問に思う方も多いでしょうが、幸いにも 20年間生き残って順調に資産規模が拡大しています。


20年間マグレが続くことは想定しづらいので、投資の常識にしたがわなくても結果は出せると考えています。


むしろ、世の中の「常識」の方が間違っているのではないだろうか??? このような観点で戦後日本の歴史を振り返ってみると意外な事実が判明しました。


今回の m3.comの連載では、世の中の常識に関する私の意見を述べてみました。3分ほどで読了可能なので、是非 m3.comを訪問してくださいね!






★★  医師のキャリア革命(オンラインサロン)  ★★


「経済的自由」を手に入れるために Facebookを利用した非公開のオンラインサロンに参加してみませんか?



gg - コピー




本サロンの目標は、参加者全員に生涯途絶えることのない "複数の収入の流れ"  を得るための " 学びの場 "  を提供することです。


資産形成マニュアルで、医師が効率よく資産形成を実践するノウハウを公開しましたが、本サロンはそのフォローアップの場と位置付けています。


それぞれの参加者たちが得た知識や体験を共有し、集合知を形成する。集合知は、サロンのメンバーが未知の航海に旅立つ際の羅針盤となる


そのような " 学びの場 "  を

  •  整形外科医のための英語ペラペラ道場
  •  整形外科医のブログ 

​ ​
がタッグを組んで運営します!!
参加希望の先生方は、こちらからお願いします




コロナ禍もいよいよ最終局面?!

このエントリーをはてなブックマークに追加

先週末は 4連休でしたが、晴天に恵まれ全国的にコロナ禍前の人出を回復したようです。私も 9/21にクルージングに行きましたが、すごい数のお客さんでした。


実は、このクルージングに参加するのは今年 2回目です。1回目は 6月でしたが、平日だったこともあり、乗船客は私を含めて 5組だけという驚愕するべき状況でした...。


赤字必定の状況にもかかわらず律儀に定期運航していることに驚きましたが、お客目線では当然快適そのものでした。各グループの後ろに専属(?)スタッフが控えているほどです。


ところが今回は 100組ほどの乗船客でごった返しており、当然のごとく扱いは おおざっぱ 普通でした。特別待遇の思い出があるだけに、プレミアム感が無くてつまらんです。


クルージングの前日には、披露宴の帰りに某所のリッツカールトンにふらっとお茶しに行きましたが、予約が無いと夕方まで不可とのことで、すごすご退散です...。


明らかに人出が戻って経済が再起動している感じが嬉しいですが、そろそろ平常運転に戻って倹約を旨にする時期が到来したことを感じ取りました。


またまた各方面からバッシングを受けそうですが、新型コロナウイルス感染症の論文を大量に読んだ結果、エボラやSARSと同等の扱いはどう考えてもおかしいと結論付けました。


たくさんの新型コロナウイルス感染症関連の論文確認と、法に抵触するわけではなかったことから、私は 5月の緊急事態宣言明けから下記のような行動をしています。


  • 5月:京都の世界遺産めぐり+ビワイチ
  • 6月:クルージング
  • 7月:東北の温泉めぐり
  • 8月:沖縄で所有REITのホテルめぐり
  • 9月:北海道でBBQ&大雪山+旭山動物園


5月末の京都では、コロナ前には観光客でごった返しだった伏見稲荷の千本鳥居、銀閣寺、二条城などの観光名所で、自分しか写っていない貴重な写真を大量にゲットしました。


その後は滋賀県に移動し、ビワイチという琵琶湖を1周するサイクリングを敢行しました。ランナー膝に悩まされましたが、160km走破してゴールした感動は圧巻でした。


9月初旬の北海道でも大雪山・旭山動物園ともガラガラでコスパの高い旅行を楽しみましたが、この 4連休で一気にコロナ前に戻った印象を受けました。


株式投資や不動産投資でもそうなのですが、基本的に私は逆張り派なので、周囲と真逆の行動をとります。前回の 2008年は全国の五つ星ホテルのクラブフロアめぐりを行いました。


5月から9月までは微力ながら経済を回すためにも、観光客が居なくて閑散としている観光地を訪れてお金を落としましたが、皆が戻ってきたのでそろそろ終わりにしようと思います。


今回のコロナ禍では、株式投資で大きな成果を得ただけではなく、国内旅行でも貴重な経験をさせていただきました。やはり「人の行く裏に道あり花の山」は真理だと思います。






★★ 管理人監修の資産形成マニュアル ★★
 


管理人監修の「勤務医の、勤務医による、勤務医のための資産形成マニュアル」です。高度な医療技術で社会貢献するためには経済的安定が不可欠! という信念のもと、管理人は多くのメンターから指導を受けました。

その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。既に資産運用をしている方でも、勤務医のアドバンテージを生かした新しい考え方が見つかるかもしれません。

PDF版の販売で、30日間の返品保証付きです。当直1回分にも満たない価格なので、本マニュアルの手法を実践すれば、あっという間に元が取れると思います。 尚、医師以外の方のご購入はご遠慮ください。



情報教材表紙




アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

医療研究を身近な存在とし、医療の未来を作る


管理人の著書

161228 【書影】医師の経済的自由
管理人によるケアネット連載コラム
log_carenet

医師のためのお金の話

管理人による m3.com 連載コラム
管理人による幻冬舎ゴールドオンライン連載
管理人も参加しているオンラインサロン
勤務医のための資産形成マニュアル
築古木造戸建投資マニュアル

医師のための築古木造戸建投資マニュアル 1
REITで実践する不動産投資セミナー
190122
医師のための 金融資産形成術


配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール

自由気ままな整形外科医

・医学博士
・日本整形外科学会専門医
・日本リウマチ学会専門医
・不動産投資家
・超長期金融資産投資家
・ビジネスオーナー
・宅地建物取引主任士

QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。