整形外科医のブログ

中堅の整形外科医が、日々の気付きを書き記します。投資の成功で働く必要が無くなりましたが、社会貢献のため医師を続けています。

投資家マインド

非年功序列型の給与体系の落とし穴

このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、興味深いタイトルの記事をネットで拝見しました。ファーウェイの初任給40万円はトクかリスクか です。以下に転載します。





中国企業であるファーウェイの日本法人が初任給40万円で新卒求人を出している件が話題となりました。一般的な大企業で大卒新人の初任給は20~25万円が相場ですから、ずいぶんな太っ腹に見えますね。


なぜ、ファーウェイと日本企業の初任給はこれだけの格差が生じているんでしょうか。そして、若者はどちらに就職する方がおトクなんでしょうか。



ァーウェイは“たぶん”終身雇用じゃないから

同じような事業を似たような規模で行っている企業同士なら、人件費の総額にそう大きな違いはありません。差が出るのは分配の仕方が原因です。日本の大手企業は終身雇用なので、どうしても毎月の給料は低く抑える必要があります。細く長く支払うイメージですね。また、年功序列で高給取りのベテラン社員が大勢いるので、その人たちにまわす人件費も確保しないといけません。結果、新人の初任給は低く抑えられることになります。


そうしたしがらみのないファーウェイの場合は、自由に労働の対価として相応しいと考える賃金水準を提示でき、それが40万円だったというわけです。「たぶん終身雇用じゃない」と書いたのは、そうはいっても若く勢いのある同社の場合は結果的に長期雇用が成立する可能性が少なくないからです。


ちなみに「日本の労働法制の下で終身雇用じゃない働かせ方なんて出来るの?」と疑問に思う人もいるでしょうが、採用時にあらかじめ業務内容を明確にし、相応の賃金を支払っておけばたいていの場合は何とかなります。



そして、日本企業も“たぶん”終身雇用じゃない

というわけで、きっと読者の中には「なら、長く安定して働きたいなら終身雇用の日本企業が良くて、リスクを取りたいならファーウェイの方がおススメってことですね?」と思った人もいることでしょう。


90年代だったら、筆者もそうアドバイスしたと思います。でも、シャープや東芝の例を見ても明らかなように、大企業といえども終身雇用が保証できる時代ではなくなりました。文字通り解雇されるようなケースは稀でも、ぜんぜん畑違いの業種に配置転換されたり、追い出し部屋のような扱いを受け止むを得ず離職する人は珍しくありません。そういう意味では、「職を失うリスク」はファーウェイも日本企業もたいして変わらないだろうというのが筆者の意見です。


むしろ、日本企業にはまったく別のリスクもあります。それは「65歳まで雇ってもらうこと前提で会社に預けておいた報酬を受け取れなくなるリスク」です。同じ「職を失うリスク」がある以上、生産性に応じた賃金をタイムリーに払ってくれるファーウェイの方がむしろ低リスクだと筆者は考えますね。


DeNAやサイバーエージェントといった非・年功序列型企業が東大生の就職先として人気のある現実を踏まえれば、ファーウェイもきっと優秀層の注目を集めることでしょう。


他の日本企業が優秀層を囲い込むには、生産性の低い社員をリストラし、人事制度も脱年功序列のものに改め、ファーウェイ以上の初任給を提示するしかありません。今回のファーウェイの求人は、優秀層の争奪戦を通じて、中期的に日本企業全体に変革を促す外圧となるでしょう。





皆さんは、どう思われたでしょうか? ファーウェイは日本での知名度はあまり高くないですが、中国の深圳発の” 元 ”スタートアップで、いまでは世界有数の巨大企業です。


著者はファーウェイ寄りの見解ですが、私も全く同感です。日本企業の若年者の給与が低いのは、分不相応の給与を取るベテラン社員に人件費を回さざるを得ないからです。


これは長期雇用が前提となっており、世代間の互助的な意味合いが強いです。いわば、年金制度の会社版と言っても良いと思います。


企業の場合は、年金制度のように極端な人口構成のひずみは生まれにくいですが、その代わりに企業のゴーイングコンサーン(継続企業の前提)が問題となってきます。


つまり、若い時に薄給に耐えても、ベテランの年齢に達したときに勤めていた企業が傾いていれば、高給を得ることなくそのまま終わってしまうという最悪な結果になります。


このように考えると、年功序列型の賃金体系は、制度疲労をきたしていると言わざるを得ません。全ての原因は企業のゴーイングコンサーンに疑義がついているからです。


1990年台までは圧倒的な技術力で世界を席巻しましたが、産業構造の変化で日本型経営の強みが無くなりました。このため、大企業でも簡単に破綻する事態が多発しているのです。


私がもし大学生であれば、年功序列型の日本企業ではなく、間違いなく非年功序列型の企業に就職するでしょう。労働の対価は、その場でもらいたいからです。


この点、医師はファーウェイ型の給与体系なので、非常に有利だと思います。意外にも、医師は、最初からグローバル企業が採用している給与体系に近いんですね。


ただし、この非年功序列型の給与体系のために「自分たちは高給取りだ」と勘違いしてしまうリスクが高いことには注意が必要です。


もちろん、多少は高給取りだとは思います。しかし、その”高給”の大部分は、ベテランになったときの高度な医療技術に対する「報酬の先取り
に過ぎないことを認識するべきだと思います。





★★ 発刊後3週で増刷決定! ★★
 


当ブログ管理人書き下ろしの書籍が、中外医学社から発刊されました。「経済的に自由な医師」になることで、医師としての充実感と経済的成功を両立できる道があります。


本著では、資産形成論とマインドを学ぶことができます。具体的な手法は勤務医のための資産形成マニュアルに譲りますが、医師に特化した資産形成の入門書として是非ご活用ください!




161228 【書影】医師の経済的自由







65歳定年が傍迷惑な人もいる!?

このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、知り合いの不動産投資家が、私の外来を再診されました。この方は、某業界のガリバー企業勤務です。名前を知らない人はいないほどの超有名企業で、もちろん東証一部上場です。


一般的に言うと、その企業に勤めていること自体がステイタスなのですが、最近の政府の方針に従って、定年退職時期が60歳 → 65歳に延長されたようです。


選択制ではあるものの、希望すれば65歳まで働けるそうです。一般的にはいい話かもしれません。しかし、この方は敢えて60歳で退職するつもりです。65歳定年など迷惑な話なのです。


何でも、会社の人事部は「65歳までウチの会社で働けるんだからありがたく思え」的なスタンスのようで、この空気がなんとも嫌な気持ちにさせられるとおしゃられていました。


また、60歳 → 65歳まで定年退職が延びるということは、その分の雇用を若年者から奪うことになります。政府の定年延長の方針は、若年者の搾取と表裏の関係なのです。


客観的にみても、この方は不動産投資家として成功しているため、いくら一部上場の超有名企業勤務と言っても、わざわざ65歳まで働く必要はなさそうです。


そして、最も印象的だった言葉が「自分の健康寿命を考えると、60歳でも遅すぎるかもしれない」でした。たしかに日本男性の健康寿命は71.11歳なので、10年ほどしかありません。


もちろん、健康寿命の定義は自覚症状に基づいているので、実際に要介護状態になる年齢ではありません。しかし、70歳を越えると何らかの身体不調を自覚するのは確かです。


このように考えると、健康の憂いなく自由な時間を謳歌できるのは、おそらく60歳から70歳の10年間しかないという計算が成り立ちます。


この知り合いの不動産投資家は、2000年台前半に不動産投資に参戦しました。私が不動産投資を開始した時期とほぼ重なります。


当時はロバート・キヨサキの金持ち父さんブームで、不動産投資の存在は知られていましたが、何のノウハウ本も無かったため、実際に投資する人はほとんどいませんでした。


そんな中、無謀にも 果敢に不動産投資の世界に飛び込んだごく少数の人が、成功を勝ち取ったのです。2009~2012年組も成功者ですが、2002~2005年組の方が成功度合いは上です。


知り合いの不動産投資家は40歳台前半で、不動産投資に参入して成功を掴みました。そして、成功で掴んだ自由な時間の価値を、十分に理解しているようです。


この方の60歳で退職するというプランに、私は全面的に賛成です。いくら東証一部上場の超有名企業と言っても、しょせんはサラリーマンに過ぎません。


外来中の短い雑談でしたが、私は少し清々しい気持ちになりました。私と一回り以上年齢が離れているので、今後の参考に、これからの10年をどう過ごすのかを観察したいと思いました。





★★ 発刊後3週で増刷決定! ★★
 


当ブログ管理人書き下ろしの書籍が、中外医学社から発刊されました。「経済的に自由な医師」になることで、医師としての充実感と経済的成功を両立できる道があります。


本著では、資産形成論とマインドを学ぶことができます。具体的な手法は勤務医のための資産形成マニュアルに譲りますが、医師に特化した資産形成の入門書として是非ご活用ください!




161228 【書影】医師の経済的自由







ブロックチェーン革命への心意気

このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、ビットコインのセミナーに出席してきました。私は4年前からビットコインに注目していましたが、マウントゴックス破綻劇で腰が引けて、投資(投機?)する機会を失いました。


最近はビットコインを始めとする仮想通貨のニュースを見ない日は無いほど、注目されています。下記はビットコインの長期チャートですが、綺麗な右肩上がりのチャートです。



キャプチャ - コピー




超長期逆張り投資家を自任する私にとっては、最も嫌いな形のチャートです(笑)。このチャートを見てしまうと、ビットコインへの参戦は、私には怖過ぎて難しいです。


当分ビットコインへの参戦は無さそうですが、私はブロックチェーン技術には注目しています。もちろん、ブロックチェーン技術を完全に理解しているわけではありません。


理由は、インターネット革命以来の革命であるとの下馬評が高いからです。米国でネットスケープが上場したのは1995年です。この時、私は名前しかインターネットを知りませんでした。


インターネット革命の黎明期は、コンピュータネットワーク機器開発のシスコ・システムズや光ファイバーのコーニングなどの、インフラ関係企業が収益をあげました。


この段階で、これらの企業群は、私たちの生活にあまり影響を与えていません。2000年台に入って、インターネットのインフラを利用したGoogleやAmazonのサービスが登場しました。


GoogleやAmazonが提供するクラウドサービスは、私たちの生活に大きな影響を与え始めます。そして2010年以降には、FacebookなどのSNSが、更に大きな影響を与えるようになりました。


今では、彼らが提供するサービス無しでは生活やビジネスが成り立たちません。私は、医療・ビジネス・金融資産投資・不動産投資とも、クラウドサービスをフル活用しています。


私がゼロから始めて今の規模にまで拡大できた最大の理由は、イノベーションの波に乗って、これらの企業群が提供している下記のサービスをフル活用できたからだと思っています。

  • Google: オンラインストレージ、アナリスティクス
  • Amazon: AWS
  • Facebook: グループ機能、メッセンジャー機能




ポイントは、これらの企業群への株式投資から利益を得たわけではなく、これらの企業群が提供する高品質サービスを、低価格~無料で使用して大きな利益を生み出していることです。


そして、ブロックチェーン技術においても、同じことが起こる可能性があります。つまり、ビットコインのようなインフラではなく、その先にやってくる革新的サービスが重要なのです。


イノベーションを使いこなせるか否かで、今後の人生は大きく変わる可能性があります。私のような機械音痴でも、インターネット革命の恩恵にあずかることができました。


ブロックチェーン革命が本物であった場合には、尻込みすることなく勇気をもって飛び込むことが重要だと思います。






★★ 管理人監修の資産形成マニュアル ★★
 


管理人監修の「勤務医の、勤務医による、勤務医のための資産形成マニュアル」です。高度な医療技術で社会貢献するためには経済的安定が不可欠! という信念のもと、管理人は多くのメンターから指導を受けました。

その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。既に資産運用をしている方でも、勤務医のアドバンテージを生かした新しい考え方が見つかるかもしれません。

PDF版の販売で、30日間の返品保証付きです。当直1回分にも満たない価格なので、本マニュアルの手法を実践すれば、あっという間に元が取れると思います。 尚、医師以外の方のご購入はご遠慮ください。



情報教材表紙




医師も象鼻の根元に過ぎず

このエントリーをはてなブックマークに追加

エレファントカーブってご存知でしょうか? エレファントカーブとは、1988年~2008年の間に「世界で誰が豊かになったのか」を示しているグラフです。



エレファントカーブ - コピー



ベルリンの壁が崩壊してグローバリゼーションが進んだこの約20年間に、先進国の富裕層と新興国の中間層は豊かになりました。


その一方、欧米や日本などのいわゆる先進国の中間層は、この20年間で所得をほとんど増やしていません。欧米に比べても日本は特にこの傾向が顕著です。


ベルリンの壁崩壊までは、欧米や日本などの先進国と新興国の格差は歴然としていました。しかし、2008年のリーマンショック以降は、新興国との差は更に縮小しています。


例えば東アジアの中で、日本はお金持ちの国だと認識している人が多いと思いますが、私の感覚ではそんなことは全然ありません。中の上ぐらいの認識です。


特に中国の躍進は目を見張るものがあります。私の不動産経営のメンターのひとりに、某旧帝国大学の近くで留学生を対象として賃貸業を営んでいた方がいます。


周囲のワンルームマンション相場が6~7万円ぐらいだったのに、2万円ぐらいで貸し出していたので、中国人留学生から大人気の施設でした。


ところが、2010年ごろから設備面の劣勢を家賃では挽回できなくなり、ついには留学生を対象とした施設を、他の用途に転換せざるを得ない状況が出現しました。


この方は、勇気をもって業態の大転換を断行しましたが、中国の経済発展がひとつのビジネスモデルを過去のものにしてしまう状況を垣間見ました。


一方、日本人の購買能力低下は、目を覆わんばかりです。私の宿泊施設の経営方針は宿泊単価の高い上客に特化するです。残念ながら、日本人を敢えて避けるような形になっています。


現在は世界の識字率が85%もあるそうで、先進国と新興国の人の間で能力的な差が小さくなっています。先進国に生まれただけで高所得を獲得するのは過去の話になりつつあります。


もう一度、エレファントカーブに戻ると、私たちの大部分は象の鼻の根元に位置します。さすがに医師は違うでしょう? と感じる方もいるでしょう。


しかし、医師の所得は20年間で50~60%増加したでしょうか? 統計を見れば分かりますが、ほぼ横這いです。確かに所得の絶対値は高いですが、全然増加していないのです。


このままの状況が続くと、いずれ世界はフラットに近くなる可能性があります。生まれた国ではなく、個人の能力に依存した競争のジャングルです。


自分たちは、象の鼻の根元に位置することを再認識して、激しく変化する現在社会に対応する必要があると感じました。







★★ 発刊後3週で増刷決定! ★★
 


当ブログ管理人書き下ろしの書籍が、中外医学社から発刊されました。「経済的に自由な医師」になることで、医師としての充実感と経済的成功を両立できる道があります。


本著では、資産形成論とマインドを学ぶことができます。具体的な手法は勤務医のための資産形成マニュアルに譲りますが、医師に特化した資産形成の入門書として是非ご活用ください!




161228 【書影】医師の経済的自由







80点で良しとしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加


5月以降は極めて忙しい毎日を送っています。その理由は、スタートアップの業務内容が急増していることと、築古木造戸建の改修工事が佳境に差し掛かったいるためです。


まず、スタートアップですが、顧客企業がすごい勢いで増えています。営業効果がここにきて顕在化してきたようで、今は内部の仕組み化で悪戦苦闘しています。


急拡大期の新興企業が、顧客数増大についていけずに自壊するパターンがありますが、その状態に陥らないように慎重にハンドリングする必要性を感じます。


ただし、事業でも「慣性の法則」が働くので、意識的に減速すると取り返しのつかないことになる可能性もあります。このあたりの匙加減は、いつも本当に難しい。。。


一方、4月に購入した築古木造戸建ですが、いろいろトラブルが噴出しています。最初のトラブルは駐車場を増設した際に水道管を破壊してしまい、水が「噴出」しました(笑)。


過去に所有していた1棟マンションで、屋上の高架水槽から水が溢れ出してナイアガラの滝状態になったことがありましたが、それ以来の衝撃的な風景だったようです。


更に、浴室の換気扇を交換した際にシロアリ被害が発覚しました。柱の1/3が無くなっていました。シロアリは湿気のあるところを好むので浴室廻りは要注意です。


今回の物件も脱衣所の床がフワフワしていたので怪しいと思っていましたが、点検口が無かったので敢えて確認していませんでした。我ながら詰めが甘い・・・


いろいろトラブルが発生しますが、築古木造戸建は改修工事も終盤に差し掛かっています。期間限定の忙しさなので、「自動販売機」を手に入れるためにももうひと踏ん張りです。


このように、二面展開しているとよく分かるのですが、物事を進めるときには100%を追求すると自分の首を絞めていくことになります。


例えば試験のときに80点を取るための勉強量と100点を取るための勉強量を考えてみてください。100点を取るためには、80点を取るための勉強量の2倍は必要なはずです。


80点 → 100点の20点分を積み上げるためには、些細な部分まで習得する必要があるため、膨大な勉強量が必要になるからです。費用対効果を考えると80点ぐらいがちょうどいい。


医学部に合格するためには、少なくとも同年代の上位1%に入る必要があります。このため、医師には100点を追求してしまうメンタリティの持ち主が多いと思います。


最難関受験を制するためには有効なメンタリティですが、実社会でコレをやってしまうと物事がうまく進みません。100点ではなく80点で良しとしようと自分に言い聞かせています。





★★ 管理人監修の「医師のための築古木造戸建投資マニュアル」 ★★
 


なぜ、築古木造戸建なのか? 不動産業者が勧めるピカピカの投資用新築マンション投資など全く比較にならない旨みが隠されています。医師が築古木造戸建投資を行う目的は2つです。


  1.  不動産投資の入門編
  2.  給与所得の節税対策


医師のあなたなら、築古木造戸建投資は税制を絡めて低リスクに実践可能であり、本格的な不動産投資を開始する前の絶好の練習台となります。
 

本マニュアルは、「勤務医のあなたが開業医並みの収入を得て富裕層に到達する方法!」で提唱した築古木造戸建投資の実践版です。


多忙な医師が時間をかけずに知識を習得することを目的に、パワーポイントのプレゼンテーション形式となっています。ポイントだけに絞っているので1時間以内に概要を掴むことが可能です。


全143スライドのPDF版ダウンロード販売で、30日間の返品保証付きです。当直1回分にも満たない価格なので、本マニュアルの手法を実践すれば、あっという間に元が取れると思います。


尚、医師以外の方のご購入はご遠慮ください。




医師のための築古木造戸建投資マニュアル 1





アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

管理人の著書
管理人によるケアネット連載コラム
log_carenet

医師のためのお金の話

勤務医のための資産形成マニュアル
築古木造戸建投資マニュアル
医師のための 金融資産形成術
医師のための金融資産形成術

タダで自宅を手に入よう!


配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。