整形外科医のブログ

中堅の整形外科医が、日々の気付きを書き記します。投資の成功で働く必要が無くなりましたが、社会貢献のため医師を続けています。

投資家マインド

寡占状態を創り出す!

このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、久しぶりに大家仲間と会う機会がありました。
最近は医療系スタートアップが忙しくて、不動産は放置プレー状態です。


大家仲間の中に、大規模な地主系大家人さんで、副業(趣味?)で医師をしている方がいました。この方とは以前から面識があり、色々と教えていただくことも多かったです。


お話を拝聴して、改めて感覚の斬新さに気付きました。この方は、生まれた時から働く必要がないのですが 、そのような環境にも関わらず国立医学部に合格されています。


生まれ育ちが私のような一般庶民と違っているため、その人生観や世の中に対する考え方が、私と180度異なっていて興味深かったです。


傍目には人も羨む境遇ですが、それだからこそ人には言えない悩みも多く抱えているようです。さて今回の会話の中で最も感銘を受けたのは「寡占状態を創り出す」でした。


寡占状態を作り出すのはなかなか容易なことではありません。寡占状態を作るには、とてつもない労力と資本が必要になるケースがほとんどです。


しかし、少し考え方を変えることで、寡占状態を容易に作り出すことも可能であるという示唆を教えていただきました。


具体的な例として、医師の専門分野選択が挙げられます。この方は、某マイナー科が専門なのですが、なんとその科の医師は県内でたった数人しかいないそうです。


このようなマイナー科であっても、やはり需要はそれなりにあります。しかし、供給できるのが県内に数人しかいないので、価格決定権は数名の医師にあります。


このことは非常に理想的な状況です。価格決定が、ほぼ医師の一存でなされるため、非常に強気な価格を維持することが可能なのです。


この方は、週2日間しか働いていないようなのですが、それだけの勤務日数しかないにも関わらず、おそらく私と同じぐらいの給与所得を稼いでいるようです。


メジャー科ではなかなかこうはいきません。寡占状態が有利であることの実例を教えていただき、まさに目からウロコでした。


本来、こういう状態を作り出すことは難しいのですが、医師免許を持っているという前提であれば、その進路を決定するときに寡占状態ができる分野を選ぶことが可能となります。


この方がおっしゃられていたのは、皆が殺到するメジャー分野ではなく、できるだけ競争相手のいないマイナー分野に進んで行くことが秘訣とのことでした。


なかなかここまで思い切った選択をすることは普通の人には難しいですが、ひとつの処世術として覚えておいて損はないと思いました。





★★ 管理人監修の資産形成マニュアル ★★
 


管理人監修の「勤務医の、勤務医による、勤務医のための資産形成マニュアル」です。高度な医療技術で社会貢献するためには経済的安定が不可欠! という信念のもと、管理人は多くのメンターから指導を受けました。

その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。既に資産運用をしている方でも、勤務医のアドバンテージを生かした新しい考え方が見つかるかもしれません。

PDF版の販売で、30日間の返品保証付きです。当直1回分にも満たない価格なので、本マニュアルの手法を実践すれば、あっという間に元が取れると思います。 尚、医師以外の方のご購入はご遠慮ください。



情報教材表紙




愚痴:現場に行くのが怖い・・・

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日の話題は「現場に行くのが怖い」です。
不動産投資・ビジネスにおいて、現場に身を置くことは勝利への必須条件です。


しかし、私は現場に赴くことを自らに課しているものの、決して喜々と行っているわけではありません。むしろ、現場にはできるだけ行きたくない・・・




宿泊業を例にとると


昨日は、逆走台風の影響で所有宿泊施設のお客様が1日早くチャックアウトすることになりました。宿泊費用の払い戻しは発生しないので悪い話ではありません。


しかし、台風が接近する可能性が高かったので、戸締りの確認に行く必要が発生しました。スタッフのシフトは1週間前には組んでいるので、突然の変更に対応できないのです。


実は、この宿泊施設は自宅から徒歩5分ほどのところにあります。物理的な距離は近いのですが、心理的な距離は遠い。何故なら、あまり現地入りしたくない気持ちがあるからです。


その理由は、現地入りすると見たくない現実が見えてしまうことが多いからです。久し振りに施設に入ると、案の定いろいろな「発見」をしてしまいました。


  1.  エントランスのドア取っ手が外れかかっている
  2.  お客様用のガイドブック(lonely planet)が無くなっている
  3.  点検口の蓋が歪んでいる
  4.  椅子の脚につけているクッションがはずれている
  5.  エアコンの利きが悪い


いずれも、スタッフから私への報告は上がっておらず、お客様からの苦情もありません。しかし、苦情が無い=問題無い ではなくて、水面下で問題点が熟成されつつある状態です。


そんないろいろな問題点が、オーナー自ら現地入りすることで見えてしまいます。とりあえず⑤の対応は緊急性があるので、その場でエアコンフィルターの掃除を行いました。


これだけで30分ほどの時間ロスです。だいたい現地入りすると無傷で帰れることは少なく、何等かの対応をせざるを得ないことが多いです。


このような理由で、心理的には現地入りしたくないという気持ちになってしまいます。つまり、見たくないモノに対応せざるを得なくなる状況が嫌なんですね。




不動産投資も同じ


今回は宿泊施設を例にとりましたが、不動産投資でも似たようなものです。私は自分の時間を投入する機会を極限にまで減らしているので、日常は所有物件の存在を忘れるほどです。


PC上で全て完結するので「キレイ」な状態で全てがうまくいっているような感覚に陥りがちです。しかし、実際に現地入りすると問題点が山積していることが多いです。


もちろん、苦情が発生するレベルの問題ではないのですが、自分の要求レベルに引っかかる程度ではあるので、黙殺するわけにはいきません。


このことは1棟物件だけではなく、コインパーキングのような傍目には自動販売機状態の物件にも該当します。先日久し振りに行くと、ゴミが散乱していました。。。




ビジネスではどうなのか


私はリアル・ネットビジネスとも展開していますが、オーナーが関与している度合によって、現地入り(?)する際の心理的負担が異なります。


最も心理的負担が少ないのは、ネットビジネスです。こちらは、比較的キレイに整理されており、特に大きな問題は発生していません。


一方、現在最も資源を投入している医療系のリアルビジネスに関しても、さほど大きな心理的負担はありません。


何故だろうと考えてみると、毎日たくさんの問題点が発生しており、日々トラブル対応しているので、知らない問題が山積している状況にはなりえないことに気付きました。


つまり、毎日どんどんトラブルを解決しているため、ビジネスの全てを把握・管理しているのです。このため、心理的負担は少ないです。


要は、全ての投資やビジネスでトラブルは必発なのですが、それをまとめて処理するのか
、毎日処理するのかの違いだけのようでした。





444 - コピー



そんな感じで筆を置こうとしたのですが、ふと自宅前駐車場(収益マイホーム)に目をやると、オリーブを植えている大きな鉢が倒れているではありませんか!


しかも、鉢が割れています。このオリーブは2004年以来ずっとこの場所にあるのですが、14年間で初めて出来事です。これは大変そう・・・


ああ、月極駐車場までも問題発生です(笑)







★★ 管理人監修の資産形成マニュアル ★★
 


管理人監修の「勤務医の、勤務医による、勤務医のための資産形成マニュアル」です。高度な医療技術で社会貢献するためには経済的安定が不可欠! という信念のもと、管理人は多くのメンターから指導を受けました。

その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。既に資産運用をしている方でも、勤務医のアドバンテージを生かした新しい考え方が見つかるかもしれません。

PDF版の販売で、30日間の返品保証付きです。当直1回分にも満たない価格なので、本マニュアルの手法を実践すれば、あっという間に元が取れると思います。 尚、医師以外の方のご購入はご遠慮ください。



情報教材表紙




仕事の断捨離で生活の質が向上?!

このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、勤務医生活のたな卸しを行っていることをご報告しました。
たな卸しと言ってもアルバイトを譲渡しているだけですが(笑)


そんな些細な意思決定ではあるものの、その効果はなかなか大きいです。たかだか定時に帰宅する日が1日増えただけですが、ものすごく生活の質が上がったような気がします。


17時過ぎに終業すると帰宅するのが18時前なのですが、まだまだ外は明るいのです! もちろん夏至を過ぎたばかりなので、単純に昼間が長いということはあります。


しかし、暑い中を自転車で帰宅して1杯飲むと、何とも言えない至福感を感じます。あぁ、やはり人生の楽しみは余暇に有りだな!


夜診はたかだか2時間だけなのですが、移動時間も含めて夕方の3時間が自由になるか否かだけでも、ものすごく1日の充実感が違います。


正直言って、ここまで生活の質が向上するとは思ってもみませんでした。夜診アルバイトは4万円×4回/月=16万円ほどです。しかし、税引き後の手残りは、約8万円に過ぎません。


金銭的な機会喪失と、得ることのできる生活の質の向上を天秤にかけると、私の場合は生活の質を取るという選択肢になりそうです。


最近では、個人収入はすべて額面の50%で計算することにしています。実際には、築古木造戸建や個人事業等のタックスシェルターを駆使することで、50%を割っています。


しかし、得ることができる金銭の対価としての時間の大切を考えると、敢えて50%は税で控除されると考えた方が、個人で請ける仕事の選別をシビアにできると思います。


やはり、かけがえのない自分の時間を守るためにも、

  1.  収入は可能なかぎり法人経由で
  2.  法人に回せない個人収入はタックスシェルターで防御


という考え方を徹底する必要がありそうです。何も考えずに働いて自分の時間を浪費していくよりも、戦略的に立ち回って自分の時間を防衛する方が賢い選択肢です。



それにしても、1日の終わりの自由な時間は、何事にも代え難いことを痛感しました。ビール片手に夕日が沈んでいくのを眺める生活は、本当に素晴らしいモノですから!






★★ 管理人監修の資産形成マニュアル ★★
 


管理人監修の「勤務医の、勤務医による、勤務医のための資産形成マニュアル」です。高度な医療技術で社会貢献するためには経済的安定が不可欠! という信念のもと、管理人は多くのメンターから指導を受けました。

その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。既に資産運用をしている方でも、勤務医のアドバンテージを生かした新しい考え方が見つかるかもしれません。

PDF版の販売で、30日間の返品保証付きです。当直1回分にも満たない価格なので、本マニュアルの手法を実践すれば、あっという間に元が取れると思います。 尚、医師以外の方のご購入はご遠慮ください。



情報教材表紙




人生のたな卸しを実施中?!

このエントリーをはてなブックマークに追加

サッカーのワールドカップで、日本代表が決勝トーナメントへ進出しましたね!
最終戦の最後の10分間の戦い方には賛否両論がありますが、私はagreeです。


アレをやって決勝トーナメントに進出できなかったら、西野監督のサッカー人生は終わったはずです。瞬時にあれほどの重い決断ができるのは、並大抵のことではないと思うのです。


さて、日本の決勝トーナメント進出はサプライズでした。事前予想は不可能でしたが、第1戦や第2戦は、どうみても素晴らしい試合です。やはり、どうせならナマで観戦したい!


常々そのように思っていたので、夏の家族旅行にロシア・ワールドカップ観戦を提案したところ、圧倒的多数決で却下されました。。。今となっては悔しさ倍増です(苦笑)。


さて、そんな不甲斐ない私をしり目に、周囲ではロシアへワールドカップ観戦へと旅立つ人が後を絶ちません。


JC仲間で楽しそうにグループで行く人や、家主仲間でもロシアへ行く人が結構居ます。やっぱり経営者や家主は、時間を自由にできて羨ましい生き方だな。。。


まぁ、時間を自由にできる人たちだから自分とは違うなと思っていたところ、この人までロシアへ旅立ったとのことで、結構衝撃を受けました。


どうやら私に足りなかったのは、絶対にロシアへ観戦に行く!という強い気持ちだったようです。他人を羨ましがった自分に少し反省ですね。


そうは言うものの、自分が時間貧乏であることを今回のワールドカップで痛感しました。今の私は、昼夜にかかわらず空き時間をみつけてスタートアップの業務をこなしています。


正直言って、何のためにここまで馬車馬のように働いているのか分からなくなることが多くなってきました。少なくともお金のために働いているわけではなさそうです。


最近、苦労して夜診アルバイトのひとつを後輩に引き継ぎました。比較的割の良いアルバイトですが、後任を探してもなかなか人がみつかりません。皆、結構忙しいんですね。


それにしても夜診アルバイトをひとつ無くすだけでも、時間的にずいぶん楽になりました。家でビールをゆっくり飲める日が1日増えるのは、なかなかよいものです。


もうひとつアルバイトがあるのですが、こちらは維持するつもりです。その理由は、仮に現在のメインの勤務先を退職した場合にも、医師としてのアイデンティティを保つためです。


週1でも臨床に接していると、医師としての「勘」をある程度維持できるのではないのか? と思っているのです。


大学卒業後から、2週間以上連続で臨床から離れたことが無いので、この程度のことで医師としての勘を維持できるのかは実際のところ分かりません。


このあたりの不確定要素を考えながら、時間を有意義に使うために自分の人生の取捨選択を推し進めていこうと思います。


時間の自由だけを考えると、①スタートアップを売却して ②都市中心部の自動運転可能な不動産投資に集中した後に、③医師をリタイアすることが、ベストチョイスだと思います。


しかし、その選択肢はしばらく無いと思います。そう思う理由は、スタートアップや医師の仕事は、能力的・体力的に考えて今しかできないからです。


本当にこれが正解なのか否かは自信がありません。しかし、後戻りできなさそうなので、リタイアを考えるのは、もう少し先にしよう。。。






★★  医師のキャリア革命(オンラインサロン)  ★★


「経済的自由」を手に入れるために Facebookを利用した非公開のオンラインサロンに参加してみませんか?



gg - コピー




本サロンの目標は、参加者全員に生涯途絶えることのない "複数の収入の流れ"  を得るための " 学びの場 "  を提供することです。


資産形成マニュアルで、医師が効率よく資産形成を実践するノウハウを公開しましたが、本サロンはそのフォローアップの場と位置付けています。


それぞれの参加者たちが得た知識や体験を共有し、集合知を形成する。集合知は、サロンのメンバーが未知の航海に旅立つ際の羅針盤となる


そのような " 学びの場 "  を

  •  整形外科医のための英語ペラペラ道場
  •  整形外科医のブログ 

​ ​
がタッグを組んで運営します!!
参加希望の先生方は、こちらからお願いします




「忖度」するべき顧客は誰なのか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

先週、忖度(そんたく)を話題にしました。勤務医の処世術のつもりで書いたのですが、開業医の先生から経営目線でのコメントをいただきました。


なるほど、同じ医師と言っても立場が違えば考え方がずいぶん異なると感心しました。そこで病院勤務医の立場を離れて、自分のビジネス目線で関係者への接し方を考えてみました。




① 顧問業ビジネス


こちらは某専門職対象の医療系顧問業です。対象となる顧客層が全国で約1000しかありません。1顧客あたりの単価が高いので、必然的に濃厚な顧客対応となります。


まだ、50程度しか顧客を獲得していないので(それでも3強の一角です)、全ての顧客に全力で「忖度」です(笑)。顧客対応での濃淡はほぼ無く、相談には実直に対応しています。


現在の私のメイン事業であるため、日々顧客への「忖度」を実践しています。我ながら、なかなか甲斐甲斐しい(笑)




② 宿泊ビジネス


こちらは、マス対象ではあるものの施設のキャパが限られているので、理論的には獲得顧客に全力で「忖度」できるはずです。


しかし、実際のところ集客はポータルサイト依存(Booking.com、Airbnb)であることと、民泊新法祭りで潤っているので、造り上げた仕組み内での機械的な対応に留まっています。


このため、Booking.comのratingは8.7、Airbnbのratingは4.7程度しかなく、中の上ぐらいをさまよっています。最近、放置気味なので、そろそろテコ入れしないと。。。




③ 不動産賃貸業


繁忙期にときどき思い出すだけで、最近は存在さえアタマから消えていました(苦笑)。本来なら全力で「忖度」するべきなのでしょうが、そもそも接点がありません。


唯一の接点である自宅前駐車場の賃借人はバイクも合わせて10名ほどですが、実践している「忖度」は駐車場内の清掃ぐらいです。まぁ、言ってみれば自宅の掃除ですね・・・


最近は、隣接地を買収してコインパーキングを拡張中です。住居系の比率が下がっているので、「忖度」不要の自動販売機状態になりつつあります。




④ ネットビジネス


こちらは家主向けの小さなポータルサイト運営です。マス対象であり、そもそものビジネスモデルがポータルサイトなので、「忖度」の入る余地は無いです。




⑤ 勤務医ビジネス(?)


本日のメインテーマです(笑)。前述のコメントは、勤務医(従業者)ビジネスの顧客は誰なのか?を考えるきっかけになりました。


普通に考えると患者さんなのですが、よ~く考えると実は経営者や上司ではないのか?という気がしてきました。報酬を得るのは勤務先からであり、患者さんではないからです。


オマエはバカか? 患者さんの診察料が収入源に決まっているだろう!というお叱りを受けそうですが、実務上は経営者や上司などの組織が「顧客」という認識です。


そうなると、患者さんから直接収入を得ている開業医は患者さん全般に「忖度」を、私のような勤務医は組織に「忖度」するという、いかにも日本的な構図が成り立ちますね(笑)






★★ 管理人監修の資産形成マニュアル ★★
 


管理人監修の「勤務医の、勤務医による、勤務医のための資産形成マニュアル」です。高度な医療技術で社会貢献するためには経済的安定が不可欠! という信念のもと、管理人は多くのメンターから指導を受けました。

その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。既に資産運用をしている方でも、勤務医のアドバンテージを生かした新しい考え方が見つかるかもしれません。

PDF版の販売で、30日間の返品保証付きです。当直1回分にも満たない価格なので、本マニュアルの手法を実践すれば、あっという間に元が取れると思います。 尚、医師以外の方のご購入はご遠慮ください。



情報教材表紙




アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

管理人の著書

161228 【書影】医師の経済的自由
管理人によるケアネット連載コラム
log_carenet

医師のためのお金の話

管理人による m3.com 連載コラム
管理人も参加しているオンラインサロン
勤務医のための資産形成マニュアル
築古木造戸建投資マニュアル

医師のための築古木造戸建投資マニュアル 1
医師のための 金融資産形成術
医師のための金融資産形成術

タダで自宅を手に入よう!

医師のための収益マイホーム購入マニュアル


配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール

自由気ままな整形外科医


・医学博士
・日本整形外科学会専門医
・日本リウマチ学会専門医
・不動産投資家
・超長期金融資産投資家
・ビジネスオーナー
・宅地建物取引主任士

QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。