整形外科医のブログ

中堅の整形外科医が、日々の気付きを書き記します。投資の成功で働く必要が無くなりましたが、社会貢献のため医師を続けています。

投資家マインド

高利回り資産+超長期保有が王道

このエントリーをはてなブックマークに追加

私は、2000年頃から資産形成を実践しています。もう20年近く本格的な資産形成を実践しているのですが、その経験からどの要素が最も結果を残しているのかを考えてみました。


私はさまざまな投資対象に投資していますが、含み益が多いものの特徴として「高利回り資産」+「超長期保有があります。


高利回り資産は毎年多額のキャッシュをもたらしますが、この高利回り資産を10年以上の超長期で所有し続けることによって、含み益を有する資産が爆発的に増えるのです。


このように書くと当たり前のことだと思うかもしれません。しかし、この戦略の問題点はいくつかあります。そのうちのひとつは高利回り資産は滅多に存在しないことです。


高利回りはリスクの裏返しであるため、高利回り資産=リスクが高い資産と言い換えることができます。


当初高利回りに見えても、途中で破綻したり高利回りを維持できなくなることが多々あります。実際には長期にわたって高利回りを維持できる資産というのはあまり無いのです。


ただそうは言っても、高利回り資産は全くないかと言うとそういう訳でもありません。具体的に言うと、不動産であれば築古木造戸建や融資のつかない高利回り現金物件です。


不動産に関してはそれなりの物件運用能力が備わると、その危険度がある程度理解できるようになるので、最もゲットしやすい高利回り資産になる可能性が高まります。


一方、金融資産においては世界中のプロがその価格形成に関与しているため、世界中がパニック状態になった時を除いて、平常時に高利回りでリスクの低い資産は存在しません。


そして、そのような高利回り資産の中には、2008年のリーマンショック時の J-REIT や米国銀行株などの資産があります。


これらは破綻可能性が低い銘柄ですが、このような銘柄でもショック時には投げ売りされます。その際の配当利回りは高いため、大底で拾うとタダ株化できる可能性があります。


資産自体の減価がしにくい対象を高利回りで手に入れて、それを超長期間保有することで、インカムゲインだけで元金を回収できます。


しかも、資産価値は基本的には将来得ることのできるインカムゲインの積分なので、高利回り資産は、経済状況が正常化した際には資産価格が上昇します。


このため、インカムゲインだけではなくキャピタルゲインも得ることができ、まさに1 粒で 2度おいしい状態になります。


キャピタルゲインをメインとしない資産形成においては、「高利回り資産」+「超長期保有は王道のひとつではないかと感じています。






★★ 管理人監修の資産形成マニュアル ★★
 


管理人監修の「勤務医の、勤務医による、勤務医のための資産形成マニュアル」です。高度な医療技術で社会貢献するためには経済的安定が不可欠! という信念のもと、管理人は多くのメンターから指導を受けました。

その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。既に資産運用をしている方でも、勤務医のアドバンテージを生かした新しい考え方が見つかるかもしれません。

PDF版の販売で、30日間の返品保証付きです。当直1回分にも満たない価格なので、本マニュアルの手法を実践すれば、あっという間に元が取れると思います。 尚、医師以外の方のご購入はご遠慮ください。



情報教材表紙




有意義なお金の使い方は難しい

このエントリーをはてなブックマークに追加

オンラインサロンで、自由にできるお金を何に使っているのかという話題がありました。改めて自分を振り返ると、ほとんどお金を使っていないことに気付きました。


特に禁欲的な生活を送っている実感はないのですが、趣味が散歩程度しかないので、ほとんどお金を使う場面が無いのです。


サロンメンバーからいろいろな報告があがってきましたが、その中でも特に印象に残ったのは下記のような使い方でした。




健康、安全、教育、経験、人との繋がりにはお金は使います。人生を楽しく長く楽しむためにお金は使いたいなと。常に意識しているのは、お金は目的ではなくあくまで手段であるということです。 

(中略)

いくら稼いでも、子供達にお金を残しても、結局は税金で持っていかれます。学歴のためだけではなく、子供の経験や教育にお金をかけるのは、自分で稼いで生きていく術を身につけて欲しいからです。

(中略)

お金は稼ぐと同時に使い方も学ぶことが大事ということです。上場企業の社長や資産数十億の人に会っても、彼らがどれだけ稼いでいるかより、何に使っているかの方に興味があります。何に使うかで人生の価値観がよくわかるからです。




う~ん、なんだか頭を金槌で殴られたような感覚でした。コレだなと心底思いました。たしかに、お金は目的ではなく手段なんですね。


あと、お金の使い方も重要です。実際、無駄にお金を垂れ流すことは簡単ですが、意味のある使い方って本当に難しいと感じています。


社会人になってすぐに実家が破綻したので、卒後10年ほどしてから盲目的に資産形成を志向しましたが、資産形成完了=ゴールでは全然ないんですね。


無趣味だったこともあってお金の使い方には無頓着でしたが、これからは少し意識して意味のあるお金の使い方を考えていこうと思いました。


ただ、実際に本気で考え始めると意外なほど難しいのです...。普通に生活しているだけでは、単に垂れ流しているだけです。


気付いたら、また築古を買っちゃいました的な顛末になってそうで怖いです(笑)。有意義なお金の使い方方面はズブの素人なので勉強していこうと思います。






★★  医師のキャリア革命(オンラインサロン)  ★★


「経済的自由」を手に入れるために Facebookを利用した非公開のオンラインサロンに参加してみませんか?



gg - コピー




本サロンの目標は、参加者全員に生涯途絶えることのない "複数の収入の流れ"  を得るための " 学びの場 "  を提供することです。


資産形成マニュアルで、医師が効率よく資産形成を実践するノウハウを公開しましたが、本サロンはそのフォローアップの場と位置付けています。


それぞれの参加者たちが得た知識や体験を共有し、集合知を形成する。集合知は、サロンのメンバーが未知の航海に旅立つ際の羅針盤となる


そのような " 学びの場 "  を

  •  整形外科医のための英語ペラペラ道場
  •  整形外科医のブログ 

​ ​
がタッグを組んで運営します!!
参加希望の先生方は、こちらからお願いします




ケアネットの連載企画がアップ!

このエントリーをはてなブックマークに追加

ケアネット・ドットコムの連載企画【医師のためのお金の話】第18回が、本日アップされました。お題は、クレジットカードは資産形成の敵 です。



log_carenet




今回は資産形成の基本に戻って、タネ銭を貯めるためのコツを述べました。最近は国をあげてキャッシュレス決済への移行が進行中です。


国全体としてみた場合には、現金よりもキャッシュレス決済の方が望ましいことは言うまでもありません。しかし、全体の最適解は個人に当てはまるのでしょうか?


もちろん、キャッシュレス決済は便利であり、一度キャッシュレス決済の利便性に慣れると現金決済のめんどくささが際立ってしまいます。


しかし、タネ銭を貯めることに関しては、キャッシュレス決済の欠点が浮き彫りになります。キャッシュレス決済はバーチャルなので、出費の「痛み」を感じにくいのです。


購入への心理的障壁が格段に下がるため、どんどん要らぬ消費をしてしまいます。クレジットカードの弊害は「となりの億万長者」でも指摘されています。


実際、私も店舗にクレジット決済を導入していますが、クレジットカードの販促能力には目を見張るものがあります。キャッシュレス決済ヤバいですね・・・




さて、本日ケアネット・ドットコムの担当の方から公開報告を受けたのですが、その際にほぼ同時期に日経メディカルに掲載されたコラムが話題になりました。


 『 Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」』 というコラムの最新版は、 このキャッシュレス時代、それでも現金を使う? だったそうです。


さっそく連載を拝読すると、私の連載内容と対称的なことが掲載されており思わず笑ってしまいました。なるほど、世の中にはいろいろな考え方があるものです。


ご存知の方も多いと思いますが、Dr.Kは非常に多才な医師です。資産拡大スピードが速いので、金融資産投資に関しては近い将来に私の規模を上回ることが予想されます。


期せずしてキャッシュレス決済に関する真逆の考え方になっているので、両方を読み比べると面白いと思います。


3分ほどで読了可能なので、是非ケアネット・ドットコムの連載企画【医師のためのお金の話】第18回を訪問してください!






★★  医師のキャリア革命(オンラインサロン)  ★★


「経済的自由」を手に入れるために Facebookを利用した非公開のオンラインサロンに参加してみませんか?



gg - コピー




本サロンの目標は、参加者全員に生涯途絶えることのない "複数の収入の流れ"  を得るための " 学びの場 "  を提供することです。


資産形成マニュアルで、医師が効率よく資産形成を実践するノウハウを公開しましたが、本サロンはそのフォローアップの場と位置付けています。


それぞれの参加者たちが得た知識や体験を共有し、集合知を形成する。集合知は、サロンのメンバーが未知の航海に旅立つ際の羅針盤となる


そのような " 学びの場 "  を

  •  整形外科医のための英語ペラペラ道場
  •  整形外科医のブログ 

​ ​
がタッグを組んで運営します!!
参加希望の先生方は、こちらからお願いします




ケアネット連載企画がアップされました!

このエントリーをはてなブックマークに追加

ケアネット・ドットコムの連載企画【医師のためのお金の話】第17回が、本日アップされました。お題は、人間は株式投資でAIに勝てるか? です。



log_carenet




今回は AI についてです。医師なら誰しも AI の脅威を感じているはずです。特に診断系科医師にとっては死活問題となります。


しかし、医療の領域に AI が本格的に進出してくるまで少し猶予があります。一方、株式取引をはじめとする金融資産投資の領域では、完全に機械取引が主役となっています。


このことを強く意識したのは、先日開催した REITセミナーでした。講師の方が株式投資の分野における AI の影響についてコメントされました。


おおむね、私の抱いている感覚と同じで、最終的に人間が完全に駆逐されることは無い可能性が高いというご意見でした。


AI は万能であるような感覚にとらわれますが、神羅万象の全てを予測できる存在になるにはハードルが高いと思います。それほど複雑系を予測することは難しいということです。


そして、株式などの金融資産投資は複雑系に近い動きを示します。もちろん、リアルワールドの複雑系には及びませんが、少なくとも AI が全てを支配できるとは思っていません。


1分ほどで読了可能なので是非ケアネット・ドットコムの連載企画【医師のためのお金の話】第17回を訪問してください!






★★  医師のキャリア革命(オンラインサロン)  ★★


「経済的自由」を手に入れるために Facebookを利用した非公開のオンラインサロンに参加してみませんか?



gg - コピー




本サロンの目標は、参加者全員に生涯途絶えることのない "複数の収入の流れ"  を得るための " 学びの場 "  を提供することです。


資産形成マニュアルで、医師が効率よく資産形成を実践するノウハウを公開しましたが、本サロンはそのフォローアップの場と位置付けています。


それぞれの参加者たちが得た知識や体験を共有し、集合知を形成する。集合知は、サロンのメンバーが未知の航海に旅立つ際の羅針盤となる


そのような " 学びの場 "  を

  •  整形外科医のための英語ペラペラ道場
  •  整形外科医のブログ 

​ ​
がタッグを組んで運営します!!
参加希望の先生方は、こちらからお願いします




ケアネット連載企画がアップされました!

このエントリーをはてなブックマークに追加

ケアネット・ドットコムの連載企画【医師のためのお金の話】第16回が、本日アップされました。お題は、固定費削減の苦しみ です。



log_carenet




資産形成に必要なタネ銭を貯めるための第一歩は、
固定費削減による節約だと考えています。固定費とは光熱費や通信費のように毎月の決まった支出のことです。


これらの支出をコントロールすることができると、お金を手元に貯めるのに絶大な効果を発揮します。一般的に採りがちな節約は、飲み会などの変動費を我慢して抑える方法です。


しかし、飲み会などの変動費を抑えると人生の楽しみを減らすことにつながるので、なかなか長続きしません。私も飲み会を無くなどは無理なクチです(笑)


一方、住宅ローン・生命保険・自動車関連費用などの毎月かかってくる固定費に関しては、少しでも削減できると精神的に苦労することなく継続的に支出を抑えることができます。


こういう風に書くと、固定費を削減するのは非常に簡単で楽だと思う方が多いと思います。しかし、実際には固定費を削減を決意することは容易ではありません。


今回の連載企画では、新規購入した自宅の間取りを計画する中で、自動車関連の固定費削減をできないかを検討してみました。


自動車を捨てようとしてぶち当たった壁を詳述しています。1分ほどで読了可能なので是非ケアネット・ドットコムの連載企画【医師のためのお金の話】第16回を訪問してください!






★★  医師のキャリア革命(オンラインサロン)  ★★


「経済的自由」を手に入れるために Facebookを利用した非公開のオンラインサロンに参加してみませんか?



gg - コピー




本サロンの目標は、参加者全員に生涯途絶えることのない "複数の収入の流れ"  を得るための " 学びの場 "  を提供することです。


資産形成マニュアルで、医師が効率よく資産形成を実践するノウハウを公開しましたが、本サロンはそのフォローアップの場と位置付けています。


それぞれの参加者たちが得た知識や体験を共有し、集合知を形成する。集合知は、サロンのメンバーが未知の航海に旅立つ際の羅針盤となる


そのような " 学びの場 "  を

  •  整形外科医のための英語ペラペラ道場
  •  整形外科医のブログ 

​ ​
がタッグを組んで運営します!!
参加希望の先生方は、こちらからお願いします




アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

医療研究を身近な存在とし、医療の未来を作る


管理人の著書

161228 【書影】医師の経済的自由
管理人によるケアネット連載コラム
log_carenet

医師のためのお金の話

管理人による m3.com 連載コラム
管理人も参加しているオンラインサロン
勤務医のための資産形成マニュアル
築古木造戸建投資マニュアル

医師のための築古木造戸建投資マニュアル 1
REITで実践する不動産投資セミナー
190122
医師のための 金融資産形成術


配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール

自由気ままな整形外科医

・医学博士
・日本整形外科学会専門医
・日本リウマチ学会専門医
・不動産投資家
・超長期金融資産投資家
・ビジネスオーナー
・宅地建物取引主任士

QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。