整形外科医のブログ

中堅の整形外科医が、日々の気付きを書き記します。投資の成功で働く必要が無くなりましたが、社会貢献のため医師を続けています。

投資家マインド

ブロックチェーン革命への心意気

このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、ビットコインのセミナーに出席してきました。私は4年前からビットコインに注目していましたが、マウントゴックス破綻劇で腰が引けて、投資(投機?)する機会を失いました。


最近はビットコインを始めとする仮想通貨のニュースを見ない日は無いほど、注目されています。下記はビットコインの長期チャートですが、綺麗な右肩上がりのチャートです。



キャプチャ - コピー




超長期逆張り投資家を自任する私にとっては、最も嫌いな形のチャートです(笑)。このチャートを見てしまうと、ビットコインへの参戦は、私には怖過ぎて難しいです。


当分ビットコインへの参戦は無さそうですが、私はブロックチェーン技術には注目しています。もちろん、ブロックチェーン技術を完全に理解しているわけではありません。


理由は、インターネット革命以来の革命であるとの下馬評が高いからです。米国でネットスケープが上場したのは1995年です。この時、私は名前しかインターネットを知りませんでした。


インターネット革命の黎明期は、コンピュータネットワーク機器開発のシスコ・システムズや光ファイバーのコーニングなどの、インフラ関係企業が収益をあげました。


この段階で、これらの企業群は、私たちの生活にあまり影響を与えていません。2000年台に入って、インターネットのインフラを利用したGoogleやAmazonのサービスが登場しました。


GoogleやAmazonが提供するクラウドサービスは、私たちの生活に大きな影響を与え始めます。そして2010年以降には、FacebookなどのSNSが、更に大きな影響を与えるようになりました。


今では、彼らが提供するサービス無しでは生活やビジネスが成り立たちません。私は、医療・ビジネス・金融資産投資・不動産投資とも、クラウドサービスをフル活用しています。


私がゼロから始めて今の規模にまで拡大できた最大の理由は、イノベーションの波に乗って、これらの企業群が提供している下記のサービスをフル活用できたからだと思っています。

  • Google: オンラインストレージ、アナリスティクス
  • Amazon: AWS
  • Facebook: グループ機能、メッセンジャー機能




ポイントは、これらの企業群への株式投資から利益を得たわけではなく、これらの企業群が提供する高品質サービスを、低価格~無料で使用して大きな利益を生み出していることです。


そして、ブロックチェーン技術においても、同じことが起こる可能性があります。つまり、ビットコインのようなインフラではなく、その先にやってくる革新的サービスが重要なのです。


イノベーションを使いこなせるか否かで、今後の人生は大きく変わる可能性があります。私のような機械音痴でも、インターネット革命の恩恵にあずかることができました。


ブロックチェーン革命が本物であった場合には、尻込みすることなく勇気をもって飛び込むことが重要だと思います。






★★ 管理人監修の資産形成マニュアル ★★
 


管理人監修の「勤務医の、勤務医による、勤務医のための資産形成マニュアル」です。高度な医療技術で社会貢献するためには経済的安定が不可欠! という信念のもと、管理人は多くのメンターから指導を受けました。

その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。既に資産運用をしている方でも、勤務医のアドバンテージを生かした新しい考え方が見つかるかもしれません。

PDF版の販売で、30日間の返品保証付きです。当直1回分にも満たない価格なので、本マニュアルの手法を実践すれば、あっという間に元が取れると思います。 尚、医師以外の方のご購入はご遠慮ください。



情報教材表紙




医師も象鼻の根元に過ぎず

このエントリーをはてなブックマークに追加

エレファントカーブってご存知でしょうか? エレファントカーブとは、1988年~2008年の間に「世界で誰が豊かになったのか」を示しているグラフです。



エレファントカーブ - コピー



ベルリンの壁が崩壊してグローバリゼーションが進んだこの約20年間に、先進国の富裕層と新興国の中間層は豊かになりました。


その一方、欧米や日本などのいわゆる先進国の中間層は、この20年間で所得をほとんど増やしていません。欧米に比べても日本は特にこの傾向が顕著です。


ベルリンの壁崩壊までは、欧米や日本などの先進国と新興国の格差は歴然としていました。しかし、2008年のリーマンショック以降は、新興国との差は更に縮小しています。


例えば東アジアの中で、日本はお金持ちの国だと認識している人が多いと思いますが、私の感覚ではそんなことは全然ありません。中の上ぐらいの認識です。


特に中国の躍進は目を見張るものがあります。私の不動産経営のメンターのひとりに、某旧帝国大学の近くで留学生を対象として賃貸業を営んでいた方がいます。


周囲のワンルームマンション相場が6~7万円ぐらいだったのに、2万円ぐらいで貸し出していたので、中国人留学生から大人気の施設でした。


ところが、2010年ごろから設備面の劣勢を家賃では挽回できなくなり、ついには留学生を対象とした施設を、他の用途に転換せざるを得ない状況が出現しました。


この方は、勇気をもって業態の大転換を断行しましたが、中国の経済発展がひとつのビジネスモデルを過去のものにしてしまう状況を垣間見ました。


一方、日本人の購買能力低下は、目を覆わんばかりです。私の宿泊施設の経営方針は宿泊単価の高い上客に特化するです。残念ながら、日本人を敢えて避けるような形になっています。


現在は世界の識字率が85%もあるそうで、先進国と新興国の人の間で能力的な差が小さくなっています。先進国に生まれただけで高所得を獲得するのは過去の話になりつつあります。


もう一度、エレファントカーブに戻ると、私たちの大部分は象の鼻の根元に位置します。さすがに医師は違うでしょう? と感じる方もいるでしょう。


しかし、医師の所得は20年間で50~60%増加したでしょうか? 統計を見れば分かりますが、ほぼ横這いです。確かに所得の絶対値は高いですが、全然増加していないのです。


このままの状況が続くと、いずれ世界はフラットに近くなる可能性があります。生まれた国ではなく、個人の能力に依存した競争のジャングルです。


自分たちは、象の鼻の根元に位置することを再認識して、激しく変化する現在社会に対応する必要があると感じました。







★★ 発刊後3週で増刷決定! ★★
 


当ブログ管理人書き下ろしの書籍が、中外医学社から発刊されました。「経済的に自由な医師」になることで、医師としての充実感と経済的成功を両立できる道があります。


本著では、資産形成論とマインドを学ぶことができます。具体的な手法は勤務医のための資産形成マニュアルに譲りますが、医師に特化した資産形成の入門書として是非ご活用ください!




161228 【書影】医師の経済的自由







80点で良しとしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加


5月以降は極めて忙しい毎日を送っています。その理由は、スタートアップの業務内容が急増していることと、築古木造戸建の改修工事が佳境に差し掛かったいるためです。


まず、スタートアップですが、顧客企業がすごい勢いで増えています。営業効果がここにきて顕在化してきたようで、今は内部の仕組み化で悪戦苦闘しています。


急拡大期の新興企業が、顧客数増大についていけずに自壊するパターンがありますが、その状態に陥らないように慎重にハンドリングする必要性を感じます。


ただし、事業でも「慣性の法則」が働くので、意識的に減速すると取り返しのつかないことになる可能性もあります。このあたりの匙加減は、いつも本当に難しい。。。


一方、4月に購入した築古木造戸建ですが、いろいろトラブルが噴出しています。最初のトラブルは駐車場を増設した際に水道管を破壊してしまい、水が「噴出」しました(笑)。


過去に所有していた1棟マンションで、屋上の高架水槽から水が溢れ出してナイアガラの滝状態になったことがありましたが、それ以来の衝撃的な風景だったようです。


更に、浴室の換気扇を交換した際にシロアリ被害が発覚しました。柱の1/3が無くなっていました。シロアリは湿気のあるところを好むので浴室廻りは要注意です。


今回の物件も脱衣所の床がフワフワしていたので怪しいと思っていましたが、点検口が無かったので敢えて確認していませんでした。我ながら詰めが甘い・・・


いろいろトラブルが発生しますが、築古木造戸建は改修工事も終盤に差し掛かっています。期間限定の忙しさなので、「自動販売機」を手に入れるためにももうひと踏ん張りです。


このように、二面展開しているとよく分かるのですが、物事を進めるときには100%を追求すると自分の首を絞めていくことになります。


例えば試験のときに80点を取るための勉強量と100点を取るための勉強量を考えてみてください。100点を取るためには、80点を取るための勉強量の2倍は必要なはずです。


80点 → 100点の20点分を積み上げるためには、些細な部分まで習得する必要があるため、膨大な勉強量が必要になるからです。費用対効果を考えると80点ぐらいがちょうどいい。


医学部に合格するためには、少なくとも同年代の上位1%に入る必要があります。このため、医師には100点を追求してしまうメンタリティの持ち主が多いと思います。


最難関受験を制するためには有効なメンタリティですが、実社会でコレをやってしまうと物事がうまく進みません。100点ではなく80点で良しとしようと自分に言い聞かせています。





★★ 管理人監修の「医師のための築古木造戸建投資マニュアル」 ★★
 


なぜ、築古木造戸建なのか? 不動産業者が勧めるピカピカの投資用新築マンション投資など全く比較にならない旨みが隠されています。医師が築古木造戸建投資を行う目的は2つです。


  1.  不動産投資の入門編
  2.  給与所得の節税対策


医師のあなたなら、築古木造戸建投資は税制を絡めて低リスクに実践可能であり、本格的な不動産投資を開始する前の絶好の練習台となります。
 

本マニュアルは、「勤務医のあなたが開業医並みの収入を得て富裕層に到達する方法!」で提唱した築古木造戸建投資の実践版です。


多忙な医師が時間をかけずに知識を習得することを目的に、パワーポイントのプレゼンテーション形式となっています。ポイントだけに絞っているので1時間以内に概要を掴むことが可能です。


全143スライドのPDF版ダウンロード販売で、30日間の返品保証付きです。当直1回分にも満たない価格なので、本マニュアルの手法を実践すれば、あっという間に元が取れると思います。


尚、医師以外の方のご購入はご遠慮ください。




医師のための築古木造戸建投資マニュアル 1





職場の副業規定ってどうでしょう?

このエントリーをはてなブックマークに追加

先日のブログのコメントで下記のようなご質問をいただきました。





不動産所得、事業所得について、公立病院の医師は公務員として兼業禁止が適応されると思うのですが、先生はどの様にケアされておりますか?(例えば、今、私立の病院にいるとしても人事により変わることはあり得ると思うのですが…)。


自分のリサーチでは、5棟10棟または500万以下の事業なら申告で認められるという事だったのですが、現実的にはどの様にされてるのか気になった次第です。

 



う~ん、正直言って資産形成と副業規定を関連付けて考えたことはありませんでした。私も公立病院や日赤で勤務していたことがあり、アルバイトに関しては気を使っていました。


しかし、不動産経営や各種スモールビジネスは医療とは関係無い分野のため、副業規定に引っかかると考えたことは無かったのです。


そもそも私は、プライベートの時間のことで勤務先にとやかく言われる筋合いは無い!と強気なのですが、メイン病院の給与所得の割合が全体の1/4程度に過ぎないからかもしれません。


つまり、メイン病院を辞めることになっても痛くも痒くもないと・・・。しかし、まだ勤務先からの給与所得に100%頼っている人にとって、イザコザは避けたいところです。


医局派遣の医師ならまだマシでしょうが、ピンで就職している人にとっては切実な問題かもしれません。そこで、兼業・副業規定について考えてみました。


まず、そもそも何故副業規定なるものが存在するのか? 一般企業では、主には下記のようなことが理由だそうです。ちなみに法的には、公務員以外は兼業することに問題はありません。

  1.  副業によって遅刻や欠勤が多くなるリスク
  2.  会社の利益が損なわれるリスク(競合他社で仕事をするなど)
  3.  会社固有の技術やノウハウが漏洩するリスク
  4.  会社の名前や名刺を使って副業を行なうリスク
  5.  副業によって会社の品位を落とすリスク(違法行為や風俗関連など)



確かに医療関係であっても、経営者目線では①④⑤の可能性はゼロではありません。雇用主への義理を考えると、①④⑤で迷惑を掛けないようにすることは最低限のマナーでしょう。


ただ、これだけの理由で従業員の勤務外時間にまで制限を掛けるのは、いささかやり過ぎだと思うのは私だけでしょうか?


まぁ、なんだかんだ言っても波風を立てるのは得策ではありません。そこで下記に兼業・副業規定
対策を考えてみました。




① 資産所有法人


私の不動産経営者仲間でサラリーマン大家は、地主系大家が多いです。投資系大家は専業やサラリーマンをリタイアした人が大半で、そこそこの資産規模で兼業なのは私ぐらいです。


まず地主系大家ですが、地元の公務員の方が多いです。地方公務員の重要な人材供給元として、地元の名士があります。多くは古くからの地主で、家業として不動産経営を行っています。


このため、家業に携わることが全否定されると、特に地方公務員では大問題となります。私の友人の公務員兼不動産経営者は、比較的堂々と家業を行っています。


しかし、家業であることだけが理由ではありません。物件を法人所有している方が多く、表面上は本人が不動産経営をしていることが分かりにくいことも原因だと思われます。


そして、資産所有法人の社長が配偶者であれば、副業規定にひっかかる可能性は全く無いはずです。ただし、この場合は配偶者との関係を盤石にしておく必要があります(笑)。




② 不動産経営 = 投資(?)


副業規定の厳しい会社であっても、投資を禁止されることはありません(金融関係を除く)。そして、不動産経営は実質的に「経営」というよりは「投資」の側面が強いです。


このため、本人が「経営」しているつもりであっても、第3者からすれば「ああ、不動産投資ね」という感じになります。副業ではなく投資であると言い逃れできるかもしれないのです。


ちなみにプライベートでの投資が禁止されている金融機関勤務のサラリーマンは、金融資産投資は不可ですが、不動産投資はOKのようです。


2008年のリーマンショック時に首切りにあった外資系金融機関勤務の方が、それまでの副業を「本業」に変えるケースが続出しました。


優秀な彼らにとって、不動産投資の世界は草刈り場だったようです。医師は彼らと比べても遜色無いはずですが、結果を出している人がほとんど居ないのは残念なことです・・・




③ 働き方改革


安倍政権が進める「働き方改革」では、兼業・副業を普及させる方向です。少子高齢化がすすむと、労働力不足が大きな問題になります。


このため、国が旗を振って兼業・副業を普及させる政策を打ち出しています。大企業から始まる流れですが、徐々に中小企業にも浸透していくでしょう。


公務員は公的な役割が期待されているのですぐには難しいかもしれませんが、政府のお膝元なので方向性としては兼業・副業を認める方向になるのではないでしょうか。


ちなみに公務員では「5棟10棟または500万以下の事業なら申告で認められる」そうです。最初は青色申告の事業的規模を連想しましたが、公務員の副業規定で流用されているようです。






以上、副業規定について考えてみました。確かに経営者の立場では、従業員が副業や兼業に精を出しているのをみると、腹立たしい気持ちになることはよく理解できます。


私だったら、給料を払っているんだから24時間働いて200%貢献してくれ!と思うでしょう(笑)。ただ、従業員の一生に対して100%の責任を負わされるのは勘弁してほしいです。


このため、給料に見合う貢献は期待するものの、プライベートの時間はご自由に・・・というスタンスが倫理的にも妥当ではないでしょうか。


そもそも医療業界は、古き良き日本の終身雇用制度とは、もともと無縁の世界でした。雇用主から給料をもらうのではなく、自分の力で給料を稼ぐ。。。


給与所得者という客観的な事実は同じであっても、「もらうのではなくて稼ぐ」という内面の気持ちを行動の規範にしてはいかがでしょうか。




★★ 発刊後3週で増刷決定! ★★
 


当ブログ管理人書き下ろしの書籍が、中外医学社から発刊されました。「経済的に自由な医師」になることで、医師としての充実感と経済的成功を両立できる道があります。


本著では、資産形成論とマインドを学ぶことができます。具体的な手法は勤務医のための資産形成マニュアルに譲りますが、医師に特化した資産形成の入門書として是非ご活用ください!




161228 【書影】医師の経済的自由







安定は「虹の足」

このエントリーをはてなブックマークに追加

投資信託がさっぱり売れなくなっているそうです。
14年ぶりに、2016年度は解約と償還額が購入額を上回る資金流出を記録しました。


個人の代表的な資産運用商品である投資信託が売れなくなった原因は、圧倒的な人気を誇っていた毎月分配型投資信託に、金融庁の規制がかかったためです。


森信親金融庁長官は、4月7日に行った日本証券アナリスト協会が都内で開いた資産運用のセミナーの基調講演において、強い口調で投信業界への批判を展開しました。


森長官といえば、金融改革を推進している超大物事務次官です。森長官は過去にはなかった規模の改革を、金融業界に迫ってきました。


地銀業界に生き残りのための明確なビジョンの策定を迫り、その結果として地銀業界ではいくつもの経営統合がなされました。


また、保険業界では保険会社が代理店に支払う販売手数料が非常に高く、顧客に分からない仕組みになっていることを問題視して、販売手数料を開示させました。


この剛腕長官に睨まれた投信業界は、さぞ肝を冷やしたことでしょう。そして客観的にみると、森長官のおっしゃられることは全て正しいことだと思います。


この金融庁のプレッシャーのため、タコ配が横行している毎月分配型投信の新規設定が非常に困難になりました。このため、投信から資金流出が続いているのです。


毎月分配型投信を購入する個人投資家は、毎月受け取る分配金は精神安定剤とみなしているそうです。その分配金は、元本を削って捻出しているタコ配であるにも関わらず。。。


私の知り合いにも毎月分配型投信に投資(?)している人がいます。分配金はタコ配であることを何度も説明しましたが、アタマで分かっていても精神的な安定には代えられないそうです。


ここまでくればビョーキなのですが、ふと皆さん「安定」を求めていることに気付きました。タコ配と知っていても精神的な「安定」が欲しいと・・・


確かに、今の売れ筋商品には「安定」を撒き餌にしたモノが多いです。年金代わり(?)の投資用新築区分や、30年一括借り上げ(笑)の1棟マンションもその一派です。


学生の人気職業ランキングで公務員や医療関係職が上位にくるのは「安定」が欲しいのでしょう。長引く日本経済の低迷が、私たちの行動様式を変えてしまったのは由々しき問題です。


私は、このような「安定」を目指すことは非常にリスキーで損な行動だと考えています。「虹の足」と同じで、追いかけてもそんなモノは実際には存在しないからです。


虹は美しい自然現象です。そして、虹の足には財宝が隠されているという民話が海外にあります。その財宝を狙って虹の足を目指しても、虹は遠ざかっていくだけ・・・


この世に生を得たからには、死ぬ瞬間までリスクを取って闘い続けなければいけないと思います。「そんな生き方はストイック過ぎて疲れるだろう」という人は多いと思います。


しかし「社会が助けてくれる」という甘えた考えでOKだったのは、地球上の全生物の中でも、人類>20世紀>一部の先進国>一部の恵まれた世代 のみが享受できた「奇跡」です。


生物が誕生してから40億年が経ちましたが、その間に地球上で生まれた命の数と対比すると、他力本願で生きることができる確率は、0.0000000000000001%程度しかありません。


普通の生物は、環境に対応した変化を放棄した瞬間に命が尽きてしまいます。誤解を恐れずに言うと、他人に依存する「安定」は、自然の摂理に反する勝ち目のない退却戦です。


そうは言うものの、私も「安定」が好きです。ただし「安定」は自分の力で勝ち取るものです。他人に頼って「安定」を得る行為は安定ではなく、単なる「隷属」だと思うのです。




★★  医師のための金融資産形成術  ★★


資産家および医師を対象として、2015年10月に開催した本ブログ管理人による 「金融資産形成術セミナー」 の動画、および講演で使用したスライドです。



NY夜景

      



勤務医・開業医の種類に関わらず、医師が資産形成する際には下記の3つを組み合わせることで効率良く資産形成することができます。


1. 医師免許をベースにした人的資産からのキャッシュフロー
2. 不動産からのキャッシュフロー
3. 金融資産投資の技術


①②で得られる安定したキャッシュフローを元手にして、③の金融資産投資技術を用いて資産形成するのです。しかし、多忙な医師が金融資産投資で結果を出すのは難しいのが現実です。


一方、金融資産投資は買値で投資収益性が決まります。 ”多忙な医師がいかにして金融資産を安く買うか?” という命題を解決するため、私は超長期逆張り投資戦略を選択しています。 


今回の「金融資産投資術セミナー」は、資産形成マニュアルで提示した資産形成手法における金融資産投資の各論です。築古木造戸建投資は「守」、金融資産投資は「攻」という位置づけです。


築古木造戸建投資の「守」 と 金融資産投資の「攻」の組み合わせが、安定的な所得のある医師の資産形成における有力な選択肢のひとつと考えています。



アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

管理人の著書
管理人によるケアネット連載コラム
log_carenet

医師のためのお金の話

勤務医のための資産形成マニュアル
築古木造戸建投資マニュアル
医師のための 金融資産形成術
医師のための金融資産形成術

タダで自宅を手に入よう!


配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール
QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。