整形外科医のブログ

中堅の整形外科医が、日々の気付きを書き記します。投資の成功で働く必要が無くなりましたが、社会貢献のため医師を続けています。

教育

どちらを選ぶ? 公文とそろばん

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日は、医療や資産形成と関係無い話題です。
下の子供にそろそろ習い事をさせようと思っています。


算数の計算能力を鍛えたいのですが、そろばん教室に行かすか公文式に行かすかで迷っています。もちろん、最終目的は大学入試です。計算能力は数学の成績に直結します。


私は公文式派でした。そして、高校の同級生で医学部や東京大学に行った連中や現在の周囲の医師仲間も公文式派が多かった記憶があります。


しかし、単に公文式がブームであっただけという可能性もあります。私自身はそろばん経験が無いのですが、そろばんの方が公文式よりも計算能力が高くなるような気がするのです。


公文式の基本は「暗記計算」だと思います。教材をみると分かりますが、延々と同じパターンの計算を続けることで計算パターンを覚えてしまう方式です。


このように公文式もそろばんも作業としては非常に原始的で、思考能力を鍛えるような類のものでは一切ありません。したがって、純粋に計算能力が高くなる方を選ぶ方べきだと思うのです。


私自身および周囲を観察すると、医学部や東京大学などの最難関大学合格者には公文式派が多い印象です。しかし、珠算暗算の超人的な演算能力も捨て難いです。


実績の公文式か、イメージのそろばんか・・・。なかなか難しい問題です。そんなことを悩んでいると、下記の書籍でひとつの解を発見しました。







この書籍によると、計算能力は2階建てだそうです。1階部分が暗算能力で、2階部分が広義の計算能力です。この方がおっしゃられるには暗算能力が低いと計算能力は上がらないそうです。



(168×(5962+354)-852)÷28



例えば、上記の計算において各パーツを計算する際に必ず単純な四則計算を行います。この単純な四則計算は、百ます計算などで暗算能力を鍛え上げる必要があります。


そして、この百ます計算などでの暗算能力演習と平行して、ドリル等でより高度な計算能力を向上させる演習をさせることが必要とのことでした。


つまり、公文式やそろばんはどちらかと言えば1階部分の暗算能力を鍛える手段のひとつのようです。そう考えると公文式やそろばんではなく、百ます計算だけでもOKのような気もします・・・




★★  医師のための資産形成講義  ★★


第88回日本整形外科学会学術総会期間中の2015年5月23日に開催した、本ブログ管理人による 「医師のための資産形成セミナー」 の動画、および講演で使用したスライドです。


2015神戸セミナー



本セミナーは経済的自由獲得を目指す医師向けに開催しました。 資産形成マニュアル は、医師に最適化した資産形成手法だと自負していますが、文書だけでは伝わらないことも多いです。


講義内では、資産形成マニュアルにおいて文面だけでは伝えきれなかった資産形成のコツや、寝ていても定期収入をもたらしてくれる 「資産の自動運転化」 を中心に説明しています。 



書評: 「灘→東大理III」の3兄弟を育てた母の秀才の育て方

このエントリーをはてなブックマークに追加

少し子供の教育で考えるところがあって、教育・受験関係の書籍を当たりました。
その際に一読した、3兄弟を東大理Ⅲに合格させた方の本の書評をしたいと思います。







アマゾンの書評を確認すると、結構辛らつなコメントが多い書籍です。できるだけ偏見を排して一読したのですが、なるほどこの内容では反感を抱く人が多いことも頷けました(笑)。


ただし、私が知りたかったのは親の子供に対する関与の仕方や程度だったので、具体的な内容をちりばめた本書は比較的ストライクゾーンに近くてなかなか参考になりました。


読了して最も強く感じたのは、「結果を出すためによく考え抜いている」ことでした。如何にして自分の子供を東大理Ⅲという最難関に合格させるかを「プロ」レベルで探求されています。


物理的に考えて私には著者の方の真似はできないですが、超一流を目指すのであればここまでやる必要があることが分かりました。これはプロスポーツ選手を目指す子の親にも通じます。


書籍で書かれている方法論が全て正しいとは思わないですが、「結果を出すために考え抜いて努力を惜しまない」点は非常に見習うべきだと感じました。


子供の教育にどこまで深く関わるかは家庭の事情に大きく左右されるので難しい問題ですが、ここまでやっている方がこの世に存在するということが分かっただけでも有意義でした。


この観点から、今の自分はまだまだ甘いことを痛感しました。医師としての仕事や自分のビジネスに対する情熱に比べると、子供の教育にかけるエネルギーが少ないことに気付いたのです。


購入するべき書籍か否かは正直言ってかなり微妙ですが、少なくとも世の中にはここまでやっている方も存在することを知る上では一読するのも悪くはないと思います。




  ★★ 管理人監修の 「タダで自宅を手に入よう! 収益マイホーム購入マニュアル」 ★★
 


勤務医のあなたが開業医並みの収入を得て富裕層に到達する方法!」で提唱した収益マイホームの実践版です。2004年に”お金を生む”マイホームをタダ同然で取得した管理人が、家計のキャッシュフローを劇的に改善できる「収益マイホーム」を解説します。


どうせマイホームを取得するのなら、できるだけ安価に・安全に購入したいと思う方にぴったりのノウハウがぎっしり詰まったマニュアルです。 収益マイホームを購入することで、家賃や住宅ローンの支払から解放される可能性が高まります。


そしてこのことが人生の幅を広げることにもなるかもしれません。 全131ページのPDF版ダウンロード販売で、30日間の返品保証付きです。当直1回分にも満たない価格なので、本マニュアルの手法を実践すれば、あっという間に元が取れると思います。


尚、医師以外の方のご購入はご遠慮ください。



表紙画像
                                
タダで自宅を手に入よう! 収益マイホーム購入マニュアル


不平等な社会制度を逆手に取る

このエントリーをはてなブックマークに追加

サムイ島生活も4日目で、ダラダラした生活にも少し飽きてきました。
根が貧乏性のためか、怠惰な生活を送るのはなかなか難しいモノです(笑)。


IMG_3650 - コピー



そんな怠惰な生活をしながら、何となく子供の教育について考えてみました。日本は世界的にみてかなり平等な社会ですが、それでもやはり不平等なことがあります。


その最たるものは、学歴を軸とした社会階層の形成だと思います。 学歴不要論を唱えられ、実際的にも学歴不問の会社が増えていますが、周知のようにそれはあくまで建前です。


大企業に入職する人は有名大学卒がほとんどで、有名大学卒業者以外は少数派です。 東京大学を頂点とした有力大学を卒業するほど、大企業の社員や公務員になりやすい仕組みです。


そして大企業の社員や公務員は手厚く保護されており、さほど努力をしなくてもその生活を維持できます。 私たち医師の心には響きませんが、一般的にはこれらの職業は憧れの的です。


中小企業の社員や個人事業主は業績が不安定である一方、大企業は破綻しそうになっても国が救済措置を講ずることが多く、公務員にいたっては絶対的な雇用保障があります。  


数ある人間の能力のうち、「受験で点数を取る能力 」というごく一部の能力の成績で、人生の全てが決まってしまうという極めて不平等な仕組みだと思います。


実社会で成功する能力は、胆力>コミュニケーション能力>創造力>>>受験で点数を取る能力 の関係が成り立ち、 「受験で点数を取る能力 」などクソの役にも立ちません(笑)。


しかし、社会のシステムに異を唱えても何ら得るものはありません。現実的な解は、このシステムを逆手に取ることです。人生のほんの数年間のみ「受験で点数を取る能力 」を磨くのです。


学生時代に受験勉強というごく狭い世界だけでちょっとだけ競争し(中国の受験競争と比べるとお遊び程度)、そこで結果を出せば、その後はたいした競争をせずに好待遇を維持できます。


もちろん、大企業や公務員といっても単なる給与所得者なので、資産家や成功した事業主ほどの所得水準を望めません。最大のメリットは比較的強固な安定性です。


私は、このような安定志向は否定的ですが、自分の子には受験競争に勝ち抜くアドバイスをします。勝ち抜いて有名大学卒のブランドを獲得してから、その後の人生を考えれば良いのです。


有名大学卒のブランドもしくは医師や弁護士などのプラチナ国家資格という「安定」を獲得した上で、その地位に安住せずに、更なる「上」を目指すことが理想的だと思います。



  ★★ 管理人監修の 「タダで自宅を手に入よう! 収益マイホーム購入マニュアル」 ★★
 


勤務医のあなたが開業医並みの収入を得て富裕層に到達する方法!」で提唱した収益マイホームの実践版です。2004年に”お金を生む”マイホームをタダ同然で取得した管理人が、家計のキャッシュフローを劇的に改善できる「収益マイホーム」を解説します。


どうせマイホームを取得するのなら、できるだけ安価に・安全に購入したいと思う方にぴったりのノウハウがぎっしり詰まったマニュアルです。 収益マイホームを購入することで、家賃や住宅ローンの支払から解放される可能性が高まります。


そしてこのことが人生の幅を広げることにもなるかもしれません。 全131ページのPDF版ダウンロード販売で、30日間の返品保証付きです。当直1回分にも満たない価格なので、本マニュアルの手法を実践すれば、あっという間に元が取れると思います。


尚、医師以外の方のご購入はご遠慮ください。



表紙画像
                                
タダで自宅を手に入よう! 収益マイホーム購入マニュアル


医師数の予測から子の将来を考える

このエントリーをはてなブックマークに追加

現在の日本の社会保障制度の破綻は、人口動態から考えると30年前から予測可能だったそうです。この理由は、人口動態はかなり正確な予測が可能だからです。


未来予測のほとんどはアテになりませんが、戦争や移民受け入れ等の激変が無いかぎり、人口動態予測はほぼ実現すると考えるべきでした。


しかし、当時の為政者や官僚は、この国家の未来に関する大問題に正面から取組ませんでした。当時であれば社会保障制度の大幅な延命も可能であったはずです。


このように20~30年後の遠い(?)未来への対策は重視されない傾向にあります。しかし、私たち自身の将来がかかっている場合には、真剣に直視するべきだと思います。


ここに2つのグラフがあります。ひとつめのグラフは社会保障給付費の推移です。全体的には右肩上りですが、主な要因は年金の激増であり、医療費は漸増もしくは横這いと考えるべきです。


社会保障給付金推移 - コピー



次に、10万人あたりの医師数の推移です。こちらは、医学部の入学定員と日本の人口動態推計
から算出されているため、かなり正確な予測と言えます。


医師の需給に関する検討会報告書 - コピー


このグラフから、10年後の2025年には2015年現在の16%増、2035年には35%増となります。医学部増設がされなくてもこの状態なので、状況は更に悪化する可能性が高いです。


この2つのグラフから言えることは、単純に考えて医師ひとりあたりの収入が減少することを示唆しています。これは、確実にやってくる未来と考えるべきです。


医師が他の職種に比べて高給なのは、医学部の難易度が高いためでも、医療技術が高度であるためでも、社会的な役割が重要であるためでもなく、単純に医師の供給が少ないからです。


そして、この医師に有利な供給不足が急激に解消されつつあります。おそらく50歳台以上であれば逃げ切れますが、私も含めて40歳台以下はちょっと厳しい状況に追い込まれます。


これは私たち自身の問題だけでなく、子供の教育方針にも大きな影響を与えます。世の中は空前の医学部ブームで、最上位層の受験生同士の熾烈な戦いが繰り広げられています。


確かに2015年現在では、医学部合格は東京大学合格よりも経済的な価値が数倍高いと思いますが、20年後の状況は確実に暗いと言わざるを得ません。


少なくとも病院経営者や多施設展開クリニック院長の子弟以外は、開業医の子弟も含めて医学部に進学させるリスクを検討するべきだと思います。


このような検討の結果、もし自分の子供から将来の進路を相談されたら下記のようなアドバイスを贈ると思います。


     ・ 男の子 → 東京大学、もしくは米国の大学進学を勧める
     ・ 女の子 → 医学部進学を勧める


男の子なら将来の苦境が予測される医師ではなく、世界と戦えるチャンスを掴んで欲しいと思うからです。しかし、女の子なら腐っても(?)医師免許という国家資格は大きな武器になります。


親としては、子供に遺す資産をある程度準備することで、子供がチャレンジするためのセーフティーネットを整えたいと思っています。


少なくとも、現在の「この世の春」を謳歌する医療業界の状況だけを見て、こどもの将来を決めることは極めて不適切で危険な行為だと思います。



★★  医師のための資産形成講義  ★★


第88回日本整形外科学会学術総会期間中の2015年5月23日に開催した、本ブログ管理人による 「医師のための資産形成セミナー」 の動画、および講演で使用したスライドです。


2015神戸セミナー



本セミナーは経済的自由獲得を目指す医師向けに開催しました。 資産形成マニュアル は、医師に最適化した資産形成手法だと自負していますが、文書だけでは伝わらないことも多いです。


講義内では、資産形成マニュアルにおいて文面だけでは伝えきれなかった資産形成のコツや、寝ていても定期収入をもたらしてくれる 「資産の自動運転化」 を中心に説明しています。 



子供に教えよう!勉強は優れた投資

このエントリーをはてなブックマークに追加

早いモノで、もう5月になりました。
今年、子供が中学校に入学したのですが、楽しそうに通学しています。


2年間の受験勉強の末、何とか第一志望の中学校に入学することができました。この学校は全国で雨後の筍のように設立されている公立の中高一貫校のひとつです。


まだ創立後10年も経過していないのですが、医学部や東京大学レベルにもそれなりの人数の卒業生を送り出しています。公立のため学費が無料なので、非常にお得感があります。


3ヶ月前のブログ記事でお伝えしたように、中学入試直後から英語学習を試してみました。その結果、例文で覚える中学英単語・熟語1800 をスラスラ読み上げることができるようになりました。


まだ、本格的に英語の授業が始まっていないようなので何とも言えないですが、少なくとも授業に落ちこぼれることは無さそうです。一応、英語のロケットスタート成功と考えています。


4月の中学校入学までは中学受験と同じレベルで子供の勉強に介入しましたが、中学校に入学後はどの程度関わっていくかはまだ決めかねています。


灘や筑駒のような超一流校の生徒とは頭の出来が違うので、ある程度は勉強方法を教える必要があるのでしょうが、そろそろ反抗期を迎えつつあるので実践が難しくなってきています。


毎年、医学部に100名近くの卒業生を送り出す全国的にも有名な進学校に通学させている私の友人は、中学校1年生の間はマンツーマンで勉強方法を教えたそうです。


そこまでのエネルギーは割けないなと思っていましたが、大学同門の中ではこのスタイルは比較的珍しくないようでした・・・。う~ん、忙しい人が多いのに感心してしまいます。


やはり、教育が重要である認識は共通のようです。大学受験で必要とされる能力は2~3の領域に過ぎません。社会で成功するために必要な能力と比べれば極めてシンプルです。


このため、(理Ⅲを狙うのでなく)単に医学部や東京大学レベルであれば、努力次第で合格することは可能だと思います。ノウハウが確立されている分、勝率の高い投資でもあります。


首尾良く6年後に医学部や東京大学に合格できれば、かなり有利なポジションで社会人のスタートを切ることが可能だからです。


もちろん「合格すれば人生勝ち」などという寝ぼけたことを言うつもりはありませんが、有利なことには間違いないので、勉強がいかに「優れた投資」であるかを子供に理解させようと思います。



  ★★ 管理人監修の 「タダで自宅を手に入よう! 収益マイホーム購入マニュアル」 ★★
 


勤務医のあなたが開業医並みの収入を得て富裕層に到達する方法!」で提唱した収益マイホームの実践版です。2004年に”お金を生む”マイホームをタダ同然で取得した管理人が、家計のキャッシュフローを劇的に改善できる「収益マイホーム」を解説します。


どうせマイホームを取得するのなら、できるだけ安価に・安全に購入したいと思う方にぴったりのノウハウがぎっしり詰まったマニュアルです。 収益マイホームを購入することで、家賃や住宅ローンの支払から解放される可能性が高まります。


そしてこのことが人生の幅を広げることにもなるかもしれません。 全131ページのPDF版ダウンロード販売で、30日間の返品保証付きです。当直1回分にも満たない価格なので、本マニュアルの手法を実践すれば、あっという間に元が取れると思います。


尚、医師以外の方のご購入はご遠慮ください。



表紙画像
                                
タダで自宅を手に入よう! 収益マイホーム購入マニュアル


アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

管理人の著書

161228 【書影】医師の経済的自由
管理人によるケアネット連載コラム
log_carenet

医師のためのお金の話

管理人による m3.com 連載コラム
管理人も参加しているオンラインサロン
勤務医のための資産形成マニュアル
築古木造戸建投資マニュアル

医師のための築古木造戸建投資マニュアル 1
医師のための 金融資産形成術
医師のための金融資産形成術

タダで自宅を手に入よう!

医師のための収益マイホーム購入マニュアル


配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール

自由気ままな整形外科医


・医学博士
・日本整形外科学会専門医
・日本リウマチ学会専門医
・不動産投資家
・超長期金融資産投資家
・ビジネスオーナー
・宅地建物取引主任士

QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。