整形外科医のブログ

中堅の整形外科医が、日々の気付きを書き記します。投資の成功で働く必要が無くなりましたが、社会貢献のため医師を続けています。

金融資産投資(国内)

無念、電力株を購入できず...

このエントリーをはてなブックマークに追加

最近、少し悔しい思いをしました。
狙っていた株式銘柄を購入することができなかったからです。


私が狙っていたのは、北海道電力(9509)と北陸電力(9505)でした。両銘柄とも30年来最安値圏に沈んでいます。下記は北海道電力の超長期チャート(30年)です。



30年北電 - コピー



ヤバいぐらい企業価値が毀損しています。北海道経済の低迷、泊原発敷地内活断層問題、北海道・本州間連系設備再増強等の問題点が山積しています。



1年北電 - コピー



30年来最安値圏ではなく1年チャートでも8月の落ち込みが激しいです。北電は冬型の収益構造なのである程度の季節性はありますが、今年の落ち込み方は激しい...


私は2012年に電力株への集中投資を敢行しましたが、北海道電力と北陸電力だけマイナス評価になっています。このため、更なる買い増しのチャンスを窺っていました。


500円で1000株から打診買いを開始して橋頭保を確保しようと思っていましたが、直前で株価が反転してしまい購入は叶いませんでした。



30年北陸 - コピー



一方、北陸電力も似たような状況です。地盤である北陸地方の経済規模が他の電力会社と比べて脆弱であること、および志賀原発敷地内活断層問題が暗い影を投げかけています。



1年北陸 - コピー



1年チャートも悲惨です。北海道電力・北陸電力とも投資家が逃げ出している状況ですが、私は散々な状況のストック型銘柄が大好物です。


このため北陸電力は600円で1000株の買い予約していましたが、こちらも取り逃してしまいました。追いかけて買いあがるべきか悩んだのですが、止めておきました。


経験上、買いあがって成功する率は50%程度です。巷で言われるほど成功率が低いとは思いませんが、やはり自分の投資スタイルを変更するのはよくないと考えたからです。


せっかくのチャンス(?)を棒に振ったので意気消沈していますが、チャンスは今回だけではないはずです。再びチャンスの窓が開くのを気長に待とうと思います。







★★  医師のための金融資産形成術  ★★


資産家および医師を対象として、2015年10月に開催した本ブログ管理人による 「金融資産形成術セミナー」 の動画、および講演で使用したスライドです。



NY夜景

      



勤務医・開業医の種類に関わらず、医師が資産形成する際には下記の3つを組み合わせることで効率良く資産形成することができます。


1. 医師免許をベースにした人的資産からのキャッシュフロー
2. 不動産からのキャッシュフロー
3. 金融資産投資の技術


①②で得られる安定したキャッシュフローを元手にして、③の金融資産投資技術を用いて資産形成するのです。しかし、多忙な医師が金融資産投資で結果を出すのは難しいのが現実です。


一方、金融資産投資は買値で投資収益性が決まります。 ”多忙な医師がいかにして金融資産を安く買うか?” という命題を解決するため、私は超長期逆張り投資戦略を選択しています。 


今回の「金融資産投資術セミナー」は、資産形成マニュアルで提示した資産形成手法における金融資産投資の各論です。築古木造戸建投資は「守」、金融資産投資は「攻」という位置づけです。


築古木造戸建投資の「守」 と 金融資産投資の「攻」の組み合わせが、安定的な所得のある医師の資産形成における有力な選択肢のひとつと考えています。



VTのドルコスト平均法妄信が危険な理由

このエントリーをはてなブックマークに追加

投資で成果を上げるために重要なポイントは何でしょうか。 
  • 優良情報を仕入れること?
  • 秘密の情報を仕入れること?
  • 優良な投資サークルに参加すること?
  • 投資関係の書籍を多読すること?
  • 高額なセミナーに出席すること?


いろいろな意見があると思いますが、私はその筆頭として自分の投資成果を「検証」することが挙げられると思います。


過去の自分の投資判断の結果だけでなく、その結果に至った理由も含めて検証するのです。それを繰り返すことで自分の投資戦略が洗練されていきます。


トライアンドエラー無くして投資技術の向上はあり得ません。残念ながら世の中には神羅万象に対応できる黄金律は存在しないのです。


このことは株式などの金融資産投資だけではなく、不動産投資などの実物投資にも当てはまります。常に投資成果を検証することで自分の投資技術を改良し続けるのです。


さて、検証の大切さを主張しましたが、実は検証が難しい投資戦略があります。それは、投資期間が長期にわたるものです。その代表格が昨今話題の VTのドルコスト平均法です。


この投資手法は基本的に数十年にわたって継続されることが前提です。このため、投資成果を検証することが難しく、本当の意味で検証することは不可能と言ってもよいでしょう。


私自身、投資歴が浅い方には推奨するべき投資戦略のひとつと考えていますが、残念ながら検証不能なので「半丁博打」と言っても過言ではありません。


つまり、過去のトラックレコードからおそらくそれなりの結果が期待されるものの、実際の成果は自分がリタイアするまで分からないというシロモノなのです。


このような理由のために、VTのドルコスト平均法を資産形成のメインに据えるのは少々危険だと考えています。半丁博打なので、成果を得るか否かは運しだいだからです。


投資など全く興味もないし、時間を割くのももったいないと考えている人は、VTのドルコスト平均法だけでもよいでしょう。


しかし、それなりに資産形成を考えている人は、しっかり検証しながら地道に自分の投資技術を向上させる必要があります。


一番最悪な投資行動は、過去のトラックレコードを妄信して(もしくは世の中で流行っているからという理由だけで)超長期の投資戦略を選択することです。


VTのドルコスト平均法が悪手だと言っているわけではないのですが、評価不能な投資戦略なので、それだけに集中するのは少々危険だということを理解しておきましょう。






★★ REITで実践する不動産投資セミナー ★★
 


現物不動産投資はハードルが高いと思っている先生方のために「REITで実践する不動産投資セミナー」をお届けします。 不動産投資で成功する要点は下記の4つです。

  • 適切な投資タイミング
  • 適切な投資対象
  • 銀行融資のテクニック
  • 物件運用


今回のセミナーでは、金融商品である REITを用いて上記4点すべてをクリアすることを目的とした他では聴けない知識をお届けします。


  • セミナー動画(86分)
  • スライド形式のレジメ(72ページ)



スライド形式のレジメをベースにしたプロ投資家による講義で、30日間の返品保証付きです。現物不動産投資はコワイけど、不動産投資の恩恵にあやかりたい方におススメです。


尚、医師以外の方のご購入はご遠慮ください。



REITで実践する不動産投資セミナー




暴落相場で安値買いできない理由

このエントリーをはてなブックマークに追加

米国で逆イールドが出現したり、トランプ大統領のハチャメチャな行動のために、金融市場ではキナ臭さが漂っています。


市場の方向性としては、どちらかと言えば下方に向かっている印象ですが、本格的なリセッションが到来して下げ相場が固定すると、順張り派は投資戦略を再考する必要があります。


私が得意とするのは長い長い下落相場でのバーゲンハンティングですが、万人にお勧めできるシロモノではありません。なぜならほとんどの人は実践不可能だからです。




実践不可能な理由1: 底が見えないから


後からチャートを見直すと、何故あの時点で買わなかったのか不思議に思えるものです。ここで買っていれば間違いなく大儲けできたハズだと...。


しかし、実際に市場に身を置いていると、そんな大局的な見方は望むべくもありません。10分先の株価さえ予想できないのに、数か月先の株価の予想など絶対に不可能です。


このことを知るのにうってつけの方法があります。それはチャートの右半分を隠してしまうことです。下のチャートは2019年現在までの日経225連動型上場投資信託 (1321)です。



2019 - コピー




このチャートを見ると、2009年から2012年にかけてが絶好の買場であることは一目瞭然です。ここで買わないのはバカだなと...



2008 - コピー



ところが、上のチャートは2008年11月ごろのものです。同じチャートにもかかわらず随分と受ける印象が異なります。


このチャートをみて、この時点が絶好の買場だ!という人はほとんどないのではないでしょうか。未来を予測できなければ、所詮は絵に描いた餅に過ぎません。


大底が分かれば誰でも勝てるのが株式市場ですが、大底が分かる人は誰も居ません。この点が株式などの金融資産投資を難しくしているのです。




実践不可能な理由2: 投資している余裕などない


医師に関しては前回の暴落であるリーマンショックの際には問題ありませんでした。医療業界は準公務員なので安定性は抜群です。しかし、今度の暴落時には果たして???


医師以外であれば、たとえ一部上場企業勤務であっても安泰ではありません。リーマンショック級の経済下では日々の生活に不安を覚えるものです。


現時点で医療業界は、次の暴落時にも最も安定的と考えられていますが、社会全体がその日暮らしの状況になると、いくら医療業界に属しているとはいえ投資は難しいと思います。


ちなみに、2008年のリーマンショックの際に、私は所有物件のひとつで大規模修繕を施工していました。工事費用が1000万円近くかかったのですが青ざめた記憶があります。




その他にも大暴落相場で買い向かった経験が無いや、そもそも論として金融資産投資経験が浅い場合には、実際に投資するのは相当な覚悟とエネルギーが必要です。


このような種々の理由でほとんどの人は暴落相場で底値に打ち捨てられている金融資産をバーゲンハンティングすることはできないのです。


私は生きている間にもう一度ぐらいは歴史的な暴落相場を経験するのではないかと考えています。その時にもう一度大勝負できるように準備だけは怠らないようにしたいと思います。






★★ REITで実践する不動産投資セミナー ★★
 


現物不動産投資はハードルが高いと思っている先生方のために「REITで実践する不動産投資セミナー」をお届けします。 不動産投資で成功する要点は下記の4つです。

  • 適切な投資タイミング
  • 適切な投資対象
  • 銀行融資のテクニック
  • 物件運用


今回のセミナーでは、金融商品である REITを用いて上記4点すべてをクリアすることを目的とした他では聴けない知識をお届けします。


  • セミナー動画(86分)
  • スライド形式のレジメ(72ページ)



スライド形式のレジメをベースにしたプロ投資家による講義で、30日間の返品保証付きです。現物不動産投資はコワイけど、不動産投資の恩恵にあやかりたい方におススメです。


尚、医師以外の方のご購入はご遠慮ください。



REITで実践する不動産投資セミナー




ケアネット:株主優待はおいしいのか?!

このエントリーをはてなブックマークに追加

ケアネット・ドットコムの連載企画【医師のためのお金の話】第 21回が、本日アップされました。お題は、株主優待をおトクに使いこなせ! です。



log_carenet




今回は、みんな大好きな株主優待のお話です。昔と比べて、最近では株主優待制度がますます充実してきました。


株主優待はおトク感満載なので、ソレ目的で株式投資している人も多いと思います。投資もできておトクな株主優待まで付いてくる・・・ 一粒で二度おいしいを地で行っています。


しかし、本当にそんなおいしい話があるのでしょうか? 株主優待に落とし穴は無いのか?私は大の牛丼好きなので、外食関係を中心にたくさんの株主優待銘柄を所有しています。


しかも、20年近く所有している銘柄まであります。今回は超長期の視点で自験例を検証してみました。果たして株主優待投資はおいしいのでしょうか?!


3分ほどで読了可能なので、是非ケアネット・ドットコムの連載企画【医師のためのお金の話】第 21回を訪問してください!






★★  医師のキャリア革命(オンラインサロン)  ★★


「経済的自由」を手に入れるために Facebookを利用した非公開のオンラインサロンに参加してみませんか?



gg - コピー




本サロンの目標は、参加者全員に生涯途絶えることのない "複数の収入の流れ"  を得るための " 学びの場 "  を提供することです。


資産形成マニュアルで、医師が効率よく資産形成を実践するノウハウを公開しましたが、本サロンはそのフォローアップの場と位置付けています。


それぞれの参加者たちが得た知識や体験を共有し、集合知を形成する。集合知は、サロンのメンバーが未知の航海に旅立つ際の羅針盤となる


そのような " 学びの場 "  を

  •  整形外科医のための英語ペラペラ道場
  •  整形外科医のブログ 

​ ​
がタッグを組んで運営します!!
参加希望の先生方は、こちらからお願いします




m3.com 第13回がアップされました!

このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、m3.comの連載企画【医師のための資産形成】第13回がアップされました。お題は危機発生時こそJREITを選択肢に です。



m3com_logo




m3.comでは失敗談や反省談ばかり連載してきましたが、今回は初めて明るい話題(?)になりました。私の金融資産投資の中では金字塔的存在の J-REITについてです。


最近は、資金の行き場を失った年金資金などの機関投資家が REIT市場になだれ込んできており空前の活況を呈しています。


しかし、リーマンショック直後の2008年10月~2009年3月にかけては、次はどの REITが飛ぶのか? という疑心暗鬼の状態でした。


特に2009年3月初旬には表面利回り 50%オーバーの銘柄まで出現して、J-REIT市場は阿鼻叫喚の状況でした。


2年持てば分配金だけで投資資金を回収できますが、怖くてほとんどの人が逃げ出すありさまです。そんな中、私は当時の全財産 3000万円を投入してJ-REITを買い漁りました。


ゴミのような価格で投げ捨てられていたクソREITの多くは合併を経て優良REITに生まれ変わり、毎月30万円近くの現金を私に届けてくれる ATMになりました。


今回の m3.comでは、鉄火場で全財産を賭けて J-REITと向かい合った記録を詳述してみました。3分ほどで読了可能なので、是非 m3.comを訪問してくださいね!







★★  医師のキャリア革命(オンラインサロン)  ★★


「経済的自由」を手に入れるために Facebookを利用した非公開のオンラインサロンに参加してみませんか?



gg - コピー




本サロンの目標は、参加者全員に生涯途絶えることのない "複数の収入の流れ"  を得るための " 学びの場 "  を提供することです。


資産形成マニュアルで、医師が効率よく資産形成を実践するノウハウを公開しましたが、本サロンはそのフォローアップの場と位置付けています。


それぞれの参加者たちが得た知識や体験を共有し、集合知を形成する。集合知は、サロンのメンバーが未知の航海に旅立つ際の羅針盤となる


そのような " 学びの場 "  を

  •  整形外科医のための英語ペラペラ道場
  •  整形外科医のブログ 

​ ​
がタッグを組んで運営します!!
参加希望の先生方は、こちらからお願いします




アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

医療研究を身近な存在とし、医療の未来を作る


管理人の著書

161228 【書影】医師の経済的自由
管理人によるケアネット連載コラム
log_carenet

医師のためのお金の話

管理人による m3.com 連載コラム
管理人も参加しているオンラインサロン
勤務医のための資産形成マニュアル
築古木造戸建投資マニュアル

医師のための築古木造戸建投資マニュアル 1
REITで実践する不動産投資セミナー
190122
医師のための 金融資産形成術


配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール

自由気ままな整形外科医

・医学博士
・日本整形外科学会専門医
・日本リウマチ学会専門医
・不動産投資家
・超長期金融資産投資家
・ビジネスオーナー
・宅地建物取引主任士

QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。