整形外科医のブログ

中堅の整形外科医が、日々の気付きを書き記します。投資の成功で働く必要が無くなりましたが、社会貢献のため医師を続けています。

金融資産投資(国内)

東芝に投資するべきなのか?


東芝がエライことになっています。
米国の原発事業の損失が、最大7000億円規模に膨らむ恐れが出たのです。


今回の特別損失に先立って、2015年には、経営トップの関与下に、2009年3月期から2014年4−12月期で、計1518億円の利益を水増しする 不適切会計 粉飾決算(※)が発覚しました。


この事件は、田中久雄社長、佐々木則夫前社長、西田厚聰前々社長の歴代3社長が主導していたようです。約7年間も、歴代社長が粉飾決算という犯罪に手を染めていたことになります。


東芝は、三井グループの構成企業で、家電・重電だけではなく重工業でも日立製作所や三菱重工と並んで3強の一角を占めています。昔から私は、憧れをもって東芝を眺めていました。


リーマンショック後に各家電メーカー・重電メーカーが苦境に陥っていた際にも、東芝は独り気を吐いていました。バランスシートもまずまず・・・。嘘だったんですね、全部。


もちろん、不運はあります。特に福島第一原発事故による原発行政の機能停止や、日本の原発の安全神話の崩壊は、原発メーカーとしては大打撃でした。


しかし、ライバルの日立製作所は、苦境の中でも大きな決意をもって事業再編を断行しました。これに対して、東芝は「優等生」という評でした。


数字が嘘だとは誰も疑いませんでした。経団連の会長を輩出する企業が、粉飾決算という犯罪行為に手を染めるとは、想像の範囲外だったのでしょう。


東芝の犯罪行為は、日本株式市場の信用を揺るがしています。信用を維持するためにも、米国のエンロンやワールドコム経営者のように、歴代3社長の実刑判決を望む声が多いです。




私は、金融資産投資では超長期逆張り投資を掲げています。そして、個別株を購入する際には、株価下落の原因を考えます。購入を検討する優先順位は次のごとくです。 

  1.  世界経済の危機
  2.  日本経済の危機
  3.  個別業界の危機
  4.  個別企業のスキャンダル
  5.  個別企業の経営危機   


最も安心して株式を購入できるのは①の世界経済の危機です。私が投資する時期は、①②③に限定しています。そして、③に関してはかなりの目利きが必要です。


例えば、消費者金融業界や光学カメラ業界など、政治やイノベーションのために業界そのものが消滅する可能性があります。一方、資源株や銀行株のように景気循環的な業界もあります。


今回の東芝は、④と⑤です。経営陣のモラルハザードおよび経営判断の稚拙さが原因なので、私の投資基準では不適格です。


過去には、オリンパスやシャープでも、同様のことはありました。オリンパスは復活して、シャープは小康状態です。底値で購入していれば大きな利益が出ましたが、私は後悔していません。


何故なら、これらの企業群の株式を購入する行為は、投資ではなく「投機」だからです。同様の投機を続けていると、確率的にはいつか地雷を踏むことになります。


自分の虎の子の資金を、そのような「浪費行為」に費やすほどバカげたことはないと思うのです。もちろん、東芝は日本を代表する企業です。政府も全面的にバックアップするでしょう。


今回の苦境も乗り切る可能性はゼロではありません。しかし、不正を隠匿する企業風土は簡単には変わらないのではないでしょうか? 私は、そんな企業に投資しようとは思わないです。


※ 大手マスコミは、「不適切会計」という言葉を使っていますが、明らかに粉飾決算です。




★★  医師のための金融資産形成術  ★★


資産家および医師を対象として、2015年10月に開催した本ブログ管理人による 「金融資産形成術セミナー」 の動画、および講演で使用したスライドです。



NY夜景

      



勤務医・開業医の種類に関わらず、医師が資産形成する際には下記の3つを組み合わせることで効率良く資産形成することができます。


1. 医師免許をベースにした人的資産からのキャッシュフロー
2. 不動産からのキャッシュフロー
3. 金融資産投資の技術


①②で得られる安定したキャッシュフローを元手にして、③の金融資産投資技術を用いて資産形成するのです。しかし、多忙な医師が金融資産投資で結果を出すのは難しいのが現実です。


一方、金融資産投資は買値で投資収益性が決まります。 ”多忙な医師がいかにして金融資産を安く買うか?” という命題を解決するため、私は超長期逆張り投資戦略を選択しています。 


今回の「金融資産投資術セミナー」は、資産形成マニュアルで提示した資産形成手法における金融資産投資の各論です。築古木造戸建投資は「守」、金融資産投資は「攻」という位置づけです。


築古木造戸建投資の「守」 と 金融資産投資の「攻」の組み合わせが、安定的な所得のある医師の資産形成における有力な選択肢のひとつと考えています。



2016年 金融資産投資の総括


昨日、2016年最後の東京株式市場(大納会)が終了しました。1年を通じて不安定な相場展開でしたが、終わってみれば日経平均は+0.42%で、5年連続の上昇でした。


参考: 
2013年 東証大納会の雑感
2015年 金融資産投資の総括


新年明け早々から上海市場の下落に引き連れられて、東京株式市場も大きく値を下げました。世界を見渡しても好材料がほとんど無い中、日経平均は一時15000割れがありました。


6月には英国で予想外のBrexitが起こり、市場は暴落を演じました。そして極め付けは11月の米国大統領選です。まさかの暴言王・トランプ氏が米国大統領に選出されたのです。


このまま株式市場は大暴落かと思われますが、予想に反してラリーが続いています。今年ほど「専門家」と言われている人の予想が当たらなかった年は珍しいと思います。


かく言う私も、何一つとして事前予想が当たりませんでした。金融資産投資において、予想に基づいて投資することの難しさを嫌というほど思い知らされました。


しかし、予想は全て外しましたが、私の金融資産投資の成績はそれほど悪いモノではありません。まず、日本株は2015.12.30と比べて+2.3%です。ちなみに1年間の売買は”ゼロ”です。


購入時比では、J-REITは+162.3%、電力株は+48.6%です。J-REITはともかく、電力株はイマイチです。ただ、復配する電力会社が増えてきているのが救いです。


次に、今年に注力した欧州銀行株は、2016.12.30時点のUSDベースで+27.0%で、円ベースでは+45.2%でした。2016年7月16日に参戦なので約半年です。まずまずの成績ですね。


ちなみに、昨年に注力した産金株はUSDベースで+64.0%で、円ベースでは+57.1%でした。米国の金利上昇の影響でかなりヤラレてしまったようです。+400%は遠いですね(笑)。


以上、2016年の金融資産投資を振り返ってみました。まぁ、「投資」といっても眠い目をこすって欧州銀行株を数回購入しただけです。費やした時間は、研究も含めて2日程度です。


その意味では、金融資産投資はコストパフォーマンスが良好と言えます。ただし、これを資産形成のメインに据えるのは少し頼りないです。やはり、不動産が一番かなと思います。


といいつつ、この3年ほどは不動産を売却し続けているので、ポートフォリオがどんどん小さくなってきています。言動不一致とはまさにこのことですね(笑)。


何はともあれ、今年も1年お付き合いいただき、本当にありがとうございました!
来年も宜しくお願いいたします。





★★  医師のための金融資産形成術  ★★


資産家および医師を対象として、2015年10月に開催した本ブログ管理人による 「金融資産形成術セミナー」 の動画、および講演で使用したスライドです。



NY夜景

      



勤務医・開業医の種類に関わらず、医師が資産形成する際には下記の3つを組み合わせることで効率良く資産形成することができます。


1. 医師免許をベースにした人的資産からのキャッシュフロー
2. 不動産からのキャッシュフロー
3. 金融資産投資の技術


①②で得られる安定したキャッシュフローを元手にして、③の金融資産投資技術を用いて資産形成するのです。しかし、多忙な医師が金融資産投資で結果を出すのは難しいのが現実です。


一方、金融資産投資は買値で投資収益性が決まります。 ”多忙な医師がいかにして金融資産を安く買うか?” という命題を解決するため、私は超長期逆張り投資戦略を選択しています。 


今回の「金融資産投資術セミナー」は、資産形成マニュアルで提示した資産形成手法における金融資産投資の各論です。築古木造戸建投資は「守」、金融資産投資は「攻」という位置づけです。


築古木造戸建投資の「守」 と 金融資産投資の「攻」の組み合わせが、安定的な所得のある医師の資産形成における有力な選択肢のひとつと考えています。



出た!フィンテック投資煽り記事


2016.9.8の日本経済新聞の電子版で興味深い記事がありました。
フィンテックへ投資急増 世界で2.4兆円 日本も追随 技術革新が後押し です。


フィンテック(FinTech)とはFinancial と technology を合わせた造語で、金融と情報技術を組み合わて新しい金融サービスを生み出したり見直したりする動きのことです。


フィンテック事業を手掛ける企業への投資が急増しており、2016年は世界で240億ドル(2兆4000億円強)と過去最高を更新する見通しです。


米国では、2014年ごろからフィンテック関連投資が激増しています。今回の記事では、米国から遅れること2年、ようやく日本でもフィンテック関連投資が増加してきたかのように見えます。


ただし、今回の報道内容を見る限り、日本におけるフィンテック関連投資の多くは、単なる証券投資の域を出ていません。今回の記事の内容を要約すると下記のごとくです。


  1. 三井住友アセット: 投資信託のグローバルAIファンドが700億円を集めた
  2. 楽天: フィンテック関連企業に投資する100億円規模のRakuten FinTech Fundを設立
  3. みずほ証券: アジアのフィンテック企業を発掘するシンガポールのファンドに20億円投資
  4. SBIホールディングス: ベンチャーキャピタルのFinTechファンドが300億円を集めた
  5. 三菱東京UFJ銀行: 仮想通貨取引所を運営する米コインベースに出資



①③④は投信やベンチャーキャピタルであり、売却益を志向した投資です。単に海外のフィンテック関連ベンチャー企業へ資金を供給しているに過ぎません。


②も基本的にはベンチャーキャピタルですが、本当に美味しい企業は楽天本体の金融事業に取り込もうとしているので、部分的には本物のフィンテック投資と言えるかもしれません。


今回の記事の中では、⑤の三菱東京UFJ銀行のみが本物のフィンテック投資です。本来なら全てのメガバンクや大手証券が、大規模に直接投資するべきなのですが・・・


今回の日本経済新聞の記事を拝読して、私は下記の2点で非常に残念な思いに駆られました。
  •  フィンテックブームに煽られた個人投資家の犠牲者が大量に発生する
  •  本物のフィンテック投資は遅々として進んでおらず世界から周回遅れになっている


まず、投資家目線です。グローバルAIファンドの目録を確認した限りでは、既に相当割高なAI関連の有名銘柄が恥ずかしげもなくファンドに高い比率で組み込まれています。


さすがにGoogle、Amazon、Facebook、Appleなどの誰が見ても分かるAIジャイアントは外されていますが、目録に掲載されている銘柄は十分に「メジャー」です。


ちょっと個人投資家をバカにし過ぎなのでは?今からこの投信を購入する人が、死屍累々の元・1兆円ファンドであるノムラ日本株戦略ファンドの二の舞にならないことを祈るばかりです。


だいたい、証券会社や銀行が大々的なキャンペーンで売り出しているテーマに乗って儲かることはまずないと思うべきです。そのテーマがバラ色に見えれば見えるほど危険だと思います。


キャンペーン中のテーマに乗らないだけでも、損する確率をかなり減らすことが可能です。これは、金融資産だけに関わらず不動産にも該当します。一種の処世術として覚えておきましょう。


2点目は、いち日本人としての目線です。フィンテック分野は人工知能(AI)ほど本命分野ではないものの、手っ取り早く収益化可能なドル箱の領域です。


本来なら、既存の大手金融機関がフィンテック技術を取り込むために直接投資するべきなのですが、既得権益や社内の既存勢力への配慮から遅々として投資が進んでいません。


このままでは、社内資源を優先したためにグローバル競争に敗退して、完全に脇役に成り下がってしまったNTTドコモ・ソニー・パナソニックの二の舞になってしまいそうで怖いです。


既に日本の金融機関はグローバルでの存在感が無いですが、牙城である日本市場の美味しい部分まで新興フィンテック企業に乗っ取られる危険性が高まっています。 がんばれ、日本!!


ポイント

どんなに有望にみえても、証券会社や銀行が大々的に売り出しているテーマには乗らないこと!






★★  医師のための金融資産形成術  ★★


資産家および医師を対象として、2015年10月に開催した本ブログ管理人による 「金融資産形成術セミナー」 の動画、および講演で使用したスライドです。



NY夜景

      



勤務医・開業医の種類に関わらず、医師が資産形成する際には下記の3つを組み合わせることで効率良く資産形成することができます。


1. 医師免許をベースにした人的資産からのキャッシュフロー
2. 不動産からのキャッシュフロー
3. 金融資産投資の技術


①②で得られる安定したキャッシュフローを元手にして、③の金融資産投資技術を用いて資産形成するのです。しかし、多忙な医師が金融資産投資で結果を出すのは難しいのが現実です。


一方、金融資産投資は買値で投資収益性が決まります。 ”多忙な医師がいかにして金融資産を安く買うか?” という命題を解決するため、私は超長期逆張り投資戦略を選択しています。 


今回の「金融資産投資術セミナー」は、資産形成マニュアルで提示した資産形成手法における金融資産投資の各論です。築古木造戸建投資は「守」、金融資産投資は「攻」という位置づけです。


築古木造戸建投資の「守」 と 金融資産投資の「攻」の組み合わせが、安定的な所得のある医師の資産形成における有力な選択肢のひとつと考えています。



アキュセラ騒動を考える


東証マザーズ市場に上場するアキュセラ・インク(4589)が酷いことになっています。アキュセラは米国シアトルに本社を置くバイオベンチャーです。


新薬候補の効果が認められないとの報道で急落しており、 2016年5月25日の上場来高値更新した同日から一転して6営業日連続のストップ安となりました。


アキュセラの創業者は慶應義塾大学医学部出身の眼科医である窪田良氏です。窪田氏は大学院時代の基礎研究で培った独自の細胞培養技術をもとに2002年に起業しました。


網膜変性疾患の治療薬の開発を進めており、2014年2月には東証マザーズ市場に上場しています。窪田氏は同じ慶應義塾大学出身のSBIホールディングスCEOの北尾氏と懇意の仲です。


私がアキュセラおよび窪田氏を知ったのは2016.5.28号の週刊ダイヤモンドの記事を読んでからで、それまでは三四会の存在さえ知りませんでした。






慶應義塾大学はすごいなぁ と思っていた矢先の出来事ですが、今回の騒動の原因は、インサイダー取引疑惑です。5月25日に上場来高値更新したものの一転してストップ安となりました。


そして翌日の寄り付き前に新薬候補の効果が認められないとの発表があったのです。残念ながら情報が漏れていたと思わざるを得ません。


また、大株主であるSBIホールディングスCEOの北尾氏が必要以上に買い煽りととらえられても仕方ないコメントを発表していました。


さすがに売却はしていないとの発表はしているものの、このような立場の人はここまで露骨な発言は控えるものです。悲惨な状況も重なり、責任を問う声が出ています。


今回の件で、一部とは言え個人投資家は多額の借金を抱えることになっています。 投資は自己責任ですが、せめて健全でフェアな市場でないと参加者が減少して先細りになってしまいます。


2006年1月のライブドア事件でも同じようなことがあり、新興銘柄は下落を開始しました。リーマンショックもあったため、 マザーズ指数は2800ポイントから90%以上下落してしまいました。


今回は同じようなことにはならないと思いますが、 後で振り返ってみると象徴的な事件として記憶に残ることになるかもしれません。その場合には絶好の買い場がやってくることになります。


現在の東証マザーズ指数は「そーせい」などのバイオベンチャー高騰のため、まだまだ高値圏です。しかし、今後は2006年の再来の可能性もあるため、注視していきたいと思います。





投資家目線で厳しいことを言いましたが、窪田氏の生き様は医師のキャリアとして理想像のひとつだと思います。窪田氏は研究者、臨床医、経営者という3つのステップを踏みました。


研究者時代には緑内障の原因遺伝子を発見し、その遺伝子「ミオシリン」は眼科の教科書にも載っているそうです。そして臨床医時代には1000件を超える手術を行いました。


大学での研究者から臨床医を経て、2002年に起業しています。そして2014年に自ら創業した会社を東証マザーズに上場させることに成功しています。


このような人材を輩出する慶應義塾大学医学部のレベルの高さは、今回の一連の事件がクロだったとしても、輝きを失うことは無いと思います。


上場廃止リスクも燻りますが、窪田氏には「失明の危機に瀕する世界中の患者を助けるには、薬を作って患者に届けるのが一番いい方法」という創業の目的を達成してほしいものです。




★★  医師のための金融資産形成術  ★★


資産家および医師を対象として、2015年10月に開催した本ブログ管理人による 「金融資産形成術セミナー」 の動画、および講演で使用したスライドです。



NY夜景

      



勤務医・開業医の種類に関わらず、医師が資産形成する際には下記の3つを組み合わせることで効率良く資産形成することができます。


1. 医師免許をベースにした人的資産からのキャッシュフロー
2. 不動産からのキャッシュフロー
3. 金融資産投資の技術


①②で得られる安定したキャッシュフローを元手にして、③の金融資産投資技術を用いて資産形成するのです。しかし、多忙な医師が金融資産投資で結果を出すのは難しいのが現実です。


一方、金融資産投資は買値で投資収益性が決まります。 ”多忙な医師がいかにして金融資産を安く買うか?” という命題を解決するため、私は超長期逆張り投資戦略を選択しています。 


今回の「金融資産投資術セミナー」は、資産形成マニュアルで提示した資産形成手法における金融資産投資の各論です。築古木造戸建投資は「守」、金融資産投資は「攻」という位置づけです。


築古木造戸建投資の「守」 と 金融資産投資の「攻」の組み合わせが、安定的な所得のある医師の資産形成における有力な選択肢のひとつと考えています。



株式市場の下落トレンドはいつまで?


昨年末に知り合いの元ファンドマネージャーが運営する任意組合に加入させてもらいました。
基本的な戦略は 「長期トレンドに逆らわず好業績で株価が堅調な銘柄 を買い上がる」 です。


私の超長期逆張り戦略とは真逆の順張り投資戦略なので、①順張り戦略の勉強 ②逆張り戦略で結果を出すことが難しい時期を補完 する目的で加入させていただきました。


4月に組合員総会がありました。私はハワイ出張のため欠席だったので個別面談で説明を受けました。時期的な問題でパフォーマンスは冴えなかったですがTOPIXは上回っています。


その中で、長期サイクルで下落トレンドに転換した可能性を示唆されました。2012年11月の衆議院解散宣言をきっかけに、2015年8月まで長期的な上昇トレンドだったことがわかります。



キャプチャ




日本の株式市場が長期的な下落トレンドに転換した最大の要因は、企業業績の悪化が挙げられます。企業業績が悪化したのは、為替が円高に進んだことが大きな理由です。


ドル円相場の年間平均は、アベノミクスが始まった2012年は79.8円だったのが2015 年には121円と大幅な円安となり、円安メリット企業を中心に企業業績を押し上げました。

 
この上昇トレンドは2015年8月まで2年9カ月続きました。そして現在は長期的な下落トレンド入りしている可能性が高いですが、このトレンドはいつまで続くのでしょうか?


いろいろなケースが考えられますが、楽観シナリオは直ぐにリバウンドして直近高値を更新して上昇トレンドに戻るものです。しかし、その可能性は低いと思います。


一度下落トレンドになると1.5~3年間は続く傾向があります。前回の下落トレ ンドは2007年6月から2009年3月でした。今回に重ね合わせると2017年3月ごろまで続くことが予想されます。


実戦の判断は、実際の下落トレンド終了を確認する必要があります。下落トレンドは高値と安値を切り下げることなので、これが途切れた時に下落トレンド終了の可能性が高まります。


前回の例では、2009年5月に直近高値である2009年1月を上回ったことで、下落トレンド終了が確認できました。今後どのように長期トレンドが推移するかのひとつの参考となります。


下落トレンドが続けば2017年後半には横這い期間に入っている可能性があり、当面はパフォーマンスの向上に努めつつも資金の確保を優先して来るべき時期に備えたいとのことでした。


私は長期トレンドの予想をしない方針なので、世の中の「雰囲気」が最高に悪くなったときに本格投資を開始します。つまり下落トレンドの最終局面が私のエントリーポイントです。


一方、任意組合のエントリーポイントは横這い期間の確認ができてからなので、私よりも半年~1年遅れぐらいの感覚のようです。客観的に考えるとこちらの方が確実性があります。


しかし、買い下がっていくよりも買い上がっていく方が、私にとっては「恐怖」を感じます。このため、やはり任意組合の投資方針を踏襲するのは難しいと感じました。


個人レベルの金融資産投資において最も重要なことは、自分の投資方針を堅持することです。「状況に応じて柔軟に対応する=一貫性の無いことへの単なる言い訳」 だと思うからです。




★★  医師のための金融資産形成術  ★★


資産家および医師を対象として、2015年10月に開催した本ブログ管理人による 「金融資産形成術セミナー」 の動画、および講演で使用したスライドです。



NY夜景

      



勤務医・開業医の種類に関わらず、医師が資産形成する際には下記の3つを組み合わせることで効率良く資産形成することができます。


1. 医師免許をベースにした人的資産からのキャッシュフロー
2. 不動産からのキャッシュフロー
3. 金融資産投資の技術


①②で得られる安定したキャッシュフローを元手にして、③の金融資産投資技術を用いて資産形成するのです。しかし、多忙な医師が金融資産投資で結果を出すのは難しいのが現実です。


一方、金融資産投資は買値で投資収益性が決まります。 ”多忙な医師がいかにして金融資産を安く買うか?” という命題を解決するため、私は超長期逆張り投資戦略を選択しています。 


今回の「金融資産投資術セミナー」は、資産形成マニュアルで提示した資産形成手法における金融資産投資の各論です。築古木造戸建投資は「守」、金融資産投資は「攻」という位置づけです。


築古木造戸建投資の「守」 と 金融資産投資の「攻」の組み合わせが、安定的な所得のある医師の資産形成における有力な選択肢のひとつと考えています。



アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

           管理人の著書
   勤務医のための資産形成マニュアル
      医師のための 資産形成講義
2015神戸セミナー

      築古木造戸建投資マニュアル
      医師のための 金融資産形成術
医師のための金融資産形成術

        タダで自宅を手に入よう!
   資産形成のコンサルテーション・サービス


SRI一橋大学消費者購買価格指数
.
配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール
QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。
  • ライブドアブログ