整形外科医のブログ

中堅の整形外科医が、日々の気付きを書き記します。投資の成功で働く必要が無くなりましたが、社会貢献のため医師を続けています。

金融資産投資(国内)

ケアネット:株主優待はおいしいのか?!

このエントリーをはてなブックマークに追加

ケアネット・ドットコムの連載企画【医師のためのお金の話】第 21回が、本日アップされました。お題は、株主優待をおトクに使いこなせ! です。



log_carenet




今回は、みんな大好きな株主優待のお話です。昔と比べて、最近では株主優待制度がますます充実してきました。


株主優待はおトク感満載なので、ソレ目的で株式投資している人も多いと思います。投資もできておトクな株主優待まで付いてくる・・・ 一粒で二度おいしいを地で行っています。


しかし、本当にそんなおいしい話があるのでしょうか? 株主優待に落とし穴は無いのか?私は大の牛丼好きなので、外食関係を中心にたくさんの株主優待銘柄を所有しています。


しかも、20年近く所有している銘柄まであります。今回は超長期の視点で自験例を検証してみました。果たして株主優待投資はおいしいのでしょうか?!


3分ほどで読了可能なので、是非ケアネット・ドットコムの連載企画【医師のためのお金の話】第 21回を訪問してください!






★★  医師のキャリア革命(オンラインサロン)  ★★


「経済的自由」を手に入れるために Facebookを利用した非公開のオンラインサロンに参加してみませんか?



gg - コピー




本サロンの目標は、参加者全員に生涯途絶えることのない "複数の収入の流れ"  を得るための " 学びの場 "  を提供することです。


資産形成マニュアルで、医師が効率よく資産形成を実践するノウハウを公開しましたが、本サロンはそのフォローアップの場と位置付けています。


それぞれの参加者たちが得た知識や体験を共有し、集合知を形成する。集合知は、サロンのメンバーが未知の航海に旅立つ際の羅針盤となる


そのような " 学びの場 "  を

  •  整形外科医のための英語ペラペラ道場
  •  整形外科医のブログ 

​ ​
がタッグを組んで運営します!!
参加希望の先生方は、こちらからお願いします




m3.com 第13回がアップされました!

このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、m3.comの連載企画【医師のための資産形成】第13回がアップされました。お題は危機発生時こそJREITを選択肢に です。



m3com_logo




m3.comでは失敗談や反省談ばかり連載してきましたが、今回は初めて明るい話題(?)になりました。私の金融資産投資の中では金字塔的存在の J-REITについてです。


最近は、資金の行き場を失った年金資金などの機関投資家が REIT市場になだれ込んできており空前の活況を呈しています。


しかし、リーマンショック直後の2008年10月~2009年3月にかけては、次はどの REITが飛ぶのか? という疑心暗鬼の状態でした。


特に2009年3月初旬には表面利回り 50%オーバーの銘柄まで出現して、J-REIT市場は阿鼻叫喚の状況でした。


2年持てば分配金だけで投資資金を回収できますが、怖くてほとんどの人が逃げ出すありさまです。そんな中、私は当時の全財産 3000万円を投入してJ-REITを買い漁りました。


ゴミのような価格で投げ捨てられていたクソREITの多くは合併を経て優良REITに生まれ変わり、毎月30万円近くの現金を私に届けてくれる ATMになりました。


今回の m3.comでは、鉄火場で全財産を賭けて J-REITと向かい合った記録を詳述してみました。3分ほどで読了可能なので、是非 m3.comを訪問してくださいね!







★★  医師のキャリア革命(オンラインサロン)  ★★


「経済的自由」を手に入れるために Facebookを利用した非公開のオンラインサロンに参加してみませんか?



gg - コピー




本サロンの目標は、参加者全員に生涯途絶えることのない "複数の収入の流れ"  を得るための " 学びの場 "  を提供することです。


資産形成マニュアルで、医師が効率よく資産形成を実践するノウハウを公開しましたが、本サロンはそのフォローアップの場と位置付けています。


それぞれの参加者たちが得た知識や体験を共有し、集合知を形成する。集合知は、サロンのメンバーが未知の航海に旅立つ際の羅針盤となる


そのような " 学びの場 "  を

  •  整形外科医のための英語ペラペラ道場
  •  整形外科医のブログ 

​ ​
がタッグを組んで運営します!!
参加希望の先生方は、こちらからお願いします




金融資産投資戦略の最適化方法

このエントリーをはてなブックマークに追加

株式投資をはじめとする金融資産投資では、その場の状況に応じて売買することは絶対に避けるべき投資行動です。


このように成り行き任せの売買を繰り返している投資家は、長期的にみるとそのほとんどが負けてしまって市場からの退出を余儀なくされてしまいます。


金融資産投資の書籍を紐解くと、ほとんど書籍で投資戦略の重要性が強調されています。しかし、実際に信念を持って投資戦略を遵守している投資家はほとんどいないのが実情です。


このため、個人投資家のほとんどは損失を抱えてしまい、機関投資家の恰好の餌食となっています。何度も言いますが、金融資産投資においては投資戦略を遵守するべきなのです。


それでは、最初に決めた投資戦略をずっと守り続ける必要があるのでしょうか? もちろん、そんなことは全くありません。むしろ、投資戦略を環境に適応させるべきです。


このように言うと、
「状況に応じて売買することは絶対に避けるべき」と「状況に応じて投資戦略を環境に適応させるべき」は矛盾したことを主張していると感じるかもしれません。


正解は、「状況に応じて売買することは絶対に避けるべき」だが「状況に応じて投資戦略を環境に適応させるべき」です。なんのこっちゃ? ですね(笑)。


「状況に応じて売買することは絶対に避けるべき」なのは理解してもらえると思いますが、「状況に応じて投資戦略を環境に適応させるべき」は具体的にどうすればよいのでしょう?


先日、投資させていただいている任意組合の組合員総会があったので、この質問をお世話になっている任意組合の管理者の方にぶつけてみました。


私は超長期逆張り投資家なのですが、任意組合の管理者の方は中~短期の順張り投資家です。金融資産投資としては王道スタイルですね。


金融資産投資で勝つためには、自分の投資戦略をどんな状況であっても死守することが重要だとおっしゃられていました。しかし、市場のトレンドは刻一刻と変化していきます。


このため、一度決めた投資戦略をひたすら死守するのではなく、投資戦略に従って投資した結果をフィードバックしながら、投資戦略を適宜修正していくという作業になります。


それではこのような修正作業をどれぐらいのタイミングですれば良いのでしょうか? この点についてお伺いすると、おおむね 30 ~40トレードした時点と回答されました。


直近の 30 ~40トレードの結果を検証して、その結果を参考にして投資戦略を最適化するための微調整を行っているそうです。


ほとんどの個人投資家は感覚的に売り買いしているだけなので、結果を出すことはできません。しかし、負けがこんでいるのに投資戦略を何年間も変えないことも大きな問題です。


最も推奨される方法は、
30 ~40トレード毎に結果を検証して、その結果を元にして投資戦略を後追いで微調整し続けることです。


この場合、デイトレーダーのような方は投資戦略を1日毎に修正する必要があるものの、私のような超長期逆張り投資家の場合は数年毎の修正で対応できるということになります。


私の場合は少し極端ですが、
30 ~40トレード毎に結果を検証して投資戦略を微調整することを心掛けるとよいかもしれませんね。





★★ REITで実践する不動産投資セミナー ★★
 


現物不動産投資はハードルが高いと思っている先生方のために「REITで実践する不動産投資セミナー」をお届けします。 不動産投資で成功する要点は下記の4つです。

  • 適切な投資タイミング
  • 適切な投資対象
  • 銀行融資のテクニック
  • 物件運用


今回のセミナーでは、金融商品である REITを用いて上記4点すべてをクリアすることを目的とした他では聴けない知識をお届けします。


  • セミナー動画(86分)
  • スライド形式のレジメ(72ページ)



スライド形式のレジメをベースにしたプロ投資家による講義で、30日間の返品保証付きです。現物不動産投資はコワイけど、不動産投資の恩恵にあやかりたい方におススメです。


尚、医師以外の方のご購入はご遠慮ください。



REITで実践する不動産投資セミナー




REITで実践する不動産投資セミナー

このエントリーをはてなブックマークに追加

本日は、REITで実践する不動産投資セミナーのご紹介です。2018年12月・2019年1月に、オンラインサロンのメンバーを対象にして、東京と大阪で上記セミナーを開催しました。


セミナーを開催しようと思いついたのは、出資させていただいている任意組合の総会後懇親会の席での会話でした。詳細はこちらをご覧ください。


本日のテーマである REITとは不動産投資信託のことで、投資法人が投資家から資金を集めてオフィスビルや商業施設などを購入して運用します。


このため、通常の株式とは少し趣が異なります。 株式は、会社というある意味実体のないモノが原資ですが、REITでは実物資産である不動産が原資となっているのです。


REITは実物不動産と株式の中間のような存在です。イメージで言うと、動物と植物のあいのこであるミドリムシや、卵を産む哺乳類カモノハシのような存在でしょうか(笑) 。


REITの特徴はいくつかありますが、私が REIT に好んで投資する理由のひとつとして、REIT は実物不動産が原資であるため、価値がゼロになることはないことが挙げられます。


確かに過去にはニューシティーレジデンス(NCR)というREITが破綻したことがありました。しかし、現在では法制度が整備されて、理論上は REITの倒産はありえない状態です。


また不動産が原資なので、収益は非常に安定しています。このように破綻確率がほぼゼロで収益が安定しているというメリットがあるため、私は REITを好んでいるのです。


一方、このような特徴のある REITは、GAFAに代表されるいわゆる成長株のような劇的な資産価値向上を見込めません。


REIT 価格に影響を及ぼすのは不動産市況ですが、成長株のように不動産市場がどんどん成長することは考えられないです。このため、REITの価格変動は比較的緩やかです。


このような特徴を考えると、REIT への投資は購入するタイミングが全てです。通常の金融資産投資ではその企業の収益性や将来性を吟味する必要があり複雑なステップが必要です。


しかし REITに関しては資産査定はあまり必要ではなく、注意して見るべき指標もさほど多くありません。投資対象がシンプルなので、素人投資家にとって有利であると言えます




2008年11月~2009年3月における私の小経験


では、実際に REIT投資で大きな利益を得ることはできるのでしょうか? 私は 2008年11月~2009年3月に、約3000万円の資金を暴落し続ける REIT市場に投入しました。


そして 10年後の現在、分配金のみで投資資金の全てを回収しました。当時購入した REITはすべて保有しているため、タダで時価評価1億を超える REITをゲットしたことになります。


これは私にだけ偶然おこった幸運だったのでしょうか? このお話を任意組合の管理者にしたところ、私以外にも同様の投資をおこなった人は居たそうです。


ある人は退職金3000万円全額を REITにぶちこんで私と同じ成果を得たそうです。このような事例を見聞きすると、REITの投資法を体系化できるのではないか?と思いつきました。


私の個人的な経験に他の人の経験も併せて、金融資産投資のプロである任意組合の管理者がまとめたものが今回のセミナー内容です。主に5つの投資戦略を挙げています。


2008年当時と比較して、REIT-ETFという素晴らしい器も登場したので、より洗練された投資戦略が提示されています。


当時の私は自分の経験と勘にしたがって孤独な戦いを強いられましたが、今回のセミナーで REIT投資手法はある程度体系化されたと言えます。


現在の REITは、史上最高値に近いレベルの価格に上昇しているので今回のセミナーでお話したメインの手法を使える状況ではありません。


しかし、歴史は繰り返します。2008年当時のような危機が発生・深化したときに、今回のセミナー内容が生きてくるのではないかと思っています。






★★ REITで実践する不動産投資セミナー ★★
 


現物不動産投資はハードルが高いと思っている先生方のために「REITで実践する不動産投資セミナー」をお届けします。 不動産投資で成功する要点は下記の4つです。

  • 適切な投資タイミング
  • 適切な投資対象
  • 銀行融資のテクニック
  • 物件運用


今回のセミナーでは、金融商品である REITを用いて上記4点すべてをクリアすることを目的とした他では聴けない知識をお届けします。


  • セミナー動画(86分)
  • スライド形式のレジメ(72ページ)



スライド形式のレジメをベースにしたプロ投資家による講義で、30日間の返品保証付きです。現物不動産投資はコワイけど、不動産投資の恩恵にあやかりたい方におススメです。 




REITで実践する不動産投資セミナー




  • 医師以外の方のご購入はご遠慮ください
  • オンラインサロンメンバーは5000円で視聴いただけます。サロン内から私にメッセください

金融資産投資は物件購入に通じる?!

このエントリーをはてなブックマークに追加

私は資産形成を行う上で、金融資産投資・不動産投資・ビジネスの三つの手法を通じて実践しています。この中でも一番最初に取り組み始めたのは金融資産投資です。


金融資産投資は始める際のハードルが低く、比較的誰でも気軽に始められることがポイントです。2001年に金融資産投資を開始した当初は、確固たる投資戦略はありませんでした。


いろいろな本を読んで投資戦略をつまみ食いしながら試行錯誤していました。しかし本を読んで仕入れた知識も実際にはあまり役に立つことはありませんでした。


理論と現実には大きなギャップがあったのです。ビギナーズラックで200万円ほど利益をあげたものの、その後は鳴かず飛ばずでくすぶっていました。


しかし、2002~2003年、2008~2009年、2012年といった大きなイベントが発生した時に超長期逆張り投資を敢行することで、それなりに満足のいく成績をあげるようになりました。


現時点では特に金融資産投資について何かを行っているわけではないのですが、いつも虎視眈々と市場にチャンスの窓が開くのを待ち構えています。


このようなどっしりとした投資戦略を遂行できている理由は、私の金融資産投資に対する考え方が少し変わっていることが挙げられると思います。


一般的に、ほとんどの金融資産投資家はキャピタルゲイン目的です。しかし私はインカムゲインが目的なのです。もちろん、配当金やスワップポイント目的の投資家群は存在します。


しかし私の考え方は彼らと少し異なります。どういうことかと言うと、私の場合はインカムゲインを不動産で言うところの賃料に見立てているからです。


つまり、金融資産を購入するというよりも、むしろ小さな不動産を購入する、もしくは ATM を購入するという感覚なのです。


おそらく、私ほど徹底的に金融資産を購入すると言う感覚を意識の中からなくしている投資家はごく少数派なのではないでしょうか。


もちろん、株式投資の場合には銘柄の分析を行いますが、これは不動産の物件スペックを調査するのと同じ感覚です。


このように、割安になったインカムゲインを生み出すマシーンを買い集めるというのが私の金融資産投資戦略の概念です。


そしてこのことは、市場暴落の極期が過ぎ去ると大きなキャピタルゲインを得ることにもつながります。インカムゲインに見合うだけの価値を市場が再評価するからです。


投資対象を不動産にみたたてて購入していると、株価が上昇したからと言って利確してキャピタルゲインを得ようという感覚が希薄になります。


せっかく割安に仕入れた「物件」を売ってしまうと、「永久に」甘い汁を吸い続けようと思っている ATMが無くなってしまうからです。


市場では「利食い千人力」といく格言があります。キャピタルゲインを目的にしている場合には真実だと思います。


しかし、私のようにインカムゲインを極限まで追求している者にとっては、この格言は当てはまらないと感じています。







★★  医師のための金融資産形成術  ★★


資産家および医師を対象として、2015年10月に開催した本ブログ管理人による 「金融資産形成術セミナー」 の動画、および講演で使用したスライドです。



NY夜景

      



勤務医・開業医の種類に関わらず、医師が資産形成する際には下記の3つを組み合わせることで効率良く資産形成することができます。


1. 医師免許をベースにした人的資産からのキャッシュフロー
2. 不動産からのキャッシュフロー
3. 金融資産投資の技術


①②で得られる安定したキャッシュフローを元手にして、③の金融資産投資技術を用いて資産形成するのです。しかし、多忙な医師が金融資産投資で結果を出すのは難しいのが現実です。


一方、金融資産投資は買値で投資収益性が決まります。 ”多忙な医師がいかにして金融資産を安く買うか?” という命題を解決するため、私は超長期逆張り投資戦略を選択しています。 


今回の「金融資産投資術セミナー」は、資産形成マニュアルで提示した資産形成手法における金融資産投資の各論です。築古木造戸建投資は「守」、金融資産投資は「攻」という位置づけです。


築古木造戸建投資の「守」 と 金融資産投資の「攻」の組み合わせが、安定的な所得のある医師の資産形成における有力な選択肢のひとつと考えています。



アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

医療研究を身近な存在とし、医療の未来を作る


管理人の著書

161228 【書影】医師の経済的自由
管理人によるケアネット連載コラム
log_carenet

医師のためのお金の話

管理人による m3.com 連載コラム
管理人も参加しているオンラインサロン
勤務医のための資産形成マニュアル
築古木造戸建投資マニュアル

医師のための築古木造戸建投資マニュアル 1
REITで実践する不動産投資セミナー
190122
医師のための 金融資産形成術


配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール

自由気ままな整形外科医

・医学博士
・日本整形外科学会専門医
・日本リウマチ学会専門医
・不動産投資家
・超長期金融資産投資家
・ビジネスオーナー
・宅地建物取引主任士

QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。