整形外科医のブログ

中堅の整形外科医が、日々の気付きを書き記します。投資の成功で働く必要が無くなりましたが、社会貢献のため医師を続けています。

金融資産投資(国内)

無形資産株ではタダ株戦略の検討を!

このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、オンラインサロン内で株式投資の銘柄別の投資方針について、興味深いやりとりがあったのでご紹介します。


私はストック型銘柄を買い下がって「追い込む」戦略を得意としています。ストック型銘柄を選好する理由は、破綻可能性が極めて低いからです。


しかし、ストック型銘柄が破綻する可能性が低い理由は、定期的キャッシュフローが見込めると言った漠然としたものでした。しかし、下記書籍を拝読してその理由が分かりました。







そこそこ分厚い書籍ですが、要約すると知識が資本となる無形資産の特徴は、①スケーラビリティ、②サンクコスト、③スピルオーバー、④シナジーであることに尽きます。


無形資産と対極を成す有形資産は、無形資産の4つの特徴を持ち合わせていません。ストック型銘柄は有形資産をベースにする銘柄群です。


有形資産をベースにするストック型銘柄が破綻しにくい理由は、②サンクコストが低いことに関係があります。サンクコストとは埋没した費用、つまり回収不能の費用を指します。


不動産やインフラなどの物理的なモノがベースの企業では、仮に破綻してもそれらのモノを売却することで投資資金を回収できる可能性が高いです。


REIT、石油メジャー、産金株なども有形資産をベースにしています。これらは時価で売却可能なので、サンクコストは極小化されます。


つまり倒産しても回収できるので、株主リスクは極めて低いです。このため、暴落下でも勇気をもって買い下がったり、超長期保有が可能となります。


一方、オンライン診療で話題のメドレーや米国の ZOOMはいわゆる無形資産をベースにした銘柄なので、一旦業績が下降しだすとサンクコストが膨大になります。


具体的に言うと、株価ゼロに向けて一直線です。確率的に言って、これらの銘柄が10年後に生存している可能性は極めて低いです。


未来を見通す水晶玉が無い前提では、堅実に利益を出すためには少なくとも投下資金を回収しておく必要があります。そのための手段のひとつがタダ株戦略となります。


今回の株式市場で開いたチャンスをつかんだ人で出口戦略で思い悩んでいる人も多いと思います。自分が勝負した銘柄が有形・無形のどちらかを確認してみても良いかもしれません。






★★ REITで実践する不動産投資セミナー ★★
 


現物不動産投資はハードルが高いと思っている先生方のために「REITで実践する不動産投資セミナー」をお届けします。 不動産投資で成功する要点は下記の4つです。

  • 適切な投資タイミング
  • 適切な投資対象
  • 銀行融資のテクニック
  • 物件運用


今回のセミナーでは、金融商品である REITを用いて上記4点すべてをクリアすることを目的とした他では聴けない知識をお届けします。


  • セミナー動画(86分)
  • スライド形式のレジメ(72ページ)



スライド形式のレジメをベースにしたプロ投資家による講義で、30日間の返品保証付きです。現物不動産投資はコワイけど、不動産投資の恩恵にあやかりたい方におススメです。


尚、医師以外の方のご購入はご遠慮ください。



REITで実践する不動産投資セミナー




コロナショックで証券口座開設急増

このエントリーをはてなブックマークに追加

素晴らしい内容のニュースだと思いました。
4月のNISA開設2.8倍 ネット証券5社、株安で若者流入



インターネット証券大手で少額投資非課税制度(NISA)口座の開設が急増している。4月に大手5社で約11万件と、前年同月の2.8倍になった。新型コロナウイルスまん延による経済の停滞で3月に株式市場が急落。安値を資産形成の好機とみた若い世代の個人投資家が流入している。



楽天証券などでは3月に新規口座開設数が過去最高を更新したそうです。ちょうど、コロナショックが直近の大底をうった3月23日に重なります。


マスコミやネットでの識者の論評は「素人が多い」「若者が多い」「株価が安くなったから安易に参入するのは注意が必要」といったものが目立ちます。やや否定的ですね(笑)。


しかし、私は「株価が安くなった → 証券口座開設」は純粋に好ましい反応だと思います。もし証券口座開設が3月~4月中旬ぐらいまで間に合っていれば絶好のスタートです。


まさに、これこそ「ビギナーズラック」でしょう。そして、そのビギナーズラックを手繰り寄せたのは、安いモノを買うという正常な感覚だと思います。


実際、私自身も 3月に数名の親しい知人に証券口座開設を勧めました。暴落時ほど初心者が参入するのに勝率が高い時期はありません。


投資あるあるは、高騰しているニュースを聞きつけて参入するパターンです。1980年台後半の株式ブームから、2000年台前半のFX、2017年の仮想通貨まで枚挙に暇がありません。


それらはことごとくバブルが崩壊して死屍累々です。欲を出した素人の資金が蒸発するのは世の常だと思っていました。注目を集める投資対象を買うのは自殺行為だと思います。


その点、今回のコロナショックで参戦した人は基本的な投資に対する考え方が好ましいです。まぁ、私のポジショントークかもしれませんが(笑)。


今回のニュースをみて、日本人も捨てたものじゃないなと思いました。昔と比べると投資リテラシーが上がってきたのかもしれません。







★★ REITで実践する不動産投資セミナー ★★
 


現物不動産投資はハードルが高いと思っている先生方のために「REITで実践する不動産投資セミナー」をお届けします。 不動産投資で成功する要点は下記の4つです。

  • 適切な投資タイミング
  • 適切な投資対象
  • 銀行融資のテクニック
  • 物件運用


今回のセミナーでは、金融商品である REITを用いて上記4点すべてをクリアすることを目的とした他では聴けない知識をお届けします。


  • セミナー動画(86分)
  • スライド形式のレジメ(72ページ)



スライド形式のレジメをベースにしたプロ投資家による講義で、30日間の返品保証付きです。現物不動産投資はコワイけど、不動産投資の恩恵にあやかりたい方におススメです。


尚、医師以外の方のご購入はご遠慮ください。



REITで実践する不動産投資セミナー




インビにクソREITの真骨頂を見た!

このエントリーをはてなブックマークに追加

世界中の株式市場のラリーが続いていますが、J-REITから驚くべきニュースが飛び込んできました。インヴィンシブル、分配金98%減 ホテル需要減で です。


日本最大級のホテル型 REITであるインヴィンシブル投資法人の分配金が 98%減という衝撃的ニュースです。


REITの仕組を考えると大規模災害以外ではありえない状況です。いったい何がおこったのでしょうか?日経新聞によると下記が原因となっているそうです。


  • 新型コロナの影響で宿泊客が激減したため、3~6月分の固定賃料を免除
  • 本来テナントが負担するべき建物の管理費を、同REITが支援する


物件オーナー(REIT)がここまでテナント(ホテル運営会社の
マイステイズ)に譲歩する理由は、インヴィンシブルもマイステイズも、米投資ファンドの傘下だからです。


米投資ファンドのフォートレス・インベストメント・グループは、この2社を活用して日本でホテル投資を拡大してきました。


訪日外国人が急増した2013年ごろからホテルを次々に買収して運営をマイステイズ
に変更しました。稼働が安定すると物件をインヴィンシブルに売却して投資資金を回収します。


訪日外国人から効率的に資金を吸い上げる「箱」としての役割を、
インヴィンシブルとマイステイズが担っていたのです。


そして、今回はその「箱」が壊れそうになったので、破綻回避の費用を投資家に転嫁したことになります。本来なら米投資ファンドがマイステイズに資金投入するべきでしょう。


ステークホルダー無視の見事なまでの「クソぶり」を発揮したわけですが、同様の仕組は程度の差こそあれ、他のREITも抱えています。


ただし日本企業がコレをやると、評判が地に落ちてしまい今後のビジネスに多大な負の影響を与えます。このため、日本企業がスポンサーのREITが実行することは考えにくいです。


しかし、海外の企業やファンドにとって日本国内での評判など知ったことではありません。いや~海外の投資ファンド恐るべしですね...。


こういう輩系のスポンサーかどうかの判断が難しいため、私が投資する J-REITのスポンサーは下記基準を遵守しています。


  • 財閥系不動産会社
  • 鉄道会社
  • 総合商社
  • 金融機関(メガバンク、大手証券会社)
  • 大手デベロッパー(積水、大和ハウス)


もちろん、投機的意味合いで上記以外の J-REITにも投資していますが、あくまでもサブであり本気銘柄ではありません。


今回のインヴィンシブル騒動で思い出したのは、2008年11月にモリモトというスポンサーが破綻したビ・ライフ投資法人です。


破綻の危機に瀕したモリモトは、民事再生を申請する間際に大和ハウスにスポンサーの継承を打診し、これを受けた大和ハウスは、休日に緊急役員会を招集して継承を決断しました。


この離れ業のおかげでビ・ライフ投資法人は破綻危機を回避して、大和ハウスに引き取られました。今では大和ハウスリートとしてピカピカの REITに変身しています。


ビ・ライフ投資法人の例のように、やはり地盤が国内の企業がスポンサーの方が無茶なことをしない安心感があります。外資系スポンサーはちょっとアレな感じですね...。


蛇足ですが、インヴィンシブルはもともと東京グロースリートというクソREITでした。当時同じぐらいクソだったREITに、日本賃貸住宅投資法人(日賃)があります。


日賃は、2015年にスポンサーが外資から大和證券グループになりました。J-REITのプレーヤーの中で大和證券は微妙ですが、外資投資ファンドよりはマシだと思います。


ビ・ライフや日賃のように生まれがクソでも、スポンサー変更によって更生される REITもあります。このような銘柄はお宝になるのですが事前予想は困難です。


現状では、2013年以降の好景気で新たなクソREITが乱立しています。淘汰の波が来ることが予想されますが、どのREITがピカピカに生まれ変わるのか興味深いですね。






★★ REITで実践する不動産投資セミナー ★★
 


現物不動産投資はハードルが高いと思っている先生方のために「REITで実践する不動産投資セミナー」をお届けします。 不動産投資で成功する要点は下記の4つです。

  • 適切な投資タイミング
  • 適切な投資対象
  • 銀行融資のテクニック
  • 物件運用


今回のセミナーでは、金融商品である REITを用いて上記4点すべてをクリアすることを目的とした他では聴けない知識をお届けします。


  • セミナー動画(86分)
  • スライド形式のレジメ(72ページ)



スライド形式のレジメをベースにしたプロ投資家による講義で、30日間の返品保証付きです。現物不動産投資はコワイけど、不動産投資の恩恵にあやかりたい方におススメです。


尚、医師以外の方のご購入はご遠慮ください。



REITで実践する不動産投資セミナー




天災と人災の違いが乖離の原因か?

このエントリーをはてなブックマークに追加

株式市場ではもみ合いが続いています。
超弩級の金融緩和が世界中で実行されつつあり、人為的な景気浮上政策が採られています。


投資の世界では「FEDには逆らうな」という相場格言があります。ウォール街の相場格言なので、米国株投資を実践しているのであれば知らない人が居ないほど有名です。


FED(米国の中央銀行)が禁じ手であるヘリマネまで投入して、米国経済を支えようとしています。相場格言に従えば、米国株を買うしかない状況です。


そして、金融緩和を実施している国(日・欧・英・豪・加)でも同様の状況と言えます。歴史上はじめての超金融緩和祭りが開催されようとしている...。本当でしょうか?


実体経済は悲惨の一言です。2020年5月現在の状況では大量倒産は必至と思われます。政府はあらゆる手を尽くして恐慌入りを回避しようとしていますが、財政には限度があります。


200万円の持続化給付金、10万円の特別定額給付金、15000円/日の雇用調整助成金等、これ以上ないレベルでの政府施策のオンパレードです。


このように金融政策、財政出動の両面において、持てる力のすべてを投入している状況にもかかわらず、コロナ禍のマイナス影響が大き過ぎて実体経済はナイアガラ滝状態です。


こんな悲惨な状況で株式投資とかありえないでしょう?というのが正直な感想です。フツーの感覚の持ち主なら、すべての株式を売却してキャッシュを温存する状況です。


しかし、株式市場は3月末を底にして小康状態を保っています。そして着目するべき点はマザーズ指数です。




22 - コピー




驚くべきことにコロナショック前のレベルにまで戻しています。一般的に小型株指数は株価上昇の先行指標になります。TOPIXの 1450/1700=85%程度と対照的です。


これは明らかに超金融緩和の効果が発現していることが理由と思われます。2008年のリーマンショックの時とは、株価と実態経済の乖離度合が全く異なります。


当時は株価と実体経済はほぼ連動している印象でしたが、今回は明らかに別世界の様相となっています。やはり、その理由は超金融緩和が原因なのでしょう。


実体経済と全く連動していないように見える株価推移の原因は、天災か人災かの違いだと思います。2008年のリーマンショックは人災でしたが、今回のコロナショックは天災です。 


リーマンショックは人災だったので、大規模な金融緩和・財政出動には大きな批判が伴いました。しかし、天災である今回は違います。


極めて迅速に超弩級の金融緩和+財政出動が実行されつつあるので、リーマンショック時と比較しても株価と実体経済の乖離が出現しているのでしょう。


そう考えると、現在の状況も腑に落ちます。そこから導き出される方針は、BUY & HOLDではないでしょうか。やはり「FEDには逆らうな」は健在だと思います。


そうは言っても、現在の悲惨すぎる状況から考えると、株を買うのは馬鹿げた行為です。私は手持資金の 1/3を投入して BUY & HOLDしていますが、決してマネしないでくださいね。







★★  医師のための金融資産形成術  ★★


資産家および医師を対象として、2015年10月に開催した本ブログ管理人による 「金融資産形成術セミナー」 の動画、および講演で使用したスライドです。



NY夜景

      



勤務医・開業医の種類に関わらず、医師が資産形成する際には下記の3つを組み合わせることで効率良く資産形成することができます。


1. 医師免許をベースにした人的資産からのキャッシュフロー
2. 不動産からのキャッシュフロー
3. 金融資産投資の技術


①②で得られる安定したキャッシュフローを元手にして、③の金融資産投資技術を用いて資産形成するのです。しかし、多忙な医師が金融資産投資で結果を出すのは難しいのが現実です。


一方、金融資産投資は買値で投資収益性が決まります。 ”多忙な医師がいかにして金融資産を安く買うか?” という命題を解決するため、私は超長期逆張り投資戦略を選択しています。 


今回の「金融資産投資術セミナー」は、資産形成マニュアルで提示した資産形成手法における金融資産投資の各論です。築古木造戸建投資は「守」、金融資産投資は「攻」という位置づけです。


築古木造戸建投資の「守」 と 金融資産投資の「攻」の組み合わせが、安定的な所得のある医師の資産形成における有力な選択肢のひとつと考えています。



産金株で考える未来予想の不確実さ

このエントリーをはてなブックマークに追加

コロナショックの影響もあり金価格が高騰しています。3月下旬の金融不安の極期には下落したものの、この1ヵ月間ですさまじいラリーが続いています。



0508 - コピー



上記は産金株で世界最大手のバリック・ゴールドの超長期チャートです。金価格高騰はコロナショックで加速しましたが、それ以前から強含みで推移しています。


しかし、私が産金株に投資した 2015年には、金価格高騰など予想だにできませんでした。当時の私は下記のようなコメントを残しています。



米国の利上げを控えて金価格の長期低迷が予想されます。これからも産金各社の苦境が続くことが予想されるため、負債額の大きいバリック・ゴールドを筆頭に株価が急落しています。

少なくとも数年間は産金会社の業績が改善する気配が皆無であるため、体力を削りながら縮小均衡に持ち込むための産金会社間のサバイバルレースが始まっています。

調べれば調べるほど株価が上がる要素が見当たらないどうしようもない業界です。しかし、このお先真っ暗などん底の業界に、私はお金のニオイを感じたのです(笑)。



この予想は私のオリジナルではなく、当時の金価格および産金株に関する世間のコンセンサスでした。5年後に金価格が高騰していることを予想している人はゼロだったのです。


しかし、このようなことは稀ではありません。だいたい経済的な予想は外れると思った方がよいでしょう。「予想して投資する」というのは勝率の低い行為である可能性が高いです。


ちなみに、2015年に購入した産金株はホールドしているので、現時点で約3倍の値上がりです。他の資源株と異なり配当利回りは低いですが、「金」と思ってホールド継続予定です。


前述のように「予想して投資する」というのは勝率の低い行為であると考えていますが、今回のコロナ禍対策のヘリマネで通貨価値毀損は不可避と考えています。


通貨価値毀損の行きつく先はインフレです。その対策として、インフラ・不動産・資源・金融株にフォーカスして収集開始しています。


予想して投資しない派なのに、予想して投資しています。我ながら、ロジックが破綻して支離滅裂ですね(苦笑)。






★★  医師のための金融資産形成術  ★★


資産家および医師を対象として、2015年10月に開催した本ブログ管理人による 「金融資産形成術セミナー」 の動画、および講演で使用したスライドです。



NY夜景

      



勤務医・開業医の種類に関わらず、医師が資産形成する際には下記の3つを組み合わせることで効率良く資産形成することができます。


1. 医師免許をベースにした人的資産からのキャッシュフロー
2. 不動産からのキャッシュフロー
3. 金融資産投資の技術


①②で得られる安定したキャッシュフローを元手にして、③の金融資産投資技術を用いて資産形成するのです。しかし、多忙な医師が金融資産投資で結果を出すのは難しいのが現実です。


一方、金融資産投資は買値で投資収益性が決まります。 ”多忙な医師がいかにして金融資産を安く買うか?” という命題を解決するため、私は超長期逆張り投資戦略を選択しています。 


今回の「金融資産投資術セミナー」は、資産形成マニュアルで提示した資産形成手法における金融資産投資の各論です。築古木造戸建投資は「守」、金融資産投資は「攻」という位置づけです。


築古木造戸建投資の「守」 と 金融資産投資の「攻」の組み合わせが、安定的な所得のある医師の資産形成における有力な選択肢のひとつと考えています。



アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

医療研究を身近な存在とし、医療の未来を作る


管理人の著書

161228 【書影】医師の経済的自由
管理人によるケアネット連載コラム
log_carenet

医師のためのお金の話

管理人による m3.com 連載コラム
管理人も参加しているオンラインサロン
勤務医のための資産形成マニュアル
築古木造戸建投資マニュアル

医師のための築古木造戸建投資マニュアル 1
REITで実践する不動産投資セミナー
190122
医師のための 金融資産形成術


配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール

自由気ままな整形外科医

・医学博士
・日本整形外科学会専門医
・日本リウマチ学会専門医
・不動産投資家
・超長期金融資産投資家
・ビジネスオーナー
・宅地建物取引主任士

QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。