整形外科医のブログ

中堅の整形外科医が、日々の気付きを書き記します。投資の成功で働く必要が無くなりましたが、社会貢献のため医師を続けています。

金融資産投資(国内)

吉野家(9861)のタダ株をゲットした件

このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、吉野家でお昼をいただきました。私は牛丼フリークで、特に吉牛が大好きです。BSE騒動で中断していた吉牛が再開したときには朝イチで列に並んだほどです(笑)。


そんな吉牛大好き人間なので、当然のごとく吉野家ホールディングス(9861)を保有しています。2001年頃に1797円で100株購入したのが最初です。


その後、買い増して現在は 800株1540円を所有しています。吉野家は律儀な会社で、2001年の購入から19年間も、毎年配当4000円、株主優待6000円を堅持しています。


吉牛を食べながら、もう19年間も所有しているんだなと思いました。その間に配当が4000円×19年=76000円、株主優待は6000円×19年=114000円で、合計19万円となります。


ということは、2001年に購入した100株はすでに配当と株主優待だけで投下資金を全額回収したことになります! むむっ、これはいわゆるタダ株」ではないのか...。


タダ株とは、文字通りタダに手に入れた株式のことです。贈与などを除いて自力でタダ株を獲得するには、おおむね下記の2つの方法があります。


  1. 株価が2倍に上昇したときに半分だけ売却して残りをホールドする
  2. 配当や株主優待のみで投下資金を全額回収する


上記の①は、利食い千人力という相場格言があるように、金融資産投資で超長期に渡って勝ち残る人は、確実に利益を積み上げていく投資戦略を採ることが多いです。


タダ株はこの戦略の応用編で、投下資金を回収することで負ける可能性をゼロにしてから青天井の利益を目指すコール・オプションの買いにも似た戦略です。


2013年以降の上昇相場では、株価が2倍程度に上昇することを頻回にみかけますので、実行している方も多いのではないかと推察します。


一方、上記の②は、配当+株主優待利回りが高い+超長期で所有+安値で購入という条件を全て満たさないとなかなか実現できません。


このため、②の方法でタダ株をゲットする人は比較的珍しいと思いますが、気付けば私はその珍しい人のひとりになっていました。


これも全て、経営者が吉野家HDをしっかり運営してくれていた+吉牛が大好きで株式を所有し続けてきた+安値を更新する毎に買い下がったことが勝因です。


実は、J-REITも②の方法でタダ株をゲットしました。ただし、吉野家HDと異なり、文字通り「人生を賭けた大勝負」で精神的にボロボロになって勝ち取ったものです。


J-REITに比べて吉野家は牛丼を食べるためなのでノーストレスです。私は株主優待投資に否定的ですが、超長期でタダ株をゲットする手段としてはアリかもしれないと思いました。







★★  医師のための金融資産形成術  ★★


資産家および医師を対象として、2015年10月に開催した本ブログ管理人による 「金融資産形成術セミナー」 の動画、および講演で使用したスライドです。



NY夜景

      



勤務医・開業医の種類に関わらず、医師が資産形成する際には下記の3つを組み合わせることで効率良く資産形成することができます。


1. 医師免許をベースにした人的資産からのキャッシュフロー
2. 不動産からのキャッシュフロー
3. 金融資産投資の技術


①②で得られる安定したキャッシュフローを元手にして、③の金融資産投資技術を用いて資産形成するのです。しかし、多忙な医師が金融資産投資で結果を出すのは難しいのが現実です。


一方、金融資産投資は買値で投資収益性が決まります。 ”多忙な医師がいかにして金融資産を安く買うか?” という命題を解決するため、私は超長期逆張り投資戦略を選択しています。 


今回の「金融資産投資術セミナー」は、資産形成マニュアルで提示した資産形成手法における金融資産投資の各論です。築古木造戸建投資は「守」、金融資産投資は「攻」という位置づけです。


築古木造戸建投資の「守」 と 金融資産投資の「攻」の組み合わせが、安定的な所得のある医師の資産形成における有力な選択肢のひとつと考えています。



2019年 金融資産投資の総括

このエントリーをはてなブックマークに追加

早いものでもう年の瀬です。
2019年の東京株式市場(大納会)も終了したので、今年を振り返ってみたいと思います。


日経225は1月4日の大発会で波乱の幕開けとなり 1万9241円スタートだったものの、12月17日に 2万4091円を付けてほぼ高値圏で終了しました。


2018年10月2日の 27年ぶり高値である 2万4270円には及ばないものの、大納会終値までの年間上昇率は 18.19%でした




参考:


日本株への投資は、2014.12.17にウクライナ侵攻でセリングクライマックスとなったロシア株式指数・RTS連動型上投信 (1324)を 75円で 1000株購入してから一度もありません。


その際には結局1000株しか購入できず、実際に日本株の本格投資を行ったのは、2012.7月の電力株投資まで遡ります。実質的に最近 7年間は、日本株に全く投資していません。


今年は、私のメインポートフォリオである J-REITと電力株は12月に失速したものの、年間では強含みだったので、日本株は+1876万円でした。


  • 日本株 : +1876万円
  • 外 貨 : -458万円
  • 外国株 : +1027万円
  • 任意組合: +18万円
  • 日本株式配当: 360万円(税引き後)
  • 外国株式配当: 75万円(税引き後)



全体では+2897万円でしたが、実際には金融資産投資に割いた時間はほぼゼロなので、何の感慨も湧きません。現在の株高が弾ければ無くなってしまう泡のようなものでしょう。




2019年の金融資産投資の成果を検証しましたが、やはり、ボラティリティが高くて不安定であるという印象です。金融資産投資を資産形成の中心に据えることはとてもできません。


しかし、今年はビジネスに激しく注力したので、それなりに成果が上がっています。ビジネスで積み上げたキャッシュが根雪のようにたまってきており下支えしてくれます。


私の場合、バークシャーで言うところの「フロート」のような存在が、ビジネスおよび不動産からのキャッシュフローとなっています。


来年はさらに勤務医としての給与が減少する見込みなので、いよいよ医師としての収入は10%台後半にまで落ち込みます。何で生きている人なのか分からないですね(笑)。


ビジネスに注力しているので、7年以上購入するチャンスが無くても全く苦にならなくなってきました。普通は、機会損失しているのではないかという焦燥感との戦いなのですが。


焦燥感に打ち克ってチャンスの窓が開くまで待ち続けることができれば、ほとんど金融資産投資で勝ったも同然です。この意味で他に何か集中できることがあるのはよいことです。


そうは言うものの、そろそろ 7年間の沈黙を破って、日本株にも投資したいと願っています。やはり底値で拾った金融資産は利益率も高く格別だからです。


私の感覚ではまだまだ購入できるレベルではないので、2020年は株価が大幅に下落することを期待して筆を置きたいと思います。





★★ REITで実践する不動産投資セミナー ★★
 


現物不動産投資はハードルが高いと思っている先生方のために「REITで実践する不動産投資セミナー」をお届けします。 不動産投資で成功する要点は下記の4つです。

  • 適切な投資タイミング
  • 適切な投資対象
  • 銀行融資のテクニック
  • 物件運用


今回のセミナーでは、金融商品である REITを用いて上記4点すべてをクリアすることを目的とした他では聴けない知識をお届けします。


  • セミナー動画(86分)
  • スライド形式のレジメ(72ページ)



スライド形式のレジメをベースにしたプロ投資家による講義で、30日間の返品保証付きです。現物不動産投資はコワイけど、不動産投資の恩恵にあやかりたい方におススメです。


尚、医師以外の方のご購入はご遠慮ください。



REITで実践する不動産投資セミナー




バフェット氏の好む消費者独占型企業とは

このエントリーをはてなブックマークに追加

株価が狂ったように上昇しています。ポートフォリオにおけるREITの割合が半分程度を占めているので、私自身は株価上昇の恩恵が皆無です。あ~、面白くない。


さまざまなリスクを抱えながらも上昇する株価を眺めていると、つくづく相場を予想することの難しさを痛感しています。そこで株式投資の基本をおさらいしようと思います。


株式投資にはさまざまな手法がありますが、やはり超長期での結果が出ているものを参考にするのが基本です。いわゆるエビデンスベースの投資ですね。


私の場合は超長期逆張投資家なので、ウォーレン・バフェット氏の投資手法を参考にしています。バークシャーが大きくなったのはフロートを利用した資金管理が大きな要因です。


それでも、バフェット氏の投資手法は個人投資家にとっても非常に参考になると思います。ご存じのように、バフェット氏の好む投資対象は消費者独占型企業です。


消費者独占型企業とは、参入障壁が高くなくてはならない業界で、ブランド価値の高い企業群で、具体的にはコカコーラ、クラフト・ハインツ、バンク・オブ・アメリカなどです。


バフェット氏がバークシャーを買収した1965年から2019年までの54年間の平均リターンは約20%なので、消費者独占型企業への超長期投資の威力は凄まじいと言わざるを得ません。


バフェット氏が投資している消費者独占型企業には下記の4つのパターンがあります。
  1. 長期使用や保存が難しく、ブランド力が強い:飲料、食品、日用品
  2. 常に新しい商品(ニュース)が必要とされる:新聞、メディア
  3. 日常的に利用せざるを得ない社会インフラ:金融、エネルギー、鉄道
  4. 小売りなどで地域独占力を持つ:家具



これらを俯瞰してみると、参入障壁がひとつのキーワードです。参入障壁には、規模・業種・インフラ・独占力などの要因があります。


消費者独占型企業は、これらの参入障壁を築くことで、高い収益力を確保しています。このような企業群を長期保有することで超長期で素晴らしい結果を残しています。


一方、参入障壁は永遠ではありません。時代や科学技術の変化により参入障壁が壊れてしまうことがあります。また、上記 4パターン以外の参入障壁を持つ企業群も台頭しています。


代表的なものは、ITジャイアントや資源企業です。ITジャイアントは新しい社会インフラとして登場し、独占的に膨大なデータを蓄積して高い参入障壁を築いています。


資源企業は買収などで市場の寡占化が進んだため、価格交渉力を増しています。一方、従来は高い参入障壁を有していた新聞やメディアは提供方法の独占が破れたため苦しいです。


このように、参入障壁自体は強力な武器ですが永続するものではないため、注意深い観察と銘柄入れ替えなどは適宜行う必要があると言えます。


一般的に行われている指数への投資も悪くないですが、指数の中には大量のクズ株が混じっているので、私は60点の投資法だと考えています。


それらのクズ株を回避して優良なものに特化するバフェット氏の投資手法は、株式投資の理想形のひとつだと感じています。






★★ REITで実践する不動産投資セミナー ★★
 


現物不動産投資はハードルが高いと思っている先生方のために「REITで実践する不動産投資セミナー」をお届けします。 不動産投資で成功する要点は下記の4つです。

  • 適切な投資タイミング
  • 適切な投資対象
  • 銀行融資のテクニック
  • 物件運用


今回のセミナーでは、金融商品である REITを用いて上記4点すべてをクリアすることを目的とした他では聴けない知識をお届けします。


  • セミナー動画(86分)
  • スライド形式のレジメ(72ページ)



スライド形式のレジメをベースにしたプロ投資家による講義で、30日間の返品保証付きです。現物不動産投資はコワイけど、不動産投資の恩恵にあやかりたい方におススメです。


尚、医師以外の方のご購入はご遠慮ください。



REITで実践する不動産投資セミナー




ソフトバンクグループとは何者なのか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、ソフトバンク・ビジョン・ファンド(SVF)が出資している WeWorkの IPO計画が頓挫しました。WeWorkはシェアオフィス事業のユニコーンで、SVFの中核のひとつです。


WeWorkの企業価値は当初 470億ドルと目されていましたが、現状では 100億ドルにも満たないと見做されています。そして、ソフトバンクの直接出資額は約75億ドルにのぼります。


この金額に加えて、来年に予定されている追加出資の 15億ドルや出資済みの WeWorkの海外子会社への融資 16億ドルを加えると 100億ドルに達します。


単なるシェアオフィス事業を展開する不動産会社である WeWorkをテック企業と見做して投資したツケが回ってきたのですが、SVFが投資するスタートアップは赤字企業が多いです。


スタートアップなので赤字は仕方ないという向きもありますが、Uberの低迷や今回の WeWork騒動で巨額赤字を垂れ流すスタートアップへの
投資家の視線は厳しくなっています。


このことは、SVFに対する評価が厳しくなることを意味します。日本ではソフトバンク・グループ(SBG)は通信会社に分類されていますが、実態は投資会社です。


このため、SBGに対するプロの評価は芳しくなく、低PER・PBRに甘んじていました。孫会長はことあるごとに SBGはお買い得と宣伝していますが投資対象としては厳しいです。


SBG株を購入する際には、実業ではなく投資ファンドへの投資という感覚が必要です。そして、孫会長の戦略を考えると、投資というより投機に近いことも認識するべきでしょう。


もちろん、世界中の AI企業群へ投資しているので目論見通りに大化けする可能性はあります。事実、ここまで孫会長は30年近くにわたって不可能を可能にしてきた実績があります。


孫会長が天才であることは間違いないですが、カリスマに依存する投資は少なくとも安定的なリターンや長期投資には不向きと考えています。


SBGの指標は魅力的な水準なのですが、投資を検討する場合にはこれらのことを十分に考慮した上で、慎重な対応が必要だと思います。


今回の WeWork騒動は、SVFおよび SBGの終わりの始まりである可能性があります。この難局を孫会長は無事乗り切ることができるのか?


米国大統領選を翌年に控えた現状では、SVF
および SBGに残された時間はあまり多くありません。しばらく孫会長の動向から目が離せない状況が続きます。







★★ REITで実践する不動産投資セミナー ★★
 


現物不動産投資はハードルが高いと思っている先生方のために「REITで実践する不動産投資セミナー」をお届けします。 不動産投資で成功する要点は下記の4つです。

  • 適切な投資タイミング
  • 適切な投資対象
  • 銀行融資のテクニック
  • 物件運用


今回のセミナーでは、金融商品である REITを用いて上記4点すべてをクリアすることを目的とした他では聴けない知識をお届けします。


  • セミナー動画(86分)
  • スライド形式のレジメ(72ページ)



スライド形式のレジメをベースにしたプロ投資家による講義で、30日間の返品保証付きです。現物不動産投資はコワイけど、不動産投資の恩恵にあやかりたい方におススメです。


尚、医師以外の方のご購入はご遠慮ください。



REITで実践する不動産投資セミナー




無念、電力株を購入できず...

このエントリーをはてなブックマークに追加

最近、少し悔しい思いをしました。
狙っていた株式銘柄を購入することができなかったからです。


私が狙っていたのは、北海道電力(9509)と北陸電力(9505)でした。両銘柄とも30年来最安値圏に沈んでいます。下記は北海道電力の超長期チャート(30年)です。



30年北電 - コピー



ヤバいぐらい企業価値が毀損しています。北海道経済の低迷、泊原発敷地内活断層問題、北海道・本州間連系設備再増強等の問題点が山積しています。



1年北電 - コピー



30年来最安値圏ではなく1年チャートでも8月の落ち込みが激しいです。北電は冬型の収益構造なのである程度の季節性はありますが、今年の落ち込み方は激しい...


私は2012年に電力株への集中投資を敢行しましたが、北海道電力と北陸電力だけマイナス評価になっています。このため、更なる買い増しのチャンスを窺っていました。


500円で1000株から打診買いを開始して橋頭保を確保しようと思っていましたが、直前で株価が反転してしまい購入は叶いませんでした。



30年北陸 - コピー



一方、北陸電力も似たような状況です。地盤である北陸地方の経済規模が他の電力会社と比べて脆弱であること、および志賀原発敷地内活断層問題が暗い影を投げかけています。



1年北陸 - コピー



1年チャートも悲惨です。北海道電力・北陸電力とも投資家が逃げ出している状況ですが、私は散々な状況のストック型銘柄が大好物です。


このため北陸電力は600円で1000株の買い予約していましたが、こちらも取り逃してしまいました。追いかけて買いあがるべきか悩んだのですが、止めておきました。


経験上、買いあがって成功する率は50%程度です。巷で言われるほど成功率が低いとは思いませんが、やはり自分の投資スタイルを変更するのはよくないと考えたからです。


せっかくのチャンス(?)を棒に振ったので意気消沈していますが、チャンスは今回だけではないはずです。再びチャンスの窓が開くのを気長に待とうと思います。







★★  医師のための金融資産形成術  ★★


資産家および医師を対象として、2015年10月に開催した本ブログ管理人による 「金融資産形成術セミナー」 の動画、および講演で使用したスライドです。



NY夜景

      



勤務医・開業医の種類に関わらず、医師が資産形成する際には下記の3つを組み合わせることで効率良く資産形成することができます。


1. 医師免許をベースにした人的資産からのキャッシュフロー
2. 不動産からのキャッシュフロー
3. 金融資産投資の技術


①②で得られる安定したキャッシュフローを元手にして、③の金融資産投資技術を用いて資産形成するのです。しかし、多忙な医師が金融資産投資で結果を出すのは難しいのが現実です。


一方、金融資産投資は買値で投資収益性が決まります。 ”多忙な医師がいかにして金融資産を安く買うか?” という命題を解決するため、私は超長期逆張り投資戦略を選択しています。 


今回の「金融資産投資術セミナー」は、資産形成マニュアルで提示した資産形成手法における金融資産投資の各論です。築古木造戸建投資は「守」、金融資産投資は「攻」という位置づけです。


築古木造戸建投資の「守」 と 金融資産投資の「攻」の組み合わせが、安定的な所得のある医師の資産形成における有力な選択肢のひとつと考えています。



アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

医療研究を身近な存在とし、医療の未来を作る


管理人の著書

161228 【書影】医師の経済的自由
管理人によるケアネット連載コラム
log_carenet

医師のためのお金の話

管理人による m3.com 連載コラム
管理人も参加しているオンラインサロン
勤務医のための資産形成マニュアル
築古木造戸建投資マニュアル

医師のための築古木造戸建投資マニュアル 1
REITで実践する不動産投資セミナー
190122
医師のための 金融資産形成術


配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール

自由気ままな整形外科医

・医学博士
・日本整形外科学会専門医
・日本リウマチ学会専門医
・不動産投資家
・超長期金融資産投資家
・ビジネスオーナー
・宅地建物取引主任士

QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。