整形外科医のブログ

中堅の整形外科医が、日々の気付きを書き記します。投資の成功で働く必要が無くなりましたが、社会貢献のため医師を続けています。

金融資産投資(国内)

仮想通貨に逆張り投資は禁忌!

このエントリーをはてなブックマークに追加

仮想通貨投資をしている人は、イケハヤさんのブログをみる機会が多いと思います。イケハヤ(イケダハヤト)さんは、炎上系のプロブロガーです。


昔はネットビジネス系の情報商材を販売していましたが、ここ1年ほどは仮想通貨に傾注しており、仮想通貨やブロックチェーンについての情報発信を日々行っています。


さて、そんなイケハヤさんがこのような記事をアップしました。仮想通貨大暴落中。それでもイケハヤは悲観しませんよ。 う~ん、なかなか腰が据わっています。。。




BTC - コピー




イケハヤさんの言うように、仮想通貨は軒並み暴落中です。チャート的には、綺麗なバブル崩壊パターンを描いています。


このパターンのチャートをみると、そろそろ逆張り投資家の出番ではないのか? という声が聞こえてきそうです。


確かに、タイミング的にはもう少し下がったら打診買いを始めても良いパターンかもしれません。しかし、逆張り投資家を自任する私が、仮想通貨に参入することは無いでしょう。


その理由は、仮想通貨に根源的価値を見出していないからです。逆張り投資を敢行する際には、ひとつの鉄則があります。それは「行き止まりのある」投資対象を選択することです。


行き止まりのある投資対象とは、社会に必要不可欠な存在であるため消滅する可能性が極めて低いものです。具体的には、インフラ系株式、メジャー通貨、貴金属などです。


これらの行き止まりのある投資対象のみ、逆張り投資を敢行する価値があります。これに該当しないものは、いくら前途有望そうに見えても、決して逆張り投資してはいけません。


昔、武富士という消費者金融会社がありました。消費者金融は非常に高収益で、その中でも鉄壁の財務基盤を誇る武富士は、まさしく消費者金融業界のサラブレットでした。


数字的には完璧な会社でしたが、過払い訴訟が激化する中でダラダラと株価を下げました。それを見た私は優良企業を仕込む千載一遇のチャンスと思い、逆張り投資を敢行しました。


しかし、過払い金支払いのために財務基盤の毀損が激しくなってきたため、180万円の損失を計上して損切しました。そして、損切から1年後に武富士は破綻しました。


たしかに武富士は超優良企業でしたが、インフラ系企業のように社会に必要不可欠な存在ではありません。このため「行き止まりのある」投資対象ではなかったのです。


一方、ブログ記事によると、イケハヤさんはイーサリアム(ETH)の枚数を増やしているそうです。何度か修羅場をかいくぐってきた私の目には、少々危なっかしい賭けに見えます。


もちろん、ETHが反騰する可能性はあります。しかし、もし反騰してもそれは結果論に過ぎません。投資では負ける可能性を極力減らす必要があります。


つまり、博打的要素を極小化して、勝てる可能性が高い場合だけ勝負するというスタンスが、投資で生き残っていく秘訣なのです。


投資で絶対にやってはいけないのは、投資対象の将来性を見込んで投資する行為です。何をバカな!という方も多いでしょうが、負けないためには夢を捨てる必要があります。


確かにブロックチェーン技術は将来性がありそうですが、少なくとも今の技術レベルでは、社会に普及することはないでしょう。


ましてや、仮想通貨はブロックチェーン技術を利用した存在のひとつにすぎません。ブロックチェーン技術>仮想通貨であり、ブロックチェーン技術<仮想通貨ではないのです。


このあたりを十分理解した上で、私には見えていない「行き止まり」を仮想通貨に見出しているのであれば、逆張り投資を敢行するのも面白いかもしれません。





★★  医師のための金融資産形成術  ★★


資産家および医師を対象として、2015年10月に開催した本ブログ管理人による 「金融資産形成術セミナー」 の動画、および講演で使用したスライドです。



NY夜景

      



勤務医・開業医の種類に関わらず、医師が資産形成する際には下記の3つを組み合わせることで効率良く資産形成することができます。


1. 医師免許をベースにした人的資産からのキャッシュフロー
2. 不動産からのキャッシュフロー
3. 金融資産投資の技術


①②で得られる安定したキャッシュフローを元手にして、③の金融資産投資技術を用いて資産形成するのです。しかし、多忙な医師が金融資産投資で結果を出すのは難しいのが現実です。


一方、金融資産投資は買値で投資収益性が決まります。 ”多忙な医師がいかにして金融資産を安く買うか?” という命題を解決するため、私は超長期逆張り投資戦略を選択しています。 


今回の「金融資産投資術セミナー」は、資産形成マニュアルで提示した資産形成手法における金融資産投資の各論です。築古木造戸建投資は「守」、金融資産投資は「攻」という位置づけです。


築古木造戸建投資の「守」 と 金融資産投資の「攻」の組み合わせが、安定的な所得のある医師の資産形成における有力な選択肢のひとつと考えています。



久しぶりの株価乱高下で血が騒ぐ?!

このエントリーをはてなブックマークに追加

今週は世界の株式市場が大揺れに揺れました。
事の発端は、米国の長期金利上昇です。


先週末に発表された雇用統計が強く、金利上昇が意識されました。また、連銀の一つが今年の利上げが3回あると発言したことも影響したと言われています。


米国の金利は、世界のお金の流れを決める最大の要因です。金利が上昇すれば、米国の投資家は株式や海外資産を売却して米国債に資金を移します。いわゆる、金融引き締めです。


一方、米国債の金利が低下すると、より高い利回りを求めて米国債を売却して株式や海外資産に資金を移します。 このように米国の金利情勢が、世界のお金の流れを決めるのです。


米国の長期金利上昇の影響は衝撃的でした。NYダウ平均株価は、1週間で2度も1000ドルを超える暴落に見舞われました。


日本でも、日経平均が先週末と比べて、たった2営業日で-7.2%の下落になりました。それ以上下落が進まなかったものの、株価は乱高下を繰り返しました。



VIX - コピー




上記はVIXの超長期チャートです。この30年間の中でもかなり上昇していることが分かります。世界中の投資家が、マーケットのトレンドを見極め切れていないことが分かります。


ただ、ただひとつ分かっていることは、先週までのユーフォリアが完全に打つ砕かれてしまったことです。本当にマーケットは怖いですね。


ここまでマーケットが下落すると、多少のことでは上昇が続かない傾向にあります。そして、上昇トレンドが回復する場合であっても、通常3ヵ月程度かかることが多いです。


少なくとも投資家の中では多数派の順張り投資家は、短期的には今までのように積極的に買い進める局面ではないと考えます。


一方、私のような超長期逆張り投資家にとっても、まだまだ投資を開始するには時期尚早です。実際、今週の私は完全に市場を傍観していました。


以上を総括すると、それぞれの投資スタイルによって下記のような対応になるのではないでしょうか。


  • 超長期逆張り投資家: 出番なし 
  • 中~短期逆張り投資家: リバウンド狙いの打診買いも検討か
  • 順張り投資家: 一旦売却して仕切り直し



上記は、あくまでも超長期逆張り投資家である私の個人的意見です。まだまだ私の出番は回ってこないでしょうが、意外と年末ぐらいには孤軍奮闘していそうな気もします。。。







★★  医師のための金融資産形成術  ★★


資産家および医師を対象として、2015年10月に開催した本ブログ管理人による 「金融資産形成術セミナー」 の動画、および講演で使用したスライドです。



NY夜景

      



勤務医・開業医の種類に関わらず、医師が資産形成する際には下記の3つを組み合わせることで効率良く資産形成することができます。


1. 医師免許をベースにした人的資産からのキャッシュフロー
2. 不動産からのキャッシュフロー
3. 金融資産投資の技術


①②で得られる安定したキャッシュフローを元手にして、③の金融資産投資技術を用いて資産形成するのです。しかし、多忙な医師が金融資産投資で結果を出すのは難しいのが現実です。


一方、金融資産投資は買値で投資収益性が決まります。 ”多忙な医師がいかにして金融資産を安く買うか?” という命題を解決するため、私は超長期逆張り投資戦略を選択しています。 


今回の「金融資産投資術セミナー」は、資産形成マニュアルで提示した資産形成手法における金融資産投資の各論です。築古木造戸建投資は「守」、金融資産投資は「攻」という位置づけです。


築古木造戸建投資の「守」 と 金融資産投資の「攻」の組み合わせが、安定的な所得のある医師の資産形成における有力な選択肢のひとつと考えています。



億り人が税支払いの無限地獄へ?!

このエントリーをはてなブックマークに追加

昨日、最近の投資関係の事件では最悪のニュースが飛び込んできました。
すでにご存じの方も多いと思いますが、コインチェックの不正引き出し被害です。


同社によると、2018.1.26に日本円にして580億円相当のアルトコインのXEM(ネム)が、不正に引き出されていることが判明しました。


コインチェックは後発組ながら、ユーザーフレンドリーなプラットフォームと複数のアルトコインへの投資も可能なことを武器に、急速に存在感を高めた仮想通貨取引所です。


日の出の勢いのコインチェックでしたが、580億円相当のXEM不正引き出しが事実であることが判明したので、同社の破綻は不可避と思われます。


仮想通貨の取引所の破綻としては、2014年のマウントゴックスが有名です。しかし、コインチェックが破綻すると下記理由のために、その影響は比較にならないほど大きいです。


  1.  2017年に仮想通貨が暴騰して大量の億り人が発生した
  2.  仮想通貨の売却益は雑所得
  3.  事件が2017年ではなく2018年に発生した
  4.  2018年の仮想通貨はダウントレンドである



順番に説明します。まず①ですが、1億を超える利益を上げた億り人が大量発生しました。多くの人が、2017年に集中して大きな利益をあげたことになります。


今回のケースでは、Buy & Holdで利確していないバーチャルな含み益に甘んじている人はまだ幸運です。この場合には単に資産がゼロになるだけだからです。それは何故なのか? 


答えは仮想通貨の税制にあります。②の仮想通貨の売却益は雑所得となります。4000万円以上の利益を上げると、所得税45%+住民税10%=55%もの税率になるのです。


例えば、2017年に1億円の利益をあげた人は2018年3月に約4000万円の税を支払う必要があります。この税支払いは、所有している仮想通貨を売却して現金化します。


しかし、もしコインチェックが破綻すると、資金引き出しが不能となるので税の支払いができません。今回の事件が2017年に発生したのであれば、雑損として利益と相殺できます。


しかし、③のとおり年度を越してしまっているので、2018年のコインチェック破綻の損失を、2017年の利益と相殺することはできません。


つまり、2018年現在で資産ゼロにも関わらず、4000万円もの納税義務だけが残っている最悪な状態なのです。


仮想通貨市場が上昇トレンドなら挽回可能かもしれませんが、④のとおり最高値の半分程度の価格まで下落しているのが現状です。少なくとも、B&Hでは挽回は難しそうです。


更に非情なことに、日本国内に住んでいる限り、税金滞納に対して税務署は死ぬまで追っかけてきます。仮に自己破産しても税金滞納は免除されないのです。


ここまでを要約すると、①コインチェックで利益確定して億り人になった人で ②資金をコインチェック内で保管している人は、税支払いの無限地獄に落ちる可能性があります。


残念ながら、かなりの数の人が上記に該当することが予想されます。今回の騒動から一般投資家が得た教訓は下記のごとくです。


  • 投資する際には常に退路を意識する
  • 退路とは、投資対象の流動性と預け先の破綻リスクの回避


単にアルトコインのラインナップが豊富というだけでコインチェックを推奨している人が多かったですが、投資の鉄則を全く理解していないと言わざるを得ません。



W.バフェットは、投資で勝つためには下記の2つのルールが重要であると述べています。
  • ルール1: 絶対に損をしないこと
  • ルール2: ルール1を絶対に忘れないこと。


今回の事件では、改めて上記の大切さを思い出させてくれました。


※ 2018.1.27 午前8時時点で、コインチェックの破綻が確定しているわけではありません





★★  医師のための金融資産形成術  ★★


資産家および医師を対象として、2015年10月に開催した本ブログ管理人による 「金融資産形成術セミナー」 の動画、および講演で使用したスライドです。



NY夜景

      



勤務医・開業医の種類に関わらず、医師が資産形成する際には下記の3つを組み合わせることで効率良く資産形成することができます。


1. 医師免許をベースにした人的資産からのキャッシュフロー
2. 不動産からのキャッシュフロー
3. 金融資産投資の技術


①②で得られる安定したキャッシュフローを元手にして、③の金融資産投資技術を用いて資産形成するのです。しかし、多忙な医師が金融資産投資で結果を出すのは難しいのが現実です。


一方、金融資産投資は買値で投資収益性が決まります。 ”多忙な医師がいかにして金融資産を安く買うか?” という命題を解決するため、私は超長期逆張り投資戦略を選択しています。 


今回の「金融資産投資術セミナー」は、資産形成マニュアルで提示した資産形成手法における金融資産投資の各論です。築古木造戸建投資は「守」、金融資産投資は「攻」という位置づけです。


築古木造戸建投資の「守」 と 金融資産投資の「攻」の組み合わせが、安定的な所得のある医師の資産形成における有力な選択肢のひとつと考えています。



私が仮想通貨投資を行わない理由

このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、仮想通貨投資について、下記のようなコメントをいただきました。




いつも楽しく読ませていただいております。
先生は仮想通貨投資は行わないのでしょうか?
ビットコインは落ち目ですが、リップルは今後上昇すると考えております。





私は仮想通貨投資を行っていません。しかし、興味はあるので仮想通貨のニュースや主要コインの動向は毎日チェックしています。私が仮想通貨投資を行わない理由は下記のごとくです。


  1.  原則的にインカムゲインを産む資産に投資する
  2.  流動性や多様性の高い資産に投資する
  3.  高騰中の資産には投資しない
  4.  予測して投資しない



①は、私の資産形成における鉄則のひとつです。資産価値の源泉はインカムゲインだと考えています。このため、インカムを産まない資産は購入対象になりにくいです。


もちろん、インカムを産まない資産には全く投資しないのかというとそうではありません。例えば貴金属投資は行いますが、これはあくまでヘッジ的な意味合いです。


②は、金融資産投資で重視していることのひとつです。私が小型株や投資信託(※)を購入しないのは、流動性を重視しているからです。売りたい時に売れないのは致命的です。



※ 投資信託は相対取引なので、パリバショックのようなことが起こりえます



仮想通貨は高騰中のため十分な流動性がありますが、資金の出所が日本や韓国に集中しています。このようないびつな流動性は、大きなリスク因子だと考えています。


③は、私の投資哲学です。不動産投資においては、築古木造戸建のように税制を絡めることで市況に関係なく投資できるモノもありますが、金融資産おいては超長期逆張り投資です。


④も私の投資哲学で、「自分の予想は外れる」「自分はバカである」ことを常に意識しています。私は事実に基づいて(つまり現在までの値動きと現在価格)しか投資を行いません。


私は臆病で慎重なので、勝率が極めて高い条件がそろわない限り、大事な自己資金を投資することはありません。


ただし、ビジネスにおいてはこのかぎりではありません。特にスタートアップを立ち上げる際には、「伸び盛りの市場」を「予想」して投資します。


スタートアップは、帰納法ではなく演繹法を行動の規範としています。この点は金融資産投資とは全く真逆ですね。


少し話が脱線しましたが、私が(現時点では)仮想通貨投資を行わない理由を説明させていただきました。少しでもご参考になれば幸いです。






★★ 管理人監修の資産形成マニュアル ★★
 


管理人監修の「勤務医の、勤務医による、勤務医のための資産形成マニュアル」です。高度な医療技術で社会貢献するためには経済的安定が不可欠! という信念のもと、管理人は多くのメンターから指導を受けました。

その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。既に資産運用をしている方でも、勤務医のアドバンテージを生かした新しい考え方が見つかるかもしれません。

PDF版の販売で、30日間の返品保証付きです。当直1回分にも満たない価格なので、本マニュアルの手法を実践すれば、あっという間に元が取れると思います。 尚、医師以外の方のご購入はご遠慮ください。



情報教材表紙




2017年 金融資産投資の総括

このエントリーをはてなブックマークに追加

一昨日、2017年最後の東京株式市場(大納会)が終了しました。1年を通じて強気な相場展開でした。下がっては上げる相場展開で、日経225は2万円台を固めました。


終わってみれば日経225は+19%で、6年連続の上昇でした。 まったく強い相場です。こんなに力強いと、超長期逆張り投資家の私が参戦できる隙は全くありませんでした。



参考:




日本株への投資は、2014.12.17にウクライナ侵攻でセリングクライマックスとなったロシア株式指数・RTS連動型上投信 (1324)を75円で1000株購入してから一度もありません。


その際には結局1000株しか購入できず、実際に日本株の本格投資を行ったのは、2012.7月の電力株投資まで遡ります。実質的に最近5年間は、日本株に全く投資していません。


今年は世界的な株高でしたが、私のメインポートフォリオであるJ-REIT・電力株が弱含みだったので、日本株は-332万円でした。それでも全体としては、約700万円の含み益増加です。


  • 日本株 : -332万円
  • 外 貨 : +320万円
  • 外国株 : +319万円
  • 任意組合: +406万円
  • 株式配当:  315万円(税引き後)



株式配当(分配金)まで含めると、上昇相場のおかげで+1000万円になりました。全く投資活動していない割にはまずまずの数字です。


単なる株式相場の上昇の成果に過ぎないので何の感慨も湧きませんが、任意組合の成績の良さは純粋に嬉しかったです。1口あたり126万円 → 207万円と64%も上昇しています。


この投資は金融資産への投資ではなくファンドマネージャー個人の能力に対する投資と位置付けていたからです。週1度レポートが送られてくるのですが、非常に役に立ちます。


このレポートを一読することで、この方の相場感と自分の相場感との差異を検証しています。より深く株式市場に接している方の相場観なので、非常に貴重なレポートです。




2017年の金融資産投資の成果を検証しましたが、やはり、ボラティリティが高くて不安定であるという印象です。金融資産投資を資産形成の中心に据えることはとてもできません。


しかし、超長期逆張り投資を敢行して底値で拾った銘柄がメインの場合には、相当程度の暴落があっても含み損を抱えることはありません。


唯一の問題点は、私のように5年以上購入するチャンスが無くても平然としていられるか否かです。普通は、機会損失しているのではないかという焦燥感との戦いとなります。


この焦燥感に打ち克ってチャンスの窓が開くまで待ち続けることができるのであれば、ほとんど金融資産投資で勝ったも同然です。


iDeCoやNISAでのVTのドルコスト平均法での投資は堅くて負けない投資戦略ですが、所詮60点ぐらいの投資方法です。


大きく勝てないけど負けにくいというのがウリですが、資本主義に対する「賭け」なので、世界経済の成長が止まった場合には、全員が負けるリスクもあります。


考えだしたらキリが無く、何が正解分かりませんね(笑)。やはり不動産投資と比べても、金融資産投資でコンスタントに勝つことは難しいです。


いずれにせよ、ますます混迷を深める東アジアおよび日本社会の中で、何とか生き残っていきたいと思っています。来年も宜しくお願いいたします!





★★  医師のための金融資産形成術  ★★


資産家および医師を対象として、2015年10月に開催した本ブログ管理人による 「金融資産形成術セミナー」 の動画、および講演で使用したスライドです。



NY夜景

      



勤務医・開業医の種類に関わらず、医師が資産形成する際には下記の3つを組み合わせることで効率良く資産形成することができます。


1. 医師免許をベースにした人的資産からのキャッシュフロー
2. 不動産からのキャッシュフロー
3. 金融資産投資の技術


①②で得られる安定したキャッシュフローを元手にして、③の金融資産投資技術を用いて資産形成するのです。しかし、多忙な医師が金融資産投資で結果を出すのは難しいのが現実です。


一方、金融資産投資は買値で投資収益性が決まります。 ”多忙な医師がいかにして金融資産を安く買うか?” という命題を解決するため、私は超長期逆張り投資戦略を選択しています。 


今回の「金融資産投資術セミナー」は、資産形成マニュアルで提示した資産形成手法における金融資産投資の各論です。築古木造戸建投資は「守」、金融資産投資は「攻」という位置づけです。


築古木造戸建投資の「守」 と 金融資産投資の「攻」の組み合わせが、安定的な所得のある医師の資産形成における有力な選択肢のひとつと考えています。



アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

管理人の著書

161228 【書影】医師の経済的自由
管理人によるケアネット連載コラム
log_carenet

医師のためのお金の話

管理人による m3.com 連載コラム
管理人も参加しているオンラインサロン
勤務医のための資産形成マニュアル
築古木造戸建投資マニュアル

医師のための築古木造戸建投資マニュアル 1
医師のための 金融資産形成術
医師のための金融資産形成術

タダで自宅を手に入よう!

医師のための収益マイホーム購入マニュアル


配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール

自由気ままな整形外科医


・医学博士
・日本整形外科学会専門医
・日本リウマチ学会専門医
・不動産投資家
・超長期金融資産投資家
・ビジネスオーナー
・宅地建物取引主任士

QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。