整形外科医のブログ

中堅の整形外科医が、日々の気付きを書き記します。投資の成功で働く必要が無くなりましたが、社会貢献のため医師を続けています。

金融資産投資(国内)

iDeCoは万能選手にあらず!

このエントリーをはてなブックマークに追加

先日のiDeCo の話題の続きです。
iDeCo は節税効果が高く高額取得者の利用率が高い金融商品(?)です。


このため、医師の間では iDeCo への投資は当然のように語られています。しかし、果たして本当にそうなのでしょうか?私は、皆がやることに対してすぐに疑ってかかる性格です。


普段はあまりその手の話題には乗らないのですが、若い医師が iDeCo を語っていたので思わず噛みついてしまいました。




iDeCoの最大の欠点は60歳まで引き出せないこと


iDeCoの最大の欠点は60歳まで引き出せないことです。このことに関しては諸刃の剣なのですが、ファイナンシャルリテラシーが高ければ高いほど不利に働きます。


何故なら、ファイナンシャルリテラシーが高い人は iDeCo の節税効果を上回る運用をすることが可能だからです。しかし、現実問題として該当する人はさほど多くありません。


では一体何が問題なのか? それは、喜んで iDeCo に加入するのは若い人に多い傾向があるからです。何故若いと iDeCo が不利になるのか?


 iDeCo を語るときに「節税効果」と「複利効果」が強調されます。複利効果に関しては運用期間が長ければ長いほど有利になります。それでは若い人の方が有利ではないのか?


複利効果に関しては、もちろん若い人が有利です。しかし、それ以上に途中で引き出せないデメリットの方が大きいと思うのです。


仮に30歳の人が iDeCo に加入した場合、解約できるのは60歳なので30年後となります。これほど超長期の間、自分の資金が引き出せないのは非常に大きな機会損失となります。




誰もが高率の節税をできるわけではない


更に言うと、いくら医師であっても30歳前後では所得もさほど多くないので「節税効果」については限定的とならざるを得ません。


私は、小規模企業共済や iDeCoが真価を発揮するのは所得税率+住民税率=43%以上からだと考えています。それ以下だと節税効果よりも機会損失の方が大きいと考えています。




このように考えると、
  1. 若くて
  2. 所得の高くない人

にとって iDeCo はデメリットの方が大きいように感じます。こんなことを書くと、またまた各方面からお叱りを受けそうですね・・・


しかし、あえて私は30歳台前後の人には iDeCo をお勧めしません。30年間も自己資金が凍結されるのは極めて不利だと感じているからです。


一方、50歳前の人であれば、iDeCo は強くお勧めします。これぐらいの年代なら10年ほどで解約可能だからです。


やはり手元に現金がある状態は最高です。このあたりを十分に理解した上で、iDeCo に加入するか否かを考えるべきでしょう。






★★  医師のための金融資産形成術  ★★


資産家および医師を対象として、2015年10月に開催した本ブログ管理人による 「金融資産形成術セミナー」 の動画、および講演で使用したスライドです。



NY夜景

      



勤務医・開業医の種類に関わらず、医師が資産形成する際には下記の3つを組み合わせることで効率良く資産形成することができます。


1. 医師免許をベースにした人的資産からのキャッシュフロー
2. 不動産からのキャッシュフロー
3. 金融資産投資の技術


①②で得られる安定したキャッシュフローを元手にして、③の金融資産投資技術を用いて資産形成するのです。しかし、多忙な医師が金融資産投資で結果を出すのは難しいのが現実です。


一方、金融資産投資は買値で投資収益性が決まります。 ”多忙な医師がいかにして金融資産を安く買うか?” という命題を解決するため、私は超長期逆張り投資戦略を選択しています。 


今回の「金融資産投資術セミナー」は、資産形成マニュアルで提示した資産形成手法における金融資産投資の各論です。築古木造戸建投資は「守」、金融資産投資は「攻」という位置づけです。


築古木造戸建投資の「守」 と 金融資産投資の「攻」の組み合わせが、安定的な所得のある医師の資産形成における有力な選択肢のひとつと考えています。



電力株の復配続く!

このエントリーをはてなブックマークに追加

電力株の復配が続いています。私は2012年の電力危機の際に、フリーキャッシュフローのかなりの部分を割いて、数カ月ほど暴落する電力株に買い向かいました。


2013年10月には取得価格の2倍にまで株価が上昇しましたが、この時点では復配の兆しは全くありませんでした。


しかし、2016年から、続々と復配&増配が始まりました。 そして、昨日に2018年中間配当の通知が各電力会社から届きました。


  • 東京電力     0円 / 0%
  • 中部電力    60円 / 5.95%
  • 関西電力    50円 / 5.78%
  • 中国電力    50円 / 5.08%
  • 北陸電力    0円 / 0%
  • 東北電力    40円 / 7.39%
  • 四国電力    30円 / 2.93%
  • 九州電力    30円 / 3.74%
  • 北海道電力    5円 / 0.80%
  • 電源開発    70円 / 3.99%



上記は私が所有する電力株の2018年9月期の配当状況、および購入株価に対する配当利回りです。トータルでの配当利回りは4.04%で、年間約50万円の配当となります。


2008~2009年に買い集めたJ-REITから得ている分配金には遠く及びませんが、2012年当初の配当利回りがほぼゼロであったことを考えると、かなり復配されているという認識です。


原子力発電比率の高い北海道電力・関西電力・九州電力の3社の暴落度合いが凄まじかったので、特にこの3社の比率を高めて、私はいつもの集中投資を敢行しました。


復配速度はかなり差があり、関西電力は2011年の震災前の60円まであと一歩、九州電力はようやく半分、北海道電力はまだまだこれからといった状況です。


最終的に震災前レベルまで増配すると、各電力株の利回りは6%になる予定です。 安定的なこれらの銘柄群でこの利回りを確保できれば、なかなか美味しい話だと思います。


めったに無いことですが、ストック型銘柄が何らかの理由で暴落した際には、業界全体が消える可能性が無い限り、思い切って踏み込んでみるのもひとつの手だと思います。


そうは言っても、2012年の状況で電力株に資金を投入することは相当の覚悟と勇気が必要でした。私は何度も暴落に買い向かっていますが、いつも寿命が縮む思いです。


しかし7年の歳月を経て、かなりの果実を手にし始めています。 このような投資手法は、世間一般の投資法とは似ても似つかない手法であり、実践している人は皆無だと思います。


しかし、2013年10月6日のブログの最後に書いているように、私は2012年当時から復配後の電力株ATM化を目的に、捨て値で投げ売りされていた電力株を大量に拾い続けました。


7年前の自分の投資行為が実を結びつつあるのを見るのは、なかなか感慨深いものがあります。まぁ、普通に考えるとちょっと常軌を逸した時間感覚なのでしょうが・・・


こういった投資手法の期待値は、インデックスのドルコスト購入法では得ることのできないほど高いのですが、現実的には暴落時に資金を投入することは難しいです。


ゆるい先生もおっしゃられているように「だからこそ、少額でも鉄火場に参加することは重要なんだよ。」だと思います。






★★  医師のための金融資産形成術  ★★


資産家および医師を対象として、2015年10月に開催した本ブログ管理人による 「金融資産形成術セミナー」 の動画、および講演で使用したスライドです。



NY夜景

      



勤務医・開業医の種類に関わらず、医師が資産形成する際には下記の3つを組み合わせることで効率良く資産形成することができます。


1. 医師免許をベースにした人的資産からのキャッシュフロー
2. 不動産からのキャッシュフロー
3. 金融資産投資の技術


①②で得られる安定したキャッシュフローを元手にして、③の金融資産投資技術を用いて資産形成するのです。しかし、多忙な医師が金融資産投資で結果を出すのは難しいのが現実です。


一方、金融資産投資は買値で投資収益性が決まります。 ”多忙な医師がいかにして金融資産を安く買うか?” という命題を解決するため、私は超長期逆張り投資戦略を選択しています。 


今回の「金融資産投資術セミナー」は、資産形成マニュアルで提示した資産形成手法における金融資産投資の各論です。築古木造戸建投資は「守」、金融資産投資は「攻」という位置づけです。


築古木造戸建投資の「守」 と 金融資産投資の「攻」の組み合わせが、安定的な所得のある医師の資産形成における有力な選択肢のひとつと考えています。



REIT信用買いで実践する不動産投資セミナー

このエントリーをはてなブックマークに追加

オンラインサロン内で、クローズドのセミナーを開催することになりました。お題は「REIT信用買いで実践する不動産投資セミナー
です。


セミナーを企画したきっかけは、出資させていただいている任意組合の総会で、管理者の方から REIT を用いて擬似的に不動産投資を行うアイデアをお伺いいしたことです。


この管理者の方は金融畑を歩んできた元ファンドマネージャーなのですが、不動産投資の経験も豊富で、金融資産投資・不動産投資にも精通している稀有の人材です。


金融・不動産の両方の分野を知り尽くしている方から出たアイデアなので、私はこの発言に注目しました。なんだかとても面白そうだな!


一般的に不動産投資は敷居が高いです。金融資産投資のように軽い気持ちで始めることができません。一度物件を購入すると運営していく必要があるのでかなりの覚悟が必要です。


最近では不動産投資が大衆化したと言われていますが、それでもやはり一般人にとって不動産投資は敷居が高いものであることは変わりません。


不動産投資はさまざまなメリットがあって魅力的なのですが、難点は参入するハードルが高いことです。このハードルを突破する手法は、いろいろな人が提唱しています。


しかし高いハードルを乗り越えるのではなく、迂回することもアリではないでしょうか? 迂回路のひとつとして REIT が実物不動産投資の代用になるのではないかと考えたのです。


不動産投資では一般的に銀行融資を用いて物件を購入します。つまりレバレッジをかけて物件を買うのですが、金融資産投資においても信用買いというレバレッジを利用できます。


つまり、REIT を信用買いすることで、実物不動産を銀行融資を用いて購入するのと同じ効果が得られるのです。


しかも証券口座さえあればワンクリックで REIT を購入可能ですし、面倒な物件運営も皆無です。膨大な融資資料を揃える必要もなく簡単に信用取引を開始することができます。


このように考えると、苦労して現物不動産の投資を行うぐらいであれば、多忙な人に関しては REIT で現物不動産投資の代用を行うという選択肢もあるのではないかと思いました。


不動産投資に対する潜在的な需要は高いが、実際にはハードルが高くて実践できない世の中の大多数の人々のニーズに合致したお題ではないのか?


実際にセミナーを企画すると、予想通りに募集早々かなりの数のオンラインサロンのメンバーがセミナーにエントリーしてくれました。


おそらく、このジャンルはほぼ情報がないため、非常に貴重なセミナーになると思います。2008~2009年にかけて、信用取引ではないものの私自身も REIT を大量に購入しました。


それ以来10年間持ちっぱなしなので分配金だけで投資資金を全額回収していますが、実践者である私の目から見ても REIT 信用買いで現物不動産投資の代用は可能だと考えています。


コロンブスの卵的な発想から生まれたセミナーですが、企画者の私自身も非常に楽しみにしています。早く聴きたいな!






★★  医師のキャリア革命(オンラインサロン)  ★★


「経済的自由」を手に入れるために Facebookを利用した非公開のオンラインサロンに参加してみませんか?



gg - コピー




本サロンの目標は、参加者全員に生涯途絶えることのない "複数の収入の流れ"  を得るための " 学びの場 "  を提供することです。


資産形成マニュアルで、医師が効率よく資産形成を実践するノウハウを公開しましたが、本サロンはそのフォローアップの場と位置付けています。


それぞれの参加者たちが得た知識や体験を共有し、集合知を形成する。集合知は、サロンのメンバーが未知の航海に旅立つ際の羅針盤となる


そのような " 学びの場 "  を

  •  整形外科医のための英語ペラペラ道場
  •  整形外科医のブログ 

​ ​
がタッグを組んで運営します!!
参加希望の先生方は、こちらからお願いします




iDeCo で VT は負けないは誤り!

このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、医師仲間内で iDeCo が話題になりました。ご存知のように、 iDeCo は節税効果が高く、医師のような高額取得者には打ってつけの金融商品(?)です。


このため、投資にあまり詳しくない医師であっても、 iDeCo をやっている人が多いです。しかし、単に iDeCo を続ければ良いというわけではありません.


iDeCo に関する情報をネットで調べてみると、多くの人が VT などのインデックス投資を行っているようです。


他人の投資に対してとやかく言うつもりはないですが、VT などのインデックス商品を iDeCo でドルコスト方式で購入するのは非常に効率の悪い手法だと感じています。


一般的にはインデックス商品をドルコスト方式で購入すると「負けない」と言われています。しかし、私はこれは誤りだと思っています。


その理由は iDeCo での投資期間は永久ではなく、退職等で投資資金を回収する時期が必ず来るからです。しかも、回収時期はほぼ確定しているため、機動的な選択ができません。


仮に投資資金を回収する時期に市場全体が低迷していると、現金で持っている方がマシだったということも起こりえます。


そして残念ながら、現在のように金融市場が割高な時期に iDeCo 開始した場合には、そのようなことが発生する確率はかなり高いと予想しています。


人生は意外なほど短いです。現在40歳の人が60歳まで iDeCo でVTを購入し続けたとしても、60歳時点で現在の半分の価値しかなければ目も当てられません。


歴史的には20年間株式市場が低迷することも珍しくありません。よく引き合いに出される右肩上がりの長期チャートは、1990年以降のたった30年間のランニングでしかないのです。


このように考えると、VT を盲目的にドルコスト方式で購入することは危険であることが分かります。特に現在のように市場が高騰している時期はなおさらです。


ではどうすればよいのか?というと、自分のポジショントークなのですが iDeCo では定期預金で運用(?)することを周囲にはお勧めしています。


 iDeCo で定期預金を行うとはバカなやつだ(笑)と言われそうですが、私は大真面目で周囲の人に定期預金での運用を布教しています。


盲目的にインデックスをドルコスト方式で購入したから「負けない」などということはありえず、私はむしろ2017~2018年から始めた方の大半は負けると予想しています。


このようなことを書くと各方面からお叱りを受けそうですが、私は強く「 iDeCo は定期預金で運用しよう!」と言いたいです。


そして、金融市場がクラッシュしたときに、勇気をもって定期預金を VT 等のインデックス商品にスイッチするのです。


「日本は巨額の財政赤字を抱えているのでインフレが発生する。その時には VT などの株式投資が有用だ」という意見もありますが、インフレになればスイッチするだけです。


ある日突然インフレ率が20%になったなどということはありえず、通常は早くても半年~1年ほどかけて徐々に進行します。インフレに気付いた時点でスイッチするだけです。


20%のハイパーインフレが発生するかもしれないという意見もありますが、過去の歴史をひも解くとハイパーインフレ発生時には株式市場がクラッシュするので絶好の買い場です。


このように考えると、インフレが怖いから VT をドルコスト方式で購入しようという考え方は、いかに現実的ではないかがよく分かります。


何でもそうですが、フリーランチはあり得ません。運用から目を逸らして、盲目的にドルコスト方式で購入することは、決して褒められた行為ではないことを認識するべきでしょう。






★★  医師のための金融資産形成術  ★★


資産家および医師を対象として、2015年10月に開催した本ブログ管理人による 「金融資産形成術セミナー」 の動画、および講演で使用したスライドです。



NY夜景

      



勤務医・開業医の種類に関わらず、医師が資産形成する際には下記の3つを組み合わせることで効率良く資産形成することができます。


1. 医師免許をベースにした人的資産からのキャッシュフロー
2. 不動産からのキャッシュフロー
3. 金融資産投資の技術


①②で得られる安定したキャッシュフローを元手にして、③の金融資産投資技術を用いて資産形成するのです。しかし、多忙な医師が金融資産投資で結果を出すのは難しいのが現実です。


一方、金融資産投資は買値で投資収益性が決まります。 ”多忙な医師がいかにして金融資産を安く買うか?” という命題を解決するため、私は超長期逆張り投資戦略を選択しています。 


今回の「金融資産投資術セミナー」は、資産形成マニュアルで提示した資産形成手法における金融資産投資の各論です。築古木造戸建投資は「守」、金融資産投資は「攻」という位置づけです。


築古木造戸建投資の「守」 と 金融資産投資の「攻」の組み合わせが、安定的な所得のある医師の資産形成における有力な選択肢のひとつと考えています。



荒れた相場環境に臨む投資方針は?

このエントリーをはてなブックマークに追加

この 2週間ほど値動きの荒い相場環境が続いています。変動率はさほどではないものの、ニューヨーク市場は史上最高圏で推移しているため、値幅はすごいインパクトがあります。


私は、このような相場環境で安易に市場へ参加すると、大火傷を負ってしまう可能性が高いと考えています。


私たちのような専業投資家ではない者は、投機目的以外ではこのような値動きの荒い時期には参入しない方が良いでしょう。


1回や2回ぐらいは勝てるかもしれませんが、プロ同士の食い合いである金融市場では、しっかりした投資戦略がないとほとんどのケースで負けてしまう可能性が高いからです。


ではこのような荒れた不安定な相場ではどのような投資態度が良いのかと言うと、参入せずに傍観していることを推奨しています。


私は市場が阿鼻叫喚の時に参戦していると思われがちです。しかし、現在は単に値動きが荒くて相場が不安定なだけであって、市場が暴落して死屍累々という状態ではありません。


このため、現在は逆張り投資家にとっても参入するべき タイミングではないと判断しています。そして、おそらくどのようなタイプの投資家にとっても難しい相場環境です。


一般的に、このような変動率の激しい相場環境は、上昇相場の最終局面であることが多いです。もちろん現在の混乱が収まって、さらに相場が上昇する可能性も否定はできません。


しかし、過去の歴史を紐解くと、変動率が高くなるのは上昇相場が終わろうとしている時期であったことが多いです。


日々値動きの荒い相場を観察していると、ついつい暴落した日には買いたくなる衝動に駆られます。しかしそこで安易に買ってしまうと地獄を見るのは自分です。


現在のようなプロでも難しい相場に参入する決断をするのであれば、よほど自信のある投資戦略が無ければ無謀な行為であると思います。


暴落時の1000万円と平時(現在のような荒れた相場も含む)の1000万円では、その価値が全く異なります。


現時点での現金の価値は、資金の出し手がたくさん存在するため高くはありません。しかし、暴落時は資金の出し手が激減するため、現金の価値は急上昇します。


私は2008~2009年にかけて、月々の給与も含めて全ての現金を投入して勝負をした結果、金融資産からの配当のみで生活できるレベルの資産を買い集めることに成功しました。


今でも日経225が1000円程度暴落して買いたい衝動に駆られた時には、その時の経験を思い出すようにしています。


市場が断末魔の悲鳴を上げている時こそ現金の価値が急上昇することを胸に刻んで、買いたい衝動を抑えるのが吉ではないでしょうか。






★★  医師のための金融資産形成術  ★★


資産家および医師を対象として、2015年10月に開催した本ブログ管理人による 「金融資産形成術セミナー」 の動画、および講演で使用したスライドです。



NY夜景

      



勤務医・開業医の種類に関わらず、医師が資産形成する際には下記の3つを組み合わせることで効率良く資産形成することができます。


1. 医師免許をベースにした人的資産からのキャッシュフロー
2. 不動産からのキャッシュフロー
3. 金融資産投資の技術


①②で得られる安定したキャッシュフローを元手にして、③の金融資産投資技術を用いて資産形成するのです。しかし、多忙な医師が金融資産投資で結果を出すのは難しいのが現実です。


一方、金融資産投資は買値で投資収益性が決まります。 ”多忙な医師がいかにして金融資産を安く買うか?” という命題を解決するため、私は超長期逆張り投資戦略を選択しています。 


今回の「金融資産投資術セミナー」は、資産形成マニュアルで提示した資産形成手法における金融資産投資の各論です。築古木造戸建投資は「守」、金融資産投資は「攻」という位置づけです。


築古木造戸建投資の「守」 と 金融資産投資の「攻」の組み合わせが、安定的な所得のある医師の資産形成における有力な選択肢のひとつと考えています。



アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

管理人の著書

161228 【書影】医師の経済的自由
管理人によるケアネット連載コラム
log_carenet

医師のためのお金の話

管理人による m3.com 連載コラム
管理人も参加しているオンラインサロン
勤務医のための資産形成マニュアル
築古木造戸建投資マニュアル

医師のための築古木造戸建投資マニュアル 1
医師のための 金融資産形成術
医師のための金融資産形成術

タダで自宅を手に入よう!

医師のための収益マイホーム購入マニュアル


配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール

自由気ままな整形外科医

・医学博士
・日本整形外科学会専門医
・日本リウマチ学会専門医
・不動産投資家
・超長期金融資産投資家
・ビジネスオーナー
・宅地建物取引主任士

QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。