整形外科医のブログ

中堅の整形外科医が、日々の気付きを書き記します。投資の成功で働く必要が無くなりましたが、社会貢献のため医師を続けています。

金融資産投資(海外)

韓国は本当にアブナイのか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

韓国はアブナイ状況なのでしょうか?
日本国内では嫌韓風潮が強いため真実を掴みづらい状況が続いています。


まずお断りしておきますが、私は韓国に対して特別な感情を抱いていません。日本から見ると感情的で扱い難い国に見えますが、彼らの置かれている立場では仕方無い面があります。


まず地政学的に言って最悪の場所に位置しています。周囲を中国・ロシア・日本という大国に囲まれており、自国より弱い国が存在しません。


唯一近い存在であった北朝鮮は核保有国になったため歯牙にもかけられなくなりました。韓国が存在し得るのは、大国間の微妙なパワーバランスの賜物です。


人口動態も最悪で日本同様に少子高齢化が進んでいます。このような劣悪な環境で民族の結束を保つには、多少強がっても侵略されない日本にはけ口を求めざるを得ない状況です。


日本以上に将来の見通しが立たない国ですが、一人当たりGDPでは日本に迫っています。社会インフラや国民の教育レベルは悪くなく、嫌韓一辺倒はいかがなものかと思います。


本当に韓国が投げ売りされているのであれば、実はチャンスの窓が開いているのかもしれません。そこで現状について調べてみました。



KOSPI - コピー



まず、国の実力を知るのに最も便利な株式市場です。上記は韓国総合株価指数(KOSPI)の30年チャートです。確かに1年前より3割近く下落していますが、依然として高値圏です。


巷で言われているように韓国経済崩壊とかはありえないでしょう。ヘイトニュースに踊らされるのは禁物です。



JPY KRW - コピー



次に通貨を見てみましょう。上のチャートは韓国ウォン(KRW)は1円あたりの韓国ウォンです。日本からみると、1円で交換できるウォンが多いほど対ウォンで円高です。


こちらは1998年のアジア通貨危機や2008年のリーマンショック時には及ばないものの、かなり韓国ウォンが下落していることが分かります。


代表的な2つの指標を考えると、株価は高値圏で通貨は安値圏と言えます。では日本円で韓国を購入すると、どういうことなるのでしょうか? 



1313 - コピー



上のチャートは、東証に上場しているKOSPI200(1313)です。これをみると、まさに株式と為替の折衷案ですね(笑)。


日本から投資するのであれば、東証に上場しているETFの 1313なので、まだ韓国を買うには時期尚早のようです。実際の韓国経済の危険度は 1313を見れば一目瞭然です。


結論的には現状の韓国経済は全然アブナくありません。そして、もし本当に危なくなったら、優秀な民族であることには間違いないので、全力で韓国買いしようと思います。


そして、株式は踏み止まるものの通貨が更に下落したときには、、、韓国に旅行して贅沢三昧ですね。日韓親善の一助になるかもです(笑)。






★★ 管理人監修の資産形成マニュアル ★★
 


管理人監修の「勤務医の、勤務医による、勤務医のための資産形成マニュアル」です。高度な医療技術で社会貢献するためには経済的安定が不可欠! という信念のもと、管理人は多くのメンターから指導を受けました。

その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。既に資産運用をしている方でも、勤務医のアドバンテージを生かした新しい考え方が見つかるかもしれません。

PDF版の販売で、30日間の返品保証付きです。当直1回分にも満たない価格なので、本マニュアルの手法を実践すれば、あっという間に元が取れると思います。 尚、医師以外の方のご購入はご遠慮ください。



情報教材表紙




1ドル105円でも歴史的円安水準!

このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、東洋経済オンラインで興味深い記事を拝読しました。今が歴史的な円安水準だと知っていましたか実質実効為替レートで見てみよう です。


2019.8.12午前8時現在で105.63円/USDと対ドルでは円高が進んでいます。日本の長期的衰退を信じている投資家界隈では「久しぶりの円高到来!」とはしゃいでいる人もいます。


しかし、本当は円高ではないのかもしれません。上記記事によると経済評論家が円高や円安を語る際にはドル円の名目為替レートではなく実質実効為替レートの推移をみるそうです。



3333 - コピー
(東洋経済オンラインより転載)



実質実効為替レートとは、インフレ率とドル円だけでなく他通貨との関係も加味したレートです。実質実効為替レートは名目レートとは反対に数値が低いほど円安となります。


上記が過去40年間の実質実効為替レートの推移で、左の縦軸は円ドルレート、右の縦軸は実質実効為替レートです。実質実効為替レートは数値が低いほど円安となります。


1990~2000年にかけて実質実効レートは名目為替レートとほぼ同じ動きをしていました。しかし、プラザ合意以前と2000年代初頭にデフレが本格化してからは乖離しています。


プラザ合意以前は円ドルに比べて実質実効レートは円高、逆にデフレ経済が本格化して以降はどんどん円安に向かっています。普段私たちが目にする風景と全く違いますね。


現状では、1980年代前半よりも円安になっていることが分かります。過去40年で最も円安水準なのです。このチャートをみると、現在の訪日観光客激増の状況が腑に落ちます。


円ドルばかりみていると円高なのですが、ここまで日本が「爆買い」されている状況が説明つきません。やはり、ドル以外の国からみると、確実に円安が進行しているようです。


このような為替に対する誤解が生じる原因は、米国ドルの長期的な減価スピードが円よりも速いことが挙げられます。すごいスピードで米国ドルが減価しているのです。


このチャートをみていると、米国ドルベースで資産を持つことへの疑問を感じます。株価や不動産はドルベースでは上昇していますが、それはドル減価の裏返しかもしれないのです。


日本円が本当の意味で円高だった1995年に海外旅行しましたが、たしかに当時の日本円の使い勝手は非常に良かった記憶があります。今とは全く異なる感覚です。


今回の記事から、
  1. 現在の肌感覚(円安)は正しい
  2. 少なくとも米国ドルを超長期で所有するのは得策ではない
ということを感じました。う~ん、勉強になりました!






★★ 管理人監修の資産形成マニュアル ★★
 


管理人監修の「勤務医の、勤務医による、勤務医のための資産形成マニュアル」です。高度な医療技術で社会貢献するためには経済的安定が不可欠! という信念のもと、管理人は多くのメンターから指導を受けました。

その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。既に資産運用をしている方でも、勤務医のアドバンテージを生かした新しい考え方が見つかるかもしれません。

PDF版の販売で、30日間の返品保証付きです。当直1回分にも満たない価格なので、本マニュアルの手法を実践すれば、あっという間に元が取れると思います。 尚、医師以外の方のご購入はご遠慮ください。



情報教材表紙




ドイツ銀行がかなりアブナイ状態に!

このエントリーをはてなブックマークに追加

ドイツ銀行が危機的状況に陥っています。2019.5.31の終値は6.09ユーロまで下落しました。上場来の最安値圏です。株価は過去1年で 34%下落しました。



666 - コピー



ドイツ銀行が苦境に陥っているのは、企業の買収などを手掛ける投資銀行業務の落ち込みです。ドイツ銀行はもともと預金者から集めたお金を貸出などで運用する商業銀行でした。


東西冷戦の終結とともにドイツ経済構造が激変し、この変化に対応するために商業銀行から投資銀行業務にシフトしました。


1998年には米国投資銀行のバンカース・トラストの買収を通じて外部から投資銀行部門を取り込み、その分野での競争力引き上げに注力しました。



リーマンショックが発生するまではドイツ銀行の投資銀行部門は堅調に推移します。しかし、2009年以降は投資銀行部門で巨額の損失を抱えて苦境に陥りました。


そして、祖業である商業銀行部門は、
ECBが金融緩和策を強化して市中の金利が低下したため収益が減少しています。このあたりは日本の地方銀行の姿とダブります。


単独での生き残りが困難となったため、コメルツ銀行との経営統合交渉が持ち上がりました。コメルツ銀行も苦境に陥っているため、弱者連合と揶揄されました。


ところが、5月にコメルツ銀行との経営統合が白紙に戻されたため、ドイツ銀行の株価下落に拍車がかかったのです。ドイツ銀行の未来が全く見通せなくなりました。


現在のドイツ銀行の収益改善策は、投資銀行部門の人員削減や資産の売却です。リストラ以外で収益を確保することが難しい状況は、ドイツ銀行の未来に影を落としています。


米国では金融機関がフィンテック・ビジネスに注力し、高度IT人材の確保に動いています。リストラを進めてきたドイツ銀行とは対照的で、日本の失われた20年に重なります。


このようにお先真っ暗のドイツ銀行の現状を受けて、超長期逆張り投資家の私はと言うとまだ静観している状況です。


2008年のリーマンショックや 2012年の電力危機時のようなドラスティックさが無く、緩慢な死を迎えているかのような現状に対してトリガーポイントを見い出せないです。


ドイツ銀行はこのまま破綻するのでしょうか? リーマンショック時のような無秩序な破綻はないでしょうから、私は 2008年の citi bankのようなケースを想定しています。


つまり公的資金で救済されるものの、その後は収益の改善をはかれずにゾンビ銀行として生き残るイメージです。


おそらく、ドイツ銀行は商業銀行業務でしか生き残れないので、現在の世界的な市中金利低下が改善されれば、業績が上向く可能性もゼロではありません。


買い下がってもリスクだけ大きくリターンは少なそうなので、逆張り投資の魅力をあまり感じないのが本音です。7年ぶりに株式投資に本格参戦するか否かを思案したいと思います。





★★ REITで実践する不動産投資セミナー ★★
 


現物不動産投資はハードルが高いと思っている先生方のために「REITで実践する不動産投資セミナー」をお届けします。 不動産投資で成功する要点は下記の4つです。

  • 適切な投資タイミング
  • 適切な投資対象
  • 銀行融資のテクニック
  • 物件運用


今回のセミナーでは、金融商品である REITを用いて上記4点すべてをクリアすることを目的とした他では聴けない知識をお届けします。


  • セミナー動画(86分)
  • スライド形式のレジメ(72ページ)



スライド形式のレジメをベースにしたプロ投資家による講義で、30日間の返品保証付きです。現物不動産投資はコワイけど、不動産投資の恩恵にあやかりたい方におススメです。


尚、医師以外の方のご購入はご遠慮ください。



REITで実践する不動産投資セミナー




減価する高利回り資産投資を検証

このエントリーをはてなブックマークに追加

高利回り資産+超長期保有が王道の続きです。
「高利回り資産」+「超長期保有を推奨しましたが、ただし書きがあります。


それは、投資対象はあくまでも「資産価値を維持できる」ものに限るということです。それでは資産価値を維持しにくいモノはどのような末路を辿るのでしょうか?


今回は自験例で下記のまっとうな投資対象(笑)について検証してみました。ちなみに〇ムラ日本株戦略ファンドなどはまっとうではないので該当しません。


  1. 高利回り通貨
  2. ジャンク債ETF



① 高利回り通貨


上記では南アフリカ・ランド、ブラジル・レアル、トルコ・リラなどが挙げられます。先進国通貨以外のほぼすべてが該当すると言ってよいでしょう。


私は、2002年2月~12月にかけて南アフリカ・ランドを 8回に分けて購入しました。相当し金額は400万円で平均購入価格は 1 ZAR=11.66円です。


ご存知のように南アフリカ・ランドは高利回りではあるものの、インフレのためにどんどん減価していきます。現在の南アフリカ・ランドは 1 ZAR=7.75円です(2019.5.4現在)。


2019.5.4現在時点での時価評価は 680万円です。利子に関しては税金がかかるため完全な複利効果は実現できていませんが、投資開始時の1.7倍となっています。


そこそこ良い感じではないか?と思う方が多いかもしれませんが、この場合の勝因は決して高利回りではありません。当時は資源国通貨が暴落しており購入時期が良かっただけです。


当時は暴落して 1 ZAR=11.66円でしたが、17年経過した今では 1 ZAR=7.75円まで減価しています。あな怖ろしい...


これほど長期間にわたって南アフリカ・ランドを所有し続けたバカな人(笑)は、日本には居ないと思われますので参考にしていただければ幸いです。




② ジャンク債ETF


こちらに関しては米国市場がメインです。ジャンク債ETFは、デフォルトの可能性が高いため高利回りとなっている社債で構成される ETFです。


上昇相場では買われ下落リスクが出ると売られる特徴があります。私が所有しているのは PHK(Pimco High Income Fund)です。


私はリーマンショック直後の 2008年12月に PHKを 9.24 USD/unit で 8400 USD購入しました。2019.5.4現在時点の時価評価は 7.99 USD/unit で 13800 USDです。


USDベースでは約 1.6倍になっていますが、ジャンク債ETFが活況と言われているにもかかわらず、1ユニットあたりの株価は減価しています。


この場合の勝因も決して高利回りではありません。当時はリーマンショックの震源地に近いジャンク債が暴落しており購入時期が良かっただけです。


今にして思えば 2008年にジャンク債ETFへ投資するのは狂気の沙汰ですが、これだけのリスクを背負ってるにもかかわらず、たいしたリターンを得ていません。


自験例を検証して改めて感じたことは、やはり減価していく高利回り資産は、超長期投資の投資対象としてはふさわしくないということです。


これらの資産に投資するのは、中~短期の波乗りに徹するべきだと思います。ただし、成功するには投資のセンスが必要ですが...。







★★ 管理人監修の資産形成マニュアル ★★
 


管理人監修の「勤務医の、勤務医による、勤務医のための資産形成マニュアル」です。高度な医療技術で社会貢献するためには経済的安定が不可欠! という信念のもと、管理人は多くのメンターから指導を受けました。

その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。既に資産運用をしている方でも、勤務医のアドバンテージを生かした新しい考え方が見つかるかもしれません。

PDF版の販売で、30日間の返品保証付きです。当直1回分にも満たない価格なので、本マニュアルの手法を実践すれば、あっという間に元が取れると思います。 尚、医師以外の方のご購入はご遠慮ください。



情報教材表紙




投資ブログはちょっと危ないかも?

このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、私が所有しているBARで、昨年10月に立ち上げた医療系スタートアップ事業に協力してもらっている医師数名と、懇親会を行いました。


こちらのスペースは、自社ホームページでの顧客獲得が順調に進んでいます。また、個人的にも頻回に利用しており、英語ペラペラ道場主の先生をご招待したこともあります。


さて、その懇親会の際に、金融資産投資の話が出てきました。お越しいただいた先生のひとりが、なんと産金株欧州銀行株に投資していたとのことです!


しかも、このブログをみて産金株や欧州銀行株への投資を決断したようです。私と同じ時期に参戦しているので、結果的にはほぼベストタイミングでの投資のようです。



ABX - コピー
バリックゴールド(世界最大の産金会社)


HSBC - コピー
 HSBC(金融コングロマリットの旗艦銀行)



ちなみに2017年1月時点で、私のポートフォリオでの時価評価は、日本円ベースで産金株は+63%、欧州銀行株は+53%ほどの含み益があります。


まずまずの金額を投資したようで、含み益があるそうです。私はこの話をお伺いして素直に嬉しく思った反面、ちょっと微妙な気持ちにもなりました。


それは、思いのほかブログ記事の影響が大きそうなことです。私が産金株や欧州銀行株を紹介するブログを書いた時には、他の人がこれらの株式に投資することは想定外でした。


何故なら、あのタイミングであの業界に投資する行為は、常識的に考えてかなり危ないことだったからです。投資するのは、私ぐらいしか居ないだろうという軽い気持ちでした。


実際、不動産投資のメンター兼友人である、資産20億円規模のメガ大家さんに「先週、産金株に投資したんだけど、一緒にどう?」と言うと、「いや、ちょっと無理かも・・・」でした。


ちょっと知った人やファイナンシャルプランナーからは、「バカ」呼ばわりされること必定な投資判断だったのです。しかも、ニューヨーク市場に上場しているADRへの投資です。


ネタとして面白そうだったので正直に書きましたが、勝ったのは単なるまぐれかもしれません。実は、私は妻のお金で金融資産投資を行った経験がありますが、結果はイマイチです。


身内とは言え自分のお金ではないので、どうしても運用が保守的になります。私の金融資産投資は極端な集中投資であり、保守的な分散投資の対極に位置する投資手法です。


ファイナンシャルプランナーから見れば、とんでもないポートフォリオなのですが、自分で稼いだお金を投入しているので、自分の投資理論に従ってアグレッシブに攻めています。


しかし、妻のお金を預かった途端にチキン(笑)になって、投資タイミングや投資対象の選定が鈍ってしまうのです。ギリギリの状況下での投資判断は成績に直結します。


このため、自己資金での気楽な投資(実際は胃に穴が開くんじゃないかなという精神状態になります)と比べて、他の人の資金を運用する難しさを骨身に染みて理解しているのです。


過去のイマイチな投資成績から、ブログを見た方が同じような投資行動をする可能性があるかもしれないと思うと、チキンになって自分の投資判断も鈍らす可能性が出てきます。


このようなことを考えた結果、馬鹿正直に投資銘柄やタイミングを公開するのは、控えた方が良いのかもしれないなと思いました。


同じことは任意組合を運営している方もおっしゃられていました。自分のプライベート・アカウントと比べて保守的になるため、任意組合はどうしても成績が劣るようです。


まぁ、もし投資適格期が到来したら、コーフンして後先考えずに産金株や欧州銀行株のようにブログに書きなぐってしまうかもしれませんが・・・。完全にバカですね(笑)。




★★ 管理人の著書  「医師の経済的自由」 ★★
 


当ブログ管理人書き下ろしの書籍が、中外医学社から発刊されました。「経済的に自由な医師」になることで、医師としての充実感と経済的成功を両立できる道があります。


本著では、資産形成論とマインドを学ぶことができます。具体的な手法は勤務医のための資産形成マニュアルに譲りますが、医師に特化した資産形成の入門書として是非ご活用ください!




161228 【書影】医師の経済的自由







アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

医療研究を身近な存在とし、医療の未来を作る


管理人の著書

161228 【書影】医師の経済的自由
管理人によるケアネット連載コラム
log_carenet

医師のためのお金の話

管理人による m3.com 連載コラム
管理人も参加しているオンラインサロン
勤務医のための資産形成マニュアル
築古木造戸建投資マニュアル

医師のための築古木造戸建投資マニュアル 1
REITで実践する不動産投資セミナー
190122
医師のための 金融資産形成術


配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール

自由気ままな整形外科医

・医学博士
・日本整形外科学会専門医
・日本リウマチ学会専門医
・不動産投資家
・超長期金融資産投資家
・ビジネスオーナー
・宅地建物取引主任士

QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。