整形外科医のブログ

中堅の整形外科医が、日々の気付きを書き記します。投資の成功で働く必要が無くなりましたが、社会貢献のため医師を続けています。

金融資産投資(海外)

欧州銀行株に本格参戦!

このエントリーをはてなブックマークに追加

2016.6.24のBrexitに端を発した欧州銀行株の下落は、2016.7.7に小規模なセリング・クライマックスに達しました。セリクラ発生に気付いた私は、先週末に投資の是非を検討しました。


投資するべき時期と判断した私は、週明けの7月11日のニューヨーク市場がクローズするまでに、下記の7銘柄を購入して橋頭保を確保しました。合計で約4万8000ドルの投資金額です。



キャプチャ




今回も2015.8月の産金株と同様に、一銘柄あたりの購入上限を400万円程度に設定しています。これからは10%ずつの株価に刻んで購入しようと思います。


ちなみに前回は橋頭保の価格が低すぎてユニット数が増えずに悔しい思いをしました。今回はその反省を生かして、初期投入金額をやや多めにしてみました。


予想以上に株価が下落した場合は地獄を見ることになりますが、HSBCなどの配当は定期預金の利息と同様に考えて、暴落時の心の拠り所にしようと思います(※)。


どこまで株数を増やすことができるかは現時点では判断できませんが、年間配当150万円ぐらいまでユニット数が増えれば理想かなと思っています。


2002年のブルーチップ、2009年のJ-REIT、2012年の電力株、2015年の産金株に続く格安資産取得のチャンスなのか、はたまた投資資金を全て溶かしてしまうかは分かりません。


銀行のバランスシートは一般事業会社と異なりかなり特殊なので、私は銀行の財務評価にイマイチ自信を持てません。おまけに銀行株への投資はほぼ初めてなのでかなり不安です。


前回の本格投資からまだ1年しか経っていないことも気掛かりですが、今回も最後まで死力を尽くしてがんばりたいと思います。


※ 当然、業績悪化で配当は減配される可能性があります



注意!

現在の状況で、欧州銀行株に参戦することは絶対にお勧めできません。私は自分のことをリスクテイカーだと思っていますが、単なるバカである可能性が高いです(笑)。





★★  医師のための金融資産形成術  ★★


資産家および医師を対象として、2015年10月に開催した本ブログ管理人による 「金融資産形成術セミナー」 の動画、および講演で使用したスライドです。



NY夜景

      



勤務医・開業医の種類に関わらず、医師が資産形成する際には下記の3つを組み合わせることで効率良く資産形成することができます。


1. 医師免許をベースにした人的資産からのキャッシュフロー
2. 不動産からのキャッシュフロー
3. 金融資産投資の技術


①②で得られる安定したキャッシュフローを元手にして、③の金融資産投資技術を用いて資産形成するのです。しかし、多忙な医師が金融資産投資で結果を出すのは難しいのが現実です。


一方、金融資産投資は買値で投資収益性が決まります。 ”多忙な医師がいかにして金融資産を安く買うか?” という命題を解決するため、私は超長期逆張り投資戦略を選択しています。 


今回の「金融資産投資術セミナー」は、資産形成マニュアルで提示した資産形成手法における金融資産投資の各論です。築古木造戸建投資は「守」、金融資産投資は「攻」という位置づけです。


築古木造戸建投資の「守」 と 金融資産投資の「攻」の組み合わせが、安定的な所得のある医師の資産形成における有力な選択肢のひとつと考えています。



Brexit 第2幕の開演か?

このエントリーをはてなブックマークに追加

先週は、欧州を中心に銀行の株価が下落しました。
英国がEU離脱を決めたことで、英国・欧州発の金融不安リスクが意識されているようです。


Brexit後の2週間で特に株価下落がきついのが英国とイタリアです。英国では不動産価格下落による関連融資の焦げ付き、イタリアでは不良債権問題の悪化が懸念されています。


英国では不動産への融資比率の高いロイヤル・バンク・オブ・スコットランド(RBS)、バークレイズ(BCS)、ロイズ・バンキング・グループが30%前後下落しています。


イタリアでは不良債権問題の悪化が懸念されて、同国最大のウニクレディトが40%下落しました。加えて、ドイツ銀行株(DB)とクレディ・スイス(CS)は上場来安値圏に沈んでいます。  


なんだかワクワクしてきました!Brexit発生時は肩透かしをくらいましたが、やはり買場到来なのでしょうか?そこで、2016.7.8の欧州・米国市場が閉まってから欧州銀行株を調べてみました。


残念ながら、私はIB (Interactive Brokers) に口座を持っていないので、欧州株式市場に直接投資することができません。このため、NYSE上場の欧州銀行株のADRへの投資となります。



欧州銀行株のコピー



上記はNYSEで購入できる主な欧州銀行株です。下には日本のメガバンクを比較のために載せています。まず目を引くのが、ドイツ銀行とクレディ・スイスの酷さです。


両行とも巨額の損失を計上しています。ドイツ銀行は「今もっともヤバい銀行」と言われており、破綻する危険性が高いです。少なくとも、虐殺的増資が実行される可能性は高いと思います。


私の金融資産投資の手法は、個別銘柄を通じての業界全体への投資です。今回は、下記の銀行群を同額ずつ購入する計画を立ててみました。



安心な銀行群
  • HSBC(英国)
  • サンタンデール銀行(スペイン)
  • UBS(スイス)

ちょっと危ない銀行群

  • ロイズ・バンキング・グループ(英国)
  • ロイヤル・バンク・オブ・スコットランド(英国)
  • バークレイズ(英国)

かなり危ない銀行群

  • ドイツ銀行(ドイツ)
  • クレディ・スイス(スイス)


取りあえず投資対象候補を選別しましたが、橋頭保(投資開始株価)と1銘柄当たりの総投資金額を決めかねています。産金株投資では橋頭保が低すぎてユニット数が増えずに残念でした。


日本の証券会社を通じてNYSEのADRを購入する方法が簡単でストレスが無いのですが、手数料的にはマネックスとSBIが拮抗しています(SBIは7月11からマネックスレベルに値下げ)。


この場合、クレディ・スイスへは投資できませんので、最も危険な投資はドイツ銀行ということになります。ドイツ銀行の命運が投資成果を左右すると言ってよいでしょう。


感覚的には2015.8月時点の産金株よりも、現時点でのドイツ銀行にはアブナイ臭いが漂っています(笑)。現時点でドイツ銀行に資金を入れるのは相当勇気が要ります・・・


仮にドイツ銀行が無秩序に破綻すれば、リーマンショック級の激震となります。大人の常識では、無秩序な破綻は無いはずです。しかし、大人の常識に反してBrexitは発生しました。


ドイツ銀行最大のリスクは、ドイツの銀行であることです。EUを仕切っているのはドイツです。そのドイツ自身が音頭を取って、EU加盟国における国家による銀行救済を禁じています。


ドイツにどの程度の柔軟性があるのかで、瀕死の状態となったドイツ銀行の命運が決まります。フォルクスワーゲンの救済までさせておいて、今更はしごを外すマネを行うでしょうか?


常識的には「否」ですが、Brexitを見て世の中に絶対はないことを改めて知りました。無秩序に破綻すれば不動産購入も含めて総力戦となる可能性が高いです。 資金を温存するべきか??


今週はLINE株をプレイしようと思っていましたが、どうも欧州銀行株が臭ってきました。銀行への投資は結構コワいですが、この1週間ほど決行するか否かを熟慮したいと思います。



注意!

現在の状況で、欧州銀行株に参戦することは絶対にお勧めできません。どう考えても頭のネジが緩んでいるとしか思えないです。私自身、参戦するか否かを決めかねています。
 




★★  医師のための金融資産形成術  ★★


資産家および医師を対象として、2015年10月に開催した本ブログ管理人による 「金融資産形成術セミナー」 の動画、および講演で使用したスライドです。



NY夜景

      



勤務医・開業医の種類に関わらず、医師が資産形成する際には下記の3つを組み合わせることで効率良く資産形成することができます。


1. 医師免許をベースにした人的資産からのキャッシュフロー
2. 不動産からのキャッシュフロー
3. 金融資産投資の技術


①②で得られる安定したキャッシュフローを元手にして、③の金融資産投資技術を用いて資産形成するのです。しかし、多忙な医師が金融資産投資で結果を出すのは難しいのが現実です。


一方、金融資産投資は買値で投資収益性が決まります。 ”多忙な医師がいかにして金融資産を安く買うか?” という命題を解決するため、私は超長期逆張り投資戦略を選択しています。 


今回の「金融資産投資術セミナー」は、資産形成マニュアルで提示した資産形成手法における金融資産投資の各論です。築古木造戸建投資は「守」、金融資産投資は「攻」という位置づけです。


築古木造戸建投資の「守」 と 金融資産投資の「攻」の組み合わせが、安定的な所得のある医師の資産形成における有力な選択肢のひとつと考えています。



LINE株をニューヨークで投機?!

このエントリーをはてなブックマークに追加

残念ながら(?)Brexit をもってしても、株式市場は暴落するに至っていません。
唯一の収穫は、やや円高傾向になったことぐらいでしょうか。


超長期逆張り投資家としてはつまらない限りですが、先日の金融資産投資セミナーの懇親会では偶然にも講師の方の前の席になりました。このチャンスを生かさない手はありません。


いくつも質問をしたのですが、その中にLINEの新規上場への対応法がありました。ご存知のようにLINEはニューヨークと東京市場で同時上場します。


今回は、なんと2016.7.14(木)にまずニューヨーク市場で上場してから、7.15(金)に東京市場がオープンします。つまり、最初の値付けがニューヨーク市場でなされるのです。


LINEは、日本では非常に有名ですが、米国ではほとんど無名の存在です。このため、2016.7.14のニューヨーク市場では株価のミスプライシングが発生する可能性があります。


そして、ニューヨーク市場が閉まってから東京市場がオープンするのですが、需要の大きい(であろう)東京市場では株価が高騰する可能性があります。


つまり、7.14(木)のニューヨーク市場でLINE株(正確にはADR)を先回りして購入することで、ミスプライシングが発生した場合には大きな利益を得ることができる可能性があるのです。


そして、今回のLINE株では日本の証券会社(マネックス、SBI)が、2016.7.14(木)からニューヨーク市場でLINE株を購入できる措置を取りました。


つまり、米国に證券口座が無くても、2016.7.14(木)にLINE株をニューヨーク市場(NYSE)で購入することが可能になったのです!これはある意味すごいことだと思います。


私は、LINE株を購入するのなら、「投資」ではなく「投機」するべきだと考えています。残念ながらLINEは上場する時期が遅すぎました。


2014年ごろに上場できていれば、市場から調達した資金を用いてFacebookなどの海外の強力なライバルと伍していけたかもしれません。


しかし、2016年現在ではLINEは企業としてのピークを過ぎており、世界的にはマイナーな存在で終わりそうです。このため成長期待でLINE株を購入すると痛い目に会う可能性が高いです。


LINE株を購入するのなら、2015.11.4の郵政グループ3社のIPOと同じ心構えで臨むべきだと思います。つまり投機と割り切って、7.14(木)にNYSEで購入、7.15(金)にNYSEで売却です。


郵政グループ3社を持ち続けた方は、株価が2/3になっているため、現在悲惨な目にあっています。LINE株の長期保有は同じ轍を踏む可能性が高いと考えます。


しかし、このような誰でも思いつくような投機アイデアが実際に上手くいきそうかという疑問を講師の方にぶつけてみました。答えは・・・、おそらくミスプライシングは発生しないとのことでした。


まぁ、そりゃそうですよね(笑)。百戦錬磨のプロがこのような機会を逃す可能性は低いと思います。もう少しだけ、2016.7.14のLINE株投機を敢行するか否かを考えようと思います・・・




★★  医師のための金融資産形成術  ★★


資産家および医師を対象として、2015年10月に開催した本ブログ管理人による 「金融資産形成術セミナー」 の動画、および講演で使用したスライドです。



NY夜景

      



勤務医・開業医の種類に関わらず、医師が資産形成する際には下記の3つを組み合わせることで効率良く資産形成することができます。


1. 医師免許をベースにした人的資産からのキャッシュフロー
2. 不動産からのキャッシュフロー
3. 金融資産投資の技術


①②で得られる安定したキャッシュフローを元手にして、③の金融資産投資技術を用いて資産形成するのです。しかし、多忙な医師が金融資産投資で結果を出すのは難しいのが現実です。


一方、金融資産投資は買値で投資収益性が決まります。 ”多忙な医師がいかにして金融資産を安く買うか?” という命題を解決するため、私は超長期逆張り投資戦略を選択しています。 


今回の「金融資産投資術セミナー」は、資産形成マニュアルで提示した資産形成手法における金融資産投資の各論です。築古木造戸建投資は「守」、金融資産投資は「攻」という位置づけです。


築古木造戸建投資の「守」 と 金融資産投資の「攻」の組み合わせが、安定的な所得のある医師の資産形成における有力な選択肢のひとつと考えています。



長期連続増配企業への超長期投資

このエントリーをはてなブックマークに追加
 
先日、金融資産投資のセミナーに参加しました。セミナーの最初の段階で、某ヘッジファンドに投資する投資信託を例示されました。この投資信託に係る費用は下記のごとくです。


  • 購入時手数料: 5.4%
  • 運用管理費用: 3.24%+成功報酬(25%)
  • 売却時   : 0.4%


初年度には最低でも8.64%もの手数料が発生します。これに対して、世界で最も優れた機関投資家のひとつである米国のイエール大学のエンダウメント(大学財団)が紹介されました。


イエール大学のエンダウメントは、長期間にわたって驚異的な運用実績を記録しています。例えば1994年からの20年間で、年平均13・9%のリターンを上げています。


世界最高峰の機関投資家でさえリターンは年平均13.9%であるのに、投資信託の運用管理費用が最低でも3.24%も徴収されては、長期投資で勝てる可能性はかなり低くなります。


金融資産投資ではコストを考えながら投資対象を選択するべきとのことでした。そして、最もお勧めの投資手法は、長期連続増配企業への投資だとおっしゃられていました。


過去25年間連続して毎年増配している優良大型株は配当貴族銘柄と呼ばれています。日本では花王ぐらいしか存在しませんが、米国には40以上の銘柄があります。


そして、単にこれらの長期連続増配企業を購入するのではなく、大幅な株価の調整局面でのみ購入するという手法を推奨されました。う~ん、これってまさに私が実践している手法です(笑)。


私の場合は長期連続増配企業ではなく、ストック型業種の大型株をメインターゲットにしていますが、売買手法や投資戦略はかなり相通ずるものがありました。


円高局面で米ドルを買い集め、米国市場が大きく調整した際にNYSE上場の長期連続増配企業を買い集める手法は、今年以降の市場環境ではチャンスの窓が開くかもしれません。


あと、複利運用の重要性を強調されていました。私は単純な複利運用では元本の価値を維持できないケースがほとんどなので、机上の空論だと考えています。


この考えを踏まえた上で、講師に具体的な複利運用の対象をお伺いしたところ、期間10年の新興国のゼロクーポン債を勧められました。


為替リスクがありますが、トルコ・リラ、ブラジル・レアル、インド・ルピーなどのゼロクーポン債の場合、10年後の償還時に1/3未満にまで通貨価値が落ちない限りは利益を確保できます。


最後に、投資リスクは ①金融商品そのもののリスク ②投資家自身の心理リスク に分類されるが、成績に最も影響するには②であるとおっしゃられました。まさに至言だと思います。




★★  医師のための金融資産形成術  ★★


資産家および医師を対象として、2015年10月に開催した本ブログ管理人による 「金融資産形成術セミナー」 の動画、および講演で使用したスライドです。



NY夜景

      



勤務医・開業医の種類に関わらず、医師が資産形成する際には下記の3つを組み合わせることで効率良く資産形成することができます。


1. 医師免許をベースにした人的資産からのキャッシュフロー
2. 不動産からのキャッシュフロー
3. 金融資産投資の技術


①②で得られる安定したキャッシュフローを元手にして、③の金融資産投資技術を用いて資産形成するのです。しかし、多忙な医師が金融資産投資で結果を出すのは難しいのが現実です。


一方、金融資産投資は買値で投資収益性が決まります。 ”多忙な医師がいかにして金融資産を安く買うか?” という命題を解決するため、私は超長期逆張り投資戦略を選択しています。 


今回の「金融資産投資術セミナー」は、資産形成マニュアルで提示した資産形成手法における金融資産投資の各論です。築古木造戸建投資は「守」、金融資産投資は「攻」という位置づけです。


築古木造戸建投資の「守」 と 金融資産投資の「攻」の組み合わせが、安定的な所得のある医師の資産形成における有力な選択肢のひとつと考えています。



産金株の時価が200%越え!

このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年2月初旬のブログで産金株投資が終わったことをご報告しましたが、4月に入っても相変わらず金価格のラリーが続いています。


主戦場がNY株式市場なので私は起床時に株価をチェックしているだけですが、5%近く株価が上昇している日が多かったため4月は朝起きるのが苦ではありませんでした(笑)。



キャプチャ



狂ったように株価が上昇している産金株の追い風を受けて、所有産金株の時価評価がついに200%越えを達成しました。2016.4.30時点で購入価格(USD)に対して+207.9%です。


尚、購入時の平均為替レートが1 USD=122.34 円に対して、2016.4.30時点では1 USD=106.37 円とかなり円高になっているので、円換算での含み益率は+180.7%となっています。


記録を確認すると、2013.5.15に打診買いしており、本格参戦したのは2015.8月上旬です。紆余曲折があったものの、11月頃にはユニット数が増えなくなったので実質的に4ヶ月間の戦いでした。


この半年近くは、株価の上昇を指をくわえて眺めているだけの状況です。嬉しいと言えば嬉しいですが、つまらないと言えばつまらない状況です・・・


私は金融資産投資からエンターテインメント性やギャンブル性を排除して「結果を出すこと」に集中しています。感情を排して自分の投資ルールに従って機械的なトレードに徹しています。


このため、一般投資家の方のように感情に任せて買い上がるという選択枝がありません。株価を眺めているだけではつまらないので、個別株の分析を試みました。


最も成績が良いのはKGCでABXやAUも悪くありません。一方、NEMやGGそしてGFIは成績がイマイチなようです。投資開始時期はほぼ同じにも関わらず、この差は一体何なのでしょうか?


まず、KGCは地政学的リスク、ABXは財務リスク、AUは地政学的リスクに加えて金鉱山の質に問題を抱えています。一方、NEMやGGは財務内容や地政学的リスクと無縁な優良企業です。


倒産の可能性が囁かれるGFIの株価が冴えないのは仕方無いですが、NEMやGGの株価上昇率が冴えないのは、最悪期においても相応に株式市場で評価されていたからだと思います。


このため、最悪期を脱して株価が上昇し始めても、もともと高い評価を受けているため、株価の上昇率が限定的になります。


一方のKGC・ABX・AUなどの”問題児”は、「じつは意外といいヤツなんだ!」と驚かれて評価がうなぎ上りとなります。このギャップが超長期逆張り投資家にとっての儲けのタネになるのです。


尚、私は基本的にbuy & holdなのですが、産金株に関しては購入価格の5倍程度から売却を開始して、最終売却価格のターゲットを購入時の10倍の株価に設定しています。


うまくいけば小さな収益1棟マンションをキャッシュで買えるぐらいの利益になる予定ですが、何年後になるか分かりませんし、採らぬ狸の皮算用となる可能性が高いと考えています(笑)。




★★  医師のための金融資産形成術  ★★


資産家および医師を対象として、2015年10月に開催した本ブログ管理人による 「金融資産形成術セミナー」 の動画、および講演で使用したスライドです。



NY夜景

      



勤務医・開業医の種類に関わらず、医師が資産形成する際には下記の3つを組み合わせることで効率良く資産形成することができます。


1. 医師免許をベースにした人的資産からのキャッシュフロー
2. 不動産からのキャッシュフロー
3. 金融資産投資の技術


①②で得られる安定したキャッシュフローを元手にして、③の金融資産投資技術を用いて資産形成するのです。しかし、多忙な医師が金融資産投資で結果を出すのは難しいのが現実です。


一方、金融資産投資は買値で投資収益性が決まります。 ”多忙な医師がいかにして金融資産を安く買うか?” という命題を解決するため、私は超長期逆張り投資戦略を選択しています。 


今回の「金融資産投資術セミナー」は、資産形成マニュアルで提示した資産形成手法における金融資産投資の各論です。築古木造戸建投資は「守」、金融資産投資は「攻」という位置づけです。


築古木造戸建投資の「守」 と 金融資産投資の「攻」の組み合わせが、安定的な所得のある医師の資産形成における有力な選択肢のひとつと考えています。



アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

管理人の著書

161228 【書影】医師の経済的自由
管理人によるケアネット連載コラム
log_carenet

医師のためのお金の話

管理人による m3.com 連載コラム
管理人も参加しているオンラインサロン
勤務医のための資産形成マニュアル
築古木造戸建投資マニュアル

医師のための築古木造戸建投資マニュアル 1
医師のための 金融資産形成術
医師のための金融資産形成術

タダで自宅を手に入よう!

医師のための収益マイホーム購入マニュアル


配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール

自由気ままな整形外科医


・医学博士
・日本整形外科学会専門医
・日本リウマチ学会専門医
・不動産投資家
・超長期金融資産投資家
・ビジネスオーナー
・宅地建物取引主任士

QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。