整形外科医のブログ

中堅の整形外科医が、日々の気付きを書き記します。投資の成功で働く必要が無くなりましたが、社会貢献のため医師を続けています。

スモールビジネス

テックだけが医師の起業ではない!

このエントリーをはてなブックマークに追加

最近、医師の中でも起業しようとする方が多い印象です。参入障壁の高さを利用してどんどん起業しようという布教活動(?)をしている身としては好ましい風潮だと考えています。


いろいろな場面でビジネスモデルを拝聴することが多くなりました。しかし、残念ながら巡航状態に持って行くのはなかなか難しそうだというアイデアがほとんどです。


私のやり方ではないからダメ出しするわけではないですが、客観的に見て事業化が難しそうなアイデアが多いです。今回は、なぜ事業化が難しいのかについて考えてみました。




世の中の「痛み」を見つけよう


一般的に起業のアイデアは、提供したい価値を見つけることから始まります。自分で世の中に不足しているサービスを考えて、それに対する解決法を提供するという思考回路です。


このこと自体は問題ない思考方法ですが、残念ながらそれだけではビジネスとして成立しません。なぜかと言うと、この時点では利益を確保する視点が欠落しているからです。


確かに世の中のニーズを汲み取ることは重要なことです。しかし、このこと自体がビジネスの収益に結びつくか否かは別問題です。


そして残念ながら世の中のニーズのほとんどは、それを解決したとしてもそのまま収益に結びつくことはありません。


世の中にはお金にならないニーズが多いのです。それではどうすればいいのかと言うと、架空のニーズを検証するのではなく現実問題としてそこにある大きな「痛み」に着目します。


まだ世の中に周知されいない架空のニーズの場合は、ニーズそのものを認識していない人が多いのでビジネスとして利益を確保することが難しくなります。


しかし現在存在している痛みに関しては、消費者そのものが痛みを実感しています。このため、それに対する解決法が提供されると購入してくれる確率が高まります。


つまり、ビジネスのネタを見つけるためには想像上のニーズではなく現実問題として「痛み」を伴うニーズに着目することが収益化の確率を高める方法です。


ちなみにこれは私のオリジナルではありません。オンラインサロン内で、Quotomy の大谷先生が「痛み」というフレーズを使ってビジネスのニーズを説明されていました。


そして着目する痛みに関しては、痛ければ痛いほど収益化の可能性が高まります。理想的には痛烈な痛みを伴っているニーズをいかにして見つけるかがポイントです。


そういう視点で医療業界周辺を見ると、痛烈な痛みを発しているところがいくつかあることに気付きます。


それらの中で、初期費用がさほどかからず知識や人材の再配置で利益を確保できる領域を選択することが事業の収益化成功への近道だと思います。




テクノロジー vs 高度人材の適正配置


このような強烈な痛みを発しているニーズを発見した場合、その次に必要なものは如何にしてそこにサービスを投入できるかです。


ここで必要となるのは「人脈」です 。医療業界でもテクノロジーが注目されがちですが、 医療ではテクノロジーよりも高度専門人材の適正配置が問題になっていることが多いです。


つまり医療ではテクノロジーだけでは解決できず、高度な専門知識を持った人材が最終的な解決法となることが多いのです。


このことから初期費用や維持に膨大な費用のかかるテクノロジーよりも、高度専門人材の適正配置に注目する方が、低リスクで当初から収益化できる近道ではないかと考えています。


高度専門人材の適正配置を実践するためにはある程度の人脈が必要です。そして、人脈を形成するためには自らの信用力を高める必要があります。


私がブログを長年続けているは、高度な専門知識を持った人材である医師の信頼を得ることが目的のひとつでもあります。


テック系の起業も悪くないですが、高度な専門知識を持つ人材の適正配置に着目したビジネスモデルをもっと検討するべきではないかと思っています。






★★  医師のキャリア革命(オンラインサロン)  ★★


「経済的自由」を手に入れるために Facebookを利用した非公開のオンラインサロンに参加してみませんか?



gg - コピー




本サロンの目標は、参加者全員に生涯途絶えることのない "複数の収入の流れ"  を得るための " 学びの場 "  を提供することです。


資産形成マニュアルで、医師が効率よく資産形成を実践するノウハウを公開しましたが、本サロンはそのフォローアップの場と位置付けています。


それぞれの参加者たちが得た知識や体験を共有し、集合知を形成する。集合知は、サロンのメンバーが未知の航海に旅立つ際の羅針盤となる


そのような " 学びの場 "  を

  •  整形外科医のための英語ペラペラ道場
  •  整形外科医のブログ 

​ ​
がタッグを組んで運営します!!
参加希望の先生方は、こちらからお願いします




起業家養成の王道

このエントリーをはてなブックマークに追加

いつも楽しく拝読している 整形外科医のゆるいブログ でハッとする内容のブログ記事が飛び込んできました。う~ん、たしかにおっしゃられているとおりかも。。。




スモールビジネス、スモールビジネスって言うけど、スモール=簡単じゃないからね。

結論から言えば、スモールビジネスで「売上総利益(粗利)」= 売上高 - 売上原価として粗利300万の法人を作るのは駅弁大学医学部に入るぐらい難しい。


年間粗利500万の法人を作るのは東大理3に入るぐらいの難易度がある。

東大医学部の先生が、年間粗利500万の法人を医者の仕事の片手間に作ったとしたらマジでメジャーリーグの大谷翔平の二刀流レベル。





たしかに、スモール ≠ 簡単 です。スモールとは初期投入金額が小さいだけで、ビジネスを巡行状態に持っていくのは規模に関係無く極めて難しいです。


ただ、一回でも巡行状態に持っていくことに成功すると、マーケティング → 組織化 → マネタイズ → マーケティングのサイクルとノウハウを理解できるので「ツブシ」が利きます。


もちろん、マーケティング → マネタイズまでの道のりは narrow path なので、余程の才能が無い限り自分だけで巡行状態に乗せることは現実的ではありません。


しかし、一度でもスタートアップを巡行状態に持って行った経験がある者にとっては、アイデアさえあれば、粗利300万円のビジネスを創るなど朝飯前のルーチンワークです。


ただ、その経験が無い者にとっては早稲田や慶応(医学部を除く)に合格する程度の難易度があります。ピンで収益モデルを創るのは多種多様のノウハウが必要なのです。


それでは、スタートアップを巡行状態に持っていくための王道は何なのか? というと、成功体験のある起業家に師事して最初から立ち上げに関わることです。


ひととおり、マーケティング → 組織化 → マネタイズ → マーケティング のサイクルを経験すると、あとはアイデアに応じてマイナーチェンジするだけだからです。




連続起業家のビジネスモデル


ただ、起業家目線で言うと経験の無い人と組むのは面倒くさいです。こちらはビジネスの基本を教えるほどヒマではないので、素人をパートナーにするのは避けたいのが本音です。


ただ、ビジネスで最も重要なものはアイデアです。そして残念ながら、いくら経験が豊富になってもアイデアを思いつくか否かは別問題です。


連続起業家がもてはやされていますが、かれらは単にビジネスを巡行状態に持っていくノウハウを持っているだけであり、ビジネスのアイデアを持っているわけではありません。


彼らのビジネスモデルは下記のごとくです。
  1.  連続起業家としてのキラキラ感を出して
  2.  素人が考えるたくさんのゴミのようなアイデアを集め
  3.  その中に埋もれている千三つの宝石を得ること


このように連続起業家は単にビジネスを巡行状態に持っていくノウハウを持っているだけの人なのですが、素人目線ではそこに起業家に師事するチャンスがあります。


自分の持っているアイデアが宝石の原石である可能性は極めて低いのですが、それが宝石だとすると、それをきっかけにスタートアップに最初から関わるチャンスが生まれます。


そして、医師のような極めて専門性が高くて「サイロ化」している領域では、他領域の人は気付かないチャンスが転がっている可能性が高いです。


そのような参入障壁に守られた領域で美味しそうなアイデアがあれば、起業家とアイデアを出す人がマッチングすることで素晴らしいコラボレーションが生まれます。




起業家養成の王道


ここまでをまとめると、
  1.  最初は単なるアイデアを出す人ですが、
  2.  アイデアを出すことで起業家に師事して
  3.  ビジネス立ち上げのノウハウを学び
  4.  次のステップでは、自分が起業家としてアイデアを実現する主体となる

のが才無き者が起業家になるひとつの王道ではないかと考えています。







★★  医師のキャリア革命(オンラインサロン)  ★★


「経済的自由」を手に入れるために Facebookを利用した非公開のオンラインサロンに参加してみませんか?


gg - コピー




本サロンの目標は、参加者全員に生涯途絶えることのない "複数の収入の流れ"  を得るための " 学びの場 "  を提供することです。


資産形成マニュアルで、医師が効率よく資産形成を実践するノウハウを公開しましたが、本サロンはそのフォローアップの場と位置付けています。


それぞれの参加者たちが得た知識や体験を共有し、集合知を形成する。集合知は、サロンのメンバーが未知の航海に旅立つ際の羅針盤となる


そのような " 学びの場 "  を

  •  整形外科医のための英語ペラペラ道場
  •  整形外科医のブログ 

​ ​
がタッグを組んで運営します!!
参加希望の先生方は、こちらからお願いします




起業で注意するべき2大税金

このエントリーをはてなブックマークに追加

事業を展開するにあたって注意することが税金がふたつあります。それは社会保障費用と消費税です。社会保険費用は厳密には税ではないですが、広義では税とみなされています。


これらの負担はスタートアップにとっては、事業の成否を左右しかねないほど大きな影響を及ぼします。ビジネスモデルを考える際には常にアタマの片隅に置いておくべき事項です。




社会保障費用は重いくびき


まず社会保障費用について説明させていただきます。事業拡大するにはスタッフを雇うことが必須ですが、スタッフを雇うにあたって社会保険費用は必須です。


被雇用者にとっては、社会保障費用の負担割合は低いように感じます。このため社会保障費の負担感はさほどではないかもしれません。


しかし社会保険費用は雇用者と被雇用者で折半されているので、雇用者は被雇用者の2倍の社会保険料を支払っていることになります。


そして、この金額は給与の30%弱にも及ぶため非常に重い負担となっています。あまりにも社会保障の負担が大きいので、事業そのものの継続性に大きな影響を与える程です。


さらに金額だけではなく、社会保障関係の手続きは煩雑を極めます。このため事業主自らが社会保険庁とやり取りするのは現実的ではなく、どうしても社労士を入れざるを得ません。


事業そのものにとっては何の利益も無く単なるコストに過ぎないため、不安定なスタートアップとっては非常に重い負担としてのしかかってきます。


もちろん社会全体のことを考えると、社会保険費用負担は意義のあるものだと思います。しかし不安定な状態のスタートアップにおいてはこれほど重い鎖はありません。


このため、スタッフを雇う時には慎重を期す必要があります。理想的なのは Uber のように直接スタッフを雇用しないことがベストです。


これらのシェアリングエコノミーでは、スタッフを直接雇用契約をしているわけではないので社会保険費用を負担する必要がありません。


シェアリングエコノミーの伸長に従って、この問題は大きくなっています。社会全体を見るとおそらくあまり良くないことなのでしょう。


しかし、まだ事業基盤の安定しないスタートアップにとっては、シェアリングエコノミーの社会保障費用を回避する仕組みを採用することはひとつの選択肢です。


私の場合は、下記のような感じです。
  1.  常勤職を持つ人や学生をアルバイトとして雇う
  2.  海外在住者を雇う



①は他人(他の事業者)が支払う社会保険費用にタダ乗りしています。イメージ悪いですが、事業がスタートアップ時に躓いて頓挫するよりはマシだと思っています。


②はなかなかチャンスが無いかもしれませんが、実現できれば非常においしいです。時差があるので、シームレスな事業展開ができるというオマケ付きです。


常勤で雇っていた時期もありましたが、社会保険庁や市役所とのやりとりに閉口しました。全く何の生産性もないやりとりは金輪際勘弁してほしいものです。





消費税は赤字業者にもかかる厳しい税金


次の問題になるのは消費税です。消費税は売上にかかる税金なので、利益が出ているか否かは関係ありません。そして、この事は事業主にとっては危険なことです。


それは商品を売る時に、消費者は税込で考えるために外税で請求することがなかなか難しいことに起因します。


このため、競争力のない初期の段階ではどうしても内税にせざるを得ず、それはつまり事業主が消費税を負担することに意味します。


事業主が消費税を負担することになってしまうと、少なくとも収益率が8%以上無いと手残り利益が無いことになります。


しかし、一般的なビジネスにおいて利益率が8%を超えるのは難しいことです。このため、消費税をどう制御するかは事業主が知恵を絞るところです。


自験例での対策ですが、残念ながら良い方法がありません・・・。昨年も消費税だけで数百万円支払って悶絶しました。


住居系賃貸不動産事業しか営んでなかったころは、固定資産税だけ支払っておけばよかったのですが、消費税が絡んでくると納税金額が1000万円を超えてしまいます。


医療業界や住居系不動産賃貸業界は非課税なので、あまり消費税を意識することはないでしょうが、それ以外の業界では常に消費税のことを考えておく必要があるのです。






★★ 管理人監修の資産形成マニュアル ★★
 


管理人監修の「勤務医の、勤務医による、勤務医のための資産形成マニュアル」です。高度な医療技術で社会貢献するためには経済的安定が不可欠! という信念のもと、管理人は多くのメンターから指導を受けました。

その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。既に資産運用をしている方でも、勤務医のアドバンテージを生かした新しい考え方が見つかるかもしれません。

PDF版の販売で、30日間の返品保証付きです。当直1回分にも満たない価格なので、本マニュアルの手法を実践すれば、あっという間に元が取れると思います。 尚、医師以外の方のご購入はご遠慮ください。



情報教材表紙




成功する起業に必要不可欠なモノ

このエントリーをはてなブックマークに追加

世間では親がサラリーマンという家庭は一般的だと思います。しかし私の場合は、親戚を見渡すと自分の親も含めてほとんどが自営業者もしくは会社経営者でした。


自営業者や会社経営者と言ってもそんなに羽振りが良いわけではなく、ごくごく普通に生活できているという程度のものです。


このような環境だったので、小さい頃から両親にサラリーマンではなく独立独歩で商売を始めるように言われたものです。少なくとも一生サラリーマンはダメだよと。。。




会社経営は恐ろしい?


このように職業選択に関してはエリート教育(?)をされていたにもかかわらず、いきなり起業したりとか自分でビジネスを始めるのは怖い感覚がありました。


人に雇われるのではなく雇う方になれと言っていた親自身は浮き沈みの激しい生活でした。月末に資金調達に奔走している姿を見て、子供心に怖かったことを今でも覚えています。


このため親の想いとは裏腹に、会社経営はやっぱり怖いからサラリーマン的な立場の方がいいんじゃないかと子供心に思うようになっていました。


大学を選択する際には、親の言うようにサラリーマンにはなりたくないけれども、自分の力だけで生きていく会社経営や自営業は難しいと思うようになっていました。


東京大学ではなく医学部を選択したのも、そのような考えがあったからです。今にして思えば、高校生当時の自分の選択は、最もパフォーマンスの高い判断だったようです。




アイデアをカタチにするのは楽しい!


卒業してからは修行期間だったため、働き方を考えることは少なくなりました。卒後8年で開業するか否かのキャリアパスで悩んだ際、子供の頃にきいた親の進言を思い出しました。


しかしその頃になると、単純に起業するのが怖いという感覚ではなく、仕事のやりがいや 生活の安定性という視点で考えるようになっていました。


結局、勤務医を続けながら経済的自由な状況に到達するキャリアを選択しましたが、経済的に安定すると幼少の頃から培われていた起業への意欲がムクムクと持ち上がってきました。


他業種の人との繋がりがどんどん増えてくると、新しいビジネスアイデアを得ることが多くなり、アイデアを実現化したくてウズウズしてきたのです。


ときどき非常に面白いアイデアに遭遇するので、そういう時には躊躇なく新しいビジネスを立ち上げてみます。


子供の頃に親から聞かされていた独立独歩とは少し違う形態なのですが、今の私にはビジネスを立ち上げることが趣味になっています。




起業の成功のために不可欠なモノは定期収入


このような状況に到達して思ったことは、起業で成功する(もしくは事業を巡行状態にもっていく)には、定期収入があって経済的に安定した状態が必須であるということです。


会社を辞めていきなり独立独歩でやっていこうというのは、イチカバチカの状態に自分を追い込むことになります。失敗したら後がありません。


精神的にも辛い状況になるので、このような起業を私はしたくないです。しかし 不動産収入や他のビジネスからの安定的なキャッシュフローがある状況では全く異なります。


このような状況では常に安定的に大量のキャッシュが流れ込んでくるので、失敗した時のことを考えずに起業することが可能となります。


起業するにあたって、そのような安全地帯に身を置いていると気合が入り方が違うため、成功する可能性が低くなるように思われがちです。しかし、私はそうではないと思います。


やはり経済的・精神的余裕があると、多少苦しい状況に遭遇してもそれを乗り越えていくことが楽になるからです。


子供の頃に親の苦境を見て事業は恐ろしいという刷り込みがありました。しかし安定的な経済的基盤を獲得して、ようやく親の言う独立独歩の大切さを理解できるようになりました。


今から思い返してみれば、親の進言に抜けていたものがひとつあります。それは単に独立独歩を目指すのではなく、経済的基盤を確保してから独立独歩を目指すということでした。


親が苦境の中で事業展開していた最大の理由は、定期収入が無かったためだと思います。不動産等のストック収入を増やす努力をしていれば結果は変わった可能性があります。


現在の私は、給与所得:権利収入:事業所得=1:1:1の状態です。給与所得は漸減、権利収入は漸増、事業収入は激増というトレンドです。


2019年には事業所得が全体の50%を超えることが予想されますが、事業で攻めの姿勢を維持できるのは、給与所得+権利収入という鉄板の定期収入があるからです。


医師の場合は給与所得が平均よりも極めて高額なので、自分の時間を費やす以外はほぼノーリスクで起業に挑戦できます。2019年は意識改革してもよいのかもしれませんね。






★★  医師のキャリア革命(オンラインサロン)  ★★


「経済的自由」を手に入れるために Facebookを利用した非公開のオンラインサロンに参加してみませんか?



gg - コピー




本サロンの目標は、参加者全員に生涯途絶えることのない "複数の収入の流れ"  を得るための " 学びの場 "  を提供することです。


資産形成マニュアルで、医師が効率よく資産形成を実践するノウハウを公開しましたが、本サロンはそのフォローアップの場と位置付けています。


それぞれの参加者たちが得た知識や体験を共有し、集合知を形成する。集合知は、サロンのメンバーが未知の航海に旅立つ際の羅針盤となる


そのような " 学びの場 "  を

  •  整形外科医のための英語ペラペラ道場
  •  整形外科医のブログ 

​ ​
がタッグを組んで運営します!!
参加希望の先生方は、こちらからお願いします




最近の若い人はすごい!

このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、現在注力中の医療系スタートアップの新規スタッフ面接を行いました。面接と言っても夕食を一緒に食べて飲んだだけの話なのですが(笑)。


ワインを浴びるように飲んだので何を話したのかイマイチ覚えていないのですが、自分よりもかなり若い世代の人と話ができてなかなか楽しかったです。


今回のスタッフ候補はかなりの高学歴で、相当頭が良いことが話していて分かりました。学歴的には全く問題ないのですが、ビジネスで重要なことは学歴ではありません。


最終的にスタッフとしてお願いするかどうかはこの日の面談で決めようと思っていました。私の事業はリモートワークなので、普段の業務でお互い顔を合わすことはほぼありません。


しかし、だからこそ最初にお会いして人間性を確かめたいと思っているのです。一度人間性に問題がある人を仲間に入れてしまうと、後でかなり苦労することになります。


このため、特に新しい人をリクルートする時には、直接お会いして慎重に人間性を見極めるようにしています。今回は人間性も良く申し分のない人材だったので、即採用しました。


今回の人は理数系に強いので、スタートアップの業務に RPA(Robotic Process Automation)を導入できるかどうかを検討してもらうことにしました。


本当は NVIDIA の AI パッケージを入れたいと思っていますが、かなり資金がかかるため、とりあえずは RPA を検討しようと思っています。


さて、新しいスタッフ候補と飲みながら雑談しているとき、彼のキャリアパスが話題になりました。私の組織はクラウドワーカーの集団なので、専業でなくても問題ありません。


今は大学生なので就職活動中とのことですが、 間違ってもひとつの会社で一生勤めあげようと思ってはいけないという趣旨の話をしました。


ちょっとおっさんくさいことを言ったかな? と思ったのですが、実は私が言うまでもなく最近の学生はひとつの企業で最後まで勤めようという気持ちの人は少ないようです。


彼はかなり高学歴なので、日本を代表する一流企業に就職することになりそうです。そんな彼ですが5~10年ほど働いてスキルを身につけた後に、独立を考えているとのことでした。


なるほど最近の優秀な学生は、考えることも大人びているなと思いました。私の年代が就職するときは、その会社に一生を捧げるコトが当たり前でした。


しかし、今では日本企業も生涯にわたって従業員の雇用を確保する能力がなくなったので、
被雇用者側でもそのことを受け入れているようです。


このように就職に関する認識の違いが大きくて少し驚きましたが、独立する気概があることを知って頼もしく思いました。彼のような人材が日本を背負って立つのでしょうね。






★★  医師のキャリア革命(オンラインサロン)  ★★


「経済的自由」を手に入れるために Facebookを利用した非公開のオンラインサロンに参加してみませんか?



gg - コピー




本サロンの目標は、参加者全員に生涯途絶えることのない "複数の収入の流れ"  を得るための " 学びの場 "  を提供することです。


資産形成マニュアルで、医師が効率よく資産形成を実践するノウハウを公開しましたが、本サロンはそのフォローアップの場と位置付けています。


それぞれの参加者たちが得た知識や体験を共有し、集合知を形成する。集合知は、サロンのメンバーが未知の航海に旅立つ際の羅針盤となる


そのような " 学びの場 "  を

  •  整形外科医のための英語ペラペラ道場
  •  整形外科医のブログ 

​ ​
がタッグを組んで運営します!!
参加希望の先生方は、こちらからお願いします




アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

管理人の著書

161228 【書影】医師の経済的自由
管理人によるケアネット連載コラム
log_carenet

医師のためのお金の話

管理人による m3.com 連載コラム
管理人も参加しているオンラインサロン
勤務医のための資産形成マニュアル
築古木造戸建投資マニュアル

医師のための築古木造戸建投資マニュアル 1
医師のための 金融資産形成術
医師のための金融資産形成術

タダで自宅を手に入よう!

医師のための収益マイホーム購入マニュアル


配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール

自由気ままな整形外科医

・医学博士
・日本整形外科学会専門医
・日本リウマチ学会専門医
・不動産投資家
・超長期金融資産投資家
・ビジネスオーナー
・宅地建物取引主任士

QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。