整形外科医のブログ

中堅の整形外科医が、日々の気付きを書き記します。投資の成功で働く必要が無くなりましたが、社会貢献のため医師を続けています。

投資戦略

ATM医問題の解決法・リターンズ

このエントリーをはてなブックマークに追加

先週のATM医問題の解決法がわりと好評(?)だったので、もう少し深く掘り下げたいと思います。論点は、ATM医対策と銀行対策の類似点です。


問題の本質は、両者とも「ターゲットからいかにしてお金を回収するか」です。医師目線では「いかにしてお金を巻き上げられないようにするか」と読み替えることになります。


両者のプロセスは似ており、表面上の最終決着は裁判となりますが、判決が出ても得るものが少ないため、通常は調停や話合いで落としどころを探ることになります。


下記に医師目線で両者を比較してみます。
  • 収奪されるフロー所得: ATM医 50% vs 債務者 100%-生活費
  • 収奪される資産: ATM医 50% vs 債務者 100%-生活必需品
  • 収奪される期間: ATM医 5~10年 vs 債務者 死亡するまで
  • 対峙する相手: 弁護士、素人の配偶者 vs 百戦錬磨の債権回収業者


このように、どうみても銀行の条件が悪いことが分かります。30年一括借り上げの甘い罠にはめられて始めた新築マンション投資がいかに危険なことか分かりますね...。


また、30年一括借り上げの新築マンション投資ではなく通常の不動産投資でも、債務金額が数億円を超える場合には、経営判断を誤れば同じ境遇に転落します。


そんな状況になる可能性があるのなら、不動産投資なんて危なくてとても無理! と思う人が多いことでしょう。私はその感覚が正常だと思います。


しかし、あまり表立って話されることはないですが、成功している不動産投資家ほど、あらかじめ銀行対策を講じることで不測の事態が発生しても破綻回避できるケースが多いです。


細かいテクニックをブログで公開することはできませんが、私自身もこの分野はかなり研究して、かつ実践しています。10年ほど前に某大家の会で講演したことまであります(笑)。


少しだけヒントを言うと
  • 平時から個人所得の比率を少しずつ下げる
  • 平時から個人資産をホワイト法人へ少しずつ移転
ということになります。


重要なキーワードは「平時から」「少しずつ」「ホワイト法人」の3つです。きわめて理不尽な連帯保証人制度に対抗するには知恵が必要なのです。


そして理不尽さでは連帯保証人制度と同等の婚姻制度にも応用可能です。銀行対策という極めて高いハードルを乗り越えると、ATM医問題も一緒にクリアできます。


ただし、この領域を自力で学習することは極めて難しいため、超富裕層を目指す人以外は、ゆる医先生推奨の医師同士の結婚や、やさぱす先生の事実婚の方が現実的だと思います。


あと、最も重要なことを言い忘れていましたが、トラブルを未然に防ぐ努力の方が 100倍重要であることは論を俟ちません。


銀行で借りた債務はしっかり返済して、配偶者とは明るく楽しい生活を続けるという真っ当なことを第一に考えつつ、最悪の事態にも粛々と備えるのが吉ではないでしょうか。







★★  医師のキャリア革命(オンラインサロン)  ★★


「経済的自由」を手に入れるために Facebookを利用した非公開のオンラインサロンに参加してみませんか?



gg - コピー




本サロンの目標は、参加者全員に生涯途絶えることのない "複数の収入の流れ"  を得るための " 学びの場 "  を提供することです。


資産形成マニュアルで、医師が効率よく資産形成を実践するノウハウを公開しましたが、本サロンはそのフォローアップの場と位置付けています。


それぞれの参加者たちが得た知識や体験を共有し、集合知を形成する。集合知は、サロンのメンバーが未知の航海に旅立つ際の羅針盤となる


そのような " 学びの場 "  を

  •  整形外科医のための英語ペラペラ道場
  •  整形外科医のブログ 

​ ​
がタッグを組んで運営します!!
参加希望の先生方は、こちらからお願いします




ATM医問題の解決法

このエントリーをはてなブックマークに追加

Twitterの医クラでは、ATM医問題が流行っているそうです。先日の北海道の飲み会で初めて意識しましたが、よく考えるとゆる医先生のブログで頻出の話題だったように思います。


極端な話だから面白がって話題にはなるけど、実際にそんな人は居ないだろうと思っていましたが、類似ケースはそこそこあるようです。


周知のように、一度 ATM医になってしまうとリカバリーが難しいようです。そこで、ATM医問題の解決法を検討してみました。


まず、ATM医になってしまう理由は、悪意のある配偶者と離婚するためには膨大な費用がかかるからです。離婚にかかる費用には下記3つがあります。

  • 慰謝料
  • 財産分与
  • 婚姻費用


上記のうち慰謝料に関しては、仮にどちらかが浮気をしていたとしてもたいした金額にはなりません。財産分与は結婚してから殖えた資産なので、そこそこの金額になります。


そして離婚するための最大のハードルは、婚姻費用です。ATM医が逃れられない理由は、離婚時の多額の婚姻費用分担です。婚姻費用は、下記の式で算出されます。



婚姻費用=夫婦の年収差の34~52% × 5~10年



5~10年というのは離婚までにかかる期間です。なぜこんなに長いのかというと、未成年の子供が居る場合、基本的に離婚は認められないからです。


もし、子供のいる年収 2000万円の人が離婚する場合には、婚姻費用だけで5000万円以上かかるという信じられないような世界が広がっています...。


離婚したくても実際には極めて難しいことが分かります。まさに生ける屍状態で金蔓にされ続けます。ATM医が問題になることがようやく理解できました。


しかし、自分の身に置き換えて考えると、私の場合は簡単に離婚できることに気付きました。その理由は、その気になれば簡単に年収差をゼロ~マイナスにできるからです。


その理由は、医師としての個人給与所得は総収入の10%台なので、その気になればゼロにできる(勤務医をリタイアする)ことと、それ以上に銀行対策を入念に行ってきたからです。


銀行対策とは何でしょう??? 私の感覚では、婚姻費用目的で ATM医にたかる悪意ある配偶者よりも、銀行の取り立ての方が 10倍ぐらいタチが悪いです。


しかし、一般的には銀行融資を利用しないで超富裕層の門をくぐることは難しいです。私は今でこそ実質無借金なので気楽ですが、2013年までは膨大な借金を背負っていました。


常に破綻リスクを抱えながら生活していたので、不動産投資がうまくいかなくなったときでも破綻を回避する対策を粛々と打ってきたのです。


その対策の柱は、無借金の資産保有法人への所得移転です。キャッシュを産むビジネスや資産をホワイト法人へ少しずつ移転し、私個人では資産を所有しないようにしています。


さすがの銀行も、融資先ではない法人にまでは手出しできません。銀行(サービサー)の取り立ては苛烈を極めますが、法人に移転していると完璧に守られるのです。


そして、この銀行対策は悪意ある配偶者にも有効です。資産形成を志す人は、是非法人での資産形成を第一に考えてほしいと思います。


ここまで脱線しながらも ATM医問題の解決法を検討してきましたが、やはり「今すぐ離婚したい」というニーズに対する解決法はあまり無さそうです。


ゆる医先生が医師同士の結婚を勧める理由がようやく分かりました。医師同士であれば、ダブルインカムに加えて、婚姻費用もほぼゼロにできそうです。


また、医師以外と結婚する場合には、やさぱす先生が主張している事実婚という選択肢も、ハードルは高いですが有望に思えます。


ここまでつらつらと考えてきましたが、結婚するのにここまで考えなければならないことに愕然としました。私はたまたま安全地帯に居ましたが、偶然の産物だったようです...。






★★  医師のキャリア革命(オンラインサロン)  ★★


「経済的自由」を手に入れるために Facebookを利用した非公開のオンラインサロンに参加してみませんか?



gg - コピー




本サロンの目標は、参加者全員に生涯途絶えることのない "複数の収入の流れ"  を得るための " 学びの場 "  を提供することです。


資産形成マニュアルで、医師が効率よく資産形成を実践するノウハウを公開しましたが、本サロンはそのフォローアップの場と位置付けています。


それぞれの参加者たちが得た知識や体験を共有し、集合知を形成する。集合知は、サロンのメンバーが未知の航海に旅立つ際の羅針盤となる


そのような " 学びの場 "  を

  •  整形外科医のための英語ペラペラ道場
  •  整形外科医のブログ 

​ ​
がタッグを組んで運営します!!
参加希望の先生方は、こちらからお願いします




どこまでやる? 法人の節税対策

このエントリーをはてなブックマークに追加

利益がでている法人の節税対策で頭を悩ます人は多いと思います。特に不動産投資家界隈では、物件が高値圏で推移しているため、売却で多額の譲渡益が発生することが多いです。


先日も何件かそのような相談を受けました。私が築古木造戸建をやっていることを知っている人は、減価償却での節税を念頭にしているのかもしれません。


結論的に言うと王道的な節税手法は巷で言われていること以上はありません。法人の利益に対しては、築古木造戸建と言えども単なる課税の繰り延べにすぎません。


法人の節税対策として、私が考えている、もしくは実践していることは下記のごとくです。
  1. 経営セーフティ共済
  2. 親族への給与所得(ひとりあたり 700万円程度)
  3. 法人用生命保険


①②はすでに実践している方が多いと思います。もしまだ実行していないのであれば、早急に検討するべき課題でしょう。


ただし①に関しては 800万円が上限ですし、②の親族への給与も業務実態という問題があります。特に不動産賃貸業のように継続的に利益が発生する法人では役不足感を否めません。


不動産賃貸業では、修理費用を積み立てておく必要があります。しかし、修理積立金に対する税制上の特典はないため、ガッポリ税金を取られた残りを積み立てなければなりません。


そのような実務と税制の乖離を埋める手法として、③の法人用生命保険が活用できます。永久保有物件の大規模修繕時期に照準を合わせていると大きな節税効果を得られます。


一方、非不動産賃貸業の法人では、③の使い道が退職金ぐらいしか無いのでかなり苦しいです。社歴が浅く、創業者(=自分)や社員が若いと、グランドデザインを描き難いです。


私にも、プラチナフェニックスもどきの法人生命保険を導入している法人がありますが、出口を深く検討せずに加入したことが悔やまれます。


償還時期がきたら一旦退職するという荒業もありますが、資産保有法人以外では信用を失う可能性があるので、実行するか否かは慎重に考えるべきでしょう。


また、ニュースになったのでご存じの方は多いでしょうが、この手の法人生命保険は利益がでていることが前提の設計です。コロナ禍で赤字になると節税効果は霧散してしまいます。




このように、つらつらと法人の節税対策について考えてみましたが、実は私は過度な節税対策はしないことにしています。①~③を実行した後は、潔く納税しています。


結構な金額の納税なので鬱になりそうですが、あえて過度な節税対策をしないことには理由があります。それは納税後のきれいなお金を手許に残しておきたいからです。


今回のコロナ禍でもそうでしたが、危機時にはキャッシュ・イズ・キングとなります。3月に比較的大量の現金を株式市場に投入できたのも、適度な節税に留めておいたおかげです。


過度な節税対策には手を出さずにがんばって納税する...。きれいごとではなく、長い目でみると資産形成にプラスになることは保証します。






★★ 管理人監修の資産形成マニュアル ★★
 


管理人監修の「勤務医の、勤務医による、勤務医のための資産形成マニュアル」です。高度な医療技術で社会貢献するためには経済的安定が不可欠! という信念のもと、管理人は多くのメンターから指導を受けました。

その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。既に資産運用をしている方でも、勤務医のアドバンテージを生かした新しい考え方が見つかるかもしれません。

PDF版の販売で、30日間の返品保証付きです。当直1回分にも満たない価格なので、本マニュアルの手法を実践すれば、あっという間に元が取れると思います。 尚、医師以外の方のご購入はご遠慮ください。



情報教材表紙




コロナ乗り越え自分史上最高値を更新!

このエントリーをはてなブックマークに追加

私は毎月末に、所有している金融資産の時価評価を行っています。直近は 9月4日の NY市場がクローズした時点で〆ましたが、自分史上の最高値を更新していました!



666 - コピー



上図は、2002年から2020年までの18年間の金融資産運用のトラックレコードです。2020年1月末に自分史上の最高値を更新しましたが、その後は想定外のコロナショック発生です。


コロナショック極期でも時価評価の減少率はたいしたことなかったのですが、時価評価の減少額の絶対値が割と衝撃的な数字だったので、精神的にはちょっとブルーでした。


2008年のリーマンショック時は、下落率が大きく悲壮な思いで買い下がりましたが、今にして思えば減少額の絶対値が小さく、グラフではどこが2008年か分からない程度です。


さて、今回の自分史上最高値更新を受けての振り返りですが、最高値を更新した最大の理由は株式市場の堅調さのおかげです。NY・東京市場ともコロナショック前に回復しました。


このため、トコロテン方式に私の時価評価も水膨れしました(笑)。自分の運用成果ではなく、単に市況が良かっただけというオチです。


しかも、今回のコロナショックでは自分史上最大のキャッシュを投入しましたが、まだ  15%程度の含み益しか無いので、上昇率も全然自慢できるシロモノではありません...。


しかし、今回投資したのは基本的にインカムゲイン目的の銘柄群です。含み益の増加金額は微々たるものですが、月々のCFは 30万円ほど増加したので良しとしています。


次にチャンスの窓が開くのはいつになるか予想もできませんが、それまではキャッシュを温存してバーゲンハンティングの準備を万全にしておきたいと考えています。




株式市場が堅調なことが自分史上最高値更新の最大の要因ですが、それ以外にも重要な要素があります。それはキャッシュ産生能力の増大です。


2008年のリーマンショック時のキャッシュ産生能力は、勤務医としての給与所得+不動産所得の 2種類の CFだけでした。


2008年10月に J-REITに参戦しましたが、同年 12月には早くも弾切れしてしまい、その後は勤務医の給与所得と不動産所得からの CFのみで、2009年3月まで買い下がりました。


一方、コロナショックでは、リーマンショック時とは比較にならない分厚い CFで買い下がりました。事業所得+不動産所得+配当所得+給与所得+太陽光売電という陣容です。


勤務医の給与所得は全体の 10%台にまで低下しており、CFの多様化を推進してきました。多様化のおかげで、コロナ禍でも影響を受けないことを確認できたのは意義深かったです。


米国のバフェットが危機時にバーゲンハンティングできるのは、保険事業から流入するフロートという潤沢な CFのおかげです。


私もバフェットと同じように、危機時にバーゲンハンティングすることを投資戦略の根幹に据えているため、危機時にも途切れない CFの確保は資産形成における最大のテーマです。


株式などの金融資産での分散投資は、非効率極まりないので絶対に実行しません。しかし キャッシュ産生能力は、事業・不動産・株式・給与・外貨・太陽光に分散しています。


そして、危機時は新たな CF獲得のチャンスです。今回のコロナショックでは、不動産に関してはノーチャンスだったので、主に金融資産での CF確保(配当金)に注力しました。


次の危機時には、今回ゲットした金融資産の CFが追加されて、さらにバーゲンハンティングを敢行できる能力が増大したと判断しています。






★★ 管理人監修の資産形成マニュアル ★★
 


管理人監修の「勤務医の、勤務医による、勤務医のための資産形成マニュアル」です。高度な医療技術で社会貢献するためには経済的安定が不可欠! という信念のもと、管理人は多くのメンターから指導を受けました。

その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。既に資産運用をしている方でも、勤務医のアドバンテージを生かした新しい考え方が見つかるかもしれません。

PDF版の販売で、30日間の返品保証付きです。当直1回分にも満たない価格なので、本マニュアルの手法を実践すれば、あっという間に元が取れると思います。 尚、医師以外の方のご購入はご遠慮ください。



情報教材表紙




m3: 今話題の金投資を考えよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、m3.comの連載企画【医師のための資産形成】第28回がアップされました。お題は今話題の金投資を考えよう! です。



m3com_logo




さすがにドル流動性の枯渇した、コロナショックの極期には下落しましたが、現時点で金価格は史上最高値圏で推移しています。


このため、世間では金投資に対する関心が高まっています。なるほど、それならすぐに金投資を検討しなければ!


ちょっと待ってください! 多数派が相場で勝つ可能性はきわめて低いです。猫も杓子も金投資を話題にする時期に、金投資に参入するのは如何なものでしょうか?


金が高騰している原因のひとつに基軸通貨であるドルへの不信があります。ドル不信の大きな理由は、新型コロナウイルス感染症対応による巨額の財政出動です。


そして、米国以外のほとんどの主要国も、史上空前の財政出動を行いました。行き着く先は、全通貨価値の毀損かもしれません。それなら金価格の高騰も納得です。


しかし、金投資と言ってもさまざまな形態があります。そこで、金投資歴 20年の大ベテラン(=私)の登場です(笑)。


医師になりたてで世間知らずの私が、なけなしのお金を投入して行った金投資の成果は如何に? そして 20年間の投資歴から感じた金投資への結論は?


今回の m3.comの連載では、金投資に関する私の意見を述べてみました。3分ほどで読了可能なので、是非 m3.comを訪問してくださいね!






★★  医師のキャリア革命(オンラインサロン)  ★★


「経済的自由」を手に入れるために Facebookを利用した非公開のオンラインサロンに参加してみませんか?



gg - コピー




本サロンの目標は、参加者全員に生涯途絶えることのない "複数の収入の流れ"  を得るための " 学びの場 "  を提供することです。


資産形成マニュアルで、医師が効率よく資産形成を実践するノウハウを公開しましたが、本サロンはそのフォローアップの場と位置付けています。


それぞれの参加者たちが得た知識や体験を共有し、集合知を形成する。集合知は、サロンのメンバーが未知の航海に旅立つ際の羅針盤となる


そのような " 学びの場 "  を

  •  整形外科医のための英語ペラペラ道場
  •  整形外科医のブログ 

​ ​
がタッグを組んで運営します!!
参加希望の先生方は、こちらからお願いします




アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

医療研究を身近な存在とし、医療の未来を作る


管理人の著書

161228 【書影】医師の経済的自由
管理人によるケアネット連載コラム
log_carenet

医師のためのお金の話

管理人による m3.com 連載コラム
管理人も参加しているオンラインサロン
勤務医のための資産形成マニュアル
築古木造戸建投資マニュアル

医師のための築古木造戸建投資マニュアル 1
REITで実践する不動産投資セミナー
190122
医師のための 金融資産形成術


配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール

自由気ままな整形外科医

・医学博士
・日本整形外科学会専門医
・日本リウマチ学会専門医
・不動産投資家
・超長期金融資産投資家
・ビジネスオーナー
・宅地建物取引主任士

QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。