整形外科医のブログ

中堅の整形外科医が、日々の気付きを書き記します。投資の成功で働く必要が無くなりましたが、社会貢献のため医師を続けています。

投資戦略

m3: 沈みゆく日本を直視しよう

このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、m3.comの連載企画【医師のための資産形成】第21回がアップされました。お題は沈みゆく日本を直視しよう です。



m3com_logo




今回は、書いていてイヤになる内容でした。私はバブル崩壊後の超円高時代に海外旅行にちょくちょく行ったクチですが、その頃のジャパンマネーの力は凄かったです。


厳密にはバブル崩壊前に世界中の不動産や絵画を買いまくったのがジャパンマネーですが、超円高は私のような末端国民にまで日本のすごさを感じさせてくれたものです。


海外に行くと、とにかく何でも安いのです。東南アジアやアフリカはもちろんのこと、欧米諸国であっても、少なくとも日本よりも物価が高いと思ったことはありませんでした。


ところが、最近は欧米に行くことはかなり心理的にハードルが高くなってきました。物価が高いため、自分がすごく貧乏になった気分になるのです。


しかも、バンコクなどの東南アジア諸国なども侮れません。シンガポールは高嶺の花ですが、マレーシアの KLでさえも、感覚的には日本と同じぐらいの物価水準なのです。


諸外国が発展したのは間違いないですが、日本はその中に完全に埋もれてしまっています。日経新聞の年収1400万円は低所得という記事は、このことを端的に物語っています。


たしかに日本は物価が安く治安が良くて食べ物もおいしい素晴らしい国です。しかし「物価が安い」ために世界中から旅行客が殺到する国が、本当に素晴らしい国なのでしょうか?


今回の m3.comの連載では、沈みゆく日本についての私の考えを詳述してみました。3分ほどで読了可能なので、是非 m3.comを訪問してくださいね!






★★  医師のキャリア革命(オンラインサロン)  ★★


「経済的自由」を手に入れるために Facebookを利用した非公開のオンラインサロンに参加してみませんか?



gg - コピー




本サロンの目標は、参加者全員に生涯途絶えることのない "複数の収入の流れ"  を得るための " 学びの場 "  を提供することです。


資産形成マニュアルで、医師が効率よく資産形成を実践するノウハウを公開しましたが、本サロンはそのフォローアップの場と位置付けています。


それぞれの参加者たちが得た知識や体験を共有し、集合知を形成する。集合知は、サロンのメンバーが未知の航海に旅立つ際の羅針盤となる


そのような " 学びの場 "  を

  •  整形外科医のための英語ペラペラ道場
  •  整形外科医のブログ 

​ ​
がタッグを組んで運営します!!
参加希望の先生方は、こちらからお願いします




節約は一生必要なのか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

ゼロから経済的自由に到達するための資産形成マニュアルを上梓していますが、このマニュアル内ではタネ銭を貯めることの重要性を強調しています。


タネ銭を貯めるためには、①所得の極大化 ②節約 が重要なのですが、特に②節約に関しては少々ストイック過ぎるのではないか? という意見を拝聴します。


たしかに、卒後 5年目ぐらいまでは忙し過ぎてモノを買う時間さえロクに無かったため可能だった芸当かもしれません(もちろん多くの医師は同じ境遇でしょう)。


しかし、30歳台で専門医・学位取得+経済的自由にも到達してから、ずいぶん年月が流れました。今でもストイックな生活なのか?というと、おそらく全然そうではありません。


ではどんな感じの生活を送っているのかと言うと、タネ銭集めしていた頃と比較すると下記のごとくの変化があります。


  • 外食: 1ヵ月に1度程度 ⇒ 週2回程度
  • テレビ、新聞: 無し ⇒ 無し
  • ジム: 無し ⇒ 会員
  • 自動車: テラノ ⇒ ランクル
  • 住居: 賃貸(社宅) ⇒ 自宅
  • クレジットカード: ゴールド(日整会カード) ⇒ ブラックカード
  • 旅行: 学会のみ ⇒ 海外に年1~2回



劇的に生活水準が向上したわけではないですが、特に節約を意識しているわけではありません。マニュアルでは節約を説いていますが、一生節約!というわけではないのです。


上記の変化は特に意識することなく自然な経過でした。私の場合、フリーキャッシュフローをみながらフレキシブルに生活費を変動させているからです。


おおむね、贅沢費がキャッシュフローの10%を超えなければ、資産の土台が腐ることはないと言われています。真意のほどは定かではありませんが、これを律儀に守っています。


遊行費をフリーキャッシュフローの10%以内に抑えてさえいれば、どんな贅沢をしてもよいという規則にしているので、生活する上でほとんどストレスを感じなくなりました。


もちろん、タネ銭集めの時期には無理な話ですが、ある程度の資産を集めてキャッシュフローが潤沢になってくると、ストレスフリーな生活が待っています。


今回のブログで最も伝えたかったことは、一生節約を旨とする必要はないということです。キャッシュフローとのバランスをみながらおおいに人生を楽しみましょう!






★★ 管理人監修の資産形成マニュアル ★★
 


管理人監修の「勤務医の、勤務医による、勤務医のための資産形成マニュアル」です。高度な医療技術で社会貢献するためには経済的安定が不可欠! という信念のもと、管理人は多くのメンターから指導を受けました。

その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。既に資産運用をしている方でも、勤務医のアドバンテージを生かした新しい考え方が見つかるかもしれません。

PDF版の販売で、30日間の返品保証付きです。当直1回分にも満たない価格なので、本マニュアルの手法を実践すれば、あっという間に元が取れると思います。 尚、医師以外の方のご購入はご遠慮ください。



情報教材表紙




ケアネット:贈与税は合法的に!

このエントリーをはてなブックマークに追加

ケアネット・ドットコムの連載企画【医師のためのお金の話】第 28回が、先日アップされました。お題は お年玉シーズンに知っておきたい「賢い贈与」のコツ です。



log_carenet



今回は、お年玉をネタにした贈与の話です。もうすでにほとんどの方はお年玉をあげたのではないでしょうか。子供にとっては嬉しい行事ですが、大人にとってはちょっと辛い...


悲喜こもごも(?)のお年玉ですが、高額な金額を贈与する場合には注意点があります。それは贈与税のルールを知らないと高額な税金を取られてしまうことです。


しかも贈与税に関しても、税務署は「性悪説」で対応しがちです。国家権力を背景にしているだけに、贈与に際しては細心の注意を払いたいものです。


鳩山元首相が毎月 1500万円もの「子ども手当」をもらっていることが発覚して大問題になったことがありましたが、このような倫理観の欠如した行為をしてはいけません。


そして、鳩山元首相のような倫理観の欠如した人でなくても、贈与税の「実際の」ルールを知らずに表面的な事項だけで対応していると、脱税と認定されてしまう可能性があります。


今回のケアネットの連載では、一般的な贈与の注意点を述べたうえで、私が実践している贈与のテクニックをご説明しています。


3分で読了可能なので、是非ケアネット・ドットコムの連載企画【医師のためのお金の話】第 28回を訪問してください!






★★  医師のキャリア革命(オンラインサロン)  ★★


「経済的自由」を手に入れるために Facebookを利用した非公開のオンラインサロンに参加してみませんか?



gg - コピー




本サロンの目標は、参加者全員に生涯途絶えることのない "複数の収入の流れ"  を得るための " 学びの場 "  を提供することです。


資産形成マニュアルで、医師が効率よく資産形成を実践するノウハウを公開しましたが、本サロンはそのフォローアップの場と位置付けています。


それぞれの参加者たちが得た知識や体験を共有し、集合知を形成する。集合知は、サロンのメンバーが未知の航海に旅立つ際の羅針盤となる


そのような " 学びの場 "  を

  •  整形外科医のための英語ペラペラ道場
  •  整形外科医のブログ 

​ ​
がタッグを組んで運営します!!
参加希望の先生方は、こちらからお願いします




m3:時間の自由を得るには勤務医が一番?

このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、m3.comの連載企画【医師のための資産形成】第20回がアップされました。お題は時間の自由を得るには勤務医が一番? です。



m3com_logo




今回は完全なポジショントークです(笑)。私は、2009年に金融資産 1億円突破、2013年に融資残債<金融資産を達成して、勤務医のまま 30歳台で経済的自由に到達しました。


拙著である医師の経済的自由でも述べていますが、開業医にならず勤務医のまま経済的自由を目指した理由は、時間の自由を得るには勤務医が最適と考えたことが一番の理由です。


開業医は勤務医と比べて収入が高いです(平均すると約2倍)。しかし、自営業なので個人にすべてが集中するリスク、および時間的自由度が低いという欠点があります。


一方、勤務医は公的基幹病院では激務なものの、その他の医療機関ではそこまで過酷な状況ではありません。他の医師のフォローも期待できるので時間的には勤務医に分があります。


このことは非常に大きなポイントです。時間に自由度があると投資やビジネスに取り組むチャンスがあるからです。


投資やビジネスはうまく回り始めると指数的に収益が増大します。このため、開業医の小さな収益を積み上げていくビジネスモデルと比較して爆発的に資産を拡大できます。


資産形成する目的は、ずばり「時間の自由」です。「自由な時間」ではなく「時間の自由」であることに注意が必要です。


今回の m3.comの連載では、時間についての私の考えを詳述してみました。3分ほどで読了可能なので、是非 m3.comを訪問してくださいね!






★★  医師のキャリア革命(オンラインサロン)  ★★


「経済的自由」を手に入れるために Facebookを利用した非公開のオンラインサロンに参加してみませんか?



gg - コピー




本サロンの目標は、参加者全員に生涯途絶えることのない "複数の収入の流れ"  を得るための " 学びの場 "  を提供することです。


資産形成マニュアルで、医師が効率よく資産形成を実践するノウハウを公開しましたが、本サロンはそのフォローアップの場と位置付けています。


それぞれの参加者たちが得た知識や体験を共有し、集合知を形成する。集合知は、サロンのメンバーが未知の航海に旅立つ際の羅針盤となる


そのような " 学びの場 "  を

  •  整形外科医のための英語ペラペラ道場
  •  整形外科医のブログ 

​ ​
がタッグを組んで運営します!!
参加希望の先生方は、こちらからお願いします




銀行融資は通貨価値下落の保険である

このエントリーをはてなブックマークに追加

不動産投資を通じて資産形成を行う上で、銀行融資を受けてレバレッジをかけることは強力なツールとなります。


このため、銀行融資=レバレッジという等式が出来上がっており、これに対して疑念を抱くことはほとんどありません。実際、銀行融資=レバレッジは正しいと思います。


レバレッジをかけて資金効率を高めることこそ不動産投資の醍醐味であり、短期間で資産を増加させるポイントになります。


しかし、超長期目線では少し異なる風景が見えるのではないでしょうか。具体的には銀行融資=通貨価値下落に対する保険 という考え方もできると思います。


例えば物件購入時に期間30年とした場合、30年後の通貨価値はほぼ確実に現在価値よりも低いです。これはデフレが続いている日本円も例外ではありません。


一方、購入した物件が実質的に時間の経過とともに減価しないのであれば、通貨価値下落の保険となります。つまり、不動産を介して実質的価値が維持されるのです。


通貨価値下落に対する保険としての銀行融資が負けるパターンがあるとすれば、それは不動産価格の実質的な下落です。


通貨価値下落よりも実質的な不動産価格下落が激しければ保険の意味を成しません。特に建物割合の高い物件の場合には確実に減価するため注意が必要です。


一方、購入時に土地割合が高い物件の場合には、建物部分の物理的減価の影響が小さいです。このため、実質的には地価の動向がすべてを決します。


少なくとも都心の好立地物件に関しては地価が維持されやすいので、このような物件に対する銀行融資は通貨価値下落の保険となる可能性が高いです。


このような観点で銀行融資を受けると、単にレバレッジをかける手段だけではなく通貨価値下落に対する保険という観点でも銀行融資を考えるきっかけになります。


私の場合、不動産投資で銀行融資を受けることは、レバレッジをかけるだけではなく通貨価値下落に対する保険であるという感覚です。


このような感覚でやっていると、銀行融資を受けていると日本円の価値が棄損されても問題無し! という精神の安定を得ることが可能となります。


このために必要なことは、好立地物件をみつけてきてそれを銀行融資で購入することだけです。これだけの行動で超長期での日本円下落リスクをレバレッジまで掛けて回避できます。


超長期目線では、これほど勝率の高い投資はなかなか無いと思われます。ポジショントークではありますが、銀行融資を通貨価値下落の保険と考えてみてはいかがでしょうか。





★★ 収益マイホーム購入マニュアル ★★
 


勤務医のあなたが開業医並みの収入を得て富裕層に到達する方法!」で提唱した収益マイホームの実践版です。2004年に”お金を生む”マイホームをタダ同然で取得した管理人が、家計のキャッシュフローを劇的に改善できる「収益マイホーム」を解説します。


どうせマイホームを取得するのなら、できるだけ安価に・安全に購入したいと思う方にぴったりのノウハウがぎっしり詰まったマニュアルです。 収益マイホームを購入することで、家賃や住宅ローンの支払から解放される可能性が高まります。


そしてこのことが人生の幅を広げることにもなるかもしれません。 全125ページのスライドのPDF版ダウンロード販売で、30日間の返品保証付きです。当直1回分にも満たない価格なので、本マニュアルの手法を実践すれば、あっという間に元が取れると思います。


尚、医師以外の方のご購入はご遠慮ください。



表紙画像
                                
タダで自宅を手に入よう! 収益マイホーム購入マニュアル ver. 190905


アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

医療研究を身近な存在とし、医療の未来を作る


管理人の著書

161228 【書影】医師の経済的自由
管理人によるケアネット連載コラム
log_carenet

医師のためのお金の話

管理人による m3.com 連載コラム
管理人も参加しているオンラインサロン
勤務医のための資産形成マニュアル
築古木造戸建投資マニュアル

医師のための築古木造戸建投資マニュアル 1
REITで実践する不動産投資セミナー
190122
医師のための 金融資産形成術


配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール

自由気ままな整形外科医

・医学博士
・日本整形外科学会専門医
・日本リウマチ学会専門医
・不動産投資家
・超長期金融資産投資家
・ビジネスオーナー
・宅地建物取引主任士

QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。