整形外科医のブログ

中堅の整形外科医が、日々の気付きを書き記します。投資の成功で働く必要が無くなりましたが、社会貢献のため医師を続けています。

投資戦略

年収1000万円も張子の虎か?!

このエントリーをはてなブックマークに追加

今週号の週刊ダイヤモンドの特集は、年収1000万円の大不幸でした。






内容に目新しさはありませんが、ほぼすべての医師は年収 1000万円以上に該当するものと思われます。したがって、ここに記載されていることはキホンのキです。


この手の特集では、マイナス方向に行かないための防御策が気になるところです。私が今回の特集をみて得心したのは、下記2点です。


  1.  残業代が別途の年収は脆い
  2.  教育費が家計を圧迫する


まず①の残業代が別途の年収は脆いですが、建設業や商社などの一般企業では仕事がハードで残業代が多いためにトータルの給与所得が 1000万円を超えるケースが多いようです。


周知のように、医師の世界でも大規模公的基幹病院を中心に、同様の給与体系が採られている医療機関が多いです。特に独法化したところが該当し、給与が減少したようです。


このように残業代でトータルの年収が維持されているパターンでは、仮に今回のコロナ禍での影響が無かったとしても、決して安定しているとは言えません。


もし、自分がそのようなパターンに該当しているのであれば、自分の給与所得は砂上の楼閣であることを認識して、気を引き締める必要があると思います。


次に②教育費が家計を圧迫するもかなりのクセ者です。他ではあまり見たことのないノイエス(?)は、中高一貫校でも塾通いは続くという事実です。


全国的に有名な進学校であっても、現役で東大理Ⅲを狙う最上位層や、逆にぎりぎりで合格したため、授業についていくのが難しい層では塾通いが必須となります。


たしかに私の身の回りでも、全国屈指の進学校にもかかわらず、中学1年生時から学年の 1/3~1/2が鉄緑会に通学していて驚いた記憶があります。


私立中学・高校+塾費用なので、単純計算で年間200万円近くになるケースもあります。これだけ出費がかさむと年収 1000万円と言えどもかなり苦しいですね...。


私は塾や予備校に行ったことが無いので、その感覚が良く分かりませんでしたが、仮に通学していたとしても親がお金を出してくれたはずなので痛みは分からなかったことでしょう。


現役医師は、このような残業代と教育費の落とし穴にはまっている確率が高いと思います。くれぐれも自分が高収入だと思い込まないことが大事だと思いました。






★★  医師のキャリア革命(オンラインサロン)  ★★


「経済的自由」を手に入れるために Facebookを利用した非公開のオンラインサロンに参加してみませんか?



gg - コピー




本サロンの目標は、参加者全員に生涯途絶えることのない "複数の収入の流れ"  を得るための " 学びの場 "  を提供することです。


資産形成マニュアルで、医師が効率よく資産形成を実践するノウハウを公開しましたが、本サロンはそのフォローアップの場と位置付けています。


それぞれの参加者たちが得た知識や体験を共有し、集合知を形成する。集合知は、サロンのメンバーが未知の航海に旅立つ際の羅針盤となる


そのような " 学びの場 "  を

  •  整形外科医のための英語ペラペラ道場
  •  整形外科医のブログ 

​ ​
がタッグを組んで運営します!!
参加希望の先生方は、こちらからお願いします




m3: 株式、不動産、ビジネスの中で一番バランスの良い儲け方は?

このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、m3.comの連載企画【医師のための資産形成】第31回がアップされました。お題は株式、不動産、ビジネスの中で一番バランスの良い儲け方は? です。



m3com_logo




今回はずっと前から書きたいと思っていたテーマです。資産形成にはいろいろな手法がありますが、どれをチョイスすれば良いのか?という命題に関する回答はあまり見かけません。


ときどき、不動産と株式投資の二刀流の人が居ますが、ビジネスまで含めて比較している人は見たことがありません。


しかし書き始めてみると意外と難しい...。株式投資・不動産・ビジネスと言っても、投資戦略・規模・ビジネスモデルが全く異なるため一般化することは難しいからです。


そこで、できるだけ一般化しつつも、最終的には自分の実践していることをベースに、どのジャンルが最もコスパが良いのかを考えてみました。


その結論は、、、、
私の経験では不動産投資が最もバランスとコスパが良い、でした。


正直言って、不動産投資は最近全然タッチしていません。今はビジネスと株式投資メインですが、逆に言うとそれほど不動産投資は安定していてやることが無い状況とも言えます。


そして、株式投資・不動産・ビジネスの特徴をそれぞれ深堀したことで、自分の中でも進むべき方向性の整理をすることができました。


今回の m3.comの連載では、自験例をもとに株式、不動産、ビジネスのバランスに関する私意見を述べてみました。3分ほどで読了可能なので、是非 m3.comを訪問してくださいね!






★★  医師のキャリア革命(オンラインサロン)  ★★


「経済的自由」を手に入れるために Facebookを利用した非公開のオンラインサロンに参加してみませんか?



gg - コピー




本サロンの目標は、参加者全員に生涯途絶えることのない "複数の収入の流れ"  を得るための " 学びの場 "  を提供することです。


資産形成マニュアルで、医師が効率よく資産形成を実践するノウハウを公開しましたが、本サロンはそのフォローアップの場と位置付けています。


それぞれの参加者たちが得た知識や体験を共有し、集合知を形成する。集合知は、サロンのメンバーが未知の航海に旅立つ際の羅針盤となる


そのような " 学びの場 "  を

  •  整形外科医のための英語ペラペラ道場
  •  整形外科医のブログ 

​ ​
がタッグを組んで運営します!!
参加希望の先生方は、こちらからお願いします




コロナ禍の金融緩和が行き着く先

このエントリーをはてなブックマークに追加

新型コロナウイルス感染症によるパンデミックのために、中国以外の世界の主要国が未曾有の金融緩和を実施しました。これは歴史的なイベントだと思います。


そして、空前の金融緩和の行き着く先は、全通貨価値の下落です。唯一緩和していない中国は人民元を USDにペッグしており、また独歩高を許容するとも思えません。


いつ通貨価値下落が発生するのか予想できませんが、少なくとも 10年以内には大規模な通貨価値下落が発生すると予想しています。それに対する対策は下記への投資です。


  1.  貴金属
  2.  不動産
  3.  株式


上記の順番に?と思った方が多いのではないでしょうか。普通に考えると、株式→不動産→貴金属、もしくは株式→貴金属→不動産の順番になります。


あえて上記の順番にしたのは、第一次世界大戦後にハイパーインフレが発生したドイツの事例を参考にしたからです。当時のドイツでは株価は最後まで低迷していました。


市場規模・流動性・保管性を考えると、貴金属が資産形成のメインになることはありえないですが、貴金属の値動きには注意しておく必要があります。


さて、貴金属なら金(ゴールド)、不動産なら都市中心部の物件というように、あまり投資対象を考える必要はありません。しかし、株式投資に関しては別です。


株式投資はアクセスが容易であるため、日本だけではなく世界各国のすべての業種に投資することが可能です。選択肢が多過ぎて投資対象を絞るのが難しいのです。


私は株式に対して夢を抱くことはないので、何らかの理由で下落してしまい捨て値で放置されている銘柄を拾っていく投資戦略を 20年間に渡って継続しています。


いわゆるバリュー株投資の亜型で、メリットは勝率が 8~9割と高いことです。一方、上昇率は 2~3倍に留まることが多く、グロース株投資のような 10倍越えは数銘柄だけです。


このような投資戦略を採っている前提で、今回のコロナ禍(および大統領選)に臨む戦略をもう一度再考してみました。


通貨価値が下落するときに強いのは、やはり資源株でしょう。教科書的には通貨価値下落=金利上昇ですが、金融抑圧の実施や不況が到来する可能性が高いので金融株は微妙です。


不動産やインフラ等のストック型銘柄も、通貨価値による不動産価格上昇や、不況下でも収益を確保できることから手堅い銘柄選択と言えます。


このような思考過程から、結論的にはいつものごとくの結論になります。つまり株式投資では、資源株もしくはストック型銘柄をターゲットにするのです。


資源株の特徴は不況に弱い点です。これは諸刃の剣で、10年以上の長期的な目線では割安に拾えるチャンスが大きいことを意味します。


しかし、短期的には経済混乱期に大幅下落するので、投資し続けることが精神的に耐えがたくなってしまうことが懸念されます。


株式投資は実践している期間の 9割は精神的に苦しいです。その理由は含み益が大きくなってくると存在を忘れてしまい、現在注力中の銘柄の含み損しか眼中になくなるからです。


精神的にはいつも苦しい株式投資ですが、コロナ禍という災厄のために本格的に勝負する時期が早まったことは確かです。戦略は決まったので、戦術を検討していこうと思います。






★★ 管理人監修の資産形成マニュアル ★★
 


管理人監修の「勤務医の、勤務医による、勤務医のための資産形成マニュアル」です。高度な医療技術で社会貢献するためには経済的安定が不可欠! という信念のもと、管理人は多くのメンターから指導を受けました。

その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。既に資産運用をしている方でも、勤務医のアドバンテージを生かした新しい考え方が見つかるかもしれません。

PDF版の販売で、30日間の返品保証付きです。当直1回分にも満たない価格なので、本マニュアルの手法を実践すれば、あっという間に元が取れると思います。 尚、医師以外の方のご購入はご遠慮ください。



情報教材表紙




利回り星人は本当にダメなのか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

投資の世界において、利回り星人は蔑まれがちです。流動性のある市場において、利回りが高いということは高いリスクの裏返しです。


利回り星人が蔑まれる理由は、表面的な利回りの高さに目を奪われて、その裏に潜んでいるリスクを理解していない人を揶揄する向きがあるからです。


しかし、本当に利回り星人はダメなのでしょうか? ここでは自験例で利回り星人(=かつての私)のその後を検討してみました。



① J-REIT

まず、今話題の日本ビルファンド(8951)です。私は10年ほど前に平均株価 328820円で購入しました。当時の分配金利回りは 4%台だった記憶があります。


J-REITを代表する銘柄なので、4%台でも高利回りという印象でした。そのビルファンドを10年間所有し続けた結果、現在では購入時換算で 6.7%の利回りです。


1株あたり含み益 20万円+あのビルファンドを利回り 6.7%で所有しています。まさに ATM...。三井不動産の稚拙な運用で株価は下げていますが、下げれば買うつもりです。


J-REIT全体では、2008年購入時には分配金利回り 10%程度でした。12年後の現在、購入時換算での利回りはほぼ同じですが、株価は約2倍となってかなりの含み益があります。



② 電力株

一方、2012年に投資した電力株は、東日本大震災以前の妄想配当利回り7%程度でしたが、現在でも購入時換算で 3.56%に留まっています。含み益もほぼゼロに近いです...。



③ 産金株

次は産金株です。2015年に67000 USDで 6銘柄に分散投資しました(合併したため現在は5銘柄)。当時は金市場が最悪だったので、NEMとGG以外は無配だった記憶があります。


5年間保有し続けた結果、現在の株価は約233000 USDで、購入時換算で 4.67%です。投資前の妄想配当利回りに復しました。金は配当を産まないですが、産金株なら配当ありです。



④ リアル不動産

2006年に購入した1棟マンションは表面利回り 12%のRC造でした。2013年に買値+アルファ程度で売却しました。税引き後手残りが2000万円なので微妙な成果です。


しかし、その物件はその後暴騰していき、最終的には私の売却金額の1.5倍程度になりました。物件の生み出すCFは漸減しましたが、物件価格は時流に乗って高騰しました。


その他にも10%台前半で購入した物件を次々に売却しましたが、CFは漸減したものの売却時表面利回りが低下したので、その分だけ利益を得ることができました。




巷で言われている利回り星人の利回りほど高くないのであまり参考にならないかもしれませんが、やはり投資商品の価格の源泉は CFであることを再認識しました。


CFを後追いして
投資商品も上下するのです。このことから導き出されることは、倒産して紙切れにならない限りは、利回り星人の戦略も全否定されるものではないということです。


手堅い銘柄や、そこそこの立地のリアル不動産で高利回りを見込めるのであれば、多少のリスクに目を瞑って投資してみるのもアリかもしれません。


もちろん、金融資産では個人レベルで判断できないリスクも多く、リアル不動産ではとんでもないインサイダー情報が隠されている可能性があります。


投資で大きな利益を得るには、このあたりのリスクを調べ尽くしたうえで、天命に賭けて投資するのもひとつの手かもしれませんね。






★★ 管理人監修の資産形成マニュアル ★★
 


管理人監修の「勤務医の、勤務医による、勤務医のための資産形成マニュアル」です。高度な医療技術で社会貢献するためには経済的安定が不可欠! という信念のもと、管理人は多くのメンターから指導を受けました。

その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。既に資産運用をしている方でも、勤務医のアドバンテージを生かした新しい考え方が見つかるかもしれません。

PDF版の販売で、30日間の返品保証付きです。当直1回分にも満たない価格なので、本マニュアルの手法を実践すれば、あっという間に元が取れると思います。 尚、医師以外の方のご購入はご遠慮ください。



情報教材表紙




GoToキャンペーン狂騒曲

このエントリーをはてなブックマークに追加

今更ながらですが、GoToキャンペーンが熱いです。当初は小規模な(?)バラマキと思っていましたが、明らかに需要喚起の起点になっています。


  • GoToトラベル
  • GoToイート


GoToトラベルの破壊力は凄まじく、旅行したくても目ぼしいところは完売状態です。私もできるだけ旅行しようと画策していますが、年末のカニ旅行を押さえるのが精一杯でした。


街中に旅行客があふれ、夏までのコロナ禍が嘘のように活況を呈しています。これから冬が到来しますが、どうか中小企業の方には一息ついてほしいと願っています...。


GoToイートは東京が未であるものの、現時点でかなりの都道府県で開始されています。GoToトラベルの破壊力がすごかったので、GoToイートは全く注目していませんでした。


しかし、概要が明らかになるにつれ、GoToイートの方がすごいかも?と感じるようになりました。最初はトリキ錬金術で騒がれましたが、今は「無限くら寿司
が熱いようです。


  • 客単価が1000円程度
  • ネット予約でポイントをゲットできる
  • 全国チェーン


くら寿司は上記3条件を満たす唯一の存在のため、GoToイートの恩恵を最大限享受することが可能です。最初に支払うだけで、2回目以降はタダ飯になるという恐ろしい仕組みです。


試しに、くら寿司の予約ができる EPARKを覗いてみましたが、夕方はアクセスが集中しているようで、まともに内部を閲覧することができません。


無限くら寿司はかなり有名になったので、早晩規制がかかることが予想されます。まぁ、一企業だけに公費が雪崩れ込むのはキャンペーンの趣旨に反するので仕方ないでしょう。


せこい私としては、一度ぐらいは無限くら寿司を味わってみたいと思っていますが、実行する前に規制がかかりそうですね(笑)。


ふるさと納税でもそうでしたが、政府が旗を振るととんでもない規模の影響が発生することを実感しました。このツケは誰が支払うことになるのでしょうか...。






★★  医師のキャリア革命(オンラインサロン)  ★★


「経済的自由」を手に入れるために Facebookを利用した非公開のオンラインサロンに参加してみませんか?



gg - コピー




本サロンの目標は、参加者全員に生涯途絶えることのない "複数の収入の流れ"  を得るための " 学びの場 "  を提供することです。


資産形成マニュアルで、医師が効率よく資産形成を実践するノウハウを公開しましたが、本サロンはそのフォローアップの場と位置付けています。


それぞれの参加者たちが得た知識や体験を共有し、集合知を形成する。集合知は、サロンのメンバーが未知の航海に旅立つ際の羅針盤となる


そのような " 学びの場 "  を

  •  整形外科医のための英語ペラペラ道場
  •  整形外科医のブログ 

​ ​
がタッグを組んで運営します!!
参加希望の先生方は、こちらからお願いします




アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

医療研究を身近な存在とし、医療の未来を作る


管理人の著書

161228 【書影】医師の経済的自由
管理人によるケアネット連載コラム
log_carenet

医師のためのお金の話

管理人による m3.com 連載コラム
管理人も参加しているオンラインサロン
勤務医のための資産形成マニュアル
築古木造戸建投資マニュアル

医師のための築古木造戸建投資マニュアル 1
REITで実践する不動産投資セミナー
190122
医師のための 金融資産形成術


配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール

自由気ままな整形外科医

・医学博士
・日本整形外科学会専門医
・日本リウマチ学会専門医
・不動産投資家
・超長期金融資産投資家
・ビジネスオーナー
・宅地建物取引主任士

QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。