整形外科医のブログ

中堅の整形外科医が、日々の気付きを書き記します。投資の成功で働く必要が無くなりましたが、社会貢献のため医師を続けています。

投資戦略

需給関係を判断材料にしよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

私たちは資本主義社会に生きています。
資本主義社会のキホンは自由経済です。


自由経済では需要と供給によって物事が決まります。このことは誰でも知っていることですが、この原理原則に基づいて行動している人は思いのほか少ない印象を抱いています。




就職活動


毎年、就活生対象の人気企業ランキングが話題になります。私はへそ曲がりなので、人気企業ランキング上位企業は現在が旬なので株で言えば長期保有の対象が外すほどです。


しかし、ここでは就活生から人気がある=需要が高いことは、就活生を採る企業にとって(=人気企業は狭き門なので供給は少ない)のどちらに有利なのかを考えてみます。


考えるまでも無く、供給の少ない人気企業の立場が圧倒的に有利です。何と言っても優秀な就活生を採りたい放題なのですから。


一方、就活生にとって、人気企業に就職することは有利なのでしょうか? もちろん、就職先として魅力的なので人気化しています。このため就活生にとっても不利ではありません。


しかし、就職するのはいずれ劣らぬ優秀な人材ばかりです。競争の激しい集団の中で生き残るのは容易ではありません。ここまで考えると就活生に不利であることが分かります。


人気企業ランキング上位に就職するのは、本当の意味で「賢い」人ではない気がするのは私だけでしょうか???




ブランド


ブランドの価値は強力です。ひと昔前までは品質の差が大きかったのですが、今では品質の差がさほど無いにもかかわらず、ブランド力の高いものは価格も高いです。


しかし、実際には価格ほど品質の差が無いことが多いです。代表的な例は iPhoneだと思います。品質に比べて価格の高さが目立ちます。


iPhoneを供給しているアップルは、世界で初めて時価総額1兆ドルを超えた企業です。iPhoneに対して何を求めるのかにもよりますが、品質や性能を求めるのはコスパ悪いです。


iPhoneを持つことによるイメージアップや満足感が目的でない場合には、iPhoneを選択するのは微妙な判断です。品質や性能なら人気の無いファーウェイがベストチョイスです。




株式投資


需給関係がストレートに損得に結びつく具体例として最も適切なのは株式投資だと思います。株価が高い=需要が高い+供給が少ないです。


このような株式は値嵩株と呼ばれて人気化します。初心者が好んで買いますが、このような株式ばかり購入していると、悲惨な結果になることが多いのは周知の事実です。


初心者にありがちなのは、株価の天井で購入(=需要が最も多く供給が最も少ない時期)して大きな損失を抱えてしまうことです。


もちろん、株価の低い銘柄を購入すれば勝てるほど単純なものではありません。ただ、人気化している株式を追い求めると高率に負けることだけは確かです。


株式投資においても需給関係を考えて投資することは大負けしない基本だと思われます。くれぐれもご用心を。




ここまで見てきたように、資本主義の世の中で需給関係を見極めることは、想像以上に重要であることが分かると思います。


可能であれば自分の行動が、需要が低く供給が多いところに向かうことが理想です。少なくとも需要が少なく供給の多い人気化しているところに向かうことは避けるべきでしょう。







★★  医師のキャリア革命(オンラインサロン)  ★★


「経済的自由」を手に入れるために Facebookを利用した非公開のオンラインサロンに参加してみませんか?



gg - コピー




本サロンの目標は、参加者全員に生涯途絶えることのない "複数の収入の流れ"  を得るための " 学びの場 "  を提供することです。


資産形成マニュアルで、医師が効率よく資産形成を実践するノウハウを公開しましたが、本サロンはそのフォローアップの場と位置付けています。


それぞれの参加者たちが得た知識や体験を共有し、集合知を形成する。集合知は、サロンのメンバーが未知の航海に旅立つ際の羅針盤となる


そのような " 学びの場 "  を

  •  整形外科医のための英語ペラペラ道場
  •  整形外科医のブログ 

​ ​
がタッグを組んで運営します!!
参加希望の先生方は、こちらからお願いします




私の消費税増税対策

このエントリーをはてなブックマークに追加

10月1日から消費税が増税されます。
そろそろ、買いだめや駆け込み消費しなければ!


しかし、今回はキャッシュレス・ポイント還元が始まります。このため、消費税増税の効果は限定的だそうです。ネット上の消費税前の注意点でも買いだめは推奨されていません。


な~んだ、そうなのか。しかし、本当にキャッシュレス・ポイント還元は「私」にとって有用なのでしょうか? そこで、自分の行動パターンに即して検討してみました。




日用品


まず、日常的な買い物は、近所のスーパーやイオンなどの大規模店舗で行います。食品に関しては原則的に軽減税率の適応なので影響は無いようです。


一方、トイレットペーパーや洗剤などの消耗品は10%に増税されます。しかし、近所のスーパーやイオンなどの大規模店舗はキャッシュレス・ポイント還元店舗ではありません。


それでは、キャッシュレス・ポイント還元店舗で購入すればよいということになりますが、検索したところ、日用品を売っている対象店はなさそうです...。


報道によると、大手スーパーはキャッシュレス・ポイント還元店ではないので、自社ポイントを利用しても還元策を練っているそうです。


自社ポイントは使用店舗が限定されるため不自由さが否めませんが、定期的に利用する店舗であれば問題なさそうです。実質的にしばらくは買いだめの必要性は無さそうですね。




お 酒


こちらは軽減税率の対象ではないし、品質と価格のコスパの高いモエ、ヴーヴクリコ、フェラーリなどは大手スーパーでは扱っていません。


やまやなどの酒店での購入ですが、もちろんキャッシュレス・ポイント還元店ではありません。自社ポイント還元は実施しますが、比較的短期間のようです。


単価の安いビールなどは嵩張るのでパスですが、シャンパンの買いだめはアリかもしれません。今回のターゲットはシャンパンに決めました。




家 電


もともとPCを購入するつもりだったので、こちらは9月中に発注するつもりです。ただし、買いだめする楽しさは皆無なのでつまらないですね。




コンビニ


コンビニは消費税増税対策で他業種をリードしている存在です。このため、10月以降に買い物する方がお得という情報も流れています。


しかし、コンビニはもともと商品が割高です。コンビニは商品ではなく「自分の時間」を購入する場所なので、必然的にキャッシュレス・ポイント還元とは関係ないという認識です。




不動産


自宅2号はすでに各種業者さんへの支払いをほぼ終了しています。また、他の所有物件も大規模修繕が必要な物件はないので、ほぼストレスフリーで10月を迎えられそうです。





ここまで、自分の生活様式に準じて10月以降の消費税増税対策を考えました。コンビニを利用しない派の私には、キャッシュレス・ポイント還元のメリットはほぼなさそうです。


一方、増税といっても2%程度に過ぎず、自社ポイント還元もあるようなので、現時点ではあまり対応策を考える必要はなさそうです。


あえて言うなら日用品の買いだめぐらいですが、単価が安いものがほとんどなので、スペースを考えると割に合いません。


以上から、増税を甘受して粛々と10月を迎えるのが吉な気がしてきました。リクリエーションとしても買いだめはOKですが、実利を取る目的なら止めた方がいいという結論です。







★★ 管理人監修の資産形成マニュアル ★★
 


管理人監修の「勤務医の、勤務医による、勤務医のための資産形成マニュアル」です。高度な医療技術で社会貢献するためには経済的安定が不可欠! という信念のもと、管理人は多くのメンターから指導を受けました。

その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。既に資産運用をしている方でも、勤務医のアドバンテージを生かした新しい考え方が見つかるかもしれません。

PDF版の販売で、30日間の返品保証付きです。当直1回分にも満たない価格なので、本マニュアルの手法を実践すれば、あっという間に元が取れると思います。 尚、医師以外の方のご購入はご遠慮ください。



情報教材表紙




m3: 世界の真理? 資産家は「裏道」を行く

このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、m3.comの連載企画【医師のための資産形成】第18回がアップされました。お題は世界の真理? 資産家は「裏道」を行く です。



m3com_logo




「裏道」を行く...。何んだかオイシイ儲け話やインサイダー取引を連想された方も多かったのではないでしょうか?


しかし、今回の話題はそんな暗い話ではありません。今回の「裏道」とは、日本の株式投資における「人の行く裏に道あり花の山」という格言についてのお話です。


この格言は、投資家は群集心理で動きがちだが、むしろ他人と反対のことをやった方が成功する場合が多いと説いています。


特に逆張りの株式投資家にとっては金言とするべき格言です。しかし、今回は株式投資だけではなく、不動産投資や生活全般でも非常に有用な真理であることを詳述しました。


特に不動産投資においては、株式投資以上に重要な意味を持つと考えています。そして、投資関係だけでなく、日常生活においてもさまざまな特典を得ることができます。


実際、株式投資で気付いた格言の真理を応用して、私はたくさんの「資産」と「素晴らしい経験」を購入してきました。


今回の連載企画の最後の章では、この格言を実行する際の注意点も挙げています。何でもかんでも「裏道」を行けばよいというものではないのです。


今回の m3.comでは「人の行く裏に道あり花の山」という世の中の真理ついて詳述しました。3分ほどで読了可能なので、是非 m3.comを訪問してくださいね!





★★ REITで実践する不動産投資セミナー ★★
 


現物不動産投資はハードルが高いと思っている先生方のために「REITで実践する不動産投資セミナー」をお届けします。 不動産投資で成功する要点は下記の4つです。

  • 適切な投資タイミング
  • 適切な投資対象
  • 銀行融資のテクニック
  • 物件運用


今回のセミナーでは、金融商品である REITを用いて上記4点すべてをクリアすることを目的とした他では聴けない知識をお届けします。


  • セミナー動画(86分)
  • スライド形式のレジメ(72ページ)



スライド形式のレジメをベースにしたプロ投資家による講義で、30日間の返品保証付きです。現物不動産投資はコワイけど、不動産投資の恩恵にあやかりたい方におススメです。


尚、医師以外の方のご購入はご遠慮ください。



REITで実践する不動産投資セミナー




私流のコンテンツ作成戦略

このエントリーをはてなブックマークに追加

最近の私は「コンテンツ屋さん」な生活を送っています。日々何らかの文章を書いていますが、あまりに多いので少し食傷気味です。


そして、最も気を使っているのがコンテンツの内容の吟味です。各媒体によって書く内容を変える必要があることを感じています。私が取り組んでいる主なものは下記のごとくです。


  1.  本ブログ:毎日
  2.  ケアネット:4週毎
  3.  m3.com:4週毎
  4.  医療系スタートアップのブログ:1週毎
  5.  オンラインサロンの話題提供



① 整形外科医のブログ

①の本ブログは医療系のネタの多寡で負担感が異なります。ネタを豊富に仕入れることができると比較的楽です。


ただ、最近では臨床で知らないことはあまり無くなってきているので少々苦戦気味です。おそらく今の環境に最適化しつつあることが最大の要因です。


あと、週末は資産形成系ですが、これも専門化し過ぎるものは微妙な感じです。話題についてこれる人が少なくなるため、自己満足だけに終わってしまう可能性が高いからです。


しかし、じつはあまり手加減しないようにしています。なぜなら本ブログで記載することは、自分自身のブレインストーミングになるからです。まぁ、自分のためのブログですね。


告白すると、本日のお題も各媒体の方向性を再考するブレインストーミングです(笑)。やはり、ある程度強制的に文章を書く習慣があると、思考の精度が上がります。




②③ ケアネット、m3.com

②③は私という存在を知ってもらうことが目的のひとつです。おもしろい奴が居るなぁと思ってもらえると、インフルエンサーっぽくなるので吉です。


ただ、本気でインフルエンサーになって影響力を拡大したいのであればSNSに注力するべきなのでしょうが、そこまで時間を浪費できないというのが正直なところです。


話を戻して、②③の目的は私という存在を知ってもらうための取っ掛かりに位置付けているので、当たり前の話題では埋もれてしまいます。


このため少し尖った話題がいいのではないか? と考えているのですが、編集者の意向は PVの最大化なので皆にウケル記事作成を求められます。


これを達成するためには、資産形成としては下位に位置しており、誰にでも分かる内容(端的に言うと PVを稼げる話題)が推奨されます。


このことは他の方も意識されている(?)ようで、Dr. Kが m3で株主優待の話題を投稿されたのに驚きました。Dr. Kほどの実力者が株主優待の話題とは...


結論としては、この手の商業系メディアでは依頼主の需要に応えるために PVを最大化できる話題を最優先で考えることにしました。




④ オウンドメディア(医療系スタートアップのブログ)

④の目的は、クライアントへの心理的距離を縮めることと、会社への信頼感の熟成です。創業して3年ですが既に140編近いブログをアップしています。


このブログはいわゆるオウンドメディアで、最も注力するべき媒体と認識しています。こちらでは専門的な話題に特化しており、遊びの要素は皆無です。100%全力投球ですね。




⑤ オンラインサロン

⑤はクローズドな場なので、公開できないような話題を取り上げるのが吉だと考えています。一方、専門的過ぎると参加できる人が少なくなるのでバランスが難しいです。


このため、難易度はさほど高くなく、しかし公開するにははばかれる話題や情報がベストのように思えます。ただ、公開不可の話題は難易度が高いことが多いのが悩みの種です。


常にオンラインサロンの話題として適しているものが無いかを探しながら生活している(笑)のですが、なかなかそのような話題はみつからないのが実際のところです。




以上、コンテンツ作成に関する考え方をまとめてみました。やはり何事も漫然とするのではなく、目的意識を持って、それに最適化するように取り組む必要がありそうです。







★★  医師のキャリア革命(オンラインサロン)  ★★


「経済的自由」を手に入れるために Facebookを利用した非公開のオンラインサロンに参加してみませんか?



gg - コピー




本サロンの目標は、参加者全員に生涯途絶えることのない "複数の収入の流れ"  を得るための " 学びの場 "  を提供することです。


資産形成マニュアルで、医師が効率よく資産形成を実践するノウハウを公開しましたが、本サロンはそのフォローアップの場と位置付けています。


それぞれの参加者たちが得た知識や体験を共有し、集合知を形成する。集合知は、サロンのメンバーが未知の航海に旅立つ際の羅針盤となる


そのような " 学びの場 "  を

  •  整形外科医のための英語ペラペラ道場
  •  整形外科医のブログ 

​ ​
がタッグを組んで運営します!!
参加希望の先生方は、こちらからお願いします




資産家の王道戦略を見た!

このエントリーをはてなブックマークに追加

2日連続の不動産談義で恐縮です。
先日、不動産投資のセミナーに参加してきました。


今回の講師は株式会社まめぐらし代表の青木純氏でした。青木氏は地主系大家の中では有名な方で、ご自身は池袋の大地主の家系です。


サンシャイン60の近くに大きな地所を構えており、おそらく家族経営の不動産賃貸業者としては最高立地に近いのではないでしょうか。


いろいろなメディアで活躍されており、非常に高感度の高い方です。コミュニティ構築に長けており、これまでの大家さんの概念を覆す手法で賃貸経営を実践しています。


実際にセミナーを拝聴しましたが、従前の予習以上に深く賃借人と関わっていることに驚きました。なるほど、勝って当然の賃貸経営だな...


洗練さと泥臭さが絶妙にミックスされた素晴らしい手法ですが、池袋の大地主という立地と巨大な資産を有するサラブレッド家系出身だからできる技ではあります。


サラリーマン大家は言うに及ばず、一般の地主系大家さんであっても同じ手法では結果を出すのは難しいのではないかと感じました。


今回のセミナーでは、ゼロから資産を築くモードと資産を維持するモードでは、全く戦略が異なることを学びました。2代目以降では、初代と経営戦略が異なるようです。


さて、表面的にはそのよう学びがありましたが、懇親会で偶然にも投資系メンターの方と隣の席になりました。久し振りにいろいろ話をしていてハッと気付いたことがあったのです。


それは、初期の段階では「投手手法」や「利回り○○パーセント」等のテクニカルなことが重要だと思うのですが、ある程度の規模以上では、テクニカルな部分の比率が低下します。


それでは何が重要になってくるのかというと「人脈」です。もっとざっくりした表現をすると、どれだけ力を持っている人とつながっているのかが鍵となります。


力のある人が集まるコミュニティの中核に居ると、それだけでさまざまな有益な情報が集まってくるので、利他の精神で居てもどんどん資産が殖えるのです。


このような気付きを得た後に青木氏の講演を思い返すと、サラブレッドだから実践可能な手法だと穿った見方をしていましたが、そうではなく資産家の王道だったのです。


資産形成に限らず、いろいろな分野においてもステージが上がるにつれてテクニカルな部分よりも「力のある人」とのつながりが重要さを増してきます。


そして、力のある人とつながるには、当然自分自身にも実力がなければ相手にされません。自己研鑽を積んで、人的交流のステージを上げる努力が必要です。


鶏が先か卵が先かの議論になりますが、実際的には自らの実力を高めつつ、自分よりも少し上の実力を持った人とのつながりを重視することを心掛けるべきでしょう。







★★ 管理人監修の「築古木造戸建投資マニュアル」 ★★
 


なぜ、築古木造戸建なのか? 不動産業者が勧めるピカピカの投資用新築マンション投資など全く比較にならない旨みが隠されています。医師が築古木造戸建投資を行う目的は2つです。


  1.  不動産投資の入門編
  2.  給与所得の節税対策


医師のあなたなら、築古木造戸建投資は税制を絡めて低リスクに実践可能であり、本格的な不動産投資を開始する前の絶好の練習台となります。
 

本マニュアルは、「勤務医のあなたが開業医並みの収入を得て富裕層に到達する方法!」で提唱した築古木造戸建投資の実践版です。


多忙な医師が時間をかけずに知識を習得することを目的に、パワーポイントのプレゼンテーション形式となっています。ポイントだけに絞っているので1時間以内に概要を掴むことが可能です。


全143スライドのPDF版ダウンロード販売で、30日間の返品保証付きです。当直1回分にも満たない価格なので、本マニュアルの手法を実践すれば、あっという間に元が取れると思います。


尚、医師以外の方のご購入はご遠慮ください。




医師のための築古木造戸建投資マニュアル 1





アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

医療研究を身近な存在とし、医療の未来を作る


管理人の著書

161228 【書影】医師の経済的自由
管理人によるケアネット連載コラム
log_carenet

医師のためのお金の話

管理人による m3.com 連載コラム
管理人も参加しているオンラインサロン
勤務医のための資産形成マニュアル
築古木造戸建投資マニュアル

医師のための築古木造戸建投資マニュアル 1
REITで実践する不動産投資セミナー
190122
医師のための 金融資産形成術


配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール

自由気ままな整形外科医

・医学博士
・日本整形外科学会専門医
・日本リウマチ学会専門医
・不動産投資家
・超長期金融資産投資家
・ビジネスオーナー
・宅地建物取引主任士

QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。