整形外科医のブログ

中堅の整形外科医が、日々の気付きを書き記します。投資の成功で働く必要が無くなりましたが、社会貢献のため医師を続けています。

投資戦略

納税義務忘れは破綻への第一歩!

このエントリーをはてなブックマークに追加

いよいよ、確定申告の時期が始まりました。
昨日、顧問税理士の先生と協議したのですが、納税額の多さで鬱になりそうです(笑)。


2017年度は、通常の法人事業系の納税以外にも、個人の金融資産投資の利益にかかる納税額100万円も加わりました。


加入させていただいている任意組合の投資成果が絶好調であったことが要因ですが、やはり納税は投資パフォーマンスを大幅に毀損してしまいます。


さて、昨年は仮想通貨の暴騰で「億り人」が話題になりました。そして、2017年度の利益は2018年度に納税する必要があります。


例えば1億円の利益があると、納税額は4000万円程度となります。これは厳しい・・・。納税するには、2018年3月15日までに4000万円分の仮想通貨を売却する必要があります。


2004年頃に、FXでも今回の仮想通貨祭りと同様の状況が発生しました。しかし、その後の金融市場の混乱および納税義務のために、当時の億り人のほぼ全員が姿を消しました。


納税は儲かっている時ではなくて、1年遅れでやってくるのがポイントです。儲かっている時には、ほとんどの人が浮かれてしまって納税のことまで気が回りません。


これはFXや仮想通貨のような投機だけではなく、ビジネスでの成功や活躍中のプロスポーツ選手・芸能人にも当てはまります。


彼らは短期間で膨大な収入を得ることが多く、金銭感覚がマヒして生活レベルが上がります。しかし、高収入はいつまでも続かないうえに、納税義務が追い打ちを掛けます。


例えて言うなら、納税前の収入は「生肉」であり、納税という火を通さないかぎり安全に食べる(健全な資産形成を行う)ことはできません。


収入が増えたことに浮かれて、納税前の「生肉」を食していると、食中毒を併発(資金繰りに窮して破綻する)してしまいます。


そして、納税という「火」は強烈であり、金森氏の言葉を借りると年収3000万円を超えたあたりから税との本格的な戦いが始まります。


このあたりの事情をよく理解した上で、資産形成を行っていく必要があります。効率良く資産形成を行うには、投資技術などの枝葉よりも税制を熟知することが最重要だと思います。





★★ 管理人監修の資産形成マニュアル ★★
 


管理人監修の「勤務医の、勤務医による、勤務医のための資産形成マニュアル」です。高度な医療技術で社会貢献するためには経済的安定が不可欠! という信念のもと、管理人は多くのメンターから指導を受けました。

その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。既に資産運用をしている方でも、勤務医のアドバンテージを生かした新しい考え方が見つかるかもしれません。

PDF版の販売で、30日間の返品保証付きです。当直1回分にも満たない価格なので、本マニュアルの手法を実践すれば、あっという間に元が取れると思います。 尚、医師以外の方のご購入はご遠慮ください。



情報教材表紙




キャッシュフロー・クワドラント雑感

このエントリーをはてなブックマークに追加

金持ち父さん貧乏父さんをご存知の方は多いでしょう。
本日は、金持ち父さんのキャッシュフロー・クワドラントについての記事です。








この書籍には、キャッシュフロー・クワドラントという収入形態を4つのマトリックスに分ける考え方が紹介されています。



555 - コピー



著書中には上のような図が多用されています(実際は違う図です)。4つのマトリックスのうち、左半分は自分が働かなければ収入も得ることができない職業です。


EクワドラントやSクワドラントは、労働と収入の関係が1:1です。時給800円のマクドナルドのアルバイトも時給20000 円の医師も同じ立場で、異なる点は時給単価だけです。


医療業界に当てはめると、勤務医はEクワドラントで開業医はSクワドラントです。開業医の方が収入が高そうに見えますが、自分が働けなくなると収入が途絶えてしまいます。


一方、4つのマトリックスの右半分は自分が働かなくても収入も得ることができる職業です。働かなくてもよい理由は、収入を得る仕組みや権利を所有しているからです。


医療業界に当てはめると、病院長や多施設展開クリニックの院長はBクワドラントです。I
クワドラントに当てはまる存在は、日本の医療業界ではなさそうです。


さて、普通の人は、4つのクワドラントの中のひとつに属しています。例外は不動産投資を行っている人です。不動産投資はBもしくはIクワドラントです。


私の考えでは、自己資金のみで融資を受けていない物件を所有している人はBクワドラント、融資を受けている人はIクワドラントです。


4つのクワドラントの右側であるBクワドラントやIクワドラントは敷居が高そうに見えますが、不動産投資をしているだけでどちらかに入れるので、意外と簡単です。


とはいうものの、不動産投資は右側のクワドラントでは例外的に敷居が低いです。この敷居の低さのために、キャッシュフロー・クワドラントを意識する人は不動産投資に走ります。


ここまでをまとめると、「お金持ちになるには不動産投資をしましょう」で終わってしまいます。ちょっと簡単過ぎますね(笑)。


日本を含めて世界中で不動産投資が盛んなのは、資産形成をおこなうにあたって不動産投資が最も手軽で成功率が高いからです。


しかし、簡単であるということは、それだけ旨味が少ないことの裏返しです。プロを志向して売却での利益を追求しないかぎり、不動産投資そのものの収益率は高くありません。


しかし、プロでさえも不動産市場のトレンドを捉えて上手に波乗りし続けることは難しいです。特に、不動産は金融資産と異なり「売り」から入ることができません。


このため、不動産価格が下落局面に転ずると厳しい状況に陥ってしまいます。不動産ばかりに集中すると資産形成においてバランスを欠いてしまうことになりかねません。





ここで、キャッシュフロー・クワドラントをもう一度考えてみましょう。本当に右半分のBクワドラントやIクワドラントは理想的な状態なのでしょうか?


例えば左半分のEクワドラントやSクワドラントであっても、こちらの方が収益性の高い人がいます。例えばダルビッシュはBやIではなく、Eクワドラントが最も高収益でしょう。


また、私の経験では、Iクワドラントで成功するためには、相当の才能が必要である印象です。感覚的には上位10%程度に入っていないと厳しいと言わざるを得ません。


不動産投資はセオリーに従えばある程度の結果を予測できます。しかし、金融資産投資では才能・精神力・資金力での総合力勝負となります。正直言って成功は容易ではありません。


Bクワドラントはビジネスなどの仕組み以外にも著作権、特許などの権利収入も該当します。Bクワドラントは、4つのクワドラントの中で最も魅力的に見えます。


しかし、実際にこのクワドラントで成功するためには、かなりの才能・労力・運が必要です。私は、小さなビジネスをいくつかと、著作権、意匠権を所有しています。


しかし、ビジネスはもちろんのこと、著作権や意匠権(特許権)であっても、所有しているだけでは大した収益を生み出すわけではなく、マーケティングが重要となります。


また、ビジネスに関しては仕組みを作り上げる過程が尋常でないほど辛く苦しい事件の連続です。仕組みが回り出すまでに、数々の困難をひとつひとつ乗り越える必要があります。


この過程は面白くて非常に刺激的ですが、ときどき吐きそうになります(笑)。正直言って普通の人にはなかなか勧められません。


また、自分ではBクワドラントだと思っているビジネスも、客観的にみるとSクワドラントであるというオチが付きがちです。人を使って仕組みを回すのは本当に難しい。。。


このように、私は4つのクワドラント全てに現在進行形で属している珍しい存在です。そして、どのクワドラントが一番居心地良いのでしょうか?


私の出した答えは、気楽さではEクワドラント、収益性ではIクワドラント、楽しさではSもしくはBクワドラントです。4つとも捨てがたい! というのが本音です。






★★ 第3刷決定! ★★
 


当ブログ管理人書き下ろしの書籍が、中外医学社から発刊されました。「経済的に自由な医師」になることで、医師としての充実感と経済的成功を両立できる道があります。


本著では、資産形成論とマインドを学ぶことができます。具体的な手法は勤務医のための資産形成マニュアルに譲りますが、医師に特化した資産形成の入門書として是非ご活用ください!




161228 【書影】医師の経済的自由







バブルの意義を考える

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日の話題は「バブル」です。世界最初のバブルは、17世紀のオランダで起きたチューリップ・バブルでした。チューリップは中東原産の植物で、観賞用として高い人気があります。


チューリップは、オスマン・トルコ帝国からオランダに伝わりましたが、その美しさから人気を集めました。当初は、植物愛好家や植物学者が売り買いするだけでした。


しかし、次第に珍しい品種を所有することがブームになり、希少性の高い品種は高値で取引されるようになりました。そこに目をつけた投機家達が、大きな利益を得ました。


「チューリップは儲かる!」という噂が広まった結果、投資に縁のない一般市民まで取引に参加したため、チューリップの球根の価格は信じられないレベルにまで高騰しました。


ピーク時の球根価格は現在価値で500万円以上ともいわれています。確かにチューリップは美しいですが、さすがにそこまでの価値があると認めることは難しいです。


そして、バブルは突然崩壊しました。永遠に上がり続けると思われた球根価格が暴落して、全く買い手がつかなくなったのです。その後に発生した主なバブルは下記のごとくです。


  • 17世紀: チューリップ・バブル(オランダ)
  • 1719年: ミシシッピ計画(フランス)
  • 1720年: 南海会社バブル(イギリス)
  • 1840年: 鉄道会社バブル(イギリス)
  • 1915年: 大正バブル(日本) 
  • 1920年代後半 : 株式バブル(アメリカ)
  • 1986~1991年 : 土地バブル(日本)
  • 1994年: 中南米バブル(メキシコ等)
  • 1997年: 東南アジアバブル(タイ等)
  • 1999~2000年: ITバブル(アメリカ)
  • 2003~2006年: 不動産バブル(アメリカ)
  • 2017年~: 仮想通貨バブル?



ざっとみて、バブルにも2種類あることに気付きます。赤字のバブルは本質的に価値の無いモノですが、それ以外は価値はあるものの実際の価値よりも割高になったものです。


バブル=悪 というイメージがありますが、私は必ずしもそうとは言い切れないと感じています。その理由は、バブルは社会に劇的な変化を引き起こすきっかけとなるからです。


1840年の鉄道会社バブルや1999年のITバブルでは、社会インフラが整備されました。日本の土地バブルでは、出自で決まった人生から実力社会に変貌するきっかけとなりました。


そして、バブルのもうひとつの側面は、合法的な資産の移転だと思います。ただし、富者から貧者への移転ではなく、最後まで踊ってしまった人からの収奪ではありますが・・・


本質的価値があるのか否かは不明ですが、仮想通貨はバブルの可能性が高いと考えています。しかしバブルだとしても、ブロックチェーンを世に広めるきっかけとなりました。


ITバブルで踊った人の資金が高速インターネット網を敷設する資金となったように、仮想通貨バブルを最後まで踊る人の資金はブロックチェーン技術を育む糧となるでしょう。


このように、バブルにも良い面があります。バブルを全否定するのではなく、社会に大きな変化をもたらす孵化器であることも認識しておくべきでしょう。






★★  医師のキャリア革命(オンラインサロン)  ★★


「経済的自由」を手に入れるために Facebookを利用した非公開のオンラインサロンに参加してみませんか?



gg - コピー




本サロンの目標は、参加者全員に生涯途絶えることのない "複数の収入の流れ"  を得るための " 学びの場 "  を提供することです。


資産形成マニュアルで、医師が効率よく資産形成を実践するノウハウを公開しましたが、本サロンはそのフォローアップの場と位置付けています。


それぞれの参加者たちが得た知識や体験を共有し、集合知を形成する。集合知は、サロンのメンバーが未知の航海に旅立つ際の羅針盤となる


そのような " 学びの場 "  を

  •  整形外科医のための英語ペラペラ道場
  •  整形外科医のブログ 

​ ​
がタッグを組んで運営します!!
参加希望の先生方は、こちらからお願いします




3つの収入源で経済的自由の獲得を!

このエントリーをはてなブックマークに追加

新年明けましておめでとうございます。
今年も宜しくお願い申し上げます。


さて、本日は元旦なので、今年の抱負を述べてみたいと思います。皆さまの将来に対する不安を取り除く一助になる、を1年の計にしたいです。


現状の私たちを取り巻く環境は、下記要因のため年々悪化の一途です。臨界点に達した時点で、ガラケーのように10年も経たずに世の中から駆逐されてしまう可能性さえあります。

  •  財政悪化に医療費削減
  •  医師数増加による競争激化
  •  AIの実用化による医師需要減少


少なくとも、現在60歳以上の医師のようなハッピーな状況が続くことは想像し難いです。では、どうすれば良いのか? 私は、経済的自由を獲得することが解決策だと考えています。


経済的自由に到達するには、医業に専念するだけでは不十分です。もし、医業のみで到達しようとするなら、医療制度が維持されている間に開業して蓄財するしか方法がありません。


ある意味、医師にとっては王道かもしれませんが、ゼロから始める場合には銀行融資の返済まで考えると、少し時間的余裕が少ないかもしれません。


私の理想は、収入源の多角化で経済的自由を得ようとする方法です。ここでいる収入源は下記のように3種類があります。

  1.  労働所得
  2.  投資からの収益
  3.  ビジネスからの収益


①は、勤務医であれば給与所得、開業医であれば経常利益に該当します。最初は、この収入がメインです。比較的安定した収入ですが、問題点は自分の時間の切り売りであることです。


自分の時間の切り売りなので、収入にガラスの天井があり、それ以上の拡張性は見込めません。また健康問題等で収入が途絶える可能性もあります。


②は、不動産や金融資産投資からの収益で、インカムゲインとキャピタルゲインから成ります。資産形成の王道ですが、専門性が高いことと参入時期を選ぶ必要があることが問題点です。


特に金融資産投資は、生まれ持った才能に依存する部分が多いため、投資による収益をメインに据えるには不動産投資を考える必要があります。


いずれも結果を出すにはそれなりのノウハウがあるのですが、そのあたりの知識や経験の習得の一助になりたいと思っています。


③は、仕組みを創ることができれば、②と同様に大きな収益を得ることができます。最近の傾向として、起業には資金がそれほど要らなくなっている点が挙げられます。


クラウドを中心とした各種ITサービスを利用することで、従来では考えられなかったローコストオペレーションが可能となりました。


問題点は、適切なキャッシュポイントを得る仕組みを創るハードルが高いことです。②とどちらのハードルが高いかは難しい質問ですが、やはり③の方が難易度が高いと思います。


ただ、医師にとって有利な点もあります。それは医療業界周辺には参入障壁のために、手付かずで「美味しい」領域が数多く転がっている点です。


特に、医療はイノベーションの中心的分野のひとつなので、知らないうちに自分が(ビジネスチャンスとしての)最先端に携わっているということもよくあることです。


②と違って必勝法が無いことが難点ですが、逆に言うと工夫次第で成り上がれる可能性も十分にあります。このあたりはサロン等で議論しながら試行錯誤するのもひとつの試みです。


このように3つの収入源を確保することで、経済的自由へ到達することが可能となります。ストックとしての資金も大事ですが、例え数億円あったとしてもそれだけでは不十分です。


単に銀行口座に眠っているだけの資金は、社会の変化に対して脆弱であり、その資金を利用する手法を知っていなければ絵に描いた餅に過ぎません。


そのような「知恵」を得る機会を、いろいろなチャンネルを利用して提供したいと考えています。今年も宜しくお願い申し上げます。





★★  医師のキャリア革命(オンラインサロン)  ★★


経済的自由」を手に入れるために Facebookを利用した非公開のオンラインサロンに参加してみませんか?



gg - コピー




本サロンの目標は、参加者全員に生涯途絶えることのない "複数の収入の流れ"  を得るための " 学びの場 "  を提供することです。


資産形成マニュアルで、医師が効率よく資産形成を実践するノウハウを公開しましたが、本サロンはそのフォローアップの場と位置付けています。


それぞれの参加者たちが得た知識や体験を共有し、集合知を形成する。集合知は、サロンのメンバーが未知の航海に旅立つ際の羅針盤となる


そのような " 学びの場 "  を

  •  整形外科医のための英語ペラペラ道場
  •  整形外科医のブログ 

​ ​
がタッグを組んで運営します!!
参加希望の先生方は、こちらからお願いします




3種類の不労所得を比較する

このエントリーをはてなブックマークに追加

昨日の不労所得ネタのつづきです。
私は、不労所得を得ることにも段階があると考えています。

  1.  金融資産からの配当金、預貯金の利息
  2.  不動産の賃料収入(太陽光発電も含む)
  3.  ビジネスからの収益


まず①ですが、安定度・収益性とも低く、このジャンルのみでまとまった金額の不労所得を得ることは非常に難しいです。


実は、私はこのジャンルから不労所得獲得に入りました。2001年に新日本製鐵を購入開始してから、しばらくは何となく配当金目的で株数を増やしていきました。


今にして思えば、配当利回り1%前後の新日本製鐵を、配当金目的で購入し続けるなどバカげた行為です。仮に1000万円投資しても年間10万円しか配当金が手に入らないからです。


2003年までブルーチップ銘柄を購入し続けましたが、相場が反転したため、最後まで配当金金額が10万円/年に到達することなく終了してしまいました(笑)


この時点で私の不労所得に対する興味は、株式配当金から不動産の賃料収入に移行していきます。2004年に売工場を購入して、工場スペースを月極駐車場として貸し出しました。


最初はどうやって賃借人を募集してよいのかさえ知らずに苦労しましたが、1年ほどで満車となってまとまった金額(10万円/月)の不労所得を手にすることができました。


収益マイホームとしての駐車場経営は、不動産の中でも限りなく不労所得に近いです。金融資産投資ではついぞ得られなかった夢の不労所得を遂に得たのです! 


しかし、住宅ローンを差し引くとキャッシュフローはマイナスなので、本当の意味での不労所得ではありませんでした。


ゼロから始めてキャッシュフローをプラスにするのは、不動産投資といえども難しいことを身を持って体験しました。


その後、1棟マンションや1棟ビルを購入しましたが、フルローンだったので思ったほど多くのキャッシュフローを得ることはできませんでした。


フルローンの場合、修繕引当金や減価償却を考慮するとキャッシュフロー利回りは1~2%程度に過ぎません。1億円の物件を購入しても、100~200万円/年しか残らないのです。


フルローンでは投下資金に対するキャッシュフローが大きいので、濡れ手に粟的な感覚を抱きがちです。しかし、本当は巨大なリスクの上に建っている砂上の楼閣と思うべきでしょう。


リスクを下げるには自己資金を投入する割合を大きくする必要があります。しかし、自己資金を投入すればするほど資金効率が悪化するので、適度に調整する必要があります。


例えば、私が今年唯一投資した物件では、約600万円の自己資金を投入して得たキャッシュフローはたったの59000円/月です。節税効果込み20%超でも、この程度の不労所得です。


あ~、不労所得を得るのは本当に難しいですね。③のビジネスからの収益は、仕組み化の程度次第ですが、ほとんどのケースで安定した不労所得とは言い難いシロモノです。


私の場合、旅館業で20~70万円、BARは5~10万円、空室対策支援事業は5~10万円に過ぎません。季節による変動が大きく非常に不安定で、先行きも見通せません。


これ以外のものは、医師としての仕事も含めて、自分の知力・体力を総動員しているので「有労所得」です。特に医療系スタートアップに割いている労力は尋常ではありません。


このように見てくると、親から優良物件を継承しない限りは、まとまった金額の不労所得を得ることは、相当ハードルが高いと言わざるを得ないでしょう。


不労所得。。。心地良い響きの言葉ですが、ゼロから始めて経済的自由を実現するほどの不労所得を得ることは、なかなかハードルが高いと感じました。


そうは言っても、不労所得の有る無しでは、生活の質が異なることも事実です。不労所得の分だけ収入が嵩上げされるので、常に下駄を履かせてもらっている状態なのです。


ハードルはなかなか高いことは事実なのですが、やはり少しずつでも不労所得を増やしていく努力は続けるべきでしょう。





★★ 管理人監修の資産形成マニュアル ★★
 


管理人監修の「勤務医の、勤務医による、勤務医のための資産形成マニュアル」です。高度な医療技術で社会貢献するためには経済的安定が不可欠! という信念のもと、管理人は多くのメンターから指導を受けました。

その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。既に資産運用をしている方でも、勤務医のアドバンテージを生かした新しい考え方が見つかるかもしれません。

PDF版の販売で、30日間の返品保証付きです。当直1回分にも満たない価格なので、本マニュアルの手法を実践すれば、あっという間に元が取れると思います。 尚、医師以外の方のご購入はご遠慮ください。



情報教材表紙




アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

管理人の著書
管理人によるケアネット連載コラム
log_carenet

医師のためのお金の話

管理人も参加しているオンラインサロン
勤務医のための資産形成マニュアル
築古木造戸建投資マニュアル
医師のための 金融資産形成術
医師のための金融資産形成術

タダで自宅を手に入よう!


配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。