整形外科医のブログ

中堅の整形外科医が、日々の気付きを書き記します。投資の成功で働く必要が無くなりましたが、社会貢献のため医師を続けています。

投資戦略

もし30歳の整形外科医だったら?

このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、ブログに下記のような興味深いコメントがありました。
せっかくなので、この機会に私の考えを述べてみたいと思います。



はじめまして。
先生がもし30歳の整形外科医ならどう資産形成するか、が気になりますので、もしろよしければ後日ブログネタや、noteで販売されたらすごく興味ありますので良ければお願いいたします。




まず前提条件は下記のごとくとなります。

  • 医師免許を持っている
  • 日本に居住している


決して、私は万人向けの資産形成手法を知っているわけではありません。上記の条件のどちらか一方でも欠けている場合には、現在の状況には到達できなかった可能性が高いです。




卒後10年まで


もし、私が30歳の整形外科医であれば、大学卒業後5年前後ということになります。この時期であれば、整形外科医としての基本的な知識はすでに習得している時期です。


したがって、そこからさらに専門性を磨くべき時期になります。医師であるからには、やはりその参入障壁の高さを利用しない手はありません。


そこで月並みですが、やはり卒後10年ほどは医師としての修練に勤しむと思います。その間は、おそらく現在の私のような積極的な資産形成は難しいでしょう。


タネ銭を貯めつつ、株式などの金融資産投資を少し行うことになると思います。ただし、ギャンブル感覚でのめりこまないことが肝要です。


チャンスがあれば不動産投資も行うと思いますが、知識ゼロの状態から、いきなり1棟モノへの不動産投資を開始するのはやはり難しいと思います。


ただ、不動産もやはり経験が大事なので、経験値を積むという意味ではリスクの低い築古不動産投資を選択すると思います。


このようにして、医師としての修練を積みながらも、金融資産投資や不動産投資などの経験値を少しずつ高めていくと思います。


そして卒後10年後に医師人生の進路を決めるべき時期が来るので、この時期に自分がどのような道を進むのかを考えると思います。




正解は誰にも分からない


ここまでが資産形成を前提とした私の意見です。しかし、卒後20年の私の立場での意見であって、果たして人生の終盤に差し掛かった時に正解であるか否かは、私には分かりません。


私は、経済的な面にフォーカスした医師人生を歩むことになりましたが、アカデミックポジションを目指す方もいるでしょう。


経済的な成功がいいのか、学術的な成功がいいのか、もしくは社会的地位での成功を目指すのか、もしくは他に道があるのかに関しては、今の私には分かりかねます。


もしかすると、人生の本当の最後の瞬間にどれが正解だったかのか分かるのかもしれませんが、残念ながら私はそこまで年を取っていません(笑)。


ここまで述べた意見は、あくまでも卒後20年ちょっとの医師が、経済的な成功を念頭に置いた考えであることをご理解いただければ幸いです。




ちょこっとポジショントーク


ここからはポジショントークですが、経済的に成功することはそれなりに良いものだと思います。アカデミックポジションや組織での頂点を目指しても、退職すればタダの人です。


一方、経済的成功を手中にすると、快適な一生を過ごせます。些細なことですが、レストランで価格表を見ずに好きなものをオーダーできることは、なかなか気持ち良いものです。


医師の仕事を道楽化できたことも大きいです。特に働かなくても生活できるようになったので、「趣味」で医師を続けることが最高に居心地良い状態なのです。






★★ 管理人監修の資産形成マニュアル ★★
 


管理人監修の「勤務医の、勤務医による、勤務医のための資産形成マニュアル」です。高度な医療技術で社会貢献するためには経済的安定が不可欠! という信念のもと、管理人は多くのメンターから指導を受けました。

その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。既に資産運用をしている方でも、勤務医のアドバンテージを生かした新しい考え方が見つかるかもしれません。

PDF版の販売で、30日間の返品保証付きです。当直1回分にも満たない価格なので、本マニュアルの手法を実践すれば、あっという間に元が取れると思います。 尚、医師以外の方のご購入はご遠慮ください。



情報教材表紙




一粒で二度おいしいを極めよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

多くの医師は、最低でも年に一度ぐらいは学会出張があると思います。何と言っても、学会に参加しないと専門医を維持できないですから。


勤務医なら勤務先から補助が出る場合が多く、開業医なら経費化可能なので、どちらかといえば学会出張は気軽に参加できるイベントのひとつかもしれません。


遠方の学会出張に参加すると、夜は地場の料理を堪能し、週末は小旅行を楽しむ方も多いと思います。本日の話題は、このような「複数目的化」を極めようという話題です。


物事を行うにあたって、時間と金銭の出費は避けられません。しかし、主目的以外にも目的が増えると、消費する時間と金銭が半分以下になります。


これって、非常に有利ではないでしょうか?例えば、6月末に福岡市で開催された日本リハビリテーション学会に参加しましたが、私はビジネスパートナーとの懇親会も行いました。


普段はクラウド上でのやり取りなのですが、時々はリアルの場で協議する必要があります。今回のケースでは福岡までの旅費と時間が浮くので、非常にコスパが良くなりました。


複数目的化は来週末も行う予定で、日曜午後に品川でおこなわれるセミナーの講師として招聘されているので、午前中に品川でオンラインサロンの仲間と資産形成座談会を行います。


主目的に「遊び」の要素を加える人は多いですが、私のように「ビジネスや自己研鑽」の要素を加え続けると、それだけで行動量が飛躍的に増加します。


複数目的化は、出張絡みだけではありません。人生のいたるところで実践することが可能です。思いつく複数目的化を下記に記します。


  • 好立地の収益マイホーム+住居費を浮かす+教育費を浮かす+含み益による資産形成
  • 株主優待+含み益による資産形成
  • 楽しむための飲み会 接待+人脈の引き出しを広げる+法人の節税対策
  • 旅行を楽しむ+法人の節税対策+ブログのネタ収集
  • 知らない医学知識を掘り下げて勉強する+ブログのネタ収集
  • 法人経費のカード払い+クレカのポイント収集



どうでしょう? ひとつのアクションを複数目的化すると、それだけでアウトプットが飛躍的に増加します。そして、確固たる意識を持っていないと複数目的化は難しいです。


常に「今から行う行動に、なにか他の目的を追加できないか」という問題意識をもっていると、複数目的化の気付きを得易くなると思います。






★★  医師のキャリア革命(オンラインサロン)  ★★


「経済的自由」を手に入れるために Facebookを利用した非公開のオンラインサロンに参加してみませんか?



gg - コピー




本サロンの目標は、参加者全員に生涯途絶えることのない "複数の収入の流れ"  を得るための " 学びの場 "  を提供することです。


資産形成マニュアルで、医師が効率よく資産形成を実践するノウハウを公開しましたが、本サロンはそのフォローアップの場と位置付けています。


好立地物件に居住+それぞれの参加者たちが得た知識や体験を共有し、集合知を形成する。集合知は、サロンのメンバーが未知の航海に旅立つ際の羅針盤となる


そのような " 学びの場 "  を

  •  整形外科医のための英語ペラペラ道場
  •  整形外科医のブログ 

​ ​
がタッグを組んで運営します!!
参加希望の先生方は、こちらからお願いします




ケアネット: おススメ情報収集法

このエントリーをはてなブックマークに追加

ケアネット・ドットコムの連載企画【医師のためのお金の話】第10回が本日アップされました。お題は、忙しい医師向けおススメ情報収集法 です。



log_carenet



詳細な内容はケアネットの連載企画に譲りますが、私が実践している投資情報の収集法を、医師目線で書かせていただきました。


AIの進化のために、記憶力が優れているだけの学歴人間は不要になっていくとの論調があります。確かに私大文系の入試に最適化したような人間は淘汰されていくでしょう。


しかし、全ての情報をスマホやクラウドなどの外部脳に委託してよいはずはありません。人間が新しいことを創造したり判断する材料として、知識や情報は必須だからです。


しかも、質だけではなくある程度の量が無ければ、素晴らしいアイデアを得ることはできません。このため、膨大な知識の海から有益な情報を効率良く収集するノウハウは必須です。


何の戦略もなくネットサーフィンするだけで、有益な情報を得ることは不可能です。ある程度戦略的に自分の欲しい知識や情報を獲得しにいく必要があります。


このことに関する私なりのノウハウを、今回の記事にまとめてみました。1分ほどで読了可能なので、是非ケアネットを訪問してくださいね。







★★  医師のキャリア革命(オンラインサロン)  ★★


「経済的自由」を手に入れるために Facebookを利用した非公開のオンラインサロンに参加してみませんか?



gg - コピー




本サロンの目標は、参加者全員に生涯途絶えることのない "複数の収入の流れ"  を得るための " 学びの場 "  を提供することです。


資産形成マニュアルで、医師が効率よく資産形成を実践するノウハウを公開しましたが、本サロンはそのフォローアップの場と位置付けています。


それぞれの参加者たちが得た知識や体験を共有し、集合知を形成する。集合知は、サロンのメンバーが未知の航海に旅立つ際の羅針盤となる


そのような " 学びの場 "  を

  •  整形外科医のための英語ペラペラ道場
  •  整形外科医のブログ 

​ ​
がタッグを組んで運営します!!
参加希望の先生方は、こちらからお願いします




資産形成ではキャッシュフローを追え!

このエントリーをはてなブックマークに追加

今回、地価のバカ高いエリアでの売ビルを購入しようとしたことで、改めて資産形成を見つめ直す機会を得ました。


昨年は600万円の築古を、今年は1500万円のコインパーキング用地を購入しましたが、基本的に小振りなので、現金決済の感覚で緊張感無くやり過ごしていました。


しかし、今回は住宅ローンの上限をはるかに超える買付価格で、多額の現金を投入する必要のある物件でした。ビル屋上からの眺望に魅せられた「消費者的な」判断です。


結果的にはダメだったのですが、もしかしたら購入できなくて正解だったのかもしれません。そこで、反省を込めて原点回帰したいと思います。




キャッシュフローが重要


今回は、物件周辺のオフィス賃料相場から算出した想定キャッシュフロー ≒ 返済金額でした。地価がバカ高いのと50%の住宅ローン縛りがあるとは言え、これはいただけません。


何のために物件を購入するのか? もちろん見栄(=今回の私?)のためではないですが、キャピタルゲインのために購入するというのも、少し違うと思います。


キャピタルゲインを狙うということは、インサイダーでの安値買か将来の値上がり益を期待するということになります。


インサイダーは不動産業者でなくては難しく、また将来の値上がり益は不確定なので「運」に自分の身を任せることになります。運任せでは連勝は望めません。


したがって、私たちのような一般人は将来的なキャピタルゲイン目的での投資は慎むべきだと考えます。類似の投資対象として、アジアや米国などの海外不動産が挙げられます。


アジアや米国は経済成長しているし、人口も増えているから物件は値上がりするに違いない! という考えで海外不動産に投資する行為は、厳に慎むべきでしょう。


本当に重要なものは将来の不確定なキャピタルゲインではなく、今すぐ得ることのできるインカムゲイン(キャッシュフロー)です。Cash is King ! なのです。




節税にフォーカスし過ぎない


医師のような高額所得者は、税に痛めつけられています。詳細を知れば知るほど鬱になるほど国家から搾取されているので、節税したくなる気持ちは痛いほど分かります。


しかし、その気持ちが強すぎると、長期的に良くない結果を招いてしまいます。今回の物件は法定耐用年数が10年弱だったので多額の減価償却を見込めました。


しかし、キャッシュフローの出ない物件で、節税目的で物件を購入するとロクな目に遭いません。何故なら減価償却を通じての節税は、他に収入があることが前提だからです。


もし、医師としての個人所得が減少すれば「絵に描いた餅」となります。このため、いったんこのような物件を購入するとハイペースで稼ぎ続けなければなりません。


これって何だか嫌じゃないですか? 私はキャッシュフローを生まない減価償却物件購入は、奴隷への第一歩だと考えています。


節税物件のために働き続けなければならないなんて、本末転倒にも程があります。私は、キャッシュフローあっての節税物件だと思うのですが、いかがでしょうか?






★★ 管理人監修の「築古木造戸建投資マニュアル」 ★★
 


なぜ、築古木造戸建なのか? 不動産業者が勧めるピカピカの投資用新築マンション投資など全く比較にならない旨みが隠されています。医師が築古木造戸建投資を行う目的は2つです。


  1.  不動産投資の入門編
  2.  給与所得の節税対策


医師のあなたなら、築古木造戸建投資は税制を絡めて低リスクに実践可能であり、本格的な不動産投資を開始する前の絶好の練習台となります。
 

本マニュアルは、「勤務医のあなたが開業医並みの収入を得て富裕層に到達する方法!」で提唱した築古木造戸建投資の実践版です。


多忙な医師が時間をかけずに知識を習得することを目的に、パワーポイントのプレゼンテーション形式となっています。ポイントだけに絞っているので1時間以内に概要を掴むことが可能です。


全143スライドのPDF版ダウンロード販売で、30日間の返品保証付きです。当直1回分にも満たない価格なので、本マニュアルの手法を実践すれば、あっという間に元が取れると思います。


尚、医師以外の方のご購入はご遠慮ください。




医師のための築古木造戸建投資マニュアル 1





家業化の成功事例を検証する

このエントリーをはてなブックマークに追加

最近、家業について考えることが多くなりました。
「家業」という言葉に、あなたはどのようなイメージを持たれているでしょうか?


私の場合、正直言って羨ましい気持ちがあります。一代で成り上がることは、現実的にかなりの困難を伴うため、安定的に稼げる家業があれば、これに越したことはありません。


このような思いをきっかけにして、私は自分のビジネスや不動産投資を家業化できないかを検討してみました。


私の周囲には、家業で飯を食っている人が少なからず存在します。業種としては、一般製造業の中小企業、不動産オーナー、そして伝統産業の家内企業などです。


この中で私が注目しているのは伝統産業の家内企業です。伝統産業に注目しているのは、下記の理由によります。

  1.  残存者利益
  2.  参入障壁の高さ
  3.  先祖代々の資産
  4.  子供の教育方針が一般と異なる




① 残存者利益


伝統産業の家内企業といってもさまざまな業態があります。代表的なものは、歌舞伎や狂言でしょう。ここでは、私の知り合いの織物の染め物系の方を検討しました。


彼らの業種は、昔の日本では花形産業でした。しかし、時代とともに廃れて、同業者の99%が消滅しています。その中で生き残った1%は、残存者利益にあずかっています。


何といって供給できる人が非常に限られているので、全体の需要は漸減しつつあるものの、収益性は高いです。


傍から見ると、古びた業種でカッコ悪いイメージ(失礼!)なので、新規参入する人もほとんどおらず、ひたすら独り勝ちの状態です。本当にうらやましい・・・




② 参入障壁


伝統産業では「歴史」という誰にも侵すことのできない絶対的な参入障壁があります。創業300年と創業3年では、どちらに発注するかは明白ですね。


さらに、伝統産業では感覚的に伝えられてきた特殊技術があります。客観的な資料が存在せず、一族にしか技術が伝承されません。このため参入障壁が非常に高いです。




③ 先祖代々の資産


彼らの多くは、先祖代々受け継いできた不動産を所有しています。これらの不動産は、もともと工場でした。


都市中心部に広大な物件を所有している某伝統産業の家内企業は、工場を潰して賃貸マンションを建築して、膨大な不動産収入まで得ています。


主力の伝統産業でも残存者利益と参入障壁の高さに守られて高収益を上げているのですが、これに加えてかなりの不動産所得も得ています。う~ん、まさに盤石ですね。




④ 子供の教育方針が一般と異なる


安定的な家業である場合、子供の教育方針から異なります。塾に通わすものの、目的は大学附属中学校や小学校への合格です。中には幼稚園からの入学を目指すことさえあります。


有名大学附属中学校に合格すると、一般の中学・高校生とは全く異なる学生生活を送ることが可能となります。


彼らはいわゆる受験勉強が不要なので、大学入試をエンドポイントにした学力は絶望的に低いです。だからと言って、社会で通用しないかというと、そういうわけではありません。


彼らは中学・高校時代に、自制心や社会性などの学力テストでは測定できない能力(=非認知能力)を高めます。「家業」を引き継ぐためには、非認知能力の方が重要です。


しかし、生まれ持った才能が無ければどんなに努力しても結果を出せない認知能力と比べて、非認知能力は環境や努力で育むことが可能です。


医学部や東京大学合格を目指して激烈な戦いを強いられている一般高校生と比べて、彼らの置かれている環境は、いわゆる特権階級のようにも思えます。。。





ここまでつらつらと伝統産業の家内企業の分析を行いましたが、やはり伝統産業を「家業」化することは非常に美味しいことが分かりました。


しかし、そもそも論として伝統産業は歴史があるからこそ強さを発揮します。私のようなポッと出の新参モノが扱える領域ではありません。


私たちの大半が飯を食っている業種は、技術の進歩が凄ましくて競争が激しいです。少なくとも、このような業種では、家業のような安定性を得ることは望むべくもありません。


そうなると、銀のスプーンをくわえて生まれた人に追いつくのは至難の業です。やはり、1代目は額に汗を流して、がんばるしかないのでしょう。


ただ、やみくもにがんばるだけではラットレースから脱出できません。家業化に成功した人の強み(残存者利益、参入障壁など)を参考に、ビジネスの構築を目指すべきでしょう。





★★ 管理人監修の資産形成マニュアル ★★
 


管理人監修の「勤務医の、勤務医による、勤務医のための資産形成マニュアル」です。高度な医療技術で社会貢献するためには経済的安定が不可欠! という信念のもと、管理人は多くのメンターから指導を受けました。

その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。既に資産運用をしている方でも、勤務医のアドバンテージを生かした新しい考え方が見つかるかもしれません。

PDF版の販売で、30日間の返品保証付きです。当直1回分にも満たない価格なので、本マニュアルの手法を実践すれば、あっという間に元が取れると思います。 尚、医師以外の方のご購入はご遠慮ください。



情報教材表紙




アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

管理人の著書

161228 【書影】医師の経済的自由
管理人によるケアネット連載コラム
log_carenet

医師のためのお金の話

管理人による m3.com 連載コラム
管理人も参加しているオンラインサロン
勤務医のための資産形成マニュアル
築古木造戸建投資マニュアル

医師のための築古木造戸建投資マニュアル 1
医師のための 金融資産形成術
医師のための金融資産形成術

タダで自宅を手に入よう!

医師のための収益マイホーム購入マニュアル


配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール

自由気ままな整形外科医


・医学博士
・日本整形外科学会専門医
・日本リウマチ学会専門医
・不動産投資家
・超長期金融資産投資家
・ビジネスオーナー
・宅地建物取引主任士

QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。