整形外科医のブログ

中堅の整形外科医が、日々の気付きを書き記します。投資の成功で働く必要が無くなりましたが、社会貢献のため医師を続けています。

投資戦略

実績の無い著名人には要注意!

このエントリーをはてなブックマークに追加

GACKT、本田圭佑、イケハヤに共通のことをがあります。
それは何だか分かりますか?


その答えは、何の実績も無いにもかかわらず、資産形成に関するビジネスを大々的に宣伝している点です。もちろん、彼らは自分の専門分野では非常に成功された方です。


名前も比較的通っているので、それだけで成功者のイメージがついています。彼らはその知名度を利用して、資産形成マーケティングの分野でも一旗揚げようと考えているようです。


私も含めた一般人の感覚では、著名人が実行していることや推薦していることは間違いないと思いがちです。このことはマーケティングを考える上で非常に重要です。


著名人を広告塔として用いることは、昔から非常によくあるマーケティングの手法です。テレビのCMが著名人で溢れかえっていることからも、このことはよく分かります。


このようなケースでも、宣伝している商品が、その著名人の成功している分野であれば、問題は比較的少ないのかもしれません。


しかし、単に有名であるというだけで全くお門違いの分野の広告塔になっている場合には、注意が必要だと思います。


一昔前に複数の大御所演歌歌手達が、疑似通貨「円天」というネズミ講の広告塔になって問題になったことがありました。


彼らの中には、円天の仕組みを完全に理解した上で広告塔となり、巨額の利益を得た者もいます。ここまでくると犯罪者です。


一方、一般人の立場からは、あれだけ有名な大御所演歌歌手が推奨している商品なのだから、間違いは無いはずと思います。


お客を集める側の立場では、著名人の集客力は非常に魅力的です。この場合、損をするのは 著名人のネームバリューに騙された一般人ということになります。


私は著名人を広告塔にするビジネスの全てが悪いと言っているわけではありません。ただ、著名人が広告塔になることは、その裏で何らかの経済的合理性が働いてると思うべきです。


特に、著名人の専門領域ではない分野の商品の場合には、著名人のネームバリューは全く参考にならないことを肝に銘じておく必要があります。


いくら著名人といっても、その分野で何の実績もない人の意見を鵜呑みにしてはいけません。それは、ネームバリューを利用したマーケティングの一環かもしれませんから。。。






★★  医師のキャリア革命(オンラインサロン)  ★★


「経済的自由」を手に入れるために Facebookを利用した非公開のオンラインサロンに参加してみませんか?



gg - コピー




本サロンの目標は、参加者全員に生涯途絶えることのない "複数の収入の流れ"  を得るための " 学びの場 "  を提供することです。


資産形成マニュアルで、医師が効率よく資産形成を実践するノウハウを公開しましたが、本サロンはそのフォローアップの場と位置付けています。


それぞれの参加者たちが得た知識や体験を共有し、集合知を形成する。集合知は、サロンのメンバーが未知の航海に旅立つ際の羅針盤となる


そのような " 学びの場 "  を

  •  整形外科医のための英語ペラペラ道場
  •  整形外科医のブログ 

​ ​
がタッグを組んで運営します!!
参加希望の先生方は、こちらからお願いします




営業の相乗り作戦

このエントリーをはてなブックマークに追加

現在注力中の医療系スタートアップですが、営業に関しては提携している会社があります。直接営業(地上戦)に関しては、ほぼ全面的に依頼している状況です。


この会社は営業に特化した会社で、様々なビジネスパートナーから集客を請け負っています。いわゆる、マーケティング・サービスのプロ集団です。


彼らのおかげで、起業してからたった1年の間に、北海道から九州まで全国に顧客を獲得することに成功しました。普通ではなかなか達成できない快挙だと思います。


さて、マーケティング会社の仕事ぶりを拝見していると、興味深いことに気がつきました。それは、まさに一粒で二度おいしいを地で行っている営業活動です。


インターネット全盛の時代ではありますが、やはり金額の大きな商品に関しては、地上戦の効果は絶大です。空中戦だけで高額商品を購入する人はあまり居ないからです。


ただ、地上戦は直接顧客のもとに出向いて営業するという物理的な制約があります。最近の起業家は、インターネットなどの空中戦に依存する傾向があります。


これはこれで安易でいい方法なのですが、皆が空中戦にシフトしているために、その中でキャラを立てることが難しくなってきている印象です。


インターネット全盛の時代だからこそ、私は地上戦の営業も重視するべきだと考えています。しかし地上戦は非常にコストがかかります。


このため、営業を行うにしても効率性を高めることが重要になってきます。このマーケティング会社の場合は、前述したように一粒で二度おいしい営業活動です。


具体的にどういうことかと言うと、営業中に他のビジネスの営業も同じ顧客に対して行うといった手法です。


例えば、私が営業を依頼している商品Aの売り込みを顧客に出向いて行うとき、他の顧客から預かった商品Bの営業も行うといった手法です。


私が目撃したのは、商品Bは他ならぬマーケティング会社の営業手腕でした(笑)。つまり私の商品を売り込みながら、その営業技術そのものを売り込み先にセールスしているです。


顧客の立場では、これだけ素晴らしいセールスをする会社に、自社の商品を売らせたら素晴らしいだろうなと思うことは容易に想像できます。


このようにして、このマーケティング会社はどんどん自分の顧客も増やしています。しかも、広告宣伝費は私持ちで(笑)。


このことについて、特に私はネガティブな考えを持っていません。お互いがウィンウィンになるので、私の広告費で彼らの宣伝をすることは特に問題がないと考えているからです。


広告費と言っても、いわゆる成功報酬です。このため、売上が立たない限り、こちらの腹が痛まないという事情もあります。


このようにして、スモールビジネスは順調に顧客を拡大していきます。お互いが勝ち馬に乗ることが重要ですね!






★★  医師のキャリア革命(オンラインサロン)  ★★


「経済的自由」を手に入れるために Facebookを利用した非公開のオンラインサロンに参加してみませんか?



gg - コピー




本サロンの目標は、参加者全員に生涯途絶えることのない "複数の収入の流れ"  を得るための " 学びの場 "  を提供することです。


資産形成マニュアルで、医師が効率よく資産形成を実践するノウハウを公開しましたが、本サロンはそのフォローアップの場と位置付けています。


それぞれの参加者たちが得た知識や体験を共有し、集合知を形成する。集合知は、サロンのメンバーが未知の航海に旅立つ際の羅針盤となる


そのような " 学びの場 "  を

  •  整形外科医のための英語ペラペラ道場
  •  整形外科医のブログ 

​ ​
がタッグを組んで運営します!!
参加希望の先生方は、こちらからお願いします




もし30歳の整形外科医だったら?

このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、ブログに下記のような興味深いコメントがありました。
せっかくなので、この機会に私の考えを述べてみたいと思います。



はじめまして。
先生がもし30歳の整形外科医ならどう資産形成するか、が気になりますので、もしろよしければ後日ブログネタや、noteで販売されたらすごく興味ありますので良ければお願いいたします。




まず前提条件は下記のごとくとなります。

  • 医師免許を持っている
  • 日本に居住している


決して、私は万人向けの資産形成手法を知っているわけではありません。上記の条件のどちらか一方でも欠けている場合には、現在の状況には到達できなかった可能性が高いです。




卒後10年まで


もし、私が30歳の整形外科医であれば、大学卒業後5年前後ということになります。この時期であれば、整形外科医としての基本的な知識はすでに習得している時期です。


したがって、そこからさらに専門性を磨くべき時期になります。医師であるからには、やはりその参入障壁の高さを利用しない手はありません。


そこで月並みですが、やはり卒後10年ほどは医師としての修練に勤しむと思います。その間は、おそらく現在の私のような積極的な資産形成は難しいでしょう。


タネ銭を貯めつつ、株式などの金融資産投資を少し行うことになると思います。ただし、ギャンブル感覚でのめりこまないことが肝要です。


チャンスがあれば不動産投資も行うと思いますが、知識ゼロの状態から、いきなり1棟モノへの不動産投資を開始するのはやはり難しいと思います。


ただ、不動産もやはり経験が大事なので、経験値を積むという意味ではリスクの低い築古不動産投資を選択すると思います。


このようにして、医師としての修練を積みながらも、金融資産投資や不動産投資などの経験値を少しずつ高めていくと思います。


そして卒後10年後に医師人生の進路を決めるべき時期が来るので、この時期に自分がどのような道を進むのかを考えると思います。




正解は誰にも分からない


ここまでが資産形成を前提とした私の意見です。しかし、卒後20年の私の立場での意見であって、果たして人生の終盤に差し掛かった時に正解であるか否かは、私には分かりません。


私は、経済的な面にフォーカスした医師人生を歩むことになりましたが、アカデミックポジションを目指す方もいるでしょう。


経済的な成功がいいのか、学術的な成功がいいのか、もしくは社会的地位での成功を目指すのか、もしくは他に道があるのかに関しては、今の私には分かりかねます。


もしかすると、人生の本当の最後の瞬間にどれが正解だったかのか分かるのかもしれませんが、残念ながら私はそこまで年を取っていません(笑)。


ここまで述べた意見は、あくまでも卒後20年ちょっとの医師が、経済的な成功を念頭に置いた考えであることをご理解いただければ幸いです。




ちょこっとポジショントーク


ここからはポジショントークですが、経済的に成功することはそれなりに良いものだと思います。アカデミックポジションや組織での頂点を目指しても、退職すればタダの人です。


一方、経済的成功を手中にすると、快適な一生を過ごせます。些細なことですが、レストランで価格表を見ずに好きなものをオーダーできることは、なかなか気持ち良いものです。


医師の仕事を道楽化できたことも大きいです。特に働かなくても生活できるようになったので、「趣味」で医師を続けることが最高に居心地良い状態なのです。






★★ 管理人監修の資産形成マニュアル ★★
 


管理人監修の「勤務医の、勤務医による、勤務医のための資産形成マニュアル」です。高度な医療技術で社会貢献するためには経済的安定が不可欠! という信念のもと、管理人は多くのメンターから指導を受けました。

その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。既に資産運用をしている方でも、勤務医のアドバンテージを生かした新しい考え方が見つかるかもしれません。

PDF版の販売で、30日間の返品保証付きです。当直1回分にも満たない価格なので、本マニュアルの手法を実践すれば、あっという間に元が取れると思います。 尚、医師以外の方のご購入はご遠慮ください。



情報教材表紙




一粒で二度おいしいを極めよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

多くの医師は、最低でも年に一度ぐらいは学会出張があると思います。何と言っても、学会に参加しないと専門医を維持できないですから。


勤務医なら勤務先から補助が出る場合が多く、開業医なら経費化可能なので、どちらかといえば学会出張は気軽に参加できるイベントのひとつかもしれません。


遠方の学会出張に参加すると、夜は地場の料理を堪能し、週末は小旅行を楽しむ方も多いと思います。本日の話題は、このような「複数目的化」を極めようという話題です。


物事を行うにあたって、時間と金銭の出費は避けられません。しかし、主目的以外にも目的が増えると、消費する時間と金銭が半分以下になります。


これって、非常に有利ではないでしょうか?例えば、6月末に福岡市で開催された日本リハビリテーション学会に参加しましたが、私はビジネスパートナーとの懇親会も行いました。


普段はクラウド上でのやり取りなのですが、時々はリアルの場で協議する必要があります。今回のケースでは福岡までの旅費と時間が浮くので、非常にコスパが良くなりました。


複数目的化は来週末も行う予定で、日曜午後に品川でおこなわれるセミナーの講師として招聘されているので、午前中に品川でオンラインサロンの仲間と資産形成座談会を行います。


主目的に「遊び」の要素を加える人は多いですが、私のように「ビジネスや自己研鑽」の要素を加え続けると、それだけで行動量が飛躍的に増加します。


複数目的化は、出張絡みだけではありません。人生のいたるところで実践することが可能です。思いつく複数目的化を下記に記します。


  • 好立地の収益マイホーム+住居費を浮かす+教育費を浮かす+含み益による資産形成
  • 株主優待+含み益による資産形成
  • 楽しむための飲み会 接待+人脈の引き出しを広げる+法人の節税対策
  • 旅行を楽しむ+法人の節税対策+ブログのネタ収集
  • 知らない医学知識を掘り下げて勉強する+ブログのネタ収集
  • 法人経費のカード払い+クレカのポイント収集



どうでしょう? ひとつのアクションを複数目的化すると、それだけでアウトプットが飛躍的に増加します。そして、確固たる意識を持っていないと複数目的化は難しいです。


常に「今から行う行動に、なにか他の目的を追加できないか」という問題意識をもっていると、複数目的化の気付きを得易くなると思います。






★★  医師のキャリア革命(オンラインサロン)  ★★


「経済的自由」を手に入れるために Facebookを利用した非公開のオンラインサロンに参加してみませんか?



gg - コピー




本サロンの目標は、参加者全員に生涯途絶えることのない "複数の収入の流れ"  を得るための " 学びの場 "  を提供することです。


資産形成マニュアルで、医師が効率よく資産形成を実践するノウハウを公開しましたが、本サロンはそのフォローアップの場と位置付けています。


好立地物件に居住+それぞれの参加者たちが得た知識や体験を共有し、集合知を形成する。集合知は、サロンのメンバーが未知の航海に旅立つ際の羅針盤となる


そのような " 学びの場 "  を

  •  整形外科医のための英語ペラペラ道場
  •  整形外科医のブログ 

​ ​
がタッグを組んで運営します!!
参加希望の先生方は、こちらからお願いします




ケアネット: おススメ情報収集法

このエントリーをはてなブックマークに追加

ケアネット・ドットコムの連載企画【医師のためのお金の話】第10回が本日アップされました。お題は、忙しい医師向けおススメ情報収集法 です。



log_carenet



詳細な内容はケアネットの連載企画に譲りますが、私が実践している投資情報の収集法を、医師目線で書かせていただきました。


AIの進化のために、記憶力が優れているだけの学歴人間は不要になっていくとの論調があります。確かに私大文系の入試に最適化したような人間は淘汰されていくでしょう。


しかし、全ての情報をスマホやクラウドなどの外部脳に委託してよいはずはありません。人間が新しいことを創造したり判断する材料として、知識や情報は必須だからです。


しかも、質だけではなくある程度の量が無ければ、素晴らしいアイデアを得ることはできません。このため、膨大な知識の海から有益な情報を効率良く収集するノウハウは必須です。


何の戦略もなくネットサーフィンするだけで、有益な情報を得ることは不可能です。ある程度戦略的に自分の欲しい知識や情報を獲得しにいく必要があります。


このことに関する私なりのノウハウを、今回の記事にまとめてみました。1分ほどで読了可能なので、是非ケアネットを訪問してくださいね。







★★  医師のキャリア革命(オンラインサロン)  ★★


「経済的自由」を手に入れるために Facebookを利用した非公開のオンラインサロンに参加してみませんか?



gg - コピー




本サロンの目標は、参加者全員に生涯途絶えることのない "複数の収入の流れ"  を得るための " 学びの場 "  を提供することです。


資産形成マニュアルで、医師が効率よく資産形成を実践するノウハウを公開しましたが、本サロンはそのフォローアップの場と位置付けています。


それぞれの参加者たちが得た知識や体験を共有し、集合知を形成する。集合知は、サロンのメンバーが未知の航海に旅立つ際の羅針盤となる


そのような " 学びの場 "  を

  •  整形外科医のための英語ペラペラ道場
  •  整形外科医のブログ 

​ ​
がタッグを組んで運営します!!
参加希望の先生方は、こちらからお願いします




アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

管理人の著書

161228 【書影】医師の経済的自由
管理人によるケアネット連載コラム
log_carenet

医師のためのお金の話

管理人による m3.com 連載コラム
管理人も参加しているオンラインサロン
勤務医のための資産形成マニュアル
築古木造戸建投資マニュアル

医師のための築古木造戸建投資マニュアル 1
医師のための 金融資産形成術
医師のための金融資産形成術

タダで自宅を手に入よう!

医師のための収益マイホーム購入マニュアル


配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール

自由気ままな整形外科医


・医学博士
・日本整形外科学会専門医
・日本リウマチ学会専門医
・不動産投資家
・超長期金融資産投資家
・ビジネスオーナー
・宅地建物取引主任士

QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。