整形外科医のブログ

中堅の整形外科医が、日々の気付きを書き記します。投資の成功で働く必要が無くなりましたが、社会貢献のため医師を続けています。

投資戦略

どこまでやる? 法人の節税対策

このエントリーをはてなブックマークに追加

利益がでている法人の節税対策で頭を悩ます人は多いと思います。特に不動産投資家界隈では、物件が高値圏で推移しているため、売却で多額の譲渡益が発生することが多いです。


先日も何件かそのような相談を受けました。私が築古木造戸建をやっていることを知っている人は、減価償却での節税を念頭にしているのかもしれません。


結論的に言うと王道的な節税手法は巷で言われていること以上はありません。法人の利益に対しては、築古木造戸建と言えども単なる課税の繰り延べにすぎません。


法人の節税対策として、私が考えている、もしくは実践していることは下記のごとくです。
  1. 経営セーフティ共済
  2. 親族への給与所得(ひとりあたり 700万円程度)
  3. 法人用生命保険


①②はすでに実践している方が多いと思います。もしまだ実行していないのであれば、早急に検討するべき課題でしょう。


ただし①に関しては 800万円が上限ですし、②の親族への給与も業務実態という問題があります。特に不動産賃貸業のように継続的に利益が発生する法人では役不足感を否めません。


不動産賃貸業では、修理費用を積み立てておく必要があります。しかし、修理積立金に対する税制上の特典はないため、ガッポリ税金を取られた残りを積み立てなければなりません。


そのような実務と税制の乖離を埋める手法として、③の法人用生命保険が活用できます。永久保有物件の大規模修繕時期に照準を合わせていると大きな節税効果を得られます。


一方、非不動産賃貸業の法人では、③の使い道が退職金ぐらいしか無いのでかなり苦しいです。社歴が浅く、創業者(=自分)や社員が若いと、グランドデザインを描き難いです。


私にも、プラチナフェニックスもどきの法人生命保険を導入している法人がありますが、出口を深く検討せずに加入したことが悔やまれます。


償還時期がきたら一旦退職するという荒業もありますが、資産保有法人以外では信用を失う可能性があるので、実行するか否かは慎重に考えるべきでしょう。


また、ニュースになったのでご存じの方は多いでしょうが、この手の法人生命保険は利益がでていることが前提の設計です。コロナ禍で赤字になると節税効果は霧散してしまいます。




このように、つらつらと法人の節税対策について考えてみましたが、実は私は過度な節税対策はしないことにしています。①~③を実行した後は、潔く納税しています。


結構な金額の納税なので鬱になりそうですが、あえて過度な節税対策をしないことには理由があります。それは納税後のきれいなお金を手許に残しておきたいからです。


今回のコロナ禍でもそうでしたが、危機時にはキャッシュ・イズ・キングとなります。3月に比較的大量の現金を株式市場に投入できたのも、適度な節税に留めておいたおかげです。


過度な節税対策には手を出さずにがんばって納税する...。きれいごとではなく、長い目でみると資産形成にプラスになることは保証します。






★★ 管理人監修の資産形成マニュアル ★★
 


管理人監修の「勤務医の、勤務医による、勤務医のための資産形成マニュアル」です。高度な医療技術で社会貢献するためには経済的安定が不可欠! という信念のもと、管理人は多くのメンターから指導を受けました。

その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。既に資産運用をしている方でも、勤務医のアドバンテージを生かした新しい考え方が見つかるかもしれません。

PDF版の販売で、30日間の返品保証付きです。当直1回分にも満たない価格なので、本マニュアルの手法を実践すれば、あっという間に元が取れると思います。 尚、医師以外の方のご購入はご遠慮ください。



情報教材表紙




コロナ乗り越え自分史上最高値を更新!

このエントリーをはてなブックマークに追加

私は毎月末に、所有している金融資産の時価評価を行っています。直近は 9月4日の NY市場がクローズした時点で〆ましたが、自分史上の最高値を更新していました!



666 - コピー



上図は、2002年から2020年までの18年間の金融資産運用のトラックレコードです。2020年1月末に自分史上の最高値を更新しましたが、その後は想定外のコロナショック発生です。


コロナショック極期でも時価評価の減少率はたいしたことなかったのですが、時価評価の減少額の絶対値が割と衝撃的な数字だったので、精神的にはちょっとブルーでした。


2008年のリーマンショック時は、下落率が大きく悲壮な思いで買い下がりましたが、今にして思えば減少額の絶対値が小さく、グラフではどこが2008年か分からない程度です。


さて、今回の自分史上最高値更新を受けての振り返りですが、最高値を更新した最大の理由は株式市場の堅調さのおかげです。NY・東京市場ともコロナショック前に回復しました。


このため、トコロテン方式に私の時価評価も水膨れしました(笑)。自分の運用成果ではなく、単に市況が良かっただけというオチです。


しかも、今回のコロナショックでは自分史上最大のキャッシュを投入しましたが、まだ  15%程度の含み益しか無いので、上昇率も全然自慢できるシロモノではありません...。


しかし、今回投資したのは基本的にインカムゲイン目的の銘柄群です。含み益の増加金額は微々たるものですが、月々のCFは 30万円ほど増加したので良しとしています。


次にチャンスの窓が開くのはいつになるか予想もできませんが、それまではキャッシュを温存してバーゲンハンティングの準備を万全にしておきたいと考えています。




株式市場が堅調なことが自分史上最高値更新の最大の要因ですが、それ以外にも重要な要素があります。それはキャッシュ産生能力の増大です。


2008年のリーマンショック時のキャッシュ産生能力は、勤務医としての給与所得+不動産所得の 2種類の CFだけでした。


2008年10月に J-REITに参戦しましたが、同年 12月には早くも弾切れしてしまい、その後は勤務医の給与所得と不動産所得からの CFのみで、2009年3月まで買い下がりました。


一方、コロナショックでは、リーマンショック時とは比較にならない分厚い CFで買い下がりました。事業所得+不動産所得+配当所得+給与所得+太陽光売電という陣容です。


勤務医の給与所得は全体の 10%台にまで低下しており、CFの多様化を推進してきました。多様化のおかげで、コロナ禍でも影響を受けないことを確認できたのは意義深かったです。


米国のバフェットが危機時にバーゲンハンティングできるのは、保険事業から流入するフロートという潤沢な CFのおかげです。


私もバフェットと同じように、危機時にバーゲンハンティングすることを投資戦略の根幹に据えているため、危機時にも途切れない CFの確保は資産形成における最大のテーマです。


株式などの金融資産での分散投資は、非効率極まりないので絶対に実行しません。しかし キャッシュ産生能力は、事業・不動産・株式・給与・外貨・太陽光に分散しています。


そして、危機時は新たな CF獲得のチャンスです。今回のコロナショックでは、不動産に関してはノーチャンスだったので、主に金融資産での CF確保(配当金)に注力しました。


次の危機時には、今回ゲットした金融資産の CFが追加されて、さらにバーゲンハンティングを敢行できる能力が増大したと判断しています。






★★ 管理人監修の資産形成マニュアル ★★
 


管理人監修の「勤務医の、勤務医による、勤務医のための資産形成マニュアル」です。高度な医療技術で社会貢献するためには経済的安定が不可欠! という信念のもと、管理人は多くのメンターから指導を受けました。

その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。既に資産運用をしている方でも、勤務医のアドバンテージを生かした新しい考え方が見つかるかもしれません。

PDF版の販売で、30日間の返品保証付きです。当直1回分にも満たない価格なので、本マニュアルの手法を実践すれば、あっという間に元が取れると思います。 尚、医師以外の方のご購入はご遠慮ください。



情報教材表紙




m3: 今話題の金投資を考えよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、m3.comの連載企画【医師のための資産形成】第28回がアップされました。お題は今話題の金投資を考えよう! です。



m3com_logo




さすがにドル流動性の枯渇した、コロナショックの極期には下落しましたが、現時点で金価格は史上最高値圏で推移しています。


このため、世間では金投資に対する関心が高まっています。なるほど、それならすぐに金投資を検討しなければ!


ちょっと待ってください! 多数派が相場で勝つ可能性はきわめて低いです。猫も杓子も金投資を話題にする時期に、金投資に参入するのは如何なものでしょうか?


金が高騰している原因のひとつに基軸通貨であるドルへの不信があります。ドル不信の大きな理由は、新型コロナウイルス感染症対応による巨額の財政出動です。


そして、米国以外のほとんどの主要国も、史上空前の財政出動を行いました。行き着く先は、全通貨価値の毀損かもしれません。それなら金価格の高騰も納得です。


しかし、金投資と言ってもさまざまな形態があります。そこで、金投資歴 20年の大ベテラン(=私)の登場です(笑)。


医師になりたてで世間知らずの私が、なけなしのお金を投入して行った金投資の成果は如何に? そして 20年間の投資歴から感じた金投資への結論は?


今回の m3.comの連載では、金投資に関する私の意見を述べてみました。3分ほどで読了可能なので、是非 m3.comを訪問してくださいね!






★★  医師のキャリア革命(オンラインサロン)  ★★


「経済的自由」を手に入れるために Facebookを利用した非公開のオンラインサロンに参加してみませんか?



gg - コピー




本サロンの目標は、参加者全員に生涯途絶えることのない "複数の収入の流れ"  を得るための " 学びの場 "  を提供することです。


資産形成マニュアルで、医師が効率よく資産形成を実践するノウハウを公開しましたが、本サロンはそのフォローアップの場と位置付けています。


それぞれの参加者たちが得た知識や体験を共有し、集合知を形成する。集合知は、サロンのメンバーが未知の航海に旅立つ際の羅針盤となる


そのような " 学びの場 "  を

  •  整形外科医のための英語ペラペラ道場
  •  整形外科医のブログ 

​ ​
がタッグを組んで運営します!!
参加希望の先生方は、こちらからお願いします




自分の代で稼げるだけ稼ぐ合理性

このエントリーをはてなブックマークに追加

オンラインサロン等でときどき話題になることのひとつに、子供の教育があります。やはり、メンバーが医師や歯科医師であるため、子供の教育は盛り上がる話題です。


私にとって意外感があったのは、全員が高学歴を目指すわけではないことです。子供にも適性があるため、特に小さい頃は多様性を持たせることを重視している人が多いようです。


適性に関しては私も納得です。私はキチガイのように勉強して医学部に現役合格したクチなので、死ぬほど努力をすれば誰でも医学部や東京大学に合格できると思っていました。


しかし、やはり人には適性というものがあるようです。この歳になってようやく、人には努力だけでは到達できない地点があることを思い知ったのです...。


そして、人の適性問題は大学受験だけにとどまりません。社会生活のいろいろな場面で、適性が無いため苦労している人が居ることに気付くようになりました。


そのひとつは資産形成に対する適性です。適性は才能と読み替えてもよいかもしれません。才能が無くてもある程度の資産を残せますが、図抜けた結果を出すのは難しい...。


そして、資産形成(純資産 5億円以上)はかなり難しいと感じています。おそらく医学部や東京大学合格以上に難易度が高いです。全員が真剣勝負の弱肉強食のジャングルですから。


そして、何となくお金の流れを嗅ぎ分けられる才能というのは存在すると思います。しかし、その才能の有無は実社会に出ないと、自分にあるのかどうかは分かりません。


そして、幸運にも自分に資産形成の才能があることに気付いたら、その才能をどう生かすかについて十分に考える必要があると思います。


つまり、自分の代だけである程度稼いで終わるのか、それともその才能を自分の子供や孫世代にまでがんばって使うのかという観点です。


とあるサロンメンバーは、自分の子供に大学受験の才能や資産形成の才能が無いことが分かれば、自分の代で死ぬ気で働いて子供に大きな資産を残すとおっしゃられていました。


このような考え方は私に無かったのでかなりの衝撃を受けました。たしかに自分には才能があるものの、子供に才能が無いことが発覚すれば、自分の代で稼ぎまくるのは合理的です。


シビアな目で自分の子供の品定めをするのは難しいかもしれませんが、自分の子に才能が無いと判断した時点で、方針を転換してギアチェンジする選択肢もアリだと思いました。






★★  医師のキャリア革命(オンラインサロン)  ★★


「経済的自由」を手に入れるために Facebookを利用した非公開のオンラインサロンに参加してみませんか?



gg - コピー




本サロンの目標は、参加者全員に生涯途絶えることのない "複数の収入の流れ"  を得るための " 学びの場 "  を提供することです。


資産形成マニュアルで、医師が効率よく資産形成を実践するノウハウを公開しましたが、本サロンはそのフォローアップの場と位置付けています。


それぞれの参加者たちが得た知識や体験を共有し、集合知を形成する。集合知は、サロンのメンバーが未知の航海に旅立つ際の羅針盤となる


そのような " 学びの場 "  を

  •  整形外科医のための英語ペラペラ道場
  •  整形外科医のブログ 

​ ​
がタッグを組んで運営します!!
参加希望の先生方は、こちらからお願いします




全通貨価値毀損への対応法

このエントリーをはてなブックマークに追加

金価格が上昇しています。金価格上昇は基軸通貨ドルの信認低下と言われていますが、ついに日経新聞まで特集を組みました。ドル信認問う金の高値 基軸通貨に価値低下の試練



新型コロナウイルスの感染拡大で金製品の需要は減ったのに、金の国際価格は連日、史上最高値を更新している。金を買うために支払う米ドルの価値が落ちているのだ。基軸通貨の信認が問われている。



日経新聞が特集を組んだぐらいなので、金価格はそろそろ崩落する可能性が高くなりました。ただし、本日の話題は金投資の是非ではなく、通貨価値下落についてです。


今回のコロナ禍で中国を除く世界中の主要国はヘリマネを実行しています。このような異常事態が全世界同時進行するとは夢にも思いませんでした。


しかし、現実に起こってしまったので、これに対応せざるを得ません。通貨価値毀損は必至と考えているので、当然ながら通貨からの逃避先を考えることになります。


しかし、このことは容易なことではありません。何故なら世界中の通貨が自ら価値を毀損しているので、どの通貨を選択する?というロジックは通用しないからです。


通貨価値毀損は体感しにくいので、現実世界で発生しうる状況はインフレというカタチで私たちに影響を及ぼします。それでは不動産や株式だ!というのは早計だと思います。







上記は少し古い書籍ですが、84ページに重要な知見が記載されています。第一次世界大戦後にハイパーインフレに見舞われたドイツの記録です。


私自身が当時のドイツの状況を把握する術を持ち合わせてないので、著者のリサーチ力を信用するしかないのですが、ハイパーインフレ時には下記順番で価格が上昇したそうです。


  1. 為替
  2. 物価
  3. 不動産
  4. 株価


今回は、健全財政を確保している中国の人民元も米国ドルにペッグされているため、為替は役に立ちません。したがって、価格上昇は金から始まることになります。


第一次世界大戦後のドイツの事例では、金の次は物価だったようです。2020年8月現在は不況のためにエネルギー価格が下落してデフレ傾向です。


したがって、物価が上昇しだすと要注意でしょう。物価上昇を感知したら、まずは不動産を購入するとよいのかもしれません。もちろん、REITや不動産株でも代用可能です。


そして不動産運用の仕組み(収益確保+債務を固定金利化)を整え、株式下落を待つことになります。この通りに進行すれば濡れ手に粟の状況ですが、実際には難しいでしょう。


何故ならこの程度のことは誰もが考えているので、その一歩先を行く必要があるからです。さらに経済的に大混乱に陥っている可能性が高いので、自分の生き残りで必死のはずです。


これに対する最適解を持ち合わせていませんが、対応策のひとつはジャブジャブのコロナ関係融資を利用して手元流動性を分厚くしておくことだと思います。


もちろん、このような事象が発生するか否かも不明で、10年後も世界は変化していない可能性もあります。それはそれでめでたいことですが備えあれば憂いなしではないでしょうか。






★★ 管理人監修の資産形成マニュアル ★★
 


管理人監修の「勤務医の、勤務医による、勤務医のための資産形成マニュアル」です。高度な医療技術で社会貢献するためには経済的安定が不可欠! という信念のもと、管理人は多くのメンターから指導を受けました。

その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。既に資産運用をしている方でも、勤務医のアドバンテージを生かした新しい考え方が見つかるかもしれません。

PDF版の販売で、30日間の返品保証付きです。当直1回分にも満たない価格なので、本マニュアルの手法を実践すれば、あっという間に元が取れると思います。 尚、医師以外の方のご購入はご遠慮ください。



情報教材表紙




アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

医療研究を身近な存在とし、医療の未来を作る


管理人の著書

161228 【書影】医師の経済的自由
管理人によるケアネット連載コラム
log_carenet

医師のためのお金の話

管理人による m3.com 連載コラム
管理人も参加しているオンラインサロン
勤務医のための資産形成マニュアル
築古木造戸建投資マニュアル

医師のための築古木造戸建投資マニュアル 1
REITで実践する不動産投資セミナー
190122
医師のための 金融資産形成術


配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール

自由気ままな整形外科医

・医学博士
・日本整形外科学会専門医
・日本リウマチ学会専門医
・不動産投資家
・超長期金融資産投資家
・ビジネスオーナー
・宅地建物取引主任士

QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。