整形外科医のブログ

中堅の整形外科医が、日々の気付きを書き記します。投資の成功で働く必要が無くなりましたが、社会貢献のため医師を続けています。

税務・税制

個人収入が事業所得と認められる基準

このエントリーをはてなブックマークに追加

最近、医師の中にも個人所得税について詳しい人が多くなってきました。ひと昔前は自分がどれだけ徴税されているのか全く知らないという人ばかりで驚いたモノです。


個人所得税の知識がついてくると、医師としての収入を何とかしたいと考えるのが人情です。このことは勤務医に顕著です。


何といっても、命をすり減らして当直しても報酬の 4~5割(!)も召し上げられるので、手元には半分ちょっとしか残らないという事実は衝撃的です。


しかし、残念ながらコレを何とかする手法は存在しません。よくワンルームマンションを買って節税とかありますが、限りなくクロに近いので止めておきましょう。


次に問題になるのは副収入です。例えば、医師でいうと講演料や執筆による印税収入などです。100万円ぐらいになることは多いので、この収入にかかる税は気になりますね。


これらの収入が「事業所得」か「雑所得」かによって、税務上では雲泥の差となります。ポイントは損益通算可能か否かです。もちろん、損益通算できるのは事業所得です。


このため「事業所得」か「雑所得」かは裁判でしばしば争われます。 給与所得との損益通算以外にも、事業所得には青色控除や償却資産の特例などの特典がテンコ盛りです。   


このため、何としても事業所得にしたいところですが、個人事業主が「事業所得」として申告しても、税務署により排斥されるケースがしばしばあります。


新聞やネットでよく目にするのは、ネットでの商品売買、アフェリエイト収入、医師の講演料などですが、「雑所得」と認定され納税者が負けているケースが多いようです。


税務署の判断基準として
  • 自己の危険と計算において独立して行う業務か否か
  • 営利性と有償性を有しているか
  • 反復継続して遂行されて営まれているか
  • 社会的地位が客観的に認められているか


などがあるようですが、売上の規模等を含めての総合的な判断となるため、体裁や形式を整えたからといって、確実に「事業所得」と認められるわけではありません。


上記の中でも特に売上規模は重要で、少なくとも毎年200万円程度は売上が立っていないと「事業所得」とは認められない可能性が高いようです。


なかなか高いハードルに思えますが、この売上をクリアしているのであれば、事業所得認定に向けて動いていいかもしれませんね。





★★  医師のキャリア革命(オンラインサロン)  ★★


「経済的自由」を手に入れるために Facebookを利用した非公開のオンラインサロンに参加してみませんか?



gg - コピー




本サロンの目標は、参加者全員に生涯途絶えることのない "複数の収入の流れ"  を得るための " 学びの場 "  を提供することです。


資産形成マニュアルで、医師が効率よく資産形成を実践するノウハウを公開しましたが、本サロンはそのフォローアップの場と位置付けています。


それぞれの参加者たちが得た知識や体験を共有し、集合知を形成する。集合知は、サロンのメンバーが未知の航海に旅立つ際の羅針盤となる


そのような " 学びの場 "  を

  •  整形外科医のための英語ペラペラ道場
  •  整形外科医のブログ 

​ ​
がタッグを組んで運営します!!
参加希望の先生方は、こちらからお願いします




はやっ、一般社団法人はもうアウト!

このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、日経で衝撃的なニュースが流れました。
相続税の課税逃れ防止へ 政府・与党、社団法人の悪用防ぐ です。





 政府・与党は相続税の過度な節税を防ぐ。見直しの対象とするのは、一般社団法人の課税逃れと小規模宅地の特例を使った節税のふたつ。社団法人では親族間の資産継承で課税を逃れているケースが目立つため、非課税の対象を限定する。一方、宅地特例では適用対象を絞り込んで、節税できる人を減らす。相続税は税率引き上げで負担が増えたと感じる人が増えており、過度な節税を防止して課税の公平性を保つ。


 社団法人を巡っては、相続・贈与する資産を持つ親が一般社団法人を設立し、理事に就任するなどして一族で社団法人を実質支配するケースがある。親は社団法人に資産を移転し、その後に子が理事を継げば、実質的に非課税で資産を承継できる仕組みだ。


 社団法人の設立にかかる費用は登記料の6万円だけで、誰でも登記さえすれば設立が認められる。2016年の設立件数は6075件と5年で1.5倍に増えた。財務省は親族が代表者を継いだ場合に非課税の対象から外すなどして節税の拡大を防ぐ。





富裕層のコミュニティーのなかでは、この2~3年の間は一般社団法人がホットな話題でした。一般社団法人の節税スキームに気付いた資産系税理士が顧客に勧めていたためです。


私も周囲から勧められて、かなり真剣に検討しましたが、最終的には見送ることにしました。あまりに簡単に相続税を回避できるため、通達発令は不可避と考えたためです。


しかし、これほど早く一般社団法人の節税スキームが閉ざされるとは思っていませんでした。10年後ぐらいかなと思っていましたが、たった3年とは予想を上回るスピードです。


2014年の公益法人制度改革からたった3年で、一般社団法人を用いた相続税節税対策が閉ざされました。本来の公益法人制度改革を逆手に取っただけなので当たり前ですが。。。


実は、資産形成マニュアルでも一般社団法人を取り上げていますが、最終的には別法人を推奨しています。それだけ参入障壁が低くて誰でも思いつくことはアブナイということです。


しかし、今回のニュースは医師にとって明るい材料かもしれないと感じています。それは、今回の規制が一般社団法人に限定されているからです。


同じ持分の定めのない法人でも、財団法人と医療法人への言及はありませんでした。つまり、設立のハードルが高い財団法人と医療法人は、制度が温存される可能性が高いのです。


医療法人を実質的に継承するためには、子供を医師にする必要があります。自分の子供が相応の才能の持ち主であることが前提ですが、クリアできれば得るモノが大きいです。


一般社団法人の規制で困るのは富裕層だけですが、医療法人を規制すると医療崩壊のトリガーを引いてしまいます。持分の定めのない医療法人の価値が高まったのかもしれませんね。


ちなみに相続税節税スキームとしてはオワコンですが、「ゴミ箱」としての利用価値は健在です。逆ザヤの「腐動産」や「負動産」をお持ちの方は、早めの対応をお勧めします。


なぜ一般社団法人を「ゴミ箱」として利用することが可能なのかを、公開のブログで書くのは控えます。このような話題は、やはりクローズドなコミュニティでしかできないですね。。。






★★ 管理人監修の資産形成マニュアル ★★
 


管理人監修の「勤務医の、勤務医による、勤務医のための資産形成マニュアル」です。高度な医療技術で社会貢献するためには経済的安定が不可欠! という信念のもと、管理人は多くのメンターから指導を受けました。

その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。既に資産運用をしている方でも、勤務医のアドバンテージを生かした新しい考え方が見つかるかもしれません。

PDF版の販売で、30日間の返品保証付きです。当直1回分にも満たない価格なので、本マニュアルの手法を実践すれば、あっという間に元が取れると思います。 尚、医師以外の方のご購入はご遠慮ください。



情報教材表紙




いくらまでなら外注がおトク?

このエントリーをはてなブックマークに追加

医師は高額所得者であることが多いですが、病院経営者や多施設展開クリニックの院長以外は、開業医も含めて究極的には時間の切り売りをしているに過ぎません。


仮に年収1億円あったとしても、基本的には「ワーカー」です。自分の時間を切り売りしてお金に変えるスタイルの働き方で最も重要な資源は「時間」です。


このスタイルでは、いかにして効率良く自分の時間をお金に替えるかが重要となります。私はダン・ケネディの大量行動の原則を信条にしているため、日々大量の業務をこなしています。


同時並行的に大量の業務を処理するポイントは、「自分にしかできないこと以外は極力外注する」ことに尽きます。つまり他人の時間を使わせてもらうのです。


私は病院業務において、誰でもできることは極力周囲のスタッフに振ります。このため、私に付いてくれるコメディカルは常に動き回っていますが、私は部屋の中央でほとんど動きません(笑)。


しかし、業務を役割分担するスタイルのおかげで、外来が終了するスピードは圧倒的に早いです。このように病院においては医師しかできない業務しかしないことが私のモットーです。


そして自分のビジネスでも私は外注を多用します。最近ではクラウドソーシングを利用できるので、昔は高度と思われていた(実は思考レベルは高くない)業務であっても安価に外注できます。


例えば、自分の日給を10万円、税率50%と仮定した場合の金銭面での損得を例示したいと思います。この場合、自分の稼ぎにかかる税金を考慮することがポイントです。


・ 自分の時間を1日使って本業以外の業務を行う: -10万円×50%=-5万円(機会損失)
・ 自分は本業に集中して、5万円で外注する: 10万円×50%-5万円=0円
・ 自分は本業に集中して、5万円で外注して費用計上:10万円×50%-5万円×50%=2.5万円


以上から、最も有利であることは「自分は最も時給単価の高い本業に集中して外注費を費用計上すること」で、最も不利であることは「自分の時間を使って本業以外の業務を行うこと」です。


ちなみに今回は外注費を日給5万円に設定しましたが、外注費が10万円の場合は、5万円-10万円=-5万円となり、「自分の時間を使って本業以外の業務を行うこと」と同じ出費となります。


つまり、自分の時給単価未満で外注できるのであれば、積極的に外注することが理に適っています。このような工夫によって、限られた時間で最大限の成果を得ることが可能となります。


一方、「休日に本業以外の業務を行うのなら、外注費が節約できるので問題無いのでは?」という意見もあるかもしれません。しかし、敢えて私は外注することをお勧めします。


私たちにとって、時間は最も重要で限られた資源です。僅かな外注費を節約するために、誰にでもできる単純作業に手を染めることは自分の創造性を毀損することにつながります。


自分にしかできない高度な思考レベルの業務に集中して結果を出すことで、単純作業の外注費を余裕で取り返す流れを創り出すことが重要だと思います。



★★ 管理人監修の資産形成マニュアル ★★
 


管理人監修の「勤務医の、勤務医による、勤務医のための資産形成マニュアル」です。高度な医療技術で社会貢献するためには経済的安定が不可欠! という信念のもと、管理人は多くのメンターから指導を受けました。

その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。既に資産運用をしている方でも、勤務医のアドバンテージを生かした新しい考え方が見つかるかもしれません。

PDF版の販売で、30日間の返品保証付きです。当直1回分にも満たない価格なので、本マニュアルの手法を実践すれば、あっという間に元が取れると思います。 尚、医師以外の方のご購入はご遠慮ください。


情報教材表紙




12月は ” 爆買 ” の季節

このエントリーをはてなブックマークに追加

12月も下旬になり、今年もそろそろ終わろうとしています。
私は、毎年この時期になると必ずやっていることがあります。


それは、税金の管理です。私の資産管理のメインは法人を通じて行っていますが、医師個人の給与所得をコントロールするために築古木造戸建投資などで節税対策を行っています。


そして、「節税」ではありませんが、税金の還付的な感覚でふるさと納税の調整もこの時期に行っています。毎年12月下旬は、個人青色申告とふるさと納税の金額調整に追われているのです。


まず、築古木造戸建投資のメリットのひとつである経費化ですが、今年の課税所得金額(確定申告書の右上の数字)を睨みながら可能なかぎり12月中に必要物品を購入します。


年を跨ぐと経費化できるのが1年先になるので、必要物品はできるだけ年内に購入するようにしています。このため、私にとって12月は1年のうちで最も消費金額の大きい” 爆買 ”の月です。


経費化できる最大のメリットは、購入する物品が「自分の税率引きの価格」で購入できる点です。例えば個人所得税33%+住民税10%の場合は、下記のごとくです。


・ (賃貸経営で使用する)10万円の PC = 10万円×(1-0.43)=5.7万円
・ (賃貸経営で使用する) 7 万円のクロスバイク = 7万円×(1-0.43)=3.9万円


このように、10万円のPCは、実質的に5.7万円で購入するのと同義となります。かなりの物品は賃貸経営でも使用できるので、4~5割引価格で購入できるメリットはかなり大きいです。


次にふるさと納税ですが、アルバイト収入や不動産所得がある場合には、今年の正確な課税所得金額を算出することは年末になるまで難しいです。


12月下旬になるとほぼ正確な金額が確定するので、そこから計算して足りない金額のふるさと納税を行うことになります。私の場合、今年の予想金額は約80万円でした。


この金額に向けて、1月~11月まで5万円/月ペースでふるさと納税してきました。そして、今週になって最終的な金額が確定したので、この1週間で一気に20万円のふるさと納税を行いました。


このように、税制を知ることで手元に残るお金は激増します。医師は毎年確定申告している人が多いと思いますが、単に機械的に行っているだけではもったいないです。


税制を熟知することで、戦略的に節税することが可能となります。法人に比べて個人は税制の縛りがキツイですが、それでも税制の知識を得ることでかなりの節税は可能なのです。



★★ 管理人監修の資産形成マニュアル ★★
 


管理人監修の「勤務医の、勤務医による、勤務医のための資産形成マニュアル」です。高度な医療技術で社会貢献するためには経済的安定が不可欠! という信念のもと、管理人は多くのメンターから指導を受けました。

その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。既に資産運用をしている方でも、勤務医のアドバンテージを生かした新しい考え方が見つかるかもしれません。

PDF版の販売で、30日間の返品保証付きです。当直1回分にも満たない価格なので、本マニュアルの手法を実践すれば、あっという間に元が取れると思います。 尚、医師以外の方のご購入はご遠慮ください。



情報教材表紙




ビバ ★ ふるさと納税!

このエントリーをはてなブックマークに追加

シルバーウィークの昨日は、のんびり家で過ごしました。
天気も良く、最高にダラダラした一日を過ごすことができてとてもハッピーな気分です。


せっかくの休みなので夕食は少し豪華に行こう! ということで食材をチョイスしました。
選び出したのが下記の食材です。


   お米: つや姫 (山形県飯豊町)
   大トロ・鯵刺身 (静岡県焼津市)
   鰻の白焼き    (高知県四万十市)


お米は魚沼米やはえぬきも悪くないですが、つや姫が私のなかではベストです。特に飯豊町は月が替われば何度でも寄付可能なので、一年中飯豊町のつや姫をいただいています。


今年からふるさと納税の限度額が2倍になったので、単純に昨年の2倍ペースで特産品(お礼の品)がやってきます。食べるのはイイですが、寄付業務も2倍になります。


私の場合は約50のお気に入り自治体リストで管理しているからまだマシですが、今年からふるさと納税を始めた方は結構大変そうです。


そして、一気に寄付すると一度に特産品がやって来るので冷蔵庫に入りきらなくなります。特に海産物はかさばるので注意が必要です。


そして奥さんの協力を得られない方は、忙しい仕事の後にふるさと納税の寄付業務を行うことは苦痛だと思います。そんな方には高額寄付者向けのコースをお勧めしています。


2~3年前までは10万円越えコースは珍しかったですが、今では10~100万円コースを設けている自治体が多いです。これなら数か所の自治体に寄付するだけでふるさと納税を楽しめます。


いつまでこの制度が続くか分かりませんが、納税して良かった! と素直に思える良い制度ですね。そして、ふるさと納税は、税制に疎い医師が勉強する良いきっかけになります。


税制は奥が深いですが、こちらに確定申告の考え方を理解できるようにまとめています。この程度の知識は必須であり、知らないと税制に食いものにされてしまうので是非マスターしましょう。



  ★★ 管理人監修の 「タダで自宅を手に入よう! 収益マイホーム購入マニュアル」 ★★
 


勤務医のあなたが開業医並みの収入を得て富裕層に到達する方法!」で提唱した収益マイホームの実践版です。2004年に”お金を生む”マイホームをタダ同然で取得した管理人が、家計のキャッシュフローを劇的に改善できる「収益マイホーム」を解説します。


どうせマイホームを取得するのなら、できるだけ安価に・安全に購入したいと思う方にぴったりのノウハウがぎっしり詰まったマニュアルです。 収益マイホームを購入することで、家賃や住宅ローンの支払から解放される可能性が高まります。


そしてこのことが人生の幅を広げることにもなるかもしれません。 全131ページのPDF版ダウンロード販売で、30日間の返品保証付きです。当直1回分にも満たない価格なので、本マニュアルの手法を実践すれば、あっという間に元が取れると思います。


尚、医師以外の方のご購入はご遠慮ください。



表紙画像
                                
タダで自宅を手に入よう! 収益マイホーム購入マニュアル


アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

医療研究を身近な存在とし、医療の未来を作る


管理人の著書

161228 【書影】医師の経済的自由
管理人によるケアネット連載コラム
log_carenet

医師のためのお金の話

管理人による m3.com 連載コラム
管理人も参加しているオンラインサロン
勤務医のための資産形成マニュアル
築古木造戸建投資マニュアル

医師のための築古木造戸建投資マニュアル 1
REITで実践する不動産投資セミナー
190122
医師のための 金融資産形成術


配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール

自由気ままな整形外科医

・医学博士
・日本整形外科学会専門医
・日本リウマチ学会専門医
・不動産投資家
・超長期金融資産投資家
・ビジネスオーナー
・宅地建物取引主任士

QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。