整形外科医のブログ

中堅の整形外科医が、日々の気付きを書き記します。投資の成功で働く必要が無くなりましたが、社会貢献のため医師を続けています。

旅行

スリランカでのビジネス業務体験

このエントリーをはてなブックマークに追加

スリランカ旅行も1週間が過ぎて、そろそろ飽きてきました。
早く日本に帰って思い切り働きたいな(笑)。


そうは言うものの、実はスリランカの山奥の国立公園でも、医療系スタートアップに関しては平常通りの業務をこなしています。


IMG_7318 - コピー - コピー



日本にいるときは病院勤務との兼ね合いで、それなりに制約されるのですが、こちらでは 好きな時間に好きなことができるので日本にいる時よりもはかどったりします。


基本的にはリモートワークなので、インターネットにつながれば世界中で業務が可能です。我ながら素晴らしいシステムだと思っていましたが、実は意外な落とし穴がありました。


それは時差の問題です。今のところ常勤スタッフは半日だけ働いてもらっているのですが 、こちらで遊び呆けているとなかなか時間を合わすことが難しいことに気づいたのです。


スリランカと日本では約3時間半の時差があるのですが、 こちらで夕食をとって22時からちょこっとスタートアップの業務をしようとすると、日本では1時半になっているのです。


もちろん、すでにスタッフの業務は終了しています。それほどタイムリーに仕事をこなしていくビジネスではないのですが、1日遅れるのでいつもと違う感覚に陥ってしまいます。


このような些細なトラブル(?)はあったのですが、基本的にはスリランカの山奥でも普通に業務できることが確認できました。


ジープサファリで象を追いかけた帰り道に、ちょこっと業務を斜め見するのは面白い体験でした。今後はこのような働き方やビジネスが、メジャーになっていくのかもしれませんね。






★★  医師のキャリア革命(オンラインサロン)  ★★


「経済的自由」を手に入れるために Facebookを利用した非公開のオンラインサロンに参加してみませんか?



gg - コピー




本サロンの目標は、参加者全員に生涯途絶えることのない "複数の収入の流れ"  を得るための " 学びの場 "  を提供することです。


資産形成マニュアルで、医師が効率よく資産形成を実践するノウハウを公開しましたが、本サロンはそのフォローアップの場と位置付けています。


それぞれの参加者たちが得た知識や体験を共有し、集合知を形成する。集合知は、サロンのメンバーが未知の航海に旅立つ際の羅針盤となる


そのような " 学びの場 "  を

  •  整形外科医のための英語ペラペラ道場
  •  整形外科医のブログ 

​ ​
がタッグを組んで運営します!!
参加希望の先生方は、こちらからお願いします




フォトジェニックは賃貸経営に不向き?!

このエントリーをはてなブックマークに追加

スリランカ旅行の目的のひとつは、スリランカが生んだ天才建築家ジェフリー・バワの代表作であるHeritance Kandalama Hotelに宿泊することです。



555 - コピー




こんな感じの「森の中のホテル」です。自然と一体化しており、サルが普通にホテル内に居ます。窓を開けているとすぐに室内に侵入されてしまうほどです。


非常にフォトジェニックなのですが、実際に宿泊した感想は微妙な感じでした。確かにあまり他に類を見ないホテルではありますが、居心地が良いとは言えません。


まず、設備が古いので、最新鋭の宿泊施設に慣れた身には、居住性が良くないです。このことはHeritange Kandala Hotel に限らず、いわゆるコロニアルホテルにも当てはまります。


私はベトナムのホーチミンで、Majestic Saigonに宿泊したことがありますが、こちらも外観は素晴らしいものの、居住性はかなりイマイチでした。


これらのホテル群は、外観はフォトジェニックで素晴らしいものの、長期滞在という視点ではかなり劣後します。


短期勝負のビジネスには向いていますが、スパンの長いビジネスには不向きです。このことは、居住用の不動産賃貸経営に重要な示唆を与えています。


居住用不動産賃貸ビジネスでは、そのスパンは数年単位です。表面的にリノベーションしてビジュアルを良くしても、実際に住んでみると不便さが際立つ物件は退去につながります。


不動産賃貸経営では、リノベーションは一定の地位を固めていますが、居住性無視のデザイナーの自己満足物件は、本当の意味での不動産賃貸経営に資することはありません。


何でも自分のビジネスに絡めて考えてしまう性癖もどうかと思いますが、そういう視点で世の中を眺めると、ちょっと違った旅行を楽しめるかもしれませんね。






★★ 管理人監修の「築古木造戸建投資マニュアル」 ★★
 


なぜ、築古木造戸建なのか? 不動産業者が勧めるピカピカの投資用新築マンション投資など全く比較にならない旨みが隠されています。医師が築古木造戸建投資を行う目的は2つです。


  1.  不動産投資の入門編
  2.  給与所得の節税対策


医師のあなたなら、築古木造戸建投資は税制を絡めて低リスクに実践可能であり、本格的な不動産投資を開始する前の絶好の練習台となります。
 

本マニュアルは、「勤務医のあなたが開業医並みの収入を得て富裕層に到達する方法!」で提唱した築古木造戸建投資の実践版です。


多忙な医師が時間をかけずに知識を習得することを目的に、パワーポイントのプレゼンテーション形式となっています。ポイントだけに絞っているので1時間以内に概要を掴むことが可能です。


全143スライドのPDF版ダウンロード販売で、30日間の返品保証付きです。当直1回分にも満たない価格なので、本マニュアルの手法を実践すれば、あっという間に元が取れると思います。


尚、医師以外の方のご購入はご遠慮ください。




医師のための築古木造戸建投資マニュアル 1





日本は世界最低水準の物価?!

このエントリーをはてなブックマークに追加

現在、スリランカ旅行中なのですが、物価についての気付きがあったのでシェアさせていただきます。2016年現在の一人当たりの名目GDPは下記のごとくです。


  • スリランカ: 3,835.39 USD
  • 日本: 38,894.47 USD


おおむね、日本の一人当たりの名目GDPの1/10程度です。では、実際のスリランカでの肌感覚での物価水準はどうなのかというと、1/2~1/10程度です。


  • 交通機関: 1/10
  • 水: 1/2
  • 外食: 1/5~1/1


エビデンスレベルは低いのですが、一人当たりの名目GDPの差ほどには物価水準の差を感じません。スリランカ人の暮らしは楽ではないことが分かります。


更に、提供される商品やサービスの質は、圧倒的に日本の方が上です。質まで含めたトータルでの価格を考えると、上記の物価水準の差は更に縮まるものと考えます。


スリランカレベルの品質では、日本では全く歯が立ちません。日本国内で提供されている商品やサービスの質を考えると、日本とスリランカの物価水準は同レベルかもしれません。


スリランカの物価水準が高すぎるのか、日本の物価水準が安すぎるのか? 私の感覚では、後者の日本の物価が安すぎる方が真実ではないかと感じてます。


スリランカのみであれば、スリランカは物価水準が高いのだなと思いますが、他の東アジア諸国はどこも似たような感じです。


シンガポールや香港は当然としても、マレーシアレベルであっても、特にKLにおいては日本以上の物価の高さを感じています。


つまり、日本は失われた20年の間に恐ろしく物価の安い国になりました。質まで含めた商品やサービスを考えると、世界最低水準の物価だと思います。


近年のインバウンドの激増は、このことが原因と言って過言ではないでしょう。彼らが訪日する理由は、物価の安さなのです。観光資源が激増したからでは断じてありません。


これって、日本人にとっては幸せなことなのでしょうか? この場合、物価水準の低さの源泉は事業者の利益を削って捻出されていることがポイントです。


事業者の利益を削って商品やサービスの価格を下げているため、必然的に被雇用者の給与は抑制されます。現役世代の生活水準が低くなるのは、これが原因ですね。


一方、公務員や年金生活者は、商品やサービスの価格を下げの原資を提供していないので、相対的に有利な状況です。つまりフリーランチが発生しているのです。


この状況自体は、しばらく変化が無いと思うので、世代間の格差が拡大します。この状況が永続すれば、現役世代も最終的には恩恵にあずかれます。


しかし、日本にそこまでの体力が有るのか否かは、はなはだ疑問だと考えています。現役世代が、この状況を打破するのは容易ではなさそうです。







★★ 管理人監修の資産形成マニュアル ★★
 


管理人監修の「勤務医の、勤務医による、勤務医のための資産形成マニュアル」です。高度な医療技術で社会貢献するためには経済的安定が不可欠! という信念のもと、管理人は多くのメンターから指導を受けました。

その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。既に資産運用をしている方でも、勤務医のアドバンテージを生かした新しい考え方が見つかるかもしれません。

PDF版の販売で、30日間の返品保証付きです。当直1回分にも満たない価格なので、本マニュアルの手法を実践すれば、あっという間に元が取れると思います。 尚、医師以外の方のご購入はご遠慮ください。



情報教材表紙




夏季休暇でスリランカに来ています!

このエントリーをはてなブックマークに追加

先週末から夏季休暇で海外旅行に行っています。
今回は、インド洋の真珠と呼ばれているスリランカです!


スリランカと言えば、スリ・ジャヤワルダナプラ・コッテという長ったらしい名前の首都で有名ですが、事実上の首都はコロンボです。



555 - コピー




今回は、コロンボの中心地に位置するMovenpick Hotelに宿泊しました。屋上がプールになっており、広大なインド洋を眼下に見下ろしながら泳ぐことが可能です。


それにしても、なぜスリランカを選んだのかというと、東アジアの国々はほぼ行き尽くしてしまったからです。大陸を越えるのは体力的にきついので除外しています。


そうなってくると南インドということになります。インドは行ったことがあるし、そもそもリラックスしに行く場所ではないので、スリランカを選びました。




本場のカレーは辛かった


スリランカは、東アジアや東南アジア諸国とは少し人種が異なるものの、結構似たような街のつくりです。食事はカレーが主食ですが、これが涙が出るほど辛いです。。。


私はトムヤンクンが大好きなほどの辛い物好きなのですが、スリランカのカレーには白旗を上げました。辛すぎて舌が麻痺してきたからです。


レストランでカレーを頼んだのですが、半分も食べることができずにギブアップです。。。となりで小さな女の子がおいしそうにカレーを食べているのをみて仰天しました。


地元のスリランカ人に訊くと、子供はスパイスの量を調整しているらしいです。そりゃそうだわな・・・




中国の存在感


今回の旅行でも、アジア系のほとんどは中国人でした。そこそこ良いホテル(5つ星)にもかかわらずたくさんの中国人旅行者が宿泊しています。


街を歩いても、Chinese!と声かけされることはあっても、Japanese!はほとんどありません。少し寂しいですね。


現地でツアーガイドを調達したのですが、彼からの情報では、コロンボにドバイのパーム・アイランドのような巨大な人工島が、中国資本で建造中とのことです。


たしかに、Movenpick Hotelのプールからは、パーム・アイランドのような巨大な人工島が建造中であることが確認できました。中国恐るべし。。。


現地人的な感覚では、中国人に対して複雑な気持ちを抱いているそうです。決して親中ではないのですが(むしろ嫌っている)、その資本力に惹かれて協業しているようです。


ツアーガイドも中国人のお客さんが多いそうで、このあたりの感覚は、宿泊施設を運営している私も共感しました。ちなみに私の施設は、7月の宿泊客は90%が中国人でした。




チップは人との交流を滑らかにする


日本人にはチップの習慣が無いので、チップを払うことに対して「もったいない感覚」があると思います。私もついついチップの支払いをケチっていました。


しかし、最近ではこの考え方を改めて、チップを積極的に支払うようにしています。これは少額のチップであっても、人間関係(?)がすこぶる良好になるからです。


チップをポンポン支払うことで、人間関係の滑らかさが全然違います。気持ちよく旅行できるので、チップを気前よく支払うことに快感を覚えるようになりました(笑)




今回はいつもの滞在型ではなく、比較的長距離移動が多い周遊型です。ネット環境はまずまずなので、今週はボチボチとスリランカ旅行での気付きを書いていこうと思います。






★★ 管理人監修の資産形成マニュアル ★★
 


管理人監修の「勤務医の、勤務医による、勤務医のための資産形成マニュアル」です。高度な医療技術で社会貢献するためには経済的安定が不可欠! という信念のもと、管理人は多くのメンターから指導を受けました。

その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。既に資産運用をしている方でも、勤務医のアドバンテージを生かした新しい考え方が見つかるかもしれません。

PDF版の販売で、30日間の返品保証付きです。当直1回分にも満たない価格なので、本マニュアルの手法を実践すれば、あっという間に元が取れると思います。 尚、医師以外の方のご購入はご遠慮ください。



情報教材表紙




価格交渉は楽しい!

このエントリーをはてなブックマークに追加

早くも夏季休暇が終わってしまい、楽しみが無くなっています(笑)。今回の 旅行 海外出張でも、買い物を楽しみました。


私は物欲があまり無いので、モノが欲しいというよりも価格交渉を楽しみました。先進国ではモノの値段は固定されていますが、発展途上国では交渉で決まるケースが多いです。


そして、交渉の優劣は購入価格にダイレクトに影響します。日本的な感覚に慣れた家族を、驚かせた今回の成果を挙げてみました。



トゥクトゥク


シェムリアップでは、3kmあたり1.5~2 ドル が相場です(地球の歩き方調べ)。散歩した帰りに、疲れたのでトゥクトゥクのお兄さんと交渉しました。1 ドルで妥結。序の口です。



仏 像

子供が綺麗な仏像に心ひかれたようです。少し面倒でしたが、交渉することにしました。しかし、すぐには交渉せず、値札の付いているコンビニで事前に価格調査を行いました。


私: いくら?

お姉さん: 14ドルだよ、きれいな仏像でしょう?

私: もう少しまけてよ

お姉さん: じゃ、12ドルで特別に譲ってあげるわ

私: (2分ほどまじまじと仏像を値踏みした後に)3ドル!

お姉さん: ダメダメ! 10ドル

私: さっき、コンビニで7ドルで売ってたよ

お姉さん: じゃ、7ドル!

私: それじゃ、ここで買うメリットが無いじゃない?

お姉さん: 5ドル!

私: (2分ほどまじまじと仏像を値踏みした後に)じゃ、買うのやめるわ

お姉さん: お兄さん、ちょっと待って! 4ドルでOK!


と言う感じで、4ドルで妥結しました。




Tシャツ

友達へのお土産に7枚のTシャツが入用とのことでした。そんなにたくさんバラまいてどうするんだ? と思いましたが、結構値が張るので交渉しました。


子供: いくらですか?

お姉さん: 1枚4ドルなので28ドルよ。

子供: どうしよう?

私: お姉さん、もう少しまけてもらえないですか?

お姉さん: じゃ、24ドルでどう?

私: (原価1ドルと予想して)2ドル×7枚=14ドルでどう?

お姉さん: 話にならない!22ドル!

私: じゃ、14.5ドル!

お姉さん:(笑)20ドル!

私: 15ドル!

お姉さん: 17ドルにしてあげる

私: (1分ほどまじまじとTシャツを値踏みした後に)じゃ、買うのやめるわ

お姉さん: 15ドルでOK!



これで妥結と思われましたが、財布を見たら14ドルしかありません。。。



私: (財布を見せながら)ごめん、14ドルしかない。今日は一旦引き上げます。

お姉さん: 14ドルでOK!


ちょっと反則技ですが、わざとではないので仕方ありません。




銀のお箸

私は銀食器が好きです。一時期、eBayで英国や米国のアンティーク・シルバーカトラリーを収集していました。マーケットでアジアテイストな銀のお箸に目を奪われました。


私: いくら?

お姉さん: 505g × 1ドル=505ドル

私: もう少しまけてくれない?

お姉さん: 400ドルでどう?

私: (現在の銀相場1g≒0.6ドルを知っているので)300ドル

お姉さん: 350ドル

私: (2分ほどまじまじとお箸を値踏みした後に)じゃ、買うのやめるわ

お姉さん: お兄さん、ちょっと待って! 250ドルでOK!

私: 250ドル???(銀相場よりも安いじゃないか!)

お姉さん: 200ドル!

私: 気が変わったから帰る



もし本物の銀製品であれば、銀相場をはるかに下回る価格で売るはずがありません。明らかに偽物です。銀には独特の質量感があるのですが、素人(=私)では判断できませんでした。


今回の難を逃れたポイントは、銀相場を知っているか否かでした。まぁ、冷静に考えたら、土産物屋さんで本物の銀製品が売っていると思う方がおかしいのですが。。。





★★ 発刊後3週で増刷決定! ★★
 


当ブログ管理人書き下ろしの書籍が、中外医学社から発刊されました。「経済的に自由な医師」になることで、医師としての充実感と経済的成功を両立できる道があります。


本著では、資産形成論とマインドを学ぶことができます。具体的な手法は勤務医のための資産形成マニュアルに譲りますが、医師に特化した資産形成の入門書として是非ご活用ください!




161228 【書影】医師の経済的自由







アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

管理人の著書

161228 【書影】医師の経済的自由
管理人によるケアネット連載コラム
log_carenet

医師のためのお金の話

管理人による m3.com 連載コラム
管理人も参加しているオンラインサロン
勤務医のための資産形成マニュアル
築古木造戸建投資マニュアル

医師のための築古木造戸建投資マニュアル 1
医師のための 金融資産形成術
医師のための金融資産形成術

タダで自宅を手に入よう!

医師のための収益マイホーム購入マニュアル


配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール

自由気ままな整形外科医


・医学博士
・日本整形外科学会専門医
・日本リウマチ学会専門医
・不動産投資家
・超長期金融資産投資家
・ビジネスオーナー
・宅地建物取引主任士

QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。