整形外科医のブログ

中堅の整形外科医が、日々の気付きを書き記します。投資の成功で働く必要が無くなりましたが、社会貢献のため医師を続けています。

愚痴

インチキ医療の六カ条

このエントリーをはてなブックマークに追加


小林麻央さんの訃報もあって、改めて「インチキ医療」に注目が集まっています。こちらによくまとまった記事があるのでご参照ください。この記事は、対談形式となっています。


日本医科大学武蔵小杉病院 腫瘍内科の勝俣範之教授は、日々の診療の傍ら、ニセ医学の検証を行っています。そして、下記のようなインチキ医療の六カ条を提唱されました。


  1.  「○○免疫クリニック」「最新○○免疫療法」などの謳い文句
  2.  調査方法などの詳細が掲載されていない「○○%の患者に効果」
  3.  保険外の高額医療・厚生労働省の指定のない自称「先進医療」
  4.  患者さんの体験談 
  5.  「奇跡の」「死の淵から生還」などの仰々しい表現
  6.  「がんが消えた!」という表現


2つ以上の項目が当てはまれば「インチキ医療」の可能性が高いです。ちなみに、⑥は「がんが治った!」だと薬機法に抵触するので、「消えた」と表現するそうです。。。


UCLA助教の津川友介医師は、本屋の健康本コーナーにある本に、まともな情報はほとんどないとおっしゃられています。


確かに、癌ではありませんが、変形性関節症・腰痛・腰部脊柱管狭窄症など整形外科関連の書籍には、ロクな内容のものがありません。


ときどき、○○クリニック院長という、一応医師免許をもっている人までおかしな書籍を発刊しているので、良識を疑ってしまいます。。。


最後に、癌サバイバーで報道記者の鈴木美穂さんが、有名人やお金持ちほど、標準じゃない治療を選んでしまいがちなのではないか、とおっしゃられたのは印象的でした。


標準治療とは、科学的根拠に基づいた観点で、現在利用できる最良の治療であることが示され、ある状態の一般的な患者さんに行われることが推奨される治療をいいます。


しかし、「標準治療」という日本語の響きは、「最善の治療」ではなく「標準=並み」と捉えられがちです。有名人やお金持ちほど「標準じゃなくて特別なことを」と思うのでしょう。


このような心の弱みに付け込んで、いかがわしいインチキ医療の誘惑が忍び寄ってきます。人は易きに流れがちです。医療においても「うまい話」などあり得ないのです。 





★★ 『 整形外科の歩き方 』でお宝アルバイト獲得のための基本講座を公開中です! ★★






湿布のオーダリングで兵糧攻め?!

このエントリーをはてなブックマークに追加


最近では、オーダリングシステムを導入している医療機関が大半だと思います。各医療機関で”クセ”がありますが、特に外用剤の処方のときに問題が発生することが多い気がします。


従前からその傾向がありましたが、2016年4月から始まった平成28年診療報酬改定で拍車がかかりました。


厚労省の意図は明白で、保険診療から湿布等の外用剤を外したいようです。その過渡期として、現在のような訳のわからない縛りを設けているのだと思います。


医療関係者は、厚労省の意図を当然理解しているため、外用剤の平成28年診療報酬改定に対応したオーダリングシステムの変更を行なうつもりが無いのでしょう。


このため、各医療機関で外用剤のオーダリングシステムが奇怪な変貌を遂げています。いずれも従来のオーダリングシステムに、小手先だけの変更で対応しているからです。


これ自体は仕方ないことですが、日本語の体を成していないオーダリングシステムがあるので苦労します。その医療機関の職員も、何故そのような表記なのか理解していません。


とにかく、日本語の意味を無視してその医療機関に準じたオーダリングを習得するのは、特に外用剤においてはなかなかハードルが高いです。


このため、最近の私は可能なかぎり外用剤(湿布)を処方しなくなりました。患者さんには、(ロコアテープ以外の)湿布は効果ありませんから、と説明しています。


まさに厚労省の思うつぼですね(笑)





★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★

 
初学者が整形外科の外来や救急業務を遂行するにあたり、最もお勧めの書籍です


    



医師の暴走を止めるには・・・

このエントリーをはてなブックマークに追加


先日、40歳台女性が両膝関節水腫で初診しました。
受診目的は「両膝の水を抜いてほしい」です。


診察すると両膝ともパンパンに張っていて、やや白濁した関節液を60mlずつ穿刺しました。問診では関節リウマチに対して某クリニックで「漢方」の治療を受けているそうです。


普段は、近くの病院で1~2週に一度の頻度で関節穿刺を受けているそうですが、その日はたまたま休診だったので、私が勤めている医療機関を受診したようです。 


関節リウマチは、明らかにコントロールされていません。その「漢方」の治療を行う某クリニックには3年ほど通院しているのですが、この1年ほどは同じ状況だそうです。。。


そんなクリニックが本当に存在するのかと思って、外来終了後にネットで調べてみると、確かにありました。全国的に有名なクリニックのようで、唯我独尊な治療(?)を展開しています。


ステロイド剤やDMARDsは全否定で、漢方だけで「完治」 できると謳っています。関節リウマチで「完治」ですか・・・。経歴をみると、さすがにリウマチ専門医ではなさそうです。


かなり遠方にあるクリニックなのですが、交通費も惜しまず定期的に通院しているようです。 う~ん、アナザーワールドが広がっていることを垣間見ました。


ここまでの事実を勘案すると、このクリニックが悪いと思う方が多いでしょう。しかし、私はそうは思いません。何故なら、その患者さんは既存医療に高度の不信感を抱いていたからです。


このような既存医療に不信感を抱く一部の患者さんの熱烈な需要があるために、このクリニックには全国から患者さんが集まってくるのでしょう。 


そして、その一因を作っているのは、営利目的のためには手段を選ばないマスコミの姿勢だと思います。過度の偏向報道や近藤理論礼賛も、売れれば何でもOKだからです。


つまり「エビデンス無視の医療機関」「既存医療に不信感を抱く患者さん」「利益のためには手段を選ばないマスコミ」が三位一体となって、この不幸な状況を作り出しているのです。


もちろん、医療機関は免責ではありません。自由診療はもちろん、保険医療においても、 極端な行動に走る医師のチェック機構が存在しないことは、由々しき問題ではないでしょうか。。。






★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★

 
初学者が関節リウマチの治療体系を俯瞰するにあたり、最もお勧めの書籍です






問題児は組織に災難をもたらす?!

このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、スポットで頼まれて何度か行っている夜診アルバイトの装具業者さんが変更になりました。数回しか行ったことがないのですが、たしかに微妙な感じの装具業者さんでした。


その夜診は、毎週火曜日の18時~20時が診察時間です。装具業者さんは途中から入るのですが、20時近くになるとソワソワし始めます(笑)。


以前、19時50分に胸腰移行部の圧迫骨折患者さんのフレームコルセット採型を依頼したところ、患者さんが痛がるという訳の分からない理由で翌週に延期したいと言ってきました。


さすがに、強く言ってコルセットを採型してもらいましたが、万事がこの調子です。このような感じの装具業者さんなので、こちらもあまり装具を依頼したくなくなります。


そうこうしているうちに、定期的に夜診に来ることを止めて、依頼があったときのみ来院するようになっていました。


整形外科外来は毎週火曜日だけなので、診察して依頼すると翌週に採型となります。そして、コルセットの完成が翌週になるので、発注から完成まで2週間もかかってしまいます。


さすがにコレはないだろうということで、その週の水~金の採型で1週間後の引き渡しにしてもらえるように交渉してもらいましたが、全く聞く耳を持たなかったようです。


スポットアルバイト医の身なので、静観していましたが、レギュラーアルバイト医がすぐに装具業者さんを変更していました。まぁ、そりゃそうですね。


今回のケースは担当者のキャラクターの問題だと思いますが、残念ながらその装具業者さんの会社自体を色眼鏡で見てしまいます。この業者さんとは、金輪際関わりたくない。。。


きっと、この夜診アルバイトを担当した医師は、全て同じ気持ちでしょう。問題児がひとり居ると、組織に大きな災難をもたらしますね。





★★ 管理人お勧めの医学書 ★★
  


オーストラリア理学療法協会のスポーツ理学療法士による実践的な教科書です。
治療的テーピングの概要を学ぶことができます。



 






後医の裁量権を尊重しよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加


先日、初診外来をしていた際に、前日に時間外受診した患者さんが再診しました。易感染性の基礎疾患がある方で、中指末節骨骨髄炎を併発していました。


発症後2週間ほどで、すでに外科で切開排膿されています。それまで外科外来で延々と創処置を受けていましたが、たまたま前日の担当医師は、他院からの整形外科医でした。


きっと、診察して驚いたのでしょう。できるだけ早期の治療が望ましいので、明日入院準備をして整形外科を受診するように指示したそうです。ばっちりカルテにも記載されています。


私の診察時には、確かに末節骨骨髄炎ではあったのですが、発症してからまともな検査がなされた形跡がありません。培養も提出されていないので、抗生剤の選択も難しい状況です。


客観的にみて、培養結果が出るまでは外来でも対応可能な状況です。しかし、カルテには「要入院」とはっきり記載されています。困ったな・・・


患者さんは入院準備して来られているのですが、入院しても特段やることはありません。人工関節センターを併設しているので、むやみに感染患者さんを入院させたく事情もあります。


今後の治療方針は下記の予定です

  1.  培養に提出して起炎菌と薬剤感受性を同定
  2.  薬剤感受性のある抗生剤を投与
  3.  ある程度感染を鎮静化させた上で、掻破洗浄術を施行


①もできていない段階で、いきなり入院指示を出されると非常に困ります。後医の治療の選択肢を制限してしまう内容は、できるだけカルテに記載するべきではないでしょう。


特に、年次の高い医師は、このことに留意するべきだと思います。経験豊富であるため、自分の治療方針に絶対の自信を持っている医師が多いです。


しかし、治療を行う医療機関の事情まで考慮しているケースは稀です。今回は、以前ご紹介したケースの亜型だと思いますが、後医の裁量権は奪わないように注意したいものです。






★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★

豊富な図や画像が提示されているため、ほとんどの骨折や脱臼に対応することが可能です










アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

           管理人の著書
   勤務医のための資産形成マニュアル
      医師のための 資産形成講義
2015神戸セミナー

      築古木造戸建投資マニュアル
      医師のための 金融資産形成術
医師のための金融資産形成術

        タダで自宅を手に入よう!
   資産形成のコンサルテーション・サービス


配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール
QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。