整形外科医のブログ

中堅の整形外科医が、日々の気付きを書き記します。投資の成功で働く必要が無くなりましたが、社会貢献のため医師を続けています。

愚痴

抗生剤が配給制?!

このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年2月から第一世代セフェム系抗生物質のセファゾリンが供給停止に陥っています。原因は、セファゾリンのシェア6割を占める日医工への原薬が納品されなくなったためです。


製造元の日医工の発表によると、2018年の年末からセファゾリンの原薬がスムーズに納品されなくなり始め、2019年 1月には 3/4に異物が混入する事態に陥りました。


2019年 2月には製造した全てのセファゾリンに異物が混入するという異常事態になったため、供給停止を決めたようです。


事の重大さから、厚労省は2019年 3月 29日付けで事務連絡をホームページで公表しました。医療の現場からセファゾリンが消えるとなると、その影響は甚大です...


医師としてメインで勤務している施設は、幸い日医工ではなかったのですが、今月になっていよいよセファゾリンが新規で入手不可となりました。


それなら、厚労省の推奨薬であるセフォチアム(パンスポリン)やセフメタゾール(セフメタゾン)でいこうと思ったら、これらの薬剤もスムーズに入荷できないとのことです...


どうやら、抗生剤全般が配給制(?)のような状態になるそうで、制約無しで共有されるのはカルバペネム系とニューキノロン系のみとのことでした。


どうしてそうなるのかサッパリ分かりません。「カルバペネムを 1st choiceで使うぞ!」と薬剤部を脅すと、「それだけはご勘弁を!」というお約束の寸劇がありました。


冗談はさておき、術後の予防投与ならまだしも、ホンモノの感染症に対峙するにはあまりに心許ない環境です。現状で化膿性脊椎炎患者さんを抱えているのでヒヤヒヤものです。


抗生剤の配給制とか聞いたことが無いので、他県の医師に確認すると「知らん」の一言でした。うちの近隣だけなのでしょうか??? そうであれば迷惑この上無しです。


ただひとつ言えることは、廉価で利益の薄いジェネリック医薬品(今回のセファゾリン)は供給が不安定になりがちという大きな問題点があるようです。


医療費削減のためには仕方無いですが、安定供給されない薬剤ほど困ったモノはありません。感染症に対峙するためにも、早くセファゾリンの安定供給が再開してほしいものです。






★★ 医学知見探求サービス ★★


医学知見を医師ユーザー同士で発信・共有するコミュ二ティに参加しませんか? 

quotomy - コピー


「医師と医学知見との出会いを再定義する」 Quotomy(クオトミー)は、臨床現場で働いていると個人で医学知見をキャッチアップすることが難しい、という臨床医の切実な痛みから誕生しました。


忙しい日常の中で、医学知見を得たり、発信したりすることが難しくなっています。 時間的・地理的制約のために、学会や勉強会への参加もできない環境で働く医師もいます。


知への探求を諦めていませんか?


抄読会をする感覚で、Quotomyで論文を読んだ感想や気づきをシェアしましょう! お気に入りのユーザー同士はフォローでき、お互いのアクションを確認できます。


Quotomyは現在ユーザー登録受付中です!
登録は こちら からお願いします。



10連休はありがた迷惑

このエントリーをはてなブックマークに追加


今年のゴールデンウィークは10連休です。
皆さまはいかがお過ごしの予定でしょうか。


さて、単純に 10連休になれば皆喜ぶだろう! 的な発想で前代未聞の長期連休が実現しましたが、私にとっては「ちょっと勘弁してほしい」が正直な気持ちです。


私は毎年夏に 10日前後の長期休暇を取得しますが、これは完全に個人プレーです。つまり、国民の休日ではないため、周囲の人が全員休暇を取るわけではありません。


日本国民の多くが一気に長期休暇を取得してしまうと、社会インフラを含めて甚大な悪影響が発生します。医療などはその最たる分野のひとつです。


10連休にも外傷は普段と同じ確率(もしくはもっと高い?)で発生します。それをいかにしてさばけと言うのか???  連休中・直後の殺人的な医療現場を思うと気が滅入ります。


少なくとも日本国内はどこに行っても大混雑でしょう。観光地やキャンプ場は大混雑で、ちょっと美味しいレストランも休み、もしくは予約でいっぱいです。


このような状況なので、国内に留まるかぎりは家で寝るのが最適解かもしれません。海外は出国してしまえば普段と同じですが、当然のごとく air ticket は高いです。


上記は従業員目線ですが、経営者目線でも「勘弁してほしい」の一言です。10連休とかされたら仕事になりません。1か月の稼働がいきなり 2/3に落ち込むので甚大な被害です。


世間は 10連休でも固定費はその間もかかり続けます。これは相当イタイ...。私のスタートアップは、毎月20日ぐらいに損益分岐点を超える売上に到達します。


このため、毎月 20日まで胃が痛い状況が続きます。「早く水面上に顔を出して呼吸したい!」が偽らざる気持ちです。5月は水面上に顔を出すことができず溺死するかも(笑)。


個人プレーで三々五々に 10連休ならウェルカムなのですが、国民全員が一斉に長期休暇を取得するのは今年で最後にしてほしいです。


それにしても、日本は本当に働かない国になりました。昔は勤勉だったのに、今の労働時間は米国やイタリアよりも少ないです。こんなに働かなくても大丈夫なのかニッポン?







★★ お宝アルバイト獲得のための基本講座を公開中です! ★★






毎日新聞は医師の味方

このエントリーをはてなブックマークに追加

福生病院の透析中止報道が過熱しています。ほとんどの医師は苦々しい気持ちでこのニュースを傍観していることでしょう。


私もこのニュースを知ったとき「また毎日新聞が部数アップキャンペーンを始めたのか」と思いました。しかし、ちょっと待ってください! 今回の報道の趣旨は下記のごとくです。


  • 透析を中止したのはけしからん
  • 人の命は地球よりも重い
  • 可能なかぎり透析は継続させるべき


これって、透析病院や透析クリニック経営者的には非常に好ましいことではないでしょうか? 客観的にみて、これ以上の追い風はありません。


おそらく今回の報道がきっかけで、透析を途中で中断することは難しくなり、透析導入も積極的になると思います。


今までは医師・人間としての倫理観である程度のバランスを保っていたのが、「とにかく透析!」という倫理に反する方針が公然と要求されるようになること必定です。


思い返せば、毎日新聞は医師のためになるキャンペーンを幾度も繰り返してくれました。大野病院事件では地方の周産期医療を崩壊させて、産科医師を過重労働から解放しました。


また数々の医師バッシング報道は外科などのメジャー科志望医師を激減させ、同時に地域医療崩壊を加速させることで、多くの医師のQOL向上に資することになりました。


私たち医師に「自分を犠牲にしてまで頑張らなくていい、逃げればいいんだ」という気付きを与えてくれた功績は特筆するべきだと思います。


そして、今回の「透析中止けしからんキャンペーン」では、危機的国家財政にも拘わらず医療費増加を後押ししてくれます。そうか、毎日新聞は私たちの味方だったんだな・・・





★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★

 
初学者が整形外科の外来や救急業務を遂行するにあたり、最もお勧めの書籍です


    



今年の10連休をどうしのぐ?

このエントリーをはてなブックマークに追加


周知のように今年のゴールデンウィークは10連休です。サラリーマン的な感覚では10連休は良いものです。しかし医療機関にとって、これほど長期連休は大きな問題となります。


10日間も業務が止まってしまうと、その間に患者さんの容態が悪くなったり、外傷患者さんの手術ができなくなってしまうため、医療現場は大変なことになってしまいます。


もちろん、国レベルの目線では医療現場の末端のことなど検討するはずもありません。しかし医療業界の場末に身を置く者としては、10連休というのは由々しき問題です。


10連休の間の対応は医療機関によってまちまちですが、一般的に公的病院では経営陣の力が弱いため、現場の判断に任せるという訳の分からない状況が多発しているようです。


例えば、整形外科として全休にするのか、○○に外来をするのか、手術日を設けるかなどという判断を任されるというわけです。


経営陣が判断するのではなく、一部門レベルが医療サービスを提供するのか否かを決めるという、なかなか馬鹿馬鹿しい茶番劇が全国的に繰り広げられているようです。


傍から見て、誰が好き好んで看護部や事務部といったパラメディカルを敵に回して、連休中に業務を行いましょう! と言うんだろうかという気がします。


それぐらいの責任は上層部がとって欲しいものです。さて実際的には、 4月30から5月2日の間にちょこちょこと外来や手術を行う施設が多いように聞いています。


これはこれで結構なのですが、比較的直前になるまで本決まりしないので、現場の医師としてはなかなか大変なことです。


10連休というのはめったに無い長期休みなのですが、医療機関にとっては試練の期間になるのは間違いないです。そう言いながら私は海外に脱出するのですが・・・





★★ 『 整形外科の歩き方 』でお宝アルバイト獲得のための基本講座を公開中です! ★★






C 型肝炎治療薬は人工関節より高価!

このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、腰椎圧迫骨折の患者さんが救急搬送されました。手術適応は無いのですが疼痛のために身動きのできない状態だったので、そのまま入院していただきました。


問診を取って入院時検査をしようとした時にひとつの問題が浮上しました。この方は C 型肝炎だったのですが、ちょうど C 型肝炎治療薬マヴィレットで治療中だったのです。


しかも、マヴィレットを服用し始めて4週目でした。マヴィレットはアッヴィ社が販売している C 型肝炎治療薬ですが、極めて高額であることで知られています。


通常、8週間投与なのですが、薬価ベースでは406万円もします。著効率が 99% とのことで画期的な薬ではありますが、いかんせんとんでもなく高価な薬です。


そして、マヴィレットの治療は途中で終わらすことはできないそうです。ということは、このまま入院すると、マヴィレットの薬代は病院負担になるのでしょうか???


調べてもらうと、マヴィレットは出来高払いで対応できるとのことでした。万が一にも包括医療対応しかできないとなると、この患者さんを入院させると大赤字になってしまいます。


この件に関しては安堵したのですが、出来高払いになるので、この患者さんの売り上げがとんでもない金額になることが判明しました。


つまり、まだ4週間残っているので、 1ヶ月で 200万円もの売り上げになるのです。もちろん、売り上げが大きなだけで病院の利益はほとんどありません。


しかし、医師に対する病院の評価は売り上げで決まります。つまり利益をほとんど無いにもかかわらず、この患者さんの入院で人工関節を上回る売り上げが計上されるのです。


整形外科は手術をして、体を動かしてナンボの世界だと思っていました。しかし、マヴィレットによってその概念がぶち壊されました。なんだか複雑な心境ですね・・・






★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★


 
一般的で使用頻度の高い、鎮痛薬・睡眠剤・感冒薬・胃薬・止痢薬・去痰薬・便秘薬等の薬剤が、全13章にわたって系統立てて書かれています。それぞれの章の最初に、薬剤の分類図が記載されています。各系統間の薬剤の使い分けも平易な文章で書かれており実践的な書籍です。









姉妹本に『類似薬の使い分け』があります。こちらは全15章からなり、降圧剤、抗不整脈薬、狭心症治療薬、脂質異常症治療薬、糖尿病治療薬、消化性潰瘍治療薬、鎮咳薬、皮膚科疾患治療薬、抗菌薬などが1章ずつ割り当てられています。








アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

医療研究を身近な存在とし、医療の未来を作る


管理人の著書

161228 【書影】医師の経済的自由
管理人によるケアネット連載コラム
log_carenet

医師のためのお金の話

管理人による m3.com 連載コラム
管理人も参加しているオンラインサロン
勤務医のための資産形成マニュアル
築古木造戸建投資マニュアル

医師のための築古木造戸建投資マニュアル 1
REITで実践する不動産投資セミナー
190122
医師のための 金融資産形成術


配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール

自由気ままな整形外科医

・医学博士
・日本整形外科学会専門医
・日本リウマチ学会専門医
・不動産投資家
・超長期金融資産投資家
・ビジネスオーナー
・宅地建物取引主任士

QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。