整形外科医のブログ

中堅の整形外科医が、日々の気付きを書き記します。投資の成功で働く必要が無くなりましたが、社会貢献のため医師を続けています。

愚痴

今年の日整会は「お座りの刑」。。。

このエントリーをはてなブックマークに追加


今年も日本整形外科学会の事前登録が始まりました。今年の私は気合が入っているため、事前登録開始早々にさっそく学会参加登録および教育研修講演の予約を行いました。


普段だらけている私が、今年だけ何故気合を入れているのか? それは、専門医更新のための単位が全く足りていないからです・・・


私は、ほぼ毎年のように日本整形外科学会学術総会だけは欠かさず出席しています。このため、単位が足りなくなることなど全く想定していませんでした。


しかし、たまたま日整会のHPにログインして取得単位数を確認したところ、全然足りていないことが発覚しました。一体なぜ???


よくよく見ると、学会参加単位が20単位しかありませんでした。毎年出席していると40単位になります。


おかしいと思って問い合わせすると、学会参加単位は最大20単位とのことでした。。。現状で38単位なので来年3月までに12単位必要です。


これまでは学会参加単位があると思っていたので、学会中は教育研修講演とは無関係に、自分が興味のあるセッションにのみ参加していました。


本来的にはこちらの方が望ましいと思うのですが、今年はとにかく単位取得を第一に考えて教育研修講演を予約しまくりました。その数、なんと18単位(!)


金曜日~日曜日のあさ8時から18時までびっちりと興味のない分野の講演ばかり予約済みです。想像しただけで吐きそう。まさに3日間は「お座りの刑」ですね(笑)。







★★ 『 整形外科の歩き方 』でお宝アルバイト獲得のための基本講座を公開中です! ★★






患者さんの「困った」トップ2

このエントリーをはてなブックマークに追加


私は国内最速(笑)の外来診療を目指しているので、その目的を整えるために外来環境を整えることに余念はありません。


その一環として、患者さんの「困ったをつぶしていくことに余念がありません。それでも私には対策の立てようのない患者さんの
「困ったのトップ2を記載してみました。


  1.  まくれないズボンを履いてくる膝痛の患者さん
  2.  痛いところに湿布を貼ってくる患者さん



① まくれないズボンを履いてくる膝痛の患者さん


膝を診てもらうつもりにも関わらず、ぴちぴちのズボンを履いてくる患者さんが多いと思うのは私だけでしょうか? 脱ぐだけでも結構時間がかかるので手持無沙汰です。


私は基本的に膝上10cmまでズボンをまくって診察するのですが、がんばって膝蓋骨上縁までまくって力尽きたときの脱力感は半端じゃありません(笑)。




② 痛いところに湿布を貼ってくる患者さん


痛いところに湿布を貼ってくる患者さんが多いのは理解できるのですが、湿布を貼っているとその部位の皮膚がふやけたり発赤していることが多いです。


正確な身体所見をとるためには、このあたりの微妙な皮膚性状の異常が命取りになりかねません。特に感染を疑う時には本当に困ってしまいます。


15分ほどすると元に戻ることが多いですが、問診の段階で漏れなく見つけることができるのか否かが勝負の鍵を握ります。




少し愚痴っぽくなりましたが、おそらく整形外科医であれば誰もが一度は感じた患者さんへの不満ではないでしょうか。






★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★

 
初学者が整形外科の外来や救急業務を遂行するにあたり、最もお勧めの書籍です


    



患者家族の自称「医師」対策

このエントリーをはてなブックマークに追加


1週間ほど業務を離れていたので、ちょっと感覚がニブッて困っています。普段何気なく施行している業務も、経験と慣れが必要とされていることに今更ながらに気付きました。


さて、今日は患者さん家族の自称「医師」対策です。ときどき受け持ち患者さんの親族に「医師」が居ることがあります。


このこと自体は何ら問題は無いのですが、ときどきこちらの治療に対して口出ししてくるケースに遭遇します。特に〇〇病院の部長や、年配の開業医に多い印象です。


彼らの「口出し」は、表面的には理に適っているように見えます。しかし、患者さんの情報を何も知らない状態での「口出し」なので、ほとんどのケースは的外れです。


例えば、80歳台の小柄な患者さんにトラムセットを処方していましたが、鎮痛効果が低いからロキソニンに変更しろ! という要望がありました。


彼らは平日仕事なので休日に来院して口出ししてきます。病棟看護師が対応するのですが、業務の妨げになるので困ったものです。


ちなみにこの患者さんは術前検査で腎機能がかなり低下していたのですが、そのようなことをこの自称「医師」は知る由もありません。


基本的には主治医が患者さんの全ての情報を把握して適切に治療しているので、たとえ医師と言えども外野の判断が主治医を凌駕することはありません。


しかし、「言いがかり」であっても、放置して結果が良くなければトラブルに発展する可能性もあります。このような場合は、私は下記のようにカルテ記載することにしています。




「自称医師の親族から、鎮痛剤をロキソニンを処方するように要望があったが、腎機能低下および年齢・体格を考慮して、このままトラムセットを継続処方することにした」




このことは退院サマリーにも記載するようにしています。主治医にとっては広義のクレーマーになるので、「クレーマー」と明記しないものの、そのような対応を心掛けています。 






★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★

 
初学者が整形外科の外来や救急業務を遂行するにあたり、最もお勧めの書籍です


    



医師は普通の労働者と違う?!

このエントリーをはてなブックマークに追加


m3の医療維新で興味深いニュースがありました。
日病会長、「医師は普通の労働者と違う」 です。




 日本産科婦人科学会は1月21日、東京都内で「拡大医療改革委員会」兼「産婦人科医療改革公開フォーラム」を開催し、産婦人科医や弁護士らが産婦人科の現状や医師の働き方改革について議論した。講演した日本病院会会長の相澤孝夫氏は「今の働き方改革で本当にいいのか。医師も労働者だが、高度な『知識労働者』。普通の労働者とは違うことを強調しなければいけない」と述べ、医師の特殊性に応じた改革が必要だと強調した。


 相澤氏は、病院の職員は医師を筆頭に、ピーター・ドラッガー の言う「知識労働者」(英語でKnowledgeworker、日本で言う『プロフェッショナル』)であり、労働時間や病院に忠誠を誓うのではなく、成果や達成に対して忠誠心があり、知識・思考を生産手段として問題解決を行うことを生きがいとして仕事をするもの、との考えを披露。その中でも特に医師は高度な知識労働者であって管理を忌避し、成果を出すためには働きがい、やりがいを持って働けるようにすることが大事だと強調した。


 一方で社会的な風潮として労務管理の重要性が高まっている中で、日病会長として各病院を回り、人事部門に「時間外労働が80時間を超えた医師と話をしているか」などと尋ねても、「人事が医師の所へなんて行けない、と答えが返ってくる」と言い、医師に関する労務管理が難しい現状を明らかにした。時間外勤務時間が長くなる要因の一つである当直・日直については、「これを労働時間に入れられたら、(時間外勤務手当の支払いで)病院はお手上げだ」と指摘する一方で、当直明けの勤務の軽減などの対策はすぐにでもできると述べた。




相澤先生が主張したいことがイマイチよく分からない記事ですが、病院経営者の立場では当直・日直を労働時間に入れるのは反対! というところでしょうか。


当直明けの勤務の軽減対策をおっしゃられているのは良心的ですが、根本的な問題として当直明けの医師に労働を強要しているのはいただけません。


私個人的な感想としては、「医師も労働者だが、高度な『知識労働者』。普通の労働者とは違うことを強調しなければいけない」 というところに相当な違和感を感じています。


「医師は普通の労働者ではなく高度な知識労働者である」 と持ち上げられても、だから当直は労働時間じゃないからね! では納得できません。


当直を労働時間に含めると日勤帯の勤務日が減少します。実際の医療現場では、回らなくなるのは目に見えています。だからと言って、今の状況が許されて良いはずがありません。


私は、医師も看護師のように有給休暇は全て消化して、労働者としての権利が守られるべきだと考えています。


私の場合は医師としての仕事を特別視することは無く、自分を単なる労働者としか見ていないので、医師としては異端(?)な考え方になっています。



医師は真面目な方が多いので、私の考え方は忌避されるかもしれません。しかし、医師の善意に頼った病院経営は、そろそろ勘弁して欲しいと思う今日この頃です。。。






★★ 『 整形外科の歩き方 』でお宝アルバイト獲得のための基本講座を公開中です! ★★






刑事事件は「絶望」

このエントリーをはてなブックマークに追加


今日は医療とは関係のない話題です。先日、弁護士と飲んでいて興味深い話を聞きました。痴漢冤罪では、どのような対応がベストなのか? を訊いてみたのです。


映画にもなりましたが、男性にとって痴漢冤罪は他人事ではありません。混みあった電車の乗る行為=痴漢冤罪にまきこまれる可能性、という等式が成り立ちます。


弁護士は2名居たのですが、やはり「その場から逃げること」を挙げました。とにかく逃げることが重要だそうで、仮に捕まっても「腹が痛かった」とでも言えば良いとのことでした。


捕まった時点で人生終了です。日本の刑事司法制度は、先進国の中では非常に遅れているそうです。制度的欠陥があるので、理想論や理屈は、立場を悪くするだけです。


このため、「とにかく逃げるべき」とのことでした。弁護士的には、日本の刑事司法制度は先進各国というよりも、中国や北朝鮮に近い感覚だとおっしゃられていました。


とにかく人権侵害の程度が尋常ではありません。刑事事件で捕まると1年ぐらいはあっという間に過ぎてしまい、社会的に抹殺されます。国連でも問題になったそうです。


このときに弁護士が発した「刑事は絶望だ」という言葉が私の脳裏に焼き付きました。ちなみに今回一緒に飲んだ弁護士は、決して人権派ではありません。それだけに闇が深いです。


もし、不幸にして捕まったら「黙秘」するべきとのことでした。決して「自白」してはいけません。ただ、黙秘を通すと1年ほど拘留されるので、どちらが良いか分かりません・・・


捕まった瞬間から弁護士を呼ぶのがよいのかもしれません。顧問弁護士が居なくても当番弁護士制度があります。ただ、弁護士達はこの手法を100%首肯していませんでした。。。







★★ 『 整形外科の歩き方 』でお宝アルバイト獲得のための基本講座を公開中です! ★★






アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

管理人の著書

161228 【書影】医師の経済的自由
管理人によるケアネット連載コラム
log_carenet

医師のためのお金の話

管理人による m3.com 連載コラム
管理人も参加しているオンラインサロン
勤務医のための資産形成マニュアル
築古木造戸建投資マニュアル

医師のための築古木造戸建投資マニュアル 1
医師のための 金融資産形成術
医師のための金融資産形成術

タダで自宅を手に入よう!

医師のための収益マイホーム購入マニュアル


配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール

自由気ままな整形外科医


・医学博士
・日本整形外科学会専門医
・日本リウマチ学会専門医
・不動産投資家
・超長期金融資産投資家
・ビジネスオーナー
・宅地建物取引主任士

QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。