整形外科医のブログ

中堅の整形外科医が、日々の気付きを書き記します。投資の成功で働く必要が無くなりましたが、社会貢献のため医師を続けています。

外来診療の気付き

ええっ、ASOで腰痛があるの?!

このエントリーをはてなブックマークに追加


先日、とぜんな脊椎外科医のブログで腰痛を伴う血管原生の間欠性跛行の鑑別を忘れずに、、、という話題がありました。


ブログを拝読して驚いたのですが、閉塞性動脈硬化症(arteriosclerosis obliterans: ASO)でも腰痛や殿部痛で発症する症例があるそうです。



閉塞性動脈硬化症による間欠性跛行の症状と言えば、てっきり下腿より末梢の症状だと思っていました。何故、私がそう思い込んでいたのかは、定かではありません。。。


本邦の閉塞性動脈硬化症の発生頻度を人口比から検討したものは無いそうですが、仙台市のある地域で平均年齢74歳の住民971 名中2%にASOが発見されたという報告があります。


一方、大阪で重症虚血肢(critical limb ischemia: CLI)を調査した報告では、人口10万人あたり年間1.3肢が切断されており、ASOに占める CLIの頻度は15~20%程度とのことです。
 

そして、CLIの中には血行再建術の適応となる症例があります。血行再建術には、外科的治療と血管内治療があり、その選択に際して参考となるのが大動脈腸骨動脈病変のTASC分類です。



555 - コピー




上記の表をみると、今回のとぜんな脊椎外科医先生の症例はD型病変のようです。たしかに、単純X線像でも総腸骨動脈の石灰化を認める症例を散見します。要注意ですね・・・


このような症例でもABIは有効なようです。これからは、間欠性跛行+総腸骨動脈の石灰化を認める症例では、殿部痛や大腿部痛であってもABIを施行しようと思いました。


いや~、勉強になります。





★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★


自治医科大学准教授の星地先生の経験・知識を余すところなく収めたサブテキストです。定番と言われている教科書に記載されている内容は素直に信じてしまいがちですが、実臨床との”ズレ”を感じることがときどきあります。このような臨床家として感じる、「一体何が重要なのか」「何がわかっていないのか」「ツボは何なのか」を自らの経験に基づいて完結に述べられています。








                        

駄ネタ: 壊れやすいキーボードは?

このエントリーをはてなブックマークに追加


先日、病棟の看護師さん用の電子カルテで入力することがありました。16時ごろに病棟に行くと、医師用の電子カルテ端末が満席になっていたためです。


この医療機関の院長は、経営者として優秀です。無駄なコストは徹底的に排除するため、昨今の医療機関には珍しく黒字経営が続いています。


スタッフの評判は芳しくないのですが、私はこのようなコストカット経営には好感を抱いています。どこまでコストカットできるのかを、傍目に観察するのは結構楽しかったりします。


このような伏線があるのですが、私が使用した看護師さん用の電子カルテの端末は、キーボードのキートップが3ヵ所外れて無くなっていました。


一応入力できるので、修理せずに使い続けているようです。ただ、キートップが無いと非常に入力しづらい・・・。 ここでクイズですが、どのキートップが無くなったのでしょう?





答えは、「K」「1」「スペースキー」の3つのキートップです。とくに、「K」と「スペースキー」が無いと、入力するのにとても不便であることが分かりました。


「スペースキー」を頻用するのは分かりますが、「K」は意外でした。「K」が頻用キートップだとは・・・。しかし、実際に「K」が無いと非常にタイピングがやりにくくなります。



普段は気にしてませんでしたが、「K」の重要性を改めて認識しました。しかし、キートップが壊れるほど入力するとは、看護師さんが仕事熱心なのか扱いが雑なのかは判然としません。。。








★★ 『 整形外科の歩き方 』でお宝アルバイト獲得のための基本講座を公開中です! ★★






痒いだけの帯状疱疹?

このエントリーをはてなブックマークに追加


先日、入院中の方の左下腹部に皮疹ができて痒がっているとの連絡を受けました。診察したところ、発赤を伴う皮疹です。腰部から下腹部までの帯状皮疹です。


どうみても帯状疱疹のような・・・。しかし、疼痛はなく掻痒感のみとのことです。少し耳が遠い方なので、大きな声で何度も問いかけますが、やはり痒いだけで痛くはないとのことです。


疼痛がなくて痒みだけある帯状疱疹ってあるのか? と思いながらも皮疹は帯状疱疹っぽかったので、ゾビラックスを処方しました。


やはり、腑に落ちないので調べてみると、帯状疱疹でも稀に痒みだけの例があるそうです。そもそも、痒みも疼痛も自由神経終末で受容され、ともにC繊維で大脳皮質へ入力されます。


痒みと疼痛は全く同じ神経で感じているわけではないようですが、知覚神経の中でもかなりお互いに影響を及ぼしあっているそうです。


このため、通常は疼痛を感じる帯状疱疹であっても、痒みとして発症するケースもあるようです。退場疱疹=疼痛と思っていましたが、痒みや痛痒いというパターンも存在します。


特に高齢者などの免疫機能が低下している症例では、注意が必要なのかもしれません。






★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★

 
初学者が整形外科の外来や救急業務を遂行するにあたり、最もお勧めの書籍です


    



関節注射後の圧迫止血法

このエントリーをはてなブックマークに追加


外来で関節注射を施行する際、刺入部から出血することがあります。こればかりは避けようがないのですが、勢いよく出血すると圧迫止血しなければなりません。


出血は予測不能なので、事前に十分な準備をできないことが多いです。このような際、とっさにガーゼを押さえると、自分の指先に血液が付着してしまいます。


外来では感染症の検査をしていない患者さんがほとんどなので、自分の指先に患者さんの血液が付着することは、あまり気持ちの良いものではありません。


このような場合、私は鑷子を逆さまにして、鑷子基部の接合部で出血点を圧迫します。鑷子先端で圧迫してもよいのですが、鋭すぎるので私はやや鈍な接合部で圧迫止血しています。



555 - コピー



上図でいうと、赤丸の部分です。鑷子基部で関節注射の刺入部を圧迫することで、自分の指を汚さずとも簡単に圧迫止血することが可能となります。 





★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★

 
初学者が整形外科の外来や救急業務を遂行するにあたり、最もお勧めの書籍です


    



ヒアルロン酸のプラセボ効果

このエントリーをはてなブックマークに追加

外来で初回の関節注射を施行する際、患者さんから「成分は何か?」とよく訊かれます。「ヒアルロン酸です」と伝えると、たいてい満足そうな顔になります。


最初の頃は、一般人にヒアルロン酸と言っても分からないだろうなと思っていましたが、ほとんどの方がヒアルロン酸という名前を知っているようです。


何故、お年寄りも含めてほとんどの人がヒアルロン酸を知っているんだろう?と思っていると、家族からそんなの当たり前じゃないかと言われました。


「ヒアルロン酸」というキーワードは、健康食品のキラーアイテムなので、関節痛などを患っている人のほとんどは、ヒアルロン酸を知っているとのことでした。


う~ん、なるほど。。。私は、サプリメントを最初から相手にしていないので、ほとんどサプリメントの広告を意識したことはありませんでした。


しかし、一般の方にとっての関節痛の治療の選択肢は、①整形外科 ②接骨院 ③サプリメント の3択のようです。


そして、③の各社が自社のサプリメントの広告で派手に「ヒアルロン酸」を宣伝しているため、高齢者も含めた一般人での認知度が異様に高いのです。


つまり、多くの方の頭の中に「ヒアルロン酸=関節痛に効く」という刷り込みができているので、注射の成分がヒアルロン酸であることを知ると、満足して帰っていきます。


もちろん、市販の経口のヒアルロン酸製剤の効果など見込めませんが、彼らが派手に宣伝してくれているおかげで、ヒアルロン酸製剤の関節注射はプラセボ効果を得ることができます。


少し複雑な気持ちですが、無料で
ヒアルロン酸製剤のプラセボ効果をプレゼントしてくれているので、サプリメント業界もあながち捨てたものではないなと思いました。




★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★


 
一般的で使用頻度の高い、鎮痛薬・睡眠剤・感冒薬・胃薬・止痢薬・去痰薬・便秘薬等の薬剤が、全13章にわたって系統立てて書かれています。それぞれの章の最初に、薬剤の分類図が記載されています。各系統間の薬剤の使い分けも平易な文章で書かれており実践的な書籍です。









姉妹本に『類似薬の使い分け』があります。こちらは全15章からなり、降圧剤、抗不整脈薬、狭心症治療薬、脂質異常症治療薬、糖尿病治療薬、消化性潰瘍治療薬、鎮咳薬、皮膚科疾患治療薬、抗菌薬などが1章ずつ割り当てられています。








アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

           管理人の著書
   勤務医のための資産形成マニュアル
      医師のための 資産形成講義
2015神戸セミナー

      築古木造戸建投資マニュアル
      医師のための 金融資産形成術
医師のための金融資産形成術

        タダで自宅を手に入よう!
   資産形成のコンサルテーション・サービス


配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール
QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。