整形外科医のブログ

中堅の整形外科医が、日々の気付きを書き記します。投資の成功で働く必要が無くなりましたが、社会貢献のため医師を続けています。

外来診療の気付き

誰も判読できないカルテって・・・


先日、スポットの夜診アルバイトを頼まれました。初めて行く病院なのですが、電子カルテはまだ導入されていません。紙カルテなので、初めてでもストレスは無さそうです。


そんな気楽な気持ちで行ったのが、間違いのもとでした・・・。夜診が始まって、イザ再診患者さんのカルテを見ると、全てドイツ語(?)で書かれているではありませんか!


汚い(失礼!)手書きの文字で、略語のオンパレードです。ときどき日本語の部分もあるのですが、カルテのほとんどは独自(?)のドイツ語略語で埋め尽くされています。


う~ん、これはかなり困った。いちいち、問診を取りながら診察を進めていきましたが、患者さんの訴えを聞いてカルテと照らし合わせても整合性が取れません。


いったい、どうなっているんだ??? 年配の医師の中には、「癌患者さんにカルテ内容を読まれないように、あえてドイツ語で書くんだ」とおっしゃられる方も居るそうです。



しかし、昨今の医療情勢を鑑みると、まだそんなことやっているんですか? と思わず愚痴りたくなりました。自分しか分からないカルテに、価値があるとは思えないのですが・・・




★★ 『 整形外科の歩き方 』でお宝アルバイト獲得のための基本講座を公開中です! ★★






外国人患者の対応はGoogle翻訳で!


最近、外国人ツーリストの時間外受診の問い合わせが多いです。
宿泊先のホテルからの電話で、夕方以降に多い印象です。


従来は欧米系の旅行者がメインだったのですが、最近ではアジア圏からの旅行者が多くなってきました。彼らの問題点は、日本語も英語も分からない方が多いことです。


ホテルからの問合せの場合、通訳が付かないことがほとんどです。日本語はもちろんのこと、英語もカタコトしか話せない旅行者の対応は、非常に時間がかかってしまいます。


忙しい臨床業務の合間に、そのような外国人旅行者の対応は勘弁してほしいのが本音です。しかし、ひょんなことから言語の問題は簡単に解決できることに気付きました。


それは、Google翻訳を使うことです。2年ほど前までは、まだまだ実用に耐えることのできない、お粗末な翻訳機能しかありませんでしたが、最近では実用に耐えうるレベルに向上しています。


このことに気付いたのは、私が所有・運営している宿泊施設での外国人スタッフとのやりとりの際でした。私は、Facebookの「秘密のグループ」上でスモールビジネスを運用しています。




555 - コピー




上記は、チェックイン時にカードリーダーのトラブルが発生した際の、外国人留学生スタッフと私との間で交わされたやりとりです。このケースで、私はGoogle翻訳を用いて対応しました。



オンラインのチャットで協議する際には、日本語であっても文章を推敲しながら慎重に進めていく必要があります。状況を正確に把握して、論理的に協議する必要があるのです。


しかし、私程度の語学力(TOEIC 740点)では、自分の知っている英語の型に当てはめてしまうため、伝えたいことの核心がぼやけてしまいます。


日本語で考えた論理的思考を正確に伝える手段として、Google翻訳が威力を発揮しました。この経験から、外来のモバイル環境を整備することで、外国人対応が可能なことに気付いたのです。


Wi-Fiが使用できれば、外国人旅行者のスマートフォン端末のGoogle翻訳+音声入力機能で、容易にコミュニケーションをとることができます。これは結構使えるTIPSだと思いませんか?


※ もちろん、医療機関サイドで端末を準備しておくとスムーズだと思います。




★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★

 
初学者が整形外科の外来や救急業務を遂行するにあたり、最もお勧めの書籍です


    



静脈可視装置AccuVeinは有用なのか?


静脈ルートの確保は、医師として習得するべき基本的手技です。
しかし、ときどき前腕に全くルート確保できなさそうな患者さんを散見します。


できれば橈骨茎状突起部でのルート確保は、橈骨神経浅枝損傷を回避するためにも避けたい・・・。このようなケースではAccuVeinという器械があることを同僚に教わりました。



キャプチャ - コピー



Acuveinは、酸素と解離した還元ヘモグロビンを指標として、赤外線と可視光によって体表面から非接触に皮静脈を非接触に可視化します。 これはビジュアルインパクト大ですね!


緊急時、小児、非常に血管が触知しにくい患者さんのルート確保に役立ちそうです。しかし、1台の年間レンタル料は270756円もかかるようです。では、実際にどの程度有用なのでしょうか?


PubMedでAccuveinを検索すると、9本の論文がヒットしました。最も新しい下記の論文のAbstractを読むと、結果はイマイチだったようです。


Peripheral intravenous cannulation with support of infrared laser vein viewing system in a pre-operation setting in pediatric patients.
Rothbart A, Yu P, Müller-Lobeck L, Spies CD, Wernecke KD, Nachtigall I. BMC Res Notes. 2015 Sep 21;8:463. doi: 10.1186/s13104-015-1431-2. 



CONCLUSIONS: In our study we were not able to reduce neither time nor number of attempts until a successful venous cannulation in children using the vein viewer. Given certain limitations of our study as the lack of randomization and no control for inter-operator variability, the conclusions drawn from it are also limited, but by our results laser-supported cannulation cannot be recommended for standard procedures.



最後にはっきりと、スタンダードとしてはお勧めできないと書いてあります。まぁ、考えてみれば結構はっきり見えている血管であっても、血管壁が脆い方のルート確保は容易ではありません。


つまり、いくら血管がはっきりみえても、ルート確保を成功に導く要素はそれだけではないのです。もう少し安価であれば、導入する価値があるのかもしれませんが・・・。





★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★

 
初学者が整形外科の外来や救急業務を遂行するにあたり、最もお勧めの書籍です


    



消毒はヒビテンではなくイソジンで


外来では日常的に膝関節注射を施行しています。
私の場合、待ち時間短縮のために、両膝であれば座位のままFT関節外側から刺入します。


両膝の関節注射では、消毒液の殺菌効果を高めるために両膝を同時に消毒しています。消毒液の殺菌能力が最大限発揮されるには、塗布後数分を要するからです。


さて、先日のことですが何気なく消毒しようとすると、イソジンではなくヒビテンが出てきました。ぼんやりしていたので、皮膚に塗布するまで気付きませんでした(苦笑)。


殺菌能力はイソジンと同等だから問題ないかと思いましたが、これが大きな間違いでした。最初の右膝の関節注射の際には特に問題ありませんでした。


しかし、左膝の関節注射をしようとして、はたと手が止まってしまいました。左膝のどこを消毒したのか分からなくなったのです・・・。


斜めから見てどこかにヒビテンの残像がないかなと探しましたが、はっきりと自信をもって、ココを消毒しました!という確証を持てないのです。


結局、もう一度イソジンで消毒しなおす羽目になってしまいました。ああっ、時間のロスです。関節注射の時には、色が付いているイソジンの方が便利であることを初めて認識しました。


些細なことですが、関節注射や手術の際にヒビテンではなくイソジンが頻用される理由がようやく分かった気がします。やはり、色って重要なのですね。




★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★

 
初学者が整形外科の外来や救急業務を遂行するにあたり、最もお勧めの書籍です


    



カルテに暗号を仕込む?!


先日、外来をしていると粘着質な患者さんに遭遇しました。その日の診療内容をサマリーにして提供しろ、(CD-Rはお金がかかるから)画像を紙でプリントアウトしろ、等を要求してきます。


一旦退室しても、他の患者さんの診察中などおかまいなしに、いきなり診察室へ入ってきて滔滔と我がままな要求を続けます。さすがに付き合いきれないです。


しかし、暴言や暴力をふるうわけではないので、ブラックリストに載せるというレベルでもありません。う~ん、困った患者さんだな。


他の患者さんの迷惑にならないように、要注意人物には診察前からある程度の心構えが必要です。ただ、ときどきしか診察しないので、診察室に入ってくるまで気が付かないことがあります。


それを防ぐ方法として、カルテに自分しか分からない「一種の暗号」を書いている先生を見かけました。例えば、下記のようなモノです。


S: 痛い
O: 神経学的異常所見無し
A: OAによる痛みと考える
P: 鎮痛剤処方とする。効果が無い場合にはどうするか?



パッと見てどれが「要注意」 の記号が分からないと思います。答えはPの最後の「?」です。次回の診察時にこの記号があると、それなりの心構えができます。


そして、1回目の診察時に要注意だと思っても、2回目はそうでもないという患者さんもいます。その際には、2回目のカルテにはPの最後に「?」を書きません。


もちろん、この暗号は一例です。 「・・・」や「。。」でも自分が分かりやすければOKだと思います。ときどき、カルテにモロに記載する人を見かけますが、さすがにこれはいただけません。

 
基本的には、カルテは開示されるものと考えておく必要があります。カルテ開示にも耐え、行間のニュアンスも分かりやすく自分に伝える工夫は、トラブル回避に有効ではないでしょうか。






★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★

 
初学者が整形外科の外来や救急業務を遂行するにあたり、最もお勧めの書籍です


    



アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

           管理人の著書
   勤務医のための資産形成マニュアル
      医師のための 資産形成講義
2015神戸セミナー

      築古木造戸建投資マニュアル
      医師のための 金融資産形成術
医師のための金融資産形成術

        タダで自宅を手に入よう!
   資産形成のコンサルテーション・サービス


SRI一橋大学消費者購買価格指数
.
配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール
QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。
  • ライブドアブログ