整形外科医のブログ

中堅の整形外科医が、日々の気付きを書き記します。投資の成功で働く必要が無くなりましたが、社会貢献のため医師を続けています。

外来診療の気付き

ヒアルロン酸のプラセボ効果

このエントリーをはてなブックマークに追加

外来で初回の関節注射を施行する際、患者さんから「成分は何か?」とよく訊かれます。「ヒアルロン酸です」と伝えると、たいてい満足そうな顔になります。


最初の頃は、一般人にヒアルロン酸と言っても分からないだろうなと思っていましたが、ほとんどの方がヒアルロン酸という名前を知っているようです。


何故、お年寄りも含めてほとんどの人がヒアルロン酸を知っているんだろう?と思っていると、家族からそんなの当たり前じゃないかと言われました。


「ヒアルロン酸」というキーワードは、健康食品のキラーアイテムなので、関節痛などを患っている人のほとんどは、ヒアルロン酸を知っているとのことでした。


う~ん、なるほど。。。私は、サプリメントを最初から相手にしていないので、ほとんどサプリメントの広告を意識したことはありませんでした。


しかし、一般の方にとっての関節痛の治療の選択肢は、①整形外科 ②接骨院 ③サプリメント の3択のようです。


そして、③の各社が自社のサプリメントの広告で派手に「ヒアルロン酸」を宣伝しているため、高齢者も含めた一般人での認知度が異様に高いのです。


つまり、多くの方の頭の中に「ヒアルロン酸=関節痛に効く」という刷り込みができているので、注射の成分がヒアルロン酸であることを知ると、満足して帰っていきます。


もちろん、市販の経口のヒアルロン酸製剤の効果など見込めませんが、彼らが派手に宣伝してくれているおかげで、ヒアルロン酸製剤の関節注射はプラセボ効果を得ることができます。


少し複雑な気持ちですが、無料で
ヒアルロン酸製剤のプラセボ効果をプレゼントしてくれているので、サプリメント業界もあながち捨てたものではないなと思いました。




★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★


 
一般的で使用頻度の高い、鎮痛薬・睡眠剤・感冒薬・胃薬・止痢薬・去痰薬・便秘薬等の薬剤が、全13章にわたって系統立てて書かれています。それぞれの章の最初に、薬剤の分類図が記載されています。各系統間の薬剤の使い分けも平易な文章で書かれており実践的な書籍です。









姉妹本に『類似薬の使い分け』があります。こちらは全15章からなり、降圧剤、抗不整脈薬、狭心症治療薬、脂質異常症治療薬、糖尿病治療薬、消化性潰瘍治療薬、鎮咳薬、皮膚科疾患治療薬、抗菌薬などが1章ずつ割り当てられています。








お勧めの画像閲覧用PC

このエントリーをはてなブックマークに追加

先日のおススメの画像閲覧環境の整備方法の捕捉です。画像CDのデータをハードディスクにコピーしてハードディスクからビューワーの起動をすることで、画像表示が速くなります。


ただし、これでも遅い場合には本体を購入せざるを得ません。 購入のポイントは、余計なソフトが入っていない空っぽのPCを選択する点が挙げられます。


余計なソフトは、遅くなる原因です。一般用PCは、不要なソフトがてんこ盛りなので、DELLやHPなどのダイレクトモデルがお勧めです。


画像閲覧環境の整備方法をレクチャーしてくれた友人の放射線科医師によると、具体的には下記条件が推奨されるようです(2017.3.31現在)。


  • ハードディスク内蔵モデルではなく、SSD内蔵モデルを選ぶ(ディスクアクセスのスピードが全然違います)
  • CPU は Intel Corei5 か Core i7
  • メモリは8G以上
  • Windows10 でもよいが、できればダウングレードのWindows7モデル(医療系ソフトはまだWindows10に対応していない場合が多い)
  • ノートの場合はFULL HD 以上の解像度 (画面は広くて解像度はFULL HD以上が良い) 
  • CD/DVDドライブつけるのを忘れずに(今のPCには付いていないことが多い)


上記の条件を満たせば、基本的にはどこのメーカーのPCでもいいそうです。なるほど、これならさほどお金を掛けなくても良好な画像閲覧環境を構築できそうです。






★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★


      




おススメの画像閲覧環境の整備方法

このエントリーをはてなブックマークに追加


他院からの紹介患者さんの画像データの取り扱いに困ったことはないでしょうか? その患者さんが受診される場合には、サーバーに取り込んでもらうことがベストです。


この方法であれば、院内の画像データと同様に読影することが可能です。しかし、個人的に症例の相談を受けた場合は少しやっかいです。


PCに画像CDを入れても立ち上がりに時間がかかってしまい、なかなか画像を読影できないケースが多いからです。


この問題の解決法を、同級生の放射線科医師に教えてもらいました。彼は、非常に優秀な放射線科医師で、画像診断クリニックを経営しています。


画像CDの表示が遅いのは、CDのデータ転送スピードが遅いことが律速段階であることがほとんどです。これをクリアするためには、下記の手法が有効です。


画像を直接CDから開くのではなく、一旦CDのデータをすべてハードディスクにコピーします。そして、ハードディスクからビューワーを起動します。


CDに内蔵されているビューワーはバラバラなので、ビューワーを統一したいということであれば、下記の無料のビューワーをダウンロードしてください。
 



Philips DICOM viewer PmsDview.exe



画像CDの中のDICOMフォルダ(画像データ)と、DICOMDIR(画像格納インデックス)というファイルだけをハードディスクにコピーします。


上記ビューワーを立ち上げて、左上の「File」を開きます。 すると下記のような画像が表示されます。DICOMDIR(画像格納インデックス)を選択すると、画像が表示されます。



キャプチャ - コピー




上記ビューワーを用いることで、サクサクと画像を読影することが可能となります。直接CDから開いていると、いくら時間があっても足りないので非常に重宝しています。






★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★

豊富な図や画像が提示されているため、ほとんどの骨折や脱臼に対応することが可能です










第1胸椎側面像のトリビア

このエントリーをはてなブックマークに追加


先日、頚部痛で受診された患者さんの単純X線の側面像をみて、アレっと思いました。この方は第1胸椎まで確認できます。その第1胸椎に、私の目をひく所見があったのです。



1 - コピー



頚椎前弯消失以外には、明らかな異常所見は無さそうです。しかし、第1胸椎の椎体の上2/3に硬化したような所見(?)を認めます。今まで、この部分を意識したことはありません。



2 - コピー



はじめは骨腫瘍かも? と思いましたが、どうもそんな感じではなさそうな所見です。注意してみてみると、他の人でも同様の所見がありました。


椎間関節まで硬化しているように見えるのですが、他の人の椎間関節も同様の所見なので、どうやら正常解剖のようです。調べてみると、この硬化像(?)は第1肋骨頭でした。


普通の方は、肩が邪魔になって第1胸椎まではっきり見えることが少ないです。このため、第1胸椎椎体レベルでの第1肋骨頭の存在に、今まで気が付かなかったようです。


う~ん、恥ずかしいことです。私にとっては、今更ながらのトリビアでした。きっと、皆は分かっているんだろうな・・・





★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★


自治医科大学准教授の星地先生の経験・知識を余すところなく収めたサブテキストです。定番と言われている教科書に記載されている内容は素直に信じてしまいがちですが、実臨床との”ズレ”を感じることがときどきあります。このような臨床家として感じる、「一体何が重要なのか」「何がわかっていないのか」「ツボは何なのか」を自らの経験に基づいて完結に述べられています。








                        

誰も判読できないカルテって・・・

このエントリーをはてなブックマークに追加


先日、スポットの夜診アルバイトを頼まれました。初めて行く病院なのですが、電子カルテはまだ導入されていません。紙カルテなので、初めてでもストレスは無さそうです。


そんな気楽な気持ちで行ったのが、間違いのもとでした・・・。夜診が始まって、イザ再診患者さんのカルテを見ると、全てドイツ語(?)で書かれているではありませんか!


汚い(失礼!)手書きの文字で、略語のオンパレードです。ときどき日本語の部分もあるのですが、カルテのほとんどは独自(?)のドイツ語略語で埋め尽くされています。


う~ん、これはかなり困った。いちいち、問診を取りながら診察を進めていきましたが、患者さんの訴えを聞いてカルテと照らし合わせても整合性が取れません。


いったい、どうなっているんだ??? 年配の医師の中には、「癌患者さんにカルテ内容を読まれないように、あえてドイツ語で書くんだ」とおっしゃられる方も居るそうです。



しかし、昨今の医療情勢を鑑みると、まだそんなことやっているんですか? と思わず愚痴りたくなりました。自分しか分からないカルテに、価値があるとは思えないのですが・・・




★★ 『 整形外科の歩き方 』でお宝アルバイト獲得のための基本講座を公開中です! ★★






アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

           管理人の著書
   勤務医のための資産形成マニュアル
      医師のための 資産形成講義
2015神戸セミナー

      築古木造戸建投資マニュアル
      医師のための 金融資産形成術
医師のための金融資産形成術

        タダで自宅を手に入よう!
   資産形成のコンサルテーション・サービス


配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。