整形外科医のブログ

中堅の整形外科医が、日々の気付きを書き記します。投資の成功で働く必要が無くなりましたが、社会貢献のため医師を続けています。

手技

謝意はできるだけ皆の前で!

このエントリーをはてなブックマークに追加


先日、話題にした 院内のよくある風景:各科の確執 の続編です。
各科の確執があると日常診療でロクなことがありません。


医師個人が嫌な思いをするだけでなく、患者さんやコメディカルまで不利益を被ります。このため、良い人間関係を築きたいものです。前回のエントリーでは下記3点を挙げました。


  1.  他科医師からの依頼にはできるだけ誠意をもって対応する 
  2.  こちらからお願いするときには、必ず直接状況を説明して頭を下げてお願いする 
  3.  廊下ですれ違えば、常に挨拶をする 




そして、上記に加えて上手に「謝意を伝える」ことも重要です。謝意は自分の心の中にしまっておくべきものではありません。上手に相手に伝えてこそ価値が発揮されます。


私が常に心掛けているのは、感謝の気持ちを抱いたら、できるだけその気持ちを効果的に相手に伝えることです。


そして、最大限効果を発揮するのは、大勢の医師やコメディカルの前で謝意を伝えることです。ギャラリーが多ければ多いほど、より効果的です。


シャイな人は、廊下ですれ違いざまに謝意を伝えるのがやっとかもしれません。しかし、せっかく謝意を伝えるのであれば、大勢の前で伝える方が明らかに効果的です。


逆の立場を考えてください。大勢のコメディカルの前で謝意を伝えられることほど気持ち良くなる場面は、そうそう無いことが容易に想像できると思います。


そして、コメディカルに対しても医師同士の人間関係が良好であることをアピールできるので一石二鳥です。最初は恥ずかしいかもしれませんが、実行することを強くお勧めします。





★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★

 
初学者が整形外科の外来や救急業務を遂行するにあたり、最もお勧めの書籍です


    



RH室での全職種カンファレンス

このエントリーをはてなブックマークに追加


先日話題になった 駄ネタ:あなたの1/3 PWBはいくら? の関連事項です。私はリハビリテーション室に足げに通っています。


駄ネタ:事件は現場で起きてるんだ!


理由は上記に記載していますが、やはり現場(=リハビリテーション室)で回診することは、患者さんの回復具合を確認するのに非常に都合が良いです。


そして、多職種での回診もリハビリテーション室で行うことにしています。回診といえば、大学病院での教授回診を連想します。


しかし、医師・パラメディカルによる多職種でカンファレンスするメリットがあるとは言え、大学病院のようなベッドサイドで行う回診では効果が半減します。


やはりリハビリテーション室で、実際の患者さんの回復具合を皆で確認しながらカンファレンスする方が、多職種で行う回診のメリットを最大限得ることができると思うのです。


例えば、地域連携室のスタッフから自宅の2Fで生活しているという情報が出ると、では階段昇降の状態を確認しましょうとなります。


その場で実際に患者さんに階段昇降してもらうと、十分な昇降能力を獲得できているか否かを全職種が理解できます。報告を読み上げるカンファレンスとは、臨場感が違います。


そこで、住宅改修が必要となると、介護保険の区分変更を申請する等の意思決定を、その場で直接下すことができます。これは業務時間の短縮にもつながります。


業務はできるだけ効率良く、そして患者さんをはじめ全職種のメリットになるにはどうすればよいのか? 常に改善方法を考えながら業務を行うことが吉ではないでしょうか。





★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★

 
初学者が整形外科の外来や救急業務を遂行するにあたり、最もお勧めの書籍です


    



既往歴を効率的に聴取する方法

このエントリーをはてなブックマークに追加


問診で既往歴を聴取することは必須です。
しかし、既往歴を漏れなく把握することは、必ずしも容易ではありません。


結構な確率で聴取漏れが発生します。既往歴を効率的に漏れなく聴取する方法は無いのか?こんなことを考えながら外来をしているときに、ふとひとつの気付きを得ました。


その気付きとは、患者さんに既往歴を訊いてもほとんどまともな答えは期待できないということです(笑)。笑ってるけど笑えない事実ですね。。。


さて、完璧な既往歴を聴取することは難しいものの、ある程度の精度と効率性で患者さんの既往歴を一網打尽する方法を発見しました。


それは、お薬手帳を見せてもらうことです。服用している内服薬をみると、現在治療中の内科的疾患のほとんど全てを把握できます。これは服用中の薬を聴取することでも代用できます。


現時点では、これ以上の精度と効率性で既往歴を把握する手段を知りません。もちろん、院内の他科受診の場合には、カルテ内容をコピペするだけで済みます。


しかし、全ての医療機関をカバーできる手法としては、お薬手帳の確認以上の方法は思いつきません。何か良いアイデアがあれば是非教えて欲しいと思っています。





★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★

 
初学者が整形外科の外来や救急業務を遂行するにあたり、最もお勧めの書籍です


    



患者さんの不安感を取り除け!

このエントリーをはてなブックマークに追加


先日、病棟の受け持ち患者さんが急変しました。ご本人の意識はしっかりしていたのですが、下血のため血圧がかなり低下しました。もうちょっとでショックバイタルです。


夜間だったので、とりあえず輸血で急場を凌ぐことにしたのですが、ご本人が輸血を拒否します。どうやらかなり気が動転しているようです。


理詰めで説明しても、全く聞く耳を持ちません。困ったな。。。輸血をする場合には、基本的に同意書を取得する必要があります。


しかし、頑として同意書にサインすることを拒みます。何故そこまで頑ななのか分かりませんでしたが、ふと不安に思っていることも一因では? と思いました。


そこで、夜中ではあるものの、電話での家族への説明だけではなく、直接来院していただいてご本人に会っていただくことにしました。


それでご本人の気持ちが落ち着けば一石二鳥です。実際、家族の顔を見て少しトーンダウンして、なんとか無事に輸血することができました。


今回のケースで感じたことは、患者さんが予想しない反応を示す場合には、それなりの理由があるのかもしれないということです。


その理由が「不安感」である場合には、家族に来院してもらうことで軽減できることもあります。やはり人間相手なので、患者さんの気持ちを考えることも必要なのでしょう。





★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★

 
初学者が整形外科の外来や救急業務を遂行するにあたり、最もお勧めの書籍です


    



骨折の診断にもエコーは有用!

このエントリーをはてなブックマークに追加


先日、運動器超音波(エコー)の講演を拝聴しました。整形外科領域におけるエコーと言えば、腱板損傷を始めとする肩関節疾患をまず最初に思い浮かべる方が多いと思います。


肩関節疾患以外では、関節リウマチ領域でのエコーも市民権を獲得しました。ところが、これ以外にも意外な使い方があったのでご紹介します。


それは、骨折に対するエコーです。骨折でエコー? そんなもの施行するまでもなく、単純X線像で充分だろうと思う方が多いと思います。実は私もそのひとりでした(笑)。


しかし、講演を拝聴して考え方が変わりました。私の考え方を変えたのは、小児の上腕骨外顆骨折に対するエコーでした。ご存知のように転位の少ない外顆骨折は診断が難しいです。



AP - コピー



上記の単純X線像では、後追いで診ると外顆骨折が何となく分かります。骨幹端に線状骨折を認めます。ただ、初診時に確信をもって診断するのは相当難しいのではないでしょうか?


この症例ではCTを施行して、外顆骨折の存在を確認しました。しかし、小児にCTを施行すると、ちょっと被爆量が心配です。


このような時にエコーに習熟していると外顆骨折も容易に診断できるそうです。操作方法は簡単で、上腕骨長軸方向にプローベをあてるだけです。


骨折部では骨表面の線状高エコー像に途絶があります。あと、周囲の軟部組織の腫脹や関節血腫も観察できます。講演を拝聴したかぎりでは、かなり有用そうです。


私の場合は、関節リウマチでエコーを習熟しているので、比較的ハードルは低いと感じました。今度、骨折を疑う症例を診察する機会があれば、エコーを試してみようと思いました。






★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★

豊富な図や画像が提示されているため、ほとんどの骨折や脱臼に対応することが可能です










アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

           管理人の著書
   勤務医のための資産形成マニュアル
      医師のための 資産形成講義
2015神戸セミナー

      築古木造戸建投資マニュアル
      医師のための 金融資産形成術
医師のための金融資産形成術

        タダで自宅を手に入よう!
   資産形成のコンサルテーション・サービス


配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール
QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。