整形外科医のブログ

中堅の整形外科医が、日々の気付きを書き記します。投資の成功で働く必要が無くなりましたが、社会貢献のため医師を続けています。

書評

書評:忙しい医師でもできる Dr.Kの株式投資戦術

このエントリーをはてなブックマークに追加

本日は書評です。
現役医師によって執筆された資産形成に関する書籍です。







私は、この書籍の存在を中外医学社の担当者である五月女(そうとめ)様よりご教示いただきました。身近に「株式投資で成功している」医師は皆無なので、興味深く拝読しました。


まず内容ですが、株式投資の初心者向けの書籍です。一般的な初心者向けの株式投資本は網羅的に記載されていますが、忙しい医師向けに記載内容を絞り込んでいます。


この書籍の最も大きな特徴は「忙しい医師に最適化した株式投資戦術」の提案をしている点です。本書の記載内容に限らず、知識を得るだけならインターネットで無料で手に入ります。


しかし、膨大な知識の大海から、忙しい医師に最適化した知識体系を抽出することは極めて難しいです。つまり、本書の価値は、記載されている知識ではなく、戦術にあるのです。



私と同じ点


K先生は、ファンダメンタルズをベースにした日本株式の逆張り中長期投資を推奨しています。一方、私の場合、投資対象が世界で期間は超長期ですが、考え方はほぼ同じです。


やはり忙しい医師が株式投資の世界で勝ち残っていくには、短期投資は極めて不利だと思います。あと、投資を開始した時期が不況期であることも共通しています。


これは極めて重要な点です。K先生も私も入り口はビギナーズラックでした。これが2002年や2008年ではなく、2005~2007年や2013年以降だと結果を出すことは難しかったでしょう。



私との相違点


細かい話ですが、投資期間の長さの違いが投資行動にかなりの差を与えています。K先生は私よりも売買回数が多いようです。また、個別企業の分析も入念にされています。


一方、私は数年に一度しか買い出動しないので、普段は個別企業のファンダメンタルズを分析することはほとんどありません。


投資対象の絞り込みはK先生の方が上です。私は、米国株式市場まで対象としており、不動産投資やスモールビジネスまで展開しているため、広く浅くの理解に留まっています。



総 評


K先生と私の能力および割ける時間が同じと仮定すれば、各々の戦術の違いが分かると思います。K先生は狭く深い、私は広く浅い戦略を採用しているため、上記の差異が生まれました。


ひとりの医師が割ける時間には限りがあるため、その大きな制約の中でいかにして結果を出すのか? のアプローチ(戦略)の違いなのです。


前提条件が同じであっても、戦略が異なればおのずと戦術も異なります。おそらくK先生も私も、自分の採用している投資戦略の中では、現状の戦術が最適化されているのでしょう。


私の場合は、大好きな株式投資と不動産投資の両方で結果を出すために、買い出動するハードルを高くして、かつ投資期間を長期化せざるを得ませんでした。


あと、最初に「能力が同じと仮定すれば」と書きましたが、周知のように投資に関しても生まれ持った能力の差異は巨大です。


この能力は学歴と緩い相関関係がありますが、医学部のような学歴の最上位層内では全く相関関係はありません。この点は臨床能力と出身大学に相関が無いことと同じだと思います。


このため、好き嫌いだけではなく、自分の能力に最適化した戦略を構築することも重要です。もちろん、自分の能力を客観的に判断することが最も難しいことではありますが・・・





★★ 発刊後3週で増刷決定! ★★
 


当ブログ管理人書き下ろしの書籍が、中外医学社から発刊されました。「経済的に自由な医師」になることで、医師としての充実感と経済的成功を両立できる道があります。


本著では、資産形成論とマインドを学ぶことができます。具体的な手法は勤務医のための資産形成マニュアルに譲りますが、医師に特化した資産形成の入門書として是非ご活用ください!




161228 【書影】医師の経済的自由







書評:会話もメールも 英語は3語で伝わります

このエントリーをはてなブックマークに追加


先日、とぜんな脊椎外科医のブログで「会話もメールも 英語は3語で伝わります」という書籍が紹介されていました。



キャプチャ - コピー



ホンマかいな?というキャッチーな表題です。しかし、出版社はお堅いダイヤモンド社で、とぜんな脊椎外科医先生も激賞しています。これは購入するしかないな。。。


読み進めると、フムフムといった感じです。プロの翻訳家が言っていることなのでリアリティがあります。実際に私も、無意識のうちに著者が主張されていることを実践していました。


もちろん、著者のように系統立てているわけではなく、あくまで泥縄式です。ただ単に、必要に迫られて3~5語のシンプルな英語を多用しているだけです。


英語の文法は、主語+動詞です。このため、頭から接木のように情報を付加していくのが一番楽です。しかし、長々と単語を羅列するよりも、シンプルに切り分けた方が伝わりやすい。


このあたりのノウハウを惜しみなく披露しています。非英語圏の人間がそれなりのコミュニケーションを取るためには、格式高い英語は必要無いのです。


今までは何となく後ろめたなさを感じていましたが、この書籍を拝読してスッキリしました。英語は、こちらの意思を伝えてナンボの世界ですから!





★★ 『 整形外科の歩き方 』でお宝アルバイト獲得のための基本講座を公開中です! ★★






書評: マーケット感覚を身につけよう

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日はアンチ派も多い「ちきりん」さんの書評です。彼女は日本で最も有名なブロガーのひとりで、月間PV 200万以上です。ちなみに当ブログは月間PV 10万程度の泡沫ブログです(笑)。






私のように日々泥の中を転げまわっているような人間からすると、「港区至上主義」や「スノッブ的」なところが鼻につきますが、書いている内容は一読に値すると思います。


この世の中で成功するためには「論理的思考」は必須です。しかし、論理的思考だけでは片手落ちで、アドオンする形でちきりんさんのおっしゃられる「マーケット感覚」も重要です。


医師のように免許で食べている人種は、勤務医・開業医に関わらず世の中の需給関係の重要性に対して疎い傾向にあります。本当は最も気にかけておかねばならないのですが・・・


例えば以前から主張しているように医師が他職種より高給なのは、「医学部は難易度が高い「医療技術が高度」「社会的に重要」だからではなく、単純に医師の供給が少ないからです。


つまり、医師の所得や地位に影響を及ぼす最大の要因は需給関係なのです。需給関係は刻々と変化しており、有利さに気付いた人が医学部に集中する現状はかなり危険な状況です。


このあたりの意識改革をする意味でも、ちきりんさんの書籍はお勧めです。私も周囲の人と同じことをすることが大嫌いで、迷ったら少数派(笑)なので結構同感するところが多いです。


ただし、医師以外の人にはこの書籍をあまりお勧めしません。何故なら強力な武器を持たない人にとっては、薬ではなく毒になる可能性が高いからです。


特に、一般企業の就職活動中の人には危険だと思います。「マーケット感覚」は重要ですが、世の中で成功するために最も重要なことではないということを認識するべきでしょう。




★★  医師のための資産形成講義  ★★


第88回日本整形外科学会学術総会期間中の2015年5月23日に開催した、本ブログ管理人による 「医師のための資産形成セミナー」 の動画、および講演で使用したスライドです。


2015神戸セミナー



本セミナーは経済的自由獲得を目指す医師向けに開催しました。 資産形成マニュアル は、医師に最適化した資産形成手法だと自負していますが、文書だけでは伝わらないことも多いです。


講義内では、資産形成マニュアルにおいて文面だけでは伝えきれなかった資産形成のコツや、寝ていても定期収入をもたらしてくれる 「資産の自動運転化」 を中心に説明しています。 



高度専門化社会を逆手に取る

このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、興味深い書籍を拝読したのでご紹介します。
高度に複雑化した社会に対応するために、組織は専門化する傾向にあります。






そして専門家集団や社会集団の中へ閉じ込められてしまう状態を「サイロ」と呼びます。サイロの問題点は、多くの人が視野の狭い状態へ陥ってしまうため、変化に対応できなることです。


サイロは、大企業病・組織の硬直化・派閥争い・セクショナリズム・官僚主義等の原因となります。現代社会においては、一般的に専門化と集中が好ましいものとされてきました。


しかし、専門化によって効率を追求しすぎると、かえってうまく機能しなくなるという非常に悩ましいパラドクスが存在します。本書は組織におけるサイロを回避する一助になるかもしれません。


そして、私が印象に残ったのは、「イノベーションは辺境からやってくる」という一文です。常々、私は異なる2つの領域の重なる辺縁にこそ、革新性や金脈が眠っていると感じています。


今回の書籍の内容は、それを支持していると理解しました。医師の働く環境はサイロだと思います。私たちは常々専門化を推奨されていますが、本当は正しい道ではないのかもしれません。


特に勤務医は、自分の専門分野が無いと非常に恥ずかしい気持ちになりがちです。もちろん、専門分野を究めることは大切ですが、重要なのは専門分野に留まらない意志だと思います。


自分の専門分野以外にも興味の対象を広げ、サイロ化を防ぐことが大切だと思います。平たく言うと、専門バカにならないことです。もちろん医師に限らず、これは普遍的な問題だと思います。


例えば、私は不動産賃貸業から民泊を経て、旅館業への進出を目論んでいます。最近は毎日のように旅館業界の関係者と会話していますが、明らかに彼らと視点が違うことに気付きました。


彼らの大部分は旅館業もしくは起業家のため、知識や考え方のベースが旅館業界です。私の知識はAirbnbなどの民泊がベースなので、隣接分野の知識は非常に役に立ちます。


一方、旅館業界の方は民泊に警戒心や敵対心を抱きつつも、規制の緩さや新たな需要の獲得などに興味を抱いているようです。しかし、残念ながら図体が大きいため動きは緩慢です。


この2つの分野の辺縁領域では、民泊の「規制の緩さと新しい需要」+旅館業の「単価の高さ」に金脈が眠っています。この領域への参入者は少ないのでブルーオーシャンが広がっています。


自分の価値を上げるために専門化するのもひとつの戦術ですが、サイロ化するのを回避して常に隣接領域を意識することが重要ではないかと思います。


医師を長く続けていると自分が狭く閉じた社会に居ることを忘れがちです。サイロに留まる人を尻目に外の世界を見ることができる人は、大きな利益を得ることができるかもしれませんね。




★★  医師のための資産形成講義  ★★


第88回日本整形外科学会学術総会期間中の2015年5月23日に開催した、本ブログ管理人による 「医師のための資産形成セミナー」 の動画、および講演で使用したスライドです。


2015神戸セミナー



本セミナーは経済的自由獲得を目指す医師向けに開催しました。 資産形成マニュアル は、医師に最適化した資産形成手法だと自負していますが、文書だけでは伝わらないことも多いです。


講義内では、資産形成マニュアルにおいて文面だけでは伝えきれなかった資産形成のコツや、寝ていても定期収入をもたらしてくれる 「資産の自動運転化」 を中心に説明しています。 



どちらを選ぶ? 公文とそろばん

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日は、医療や資産形成と関係無い話題です。
下の子供にそろそろ習い事をさせようと思っています。


算数の計算能力を鍛えたいのですが、そろばん教室に行かすか公文式に行かすかで迷っています。もちろん、最終目的は大学入試です。計算能力は数学の成績に直結します。


私は公文式派でした。そして、高校の同級生で医学部や東京大学に行った連中や現在の周囲の医師仲間も公文式派が多かった記憶があります。


しかし、単に公文式がブームであっただけという可能性もあります。私自身はそろばん経験が無いのですが、そろばんの方が公文式よりも計算能力が高くなるような気がするのです。


公文式の基本は「暗記計算」だと思います。教材をみると分かりますが、延々と同じパターンの計算を続けることで計算パターンを覚えてしまう方式です。


このように公文式もそろばんも作業としては非常に原始的で、思考能力を鍛えるような類のものでは一切ありません。したがって、純粋に計算能力が高くなる方を選ぶ方べきだと思うのです。


私自身および周囲を観察すると、医学部や東京大学などの最難関大学合格者には公文式派が多い印象です。しかし、珠算暗算の超人的な演算能力も捨て難いです。


実績の公文式か、イメージのそろばんか・・・。なかなか難しい問題です。そんなことを悩んでいると、下記の書籍でひとつの解を発見しました。







この書籍によると、計算能力は2階建てだそうです。1階部分が暗算能力で、2階部分が広義の計算能力です。この方がおっしゃられるには暗算能力が低いと計算能力は上がらないそうです。



(168×(5962+354)-852)÷28



例えば、上記の計算において各パーツを計算する際に必ず単純な四則計算を行います。この単純な四則計算は、百ます計算などで暗算能力を鍛え上げる必要があります。


そして、この百ます計算などでの暗算能力演習と平行して、ドリル等でより高度な計算能力を向上させる演習をさせることが必要とのことでした。


つまり、公文式やそろばんはどちらかと言えば1階部分の暗算能力を鍛える手段のひとつのようです。そう考えると公文式やそろばんではなく、百ます計算だけでもOKのような気もします・・・




★★  医師のための資産形成講義  ★★


第88回日本整形外科学会学術総会期間中の2015年5月23日に開催した、本ブログ管理人による 「医師のための資産形成セミナー」 の動画、および講演で使用したスライドです。


2015神戸セミナー



本セミナーは経済的自由獲得を目指す医師向けに開催しました。 資産形成マニュアル は、医師に最適化した資産形成手法だと自負していますが、文書だけでは伝わらないことも多いです。


講義内では、資産形成マニュアルにおいて文面だけでは伝えきれなかった資産形成のコツや、寝ていても定期収入をもたらしてくれる 「資産の自動運転化」 を中心に説明しています。 



アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

管理人の著書
管理人によるケアネット連載コラム
log_carenet

医師のためのお金の話

勤務医のための資産形成マニュアル
築古木造戸建投資マニュアル
医師のための 金融資産形成術
医師のための金融資産形成術

タダで自宅を手に入よう!


配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。