整形外科医のブログ

中堅の整形外科医が、日々の気付きを書き記します。投資の成功で働く必要が無くなりましたが、社会貢献のため医師を続けています。

書評

高度専門化社会を逆手に取る

このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、興味深い書籍を拝読したのでご紹介します。
高度に複雑化した社会に対応するために、組織は専門化する傾向にあります。






そして専門家集団や社会集団の中へ閉じ込められてしまう状態を「サイロ」と呼びます。サイロの問題点は、多くの人が視野の狭い状態へ陥ってしまうため、変化に対応できなることです。


サイロは、大企業病・組織の硬直化・派閥争い・セクショナリズム・官僚主義等の原因となります。現代社会においては、一般的に専門化と集中が好ましいものとされてきました。


しかし、専門化によって効率を追求しすぎると、かえってうまく機能しなくなるという非常に悩ましいパラドクスが存在します。本書は組織におけるサイロを回避する一助になるかもしれません。


そして、私が印象に残ったのは、「イノベーションは辺境からやってくる」という一文です。常々、私は異なる2つの領域の重なる辺縁にこそ、革新性や金脈が眠っていると感じています。


今回の書籍の内容は、それを支持していると理解しました。医師の働く環境はサイロだと思います。私たちは常々専門化を推奨されていますが、本当は正しい道ではないのかもしれません。


特に勤務医は、自分の専門分野が無いと非常に恥ずかしい気持ちになりがちです。もちろん、専門分野を究めることは大切ですが、重要なのは専門分野に留まらない意志だと思います。


自分の専門分野以外にも興味の対象を広げ、サイロ化を防ぐことが大切だと思います。平たく言うと、専門バカにならないことです。もちろん医師に限らず、これは普遍的な問題だと思います。


例えば、私は不動産賃貸業から民泊を経て、旅館業への進出を目論んでいます。最近は毎日のように旅館業界の関係者と会話していますが、明らかに彼らと視点が違うことに気付きました。


彼らの大部分は旅館業もしくは起業家のため、知識や考え方のベースが旅館業界です。私の知識はAirbnbなどの民泊がベースなので、隣接分野の知識は非常に役に立ちます。


一方、旅館業界の方は民泊に警戒心や敵対心を抱きつつも、規制の緩さや新たな需要の獲得などに興味を抱いているようです。しかし、残念ながら図体が大きいため動きは緩慢です。


この2つの分野の辺縁領域では、民泊の「規制の緩さと新しい需要」+旅館業の「単価の高さ」に金脈が眠っています。この領域への参入者は少ないのでブルーオーシャンが広がっています。


自分の価値を上げるために専門化するのもひとつの戦術ですが、サイロ化するのを回避して常に隣接領域を意識することが重要ではないかと思います。


医師を長く続けていると自分が狭く閉じた社会に居ることを忘れがちです。サイロに留まる人を尻目に外の世界を見ることができる人は、大きな利益を得ることができるかもしれませんね。




★★  医師のための資産形成講義  ★★


第88回日本整形外科学会学術総会期間中の2015年5月23日に開催した、本ブログ管理人による 「医師のための資産形成セミナー」 の動画、および講演で使用したスライドです。


2015神戸セミナー



本セミナーは経済的自由獲得を目指す医師向けに開催しました。 資産形成マニュアル は、医師に最適化した資産形成手法だと自負していますが、文書だけでは伝わらないことも多いです。


講義内では、資産形成マニュアルにおいて文面だけでは伝えきれなかった資産形成のコツや、寝ていても定期収入をもたらしてくれる 「資産の自動運転化」 を中心に説明しています。 



どちらを選ぶ? 公文とそろばん

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日は、医療や資産形成と関係無い話題です。
下の子供にそろそろ習い事をさせようと思っています。


算数の計算能力を鍛えたいのですが、そろばん教室に行かすか公文式に行かすかで迷っています。もちろん、最終目的は大学入試です。計算能力は数学の成績に直結します。


私は公文式派でした。そして、高校の同級生で医学部や東京大学に行った連中や現在の周囲の医師仲間も公文式派が多かった記憶があります。


しかし、単に公文式がブームであっただけという可能性もあります。私自身はそろばん経験が無いのですが、そろばんの方が公文式よりも計算能力が高くなるような気がするのです。


公文式の基本は「暗記計算」だと思います。教材をみると分かりますが、延々と同じパターンの計算を続けることで計算パターンを覚えてしまう方式です。


このように公文式もそろばんも作業としては非常に原始的で、思考能力を鍛えるような類のものでは一切ありません。したがって、純粋に計算能力が高くなる方を選ぶ方べきだと思うのです。


私自身および周囲を観察すると、医学部や東京大学などの最難関大学合格者には公文式派が多い印象です。しかし、珠算暗算の超人的な演算能力も捨て難いです。


実績の公文式か、イメージのそろばんか・・・。なかなか難しい問題です。そんなことを悩んでいると、下記の書籍でひとつの解を発見しました。







この書籍によると、計算能力は2階建てだそうです。1階部分が暗算能力で、2階部分が広義の計算能力です。この方がおっしゃられるには暗算能力が低いと計算能力は上がらないそうです。



(168×(5962+354)-852)÷28



例えば、上記の計算において各パーツを計算する際に必ず単純な四則計算を行います。この単純な四則計算は、百ます計算などで暗算能力を鍛え上げる必要があります。


そして、この百ます計算などでの暗算能力演習と平行して、ドリル等でより高度な計算能力を向上させる演習をさせることが必要とのことでした。


つまり、公文式やそろばんはどちらかと言えば1階部分の暗算能力を鍛える手段のひとつのようです。そう考えると公文式やそろばんではなく、百ます計算だけでもOKのような気もします・・・




★★  医師のための資産形成講義  ★★


第88回日本整形外科学会学術総会期間中の2015年5月23日に開催した、本ブログ管理人による 「医師のための資産形成セミナー」 の動画、および講演で使用したスライドです。


2015神戸セミナー



本セミナーは経済的自由獲得を目指す医師向けに開催しました。 資産形成マニュアル は、医師に最適化した資産形成手法だと自負していますが、文書だけでは伝わらないことも多いです。


講義内では、資産形成マニュアルにおいて文面だけでは伝えきれなかった資産形成のコツや、寝ていても定期収入をもたらしてくれる 「資産の自動運転化」 を中心に説明しています。 



再書評: 私の財産告白

このエントリーをはてなブックマークに追加


この連休は暇なので何冊か本を読んでいます。私は重要だとおもったところは全てドックイヤーにしているので、基本的には本を山積みしてドックイヤーのところだけ精読するスタイルです。


そして久しぶりに 私の財産告白 を読みました。この書籍の内容は完全に私の行動規範になっているので、あまり大きな再発見はありませんでした。


しかし、一点だけ「そうだったなぁ」という部分があったのでご紹介します。以前書評でご紹介したように、東京帝国大学教授にして一代で巨万の富を築いた本多静六翁の自伝です。






                 

                         
私の財産告白




最も有名なのは「四分の一」貯金です。どんなに生活が苦しくても収入の1/4をまず貯金するという貯蓄の王道的な方法です。この貯蓄で「雪達磨の芯」を作ります。

 

 

次に「雪達磨の芯」を用いて株式や山林(※)に投資します。株式は「二割利食い、十割益半分手放し」という堅実な方法で利益を積み上げます。


※ 山林は本多翁の専門分野です 

 


そして、今回「好景気・楽観時代には勤倹貯蓄を、不景気・悲観時代には思い切った投資を、時期を逸せず巧みに繰り返す」というフレーズが、なるほど!と腑に落ちました。


2014年現在の状況は「好景気・楽観時代」に該当すると思います。消費税8%アップの悪影響が論じられていますが、リーマンショックから民主党政権時代のような閉塞感とは無縁です。


当時は不景気だったので優良な投資案件も多数あり、高級ホテルのクラブフロアも随分安価に宿泊可能でした。当時は物件や株を買い漁り、暇があればクラブフロアに通い詰めたものです。


しかし自民党が政権復帰してからは世の中が明るくなり、その影響を受けて投資案件も減り、宿泊費が高くなったのでクラブフロアからも足が遠のくようになりました。


当時と比べて私の資産規模は約2倍になりましたが、現在は本多翁のアドバイスに従って勤倹貯蓄を心掛けています。不景気になったら再び活動開始ですね(笑)。





                ★★ 管理人監修の資産形成マニュアル ★★
 


管理人監修の「勤務医の、勤務医による、勤務医のための資産形成マニュアル」です。高度な医療技術で社会貢献するためには経済的安定が不可欠! という信念のもと、管理人は多くのメンターから指導を受けました。

その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。既に資産運用をしている方でも、勤務医のアドバンテージを生かした新しい考え方が見つかるかもしれません。

PDF版の販売で、30日間の返品保証付きです。当直1回分にも満たない価格なので、本マニュアルの手法を実践すれば、あっという間に元が取れると思います。 尚、医師以外の方のご購入はご遠慮ください。


情報教材表紙




書評:社畜もフリーもイヤな僕たちが目指す第三の働き方

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日は書評です。先日の日曜日に本屋で見つけた書籍です。ざっくり速読してみたところ、非常に興味深かったので購入してみました。


著者の佐藤達郎(さとう・たつろう)さんは、大手広告代理店アサツーディー・ケイでの会社員生活を経て、多摩美術大学教授に転進されています。



                        


              
社畜もフリーもイヤな僕たちが目指す第三の働き方



今の会社でこのまま働き続けるのはイヤだけど、独立・起業をする勇気がない人は多いと思います。著者は、このような人に「モジュール型ワーキング」という第三の働き方を提案しています。


モジュール型ワーキングとは、給与所得者・経営者・フリーランスといった職業形態に囚われず、さまざまな働き口を自ら選択し、自由に組み合わせる働き方です。


働き方に満足できれば、人生の満足度は格段に上がります。モジュール型ワーキングは決して楽な働き方ではありませんが、“自分自身で働き方を選択できる”ことに大きな意義があります。


モジュール型ワーキングの提案に続いて、モジュール型ワーキングを実践している方への取材や書き込み式の自己分析ワークシートを通して、読者の働き方探求もサポートしています。


一見、副業指南書のようにも見えますが、戦略的に複数の収入源を獲得するという考え方が斬新です。確かにこの考え方ならリスクを抑えつつ、新しい分野に挑戦することが可能です。


しかし、よく考えると医師は、もともとモジュール型ワーキングを実践している方が多いと思います。アルバイトをしている時点で、勤務先に生殺与奪権を奪われているわけではないからです。


つまり、医師にとってはあまり目新しさの無い働き方なのですが、このような形態の働き方のメリットを明確にして戦略的に実践することを勧めているところが素晴らしい点です。


最後に一点だけ注意点があります。著者の考え方は、「金持ち父さん貧乏父さん」でロバート・キヨサキが提唱している、いわゆるEクワドラントに留まっています。


つまり、いくら職業形態をモジュール化しても、所詮は自分の時間の切り売りです。職業形態をモジュール化することは、経済的自由へいたる道程の入口を通過したに過ぎません。


このあたりの注意点を理解したうえで、収入源がひとつしかない医師にとっては一読する価値のある書籍だと思います。



                ★★ 管理人監修の資産形成マニュアル ★★
 


管理人監修の「勤務医の、勤務医による、勤務医のための資産形成マニュアル」です。高度な医療技術で社会貢献するためには経済的安定が不可欠! という信念のもと、管理人は多くのメンターから指導を受けました。

その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。既に資産運用をしている方でも、勤務医のアドバンテージを生かした新しい考え方が見つかるかもしれません。

PDF版の販売で、30日間の返品保証付きです。当直1回分にも満たない価格なので、本マニュアルの手法を実践すれば、あっという間に元が取れると思います。 尚、医師以外の方のご購入はご遠慮ください。


情報教材表紙




医療行為を文書で記録に残す重要性

このエントリーをはてなブックマークに追加


最近、以前勤務していた病院の医療訴訟で意見を求められる機会がありました。結果が思わしくなかったことが根底にありますが、医学的に不可抗力な案件にも関わらず訴訟になっています。


医学的には不可抗力な案件だったので、当初は争点がはっきりとしませんでした。そして話合いを進める中で、弁護士さんは病院にとって最も弱いところを検証していたようです。


そして、その最も弱いところが確定すると、そこに向けて医学的にはありえないようなロジックを持ち出して攻撃してきました。その最も脆弱なところとは、文書で証拠を残していない部分です。


傍から見ていると揚げ足取りの連続で、私の弁護士さんに対する見方が180度変わりました。裁判は証拠第一主義なので、文書での証拠が揃っていない部分が徹底的に叩かれます。


私が意見を述べた案件では、病院の診療体制が問題視されました。客観的に見て、そこに問題があったわけではなく、単に文書での証拠が乏しかったため狙い撃ちされたに過ぎません。


このことは、私達医師にとっても重要な示唆を与えています。つまり、いくら説明を尽くして誠心誠意を込めて治療にあたっても、文書での証拠が無ければスケープゴートにされるのです。


医療訴訟では適切な治療説明が行われたのかが争点になりがちです。医療内容は専門家でも適否の判断が難しいので、誰にでも分かりやすい適切な治療説明の有無が争点になるのです。


私は、下記の「説明と同意の原則」を、必ず手術説明書に記載しています。この文書は、
虎の門病院・小松先生の「医療崩壊」から“説明と同意についての原則”を引用させていただきました。



                      


             医療崩壊―「立ち去り型サボタージュ」とは何か



不幸にして訴訟に発展した場合でもこの文章が手術説明書に記載されていると、適切な治療説明の有無が争点になる可能性が低くなります。何名かの病院顧問弁護士にも確認済みです。


もちろん実際にしっかりと丁寧に治療説明を行い、また手術説明書自体がしっかり書かれていることが前提ですが、行ったことはきっちりと文書で残しておく必要があります。


私の運営する
ホームページから手術説明書の雛形をダウンロードできます。必要な方は、自分流にアレンジして使用してください。


-------------------------------------------------------------------------------




説明と同意についての原則


 多くの診療行為は、身体に対する侵襲を伴います。通常、診療行為による利益が侵襲の不利益を上回ります。しかし、医療は本質的に不確実です。過失がなくとも重大な合併症や事故が起こりえます。診療行為と無関係の病気や加齢に伴う症状が、診療行為の前後に発症することもあります。

 合併症や偶発症が起これば、もちろん治療に最善を尽くしますが、死に至ることもあり得ます。予想される合併症については説明します。しかし、きわめてまれなものや、予想外のものもあり、すべての可能性を言い尽くすことはできません。こうした医療の不確実性は、人間の生命の複雑性と有限性、および、各個人の多様性に由来するものであり、低減させることは出来ても消滅させることは出来ません。

 過失による身体障害があれば病院側に賠償責任が生じます。しかし、過失を伴わない合併症、偶発症に賠償責任は生じません。

 こうした危険があることを承知したうえで同意書に署名してください。疑問があるときは納得出来るまで質問してください。納得出来ない場合には、無理に結論を出さずに、他の医師の意見(セカンドオピニオン)を聞くことをお勧めします。必要な資料は提供します。






 ★★ 『 整形外科の歩き方 』でお宝アルバイト獲得のための基本講座を公開中です! ★★


      




アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

管理人の著書

161228 【書影】医師の経済的自由
管理人によるケアネット連載コラム
log_carenet

医師のためのお金の話

管理人による m3.com 連載コラム
管理人も参加しているオンラインサロン
勤務医のための資産形成マニュアル
築古木造戸建投資マニュアル

医師のための築古木造戸建投資マニュアル 1
医師のための 金融資産形成術
医師のための金融資産形成術

タダで自宅を手に入よう!

医師のための収益マイホーム購入マニュアル


配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール

自由気ままな整形外科医


・医学博士
・日本整形外科学会専門医
・日本リウマチ学会専門医
・不動産投資家
・超長期金融資産投資家
・ビジネスオーナー
・宅地建物取引主任士

QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。