整形外科医のブログ

中堅の整形外科医が、日々の気付きを書き記します。投資の成功で働く必要が無くなりましたが、社会貢献のため医師を続けています。

その他

自動車保険のヤミを見た?!

このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、弁護士の友人と飲みに行った際に興味深い話を聞きました。以前にブログ記事にした加入するべき自動車保険の続報です。


最近はどうなん?と軽く訊いたところ、前より状況が酷くなっているとの返答に驚きました。何がヒドイのかというと、一部の損保会社の対応がさらに劣悪になったとのことです。


その一部の損保会社とは、誰もが知っているネット系損保です。覇を競っているネット証券グループの関連会社ですが、両雄とも弁護士業界で問題になっているとのことでした。


何が酷い対応なのかと言うと、支払いが非常に渋いそうです。渋い=めったなことでは支払わない、ということになります。


ご存知のように自動車保険は事故に対する補償が商品価値です。十分な補償を受けることが難しい自動車保険など何の商品価値もありません。


支払いの渋さは、公表されているどんな資料をもってしても伺い知ることはできません。唯一、法曹界の内部の人間のみが知っている事実です。


実は、2年前にこの話を聞いて翌日に自動車保険を変更したのですが、その判断はどうやら正しかったようです。2年前より更に状況が悪化していたので...




奇しくもネット証券界の両雄の関連会社が対応の悪さワーストツーのようですが、ネット証券での勢いと無関係では無さそうな印象です。


各社は営利企業なので、自社利益を最優先することは非難されるべきことではありません。損保会社の戦略は優良顧客(=事故を起こさない人)の囲い込みです。


言い換えると、優良ではない顧客を避けることは企業収益に資することになります。当然、事故を起した顧客は優良ではないので、そのような顧客はむしろ他に流れて欲しい...。


そのような裏の経営戦略の存在を想像させられます。もちろん、あくまで私の憶測ですが、消費者としてはこのような事情も理解した上で、最適解を探りたいものです。


当然、私は事故が発生したときには手厚い補償が欲しいので、ポイントなどでグループ内のシナジーが厚くても、これらの損保会社に加入する選択肢はありません。







★★  医師のキャリア革命(オンラインサロン)  ★★


「経済的自由」を手に入れるために Facebookを利用した非公開のオンラインサロンに参加してみませんか?



gg - コピー




本サロンの目標は、参加者全員に生涯途絶えることのない "複数の収入の流れ"  を得るための " 学びの場 "  を提供することです。


資産形成マニュアルで、医師が効率よく資産形成を実践するノウハウを公開しましたが、本サロンはそのフォローアップの場と位置付けています。


それぞれの参加者たちが得た知識や体験を共有し、集合知を形成する。集合知は、サロンのメンバーが未知の航海に旅立つ際の羅針盤となる


そのような " 学びの場 "  を

  •  整形外科医のための英語ペラペラ道場
  •  整形外科医のブログ 

​ ​
がタッグを組んで運営します!!
参加希望の先生方は、こちらからお願いします




Googleフライトは使える!

このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、来年2月の航空券を購入しました。医師は忙しくてなかなか休みを取れないですが、あらかじめ旅行の予定を入れておくことで休暇を取得できる可能性が高まります。


私はだいたい半年前になったら航空券を購入するようにしています。もちろん急な用事で行けなくなるリスクはありますが、強制力があるので今のところ無事出発できています。


さて、日程だけアバウトに決めて、どこに行こうかな~と考えるときに強力なツールがあります。それはGoogle フライトです。



22 - コピー




検索窓に出発地とおおよその日程だけ打ち込んで、目的地は空白のまま検索します。すると上図のように同期間の全世界の最安航空料金がMAP上に表示されます。


地図を拡大すると更に細かい都市が表示されるので、どこに行くのがお得なのかが一目瞭然です。これまではExpedia等で検索していましたが、スピードや使いやすさが圧倒的です。


しかもビジネスクラスの価格も検索できるので非常に便利です。今回はビジネスクラスでタイのクラビに行くことにしました。航空券購入までに要した時間は30分ほどです。


このように、忙しい医師が強制的に休みを取得するツールのひとつとして、Googleフライトはなかなか使えると思います。どこに行くか迷ったときには是非試してください。






★★  医師のキャリア革命(オンラインサロン)  ★★


「経済的自由」を手に入れるために Facebookを利用した非公開のオンラインサロンに参加してみませんか?



gg - コピー




本サロンの目標は、参加者全員に生涯途絶えることのない "複数の収入の流れ"  を得るための " 学びの場 "  を提供することです。


資産形成マニュアルで、医師が効率よく資産形成を実践するノウハウを公開しましたが、本サロンはそのフォローアップの場と位置付けています。


それぞれの参加者たちが得た知識や体験を共有し、集合知を形成する。集合知は、サロンのメンバーが未知の航海に旅立つ際の羅針盤となる


そのような " 学びの場 "  を

  •  整形外科医のための英語ペラペラ道場
  •  整形外科医のブログ 

​ ​
がタッグを組んで運営します!!
参加希望の先生方は、こちらからお願いします




偉大な先代の肩に乗っかる

このエントリーをはてなブックマークに追加


多くの医師は、自分の働きこそが医療機関の屋台骨であり、自分の存在が全体を支える屋台骨だと考えているのではないでしょうか。


もちろん実際にも、医業収入のほぼ 100%は医師の診療行為から生まれていますので、このように医師が考えてもおかしくはありません。


私がメインで勤務している医療機関においても、このような考えが成り立ちます。少なくとも日本にいる限り、医業収入のほぼ 100%は医師が稼ぎ出しているからです。


しかしこのような考えは、物事を断片的にしか見ていないと考えています。メインの勤務先は、透析・リハビリテーション・整形外科が収益の 3本柱となっています。


それぞれかなりの高収益領域なのですが、これらの高収益領域は医師が主導しているように見えて、実はそうではないことを感じています。


どういうことかと言うと、これらの 3つの高収益領域の仕組みを創り上げたのは、他ならぬ経営者だからです。


透析やリハビリテーションの箱を作り、そして効率よく集患して、医師も含めて内部の仕組みを整えてシステマティックに医業収益を積み上げる。。。


このような芸術的な仕組みを作り上げたのは、先代の病院開設者です。残念ながら、この先生は最近お亡くなりになられました。


そして生前お話させていただいた時には、会話の内容のスケールの大きさにしばしば感嘆したものです。たった一人でこれほどまでに大きな仕組みを創ったのか...


この医療機関で働いている 1000人近い人は、先代が築いた仕組みに養われています。確かに表面的には医師が稼ぎ出しているようにも見えます。


しかし、私たちは単にそこに居て仕組みがもたらす収益機会を確実にモノにしているだけに過ぎません。本質的には先代がたった一人で創り上げた仕組みに乗っかっているだけです。


恥ずかしながら、私がこの事実に気付いたのは先代がお亡くなりになった直後でした。この優れたシステムは水のような存在なので、恥ずかしながら存在に気付かなかったのです。


一人の人間がここまで大きな仕組みを築けることに対する畏敬の念と、このような巨人が世の中にはたくさんいて、そのおかげで社会が回っている事実に今更ながら気付きました。


最近、営業に回って先代の創り上げた収益システムとは別のところに立脚した集患手段を作ろうと奮闘していますが、全体を見ると所詮は砂粒程度の効果しかあげられていません。


まだまだ 手のひらの上の孫悟空状態 なのです。このような先代の創り出した驚嘆すべき 実績を参考にして、自分でも新たな仕組みを創ってみたいと思う今日この頃です。







★★ お宝アルバイト獲得のための基本講座を公開中です! ★★






営業回りの影響は院内にも!

このエントリーをはてなブックマークに追加


7月初旬から近隣の病院へ集患のための営業に回りました。これに関してはこちらでご紹介済みです。それでは、営業の結果はどうなったのでしょうか?


まず、肝心の集患面ですが、それなりの効果は出てきています。これまで人工関節一辺倒だったのですが、多少は外傷も入るようになってきました。


経営陣へのアピールも同時に行ったので、整形外科の覚えも良いようです(笑)。まぁ、私的にはどうでもいいことですが、科として評価されることは喜ばしいことでしょう。


次に病棟はどうでしょうか? こちらは微妙な感じです。師長・係長クラスはそれなりに評価してくれているようですが、それ以外は患者さんが増えすぎてイヤ~的な反応です。


手術室はどうでしょう? こちらも微妙な感じですが、がんばってるのね的な感じでした。ただ、増患して仕事が増える部門の反発はほぼ皆無だったのが救いです。


一方、地域連携室の面々とはいろいろ院内連携(?)を取れるようになりました。それまでは「患者さんを押し付けられる」という被害者意識のようなものがありました。


しかし、営業を実行する過程で患者さんを押し付ける加害者・被害者の関係から、一緒に戦う同志のような関係になりました。こうなるとお互い非常に仕事がしやすいです。


当初は対外的な営業活動だったのですが、蓋を開ければ意外と院内への営業活動(?)でもあったようです。職種間の壁が低くなるのは良いことですね。







★★ お宝アルバイト獲得のための基本講座を公開中です! ★★






ケアネット:クラブフロアに泊まろう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

ケアネット・ドットコムの連載企画【医師のためのお金の話】第 23回が、本日アップされました。お題は、ホテルの「クラブフロア」を使ってみよう! です。



log_carenet




今回は、資産形成とは少し趣の異なる内容です。資産形成に粛々と進めていくことは望ましいですが、それだけでは人生に彩りがありません。


資産形成してそこから潤沢なキャッシュフローが産まれると、そのキャッシュフローを用いて少しぐらいならワンランク上の経験をすることも可能となります。


私の場合、本業を上回るキャッシュフローを資産から得るようになった2008年ごろからクラブフロアを利用するようになりました。


消費的な支出を全体の収入の10%以内に抑えていれば、大勢に影響を与えないと言われています。この範囲の支出であれば、多少の贅沢は許されるということです。


私がクラブフロアを利用し始めた2008年は、リーマンショックの影響でリーズナブルな価格で利用できたので、全国各地のクラブフロアを大いに楽しみました。


一方、最近では好景気のため宿泊料は高騰傾向ですが、クラブフロアの数自体が増加したので、需給関係の崩れからクラブフロアに関してはさほど値上がりしていない印象です。



222 - コピー




今週は夏季休暇中なのですが、今回のブログ記事は某クラブフロアで書き上げました。お盆期間は都心に人が少なくなります。このため普段とさほど変わらない料金で利用可能です。


クラブフロアに行くのであれば、多くの人が海外やリゾート地に出かけて都心に人が少なくなるゴールデンウィーク、お盆をお勧めします。人と逆の行動パターンが吉なのです。


このあたりのクラブフロアを利用するコツも詳述しました。3分で読了可能なので、是非ケアネット・ドットコムの連載企画【医師のためのお金の話】第 23回を訪問してください!






★★  医師のキャリア革命(オンラインサロン)  ★★


「経済的自由」を手に入れるために Facebookを利用した非公開のオンラインサロンに参加してみませんか?



gg - コピー




本サロンの目標は、参加者全員に生涯途絶えることのない "複数の収入の流れ"  を得るための " 学びの場 "  を提供することです。


資産形成マニュアルで、医師が効率よく資産形成を実践するノウハウを公開しましたが、本サロンはそのフォローアップの場と位置付けています。


それぞれの参加者たちが得た知識や体験を共有し、集合知を形成する。集合知は、サロンのメンバーが未知の航海に旅立つ際の羅針盤となる


そのような " 学びの場 "  を

  •  整形外科医のための英語ペラペラ道場
  •  整形外科医のブログ 

​ ​
がタッグを組んで運営します!!
参加希望の先生方は、こちらからお願いします




アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

医療研究を身近な存在とし、医療の未来を作る


管理人の著書

161228 【書影】医師の経済的自由
管理人によるケアネット連載コラム
log_carenet

医師のためのお金の話

管理人による m3.com 連載コラム
管理人も参加しているオンラインサロン
勤務医のための資産形成マニュアル
築古木造戸建投資マニュアル

医師のための築古木造戸建投資マニュアル 1
REITで実践する不動産投資セミナー
190122
医師のための 金融資産形成術


配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール

自由気ままな整形外科医

・医学博士
・日本整形外科学会専門医
・日本リウマチ学会専門医
・不動産投資家
・超長期金融資産投資家
・ビジネスオーナー
・宅地建物取引主任士

QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。