整形外科医のブログ

中堅の整形外科医が、日々の気付きを書き記します。投資の成功で働く必要が無くなりましたが、社会貢献のため医師を続けています。

その他

大学スタッフの再就職先

このエントリーをはてなブックマークに追加

平成16年に臨床研修制度がスタートした後も、大学が医学の中心であることは論を俟ちません。大学の看板を背負って研究や臨床に取り組むことは本当にすごいことです。


しかし周知のように、大学に在籍している時期は決して恵まれた環境とは言い難いです。研究では成果を出すことを強制され、臨床では薄給にもかかわらず責任は巨大です。


そんなある意味不遇(?)な大学スタッフ時代を過ごした後に、教授として大学に残る人以外は、ほぼ例外なく大学から出ることになります。


そして、大学から出た最初の病院が最終就職先となることが多いです。それでは、大学で苦労したスタッフはどのような病院に異動するのでしょうか?


大学によって異なると思いますが、一般的には准教授・講師などの上級職になるほど公的基幹病院の部長や医長におさまることが多い傾向にあります。


しかし、ここでひとつの疑問がでてきます。本当に公的基幹病院の部長職が幸せなのでしょうか?私は日赤、医療センター、済生会の勤務歴があり、部長や医長の姿をみてきました。


これらの先輩医師の姿をみていると、永久就職したいかと言われると正直言ってかなり微妙な感じです。一番の問題点は、責任や労働量と給与のバランスが非常に悪いことです。


勤務医として医師人生を終えるのであれば、大学から出た医療機関が医師人生の収穫の場となります。公的基幹病院の部長・医長職は収穫の場とは言い難い状況に思えます。


実家が太ければ問題ないのでしょうが、そうでない医師の場合には、もう少し身の振り方を考えた方がよかったのかもしれないと思う医師が多い印象を受けます。


私が見てきた中でハッピーな医師は、ある程度自分で能動的に動いて大学から異動していった方が多い気がします。大学在籍中から環境を整備し、良いタイミングで異動するのです。


准教授や講師クラスになると、医局人事に対してある程度能動的に対応することができるはずです。大学からの異動のタイミングは医師人生の集大成となる可能性が高いです。


この点をしっかり認識して十分な対策を練り、今までの大学生活の苦労に報いる環境を手に入れてほしいと思います。医局人事に身を任せるだけでは半丁博打ですから...。






★★  医師のキャリア革命(オンラインサロン)  ★★


「経済的自由」を手に入れるために Facebookを利用した非公開のオンラインサロンに参加してみませんか?



gg - コピー




本サロンの目標は、参加者全員に生涯途絶えることのない "複数の収入の流れ"  を得るための " 学びの場 "  を提供することです。


資産形成マニュアルで、医師が効率よく資産形成を実践するノウハウを公開しましたが、本サロンはそのフォローアップの場と位置付けています。


それぞれの参加者たちが得た知識や体験を共有し、集合知を形成する。集合知は、サロンのメンバーが未知の航海に旅立つ際の羅針盤となる


そのような " 学びの場 "  を

  •  整形外科医のための英語ペラペラ道場
  •  整形外科医のブログ 

​ ​
がタッグを組んで運営します!!
参加希望の先生方は、こちらからお願いします




FreeStyleリブレは糖尿病患者に朗報!

このエントリーをはてなブックマークに追加

Medical Tribuneに興味深い記事がありました。
Flash Glucose Monitoringで血糖が安定改善 です。


私は糖尿病ではないのですが、大学同期の開業医が Flash Glucose Monitoring(FGM)機器の FreeStyleリブレを使用しているのを聞いていたので興味を抱きました。


この機器のセンサーには先端に小さな針がついており、センサーを皮膚に貼付する際に、この小さな針が皮下に刺入されます。


img-feature-06 - コピー



貼付時に少し痛みがあるようですが、気になるほどではないようです。貼付部位が上腕伸側であることも理由なのでしょう。


そして、FreeStyleリブレの最大のメリットは、持続的に血糖値を測定できるので「血糖の見える化」によって患者さんの行動変容の大きなモチベーションになることのようです。


どのような食事をすれば血糖値がどうなるかが一目瞭然なので、自分の血糖値に対して注意を払うようになるのでしょう。


FreeStyleリブレはさほど高価な機器ではないようなので、糖尿病のコントロールに悩んでいる人には朗報だと思いました。





★★ 医学知見探求サービス ★★


医学知見を医師ユーザー同士で発信・共有するコミュ二ティに参加しませんか? 

quotomy - コピー


「医師と医学知見との出会いを再定義する」 Quotomy(クオトミー)は、臨床現場で働いていると個人で医学知見をキャッチアップすることが難しい、という臨床医の切実な痛みから誕生しました。


忙しい日常の中で、医学知見を得たり、発信したりすることが難しくなっています。 時間的・地理的制約のために、学会や勉強会への参加もできない環境で働く医師もいます。


知への探求を諦めていませんか?


抄読会をする感覚で、Quotomyで論文を読んだ感想や気づきをシェアしましょう! お気に入りのユーザー同士はフォローでき、お互いのアクションを確認できます。


Quotomyは現在ユーザー登録受付中です!
登録は こちら からお願いします。



看護師さんの言うことは聞いておけ!

このエントリーをはてなブックマークに追加


先日、私の受け持ち患者さんが嘔吐したとのことで、病棟のベテラン美人看護師さんから連絡がありました。


入院患者さんの嘔吐は珍しくありません。それなのに何故わざわざ直電してくるのでしょうか??? 理由を訊くと何となく普段と違う気がするとのことです。


実際に患者さんを診に行きましたが、ちょっと黄色いかな?と思う以外は、それほど重篤感はありません。まぁ、とりあえず採血してみようと気軽にオーダーしました。


ところが、血液生化学検査結果を見て目を見張りました。WBCが4万近くあるではないですが! T-Bilも4mg/dLを超えています...。


急いで腹部CTを撮像したところ、総胆管結石のようで胆のうがパンパンに腫れています。CRPもヤバイことになっていたので、すぐにドレナージの必要がありそうです。


私なら、ご本人の様子を一瞥しただけではスルーしてしまいそうです(苦笑)。ベテラン看護師さん恐るべしです。


やはり、看護師さん(特にベテラン)の言うことは素直に聞いておこう...。





★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★

 
初学者が整形外科の外来や救急業務を遂行するにあたり、最もお勧めの書籍です


    



コンサルティング会社の電話インタビュー

このエントリーをはてなブックマークに追加

私は、新薬候補の市場調査(インタビュー)に協力することがあります。
先日は関節リウマチの新薬のインタビューでした。


一応、リウマチ専門医を取得していますが、当然のごとく一流の専門医というわけではありません(笑)。そんな私に、なぜ新薬候補のインタビューが回ってくるのか?


それは、とあるコンサルティング会社の協力医師にエントリーしているからです。ありがちなパターンは、すでに欧米で上梓されている薬剤の日本市場への導入前調査です。


この手のコンサルティング会社は欧米系の巨大企業が多いです。あのボストンコンサルティングの方がインタビュアーだったこともあります。


当然、学会のオピニオンリーダーの方にもインタビューしていますが、意外と私のような実際に薬剤を処方する市井の臨床医の意見も貴重なようです。


このようなインタビューのオファーがあった場合には、できるだけお受けすることにしています。アルバイトは基本的には削減方針ですが、インタビューは別腹です。


その理由は、インタビューを受ける際に、ある程度その領域の勉強をするので自分の役に立つことが挙げられます。


それ以外にも純粋にペイが良いのも理由です。円と USD建ての報酬を選べるのですが、時給換算で5万円以上のことも多いです。


さて、インタビュー形式ですが、ZOOM等ではなく電話インタビューです! そのコンサルティング会社のシステムが、専用電話回線で自動的に時間をカウントするためのようです。


当然、通話料は無料ですが、国際フリーダイヤルのため少し緊張します。間違って有料になってしまったらエライことになりますので...。


2ヵ月に1回ぐらいの割合でインタビューを受けていますが、電話インタビューの欠点は耳が痛くなることです。このため 1時間を超えてくると嫌になってきます。


最近、ハンズフリー通話にしても、さほどコミュニケーション障害は起こらないことに気付きました。先方の声も少しこもっているので、おそらくハンズフリー通話なのでしょう。


このように少しアナログなところが残っている分野ですが、電話でコミュニケーションを取ること以外はおおむね満足のいく仕事だと思います。


もし、コンサルティング会社からのインタビュー・オファーがあれば、積極的に受託することをお勧めします。






★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★



MRI検査室のドアが開いていても大丈夫?

このエントリーをはてなブックマークに追加


先日、患者さんの付き添いでMRI室へ行く機会がありました。私自身もときどきMRIを撮像してもらうので見慣れた場所ではあります。


しかし、ふと見ると MRI検査室のドアが開放されており、私の白衣の胸ポケットには金属部分のあるボールペンがあることに気付きました。


ドアが開いているということは検査室内部から強力な磁場が発生していることになります。私が着ている白衣に収納している金属類は大丈夫なのでしょうか???


過去にMRIの吸着事故について記事にしましたが、下の画像のようなことが発生したらトンデモ無い事態です。




2 - コピー




しかし、検査室のドアが開いているにもかかわらず、私の胸ポケットにあるボールペンはピクリとも動きません。う~ん、どういうことでしょうか?


MRIの技師さんに確認したところ、小さな金属であればよほど本体に近づかない限り吸着されることは無いようです。


一方、ベットや点滴台のような大きなものは、部屋の中央ぐらいに行くとヤバいようです。いずれにしても、検査室の外であれば、ほとんど問題無いとのことでした。


どうやら、金属としての質量が大きければ大きいほど吸着力が増して吸着事故が発生しやすいですが、小さな小物なら検査室外であれば問題ないそうです。少し安心しました(笑)。







★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★

豊富な図や画像が提示されているため、ほとんどの骨折や脱臼に対応することが可能です










アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

医療研究を身近な存在とし、医療の未来を作る


管理人の著書

161228 【書影】医師の経済的自由
管理人によるケアネット連載コラム
log_carenet

医師のためのお金の話

管理人による m3.com 連載コラム
管理人も参加しているオンラインサロン
勤務医のための資産形成マニュアル
築古木造戸建投資マニュアル

医師のための築古木造戸建投資マニュアル 1
REITで実践する不動産投資セミナー
190122
医師のための 金融資産形成術


配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール

自由気ままな整形外科医

・医学博士
・日本整形外科学会専門医
・日本リウマチ学会専門医
・不動産投資家
・超長期金融資産投資家
・ビジネスオーナー
・宅地建物取引主任士

QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。