整形外科医のブログ

中堅の整形外科医が、日々の気付きを書き記します。投資の成功で働く必要が無くなりましたが、社会貢献のため医師を続けています。

学術

首下がり症候群ってどうしてますか?

このエントリーをはてなブックマークに追加


外来で時々見かける「首下がり」
果たしてこれは疾患なのか否かという議論もあると思います。


以前に首下がり症候群についてブログ記事にしました。これ以降も首下がりを診てきましたが、有効な手立ての無いまま今日に至っています。せっかくなので概要を再掲します。




『首下がり
とは、座位や立位時に首が下がってしまう症状です。1986 年にLangeらが首下がりを呈した 12 例の症例を報告したのが最初です。



首下がり症候群では随意的に頚椎を伸展して首下がりを修正できることが多いですが、その姿勢を長続きすることができずに首が下ってしまいます。



この慢性的な首下がりのために視界が障害されて歩行し辛くなります。今回の患者さんの主訴は円背でしたが、歩行状態をみると軽度の首下がりがありました。



首下がりの生じる機序として、①前頚筋の過剰緊張 ②後屈筋の筋力低下 ③その他 が考えられています。それぞれ下記の疾患が原因として挙げられます。

  1.  パーキンソン病、多系統萎縮
  2.  重症筋無力症、多発性筋炎
  3.  変形性頚椎症


首下がり症候群の治療について、一般的に次のように報告されています。


  1.  薬剤惹起を疑う場合には原因薬剤の中止(ドパミンアゴニストなど)
  2.  ボツリヌス毒素注射やアルコールや局所麻酔薬によるモーターポイントブロック治療
  3.  脳深部刺激法



実際には①に問題なければ中下位頚椎から傾斜しているタイプには頚椎カラー、頚胸椎移行部から傾斜しているタイプには鎖骨バンド固定を処方するケースが多いです。




こんな認識でやってきましたが、少し気になったので医中誌で「首下がり」検索してみました。下記のごとく10件しかヒットせず、古いものが多く有用なものはありませんでした。


う~ん、イマイチですね。
結局どう対処すればよく分かりませんでした
...





1. 2017300739

胸椎椎体骨折と首下りを合併した1例

Author:小川 哲也(黒石市国民健康保険黒石病院 整形外科), 板橋 泰斗, 陳 俊輔, 長沖 隼英, 小野 睦

Source:東北整形災害外科学会雑誌(1348-8694)60巻1号 Page192(2017.06)

論文種類:会議録/症例報告


2. 2017145507

首下りを主訴としたアレキサンダー病の1例

Author:前田 憲多郎(岡崎市民病院 脳神経内科), 加藤 隼康, 小林 洋介, 辻 裕丈, 岩井 克成, 小林 靖


3. 2009240164

パーキンソニズムに首下りを呈した2症例の理学療法の経験

Author:長岡 正範(順天堂大学 大学院リハビリテーション医学), 林 康子, 林 明人, 寺門 厚彦, 杉田 之宏, 松崎 研一郎

Source:The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine(1881-3526)46巻Suppl. Page S178(2009.05)

論文種類:会議録/症例報告


4. 1990053379

首下りを主訴とし,多彩な神経筋症状を示した一例

Author:城市 貴史(神奈川リハビリテーション病院), 野田 豊, 大橋 正洋, 他

Source:神奈川県総合リハビリテーションセンター紀要(0285-3477)15号 Page71-73(1989.01)

論文種類:原著論文/症例報告


5. 1985179881

いわゆる"首下り病"の2例

Author:金城 邦彦(四日市市立四日市病院)

Source:日本内科学会雑誌(0021-5384)74巻3号 Page382(1985.03)

論文種類:会議録/症例報告


6. 1971077048<Old 医中誌>

首下り病と思われる一症例

Author:田村純一 (青森県立中央病院), 原田征行 , 今沢義行 

Source:東北整形災害外科紀要(0040-8751)13巻1号 Page89-93(1969.12)

論文種類:原著論文


7. 1968017725<Old 医中誌>

首下り病の本態に関する疫学的考察

Author:田中領三 (岩大), 橋本勢津 , 三上敦子 

Source:東北公衆衛生学会12回抄録 Page6-7(1963.08)


8. 1967024413<Old 医中誌>

首下り症状を示したHysterie性麻痺の1例

Author:椿原道昭 (九州中央病院), 山崎晴一朗 

Source:日本内科学会雑誌(0021-5384)55巻5号 Page490(1966.08)

論文種類:会議録


9. 1962066333<Old 医中誌>

首下り病の1症例

Author:青木學而 (岩大), 中島彰 , 清水美虎 , 福江仁 , 野呂和博 , 久慈宥一 

Source:内科(0022-1961)7巻4号 Page747-750(1961.04)

論文種類:原著論文


10. 1959047602<Old 医中誌>

首下り病の1症例

Author:久慈宥一 (岩大), 齋藤昭 

Source:岩手医学雑誌(0021-3284)9巻6号 Page497(1958.03)

論文種類:会議録







★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★


自治医科大学准教授の星地先生の経験・知識を余すところなく収めたサブテキストです。定番と言われている教科書に記載されている内容は素直に信じてしまいがちですが、実臨床との”ズレ”を感じることがときどきあります。このような臨床家として感じる、「一体何が重要なのか」「何がわかっていないのか」「ツボは何なのか」を自らの経験に基づいて完結に述べられています。








                        

輸血後感染症検査は過剰医療?

このエントリーをはてなブックマークに追加


近年、輸血後感染症の検査実施を半強制している医療機関が多いです。事の発端は厚労省からのこちらの通知です。




輸血後肝炎

本症は早ければ輸血後 2~3 ヶ月以内に、肝炎の臨床症状あるいは肝機能の異常 所見を把握できなくとも、肝炎ウイルスに感染していることが診断される場合があ る。特に供血者がウインドウ期にあることによる感染が問題となる。このような感染の有無を見るとともに、早期治療を図るため、医師が感染リスクを考慮し、感染が疑われる場合などには、別表のとおり、肝炎ウイルス関連検査等を行なう必要がある。


ヒト免疫不全ウイルス感染(HIV)

後天性免疫不全症候群(エイズ)の起因ウイルス(HIV)感染では、感染後 2~8 週で、一部の感染者では抗体の出現に先んじて一過性の感冒様症状があらわれることがあるが、多くは無症状に経過して、以後年余にわたり無症候性に経過する。 特に供血者がウインドウ期にある場合の感染が問題となる。受血者(患者)の感染 の有無を確認するために、医師が感染リスクを考慮し、感染が疑われる場合などには、輸血前にHIV抗体検査を行い、その結果が陰性の場合であれば、輸血後 2~3 ヵ月後に抗体検査を行なう必要がある。




上記の赤字部分を過剰に解釈(?)しているのか、輸血した患者さんは原則的に全例輸血後感染症の検査をすることになっている医療機関が多いです。


しかし、全例に輸血後感染症検査を実施する意味はあるのでしょうか?日本輸血・細胞治療学会は、輸血後感染症検査の現状とあり方に関する提言を公式サイトに掲載しています。


学会によると、推定輸血感染発生数はHBVで年間3件程度、HCVとHIVは輸血感染例の発生がなくなったため推定困難になっているそうです。


このような現状にもかかわらず、輸血した患者さん全てに輸血後感染症検査の実施を促している現状は、過剰医療の誹りを待逃れないのではないかと個人的には感じています。


公的に検査を半強制されている現状ではイチャモンを付けられる可能性があるのでやむを得ず実施していますが、医療的意味を鑑みると是正されて然るべきではないかと思います。






★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★

 
初学者が整形外科の外来や救急業務を遂行するにあたり、最もお勧めの書籍です


    



coronal sectionの日本語訳は?

このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、脊椎 MRIの読影レポートを読んでいると、前額断のことを冠状断と記載していることに気付きました。ちなみに冠状断のことは水平断と記載されています。



22 - コピー



ちょっと気になったので調べてみると、Wikipediaで上記の図を見つけました。私は coronal sectionを前額断だと思っていましたが、ここでは冠状断になっています。


しかも axial sectionではなくて transverse sectionです。なんだかこんがらがってきますね。周囲の人に確認すると、下記のように使用している整形外科医が多数派でした。

  • coronal section: 前額断
  • axial section: 冠状断
  • sagittal section: 矢状断


しかし、 coronal section=冠状断、
axial section=水平断の人も居ました。sagittal section=矢状断は万人の一致するところですが、coronal sectionは人によって違うようです。






★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★


      




タイムマシーンで未来の治療に賭ける

このエントリーをはてなブックマークに追加

日整会誌93:227-229 2019に興味深い教育研修講座が掲載されていました。悪性腫瘍に罹患した女性の妊孕性温存について です。


従来、若年者が悪性腫瘍に罹患したときに、抗がん剤による細胞毒性によって性腺内の配偶子(精子、卵子)が消滅して妊孕性を消失することはやむを得ないと認識されていました。


しかし、配偶子、性腺(卵巣)の凍結融解技術の進歩により、治療前にそれらを凍結して治療後に融解することで挙児が可能となってきました。


現在までに世界で130例が報告されていますが、日本ではまだ報告されていないようです。それでも実臨床での応用に向けて日本でも研究班が発足しています。


厚労省の平成28年の鈴木班研究によると、2018年の21か国からの集計では卵巣組織凍結例の6%が骨・南部組織腫瘍患者だったそうです。


配偶子、性腺(卵巣)の凍結融解技術を応用した「がん、生殖医学」の問題点のひとつは、治療前の性腺や配偶子に原疾患の悪性細胞が混入している可能性です。


実際、移植組織由来であるか否かは判断できないものの、2014年にはEwing肉腫患者の治療後に再発して死亡した事例が報告されています。


配偶子、性腺(卵巣)の凍結は、保存組織中の微小な残存腫瘍病巣(MRD)問題がクリアされた暁には、将来の妊孕性保持への可能性を残すことになります。


タイムマシーンに乗って未来に完成するであろう治療を待つ SF小説にかぶるところがありますが、病と闘う若年患者さんの希望の星となることを切に願います。






★★ 医学知見探求サービス ★★


医学知見を医師ユーザー同士で発信・共有するコミュ二ティに参加しませんか? 

quotomy - コピー


「医師と医学知見との出会いを再定義する」 Quotomy(クオトミー)は、臨床現場で働いていると個人で医学知見をキャッチアップすることが難しい、という臨床医の切実な痛みから誕生しました。


忙しい日常の中で、医学知見を得たり、発信したりすることが難しくなっています。 時間的・地理的制約のために、学会や勉強会への参加もできない環境で働く医師もいます。


知への探求を諦めていませんか?


抄読会をする感覚で、Quotomyで論文を読んだ感想や気づきをシェアしましょう! お気に入りのユーザー同士はフォローでき、お互いのアクションを確認できます。


Quotomyは現在ユーザー登録受付中です!
登録は こちら からお願いします。



価格据え置きで性能向上中!

このエントリーをはてなブックマークに追加

今年の日整会でも、空き時間にメーカーの展示ブース巡りをしていました。Quotomy もブースを出していたので一石二鳥です。


メーカーが一同に会する日整会で展示ブース巡りをすると、現在整形外科領域で使用されているほとんどの医療器具やインプラントを実際に見ることができて非常に有用です。


さて、今年はニプロの UKスリムドレーンが目につきました。ドレーン先端スリット部の内外面にウロキナーゼを固定化し、血液などによるカテーテルの閉塞を防止するそうです。



555 - コピー



整形外科では、特に脊椎領域で有用なドレーンであると感じました。凝血しにくいドレーンは非常に魅力的だと思います。


そして、驚くべきことに償還価格は従来品と同じとのことでした。年々性能が上昇しているのに価格は据え置きとは、エンドユーザー的には素晴らしいことです。


同様のことは骨セメントでも観察されます。厳密には適応が絞られているものの、抗生剤入り骨セメントも従来品と価格はほぼ同じです。


何故か日本では感染人工関節の再置換術しか適応が無いのですが、世界的には抗生剤含有セメントがグローバルスタンダードです。


適応以外では、どう考えても抗生剤含有骨セメントを使用しない理由がありません。抗生剤含有セメントを使用しないのは医師(もしくは厚労省)の不作為とさえ思えます。


いずれにせよ、価格据え置きでどんどん製品が良くなっている現象は自動車や家電製品だけではなく、われらが医療業界でも同じようです。患者さんには朗報ですね。






★★ 医学知見探求サービス ★★


医学知見を医師ユーザー同士で発信・共有するコミュ二ティに参加しませんか? 

quotomy - コピー


「医師と医学知見との出会いを再定義する」 Quotomy(クオトミー)は、臨床現場で働いていると個人で医学知見をキャッチアップすることが難しい、という臨床医の切実な痛みから誕生しました。


忙しい日常の中で、医学知見を得たり、発信したりすることが難しくなっています。 時間的・地理的制約のために、学会や勉強会への参加もできない環境で働く医師もいます。


知への探求を諦めていませんか?


抄読会をする感覚で、Quotomyで論文を読んだ感想や気づきをシェアしましょう! お気に入りのユーザー同士はフォローでき、お互いのアクションを確認できます。


Quotomyは現在ユーザー登録受付中です!
登録は こちら からお願いします。



アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

医療研究を身近な存在とし、医療の未来を作る


管理人の著書

161228 【書影】医師の経済的自由
管理人によるケアネット連載コラム
log_carenet

医師のためのお金の話

管理人による m3.com 連載コラム
管理人も参加しているオンラインサロン
勤務医のための資産形成マニュアル
築古木造戸建投資マニュアル

医師のための築古木造戸建投資マニュアル 1
REITで実践する不動産投資セミナー
190122
医師のための 金融資産形成術


配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール

自由気ままな整形外科医

・医学博士
・日本整形外科学会専門医
・日本リウマチ学会専門医
・不動産投資家
・超長期金融資産投資家
・ビジネスオーナー
・宅地建物取引主任士

QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。