整形外科医のブログ

中堅の整形外科医が、日々の気付きを書き記します。投資の成功で働く必要が無くなりましたが、社会貢献のため医師を続けています。

学術

医師にもジェネリック戦略が必要!

このエントリーをはてなブックマークに追加

最近、スタートアップの舵取りの指針を求めて、経営学の本ばかり読んでします。医学もそうですが、経営学もリアルワールドがベースなので非常に興味深いです。


ハーバード大学のマイケル・ポーターの「持続的な競争優位の獲得」が経営の目的となるという SCP理論があります。経営学では最も有名な理論のひとつです。


原理原則と考えられていた理論ですが、近年の実証研究から現代には当てはまらなくなってきている可能性が指摘されるようになりました。


例えば、富士フイルムHDはもともと写真フィルムの会社でしたが、デジカメの普及で企業存亡の危機に立たされました。たった 5年ほどで主力事業が消滅するほと激震です。


たった数年間でデジタル・医療分野に事業転換して、生き残りに成功しました。古森社長というカリスマ経営者が居なければ、社歴70年・売上高2兆円の大企業の倒産は必至でした。


富士フイルムのような歴史のある大企業でさえも、簡単に倒産危機に追いやられるほど現代は変化が激しい時代です。最近では主力事業が5年しかもたないこともよくある話です。


このような状況では「持続的な競争優位」を獲得しても企業は永続できません。解決策は、波乗りのように数年スパンで主力事業を変化させていくジェネリック戦略です。


実は、私たちの医療業界も似たような状況になっていると感じています。がん治療やロボット手術の領域などがその代表です。整形外科では脊椎外科や関節リウマチも該当します。


一度獲得したら一生安泰な技術は存在せず、数年で破壊的イノベーションがやってきて常にアップデートに迫られます。このような環境では「石の上にも三年」では対応できません。


長期的には国民皆保険制度が崩壊するのは既定路線なので、高収入を維持したいのであれば武器となる医療技術を身に着けておく必要があります。


しかし、技術を習得したらアガリ!では全くありません。習得した技術の正味期限は10年もたないことを念頭に、常に次の技術をキャッチアップする気概が必要です。


なかなか厳しい環境ですが、私たちの現実だと思います。現状では希少価値のある医師であっても上振れが少ないです。悪い意味での平等から抜け出していません。


しかし、いよいよ国民皆保険制度の維持が困難となって混合診療を解禁せざるを得なくなると状況は一変する可能性が高いです。希少価値のある医師は暴騰し、それ以外は沈下する。


現在卒後10年以内の医師はそのような状況下で働く可能性が高いです。これに対応するには常に技術を高めつつ、波乗りのように旬な技術をキャッチアップし続ける必要があります。






★★ 医学知見探求サービス ★★


医学知見を医師ユーザー同士で発信・共有するコミュ二ティに参加しませんか? 

quotomy - コピー


「医師と医学知見との出会いを再定義する」 Quotomy(クオトミー)は、臨床現場で働いていると個人で医学知見をキャッチアップすることが難しい、という臨床医の切実な痛みから誕生しました。


忙しい日常の中で、医学知見を得たり、発信したりすることが難しくなっています。 時間的・地理的制約のために、学会や勉強会への参加もできない環境で働く医師もいます。


知への探求を諦めていませんか?


抄読会をする感覚で、Quotomyで論文を読んだ感想や気づきをシェアしましょう! お気に入りのユーザー同士はフォローでき、お互いのアクションを確認できます。


Quotomyは現在ユーザー登録受付中です!
登録は こちら からお願いします。



SSI併発は術後数時間で決まる!

このエントリーをはてなブックマークに追加


先日、日本整形外科学会雑誌 93(11)2019の 938-946に興味深い教育研修講座がありました。NTT東日本関東病院の釘原先生による 周術期感染症対策はどう変わるのか です。


内容は、WHO, ACS, CDCの各ガイドラインの比較および周術期感染症予防対策をレビューしたものです。周知のことが大半でしたが、SSIの発生機序の部分に注意喚起されました。


それは、SSIが発症するかどうかは術中から術後数時間の間に決まると考えられていることです。落下細菌もあるので、術中に術野へ細菌が混入することは避けることができません。


しかし、ほとんどの症例では好中球が細菌を貪食する生体防御能が働き、細菌増殖が抑えられるため SSIは発症しません。そして、周術期の抗菌薬投与は好中球を助けます。


一方、手術による侵襲そのものが患者サイドの免疫能を低下させる要因となります。更に糖尿病既往や低換気などの呼吸不全イベントは、著しく免疫能を低下させます。


このため、術中に混入した細菌の増殖を抑え込めるか否かが決まる術後数時間までの間の細菌との戦いで、いかにして完封するのかが SSI予防の成否を決めることになります。


周術期には好中球と細菌の戦いは必ず起こっています。SSI予防には好中球貪食能への援軍、すなわち抗生剤投与、適正な血糖コントロール、呼吸管理が必要となるのです。






★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★

 
感染症治療で最もお勧めの書籍です。Grandeと小さいサイズがあり内容は同じです。小さいサイズの方が安いですが、常に携帯する医師を除けば見やすいGrandeがお勧めです。

ファベラについてのまとめ記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

Medical Tribuneで興味深い記事がありました。
アジア人に多い腓腹筋頭の種子骨とは? です。以下要約します。


  • 1918~2018年の100年で、ファベラを有する人は約3.5倍に増加した
  • ファベラを持つ人が増えている要因は、世界的な栄養状態の改善にある
  • ファベラを持つ人はアジアで最も多く、次いでオセアニア、南米、ヨーロッパ、中東、北米、アフリカの順であった
  • ファベラは70歳前後の高齢者に多く、加齢とともに形成されていく
  • ファベラを持つ人のうち72.94%が両膝性


う~ん、なるほど勉強になります。ファベラは、ご存知のように腓腹筋外側頭に存在する種子骨です。TKAの際に大きなファベラがあるとつい深追いしたくなりますね(笑)。


ファベラに臨床的意義は乏しいと考えられているものの、腱結合骨なので摩擦・緊張・ストレスなどの機械的刺激に反応して大きくなります。


今回仕入れた知識は、TKAの術中の雑談に使おうと思います。ファベラについて語ってもあまり面白くないかもしれませんが...。






★★ 医学知見探求サービス ★★


医学知見を医師ユーザー同士で発信・共有するコミュ二ティに参加しませんか? 

quotomy - コピー


「医師と医学知見との出会いを再定義する」 Quotomy(クオトミー)は、臨床現場で働いていると個人で医学知見をキャッチアップすることが難しい、という臨床医の切実な痛みから誕生しました。


忙しい日常の中で、医学知見を得たり、発信したりすることが難しくなっています。 時間的・地理的制約のために、学会や勉強会への参加もできない環境で働く医師もいます。


知への探求を諦めていませんか?


抄読会をする感覚で、Quotomyで論文を読んだ感想や気づきをシェアしましょう! お気に入りのユーザー同士はフォローでき、お互いのアクションを確認できます。


Quotomyは現在ユーザー登録受付中です!
登録は こちら からお願いします。



椎間板切除術後のコルセットは不要

このエントリーをはてなブックマークに追加


Medical Tribuneに興味深い記事ありました。
椎間板ヘルニア術後のコルセットは不要 です。



腰椎椎間板ヘルニア(LDH)の切除術(Love法)後に装着するコルセットの有効性については、これまで懐疑的な意見が多いが、明確に否定する報告はない。


そのため、同術後患者に対し慣習的にコルセットを使用している医療施設も少なくない。そこで済生会川口総合病院(埼玉県)整形外科部長の榊経平氏は、同院のLDH患者を対象に術後コルセットの効果を前向きに検討。


その結果、コルセット非使用患者と術後成績に差が見られなかったと第27回日本腰痛学会(9月13~14日)で報告した。



誰もが疑問に思っていて、半ば常識的な認識になっていた術後コルセット使用の有用性についての研究です。n数は少なめですが、患者さんにも資する研究だと思いました。


英語論文での類似研は 1例のみとのことです。このような半ば常識のことであっても、意外と研究としてしっかり事実が確認されていないことがあることにいつも驚きます。


このようなところに着目すると、労少なくして Quality journalにアクセプトされる可能性があるのかもしれません。いつもこのような着眼点で恐縮です...。






★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★


自治医科大学准教授の星地先生の経験・知識を余すところなく収めたサブテキストです。定番と言われている教科書に記載されている内容は素直に信じてしまいがちですが、実臨床との”ズレ”を感じることがときどきあります。このような臨床家として感じる、「一体何が重要なのか」「何がわかっていないのか」「ツボは何なのか」を自らの経験に基づいて完結に述べられています。








                        

論文代行サービスどうなんでしょう?

このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、たまたまですが「卒論代行サービス」の存在を知りました。医学部には卒論は無い(無かった?)ので、卒論と言われてもピンときません。


しかし、一般の大学生にとっては卒論作成は一大イベントのようです。そして、悩みのある所にはビジネスのタネがあります。卒論の悩みを解決するのが卒論代行サービスです。


卒論の代行って邪道じゃないのか?と思う方は多いでしょう。私もそう思うのですが、世の中には卒論だけではなく、小学生の夏休みの宿題代行サービスまであります。


う~ん、末期的な状況ですね。ここまできて、ふと思いつきました。もしかして論文代行サービスもあるのかもしれない...。


ググるとどうやら存在するようです。しかも大量に。日本ではだいたい「英語」の論文作成代行を行うというオブラートで包まれています。


しかし、Abstractと参考文献提出のみで本体が出来上がって来るので、実質的には論文作成自体を外注していことになります。末期的ですね。


論文作成の相場は50~100万円だそうです。これぐらいの価格帯で英語論文ができあがって海外ジャーナルにアクセプトされるのであれば、心が動くのも分かる気がします。


ただ、忙しい臨床医が研究成果を英語で世に送りたいというニーズはありそうです。医学博士取得が目的でないのなら、これらのサービスを利用するのは合理的です。


いろいろと問題の多そうな論文代行サービスですが、こんなものまでビジネスのネタになるとは本当に驚きました。






★★ 医学知見探求サービス ★★


医学知見を医師ユーザー同士で発信・共有するコミュ二ティに参加しませんか? 

quotomy - コピー


「医師と医学知見との出会いを再定義する」 Quotomy(クオトミー)は、臨床現場で働いていると個人で医学知見をキャッチアップすることが難しい、という臨床医の切実な痛みから誕生しました。


忙しい日常の中で、医学知見を得たり、発信したりすることが難しくなっています。 時間的・地理的制約のために、学会や勉強会への参加もできない環境で働く医師もいます。


知への探求を諦めていませんか?


抄読会をする感覚で、Quotomyで論文を読んだ感想や気づきをシェアしましょう! お気に入りのユーザー同士はフォローでき、お互いのアクションを確認できます。


Quotomyは現在ユーザー登録受付中です!
登録は こちら からお願いします。



アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

医療研究を身近な存在とし、医療の未来を作る


管理人の著書

161228 【書影】医師の経済的自由
管理人によるケアネット連載コラム
log_carenet

医師のためのお金の話

管理人による m3.com 連載コラム
管理人も参加しているオンラインサロン
勤務医のための資産形成マニュアル
築古木造戸建投資マニュアル

医師のための築古木造戸建投資マニュアル 1
REITで実践する不動産投資セミナー
190122
医師のための 金融資産形成術


配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール

自由気ままな整形外科医

・医学博士
・日本整形外科学会専門医
・日本リウマチ学会専門医
・不動産投資家
・超長期金融資産投資家
・ビジネスオーナー
・宅地建物取引主任士

QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。