整形外科医のブログ

中堅の整形外科医が、日々の気付きを書き記します。投資の成功で働く必要が無くなりましたが、社会貢献のため医師を続けています。

学術

Google 音声入力でぶっ飛ばせ!

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日は、ブログ記事を素早く書くコツをお話ししたいと思います。
多くの方は、ブログを書くことは無いので、自分には関係無いと思われるかもしれません。


しかし、実際にはブログ記事を書くというよりも、文章を作成する技術に関するコツなので、多くの方の参考になる内容だと思います。


以前は、ブログの記事を1本書くのに、だいたい30分~1時間ぐらいかけていました。それだけ時間がかかる理由として、下記の3つが挙げられます。


  1.  知らないことを調べて知識を得る
  2.  その知識を文章にしてまとめる
  3.  文章を書きながら編集する




これだけの作業が必要なので、1本の記事を書くのに最低でも30分、長ければ1時間ぐらいかかってしまいます。


私の場合、基本的には毎日ブログを書いています。毎日1時間もブログ作成に費やしていたら、時間がいくらあっても足りません。


最初の頃は、自分の勉強のためだと思ってブログを更新していました。しかし、最近では知らないことがあまり無くなってきたので、ブログ作成の動機付けが弱くなってきています。


このため、なんとかブログ作成時間を短くできないものかと考えていると、うまい方法を見つけました。それは、Google の音声入力を使うことです。


1年ほど前から、Google 音声入力の能力は劇的に高まりました。これは、AIによる音声認識能力の向上が原因のようです。


私が
Google 音声入力
を知ったのは、 話すだけで書ける究極の文章法 人工知能が助けてくれる という野口悠紀雄氏の著書を読んだことがきっかけでした。









読了後に、早速 Google音声入力を試していましたが、当時の Google音声入力は性能がイマイチだったので、全然実用的ではありませんでした。


その時にはあっさり Google音声入力を放棄したのですが、最近になってもう一度試してみると、その性能が飛躍的に上昇していることに気付きました。


それ以来、ブログ作成は Google音声入力で行っています。その方法論は下記のごとくです。私はGmail を経由して、Google音声入力を使用しています。


  1.  まず大まかな内容を頭の中でイメージする(5分程度)
  2.  そのことについて、スマホに向かって話しかける(5分程度)
  3.  Gmail 下書きに起草された文章を、ブログ編集画面に丸ごとコピペ
  4.  適宜編集しながら完成させる



②については、傍から見るとかなりおかしな光景ですが、楽なので仕方ありません。だいたい5分ぐらいスマホに向かって喋っていると、1回分のブログ記事の原稿が完成します。


Gmail の下書きに起草された文章を、丸ごとブログ編集画面にコピペします。そして最初から文章を編集していくと、早ければ10分、遅くとも30分以内にブログが出来上がります。


注意点としては、ある程度ブログ記事の内容を頭の中で起草しておくことです。これさえできれば、あとはGoogle音声入力でスルスルとブログ作成が可能となります。


発想をいきなり文章にして書き始めると、書いてるうちに何が言いたかったの忘れてしまうことことが多々あります。Google音声入力を利用することで、このことを防止できます。


一方、デメリットとしては、あらかじめブログの内容をある程度決めておかないと、途中で何を喋っているのか分からなくなってしまうことです(笑)。


ただ、私のブログには深い記事は無く、基本的には1ブログ記事で1つのトッピクスなので、あまりこのことで困ることはありません。


ちなみに、本日のブログは、17:55に作成開始で、18:30に終了しました。所要時間は35分です。少し長めだったので、こんなものかなと思います。


ブログだけではなく、医学論文の起草段階でも有用だと思います。poorな内容でも形ができると、その後の展開が非常に楽です。Google音声入力はお勧めです。







★★  医師のキャリア革命(オンラインサロン)  ★★


「経済的自由」を手に入れるために Facebookを利用した非公開のオンラインサロンに参加してみませんか?



gg - コピー




本サロンの目標は、参加者全員に生涯途絶えることのない "複数の収入の流れ"  を得るための " 学びの場 "  を提供することです。


資産形成マニュアルで、医師が効率よく資産形成を実践するノウハウを公開しましたが、本サロンはそのフォローアップの場と位置付けています。


それぞれの参加者たちが得た知識や体験を共有し、集合知を形成する。集合知は、サロンのメンバーが未知の航海に旅立つ際の羅針盤となる


そのような " 学びの場 "  を

  •  整形外科医のための英語ペラペラ道場
  •  整形外科医のブログ 

​ ​
がタッグを組んで運営します!!
参加希望の先生方は、こちらからお願いします




若いほど知能低下している?!

このエントリーをはてなブックマークに追加

週刊ダイヤモンド 2018年 7/28 号に興味深い記事がありました。
ヒトの知能は低下しつつある? 遺伝要素より環境因子が関係 です。




大脳を獲得することで独自の進化を遂げてきた人類。従来の仮説では、進化の歩みはとどまらず、人類の知能指数 (IQ)は20世紀の間も着実に上昇したといわれている。


この現象は世界35カ国の知能検査データを解析し、「人類の知能指数は、上昇し続ける」と結論したニュージーランド・オタゴ大学の J.フリン教授にちなみ、「フリン効果」と呼ばれている。


しかし先日、従来の仮説とは全く逆の現象を示す研究結果が、米国科学アカデミーの機関誌「PANS」に報告された。


「ノルウェーの研究チームによると、20世紀後半からノルウェー人 男性のIQが徐々に低下しているというのだ。


同研究は、1970~2009年に徴兵検査で知能テストを受けた73万人のノルウェー人男性のIQスコアを比較したもの。生年は62~91年に相当する。


解析の結果、62~75年生まれの対象者では、フリン効果が認められたが、75年を境に1世代あたり平均7ポイント、IQスコアが低下していた。


つまり「負」のフリン効果が認められたというのだ。 同研究では、同一家族、血縁内 のIQ比較も行っている。その結果、父子、兄弟間でも「負のフリン効果」が認められた。


つまり、父より息子の、兄より弟のIQスコアが低下していたのである。 研究者は「嫌な言い方だが、知能指数の低い人が子沢山なのではない。家族内で負の効果が見られ ることから、環境要因が関係していると思われる」としている。


「実は、フリン効果が否定されるのはこれが初めてではない。英国やデンマーク、フランス、オランダなど欧州各国からも同様の事実が報告されている。


それらを総合すると「負」に働く環境要因には、教育制度の変化や読書量の減少に加え、インターネット三昧の生活があるという。


便利が高じて情報処理や判断の必要が減り「自ら考えること」を放棄した結果、なのかもしれない。 さて、夏休みだ。難しい本を一緒に読み、親子で議論するのはどうだろうか。お父さんの認知症予防と子供の知育で一石二鳥である。





やや強引な結論付けではありますが、時代が下がるにつれて知能が低下しているという研究結果には厳粛に対応するべきだと思います。


やはり、インターネット三昧の生活では、考えることを忘れてしまって知能が低下してしまうのか・・・。


しかし、よく考えてみると、このロジックは少しおかしいのではないかと思います。何故なら、昔の情報収集の手段は新聞やテレビでしたが、これらの方がよほど受動的だからです。


テレビをみながら思考をめぐらすなどありえないですし、新聞だって訳の分からない社説でおかしな思想を押し付けられます。


そう考えると、今の方が能動的に情報にアクセスしようとする気持ちが強いのではないでしょうか?


今回の研究対象は n が大きく、それなりに信頼性が高いと思います。しかし、知能が低下しているという事実はあるものの、その原因に関してはもう少し考察が必要なようです。






★★  医師のキャリア革命(オンラインサロン)  ★★


「経済的自由」を手に入れるために Facebookを利用した非公開のオンラインサロンに参加してみませんか?



gg - コピー




本サロンの目標は、参加者全員に生涯途絶えることのない "複数の収入の流れ"  を得るための " 学びの場 "  を提供することです。


資産形成マニュアルで、医師が効率よく資産形成を実践するノウハウを公開しましたが、本サロンはそのフォローアップの場と位置付けています。


それぞれの参加者たちが得た知識や体験を共有し、集合知を形成する。集合知は、サロンのメンバーが未知の航海に旅立つ際の羅針盤となる


そのような " 学びの場 "  を

  •  整形外科医のための英語ペラペラ道場
  •  整形外科医のブログ 

​ ​
がタッグを組んで運営します!!
参加希望の先生方は、こちらからお願いします




リスクテイカーは酸味好き?!

このエントリーをはてなブックマークに追加

週刊ダイヤモンド 2018年 7/21 号に興味深い記事がありました。
酸味はあなたを大胆にする ここ一番に梅干しを! です。




日本人は成功より「失敗しないこと」を重んじる傾向があり、失敗を避けようとリスクに背を向け、何もしない、という本末転倒な行動に出がちだ。


「病的なリスクテイカー(リスク を冒す人)になる必要はないが、 長い人生、あえてリスクを取るべき場面は幾らでもある。すくむ足を一歩進めるには、どうしたらいいのだろう。


英サセックス大学の研究グループは、英国在住の70人(女性46人、男性24人、平均年齢25歳)と、ベトナムに住む71人(女性45人、男 性26人、平均年齢20歳)に、ベーシックな五味甘味、苦味、酸味、塩味、うま味のいずれかの液体を飲んだ後「リスクテイカー度」を測る「風船課題」に取り組 んでもらった。


風船課題とは、コンピューター画面上の風船にワンクリックで空 気を送り込むゲームで、より多く 空気を入れるほど報酬が増え、風 船が破裂したらご破算というもの。


参加者はワンクリックごとに、 やめるか否かの選択ができる。ギリギリまで風船を膨らませる人は、利益のために大きなリスクを取る傾向があると見なされる。


その結果、酸味の液体を飲んだ後のクリック回数が最も多く、平均40回に達した。これはうま味や甘味後の4割増、苦味や塩味後の 2~1.5割増に相当する。


つまり酸味を口にした後は、国や地域、行動パターンに関わらず、 有意に大胆な勝負に出ることが判明したのだ。


逆にうま味や甘味は 慎重さを、苦味や塩味はニュートラルな行動を誘発するらしい。研究者は「酸っぱいものを口に入れること自体がリスクを選択する行為であり、現実の酸味がリスクへの抵抗感を軽減するのだろう」と推測している。


また、社会 生活を脅威=リスクと見なし、家に引きこもりがちな不安障害やうつ病の人には「酸味の強い食事が効果的かもしれない」という。


梅干しや野菜のえぐみが敬遠され、甘いものやうまいものが溢れる昨今、考えさせられる話だ。さて、ここ一番の勝負に出る際は酸味が強いおやつを持参するといい。ただし、投機的な取引前にはお勧めしません。





酸味のある食べ物は、リスクテイクする気持ちを支える作用があるようです。酸味は「腐っている」可能性がある味なので、太古の昔から危険な味だったのでしょう。


私は自分のことをリスクテイカーの端くれだと思っていますが、確かに酸味のある食事は大好きです。特に、タイ料理には目がありません。


なるほど、私のリスクテイク性向は、酸味好きが要因のひとつなのか??? もちろん、それだけが原因ではなさそうですが・・・


ただし、リスクテイクは両刃の剣です。気持ちだけリスクテイカーになっても、冷静に勝率を計算したうえで勝負しないと痛い目にあってしまいます。


やみくもに酸味の強い食事ばかり食べていると、良くない結果に陥ってしまうかもしれませんね。





★★  医師のキャリア革命(オンラインサロン)  ★★


「経済的自由」を手に入れるために Facebookを利用した非公開のオンラインサロンに参加してみませんか?



gg - コピー




本サロンの目標は、参加者全員に生涯途絶えることのない "複数の収入の流れ"  を得るための " 学びの場 "  を提供することです。


資産形成マニュアルで、医師が効率よく資産形成を実践するノウハウを公開しましたが、本サロンはそのフォローアップの場と位置付けています。


それぞれの参加者たちが得た知識や体験を共有し、集合知を形成する。集合知は、サロンのメンバーが未知の航海に旅立つ際の羅針盤となる


そのような " 学びの場 "  を

  •  整形外科医のための英語ペラペラ道場
  •  整形外科医のブログ 

​ ​
がタッグを組んで運営します!!
参加希望の先生方は、こちらからお願いします




目からウロコ! 医師の同時通訳団

このエントリーをはてなブックマークに追加

Medical Tribuneで興味深い記事がありました。
【Essay】脳神経外科同時通訳ブースより です。




  タイトルを見て、脳神経外科医が同時通訳とはどういうこと?と思われたかもしれません。日本脳神経外科同時通訳団は、日本脳神経外科学会学術総会や日本脳神経外科コングレス総会などで同時通訳を担当するユニークな補佐組織で、私はその団長を約15年間務めています。団員は全て脳神経外科学会の学会員、すなわち、脳神経外科医です。多くの医学会がグローバル化に対応して、抄録や発表スライドを英語に限定したり、英語での発表を義務付けたりしています。脳神経外科学会では、1987年に同時通訳団結成の機運が高まり、最初は外国留学歴5年以上の医師十数人の勉強会からスタートしました。現在、約50名が活動しています。


 大きな学会ではシンポジウムが幾つも組まれ、招待された外国人演者が参加するケースが多いと思います。同時通訳団の役割は、彼らが日本人シンポジストのプレゼンテーション(日本語)を理解し、座長やフロアからの質問や討論(通常は日本語)にスムーズに答えたり、コメントができるよう支援することです。シンポジウム自体を英語で行う方法もありますが、そうすると往々にして語学力がネックになり、討論の深みが不十分になることを経験していらっしゃると思います。母国語での討論の方が、より実り多いdiscussionになるのは自明の理です。


 同時通訳のブースは、学会場の後方、あるいは2階に設置されます。通常3〜4名でチームを組み、ブース内で発表スライドを見ながら、日本語を英語に訳した音声を外国人演者に送っています。レシーバーをつけた外国人演者が日本語の質問や討論の内容を正しく理解し、的確な発言をしてくださるのが大きな喜びですが、確実に伝えられているかどうか、常に大きなプレッシャーを感じているのも事実です。


 脳神経外科医が同時通訳をする意義はどこにあるでしょうか。重要なのは、同じ脳神経外科医が行う発表なので、スライド内容を容易に理解できるだけでなく、場合によっては次のスライドの内容が推測できるという点です。これは、一般のプロの同時通訳者には不可能であり、脳神経外科医自身が同時通訳を行う最大のメリットといえます。また、学会員に同時通訳団の存在がよく知られているため、ともに活動したいという若手脳神経外科医が多く、いい意味での「グローバル化」に貢献できる点も挙げることができます。


 同時通訳団は、毎年1泊2日の夏期研修会を開催し、英語をブラッシュアップします。研修会には10~20名の若手脳神経外科医が新たに参加し、同時通訳のトレーニングや実践を積んだ上で、シニアメンバーが採点を行い、新しく通訳団に加わるメンバーを決めています。正式な通訳ブースを4つ用意し、実際に使用するのと同じレシーバーを用います。参加者は皆、ある程度英語に自信を持っています。しかし発表スライドを見ながら日本語プレゼンを英訳し、空白をつくらずマイクで話すのはかなり大変な作業です。空白時間は一種の禁忌で、同時通訳は音声を発し続けることが原則です。毎年、初回の実践トレーニング直後は、ブース内が新人の悲鳴とため息であふれます。トレーニング後はtrainerもtraineeもぐったりとなりますが、通訳スキルの獲得だけでなく、英語学習への意欲が飛躍的に高まる、充実した2日間です。


 通訳団メンバーが日ごろから実践しているトレーニングを2つ紹介しましょう。1つはnative speakerの英語を聞きながら0.5秒遅れで声に出して再現する「シャドーイング(shado­wing)」。もう1つは日本語の論文を読みながら、冒頭からどんどん英語に訳していく「サイトトランスレーション(sight trans­lation)」。日本語は肯定・否定が最後にくる、ということにこだわっていては同時通訳は務まりません。これらを毎日最低15分は行うのを目標にして、英語能力を磨く努力をしています。


 また、「読みやすいスライド」は同時通訳もしやすい、ということがよく分かります。7行ルールと呼ばれる大きなフォントを用いること、スライドの背景が明色なら文字は暗色、暗色なら文字は明色を使うことなど、スライド作成についてもいろいろ学ぶ点があります。  脳神経外科の同時通訳がどのように行われているか興味がある方は、夏期研修会を見に来ていただくとその様子がよく分かると思います。他科の先生でも見学OKです。研修会幹事の許可をいただければ、同時通訳ブースでのわくわく体験の機会もあるかもしれません。We al­ways welcome you.





恥ずかしながら、学会で医師が同時通訳するという発想自体が無かったです。たしかに、岡山大学の伊藤教授のおっしゃられるように、専門医の方が有利な面があります。


いくら医学的知識に富んだプロの同時通訳者といっても、専門的知識に関する理解の深さは比較になりません。医学素人の通訳を介さずに外国人と意思疎通できることは理想的です。


私自身、hearingだけなら学会で不自由を感じたことはないですが、speakingとなると確かに通訳者の力を借りて日本語で話す方が真意が伝わりそうです。


いずれにせよ、このような同時通訳団が存在することは、脳神経外科学会にとって好ましいことだと思います。整形外科学会にも同時通訳団があるといいですね。








★★ 管理人お勧めの医学書 ★★
 


広島大学名誉教授の津下先生による、手の外科における必須の医学書です。特に、「私の手の外科」は津下先生直筆のイラストが豊富で、非常に分かりやすく実践的な医学書です。


 







腱性マレットもピニングで治療!

このエントリーをはてなブックマークに追加

腱性マレットの治療で困ったことはないでしょうか? 一次縫合の成績は良好とは言えず、かと言って伸展装具での保存治療もイマイチです。


伸展装具は8週間常用する必要がありますが、多くの患者さんは途中でドロップアウトしてしまいます。


主治医・患者さんとも強固な意志が無い限り、結果を出すことが難しいのが現実です。そうは言っても、腱性マレットは一定頻度で発生します。では、どうすればいいのか? 



  • 山中 一良, 佐々木 孝, 栩木 弘和, 奥山 訓子, 高尾 努:腱性マレット指に対する治療成績:日本手の外科学会雑誌(0910-5700)17巻2号 Page115-118(2000.09)



上記の済生会神奈川県病院の山中一良先生の論文は、もしかしたら腱性マレット治療の救世主になるかもしれません。


Kirschner鋼線によるDIP関節伸展位固定による治療成績を検討されています。ピンニング群では成績優の症例が多かったとのことです。


単にDIP関節を伸展位固定するだけなので、手技は非常に簡単です。Kirschner鋼線を8週間留置するので、皮下に埋没させるといいかもしれません。


実際にこの治療法を経験した先生にお伺いすると、かなり良い成績だったとおっしゃられていました。腱性マレットではKirschner鋼線でのDIP関節伸展位固定も要検討でしょう。





★★ 管理人お勧めの医学書 ★★
 


広島大学名誉教授の津下先生による、手の外科における必須の医学書です。特に、「私の手の外科」は津下先生直筆のイラストが豊富で、非常に分かりやすく実践的な医学書です。


 







アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

管理人の著書

161228 【書影】医師の経済的自由
管理人によるケアネット連載コラム
log_carenet

医師のためのお金の話

管理人による m3.com 連載コラム
管理人も参加しているオンラインサロン
勤務医のための資産形成マニュアル
築古木造戸建投資マニュアル

医師のための築古木造戸建投資マニュアル 1
医師のための 金融資産形成術
医師のための金融資産形成術

タダで自宅を手に入よう!

医師のための収益マイホーム購入マニュアル


配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール

自由気ままな整形外科医


・医学博士
・日本整形外科学会専門医
・日本リウマチ学会専門医
・不動産投資家
・超長期金融資産投資家
・ビジネスオーナー
・宅地建物取引主任士

QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。