整形外科医のブログ

中堅の整形外科医が、日々の気付きを書き記します。投資の成功で働く必要が無くなりましたが、社会貢献のため医師を続けています。

社会

自費PCR検査の出張サービス?!

このエントリーをはてなブックマークに追加


新型コロナウイルス感染症の PCR検査がかなり普及してきました。保健所からの委託症例だけでなく、自費で PCR検査が施行できる施設が増加しています。


保健所からの委託症例は症状がでていて罹患している可能性が高い症例が多いですが、自費で PCR検査を施行しようと思う人で症状のある人はあまり居ません。


地方の医療機関の先生からよく聞くのは、東京に出張した人が心配になって自発的に PCR検査を希望するケースが多いとのことでした。


おりしも、都内では新型コロナウイルス感染症の新規感染数が増加しています。このため首都圏以外の人は、東京都を新型コロナウイルス感染症の汚染地域と見なしています。


東京都は人口が多いので感染者の絶対数が多くなるのは当たり前です。しかし、報道が都内偏重で過度に感染者数をあおるため、都民を見る国民の視線を厳しくしているのでしょう。


話を戻しますが、自費 PCR検査は実施している医療機関にとってはドル箱の収入源になっています。都内の相場は3~4万円、地方圏では2万円程度なので、濡れ手に粟の状態です。


保健所からの委託症例はシビアな症状の人が多いですが、自費の場合は「心配で」という人が多いので、当然のごとく陽性率は低いです。


また、最近ではクラスター発生が危惧される施設への、出張自費PCRというサービス(?)をする医療機関まであるそうです。


施設内で一気に多人数の検査を施行するので出張しても全然ペイします。施設経営者には痛い出費ですが、背に腹は代えられないそうです。


受診抑制で苦しむ医療機関にとってはまさしく晴天の慈雨ですが、期間限定のプチバブルなのかもしれませんね。






★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★

 
感染症治療で最もお勧めの書籍です。Grandeと小さいサイズがあり内容は同じです。小さいサイズの方が安いですが、常に携帯する医師を除けば見やすいGrandeがお勧めです。

一般人も戦略物資の備蓄は必要

このエントリーをはてなブックマークに追加


Bloombergで興味深い記事がありました。
コロナ第2波迫る中国と対照的、台湾の視線は次のパンデミックに です。


台湾は中国からの圧力もあり、世界保健機関(WHO)などパンデミックに対応する国際機関から排除されており、自力で何とかしなければならない事情があった。同じことをしたいと考える国々にとっては貴重なお手本となっている。



台湾の当局者らはマスクの備蓄と配布の判断が早かったことを成功の一因に挙げる。政府は1月から域内で生産した全てのマスクを収用し、新規の輸出を禁止。軍の兵士らが生産ラインに加わり、政府も追加設備に資金を投じた。それから4カ月もせずに企業は1日当たりのマスク生産量を200万枚から2000万枚に増やし、定期的にマスクを住民に配ることができた。



林氏は「マスク備蓄で得た経験を他の必需品のサプライチェーン構築にも生かしていく」と説明。「政府は供給と市場価格の安定に向けて戦略物資の備蓄拡大で一段と積極的な役割を果たす」と述べた。



国内でもボチボチ言われ始めていますが、やはり戦略物資は備蓄しておくべきでしょう。これは国家レベルだけではなく一般人レベルでもだと思います。


まだコロナ禍が明けていないので、今マスクやアルコール等を備蓄するのはご法度だと思います。しかし、コロナ禍が過ぎ去ったら、N95やアルコールを備蓄しておこうと思います。


地震や台風などの自然災害対策としての食糧・水備蓄に加えて、パンデミック対策も必要なので大変ですが、地球環境は悪化しつつあるので備えておく必要がありそうです。





★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★


豊富な図や画像が提示されているため、ほとんどの骨折や脱臼に対応することが可能です








ウェビナーはセミナーの常識を塗り変えた!

このエントリーをはてなブックマークに追加

コロナ禍の影響で、対面での勉強会やセミナーは激減しました。その代替手段としてウェビナーがすごい勢いで普及しつつあります。


当初、ウェビナーは臨場感がなくイマイチだと思っていましたが、実際にやってみると比較的臨場感があり、しかもセミナーの収録業務が圧倒的に楽になることに気付きました。


しかも、リアルにセミナーを開催するときには、交通の便の良い場所の会場を押さえる必要がありますが、ウェビナーであれば会場費ゼロです。


何度かセミナーを開催した経験がありますが、会場選び、会場費を賄うためのセミナー価格の調整、セミナー出席者数の状況など、ヤキモキさせられることが多いです。


しかし、ウェビナーだと会場選びや会場費はほぼゼロに近いので、セミナーを開催するハードルが圧倒的に下がりました。


このため、コロナ禍以降はウェビナーが乱立しており、かなり食傷気味になっています。私の場合はとりあえず参加してみて、つまらない内容であれば躊躇なく途中退場しています。


とは言うもののウェビナーの有用性は高く、コンテンツホルダーであれば利用しない手は無いと考えています。そこで、オンラインサロンでウェビナーを開催することにしました。


サロンメンバーは個性的なメンバーが多いので、面白そうな人をピックアップして15分程度お話していただきます。かれこれ6名ほど終了しましたが、気軽で面白いと思いました。


これまでもZOOMなどを利用したウェビナーはありましたが、今回のコロナ禍で完全に市民権を得た気がします。リアルのセミナーは高付加価値のものしか生き残れないでしょう。


2015年に初めてセミナーを開催した際には、こんなブレークスルーがおこるとは夢にも思っていませんでした。世の中の流れは速いですね。


ちなみにウェビナーの中で、私も「医師×投資×起業の ハイブリッド・キャリア形成術」というお題でしゃべらせていただきました。興味のある人は是非覗いてみてくださいね!






★★  医師のキャリア革命(オンラインサロン)  ★★


「経済的自由」を手に入れるために Facebookを利用した非公開のオンラインサロンに参加してみませんか?



gg - コピー




本サロンの目標は、参加者全員に生涯途絶えることのない "複数の収入の流れ"  を得るための " 学びの場 "  を提供することです。


資産形成マニュアルで、医師が効率よく資産形成を実践するノウハウを公開しましたが、本サロンはそのフォローアップの場と位置付けています。


それぞれの参加者たちが得た知識や体験を共有し、集合知を形成する。集合知は、サロンのメンバーが未知の航海に旅立つ際の羅針盤となる


そのような " 学びの場 "  を

  •  整形外科医のための英語ペラペラ道場
  •  整形外科医のブログ 

​ ​
がタッグを組んで運営します!!
参加希望の先生方は、こちらからお願いします




勤務医のリモートワーク

このエントリーをはてなブックマークに追加

新型コロナウイルス感染症で働き方が少し変化しました。世の中では「リモートワーク」化の流れが加速していますが、医師ではどうでしょう?


多くの科において、医師の業務は患者さんと接する必要があります。したがって、本質的に医師とリモートワークは相容れないと思われます。


ただし、実務レベルでは「これって、もしかしてリモートワークかな?」と思うことがあったので話題提起させていただきます。




患者さん家族への病状説明


入院患者さんを受け持つ勤務医の業務のひとつに患者さん家族への説明があります。従来は、家族に来院してもらって直接面談していました。


しかし、昨今のコロナ禍で面会制限がかかっているため、家族に病室までお越しいただくことができません。このため、電話で病状説明する機会が劇的に増加しました。


実際に電話で病状説明しているとこちらも非常に楽です。医局で端末のモニターを見ながら電話で話すだけなのでダラケた姿勢で話していてもOKです(笑)。


しかも、電話交換手に家族へ電話してもらうだけなので、移動時間のロスが全くありません。敷居が低くなったので家族への説明機会も増え、評判の上々(?)です。




時間外患者さんの検査対応



時間外の患者さんを診察することは非常に時間的ロスになります。たった1名の患者さんのために外来まで赴き検査依頼して、しかも検査の待ち時間まであります。


しかし「患者さんとの接触機会減」の大義名分のもと、堂々と電話問診で検査依頼することができるようになりました。


これまでは患者さんも診ずに...という負い目がありましたが、コロナ禍対策における国を挙げての接触機会減の錦の旗の下ではOKな感覚になりました。


おかげで外来に 2度赴く時間や検査の待ち時間ロスが低減できたので、業務効率がかなり向上しました。こういうのも「リモートワーク」というのでしょうか???






★★  医師のキャリア革命(オンラインサロン)  ★★


「経済的自由」を手に入れるために Facebookを利用した非公開のオンラインサロンに参加してみませんか?



gg - コピー




本サロンの目標は、参加者全員に生涯途絶えることのない "複数の収入の流れ"  を得るための " 学びの場 "  を提供することです。


資産形成マニュアルで、医師が効率よく資産形成を実践するノウハウを公開しましたが、本サロンはそのフォローアップの場と位置付けています。


それぞれの参加者たちが得た知識や体験を共有し、集合知を形成する。集合知は、サロンのメンバーが未知の航海に旅立つ際の羅針盤となる


そのような " 学びの場 "  を

  •  整形外科医のための英語ペラペラ道場
  •  整形外科医のブログ 

​ ​
がタッグを組んで運営します!!
参加希望の先生方は、こちらからお願いします




愚痴:健診は人間ドックではない

このエントリーをはてなブックマークに追加


先日、知り合いから健診での転移性肺腫瘍の見落としで相談を受けました。企業健診で胸部X線像を毎年施行していますが、血便で精査したところ消化器がんが見つかったようです。


あとから確認すると、昨年の胸部X線像ではわずかに転移性腫瘍の所見がありそうです。毎年企業健診をしているにもかかわらず、発見が遅れたのは見落としだというわけです。


実際、胸部X線像を拝見しましたが、これをもって精査と言い切るのは少し難しそうです。これで有責とされたら、ちょっと厳しいかもしれません。


この方は60歳台ですが、これまで企業健診をタダで受けられる人間ドッグとみなしていたようです...。このため、企業健診での見落としは医療過誤だと憤慨していました。


ガンに罹患したのは可哀そうですが、企業健診を人間ドックと思うのはいかがなものかと感じました。真剣に早期発見したいのであれば、企業健診で満足してはいけないでしょう。


少し気になったので調べてみると下記のような判例がありました。



定期健康診断は、一定の病気の発見を目的とする検診や何らかの疾患があると推認される患者について具体的な疾病を発見するために行われる精密検査とは異なり、企業等に所属する多数の対象者に対して異常の有無を確認するために実施されるものであり、大量のレントゲン写真を短時間に読影することから考えると、異常を識別するために医師に課される注意義務の程度には限界があり、本件レントゲン写真を読影した医師がAの肺癌の存在を見落とし、異常なしとしたことに過失を認めることはできないとした。



極めて妥当な司法判断だと思います。企業健診などの健康診断は、検診や人間ドックとは明らかに性質や目的が違います。


企業健診は人間ドックの代わりではないことを説明しましたが、あまり納得されませんでした。このような認識の人が居るのは少々コワイ気がします...。






★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★

 
初学者が整形外科の外来や救急業務を遂行するにあたり、最もお勧めの書籍です


    



アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

医療研究を身近な存在とし、医療の未来を作る


管理人の著書

161228 【書影】医師の経済的自由
管理人によるケアネット連載コラム
log_carenet

医師のためのお金の話

管理人による m3.com 連載コラム
管理人も参加しているオンラインサロン
勤務医のための資産形成マニュアル
築古木造戸建投資マニュアル

医師のための築古木造戸建投資マニュアル 1
REITで実践する不動産投資セミナー
190122
医師のための 金融資産形成術


配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール

自由気ままな整形外科医

・医学博士
・日本整形外科学会専門医
・日本リウマチ学会専門医
・不動産投資家
・超長期金融資産投資家
・ビジネスオーナー
・宅地建物取引主任士

QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。