整形外科医のブログ

中堅の整形外科医が、日々の気付きを書き記します。投資の成功で働く必要が無くなりましたが、社会貢献のため医師を続けています。

社会

マッサージで機能維持の闇

このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、訪問医療マッサージを展開している方と飲む機会がありました。このビジネスのボトルネックは集患と医師の同意書だそうです。


集患に関しては施設やケアマネジャーとの連携を進めてクリアしているそうですが、医師の同意書はなかなかうまくいかないとのことでした。


ふ~ん、それなら何らかの協力ができるかもしれないなと思って事業の詳細をお伺いしましたが、施行している内容はマッサージではなく機能維持がメインのようです。


現在、リハビリテーション難民が問題化しています。脳血管で180日、運動器は150日が医療保険でのリハビリテーションの期限です。これを越えると介護保険利用になります。


しかし、介護保険を限度額まで使用しているケースが多いため、特に脳血管疾患の機能維持のためには自費リハを選択せざるを得ません。


資力のある人なら問題ないですが、そうでない人は高額な自費リハ継続が難しいです。訪問医療マッサージは、本来自費となる機能維持を医療保険で賄うビジネスモデルなのです。


賢明な方はピンとくると思いますが、機能維持メインの訪問医療マッサージはブラックに近いビジネスモデルです。国家資格と医療保険の適応を逸脱していることが明白だからです。


下手にマッサージに対して同意書を書いてしまうと、マッサージで機能維持リハを行うという違法行為に手を貸すことになります。これはアブナイ...。


先週の週刊ダイヤモンドの特集で、あはき師はクリーンと書きましたがそうとも言い切れないことが分かりました。機能維持をウリにしている訪問医療マッサージは危険です。


もちろん、リハビリテーション難民問題は深刻ですが、限られた医療資源・財源の適正配分の観点からは仕方ないと思います。裏をかく行為は是認できません。


医師サイドでは訪問医療マッサージの実態確認が不可能なので、マッサージ同意書にサインすることがいかに危険な行為であるかに気付かされました。


機能維持メインの訪問医療マッサージが周知されてくると、違法性を問われることは必至でしょう。加担することになるので、迂闊にマッサージ同意書にサインできないな...。






★★ 管理人お勧めの医学書 ★★
  


オーストラリア理学療法協会のスポーツ理学療法士による実践的な教科書です。
治療的テーピングの概要を学ぶことができます。



 






整骨院ではなく接骨院が正しい?!

このエントリーをはてなブックマークに追加


先週号の週刊ダイヤモンドに興味深い特集がありました。腰痛・膝痛・肩痛 医師が教える治療法と整骨院の裏側 です。






私は接骨院に知り合いが多く、普通の整形外科医と異なりニュートラルな立場です。ときどき一緒に飲みに行くので接骨院業界の内容はある程度知っているつもりです。


そんな私の感覚から少し「?」というところがありましたが、おおむね良くまとまっている特集だと思いました。今回は私の目線で知らなかったことをまとめてみます。




業界は三つ巴


整形外科以外で痛みを扱う業種には3つあるそうです。

  • 柔道整復師
  • あはき師(あん摩マッサージ指圧師、鍼師、灸師)
  • 無資格


各業種の存在は知っていましたが、3つ巴とは知りませんでした。お互いが対立しており、反目しあっているようです。


このうち、無資格→柔道整復師・あはき師、柔道整復師→あはき師の業界へ侵攻しています。あはき師が最も不正が少なくクリーンな業界のようです。




呼称は接骨院が正しい


柔道整復師が開院するのは「接骨院」が正しいそうです。整骨院・治療院・東洋医学〇〇・整体院は全てNGです。


特に整体院は、無資格や開業権を持たない理学療法士まで使用しています。呼称に差があることにさえ気付いていませんでしたが、イメージ戦略でしのぎを削っているようです。




やはり、痛みという人が生きていく上で避けられない症状に対するニーズは高いようです。それに加えて医師免許無しで公的保険を利用できるメリットは絶大です。


これらの要因が重なって、3業界の合計25万人がひしめき合うカオスな世界です。科学をベースにした整形外科医の周辺には、経験ベースの広大な灰色空間が広がっているようです。







★★ お宝アルバイト獲得のための基本講座を公開中です! ★★






論文代行サービスどうなんでしょう?

このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、たまたまですが「卒論代行サービス」の存在を知りました。医学部には卒論は無い(無かった?)ので、卒論と言われてもピンときません。


しかし、一般の大学生にとっては卒論作成は一大イベントのようです。そして、悩みのある所にはビジネスのタネがあります。卒論の悩みを解決するのが卒論代行サービスです。


卒論の代行って邪道じゃないのか?と思う方は多いでしょう。私もそう思うのですが、世の中には卒論だけではなく、小学生の夏休みの宿題代行サービスまであります。


う~ん、末期的な状況ですね。ここまできて、ふと思いつきました。もしかして論文代行サービスもあるのかもしれない...。


ググるとどうやら存在するようです。しかも大量に。日本ではだいたい「英語」の論文作成代行を行うというオブラートで包まれています。


しかし、Abstractと参考文献提出のみで本体が出来上がって来るので、実質的には論文作成自体を外注していことになります。末期的ですね。


論文作成の相場は50~100万円だそうです。これぐらいの価格帯で英語論文ができあがって海外ジャーナルにアクセプトされるのであれば、心が動くのも分かる気がします。


ただ、忙しい臨床医が研究成果を英語で世に送りたいというニーズはありそうです。医学博士取得が目的でないのなら、これらのサービスを利用するのは合理的です。


いろいろと問題の多そうな論文代行サービスですが、こんなものまでビジネスのネタになるとは本当に驚きました。






★★ 医学知見探求サービス ★★


医学知見を医師ユーザー同士で発信・共有するコミュ二ティに参加しませんか? 

quotomy - コピー


「医師と医学知見との出会いを再定義する」 Quotomy(クオトミー)は、臨床現場で働いていると個人で医学知見をキャッチアップすることが難しい、という臨床医の切実な痛みから誕生しました。


忙しい日常の中で、医学知見を得たり、発信したりすることが難しくなっています。 時間的・地理的制約のために、学会や勉強会への参加もできない環境で働く医師もいます。


知への探求を諦めていませんか?


抄読会をする感覚で、Quotomyで論文を読んだ感想や気づきをシェアしましょう! お気に入りのユーザー同士はフォローでき、お互いのアクションを確認できます。


Quotomyは現在ユーザー登録受付中です!
登録は こちら からお願いします。



痴漢冤罪を侮るな!!

このエントリーをはてなブックマークに追加

ときどき、公務員や医師が痴漢で捕まったニュースが流れています。「自分とは関係ない世界の話だな...」と軽く流してしまうのは大間違いです。


彼らは本当に痴漢して捕まったのでしょうか? もちろん、中にはそのような事案もあるでしょうが、冤罪的な要素が多分に含まれている可能性を否定できない事案も多いです。


残念ながら、一度警察に拘束されると、事実上「罪を認める」まで自由になれないシステムになっています。仮に冤罪であっても社会的に抹殺される可能性が極めて高いのです。


私の周囲でも冤罪に近い事案があったので、それ以来対策を考えていたのですが、妙案を思いつきません。弁護士の友人・知人がたくさん居ますが、そんな私でさえもです。


警察に拘束されたら、事実上、人生が詰んだと思っても過言ではないと思います。このため、そのような事態に至らないための予防策が重要となってきます。


しかし、冤罪の落とし穴は至るところに潜んでいます。例えば、電車などの公共交通機関に乗るだけで冤罪に巻き込まれる可能性が劇的に上昇します。


悪意ある相手に出会ってしまうと、冤罪を防ぐことは事実上不可能です。そのような相手を事前に察知することは難しいので、残念ながら完璧な予防策は無いと言わざるを得ません。


よく電車に乗るときは両手で吊革をもっていればOKと言われますが、これさえも万全ではありません。悪意ある相手が本気を出せば、赤子の手をひねるようなものです。


また、路上でも冤罪に遭遇する可能性があります。飲酒してフラフラ歩いていて悪意ある相手に遭遇すると、ジエンドになってしまう可能性があるからです。


このように冤罪の罠は至る所にあるので、完全に防ぐことは不可能です。少しでも冤罪に巻き込まれる危険性を減らすためには、

  1. 公共交通機関には乗らない
  2. 飲んだらタクシーで帰宅する


ということを遵守する必要がありそうです。う~ん、なかなか100%の実現は難しいですね...。やるせない気持ちになりますが、自分の身を守るためには仕方ありません。


重ねて言いますが、ニュースで流れてくる公務員や医師が痴漢で捕まったニュースを他人ごとと思ってはいけません。自分の身に降りかかる可能性があることを常に意識しましょう。






★★  医師のキャリア革命(オンラインサロン)  ★★


「経済的自由」を手に入れるために Facebookを利用した非公開のオンラインサロンに参加してみませんか?



gg - コピー




本サロンの目標は、参加者全員に生涯途絶えることのない "複数の収入の流れ"  を得るための " 学びの場 "  を提供することです。


資産形成マニュアルで、医師が効率よく資産形成を実践するノウハウを公開しましたが、本サロンはそのフォローアップの場と位置付けています。


それぞれの参加者たちが得た知識や体験を共有し、集合知を形成する。集合知は、サロンのメンバーが未知の航海に旅立つ際の羅針盤となる


そのような " 学びの場 "  を

  •  整形外科医のための英語ペラペラ道場
  •  整形外科医のブログ 

​ ​
がタッグを組んで運営します!!
参加希望の先生方は、こちらからお願いします




勤務医に贈る人間関係のライフハック

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日は勤務医の先生方に向けてのライフハック(?)です。お題は「いかにして組織に溶け込んで気持ちよく仕事をするのか」です。


病院勤務で一番トラブルが多いのは人間関係ではないでしょうか。大学病院や公的基幹病院を除くと、医師は職場のヒエラルキーのトップに位置します。


このため、人間関係で悩むことはあまり無いのでは? と他職種から思われるかもしれませんが、いえいえそんなことはありません(笑)。医師同士の人間関係が問題なのです。


医師同士の人間関係をスムーズにするには、①上司 ②同僚 ③部下 ④他科医師の4者に対して、それぞれ気を遣う必要があります。


このうち特に重要なので①④であることは論を俟たないでしょう。まず①上司ですが、こちらは、できるだけ上司の業務負担を減らすことに注力することが吉です。


雑用があれば、こちらから代行を申し出るのが理想です。これは別にゴマを擦っているわけではなく、上司には上司しかできない業務があります。


そのような業務に特化してもらうと上司の業務負担が減るため、必然的に精神的余裕が生まれ、人間関係もスムーズになりがちです。「上司の業務負担軽減」が基本だと思います。


次に④他科医師ですが、丁寧+迅速な対応が基本です。科が違うといろいろ思うところが出てくる(例:なぜ整形外科だけ忙しい?)でしょうが、絶対に顔に出してはいけません。


隣の芝は青く見えるもので、他科には他科なりのしんどさがあります。そして、整形外科に依頼があった場合の返事は「はい、了解いたしました!」以外の選択肢はありません。


業務中であっても中断する勢いで、他科からの依頼は最優先で対応します。これを繰り返していると返礼の法則で、他科医師も当科からの依頼を快く受けてくれるようになります。


私の場合は、このような基本姿勢で日々の病院ライフを過ごしています。当然うまくいかないことも多々ありますが、長い目でみると自分の周囲が居心地よくなるのでおススメです。







★★ REITで実践する不動産投資セミナー ★★
 


現物不動産投資はハードルが高いと思っている先生方のために「REITで実践する不動産投資セミナー」をお届けします。 不動産投資で成功する要点は下記の4つです。

  • 適切な投資タイミング
  • 適切な投資対象
  • 銀行融資のテクニック
  • 物件運用


今回のセミナーでは、金融商品である REITを用いて上記4点すべてをクリアすることを目的とした他では聴けない知識をお届けします。


  • セミナー動画(86分)
  • スライド形式のレジメ(72ページ)



スライド形式のレジメをベースにしたプロ投資家による講義で、30日間の返品保証付きです。現物不動産投資はコワイけど、不動産投資の恩恵にあやかりたい方におススメです。


尚、医師以外の方のご購入はご遠慮ください。



REITで実践する不動産投資セミナー




アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

医療研究を身近な存在とし、医療の未来を作る


管理人の著書

161228 【書影】医師の経済的自由
管理人によるケアネット連載コラム
log_carenet

医師のためのお金の話

管理人による m3.com 連載コラム
管理人も参加しているオンラインサロン
勤務医のための資産形成マニュアル
築古木造戸建投資マニュアル

医師のための築古木造戸建投資マニュアル 1
REITで実践する不動産投資セミナー
190122
医師のための 金融資産形成術


配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール

自由気ままな整形外科医

・医学博士
・日本整形外科学会専門医
・日本リウマチ学会専門医
・不動産投資家
・超長期金融資産投資家
・ビジネスオーナー
・宅地建物取引主任士

QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。