整形外科医のブログ

中堅の整形外科医が、日々の気付きを書き記します。投資の成功で働く必要が無くなりましたが、社会貢献のため医師を続けています。

社会

透析医療削減への第一歩?

このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、透析関連で興味深いニュースがありました。
人工透析、診療報酬を引き下げ…厚労省が改定方針 です。




厚生労働省は2018年度の診療報酬改定で、人工透析で医療機関が得る報酬を削減する方針を決めた。  


多くの患者を治療する大規模施設の報酬を重点的に引き下げる。透析を受ける患者は約33万人(16年)に増えており、約1・6兆円に上る医療費の抑制を図る。  


人工透析は機能が落ちた腎臓の代わりに機器を使って、血液中の老廃物や余分な水分を取り除く治療法。一般的に1回で4時間受ける。現行では1人に年約500万円の医療費がかかる。  


今回の報酬改定では、多くの透析用の機器を持ち、多数の患者を治療する医療機関の報酬を主に下げる。厚労省によると、20~60台の透析用の機器を持つ施設が大勢を占める中で、120台以上の機器を保有し、1日当たりの患者数が非常に多い医療機関もある。  


一方、透析に至らないように患者に働きかける重症化予防に力を入れる。糖尿病が原因で腎機能が低下した患者に対する医師の運動指導の対象を、透析を受ける直前の重症患者から、中等度の患者に広げる。  


患者団体の全国腎臓病協議会は「報酬引き下げが、医療機関の経費削減などによる透析医療の質の低下を招かないようにしてほしい」としている。





一国民としては、喜ばしいニュースだと思いました。もちろん医療人としては、由々しき事態ですが、国民皆保険制度を維持するためには仕方無いことでしょう。


厚生労働省の意図は医療費削減であり、その一環としての透析医療費削減です。ただ、今回の方針は「弱きを挫く」が露骨なので感心しません。


120台以上の大規模施設は営利的な施設が多いため「弱者」とは言い難いですが、やはり透析医療費削減の本丸は患者負担増額だと思います。


こちらでも紹介したように、透析医療は生活保護の医療扶助と並んで制度的欠陥が著しいです。放置すると、国民皆保険制度がそのものが崩壊する危険性があります。


医療費から給料をいただいている立場としては、じゃぶじゃぶ医療業界にお金が流れ込む現状維持が望ましいです。しかし悪平等を放置すると結局は共倒れになってしまいます。


生活保護の医療扶助と透析医療では実質的な自己負担が無いため、際限無く医療費が増加する方向にベクトルが傾きます。


せめて透析費と一般の医療費を切り離して、ある程度の歯止めをかけるべきではないでしょうか。透析導入=実質的に医療費タダ はいかがなものかと思います。。。






★★  医師のキャリア革命(オンラインサロン)  ★★


「経済的自由」を手に入れるために Facebookを利用した非公開のオンラインサロンに参加してみませんか?



gg - コピー




本サロンの目標は、参加者全員に生涯途絶えることのない "複数の収入の流れ"  を得るための " 学びの場 "  を提供することです。


資産形成マニュアルで、医師が効率よく資産形成を実践するノウハウを公開しましたが、本サロンはそのフォローアップの場と位置付けています。


それぞれの参加者たちが得た知識や体験を共有し、集合知を形成する。集合知は、サロンのメンバーが未知の航海に旅立つ際の羅針盤となる


そのような " 学びの場 "  を

  •  整形外科医のための英語ペラペラ道場
  •  整形外科医のブログ 

​ ​
がタッグを組んで運営します!!
参加希望の先生方は、こちらからお願いします




医師は普通の労働者と違う?!

このエントリーをはてなブックマークに追加


m3の医療維新で興味深いニュースがありました。
日病会長、「医師は普通の労働者と違う」 です。




 日本産科婦人科学会は1月21日、東京都内で「拡大医療改革委員会」兼「産婦人科医療改革公開フォーラム」を開催し、産婦人科医や弁護士らが産婦人科の現状や医師の働き方改革について議論した。講演した日本病院会会長の相澤孝夫氏は「今の働き方改革で本当にいいのか。医師も労働者だが、高度な『知識労働者』。普通の労働者とは違うことを強調しなければいけない」と述べ、医師の特殊性に応じた改革が必要だと強調した。


 相澤氏は、病院の職員は医師を筆頭に、ピーター・ドラッガー の言う「知識労働者」(英語でKnowledgeworker、日本で言う『プロフェッショナル』)であり、労働時間や病院に忠誠を誓うのではなく、成果や達成に対して忠誠心があり、知識・思考を生産手段として問題解決を行うことを生きがいとして仕事をするもの、との考えを披露。その中でも特に医師は高度な知識労働者であって管理を忌避し、成果を出すためには働きがい、やりがいを持って働けるようにすることが大事だと強調した。


 一方で社会的な風潮として労務管理の重要性が高まっている中で、日病会長として各病院を回り、人事部門に「時間外労働が80時間を超えた医師と話をしているか」などと尋ねても、「人事が医師の所へなんて行けない、と答えが返ってくる」と言い、医師に関する労務管理が難しい現状を明らかにした。時間外勤務時間が長くなる要因の一つである当直・日直については、「これを労働時間に入れられたら、(時間外勤務手当の支払いで)病院はお手上げだ」と指摘する一方で、当直明けの勤務の軽減などの対策はすぐにでもできると述べた。




相澤先生が主張したいことがイマイチよく分からない記事ですが、病院経営者の立場では当直・日直を労働時間に入れるのは反対! というところでしょうか。


当直明けの勤務の軽減対策をおっしゃられているのは良心的ですが、根本的な問題として当直明けの医師に労働を強要しているのはいただけません。


私個人的な感想としては、「医師も労働者だが、高度な『知識労働者』。普通の労働者とは違うことを強調しなければいけない」 というところに相当な違和感を感じています。


「医師は普通の労働者ではなく高度な知識労働者である」 と持ち上げられても、だから当直は労働時間じゃないからね! では納得できません。


当直を労働時間に含めると日勤帯の勤務日が減少します。実際の医療現場では、回らなくなるのは目に見えています。だからと言って、今の状況が許されて良いはずがありません。


私は、医師も看護師のように有給休暇は全て消化して、労働者としての権利が守られるべきだと考えています。


私の場合は医師としての仕事を特別視することは無く、自分を単なる労働者としか見ていないので、医師としては異端(?)な考え方になっています。



医師は真面目な方が多いので、私の考え方は忌避されるかもしれません。しかし、医師の善意に頼った病院経営は、そろそろ勘弁して欲しいと思う今日この頃です。。。






★★ 『 整形外科の歩き方 』でお宝アルバイト獲得のための基本講座を公開中です! ★★






医師の紹介手数料相場は?

このエントリーをはてなブックマークに追加


先日、m3で興味深いニュースがありました。
常勤医師1人の紹介手数料、単価平均「337万円」、日医総研レポート です。




 日本医師会総合政策研究機構(日医総研)が2017年5月11日~6月24日にインターネットを通じて調査した結果、人材紹介会社を利用して常勤の医師を採用した場合の手数料単価は、平均337万円(n=102人)だった。非常勤医師の場合は平均14万円(同592人)。844施設(693病院、151診療所)の回答を分析した。2017年12月 に公表したワーキングペーパー「看護職員等の医療職採用に関する諸問題:アンケート調査の分析と考察」の中で示した(資料は、日医総研のホームページ)。




常勤医師獲得、723施設の手数料総額3.4億円  


 職員採用状況に関する有効回答のうち、常勤医師の採用については723施設が、直近1年間で、計3605人と回答。うち紹介会社経由の採用は2.8%(102人)で、手数料は一人当たり337万円、支払い総額は3億4343万円だった。非常勤医師については708施設が計3621人と回答。うち紹介所経由は16.3%(592人)で、手数料は一人当たり14万円、支払い総額は8210万円。


 844施設の内訳は設立母体が民間75.5%(498病院、139診療所)、公的24.5%(195病院、12診療所)。 施設規模別では、「500床以上」6.6%、「200~499床」22.7%、「100~199床」25.8%、「100床未満」26.9%、「有床診療所」3.4%、「無床診療所」14.5%。





これはなかなか興味深い業界の内情ですね。彼らにとっては、私たち医師は「商品」であることが如実に示されています。ちょっと気分悪くなりました(笑)。


それにしても医師ひとりをゲットするのに、これほど高額のお金が動いているとは予想外でした。まだまだ医師不足は解消されていないのでしょう。


ちなみに不動産賃貸業界では、家賃1ヵ月~2か月の紹介手数料を徴収するエリアが多いです。実際の金額としてはワンルームであれば10万円前後になります。


両者(医師・入居者)ともオーナーからすると、金の卵を産む貴重なニワトリです。そう考えると、医師のプレミアもまだまだ捨てたものではないなというのが感想です。



大学医局の力が更に落ちると、ますます紹介会社のシェアが高まる可能性があります。もし、紹介会社経由で転職する際には、この金額を覚えておくといいかもしれないですね。






★★  医師のキャリア革命(オンラインサロン)  ★★


「経済的自由」を手に入れるために Facebookを利用した非公開のオンラインサロンに参加してみませんか?



gg - コピー




本サロンの目標は、参加者全員に生涯途絶えることのない "複数の収入の流れ"  を得るための " 学びの場 "  を提供することです。


資産形成マニュアルで、医師が効率よく資産形成を実践するノウハウを公開しましたが、本サロンはそのフォローアップの場と位置付けています。


それぞれの参加者たちが得た知識や体験を共有し、集合知を形成する。集合知は、サロンのメンバーが未知の航海に旅立つ際の羅針盤となる


そのような " 学びの場 "  を

  •  整形外科医のための英語ペラペラ道場
  •  整形外科医のブログ 

​ ​
がタッグを組んで運営します!!
参加希望の先生方は、こちらからお願いします




Googleアルゴリズムに立ち向かえ!

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日はブログの回想録です。
私が当ブログを開設したのは2012.4月なので、早6年近く経過しました。


2008~2012年の孤独な戦いが終了して「新しいことでもやってみるか」と始めたのがきっかけです。当時は医師のキャリアや資産形成で一定の成果を出して立ち止まっていました。


ブログを始めてみると、結構面白くてハマッてしまいました。やはりowned mediaを持つと、いい加減なことを書けないので記事内容について勉強します。


6年近くブログを毎日続けることで、さまざまな事項を2000回以上も、それなりに深く掘り下げて勉強したことになります。これは非常に大きいです。


よく作家や漫画家は物知りだと言われますが、ブロガーも同じだと思います。広く浅くではありますが、この6年間で圧倒的な医学・資産形成の知識量を獲得することができました。


ブログで勉強した机上の知識をリアルに実践することで「使える知識」が激増しました。おそらくブログをしていなかったら、ここまでの知識量を得ることはできなかったでしょう。


本当にブログ運営して良かったなと感じています。この充実感を他の人にも体感してもらいたいと思っていると、1~2年前から医師ブロガーが次々と誕生するようになりました。


非常に好ましい状況だと感じていましたが、2017.12月初旬のGoogleの検索アルゴリズムの激変で、医師ブログに強烈な逆風が吹き始めました。


特に自分の専門分野の疾患に関する記事をメインにしている医師の個人サイトは、ほとんどGoogleで表示されなくなりました。


当サイトもメインが整形外科医療記事なので、PVやUU数が半減するというかなりの大打撃を受けました。サブの資産形成があるのでまだマシですが、医療サイト運営は大変です。


特に、新規ブログはなかなか厳しい戦いを強いられます。しかし、前述したようにブログを運営することは、多くの知識を習得するきっかけとなるので超お勧めです。


そのような気概にあふれた先生方のお力になれればと思っているので、今年の目標のひとつは、新規ブログを立ち上げる先生方を援護射撃することにしようと思います。


非常に厳しい戦いとなることが予想されますが、それでも思い切ってブログを立ち上げようという方は、是非がんばってくださいね!





★★  医師のキャリア革命(オンラインサロン)  ★★


経済的自由」を手に入れるために Facebookを利用した非公開のオンラインサロンに参加してみませんか?



gg - コピー




本サロンの目標は、参加者全員に生涯途絶えることのない "複数の収入の流れ"  を得るための " 学びの場 "  を提供することです。


資産形成マニュアルで、医師が効率よく資産形成を実践するノウハウを公開しましたが、本サロンはそのフォローアップの場と位置付けています。


それぞれの参加者たちが得た知識や体験を共有し、集合知を形成する。集合知は、サロンのメンバーが未知の航海に旅立つ際の羅針盤となる


そのような " 学びの場 "  を

  •  整形外科医のための英語ペラペラ道場
  •  整形外科医のブログ 

​ ​
がタッグを組んで運営します!!
参加希望の先生方は、こちらからお願いします




意外、コンビニは庶民の味方?!

このエントリーをはてなブックマークに追加

週刊ダイヤモンド(2018.01.13号)の食事術関係の特集は、私にとって興味深かったです。内容は、カロリー制限 vs 糖質制限で、結局結論は出ずですが(笑)








それはそうとして、特集のコンビニの記事に目が留まりました。私は、個人的にコンビニを利用することがほとんどありません。コンビニ買いは資産形成の敵と考えているからです。


その理由は、コンビニは定価販売しているイメージが強いことです。あの規模の店舗を24時間稼働させるためには、それなりのコストがかかります。


その小さくないコストが商品に上乗せされていると思うと行く気が失せます。自宅から徒歩30秒のところにファミリーマートがありますが、年に数回しか店内へ入らないほどです。


しかし、今回の特集を読むとコンビニ各社はプライベートブランドの商品開発に力を入れているようです。私の基準より価格は割高ですが、飲食店よりも安価なことに気付きました。


私はコンビニで買い物をする人を「お金持ちだな」と思っていましたが、どうやら街中で食事をするよりも安価であることを見落としていました。これは、特に都心部で顕著ですね。


おそらく世の中の多くの人が感じていることを、私は知らなかったようです。どうやら節約家の度が過ぎているため、自分と世の中の基準が相当ズレていたようです(笑)。


特集中の1週間コンビニだけで食事を済ますサバイバル献立表を拝見して、「何をバカなことを」と思いましたが、詳細に見てみると意外とイケそうな内容でした。


栄養面・価格ともそこそこリーズナブルなので、今更ながらにコンビニは侮れないと感じました。もちろん、私がコンビニを日常使いすることは、これからもなさそうですが・・・





★★ 『 整形外科の歩き方 』でお宝アルバイト獲得のための基本講座を公開中です! ★★






アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

管理人の著書
管理人によるケアネット連載コラム
log_carenet

医師のためのお金の話

管理人も参加しているオンラインサロン
勤務医のための資産形成マニュアル
築古木造戸建投資マニュアル
医師のための 金融資産形成術
医師のための金融資産形成術

タダで自宅を手に入よう!


配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。