整形外科医のブログ

中堅の整形外科医が、日々の気付きを書き記します。投資の成功で働く必要が無くなりましたが、社会貢献のため医師を続けています。

社会

関節リウマチ医のプレゼンス低下が続く?!

このエントリーをはてなブックマークに追加


リウマチ NEWS LETTER 64をパラパラ流し読みしていると、興味深い記事を拝読しました。松山赤十字病院リウマチ膠原病センターの押領司先生による勤務医からの視点です。


お題は「急性期病院における自己免疫疾患診療の利点と難しさ
」です。急性期病院の利点は下記のごとくです。

  • 各種検査を迅速に実施できる
  • 他科との連携が速やかにできる


ほとんどの医師は大規模基幹病院の勤務経験があると思うので上記は納得できるでしょう。一方、自己免疫疾患診療の難しさがあるとは思ってもいませんでした。


その難しさとは、経営的な観点では自己免疫疾患診療は大きな役目を果たすことができない点だそうです。急性期病院では、経営の観点で外来患者数を減らす動きが強まっています。



このことは、外来診療がメインとなる自己免疫疾患診療には逆風になります。そして最大の難しさは、患者さんがよくなるほど入院が減り医業収入が減少することです。


外来患者さんのアウトカムが向上すると、入院が減るため医業収入が減少して逆風になります。更に院外処方に切り替わると、ますますその傾向が強くなります。


まさに小児科が低収益だと叩かれるのと同じ構図が繰り返されているようです。少なくとも現在の状況では、自己免疫疾患診療のプレゼンス低下は避けがたいと言わざるを得ません。


自己免疫疾患診療は膨大な知識が必要なので、医師の中の医師であるという認識を抱いていましたが、どうやら院内でのプレゼンスとは別問題のようです。


医業収入なんて関係ない!患者さんがよくなればいいんだ! というスタンスではやっていけないところが大人の事情ですね...。


生物学的製剤全盛の風潮からは想像しにくいですが、製薬会社の隆盛と反比例して、自己免疫疾患診療科の地盤沈下は進行しているようです。






★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★

 
初学者が関節リウマチの治療体系を俯瞰するにあたり、最もお勧めの書籍です

病院勤務は社会勉強になる?!

このエントリーをはてなブックマークに追加


先日、外来受付で最近まで入院していた患者さんに呼び止められました。労災の事務関係の手続きで病院に来たらしいですが、会うなり怒涛のように愚痴を聞かされました...。


特に私に対するクレームではないのですが、とにかくネガティブなオーラがすごいです。ほんの2~3分話しただけなのですが、こちらまですごくネガティブな気持ちになりました。


ここまでくると一種の才能かと思うほどのネガティブオーラです。こんなに酷い人は珍しいですが、入院中は誰に対しても常に同じ態度だったことを思い出しました。


私たちは職業柄いろいろな人に会いますが、病院という場所柄かネガティブな人の含有率が多い気がします。


そして、ネガティブな人に対しては、無意識のうちに近づかないようにしようという気持ちが芽生えている自分に気付きました。


おそらく、多くの人が同じように感じているのではないかと思います。このことは、自分自身の社会に対するかかわり方のアンチテーゼとして非常に重要な経験だと思いました。


やはり、ネガティブさを前面に押し出して社会に接しているとロクなことが無いことを実感します。できるだけ関わり合いを持たないようにしようと思ってしまうので...。


逆に言うと、朗らかにしているだけでずいぶんトクだと思います。人の振り見て我が振り直せではないですが、病院にいると結構社会勉強になると感じました。






★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★

 
初学者が整形外科の外来や救急業務を遂行するにあたり、最もお勧めの書籍です


    



災害時は平常時の医療は通用しない!

このエントリーをはてなブックマークに追加


先日、リウマチ NEWS LETTER 64をパラパラ流し読みしていると、興味深い記事を拝読しました。鹿児島大学 血液・膠原病内科の秋元正樹先生による災害とリウマチ性疾患です。


秋元先生は、2011年3月11日の東日本大震災に際して、3月17日から宮城県石巻市に救護班として出動したそうです。秋元先生は日本DMAT隊員で災害医療について熟知しています。


そのようなバックグランドの秋元先生が、実際の大規模災害現場で感じたことをまとめられていました。その中でも特に「
災害時は平常時の医療は通用しない」に感銘を受けました。



関節リウマチに対してはMTXがアンカードラッグであり、代わりにステロイドを使用するなどもってのほかですが、災害時にはそうとも言い切れません。


災害時は水や食料が不足して患者は脱水状態になっている可能性が高いです。そんな時にMTXがあっても内服するべきか否かは慎重に検討するべきです。


平常時であれば MTXが常識!ですが、大規模災害時には降圧薬さえも不足している状況です。MTXは入手困難ですが、もし入手できたとしても投与は慎重になるべきとのことです。


私自身は大規模災害の渦中に巻き込まれたことは無いですが、平常時の医療は通用しないことに軽い驚きを感じました。


大規模災害が発生しないことを祈りつつも、もし発生した場合には現地の状況を総合的に判断したうえで最適と思われる医療を提供したいものです。






★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★

 
初学者が関節リウマチの治療体系を俯瞰するにあたり、最もお勧めの書籍です

変化に対応できる者が生き残る

このエントリーをはてなブックマークに追加


私がメインで勤務している医療機関の仕事納めは28日(土)でした。手術日は月~金なので、普段は土曜日に手術をすることはありません。


しかし、今年は年始から人工関節の予定手術が非常に多いこともあり、土曜日にもかかわらず午後から人工骨頭置換術を施行しました。


土曜日の予定手術を施行するにあたり、手術室・麻酔科・機械メーカー様にご尽力いただきました。本当に感謝しかありません。。。


午後の人工骨頭置換術の後は、17時までにひととおり病棟回診を終えました。18時から整形外科の忘年会がありました。そのまま二次会に流れて、なかなかハードな1日でした。


いつも 17時以降はきれいさっぱり勤務先のことを忘れる(?)のですが、この日は遅くまで整形外科の話題で盛り上がりました。たまには整形外科医的な過ごし方も良いものです。




さて、29日以降は山積している課題の片付けに追われます。年末にいくつかのビジネスを終了させるので、残務処理の手配をおこなっています。


こちらは、ルーチンワークでばないため精神的に非常に疲れます。年末に廃業といっても、当然スパッと停止できるわけではありません。


各取引先への入出金処理や契約終了のための作業を行う必要があります。立ち上げ時ほどではありませんが、円滑な廃業も一筋縄ではいきません。


遅いものでは本当に事務作業をする必要がなくなるのは 2020年4月の予定です。新しい事業を立ち上げるのは楽しいですが、廃業時の苦労を考慮しておく方がいいかもしれません。


2013~2018年は投資ポートフォリオを激変させましたが、2019年は事業ポートフォリオを大幅に変化させました。やはり、投資と比べて事業のポートフォリオ変更は大変です。


ちなみに2013年以降の投資ポートフォリオの変更は、購入主体の時期から売却主体の時期への市場トレンド変換に伴うものでした。予想ではなく変化に対応した戦略変更です。


変化が速い世の中では、強者ではなく変化に対応できる者が生き残ります。今後も投資・事業のスクラップアンドビルドが続くと予想しますが、くじけずに頑張りたいと思います。






★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★

 
初学者がTHAの治療体系を俯瞰するにあたり、最もお勧めの書籍です


    




医療業界はまだまだヌルイ?!

このエントリーをはてなブックマークに追加


先日、メイン勤務先の忘年会がありました。
忘年会では各種の表彰が行われますが、今年は整形外科が受賞対象になりました。


受賞理由は、集患対策で目覚ましい成果があがったためです。今年の後半は集患対策で営業に取り組んだのですが、予想外に結果が出てしまいました。


患者さんが集まり過ぎて、最近では常時20名近くの入院患者さんを抱えています。まぁ、この程度の数は、整形外科勤務医として珍しくはありませんが...。


整形外科を代表してプレゼンした後は、例年のように混沌とした会場模様になりました。関係部署の方々がお酒をつぎに来てくれるのですが、口々に大変ですね~と言ってくれます。


私も「いや~、ホント大変ですよ!」と合わせますが、実際には全然大変ではありません(笑)。職場がシステマティックなのと、営業と言っても上げ膳据え膳だからです。


正直に言って、今回の営業&集患対策に要した労力は、余力の10%にも満たないと考えています。すでに出来上がっている組織をちょこっとハンドリングするだけなので楽勝です。


知名度が無く限られた資本で四苦八苦するスタートアップの営業と比べると、病院の全面的バックアップを得られる営業回りは全く次元が異なります。


今回のようなちょこっと営業でも凄まじい結果が出るのは、ひとえに競合がゼロだからだと思います。つまり、医師自ら直接営業する人がほとんどいないんですね。


このように考えると、医療業界はまだまだ余力があるように思えます。心血注いで営業しなくてもそれなりにやっていける幸せは、他ではなかなか味わえませんから。






★★ お宝アルバイト獲得のための基本講座を公開中! ★★






アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

医療研究を身近な存在とし、医療の未来を作る


管理人の著書

161228 【書影】医師の経済的自由
管理人によるケアネット連載コラム
log_carenet

医師のためのお金の話

管理人による m3.com 連載コラム
管理人も参加しているオンラインサロン
勤務医のための資産形成マニュアル
築古木造戸建投資マニュアル

医師のための築古木造戸建投資マニュアル 1
REITで実践する不動産投資セミナー
190122
医師のための 金融資産形成術


配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール

自由気ままな整形外科医

・医学博士
・日本整形外科学会専門医
・日本リウマチ学会専門医
・不動産投資家
・超長期金融資産投資家
・ビジネスオーナー
・宅地建物取引主任士

QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。