整形外科医のブログ

中堅の整形外科医が、日々の気付きを書き記します。投資の成功で働く必要が無くなりましたが、社会貢献のため医師を続けています。

社会

目からウロコ! 医師の同時通訳団

このエントリーをはてなブックマークに追加

Medical Tribuneで興味深い記事がありました。
【Essay】脳神経外科同時通訳ブースより です。




  タイトルを見て、脳神経外科医が同時通訳とはどういうこと?と思われたかもしれません。日本脳神経外科同時通訳団は、日本脳神経外科学会学術総会や日本脳神経外科コングレス総会などで同時通訳を担当するユニークな補佐組織で、私はその団長を約15年間務めています。団員は全て脳神経外科学会の学会員、すなわち、脳神経外科医です。多くの医学会がグローバル化に対応して、抄録や発表スライドを英語に限定したり、英語での発表を義務付けたりしています。脳神経外科学会では、1987年に同時通訳団結成の機運が高まり、最初は外国留学歴5年以上の医師十数人の勉強会からスタートしました。現在、約50名が活動しています。


 大きな学会ではシンポジウムが幾つも組まれ、招待された外国人演者が参加するケースが多いと思います。同時通訳団の役割は、彼らが日本人シンポジストのプレゼンテーション(日本語)を理解し、座長やフロアからの質問や討論(通常は日本語)にスムーズに答えたり、コメントができるよう支援することです。シンポジウム自体を英語で行う方法もありますが、そうすると往々にして語学力がネックになり、討論の深みが不十分になることを経験していらっしゃると思います。母国語での討論の方が、より実り多いdiscussionになるのは自明の理です。


 同時通訳のブースは、学会場の後方、あるいは2階に設置されます。通常3〜4名でチームを組み、ブース内で発表スライドを見ながら、日本語を英語に訳した音声を外国人演者に送っています。レシーバーをつけた外国人演者が日本語の質問や討論の内容を正しく理解し、的確な発言をしてくださるのが大きな喜びですが、確実に伝えられているかどうか、常に大きなプレッシャーを感じているのも事実です。


 脳神経外科医が同時通訳をする意義はどこにあるでしょうか。重要なのは、同じ脳神経外科医が行う発表なので、スライド内容を容易に理解できるだけでなく、場合によっては次のスライドの内容が推測できるという点です。これは、一般のプロの同時通訳者には不可能であり、脳神経外科医自身が同時通訳を行う最大のメリットといえます。また、学会員に同時通訳団の存在がよく知られているため、ともに活動したいという若手脳神経外科医が多く、いい意味での「グローバル化」に貢献できる点も挙げることができます。


 同時通訳団は、毎年1泊2日の夏期研修会を開催し、英語をブラッシュアップします。研修会には10~20名の若手脳神経外科医が新たに参加し、同時通訳のトレーニングや実践を積んだ上で、シニアメンバーが採点を行い、新しく通訳団に加わるメンバーを決めています。正式な通訳ブースを4つ用意し、実際に使用するのと同じレシーバーを用います。参加者は皆、ある程度英語に自信を持っています。しかし発表スライドを見ながら日本語プレゼンを英訳し、空白をつくらずマイクで話すのはかなり大変な作業です。空白時間は一種の禁忌で、同時通訳は音声を発し続けることが原則です。毎年、初回の実践トレーニング直後は、ブース内が新人の悲鳴とため息であふれます。トレーニング後はtrainerもtraineeもぐったりとなりますが、通訳スキルの獲得だけでなく、英語学習への意欲が飛躍的に高まる、充実した2日間です。


 通訳団メンバーが日ごろから実践しているトレーニングを2つ紹介しましょう。1つはnative speakerの英語を聞きながら0.5秒遅れで声に出して再現する「シャドーイング(shado­wing)」。もう1つは日本語の論文を読みながら、冒頭からどんどん英語に訳していく「サイトトランスレーション(sight trans­lation)」。日本語は肯定・否定が最後にくる、ということにこだわっていては同時通訳は務まりません。これらを毎日最低15分は行うのを目標にして、英語能力を磨く努力をしています。


 また、「読みやすいスライド」は同時通訳もしやすい、ということがよく分かります。7行ルールと呼ばれる大きなフォントを用いること、スライドの背景が明色なら文字は暗色、暗色なら文字は明色を使うことなど、スライド作成についてもいろいろ学ぶ点があります。  脳神経外科の同時通訳がどのように行われているか興味がある方は、夏期研修会を見に来ていただくとその様子がよく分かると思います。他科の先生でも見学OKです。研修会幹事の許可をいただければ、同時通訳ブースでのわくわく体験の機会もあるかもしれません。We al­ways welcome you.





恥ずかしながら、学会で医師が同時通訳するという発想自体が無かったです。たしかに、岡山大学の伊藤教授のおっしゃられるように、専門医の方が有利な面があります。


いくら医学的知識に富んだプロの同時通訳者といっても、専門的知識に関する理解の深さは比較になりません。医学素人の通訳を介さずに外国人と意思疎通できることは理想的です。


私自身、hearingだけなら学会で不自由を感じたことはないですが、speakingとなると確かに通訳者の力を借りて日本語で話す方が真意が伝わりそうです。


いずれにせよ、このような同時通訳団が存在することは、脳神経外科学会にとって好ましいことだと思います。整形外科学会にも同時通訳団があるといいですね。








★★ 管理人お勧めの医学書 ★★
 


広島大学名誉教授の津下先生による、手の外科における必須の医学書です。特に、「私の手の外科」は津下先生直筆のイラストが豊富で、非常に分かりやすく実践的な医学書です。


 







あなたは忖度していますか?!

このエントリーをはてなブックマークに追加

森友学園問題や加計学園問題で有名になった忖度(そんたく)。
意味はもちろん、他人の心情を推し量ること、推し量って相手に配慮することです。


国難レベルの東アジア情勢から考えると、どうでもいい話題に拘泥しているマスコミや野党にうんざりしていますが、良くも悪くも忖度はひとつのキーワードです。


さて、身近なところにある忖度について考えてみました。勤務医であれば、経営陣や職員に対する対応が該当します。


例えば、経営陣の知人を診てほしいという依頼があった場合に、どのような対応をするのが適切なのでしょうか? 


私なら、全力で忖度します(笑)。例えばロータリークラブ仲間の経営者を診てほしいという依頼があった場合、受診日が直前であってもMRIまで含めて最優先で外来予約します。


忙しいであろう経営者の知人が最短時間で気持ちよく受診して帰宅できるように、できるだけの配慮と手配を行います。


病院の門をくぐってから、受付→問診→単純X線像→MRI→診察→支払いまでを2時間以内に完了できるように細心の注意を払うのです。


患者さんは平等なので特別扱いはしないと言う人を時々見かけますが、社会的貢献度の高い忙しい人と時間を持て余している高齢者を同列に扱って良いわけはないと思っています。


知人に対する好接遇は、経営陣に対する
彼らの高評価につながります。これって、経営陣にとっては何事にも代えがたい勲章なんですね。


職員さん家族も同様です。例えば、職員さんのご両親が受診した際に「いつも〇〇さんにはお世話になっております」と、医師の口から言われて悪い気がする人は居ません。


こういうところでふんだんに忖度していると、組織内で非常に居心地の良い立場になります。周囲に対するリスペクトとしての忖度は、どんどん行うべきではないかと思います。







★★  医師のキャリア革命(オンラインサロン)  ★★


「経済的自由」を手に入れるために Facebookを利用した非公開のオンラインサロンに参加してみませんか?



gg - コピー




本サロンの目標は、参加者全員に生涯途絶えることのない "複数の収入の流れ"  を得るための " 学びの場 "  を提供することです。


資産形成マニュアルで、医師が効率よく資産形成を実践するノウハウを公開しましたが、本サロンはそのフォローアップの場と位置付けています。


それぞれの参加者たちが得た知識や体験を共有し、集合知を形成する。集合知は、サロンのメンバーが未知の航海に旅立つ際の羅針盤となる


そのような " 学びの場 "  を

  •  整形外科医のための英語ペラペラ道場
  •  整形外科医のブログ 

​ ​
がタッグを組んで運営します!!
参加希望の先生方は、こちらからお願いします




医師のジェネリック率が低い理由

このエントリーをはてなブックマークに追加

本日の日経で興味深い記事がありました。
後発薬普及、阻むのは医師? 協会けんぽが業種別使用率を初調査  です。





医療費の膨張を抑える役割を期待される後発医薬品(ジェネリック)。その使用率を調べると、医師や看護師など医療従事者の使用率がすべての業種の中で最も低いことが分かった。医師らは価格の安い後発薬の使用を患者に勧める立場だが、「自分たちが使うのは嫌」という実態が浮き彫りに。保険料負担が上昇し続けている会社員らから強い不満が出そうだ。





この記事を読んで、やっぱり考えることは皆同じだなと思いました。私も自分や家族には、先発品を処方してもらいます。ジェネリックにするのは一部の外用剤ぐらいです。


「新薬と同じ有効成分で、同じ効き目の価格の安いお薬」というジェネリックのキャッチフレーズは、JARO(日本広告審査機構)に訴えた方がよいのでは?と思っているほどです。


真面目に患者さんの診療を行っている医師であれば、先発品とジェネリックの差を肌で感じると思います。ジェネリックは効果がイマイチな割に、副作用が多い傾向にあります。


私なら価格が高くても、安全で効果を見込める先発品を希望します。全国の医師や看護師といった現場を知っている医療従事者が、先発品を選好するのは当然のことでしょう。


ただし、私はジェネリックを否定しているわけではありません。きっちりと「新薬よりやや効き目は落ちるが、価格は安いお薬」とアナウンスするべきだと思っているだけです。








★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★


 
一般的で使用頻度の高い、鎮痛薬・睡眠剤・感冒薬・胃薬・止痢薬・去痰薬・便秘薬等の薬剤が、全13章にわたって系統立てて書かれています。それぞれの章の最初に、薬剤の分類図が記載されています。各系統間の薬剤の使い分けも平易な文章で書かれており実践的な書籍です。









姉妹本に『類似薬の使い分け』があります。こちらは全15章からなり、降圧剤、抗不整脈薬、狭心症治療薬、脂質異常症治療薬、糖尿病治療薬、消化性潰瘍治療薬、鎮咳薬、皮膚科疾患治療薬、抗菌薬などが1章ずつ割り当てられています。








20年後も医師で食べていけるのか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

今週号の週刊ダイヤモンドは興味深い特集でした。
20年後も医学部・医者で食えるのか? です。







内容的には、いつもの医師系特集の焼き回しで、目新しいことは特にありませんでした。あえて言うなら、フリーランス医師目線で編集されているため、かなり偏った内容です。


一番気になる20年後も医者で食えるのか? という命題は、単なるアンケートでお茶を濁しているだけです。しかも、アンケートが識者(?)53名なので、集合知にもなりません。


正直言って、定期購読者の私としてはがっかりな内容でしたが、週刊ダイヤモンドを定期購読している層でなければ、総まとめ的なのでお勧めではあります。


さて、この特集で学んだことは下記3点です。医師の将来性とは関係ないパートが興味深かったです。

  1.  小学校時代からはじまる「安定」「高収入」医者への道
  2.  パラメディカルの働き方が多様化しつつあり、起業家が出現している
  3.  昔は存在しなかった職種が誕生している




小学校時代からはじまる「安定」「高収入」医者への道


三大都市圏の私立中高一貫校生が圧倒的に有利で、公立トップ校生はよほどの才能が無い限り、旧帝・旧六には届かないようです。


ちなみに私の出身大学も、昔は公立トップ校生も結構いましたが、今は全国的に有名な3つの私立中高一貫校だけで入学者の30%を超えています。異常ですね。。。



パラメディカルの働き方が多様化しつつあり、起業家が出現している


四大卒看護師の増加とともに、起業家が目立ち始めました。看護領域にとどまらず、健診、看取り、AIを用いたスクリーニングプログラム等、医師が始めてもおかしくない領域です。



③昔は存在しなかった職種が誕生している


胚培養士、遺伝カウンセラーなどの初めて名前を聞くような職種が誕生しています。しかもそこそこ高収入のようです。




医療を取り巻く状況は激変しつつあります。30年前のバブル時には、東京大学に合格できる学力があるのに医学部に進学する等は「変わり者」扱いでしたが、今では隔世の感です。


その感覚でいくと、30年後はさらに想像できない世界になっていることでしょう。「安定」「高収入」を目的に医学部を目指すってアホですか? となっていそうです。





★★  医師のキャリア革命(オンラインサロン)  ★★


「経済的自由」を手に入れるために Facebookを利用した非公開のオンラインサロンに参加してみませんか?



gg - コピー




本サロンの目標は、参加者全員に生涯途絶えることのない "複数の収入の流れ"  を得るための " 学びの場 "  を提供することです。


資産形成マニュアルで、医師が効率よく資産形成を実践するノウハウを公開しましたが、本サロンはそのフォローアップの場と位置付けています。


それぞれの参加者たちが得た知識や体験を共有し、集合知を形成する。集合知は、サロンのメンバーが未知の航海に旅立つ際の羅針盤となる


そのような " 学びの場 "  を

  •  整形外科医のための英語ペラペラ道場
  •  整形外科医のブログ 

​ ​
がタッグを組んで運営します!!
参加希望の先生方は、こちらからお願いします




画像診断AIの実用化時期はいつ?

このエントリーをはてなブックマークに追加


AI関連で、m3.comに興味深い記事がありました。
画像診断AIの実用化「当初期待より遅れる」です。


AIの劇的な進化によって、最初のスケープゴートになるのは放射線科医師ではないのか?という意見は多いです。それでは、AIはいつごろ放射線科医師を代替するのでしょうか?





米メイヨクリニックの放射線科教授のブラッドリー・J・エリックソン氏は2016年のウェブ講演会で、「5年後にはマンモグラフィーと胸部単純X線、10年後にはCT、MRI、超音波、15~20年後にはその他の画像診断がAIに代替される」と語っている。


ただ、昨年、中田氏がエリックソン氏にこの発言について確認したところ「ちょっと遅れている」という見解だったという。





これは、上記の問いに対する放射線科医師の権威の回答です。一気に放射線科医師がAIに置換されるわけではなく、段階的に代替されていく予想のようです。


その最大のハードルは、画像診断AIのディープラーニングに必要とされている、膨大な数の「
正解付きデータ」の整備です。


インターネット上にある画像については、インターネット上の画像の正解付きデータベースであるImage Netのおかげで認識精度が飛躍的に改善しました。


しかし、医療用画像診断では、正解付きデータベースが十分に整備されておらず、このことが画像診断AI進化のボトルネックになっています。


ただ、問題点は正解付きデータベースだけなので、データが揃うと、あっという間に精度の改善された画像診断AIが実現化します。


こうなると人間では太刀打ちできなくなるので、やはり診断系の科が最もAIの脅威にさらされていると言えそうです。


このことが実現化すると、診断系の科から治療系の科への大移動が発生しそうです。そう遠くない未来予想図なので、今から医師になる人はよく考えるべきかもしれませんね。






★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★


豊富な図や画像が提示されているため、ほとんどの骨折や脱臼に対応することが可能です








アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

管理人の著書

161228 【書影】医師の経済的自由
管理人によるケアネット連載コラム
log_carenet

医師のためのお金の話

管理人による m3.com 連載コラム
管理人も参加しているオンラインサロン
勤務医のための資産形成マニュアル
築古木造戸建投資マニュアル

医師のための築古木造戸建投資マニュアル 1
医師のための 金融資産形成術
医師のための金融資産形成術

タダで自宅を手に入よう!

医師のための収益マイホーム購入マニュアル


配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール

自由気ままな整形外科医


・医学博士
・日本整形外科学会専門医
・日本リウマチ学会専門医
・不動産投資家
・超長期金融資産投資家
・ビジネスオーナー
・宅地建物取引主任士

QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。