整形外科医のブログ

中堅の整形外科医が、日々の気付きを書き記します。投資の成功で働く必要が無くなりましたが、社会貢献のため医師を続けています。

クリニック開業

生き残れる医師の3タイプ


週刊ダイヤモンドの2016.12.17号に興味深い広告記事がありました。
医学部医療人への道 テクノロジーの進化が医者の働き方を変えてゆく です。


日本医療政策機構という民間シンクタンクの理事をされている宮田俊男先生への取材記事のようです。ちなみに、私は日本医療政策機構のことを全く知りません。


遠くない未来、ビックデータや人工知能(AI)の進化で、テクノロジーに任せられる領域が多くなり、人間でしかできない作業だけが残されます。


医療の世界では、診療履歴・遺伝子情報などがビックデータに蓄積され、究極の個別化医療へと進んでいきます。


記事の中で、宮田先生はこのようなテクノロジーの進化のために、これからは下記の3タイプの医師しか生き残れないだろうとおっしゃられています。

  1. 家族や地域にコミットするかかりつけ医
  2. 匠の技を持つ職人的な医師
  3. マネジメント能力をもつ医師


まず①ですが、普段から家族の健康状態や生活環境などをよく把握して、いざ病気になったときに適格な判断をしてゆく役割が期待されるとおっしゃられています。


しかし私が感じたのは、このようなジェネラルな立場の医師が真っ先にAIに置換されるのではないかという疑念です。


コミュニケーションの大事さが強調されていますが、果たしてコミュニケーション能力に長けた医師と幅広い病気を自動で診断するAIとでは、どちらに患者さんのニーズがあるでしょうか???


②に関しては、まさにその通りだと思います。特に外科系・循環器内科・消化器内科のスペシャリストの持つ匠の技を、AIに置換することは困難を極めると思います。確実に生き残るでしょう。


次に③ですが、これは医師でなくても問題ないような気がします。むしろ、プロ経営者が医療機関のトップに立って組織を運営する方が結果を出せるのではないでしょうか。


この際にポイントになるのが、どこまでトップの権限を強化できるかだと思います。この点さえクリアされれば経営者が医師である必要性は低いと思います。


ここまで、「生き残れる医師」に関してやや否定的な意見を述べてきましたが、宮田先生は2016年11月1日に地域密着医療のクリニックを開業されたようです。


「生き残れる医師①」を自ら体現しようとしています。つまり、宮田先生は自分の予想に基づいて行動をおこしました。決して軽々しい予想ではなく、自分の将来を賭けての予想なのです。







★★ 『 整形外科の歩き方 』でお宝アルバイト獲得のための基本講座を公開中です! ★★






クリニックM&A(継承)考えようかな


私は、いつも ” 勤務医最高!" と思っています。
しかし、意外にも私は将来的にクリニックを所有したいと考えています。


「クリニックを開業する」ではなく、「クリニックを所有する」というところがミソです。クリニックを所有したい理由はいくつかありますが、その主なものは下記の3つです。

  1.  持分なし医療法人を利用した相続対策
  2.  ビジネス・ポートフォリオの幅を広げるため
  3.  収益不動産としてのクリニック


結構ドン引きされそうな理由かもしれませんね(笑)。もちろん、地域への貢献なども理由として挙げられるでしょうが、先端機器を利用できる勤務医として働いているので説得力に欠けます。


やはり、クリニックを所有するからには経済的なメリットを語らないのは片手落ちではないでしょうか。しかし、上記のような考え方をしている医師は、あまり居ないのではないかと思います。


まず①ですが、持分なし医療法人は、公益財団法人ほどではないものの、一般社団法人や一般財団法人より設立が難しいです。何といっても「医師」でなければ設立できませんから。


現時点で最強の相続税対策は持分の無い一般社団法人ですが、富裕層が猫も杓子も一般社団法人に群がっているため、将来的には税法の抜け道が塞がれることは必至でしょう。


しかし、医療法人や公益財団法人は規制の網がら逃れる可能性があります。何故なら誰でも設立できる一般社団法人と異なり、設立のハードルが比較的高いからです。


このため、現在勤務医であっても、子供が医学部合格に成功すれば、相続対策の一環で持分なし医療法人を買収することを検討してみると面白いかもしれません。


②に関しては、鳥なき島のコウモリの話に通じます。参入障壁の高い業界はそれだけで魅力的です。参入障壁の無い海千山千の猛者が跋扈する業界で勝ち残るのはかなりしんどいです。


私のビジネスは、不動産賃貸業、旅館業、空室対策支援事業などですが、前2者は競争相手の(経営的な)レベルがさほど高くない人が多い業界なのでオペレーションが楽です。


これらに、参入障壁の高いクリニック経営を加えれば、ビジネス・ポートフォリオの幅が広がります。ただし、後述のクリニック買収価格の相場を考えると、高利回りとは言い難いです。


③に関しては、好立地にあるクリニックは収益不動産としても魅力的です。クリニックからの収益を基に銀行融資をひくことが可能なので、普段手が出せない地価の物件でも購入可能です。


好立地のクリニックは集患に有利なので、クリニックの収益性にも資することになります。やはり、クリニックの成功では、立地が最優先される要因だと思います。


では、一般的にクリニックのM&A(継承)では、どの程度の価格で取引されているのでしょうか?相対取引で個別性も高いことから一概には言えませんが、概ね下記が相場のようです。




クリニックの売買価格 = 不動産価格+設備資産価格+のれん代



のれん代は、医業収益(レセプト)の3ヵ月分と言われています。医業収益経常利益率は概ね25%程度なので、レセプト3ヵ月分(3/12)は、クリニックが1年間に稼ぎ出す利益に相当します。


例えば、医業収益1億円のクリニック(テナント物件)では、約2500万円の利益となります。ここから院長に給与を2000万円支払うと手元には500万円残ります。


レセプト3ヵ月の2500万円で購入できれば、利回りは500万円÷2500万円=20%です。自分がクリニックで働くのなら利回り100%ですが、人を雇うと20%なので高利回りとは言い難いです・・・


ここまで書いてクリニックのM&Aに対する熱が少し冷めてしまいましたが、好立地のクリニックを購入できるチャンスがあれば、チャレンジしたいと思います。




★★ 管理人監修の資産形成マニュアル ★★
 


管理人監修の「勤務医の、勤務医による、勤務医のための資産形成マニュアル」です。高度な医療技術で社会貢献するためには経済的安定が不可欠! という信念のもと、管理人は多くのメンターから指導を受けました。

その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。既に資産運用をしている方でも、勤務医のアドバンテージを生かした新しい考え方が見つかるかもしれません。

PDF版の販売で、30日間の返品保証付きです。当直1回分にも満たない価格なので、本マニュアルの手法を実践すれば、あっという間に元が取れると思います。 尚、医師以外の方のご購入はご遠慮ください。



情報教材表紙




クリニック開業に夢はあるのか?


ときどき、病院宛てに開業コンサルタント会社からダイレクトメールが送られて来ます。
時間のあるときにパラパラ見ますが、先日送られてきた雑誌に興味深い資料がありました。


そのコンサルタント会社の顧客(新規開業医)の医業収益高経常利益率は44%となっていました。ちなみに平成26年度のTKC医業経営指標は下図です。


キャプチャ - コピー


( TKC医業経営指標 平成26年版 )


どこまで本当なのか分かりませんが、44%という医業収益高経常利益率は、全国の個人開業医の経常利益率の平均である25%よりもかなり良い数字であることが分かります。


ちなみに経常利益は、診療報酬から薬剤費・検査費・人件費・支払利息・賃料などクリニック運営のために必要な費用を差し引いて残った利益です。院長の給与は経常利益から捻出されます。


今回の件で、改めて個人開業医の懐具合を精査してみました。TKCの資料に則り、医業収益の平均を1億円としたときに、経常利益は約2500万円です。


ここから銀行への返済元金(既に利子は費用計上されています)を控除すると、個人所得は2000万円程度ではないでしょうか。そこから更に個人所得・住民税が控除されます。


確かに勤務医の給与所得よりは高いですが、経営リスクや自身の健康リスクを背負っていることを考えると、開業医は割りに合わないと思ってしまうのは私だけでしょうか?


もちろんTKCの資料は平均値に過ぎません。企業家精神を発揮して大きな医業収益を叩き出す方もたくさんいます。しかし多施設展開しない限り時間の制約というガラスの天井があります。


高収益を狙える何らかの武器を持って開業しないかぎり、将来的な見通しが立ちにくそうな印象です。少なくとも私なら、経済的な理由で整形外科の開業は選択しないかなぁ・・・



★★  医師のための資産形成講義  ★★


第88回日本整形外科学会学術総会期間中の2015年5月23日に開催した、本ブログ管理人による 「医師のための資産形成セミナー」 の動画、および講演で使用したスライドです。


2015神戸セミナー



本セミナーは経済的自由獲得を目指す医師向けに開催しました。 資産形成マニュアル は、医師に最適化した資産形成手法だと自負していますが、文書だけでは伝わらないことも多いです。


講義内では、資産形成マニュアルにおいて文面だけでは伝えきれなかった資産形成のコツや、寝ていても定期収入をもたらしてくれる 「資産の自動運転化」 を中心に説明しています。 



資格コレクターにご注意!


今日は、医師人生に大きな影響を与える資格・学位取得の話です。
医師をしていると、何らかの資格取得を勧められる機会が多いです。


例えば、整形外科医であれば整形外科専門医、リウマチ専門医、リハビリテーション専門医などなどです。これに加えて学位を取得することを強く勧められる方も多いと思います。


もちろん、興味があって専門医や学位を取得するケースは何の問題もありません。ただ、「周囲が取得するから何となく取得する」パターンは注意が必要だと思います。


専門医や学位を取得するために必要なエネルギーや時間は半端ではありません。かなりの犠牲(コスト)を払って取得する目的やメリットを再度確認する必要があると思うのです。


そして、必要とされるコストと比較してメリットが少ないと思われる専門医資格や学位は、本当に取得する意味があるのかを再度考えることは重要だと思います。


旧帝や旧六以外の医局制度が崩壊して久しいですが、今後更に医療業界の流動性が高まると思います。その際に重要なのは資格や学位ではなく、臨床能力とコミュニケーション能力です。


もちろん整形外科医なら、日本整形外科学会専門医取得は必須だと思いますが、それ以外の専門医資格はコストとメリットを比較して意志決定するべきでしょう。


上司や同僚に流されて「何となく」取得するのは忌避するべきだと思います。私がこのように感じるのは、自分が実臨床で役に立っていない専門医資格を複数持っている反省があるからです。


例えば、関節リウマチを専門とするなら日本整形外科学会専門医と日本リウマチ学会専門医は必須です。しかし、その他の専門医資格は必要でしょうか?


また、開業することが最終目的の場合、学位を取得するメリットはどれほどあるのか? このあたりを充分に検討して方向性を決めるべきだと思います。


周囲を観察して思った開業で成功するポイントは、①立地 ②コミュニケーション能力 です。臨床能力や ” 箔 ” も重要かもしれませんが、①②のファクターほど影響は大きくないと思います。



      ★★ 管理人監修の「医師のための築古木造戸建投資マニュアル」 ★★
 


なぜ、築古木造戸建なのか? 不動産業者が勧めるピカピカの投資用新築マンション投資など全く比較にならない旨みが、一見地味な築古木造戸建には隠されています。


勤務医のあなたが開業医並みの収入を得て富裕層に到達する方法!」で提唱した築古木造戸建投資の実践版です。勤務医のあなたなら税制を絡めて低リスクに実践可能な投資手法です。


多忙な医師が時間をかけずに知識を習得することを目的に、パワーポイントのプレゼンテーション形式となっています。ポイントだけに絞っているので1時間以内に概要を掴むことが可能です。


全143スライドのPDF版ダウンロード販売で、30日間の返品保証付きです。当直1回分にも満たない価格なので、本マニュアルの手法を実践すれば、あっという間に元が取れると思います。


尚、医師以外の方のご購入はご遠慮ください。



医師のための築古木造戸建投資マニュアル 1


                医師のための築古木造戸建投資マニュアル


さすが、地域一の繁盛クリニック!


先日、アルバイト先のクリニックで夜診をしている際に、おもしろい発見がありました。
上腕骨外上顆炎(テニス肘)の新患患者さんを診察した後の出来事でした。


一通りの診察を行い、病名と治療方針についての説明を行いました。その後、中待合で看護師さんが病因やストレッチの仕方を5分ぐらいかけて丁寧に説明していることに気付いたのです。


これだけ丁寧に説明すると患者さんの満足度はかなり上がると思います。医師が説明することが望ましいでしょうが、多くの患者さんを診察する必要があるので現実的ではありません。


限られた医療資源を最大限活用して患者さんの満足度アップに努めているクリニックの診療姿勢を見ると、このクリニックが地域一繁盛している理由がよく分かります。


決して昔からの老舗クリニックだから繁盛しているわけではないのです。私は、数年前まで基幹病院に勤めていたので、両者の診療姿勢の違いを見ると感慨深いものがあります。


確かに医療レベルでは基幹病院と比較になりませんが、アクセスの容易さや患者さんの満足度まで含めた総合評価では、結構いい勝負をしていると思います。


病院勤務医は少なくとも外来に関しては歩合制ではありません。このため治療で結果を出すことを最優先とするあまり、患者さんの満足度は二の次にする傾向があります。


このような意識のまま開業してしまうと、集患に苦労する原因になるかもしれません。そういう意味ではアルバイト医としてクリニックで診療することはメリットがありそうです。




 ★★ 『 整形外科の歩き方 』でお宝アルバイト獲得のための基本講座を公開中です! ★★


      




アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

           管理人の著書
   勤務医のための資産形成マニュアル
      医師のための 資産形成講義
2015神戸セミナー

      築古木造戸建投資マニュアル
      医師のための 金融資産形成術
医師のための金融資産形成術

        タダで自宅を手に入よう!
   資産形成のコンサルテーション・サービス


SRI一橋大学消費者購買価格指数
.
配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール
QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。
  • ライブドアブログ