整形外科医のブログ

中堅の整形外科医が、日々の気付きを書き記します。投資の成功で働く必要が無くなりましたが、社会貢献のため医師を続けています。

クリニック開業

クリニック開業に夢はあるのか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

ときどき、病院宛てに開業コンサルタント会社からダイレクトメールが送られて来ます。
時間のあるときにパラパラ見ますが、先日送られてきた雑誌に興味深い資料がありました。


そのコンサルタント会社の顧客(新規開業医)の医業収益高経常利益率は44%となっていました。ちなみに平成26年度のTKC医業経営指標は下図です。


キャプチャ - コピー


( TKC医業経営指標 平成26年版 )


どこまで本当なのか分かりませんが、44%という医業収益高経常利益率は、全国の個人開業医の経常利益率の平均である25%よりもかなり良い数字であることが分かります。


ちなみに経常利益は、診療報酬から薬剤費・検査費・人件費・支払利息・賃料などクリニック運営のために必要な費用を差し引いて残った利益です。院長の給与は経常利益から捻出されます。


今回の件で、改めて個人開業医の懐具合を精査してみました。TKCの資料に則り、医業収益の平均を1億円としたときに、経常利益は約2500万円です。


ここから銀行への返済元金(既に利子は費用計上されています)を控除すると、個人所得は2000万円程度ではないでしょうか。そこから更に個人所得・住民税が控除されます。


確かに勤務医の給与所得よりは高いですが、経営リスクや自身の健康リスクを背負っていることを考えると、開業医は割りに合わないと思ってしまうのは私だけでしょうか?


もちろんTKCの資料は平均値に過ぎません。企業家精神を発揮して大きな医業収益を叩き出す方もたくさんいます。しかし多施設展開しない限り時間の制約というガラスの天井があります。


高収益を狙える何らかの武器を持って開業しないかぎり、将来的な見通しが立ちにくそうな印象です。少なくとも私なら、経済的な理由で整形外科の開業は選択しないかなぁ・・・



★★  医師のための資産形成講義  ★★


第88回日本整形外科学会学術総会期間中の2015年5月23日に開催した、本ブログ管理人による 「医師のための資産形成セミナー」 の動画、および講演で使用したスライドです。


2015神戸セミナー



本セミナーは経済的自由獲得を目指す医師向けに開催しました。 資産形成マニュアル は、医師に最適化した資産形成手法だと自負していますが、文書だけでは伝わらないことも多いです。


講義内では、資産形成マニュアルにおいて文面だけでは伝えきれなかった資産形成のコツや、寝ていても定期収入をもたらしてくれる 「資産の自動運転化」 を中心に説明しています。 



資格コレクターにご注意!

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日は、医師人生に大きな影響を与える資格・学位取得の話です。
医師をしていると、何らかの資格取得を勧められる機会が多いです。


例えば、整形外科医であれば整形外科専門医、リウマチ専門医、リハビリテーション専門医などなどです。これに加えて学位を取得することを強く勧められる方も多いと思います。


もちろん、興味があって専門医や学位を取得するケースは何の問題もありません。ただ、「周囲が取得するから何となく取得する」パターンは注意が必要だと思います。


専門医や学位を取得するために必要なエネルギーや時間は半端ではありません。かなりの犠牲(コスト)を払って取得する目的やメリットを再度確認する必要があると思うのです。


そして、必要とされるコストと比較してメリットが少ないと思われる専門医資格や学位は、本当に取得する意味があるのかを再度考えることは重要だと思います。


旧帝や旧六以外の医局制度が崩壊して久しいですが、今後更に医療業界の流動性が高まると思います。その際に重要なのは資格や学位ではなく、臨床能力とコミュニケーション能力です。


もちろん整形外科医なら、日本整形外科学会専門医取得は必須だと思いますが、それ以外の専門医資格はコストとメリットを比較して意志決定するべきでしょう。


上司や同僚に流されて「何となく」取得するのは忌避するべきだと思います。私がこのように感じるのは、自分が実臨床で役に立っていない専門医資格を複数持っている反省があるからです。


例えば、関節リウマチを専門とするなら日本整形外科学会専門医と日本リウマチ学会専門医は必須です。しかし、その他の専門医資格は必要でしょうか?


また、開業することが最終目的の場合、学位を取得するメリットはどれほどあるのか? このあたりを充分に検討して方向性を決めるべきだと思います。


周囲を観察して思った開業で成功するポイントは、①立地 ②コミュニケーション能力 です。臨床能力や ” 箔 ” も重要かもしれませんが、①②のファクターほど影響は大きくないと思います。



      ★★ 管理人監修の「医師のための築古木造戸建投資マニュアル」 ★★
 


なぜ、築古木造戸建なのか? 不動産業者が勧めるピカピカの投資用新築マンション投資など全く比較にならない旨みが、一見地味な築古木造戸建には隠されています。


勤務医のあなたが開業医並みの収入を得て富裕層に到達する方法!」で提唱した築古木造戸建投資の実践版です。勤務医のあなたなら税制を絡めて低リスクに実践可能な投資手法です。


多忙な医師が時間をかけずに知識を習得することを目的に、パワーポイントのプレゼンテーション形式となっています。ポイントだけに絞っているので1時間以内に概要を掴むことが可能です。


全143スライドのPDF版ダウンロード販売で、30日間の返品保証付きです。当直1回分にも満たない価格なので、本マニュアルの手法を実践すれば、あっという間に元が取れると思います。


尚、医師以外の方のご購入はご遠慮ください。



医師のための築古木造戸建投資マニュアル 1


                医師のための築古木造戸建投資マニュアル


さすが、地域一の繁盛クリニック!

このエントリーをはてなブックマークに追加


先日、アルバイト先のクリニックで夜診をしている際に、おもしろい発見がありました。
上腕骨外上顆炎(テニス肘)の新患患者さんを診察した後の出来事でした。


一通りの診察を行い、病名と治療方針についての説明を行いました。その後、中待合で看護師さんが病因やストレッチの仕方を5分ぐらいかけて丁寧に説明していることに気付いたのです。


これだけ丁寧に説明すると患者さんの満足度はかなり上がると思います。医師が説明することが望ましいでしょうが、多くの患者さんを診察する必要があるので現実的ではありません。


限られた医療資源を最大限活用して患者さんの満足度アップに努めているクリニックの診療姿勢を見ると、このクリニックが地域一繁盛している理由がよく分かります。


決して昔からの老舗クリニックだから繁盛しているわけではないのです。私は、数年前まで基幹病院に勤めていたので、両者の診療姿勢の違いを見ると感慨深いものがあります。


確かに医療レベルでは基幹病院と比較になりませんが、アクセスの容易さや患者さんの満足度まで含めた総合評価では、結構いい勝負をしていると思います。


病院勤務医は少なくとも外来に関しては歩合制ではありません。このため治療で結果を出すことを最優先とするあまり、患者さんの満足度は二の次にする傾向があります。


このような意識のまま開業してしまうと、集患に苦労する原因になるかもしれません。そういう意味ではアルバイト医としてクリニックで診療することはメリットがありそうです。




 ★★ 『 整形外科の歩き方 』でお宝アルバイト獲得のための基本講座を公開中です! ★★


      




ウハクリの素人的考察

このエントリーをはてなブックマークに追加


私が斡旋を受けて夜診のアルバイトをしているクリニックは、午後5時から8時までの3時間で55000円です。時給18000円程度なので、それほど悪い条件ではありません。


現院長が開院してから約30年経過しており、地域を代表するクリニックです。診療は月~土の午前6コマ・午後5コマの合計11コマで、院長は午前4コマ+午後2コマ診療されています。


さて、11コマ中6コマしか診療されていないにも関わらず、クリニックは大きな収益を叩き出しているます。アルバイトに55000円×5コマ×4週=110万円/月支払っているにも関わらずです。


どうしてこのようなことが可能なのかを考察してみました。まず外来していて気付くのが、徹底的に仕組み化しており、誰が診察しても同じだけの量の医療行為を行うことができます。


医師が行うのは、診察・処置等の純粋な医療行為のみです。ベテラン看護師が問診から患者さん誘導までの全て取り仕切ってくれます。私はただ座って診察・処置をするだけです(笑)


私のコマだけでリハビリテーションを含めて100名以上の患者さんが受診されます。患者さん単価5000円×100=50万、経常利益率を30%とすると15万円/コマとなります。


私に55000円支払っても10万円は残るため十分にペイするようです。院長の立場から見ると、私の時間を18000円/時間で購入して、50000円/時間を稼いでいることになります。


開院して30年なので、もちろんほぼ無借金経営です。なるほど、これなら必要最小限の時間と労力でクリニック経営を維持できるなと妙に感心しました。


そして何回かに一度は院長の診察予約が入ります。そこで院長と患者さんの人間関係が再度構築されるようです。例えて言うならば院長の患者さんを私が「たまたま代診した」という感覚です。


もちろん、30年にわたって地域医療を支えてきた信頼感と実績があるから、このような離れ業ができるのでしょうが、将来的にはクリニック開業も選択枝のひとつかと思うようになりました。




 ★★ 『 整形外科の歩き方 』でお宝アルバイト獲得のための基本講座を公開中です! ★★


      




診察室での小さな心遣い

このエントリーをはてなブックマークに追加


先日、アルバイト先の診療所で夜診をしている際に、おもしろい気付きがありました。
整形外科の外来診療では、患者さんに診察台へ上がっていただくことが多いと思います。


その際、当然のごとく靴を脱ぎますが、この脱いだ靴を履くための”靴ベラ”を診察室に常備しているのです。看護師さんも積極的にこの靴ベラの使用を勧めています。


整形外科の患者さんは足腰が悪い方が多いので、この小さな心遣いはかなり好評のようです。さすが、地域一繁盛しているクリニックは違うなあと思いながら帰路につきました。


翌日、勤務先の病院での外来で看護師さんにこの話をすると、「何言ってるんですか、ウチにも靴ベラぐらいありますよ!」というではないですか・・・。


しかし、私自身この靴ベラを使用している場面を一度も見たことがありません。つまり、せっかく診察室に靴ベラがあるのに、それを全然有効利用していないのです。


このあたりのサービス精神の違いが、地域一繁盛しているクリニックと、どちらかというと殿様商売的な病院との違いなのかなと妙に得心してしまいました。


いずれにせよ、外来診察室での靴ベラ使用は、診察時間の短縮にもつながるし、患者さんの利便性にも資するので、積極的にお勧めしていきたいと思います。



 ★★ 『 整形外科の歩き方 』でお宝アルバイト獲得のための基本講座を公開中です! ★★


      




アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

管理人の著書

161228 【書影】医師の経済的自由
管理人によるケアネット連載コラム
log_carenet

医師のためのお金の話

管理人による m3.com 連載コラム
管理人も参加しているオンラインサロン
勤務医のための資産形成マニュアル
築古木造戸建投資マニュアル

医師のための築古木造戸建投資マニュアル 1
医師のための 金融資産形成術
医師のための金融資産形成術

タダで自宅を手に入よう!

医師のための収益マイホーム購入マニュアル


配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール

自由気ままな整形外科医


・医学博士
・日本整形外科学会専門医
・日本リウマチ学会専門医
・不動産投資家
・超長期金融資産投資家
・ビジネスオーナー
・宅地建物取引主任士

QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。