整形外科医のブログ

中堅の整形外科医が、日々の気付きを書き記します。投資の成功で働く必要が無くなりましたが、社会貢献のため医師を続けています。

資産形成

ビジネスのキモは競合に有り!

このエントリーをはてなブックマークに追加

ビジネスの寿命は短いです。
衰退に向かう原因は、やはり競合の増加だと思います。


私のビジネスポートフォリオはいくつかあります。残念ながら、そのうちの2つのビジネスの寿命が尽きつつあります。

  • 空室対策支援事業(2011年~)
  • 宿泊業(2015年~)


2つのビジネスの概況を説明します。



空室対策事業


空室対策支援事業は非常にニッチな分野で展開していますが、それでも数社が参入していました。数社だけなら問題ないのですが、最大手のSUUMOまで参入することになりました。


SUUMOという「巨人」の参入が決定した時点で、このビジネスの将来性がほぼ決定してしまいました。もう撤退しかないと覚悟を決めています。


これまでたくさんのスタートアップがこの分野に挑戦しましたが、いずれもメジャーになれずに消えていきました。ポータルサイトビジネスの主役になるハードルは高いです。


しかし、その戦いもSUUMOという巨人が参入することで、決着がつきそうです。やはり、看板と資金力の差は如何ともしがたいです。。。




宿泊業


2015年からの宿泊業は、Airbnb → 営業許可取得施設というように物件を入れ替えて進化させてきましたが、いよいよ供給圧力が大きくなり過ぎて収益性が減少してきました。


更に、近隣では凄まじい数の新規宿泊施設が建築中です。最近建築されている1棟ビルのほとんどはホテルであり、建築現場の前を通る度に絶望感に苛まれます(笑)。


今後の方針を思案中ですが、スルメのように出がらしになるまで、どんどん薄くなっていく収益を吸い続けるのか、他業種にコンバージョンするのか決断の時が近づいています。




ビジネスの寿命が尽きた要因は競合参入


両者とも競合参入による収益性低下が、ビジネスの寿命が尽きるきっかけとなりました。顧客獲得単価が上がっていくと同時に、 獲得率が下がっていくという負のスパイラルです。


よく、競合が増えるほど市場が認知されて拡大すると言われますが、実際に戦っている身では「なんと浮世離れした・・・」といった感覚を抱いています。


それほどまでに競合の出現は脅威となります。そして、競合の出現を食い止めることはできません。特に収益性のあるビジネスであるほど、多くの競合が出現します。


空室対策支援事業は、不動産 × ITスキル が参入障壁なので非常に低いです。このため当初から競合出現を覚悟していましたが、宿泊業は高地価が参入障壁になると考えていました。


しかし、これも地域の不動産賃貸市場と同様に、高い地価など全く参入障壁にはならないことを思い知らされました。参入障壁というものは意外と脆いものです。




ビジネスの幕引きからの教訓


両者とも最終的には価格競争となっています。提供する商品に差がなければ、結局価格しか差別化できません。これは非常につらい状況です。


これらの苦い経験から、現在注力中の医療系スタートアップでは、将来的に価格競争になったときにも生き残れるように、顧客の心を掴むことを第一に考えて実践しています。


具体的には、短期的な利幅を削ってでも、顧客の立場でサービスや商品の提案をすることを心掛けています。


実は、先行している競合が焼き畑農業的な経営方針で自滅したことを反面教師にして考えた戦略なのですが、こちらが攻められる立場になったことを考えるきっかけになりました。


そして、もうひとつ考えていることは、私たちしか実践できないことをメインに据えて情報発信していく戦略です。


単に医師であることだけでは、高い参集障壁を築けません。医師 × 〇〇」が重要なのです。そして、「医師× 〇〇× 〇〇」の方が強力であることは諭を俟ちません。


〇〇は、特技や専門領域でもいいですし、実績なども該当します。特に開始した時期が早いと、それだけで他を圧する強力な材料となります。


何といってもタイムマシンはないので、自分が先行者である場合には「経験年数」は誰にも負けない強力な武器になるからです。


このように、ニッチなスモールビジネスを開始する場合には、常に競合の存在を気に掛ける必要があります。参入障壁の高さに安住してはいけません。


どれほどニッチで競合など出現しないだろうと思っていても、そこが美味しい領域であれば必ず競合は出現します。


競合が出現することは仕方ないことですが、それでもやはりビジネスの盛衰を決定する要素は競合の数です。競合の数が少なく、競合の力が弱い分野が理想だと思います。


これを実現するためには
  1. 競合出現確率が低い分野を狙う
  2. 競合を圧倒する武器をそろえる(参入障壁の2乗、3乗) 


という2点を押さえることが、ビジネスを成功に導くポイントだと考えています。①で戦略的に競合が出現しにくい分野を選択します。いわゆる参入障壁の高い分野ですね。


次に、その参入障壁の高い分野内でも、自分の鎧を強固にします。②の参入障壁の2乗や3乗(=例えば、医師 × 不動産投資ノウハウ × ITスキル等)で競合を圧倒しましょう。






★★ 管理人監修の資産形成マニュアル ★★
 


管理人監修の「勤務医の、勤務医による、勤務医のための資産形成マニュアル」です。高度な医療技術で社会貢献するためには経済的安定が不可欠! という信念のもと、管理人は多くのメンターから指導を受けました。

その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。既に資産運用をしている方でも、勤務医のアドバンテージを生かした新しい考え方が見つかるかもしれません。

PDF版の販売で、30日間の返品保証付きです。当直1回分にも満たない価格なので、本マニュアルの手法を実践すれば、あっという間に元が取れると思います。 尚、医師以外の方のご購入はご遠慮ください。



情報教材表紙




やはり不動産投資がNo.1なのか?!

このエントリーをはてなブックマークに追加

私は、自分の資産ポートフォリオ内で仮想的なバスケットを作っています。そのバスケット内には、さまざまな種類の資産が組み込まれています。


このようなバスケットを作った背景は、最も素晴らしい結果を出すのはどの資産の組み合わせになるのか? ということを実地で検証するためです。詳細は下記のごとくです。


  • バスケット1: 金融資産(国内・海外株式)
  • バスケット2: 金融資産(国内・海外株式)+築古木造戸建
  • バスケット3: 金融資産(国内・海外株式)+不動産(築古木造戸建以外)
  • バスケット4: ビジネス・知的財産権



各バスケット内では複利効果を期待した再投資を行います。また、年間100万円を目途に外部から資金を入れています。


2003年ごろにバスケット1を作成しました。当時は経験も浅く、株式ぐらいしか投資経験が無かったので、とりあえず金融資産しかバスケット内に入れていませんでした。


2006年ごろ、不動産投資での物件数増加を機に、築古木造戸建も加えたバスケット2をローンチしました。しかし、この時点ではまだ金融資産がメインです。


2008年ごろ、リーマンショック前夜の不穏な状況の中でバスケット3を立ち上げました。この時点で不動産投資は相当な経験を積んでいたので、思い切ってメインに据えました。


2014年にビジネスを巡行状態に持っていくことに成功してからバスケット4を立ち上げました。市場は高騰する傾向にあったので、金融資産や不動産は組み込んでいません。


さて、ここからが問題ですが、この4つの仮想的な資産バスケットの中で最も成績が良いのはどれだと思いますか?


答えは、バスケット3です。金融資産に関してはバスケット1>バスケット2>バスケット3の順番ですが、不動産売却益や含み益が圧倒的なので、他の追随を許しません。


全体を通してみると、純資産の時価評価額の順位は下記のごとくです。
  1.  バスケット3
  2.  バスケット1、バスケット2
  3.  バスケット4


純資産の時価評価の比率でみると、バスケット1:
2:3:4=2:2:20:1ぐらいになります。バスケット3の強さが圧倒的であることが分かります。


あと気付いた点は、開始時期はあまり影響を与えていない点です。最古参のバスケット1は元手の3倍ぐらいに膨れ上がっていますが、全体のパフォーマンスへの影響は少ないです。


どうやら、不動産投資の有無によって資産規模(もちろん純資産)が強く影響を受けるようです。この要因は、やはり銀行融資によるレバレッジによるものだと思います。


あと、適切な時期(2013年以降)に物件を売却しまくって利確したことが影響しています。不動産投資おそるべしですね。


今回の結果は、あくまで私の個人的な経験なので一般的ではないかもしれません。しかし、一般的に言われている金融資産の分散や積立は、資産形成への影響は少なそうです。


それよりも「何に投資したのか」が、資産形成に最も影響があるようでした。ちなみにこのような結果にも関わらず、私自身は「開始時期」も重要視しています。


今回は、私という「超長期逆張り投資家」が自分の感性にしたがって開始時期を決定していたので、開始時期はバスケット1~4で共通だからです。


バスケット4に金融資産投資が含まれていないのは、2014年以降はノーチャンスだったからであり、大きな視点でみると開始時期を選別していることになります。




今回の結論

投資成果は「何に投資したのか」が最も重要である。







★★ 管理人監修の「築古木造戸建投資マニュアル」 ★★
 


なぜ、築古木造戸建なのか? 不動産業者が勧めるピカピカの投資用新築マンション投資など全く比較にならない旨みが隠されています。医師が築古木造戸建投資を行う目的は2つです。


  1.  不動産投資の入門編
  2.  給与所得の節税対策


医師のあなたなら、築古木造戸建投資は税制を絡めて低リスクに実践可能であり、本格的な不動産投資を開始する前の絶好の練習台となります。
 

本マニュアルは、「勤務医のあなたが開業医並みの収入を得て富裕層に到達する方法!」で提唱した築古木造戸建投資の実践版です。


多忙な医師が時間をかけずに知識を習得することを目的に、パワーポイントのプレゼンテーション形式となっています。ポイントだけに絞っているので1時間以内に概要を掴むことが可能です。


全143スライドのPDF版ダウンロード販売で、30日間の返品保証付きです。当直1回分にも満たない価格なので、本マニュアルの手法を実践すれば、あっという間に元が取れると思います。


尚、医師以外の方のご購入はご遠慮ください。




医師のための築古木造戸建投資マニュアル 1





給料天引き方式は難しくなる!

このエントリーをはてなブックマークに追加

本格的に資産形成を行う上で、元手になる「タネ銭」は必須です。私は著書や資産形成マニュアルなどで、タネ銭の重要性を口が酸っぱくなるほど強調しています。


タネ銭を貯める手法としては、給料天引き方式を推奨しています。例えば勤務医であれば、毎月50万円を強制的に天引きして、残りで生活します。


毎月50万円なので、1年続くと600万円貯まります。3年愚直に実行すると1800万円! なかなかすごい金額が短期間で貯まりますね。


この数字は理論上の数字ではなく、実際に給料天引き方式で1000万円を超えるタネ銭を貯めた方がたくさん居ます。やはり、高額所得者の潜在能力はすごいです。。。


そして、私も未だに給料天引き方式を実践し続けています。かれこれ20年以上やっていますので、年季の入り方は半端じゃありません(笑)。


しかし、最近になって従来の給料天引き方式を実践し続けることは難しいと感じるようになりました。その理由は、下記のごとくです。


  1. 収入が増えると給料天引きを増額せざるを得ない
  2. ビジネスを回していると突発的で大きな支出が不可避



順番に説明します。①に関しては当初50万円の給料天引きでカツカツの生活だったところ、不動産収入・配当・ビジネスからの収益で200万円のキャッシュフローになったとします。


この状況でも給料天引き金額が50万円のままでは、ザル状態となってしまいます。このため、大きくなったキャッシュフローに見合った金額に増額する必要があるのです。


ところが、不動産やビジネスを回していると、突発的な修繕費や事業拡大のための先行投資が必要となることが時々あります。


いずれも待ったなしなので、支出せざるを得ません。こうなると給料天引きを厳守できなくなるのです。給料天引き方式では一度でも掟を破るとなし崩し的になりがちです。


このため資産形成のステージが不動産 → ビジネスへ進むにつれて、給料天引き方式の金額と実践の厳守のバランスが難しくなっていくのです。


そもそも、不動産やビジネスと給料は分けておくべきではないのか? という疑問を持つ方が多いと思います。


確かに理論的にはその通りなのですが、売上規模で1~2億円程度の比較的小規模な不動産投資やビジネスでは実質的に個人商店なので、家計とごちゃごちゃになってしまいがちです。


更に私の資産形成戦略自体が、全ての収入をひとつの(仮想的な)現金プールに貯めておくという戦略を採っていることもあり、お金の出所がごちゃごちゃになりがちです。


このため、個人的な資産形成においては、ステージが進むにつれて給料天引き方式の厳守が難しくなっていくという問題点があります。


ただ、問題点といってもキャッシュフローの増大を伴っている場合には、順調に資産形成が進んでいる証左にもなるので、それほど気にすることはないと考えています。


いずれにせよ、収入が給与所得しか無いシンプルな家計では、給料天引き厳守が必須です。一切の妥協なく、がんばって節約ライフを謳歌
(?)してください。






★★ 管理人監修の資産形成マニュアル ★★
 


管理人監修の「勤務医の、勤務医による、勤務医のための資産形成マニュアル」です。高度な医療技術で社会貢献するためには経済的安定が不可欠! という信念のもと、管理人は多くのメンターから指導を受けました。

その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。既に資産運用をしている方でも、勤務医のアドバンテージを生かした新しい考え方が見つかるかもしれません。

PDF版の販売で、30日間の返品保証付きです。当直1回分にも満たない価格なので、本マニュアルの手法を実践すれば、あっという間に元が取れると思います。 尚、医師以外の方のご購入はご遠慮ください。



情報教材表紙




矯正歯科専門医院にみる変化の兆し

このエントリーをはてなブックマークに追加

自宅の近所に矯正歯科クリニックがあります。
その外観から、最初は美容院だと思っていました。


クリニックが入居している建物は、数年前に銀行から任意売却物件として紹介された1棟ビルです。(当時としては)割高と判断して転進した物件でした。


その後、半年ほどして矯正歯科クリニックが購入したようですが、任意売却とはいえ、よくこんな高値で購入するものだと思っていました。


その後、地価が高騰して全然ペイする金額になっているのですが、とにかくこの矯正歯科クリニックの羽振りが良いことだけは確かなようです。


矯正歯科の世界は全然知らなかったのですが、基本的には自由診療が基本です。つまり、患者さんは100%自費なので、保険診療に慣れている私から見ると厳しい世界に見えます。


ご存知のように歯科の世界は、医科の世界と比べて需給関係が厳しいため、数十年前から血で血を洗うようなレッドオーシャンとなっています。


この「赤い海」で戦っているにも関わらず、この矯正歯科クリニックはどうしてこんなに羽振りが良いでしょうか?


まず、矯正治療料金ですが、最近主流となっているインビザラインを用いたもので約100万円です。医療費控除が利くものの、自費なので結構高額な治療ですね。


しかし、歯科の医療費2.8兆円という限られた財源を、約10万人の歯科医師で奪い合うというガラスの天井はありません。自由診療なので上限はないのです。


この矯正歯科クリニックを観察していると、下記のことに気付きました。
  1.  矯正治療に特化している
  2.  完全予約制
  3.  集客は既存歯科クリニックからの紹介
  4.  矯正専門医を取得しており、積極的にウェブで宣伝している


先細りの保険診療と決別して、医療技術・経営手腕も含めた総合的な実力で勝負しているようです。おそらく歯科クリニックの中では相当な勝ち組なのでしょう。


保険診療という「他人のお金で消費できる」という魔法のようなキャッシュポイントが確保されている業界は、ビジネスとしては成功しやすいです。


このビジネスモデルの代表は、医療業界・放送業界・GoogleやFacebookなどのようなネット広告業界などです。


しかし、医療業界に関しては、その雲行きがかなり怪しくなってきています。そのため実力があって目端の利く実力者は、自由診療で勝負するのでしょう。


同じようなことは接骨院業界でも進行しています。受領委任払い制度によるビジネスモデルの崩壊が静かに進行しているため、生き残りを賭けて自費施術に邁進しているのです。


このように、医科の隣接領域では大きな変革が進行しています。私たちの業界が、いつまでもヌルイ状況が続くと思っていると、茹でガエルになってしまうかもしれませんね。





★★ 管理人監修の資産形成マニュアル ★★
 


管理人監修の「勤務医の、勤務医による、勤務医のための資産形成マニュアル」です。高度な医療技術で社会貢献するためには経済的安定が不可欠! という信念のもと、管理人は多くのメンターから指導を受けました。

その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。既に資産運用をしている方でも、勤務医のアドバンテージを生かした新しい考え方が見つかるかもしれません。

PDF版の販売で、30日間の返品保証付きです。当直1回分にも満たない価格なので、本マニュアルの手法を実践すれば、あっという間に元が取れると思います。 尚、医師以外の方のご購入はご遠慮ください。



情報教材表紙




m3.com様での連載はじまります!

このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、当ブログのメッセージ経由で、m3.com様から連載依頼のオファーがありました。非常に驚きましたが、ありがたいお話なので毎月連載させていただくことになりました。


連載開始は一昨日からで、こちらに連載されます。もしm3.com様の会員でない先生方がいらっしゃれば、是非会員登録していただいた上で訪問していただきたいと思います。



m3




現在、ケアネット様で毎月「医師のためのお金の話」を連載中です。今回、m3.com様での毎月連載が始まったので、月2本ペースでの連載となります。


両サイトともメインの話題は資産形成ですが、内容が重複しないように慎重に連載を続けていきたいと思います。日本を代表する2大サイトでの連載なのでワクワクしますね!




毎月連載企画の裏側を公開!


さて、今日は連載の裏側をお話ししたいと思います。ブログもそうですが、連載企画で最も難しいの「ネタ」探しです。


サイトを訪れる方に興味をもっていただけるネタは、そうそう無いものなんです。私はいつもネタ不足に苦しんでいます。このため、ちょっとした気付きは嬉々としてメモります。


自分が困ったことや相談ごとなどは、絶好のネタ収集のチャンスとなります。論理的に困りごとや相談事項を解決していくと、そのことがネタの価値を上げるため一石二鳥です。


そして、連載は自分の文章作成能力の改善にもつながります。独りでブログを書いているだけでは、文章が自分流になるため、少々おかしな日本語でも流してしまいます。


しかし、ケアネット様やm3.com様の編集部の方がプロの目で文章校正を行ってくれるので、ネットでの表現方法の絶好のトレーニング機会となるのです。しかも無料で(笑)。


それ以外の気付きとしては、文章を書き始める取っ掛かりの工夫です。私は、この手の頭脳労働を非常に苦手としています。理由は純粋にアタマを使うことが苦しいからです(笑)。


しかし、そんなことを言っていては何も始まりません。文章を書き始めることは「気合い」です。とにかく最初の10行ほどを書いてしまうことが秘訣です。


そして、どんなにマズイ文章であっても、とにかく一気に最後まで書き上げます。最初に完成した文章は100点満点中の10点ぐらいですが、叩き台があると全然違います。


最初に書き上げた文章と最終型では全く異なることも多いです。しかし、最短で結果を出すには、出来が10点でもいいので、まずは完成させることが有用な方法だと考えています。


今の時代は、知識の価値がどんどん下がり、反対に経験などのコンテンツ価値が上昇中です。自分の経験値を高めるために、何にでもトライする姿勢が大切ではないでしょうか。




それぞれ違った切り口で資産形成論を展開


同じ資産形成というテーマで、2本の連載を毎月こなすことはなかなかハードです。多くの医師が両サイトの会員なので、内容が重複しないように注意を払う必要があります。


ケアネット様で連載している内容は、教科書的な資産形成論です。オーソドックスな理論を医師の立場で実践して、成功した部分にのみスポットライトを当てています。


しかし、実際には失敗も多く、悔し涙を流しながら(笑)心の中にしまいこんだ失敗談には事欠きません。


m3.comの担当者様との打ち合わせの結果、この失敗の部分にスポットライトを当てることになりました。ケアネット様の連載を「陽」とすると、m3.com様の連載は「陰」です。


失敗談ばかり連載していると、コイツはとんでもなくバカなやつだという噂が広がりそうで怖いですが、失敗談は意外と参考になるかもしれないと思い、受けることにしました。




情報発信のツールを持とう!


私は物書きを生業にしているわけではないですが、幸運にも著書執筆と連載企画の両方を持つ幸運に恵まれました。


ブログが過去の遺物だと言われて久しいですが、情報発信の場としてのツールとしてはまだまだ有用だと思います。


SNSは拡散力があるものの、経時的に情報が流れていくことが難点です。この点、ブログやHPはストック性があり、記事が溜まれば溜まるほど価値が高まります。


自分にしかない特技や経験のある方は、どんなにニッチな分野でもいいので、ブログ等を通じて情報発信することを強くお勧めします。







★★  医師のキャリア革命(オンラインサロン)  ★★


「経済的自由」を手に入れるために Facebookを利用した非公開のオンラインサロンに参加してみませんか?



gg - コピー




本サロンの目標は、参加者全員に生涯途絶えることのない "複数の収入の流れ"  を得るための " 学びの場 "  を提供することです。


資産形成マニュアルで、医師が効率よく資産形成を実践するノウハウを公開しましたが、本サロンはそのフォローアップの場と位置付けています。


それぞれの参加者たちが得た知識や体験を共有し、集合知を形成する。集合知は、サロンのメンバーが未知の航海に旅立つ際の羅針盤となる


そのような " 学びの場 "  を

  •  整形外科医のための英語ペラペラ道場
  •  整形外科医のブログ 

​ ​
がタッグを組んで運営します!!
参加希望の先生方は、こちらからお願いします




アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

管理人の著書

161228 【書影】医師の経済的自由
管理人によるケアネット連載コラム
log_carenet

医師のためのお金の話

管理人による m3.com 連載コラム
管理人も参加しているオンラインサロン
勤務医のための資産形成マニュアル
築古木造戸建投資マニュアル

医師のための築古木造戸建投資マニュアル 1
医師のための 金融資産形成術
医師のための金融資産形成術

タダで自宅を手に入よう!

医師のための収益マイホーム購入マニュアル


配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール

自由気ままな整形外科医


・医学博士
・日本整形外科学会専門医
・日本リウマチ学会専門医
・不動産投資家
・超長期金融資産投資家
・ビジネスオーナー
・宅地建物取引主任士

QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。