整形外科医のブログ

中堅の整形外科医が、日々の気付きを書き記します。投資の成功で働く必要が無くなりましたが、社会貢献のため医師を続けています。

資産形成

もし30歳の整形外科医だったら?

このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、ブログに下記のような興味深いコメントがありました。
せっかくなので、この機会に私の考えを述べてみたいと思います。



はじめまして。
先生がもし30歳の整形外科医ならどう資産形成するか、が気になりますので、もしろよしければ後日ブログネタや、noteで販売されたらすごく興味ありますので良ければお願いいたします。




まず前提条件は下記のごとくとなります。

  • 医師免許を持っている
  • 日本に居住している


決して、私は万人向けの資産形成手法を知っているわけではありません。上記の条件のどちらか一方でも欠けている場合には、現在の状況には到達できなかった可能性が高いです。




卒後10年まで


もし、私が30歳の整形外科医であれば、大学卒業後5年前後ということになります。この時期であれば、整形外科医としての基本的な知識はすでに習得している時期です。


したがって、そこからさらに専門性を磨くべき時期になります。医師であるからには、やはりその参入障壁の高さを利用しない手はありません。


そこで月並みですが、やはり卒後10年ほどは医師としての修練に勤しむと思います。その間は、おそらく現在の私のような積極的な資産形成は難しいでしょう。


タネ銭を貯めつつ、株式などの金融資産投資を少し行うことになると思います。ただし、ギャンブル感覚でのめりこまないことが肝要です。


チャンスがあれば不動産投資も行うと思いますが、知識ゼロの状態から、いきなり1棟モノへの不動産投資を開始するのはやはり難しいと思います。


ただ、不動産もやはり経験が大事なので、経験値を積むという意味ではリスクの低い築古不動産投資を選択すると思います。


このようにして、医師としての修練を積みながらも、金融資産投資や不動産投資などの経験値を少しずつ高めていくと思います。


そして卒後10年後に医師人生の進路を決めるべき時期が来るので、この時期に自分がどのような道を進むのかを考えると思います。




正解は誰にも分からない


ここまでが資産形成を前提とした私の意見です。しかし、卒後20年の私の立場での意見であって、果たして人生の終盤に差し掛かった時に正解であるか否かは、私には分かりません。


私は、経済的な面にフォーカスした医師人生を歩むことになりましたが、アカデミックポジションを目指す方もいるでしょう。


経済的な成功がいいのか、学術的な成功がいいのか、もしくは社会的地位での成功を目指すのか、もしくは他に道があるのかに関しては、今の私には分かりかねます。


もしかすると、人生の本当の最後の瞬間にどれが正解だったかのか分かるのかもしれませんが、残念ながら私はそこまで年を取っていません(笑)。


ここまで述べた意見は、あくまでも卒後20年ちょっとの医師が、経済的な成功を念頭に置いた考えであることをご理解いただければ幸いです。




ちょこっとポジショントーク


ここからはポジショントークですが、経済的に成功することはそれなりに良いものだと思います。アカデミックポジションや組織での頂点を目指しても、退職すればタダの人です。


一方、経済的成功を手中にすると、快適な一生を過ごせます。些細なことですが、レストランで価格表を見ずに好きなものをオーダーできることは、なかなか気持ち良いものです。


医師の仕事を道楽化できたことも大きいです。特に働かなくても生活できるようになったので、「趣味」で医師を続けることが最高に居心地良い状態なのです。






★★ 管理人監修の資産形成マニュアル ★★
 


管理人監修の「勤務医の、勤務医による、勤務医のための資産形成マニュアル」です。高度な医療技術で社会貢献するためには経済的安定が不可欠! という信念のもと、管理人は多くのメンターから指導を受けました。

その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。既に資産運用をしている方でも、勤務医のアドバンテージを生かした新しい考え方が見つかるかもしれません。

PDF版の販売で、30日間の返品保証付きです。当直1回分にも満たない価格なので、本マニュアルの手法を実践すれば、あっという間に元が取れると思います。 尚、医師以外の方のご購入はご遠慮ください。



情報教材表紙




m3.com連載企画がアップされました!

このエントリーをはてなブックマークに追加

昨日、m3.comの連載企画【医師のための資産形成】第5回が本日アップされました。お題は不動産投資もビギナーズラック です。



m3com_logo



今回の連載は、私が初めて不動産投資に参入したときの話です。私の不動産投資はマイホーム購入から始まりました。


マイホームって、おいおい(笑)という印象を受ける方も多いと思いますが、2004年に私が購入したのは売工場です。


当時は、私のような資産家ではない一般人が1棟モノに投資することは極めてハードルが高い時代でした。融資を引くことも難しいし、実践的なマニュアル本はほぼ皆無でした。


今でこそ、エラソーに講釈を垂れている私ですが、当時はそんな認識さえ皆無なほどのおバカさんでした。


そんな頭の中がツルツルだった私が、偶然にも売工場を住宅ローンで購入することになって、不動産投資の世界に足を踏み入れたことをお話ししています。


もちろん、そんなにスムーズに話が進むわけもなく、今から考えると赤面ものの失敗をしながら何とか収益マイホーム(?)を購入できました。


ほぼビギナーズラックで購入した物件ではありましたが、その後の地価高騰で膨大な含み益を内包したため、初期のころの私の信用力のバックグランドになりました。


m3.comでは、基本的に失敗談を中心に連載しています。失敗だらけの人生なので執筆が非常に楽です(笑)。1分ほどで読了可能なので、是非m3.comを訪問してくださいね。






★★  「タダで自宅を手に入よう! 収益マイホーム購入マニュアル」 ★★
 


勤務医のあなたが開業医並みの収入を得て富裕層に到達する方法!」で提唱した収益マイホームの実践版です。2004年に”お金を生む”マイホームをタダ同然で取得した管理人が、家計のキャッシュフローを劇的に改善できる「収益マイホーム」を解説します。


どうせマイホームを取得するのなら、できるだけ安価に・安全に購入したいと思う方にぴったりのノウハウがぎっしり詰まったマニュアルです。 収益マイホームを購入することで、家賃や住宅ローンの支払から解放される可能性が高まります。


そしてこのことが人生の幅を広げることにもなるかもしれません。 全131ページのPDF版ダウンロード販売で、30日間の返品保証付きです。当直1回分にも満たない価格なので、本マニュアルの手法を実践すれば、あっという間に元が取れると思います。


尚、医師以外の方のご購入はご遠慮ください。



表紙画像
                                
タダで自宅を手に入よう! 収益マイホーム購入マニュアル


ケアネット連載企画がアップ!

このエントリーをはてなブックマークに追加

ケアネット・ドットコムの連載企画【医師のためのお金の話】第11回が本日アップされました。お題は、医師こそ起業を考えよう! です。



log_carenet



詳細な内容はケアネットの連載企画に譲りますが、起業についての私の考えを、医師目線で書かせていただきました。ちなみに、ここで言う起業は、クリニック開業ではありません。


多くの医師は、閉じた狭い世界の中で生きています。しかし、世の中にはもっと広い空間が広がっていることに早く気付くべきだと思います。


確かに、医師として患者さんと向き合うことは社会貢献になります。しかし、医師対患者の1対1対応のままでは、世の中に還元できることには限りがあります。


それを乗り越えるためには、組織化して大きな供給力を世の中に還元することを考える必要があります。そしてその手段のひとつが、起業なのです。


医師であるからには医療系の起業をしましょう! と言っているわけではありません。ただ、医師であるということは、大きな差別化要因となります。


参入障壁の高さや特殊技術を用いて起業することは、理にかなっています。この辺りの考え方をまとめました。1分ほどで読了可能なので、是非ケアネットを訪問してくださいね。







★★  医師のキャリア革命(オンラインサロン)  ★★


「経済的自由」を手に入れるために Facebookを利用した非公開のオンラインサロンに参加してみませんか?



gg - コピー




本サロンの目標は、参加者全員に生涯途絶えることのない "複数の収入の流れ"  を得るための " 学びの場 "  を提供することです。


資産形成マニュアルで、医師が効率よく資産形成を実践するノウハウを公開しましたが、本サロンはそのフォローアップの場と位置付けています。


それぞれの参加者たちが得た知識や体験を共有し、集合知を形成する。集合知は、サロンのメンバーが未知の航海に旅立つ際の羅針盤となる


そのような " 学びの場 "  を

  •  整形外科医のための英語ペラペラ道場
  •  整形外科医のブログ 

​ ​
がタッグを組んで運営します!!
参加希望の先生方は、こちらからお願いします




日本は世界最低水準の物価?!

このエントリーをはてなブックマークに追加

現在、スリランカ旅行中なのですが、物価についての気付きがあったのでシェアさせていただきます。2016年現在の一人当たりの名目GDPは下記のごとくです。


  • スリランカ: 3,835.39 USD
  • 日本: 38,894.47 USD


おおむね、日本の一人当たりの名目GDPの1/10程度です。では、実際のスリランカでの肌感覚での物価水準はどうなのかというと、1/2~1/10程度です。


  • 交通機関: 1/10
  • 水: 1/2
  • 外食: 1/5~1/1


エビデンスレベルは低いのですが、一人当たりの名目GDPの差ほどには物価水準の差を感じません。スリランカ人の暮らしは楽ではないことが分かります。


更に、提供される商品やサービスの質は、圧倒的に日本の方が上です。質まで含めたトータルでの価格を考えると、上記の物価水準の差は更に縮まるものと考えます。


スリランカレベルの品質では、日本では全く歯が立ちません。日本国内で提供されている商品やサービスの質を考えると、日本とスリランカの物価水準は同レベルかもしれません。


スリランカの物価水準が高すぎるのか、日本の物価水準が安すぎるのか? 私の感覚では、後者の日本の物価が安すぎる方が真実ではないかと感じてます。


スリランカのみであれば、スリランカは物価水準が高いのだなと思いますが、他の東アジア諸国はどこも似たような感じです。


シンガポールや香港は当然としても、マレーシアレベルであっても、特にKLにおいては日本以上の物価の高さを感じています。


つまり、日本は失われた20年の間に恐ろしく物価の安い国になりました。質まで含めた商品やサービスを考えると、世界最低水準の物価だと思います。


近年のインバウンドの激増は、このことが原因と言って過言ではないでしょう。彼らが訪日する理由は、物価の安さなのです。観光資源が激増したからでは断じてありません。


これって、日本人にとっては幸せなことなのでしょうか? この場合、物価水準の低さの源泉は事業者の利益を削って捻出されていることがポイントです。


事業者の利益を削って商品やサービスの価格を下げているため、必然的に被雇用者の給与は抑制されます。現役世代の生活水準が低くなるのは、これが原因ですね。


一方、公務員や年金生活者は、商品やサービスの価格を下げの原資を提供していないので、相対的に有利な状況です。つまりフリーランチが発生しているのです。


この状況自体は、しばらく変化が無いと思うので、世代間の格差が拡大します。この状況が永続すれば、現役世代も最終的には恩恵にあずかれます。


しかし、日本にそこまでの体力が有るのか否かは、はなはだ疑問だと考えています。現役世代が、この状況を打破するのは容易ではなさそうです。







★★ 管理人監修の資産形成マニュアル ★★
 


管理人監修の「勤務医の、勤務医による、勤務医のための資産形成マニュアル」です。高度な医療技術で社会貢献するためには経済的安定が不可欠! という信念のもと、管理人は多くのメンターから指導を受けました。

その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。既に資産運用をしている方でも、勤務医のアドバンテージを生かした新しい考え方が見つかるかもしれません。

PDF版の販売で、30日間の返品保証付きです。当直1回分にも満たない価格なので、本マニュアルの手法を実践すれば、あっという間に元が取れると思います。 尚、医師以外の方のご購入はご遠慮ください。



情報教材表紙




築古木造戸建を購入しました!

このエントリーをはてなブックマークに追加

2018.7.31に、1年ぶりに個人で築古木造戸建を購入しました!
築32年の物件なので、全然問題の無いレベルだと思います。



KIMG2405 - コピー



過去に私が購入した戸建は、築50~100年の物件が多いです。このため、今回の築32年は、私にとって最も「築浅」の築古木造戸建物件です(笑)。


ざっくり床下をみたところでは、柱が腐っていてどうしようもないということも無かったです。設備も真新しい! さすが、築32年の「築浅」物件です。



666 - コピー




今回の物件は私にとってホームエリアで、自宅から約1㎞に位置します。私の中では、やや遠い物件です。
具体的なスペックは下記のごとくです。


  • JR駅および地下鉄駅徒歩10分
  • 路地物件
  • 築32年の2階建て木造戸建
  • 価格600万円 建物面積 55㎡ 土地面積 42㎡ 



もともと、懇意の不動産業者様から
780万円でメールをいただきました。内覧したところ、瓦葺替と浴室前床補強が必要だったので、600万円だったら購入しますと返答しました。


一応、売主に交渉します!と言ってくれましたが、私が最初の客だったのでダメだろうと思ってしばらく忘れていました(笑)。


1か月ほど経過したある日、600万円でOK出ました! とのことでした。う~ん、少し指値が甘かったか???


今回の物件は
母子家庭がターゲットで、賃料6~7万円で貸せそうです。このあたりの相場感は、ホームエリアなので調べるまでもありません。


物件購入にあたって現地調査は1回のみで、決済にさえ行っていません。5年後に投資資金を全額回収するメドが立っているので、気楽に資金投入できるのです。


物件価格がたった600万円であることも、この気楽さの要因のひとつです。さすがに億越えの物件では、ここまであっさり購入できないでしょう。


デメリットは、5年ほど資金が寝てしまうことと、購入時の労力が面倒くさいことです。1棟マンションと比べても、戸建購入時の雑務は大差ありません。


それでも敢えてこのような小粒物件にも投資するのは、5年後にはタダで手に入るという「欲」の賜物です。我ながらセコイですね(笑)。


収益1棟マンション・ビルや都市中心部の物件は、非常に価格が高騰しており参入するべき時期ではありません。しかし、それ以外の「忘れられた」物件は実需マーケットです。


唯一引っかかるのが、給与所得者をあと5年続ける必要ができてしまったことです。 リタイアの時期が、また延びてしまった・・・。


まぁ最悪の場合には、節税効果を無視してリタイアしても問題ないので、今回も気軽に築古木造戸建を購入しました。本当に小さな物件購入ですが、やはりワクワクしますね。






★★ 管理人監修の「築古木造戸建投資マニュアル」 ★★
 


なぜ、築古木造戸建なのか? 不動産業者が勧めるピカピカの投資用新築マンション投資など全く比較にならない旨みが隠されています。医師が築古木造戸建投資を行う目的は2つです。


  1.  不動産投資の入門編
  2.  給与所得の節税対策


医師のあなたなら、築古木造戸建投資は税制を絡めて低リスクに実践可能であり、本格的な不動産投資を開始する前の絶好の練習台となります。
 

本マニュアルは、「勤務医のあなたが開業医並みの収入を得て富裕層に到達する方法!」で提唱した築古木造戸建投資の実践版です。


多忙な医師が時間をかけずに知識を習得することを目的に、パワーポイントのプレゼンテーション形式となっています。ポイントだけに絞っているので1時間以内に概要を掴むことが可能です。


全143スライドのPDF版ダウンロード販売で、30日間の返品保証付きです。当直1回分にも満たない価格なので、本マニュアルの手法を実践すれば、あっという間に元が取れると思います。


尚、医師以外の方のご購入はご遠慮ください。




医師のための築古木造戸建投資マニュアル 1





アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

管理人の著書

161228 【書影】医師の経済的自由
管理人によるケアネット連載コラム
log_carenet

医師のためのお金の話

管理人による m3.com 連載コラム
管理人も参加しているオンラインサロン
勤務医のための資産形成マニュアル
築古木造戸建投資マニュアル

医師のための築古木造戸建投資マニュアル 1
医師のための 金融資産形成術
医師のための金融資産形成術

タダで自宅を手に入よう!

医師のための収益マイホーム購入マニュアル


配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール

自由気ままな整形外科医


・医学博士
・日本整形外科学会専門医
・日本リウマチ学会専門医
・不動産投資家
・超長期金融資産投資家
・ビジネスオーナー
・宅地建物取引主任士

QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。