整形外科医のブログ

中堅の整形外科医が、日々の気付きを書き記します。投資の成功で働く必要が無くなりましたが、社会貢献のため医師を続けています。

資産形成

キャッシュは資産の王様

このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年2月24日に発生したコロナショックから早くも 6週間が経過しようとしています。株式市場は当面の底をうったようですが、油断を許さない状況が続いています。


新規感染者数は北米、欧州とも増加ペースが鈍化したものの、都市封鎖が継続しており実態経済への影響は甚大です。


日本はかなりがんばっており、G7最小の患者数ですが、東京の都市封鎖が検討されています。いわゆる「専門家」は都市封鎖を主張していますが、政治家が踏ん張っています。


大局的にみると、都市封鎖に踏み切った場合の中小企業倒産による甚大な経済的被害(多数の失業者・自殺者)と感染爆発による死者数のトレードオフです。


客観的にみると、都市封鎖による死者の方が多くなることが見込まれますが、統計にはっきり表れるのは感染爆発の方なので、政治家としてはぎりぎりの決断を迫られています。


そのような厳しい状況なので、2番底を試す展開になっても不思議はありません。このようなことを念頭に、現状を整理してみました。


私の場合、純資産ベースでみると

  • 実物不動産投資
  • 金融資産投資
  • ビジネス

の 3領域を、2:2:1程度の規模感で展開しています。今回は言うまでもなく金融融資資産投資の純資産がかなり減少しました。


実物不動産やビジネスに動きは無いですが、半年~1年遅れで何らかの影響が出てくるものと予想しています。今回の混乱で改めて強く思ったのは、キャッシュの重要性です。


2020年2月24日から3月25日まで、暴落する市場に買い向かいましたが、それができたのも手元資金を温存できていたからです。いわゆる、キャッシュ・イズ・キングですね。


株式市場では1~2年に一度程度は小規模な下落が発生します。しかし、そのような小規模下落は完全に無視して買い出動することはありません。


本当に投資するべき時期は、今回のような世界中が大混乱に陥る時期だけだからです。このような時期に備えて、キャッシュをがんばって温存し続ける必要があります。


このように書くと簡単に思えますが、キャッシュ温存は簡単ではありません。小規模下落が発生すると買いたくなるし、そもそも普段の生活で無駄遣いしがちです。


しかし、そのような数々の誘惑(?)を断ち切って 10年に一度の大暴落にそなえておき、その大暴落時に恐怖と戦いながら買い向かうことができれば成功率が高まります。


この 2点のいずれが欠けても、超長期の金融資産投資で成功することは難しく、ハードルは高いと言わざるを得ません。テクニカルではなく精神的な部分が重要なのです。


投資技術が無くても、キャッシュ温存+暴落時に買い向かうことができれば、相当な成績を残すことができます。そして、今こそその時期だと私は思うのです。






★★ 管理人監修の資産形成マニュアル ★★
 


管理人監修の「勤務医の、勤務医による、勤務医のための資産形成マニュアル」です。高度な医療技術で社会貢献するためには経済的安定が不可欠! という信念のもと、管理人は多くのメンターから指導を受けました。

その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。既に資産運用をしている方でも、勤務医のアドバンテージを生かした新しい考え方が見つかるかもしれません。

PDF版の販売で、30日間の返品保証付きです。当直1回分にも満たない価格なので、本マニュアルの手法を実践すれば、あっという間に元が取れると思います。 尚、医師以外の方のご購入はご遠慮ください。



情報教材表紙




コロナショック相場は第一幕終了

このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年2月24日のNY市場で始まったコロナショックは、2020年3月23日にいったん下落が止まりました。私は Dow 30、日経225とも 15000割れを予想していました。


しかし、現時点では株式市場はむしろ底打ちする気配を感じます。もちろん、米国では爆発的に感染者数が増加して大都市でロックダウンが実行されています。


日本でも東京や大阪でロックダウンが実行される雰囲気が熟成されつつある印象を受けます。そうなれば、経済への悪影響は必定でしょう。


このように日々思うところはありますが、私は将来予想を投資判断にすることはできるだけ控えています。もちろん、全く予想の要素を除外することは不可能です。


しかし、感情や予想を排して、できるだけ自分の得意な投資戦略(超長期逆張り投資)に則って淡々と資金を投下していくことを日々心掛けています。


このため、今から2番底があるのかもしれませんが、2020年2月24日に始まった株式市場での戦いは、2020年3月25日をもって一旦終了しました。


今回は 4週間だったので、2002年の ITバブル崩壊時や 2008年のリーマンショックと比べるとずいぶん短期決戦でした。普通はもっと真綿で首を絞められる感じで耐え難いです。


実は 2020年3月25日時点で、今回のコロナショックで株式市場に投入した資金の時価評価はプラス(102.6%)に転じています。内訳は下記のごとくです。


  • 電力株: 108%
  • 欧州銀行株: 93.9%
  • 石油メジャー: 109.85%
  • J-REIT: 102.6%



4週間にも渡ってどんどん買い下がったにもかかわらず、反転からたった3日で水面上に浮上したのは初めての経験です。


そのひとつの理由は、今回は 電力株 → 欧州銀行株 → 石油メジャー → J-REITと投資対象が経時的に変化していったことがあります。


電力株自体が底を打ったのは 2020年3月13日ごろ、石油メジャーは 2020年3月18日、J-REITは 3月19日なので、電力株から換算すると大底から約2週間で水面上に浮上です。


今回はかなり大きな金額を株式市場に投資しました。2008年リーマンショックで半年間かけて投資した金額以上を、たった1ヵ月で投資したことになります。


このため、底が抜けてどんどん株価が下落すると、含み損が膨大な金額になる可能性があります。怖いですね...。


そうなったらどうしようと考えていますが、結論は「コワイけど投資戦略にしたがって買い下がる」といういつものヤツに落ち着きます。狂っていますね(笑)。


上記の投資対象を見ていただくと分かりますが、電力株と J-REITはストック型銘柄で、倒産可能性はほぼゼロです。このため、ATM獲得の好機と見なして買い下がります。


欧州銀行株と石油メジャーは市況銘柄なので業績は不安定ですが高利回り株です。もちろん、見かけ上の高配当なので、2~3年は配当は低下します。


しかし、経済が定常状態に戻れば、高利回り株に復活するはずです。準 ATMですね。今回のショックでは、毎月の配当が週2の夜診バイトに相当する程度の株式を買い集めました。


新コロ相場で毎週 2日の夜診アルバイトに行かなくてもよい権利を得たことになります。もともとそんなにバイトに行ってるわけではないですが、収入の多角化は好ましいことです。


コロナショックの影響が無くなるのに数年かかるかもしれませんが、そのあかつきには ATMだけではなく大きな含み益も得ることになるでしょう。


そんな妄想を抱きながら、これからやってくるかもしれない 2番底に備えて気持ちを切り替えようと思っています。2番底が来てほしいような来てほしくないような...






★★ 管理人監修の資産形成マニュアル ★★
 


管理人監修の「勤務医の、勤務医による、勤務医のための資産形成マニュアル」です。高度な医療技術で社会貢献するためには経済的安定が不可欠! という信念のもと、管理人は多くのメンターから指導を受けました。

その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。既に資産運用をしている方でも、勤務医のアドバンテージを生かした新しい考え方が見つかるかもしれません。

PDF版の販売で、30日間の返品保証付きです。当直1回分にも満たない価格なので、本マニュアルの手法を実践すれば、あっという間に元が取れると思います。 尚、医師以外の方のご購入はご遠慮ください。



情報教材表紙




iDeCoで VTへのスイッチング検討

このエントリーをはてなブックマークに追加

米国では爆発的に感染者数が増加して、ついに世界最多の国になってしまいました。大都市でロックダウンが実行されています。これに伴い、失業保険申請数も激増しています。


一方、日本国内においても、3月27日に1日あたりの新規感染者が100名を突破しており、オーバーシュートの可能性が高まってきました。


現実社会は悪化の一途をたどっていますが、株式市場は暴落していません。今から2番底があるのかもしれませんが、2020年3月23日を底にして急激に反発しています。


実は、以前から懸案事項がひとつあります。それは日本円の定期預金をおこなっている iDeCoをどうするかです。


本来なら市場暴落時に定期で積み立てていた iDeCoを VTなどの指数にスイッチングするつもりでした。ところが Dow 30が予想外に反転したため時期を逸した感があります。



55 - コピー




上記は VTの上場からの長期チャートですが、すでに直近の底(2020年3月23日)54.14から 14%上昇してしまいました。う~ん、イケてないです...。


そもそも Dow 30、VTともたいして下げていません。世界的に凄まじい暴落だと思っていましたが、かなりお化粧された株価上昇が続いていたので数年前に逆戻りした程度です。


2020年3月27日の終値が 61.77 USDですが、これは 2014年5月レベルです。たった 5年前の株価に下落しているに過ぎないため、私の感覚では全く割安感がありません。


iDeCoは超長期投資です。この程度の下げ方では、今のタイミングで VTを買う意味合いは低いと感じました。目標は、高値から 50%以下の価格での VT購入です。


具体的には、2009年レベルの株価です。ここまで下落してくれれば、iDeCoのスイッチングも価値が出てきます。それまでは、今までどおり日本円定期で積み立てようと思います。


iDeCoの問題点は、長期間引き出すことができないことと、商品のバリュエーションが少なく、実質的に指数にしか投資できないことです。


私は指数を「ゴミ箱」だと思っています。しかも優良企業バイアスまでかかっているので、真に利益を得たいのであれば効率悪いこと甚だしいです。


普段であれば、指数に投資することなどありえないですが、iDeCoに関しては指数にしか投資できないので仕方ありません。


生きている間には必ず買い場は到来すると思っています。それまでは気長にiDeCoで定期預金を積み立てていきたいと思います。






★★ 管理人監修の資産形成マニュアル ★★
 


管理人監修の「勤務医の、勤務医による、勤務医のための資産形成マニュアル」です。高度な医療技術で社会貢献するためには経済的安定が不可欠! という信念のもと、管理人は多くのメンターから指導を受けました。

その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。既に資産運用をしている方でも、勤務医のアドバンテージを生かした新しい考え方が見つかるかもしれません。

PDF版の販売で、30日間の返品保証付きです。当直1回分にも満たない価格なので、本マニュアルの手法を実践すれば、あっという間に元が取れると思います。 尚、医師以外の方のご購入はご遠慮ください。



情報教材表紙




ロックダウン対策を開始

このエントリーをはてなブックマークに追加

昨日、小池都知事が「感染爆発の重大局面 今週末の外出自粛を」という緊急会見をしました。都内で新たに41名の新規患者が発生したことを受けての対応です。


この緊急会見から、感染爆発(オーバーシュート)による都市封鎖(ロックダウン)の可能性が現実味を帯びてきました。


そして、東京でロックダウンが実施されれば、感染拡大が危惧されている大阪・兵庫などの関西圏での実施可能性も高まります。


世界ではすでにパリ、ニューヨーク、イギリス、インド、フィリピンでロックダウンが実施されています。武漢のときは対岸の火でしたが、気が付けば全世界に広がっています。


実際にロックダウンが実施されれば、私たちの生活にも甚大な影響があります。最も対応が必要なのは生活必需品の確保でしょう。


私たちは日々忙しいので、いざロックダウンが実施されても対応が遅れる可能性が高いです。このため、あらかじめある程度の準備をしておいた方がいいかもしれません。


そして、生活必需品だけではなく、ケアネットの第30回連載記事で私が書いたように「お金」に関しても準備をしておいた方がいいかもしれません。


武漢では外出できないため、社印やインターネットバンキングのワンタイムパスワード端末をオフィスに取りに行くことができずに資金繰りに窮する中小企業が続出しました。


ロックダウンが実施されると ATMの利用も難しくなるかもしれません。クレジットカードやスマホ決済があれば大丈夫でしょう? と思っている方も注意が必要です。


あと、ロックダウンすれば株価が再度暴落する可能性があります。絶好の買い場到来かもしれませんが、その時にお金を引き出せなかったら指をくわえて眺めているしかありません。


ということで、私はリアル銀行からネット銀行にある程度のお金を移すことにしました。ネット銀行はセキュリティ問題のため、普段はほとんどお金を置いていません。


国内での過去の経験が通用しない状況が続いていますが、先行している中国や欧米諸国の状況をみながら対策を練っていきたいと思います。






★★  医師のキャリア革命(オンラインサロン)  ★★


「経済的自由」を手に入れるために Facebookを利用した非公開のオンラインサロンに参加してみませんか?



gg - コピー




本サロンの目標は、参加者全員に生涯途絶えることのない "複数の収入の流れ"  を得るための " 学びの場 "  を提供することです。


資産形成マニュアルで、医師が効率よく資産形成を実践するノウハウを公開しましたが、本サロンはそのフォローアップの場と位置付けています。


それぞれの参加者たちが得た知識や体験を共有し、集合知を形成する。集合知は、サロンのメンバーが未知の航海に旅立つ際の羅針盤となる


そのような " 学びの場 "  を

  •  整形外科医のための英語ペラペラ道場
  •  整形外科医のブログ 

​ ​
がタッグを組んで運営します!!
参加希望の先生方は、こちらからお願いします




12年振り! リート市場へ参戦!!

このエントリーをはてなブックマークに追加

ついに来た!!!
J-REITの大暴落が突然やってきました!



33 - コピー



なんなんだ、この唐突感のあるチャートは??? あのビルファンドの長期チャートが見たことのない形になっています。ほぼ下ヒゲの無い、長い長いロウソクです。


身震いするようなチャートですね...。市場の阿鼻叫喚さがビンビン伝わってきます。実は私がREIT市場がエライことになっているのに気付いたのは 3月13日です。


仲良くさせていただいている s-pod先生が、オンラインサロン内で J-REITのサーキットブレーカーが発動されたことをアップしてくれたので気付いたのです。


3月13日時点では電力株と悪戦苦闘していたので、J-REITはノーマークでした。最も安牌な投資対象であり、新型コロナショックでも最も傷の浅いジャンルと思い込んでいたのです。


ところが、3月13日でサーキットブレーカーが発動されてから怒涛の暴落が開始しました。今週は連日10%の暴落を演じ、連休前の3/19にはストップ安まで売り込まれました。


いきなり市場の主役(?)に躍り出た J-REITに、私たちはどう向き合えばよいのでしょうか? まず現状を整理してみます。何故、ここまでJ-REITは売り込まれたのでしょうか。


  1. リスク資産の現金化
  2. 決算期を控えた地銀の処分売り
  3. 新型コロナウイルス感染症のために不動産賃料が下落


現状で言われている原因は上記のごとくです。日本だけではなく世界中のREITが売られているので、おそらく①が最大の要因でしょう。


それにしても、この値動きは異常過ぎます。世界の市場を俯瞰すると、金融システムがかなり危険な状態になっている可能性があります。流動性が枯渇しつつあるのでしょう。


2/24に新型コロナショックが始まってから、早くも 4週間経過しようとしています。当初はここまで危機的状況になるとは想像していませんでした。


至るところに爆弾が転がっています。ジャンク債バブル崩壊、ユニコーンバブル崩壊、南欧ソブリン危機再燃、ドイツ銀行破綻懸念、新興国危機...


何が起こってもおかしくない状況は、2008年に酷似してきました。そろそろでしょうか?J-REITに参戦するのは。どう考えてもヤバい状況です。


2018年に J-REIT投資のセミナーを開催した際には、今後10年ぐらいは J-REITの買い場は来ないと思っていました。世の中何が起こるか分からないモノです...。


さてさて、この降って湧いたような危機的状況に直面して、私はまず下記銘柄で勝負したいと思います。勝手知ったる(?)J-REITなので、銀行株や石油株ほど迷いはありません。


  • トラックレコードの長い銘柄
  • 財閥系不動産会社、総合商社、鉄道会社がスポンサーの銘柄


いわゆる、上位リートですね。最上位のビルファンドや JREはまだ高値の華ですが、それに次ぐ銘柄群です。これらを「追い込んで」ユニット数を増やします。


「追い込む」とは、REITのような鉄壁の分配金支払い能力のある銘柄には株価の下限があり、そこに向かって買い下がっていくことを意味します。


今週に買えていない銘柄では、日ロジ、エクセレント、オリ等の下がり具合をみて、戦線を拡大するつもりです。


そして最終局面はホテルリートに切り込もうと思います! バカ丸出しですね(笑)。ほぼ宝クジの世界ですが、チキンな私としては JHR等で勝負しようと画策しています。


まぁ、買い場と思っているキチガイは私だけだと思います。SNSをみるまでも無く REITに対しては総悲観です。くれぐれもナイフを掴みに行くようなバカなマネは止めてください!







★★ REITで実践する不動産投資セミナー ★★
 


現物不動産投資はハードルが高いと思っている先生方のために「REITで実践する不動産投資セミナー」をお届けします。 不動産投資で成功する要点は下記の4つです。

  • 適切な投資タイミング
  • 適切な投資対象
  • 銀行融資のテクニック
  • 物件運用


今回のセミナーでは、金融商品である REITを用いて上記4点すべてをクリアすることを目的とした他では聴けない知識をお届けします。


  • セミナー動画(86分)
  • スライド形式のレジメ(72ページ)



スライド形式のレジメをベースにしたプロ投資家による講義で、30日間の返品保証付きです。現物不動産投資はコワイけど、不動産投資の恩恵にあやかりたい方におススメです。


尚、医師以外の方のご購入はご遠慮ください。



REITで実践する不動産投資セミナー




アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

医療研究を身近な存在とし、医療の未来を作る


管理人の著書

161228 【書影】医師の経済的自由
管理人によるケアネット連載コラム
log_carenet

医師のためのお金の話

管理人による m3.com 連載コラム
管理人も参加しているオンラインサロン
勤務医のための資産形成マニュアル
築古木造戸建投資マニュアル

医師のための築古木造戸建投資マニュアル 1
REITで実践する不動産投資セミナー
190122
医師のための 金融資産形成術


配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール

自由気ままな整形外科医

・医学博士
・日本整形外科学会専門医
・日本リウマチ学会専門医
・不動産投資家
・超長期金融資産投資家
・ビジネスオーナー
・宅地建物取引主任士

QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。