整形外科医のブログ

中堅の整形外科医が、日々の気付きを書き記します。投資の成功で働く必要が無くなりましたが、社会貢献のため医師を続けています。

資産形成

Money and Medal に加えるモノは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

今週は、銀行の担当者と融資の件でお会いしました。
周知のように、銀行の担当者は2~3年周期で代わります。


現在の担当者とは、約1年の付き合いです。ひととおり融資に関してのやり取りが終わってから雑談に興じました。実は、私は銀行員と話しをすることが大好きです。


何故なら、何の憂いも無く現在の状況を自慢できるからです(笑)。普通の人には絶対に言わない(言えない)ようなことでも、ポンポン話します。


銀行員に財務基盤の盤石さをアピールすることが目的ですが、銀行員も目を輝かせて聞いてくれるのが嬉しいのです。もちろん、銀行員からすると、私は料理の材料なのですが・・・


さて、いつものようにビジネスの成果や来期の展望を説明してから、投資成果についてお話します。残念ながら前期は、小さな築古木造戸建購入以外は、売り買いゼロでした。


銀行員は、私の財務状況を全て知ることができる立場です。このため、私の「ミラートレード」をしたがっているようですが、残念ながら銀行員は投資信託以外はご法度です。


「非常に残念です。。。」と言っていただくのが嬉しくて、つい「実は弟子を取ろうかと思っています」とこぼしてしまいました。


生徒ではなく、弟子であることがポイントです。何故、弟子なのか? その理由は、私は人に投資手法を教えるほど暇人ではないからです。


弟子であれば仕事をしてもらえるので、私にとっても好都合です。しかし、そんな都合のいい人が居るのでしょうか? ここで登場するのがビジネスを共に回している社員さんです。


優秀な人を雇うことは難しく、モチベーションを維持してもらうことに気を使います。お金のモチベーションは長く続かないので、Money and Medal を考える必要があります。


しかし、スタートアップにおいては、Medalだけでも限度があります。このような場合、Money and Medal に加えて、自己研鑽の場を提供することを検討します。


費用をかけずに自己研鑽してもらうにはどうすればいいのか? 弟子を取る手法で、自分の持つ特殊技術を、優秀なスタッフに伝えることがWin-Winではないかと思いつきました。


私の場合は、ビジネスと投資をハイブリッドで回していく技術が、これに該当しそうです。これだと仕事をしてもらいながら、この技術が伝わるので一石二鳥です。


私たちが属する医療業界では、後進に対する「無償」の教育が当たり前になっていますが、自分がオーナーの立場ならちょっと微妙な感じです。


上下関係があってもお互い労働者の立場なので、「無償」の教育が成り立つのでしょう。ギブ&ギブもいいですが、永続性担保には、やはりギブ&テイクが理想ではないでしょうか。





★★  医師のキャリア革命(オンラインサロン)  ★★


「経済的自由」を手に入れるために Facebookを利用した非公開のオンラインサロンに参加してみませんか?



gg - コピー




本サロンの目標は、参加者全員に生涯途絶えることのない "複数の収入の流れ"  を得るための " 学びの場 "  を提供することです。


資産形成マニュアルで、医師が効率よく資産形成を実践するノウハウを公開しましたが、本サロンはそのフォローアップの場と位置付けています。


それぞれの参加者たちが得た知識や体験を共有し、集合知を形成する。集合知は、サロンのメンバーが未知の航海に旅立つ際の羅針盤となる


そのような " 学びの場 "  を

  •  整形外科医のための英語ペラペラ道場
  •  整形外科医のブログ 

​ ​
がタッグを組んで運営します!!
参加希望の先生方は、こちらからお願いします




納税義務忘れは破綻への第一歩!

このエントリーをはてなブックマークに追加

いよいよ、確定申告の時期が始まりました。
昨日、顧問税理士の先生と協議したのですが、納税額の多さで鬱になりそうです(笑)。


2017年度は、通常の法人事業系の納税以外にも、個人の金融資産投資の利益にかかる納税額100万円も加わりました。


加入させていただいている任意組合の投資成果が絶好調であったことが要因ですが、やはり納税は投資パフォーマンスを大幅に毀損してしまいます。


さて、昨年は仮想通貨の暴騰で「億り人」が話題になりました。そして、2017年度の利益は2018年度に納税する必要があります。


例えば1億円の利益があると、納税額は4000万円程度となります。これは厳しい・・・。納税するには、2018年3月15日までに4000万円分の仮想通貨を売却する必要があります。


2004年頃に、FXでも今回の仮想通貨祭りと同様の状況が発生しました。しかし、その後の金融市場の混乱および納税義務のために、当時の億り人のほぼ全員が姿を消しました。


納税は儲かっている時ではなくて、1年遅れでやってくるのがポイントです。儲かっている時には、ほとんどの人が浮かれてしまって納税のことまで気が回りません。


これはFXや仮想通貨のような投機だけではなく、ビジネスでの成功や活躍中のプロスポーツ選手・芸能人にも当てはまります。


彼らは短期間で膨大な収入を得ることが多く、金銭感覚がマヒして生活レベルが上がります。しかし、高収入はいつまでも続かないうえに、納税義務が追い打ちを掛けます。


例えて言うなら、納税前の収入は「生肉」であり、納税という火を通さないかぎり安全に食べる(健全な資産形成を行う)ことはできません。


収入が増えたことに浮かれて、納税前の「生肉」を食していると、食中毒を併発(資金繰りに窮して破綻する)してしまいます。


そして、納税という「火」は強烈であり、金森氏の言葉を借りると年収3000万円を超えたあたりから税との本格的な戦いが始まります。


このあたりの事情をよく理解した上で、資産形成を行っていく必要があります。効率良く資産形成を行うには、投資技術などの枝葉よりも税制を熟知することが最重要だと思います。





★★ 管理人監修の資産形成マニュアル ★★
 


管理人監修の「勤務医の、勤務医による、勤務医のための資産形成マニュアル」です。高度な医療技術で社会貢献するためには経済的安定が不可欠! という信念のもと、管理人は多くのメンターから指導を受けました。

その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。既に資産運用をしている方でも、勤務医のアドバンテージを生かした新しい考え方が見つかるかもしれません。

PDF版の販売で、30日間の返品保証付きです。当直1回分にも満たない価格なので、本マニュアルの手法を実践すれば、あっという間に元が取れると思います。 尚、医師以外の方のご購入はご遠慮ください。



情報教材表紙




不動産投資で甘い汁を吸うには?

このエントリーをはてなブックマークに追加

不動産賃貸業界は、繁忙期のど真ん中です。
この時期は本当に忙しい・・・はずですが、今年は一足先にアガってしまいました!


先週から今週にかけてプーケットで遊んでいる間に、4月以降の満室継続が決定したのです。今年は例年になく楽勝な繁忙期でした。


その理由を考えてみたのですが、正直言ってよく分かりません(笑)。敢えて言うなら下記のごとくでしょうか。


  1.  客付けの容易な都市中心部の物件以外は全て売却した(資産組み換え)
  2.  住居系から商業系物件にシフトしている
  3.  モデルルーム化の余韻が残っている
  4.  宅配ボックス設置



やはり、①が一番大きいと思います。面倒な物件は全て売却し尽しました。よく高利回りの地方・郊外物件を推奨する方が居ますが、専業でない限り、その意見には賛同しかねます。


特に、私のように不動産経営に割ける時間がほとんどなく、月に1~2時間程度の実労働時間で済まそうと思っている、ものぐさな人間には現実的ではありません。


高利回りに見えても、客付けできなければ絵に描いた餅です。また、賃料の差ほど原状回復費用の差は無いため、低利回りでも好立地物件の方が手残りが多くなる傾向にあります。


②の商業系は立地が全てであり、好立地物件ではリーシングを頑張らなくても勝手に回っていくという現実があります。逆に言うと立地がイマイチなら何をしても埋まりません。。。


③はまだ1度しか実践していないのですが、まだまだ営業マンの脳裏に余韻が残っているようです。実際は、モデルルーム化どころか原状回復工事前に空室が埋まっていきます。


空室が発生すると、いつものFAX攻撃を開始しますが、そのFAX広告のど真ん中に ” モデルルーム化! ” とデカデカと謳っています。


実際はモデルルーム化する前に埋まっていくので、嘘ではないものの今回の繁忙期では実弾を1発も発射していません。まるで「やるやる詐欺」のようですね(笑)。


④に関しては、オーナー的には12月に大枚をはたいて設置した宅配ボックスのおかげと思いたいところですが、実際のところどうなのでしょうか? 


正直言って、テナントリテンションになっても、新規入居者のハートを掴むほどではない気がします。まぁ、常に物件のブラッシュアップを図っている心意気を褒めてやってください。




というように、それなりに厳しくなってきたと言われる不動産投資ですが、好立地物件に特化しているためか、まだまだ甘い汁を吸い続けることができそうです。


好立地の物件を購入することは機会的にも資金的にも高いハードルではありますが、やはり立地の良い不動産はいいモノですね!






★★ 管理人監修の「医師のための築古木造戸建投資マニュアル」 ★★
 


なぜ、築古木造戸建なのか? 不動産業者が勧めるピカピカの投資用新築マンション投資など全く比較にならない旨みが隠されています。医師が築古木造戸建投資を行う目的は2つです。


  1.  不動産投資の入門編
  2.  給与所得の節税対策


医師のあなたなら、築古木造戸建投資は税制を絡めて低リスクに実践可能であり、本格的な不動産投資を開始する前の絶好の練習台となります。
 

本マニュアルは、「勤務医のあなたが開業医並みの収入を得て富裕層に到達する方法!」で提唱した築古木造戸建投資の実践版です。


多忙な医師が時間をかけずに知識を習得することを目的に、パワーポイントのプレゼンテーション形式となっています。ポイントだけに絞っているので1時間以内に概要を掴むことが可能です。


全143スライドのPDF版ダウンロード販売で、30日間の返品保証付きです。当直1回分にも満たない価格なので、本マニュアルの手法を実践すれば、あっという間に元が取れると思います。


尚、医師以外の方のご購入はご遠慮ください。




医師のための築古木造戸建投資マニュアル 1





診療報酬の高い科はどこ?

このエントリーをはてなブックマークに追加


昨日の続きです。【2017年版】診療科別・医師の年収比較~給与の高い科目はここだ! に注目してみました。





全国の病院、クリニック等の求人票の中から、地域や求められる経験年数を問わず、無作為に4,632求人を抽出した上で、提示されている給与(年収)の下限値の平均を算出しました。また、2015年版の順位と、そこからの変動額も記載しています。



66 - コピー




これはなかなか興味深い記事ですね。やはり、今最も熱い在宅医療が首位に立っています。2015年から年収ベースで131万円もアップしていることからも過熱振りがよく分かります。


整形外科も意外に検討しています。これは、脊椎外科の隆盛が関係しているのではないかと思います。リハビリテーション科も53万円アップの5位と大躍進しています。


ちなみに脊椎外科の隆盛は診療報酬の高さが原因ですが、これは国の政策誘導ではなくて治療方法のイノベーションに因るものです。


国が意図しないイノベーションの結果、従来の診療報酬体制に大きなチャンスの窓が開きました。このため、急激に脊椎外科医師の価値がアップしたのです。


ただ、国の政策方針による診療報酬上の優位ではないので、かつての眼科における白内障治療のように国によって潰されてしまう可能性が高いと考えています。


このあたりは、現時点で隆盛だからと言って、今から若い医師が新規参入するのは少し危険かもしれません。


一方、現時点で独り立ちしている脊椎外科医は、追い風が吹いている間に、可能な限り収益を積み上げることに注力するべきでしょう。


あと、下位の科を見ると、皮膚科・放射線科・眼科・麻酔科が目を引きます。いずれも2015年からマイナスとなっており、これらの科が置かれている厳しさが伝わってきます。


下位に沈んでいる理由は、やはり医師の供給過多だと思います。これらの科はQOLが高くて人気の科ですが、希望者が殺到した結果、レッドオーシャン化してしまったようです。


弁護士や歯科医師と同じく、医師も各科レベルでみると需給関係が悪化している科が存在することが垣間見れます。


途中で科を変えることは難しいので、科を選択する時には、興味があるという観点からだけではなく、需給関係も検討するべきでしょう。






★★ 『 整形外科の歩き方 』でお宝アルバイト獲得のための基本講座を公開中です! ★★






医師の転職戦略を考える

このエントリーをはてなブックマークに追加

表題違いで恐縮ですが、ケアネットの連載企画【医師のためのお金の話】第5回が本日アップされました。お題は、インデックス投資で果実を得る方法 です。



log_carenet



第1~3回は資産形成の総論、第4回は株式投資の話でした。今回は、インデックス投資のピットフォールです。1分ほどで読了可能なので、是非ケアネットを訪問してくださいね。



------------------------------------------------



さて本題ですが、ケアネット・キャリアで興味深いメールが届きました。医師専門コンサルタントが語る-勤務医で年収2500万円を稼ぐ方法とは? です。




「高額な年収が提示されている求人には、必ず理由がある」 これまで多くの医師の転職を支援してきたコンサルタントは、 単純な提示額でなく「年収がどう決まるか」に注目します。


  1. 需給バランスから医師がより求められている領域 
  2. 診療報酬上優遇されやすい領域 
  3. 診療やコミュニケーションなどのスキル


このような条件から年収は変わってくるため、 高額年収の背景まで理解した上で、 納得できる転職先を探すことが重要になります。





当たり前なのですが、結果をから考察する手法は医師の転職でも有用だと思います。自分の市場価値や年収が決まる理屈を知らずに、ひたすら好条件を!では結果が出ません。


さて、①③は普通の転職市場でも当たり前のことですが、②は医療業界独特の条件です。診療報酬は国の政策方針で決定されるので、国の意図通りに動けば高収入を得やすいです。


ただ、医師専門コンサルタントの仕事は、病院と医師とのマッチングなので、転職が終了した時点で終わります。極論すれば、それ以降の医師の人生は知ったことではありません。


何が言いたいのかというと、②に関しては国の政策方針が変更になれば、梯子を外される可能性が高いということです。


現在、医療業界で最も「熱い」領域は在宅医療です。在宅医療の診療報酬は非常に優遇されており、病院から在宅へ!という国の政策方針が如実に表れています。


そして、現時点では在宅へ参入する医師の数が限られているため、在宅医療医の年収は高騰しています。ただ、この状況が未来永劫続くわけではありません。


国が望む結果が得られると、診療報酬の優遇処置は撤廃されて、梯子を外されてしまいます。このため、転職を志向する医師は、優遇が撤廃された後を考える必要があります。


この場合、自分の年齢やスキルと相談です。年齢がそこそこ上であるなら、診療報酬の優遇が続いている間に稼ぎまくるという選択肢があります。


一方、比較的若年(30歳台以下)であれば、医師人生は長いので、診療報酬の優遇に基づく高年収領域に全てを賭けるのは危険だと言えます。






★★ 管理人監修の資産形成マニュアル ★★
 


管理人監修の「勤務医の、勤務医による、勤務医のための資産形成マニュアル」です。高度な医療技術で社会貢献するためには経済的安定が不可欠! という信念のもと、管理人は多くのメンターから指導を受けました。

その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。既に資産運用をしている方でも、勤務医のアドバンテージを生かした新しい考え方が見つかるかもしれません。

PDF版の販売で、30日間の返品保証付きです。当直1回分にも満たない価格なので、本マニュアルの手法を実践すれば、あっという間に元が取れると思います。 尚、医師以外の方のご購入はご遠慮ください。



情報教材表紙




アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

管理人の著書
管理人によるケアネット連載コラム
log_carenet

医師のためのお金の話

管理人も参加しているオンラインサロン
勤務医のための資産形成マニュアル
築古木造戸建投資マニュアル
医師のための 金融資産形成術
医師のための金融資産形成術

タダで自宅を手に入よう!


配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。