整形外科医のブログ

中堅の整形外科医が、日々の気付きを書き記します。投資の成功で働く必要が無くなりましたが、社会貢献のため医師を続けています。

資産形成

教授の再就職先は難しい?

このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、某有力大学の整形外科の元教授を思わぬところで見かけました。普段は学会などのパブリックな場面でお見かけすることが多かったので非常に意外感を覚えました。


私が医師になった頃、大学教授はまさに仰ぎ見るような存在でした。当時は世間知らずであったこともありますが、大学教授になれば退官後も一生安泰だと思っていたものです。


しかし、整形外科以外の科も含めて改めて「教授」の退官後の状況を確認すると、意外なほど苦戦している方が多いことに気付いて驚きました。


教授を退官されるとジッツの大規模公的基幹病院の院長に収まるというルートが確立されていると思っていましたが、よく考えると教授の数>>公的基幹病院の数です。


当然、公的基幹病院の院長職に収まる教授の方が少ないです。では、それ以外の教授はどこに行くのか?多くの教授はその時に空ポストのある医療機関の院長や施設長に収まります。


教授まで勤め上げてショボい医療機関に収まるのはちょっと微妙な感じです。しかし、公的基幹病院の院長になった教授が幸せかと言うとそうではないことが多いように思います。


何故なら、他科の医師にとっては自分に関係の無い科の元教授なので、さほど遠慮する必要がないからです。医師以外のコメディカルにとっては、さらに関係無い人です。


某医療センターに勤務している際に元脳神経外科教授が院長で赴任されてきましたが、古参の生え抜き医師にサンドバック状態にされて気の毒だったのを覚えています...。


所詮は雇われ院長なので人事権もありません。この状況はなかなか辛いものがあります。このように考えると、教授といえども退官前に身の振り方を計画するべきなのでしょう。


おそらく教授にとって最善の再就職先は、①責任が無く ②他科や他職種からの突き上げが無く ③収入が良く ④社会的地位もある という条件を満たすのがベストでしょう。


そんな都合の良い所は無いだろ!と思う人が多いでしょうが、実際にはこの条件を満たすポストを目撃しました。そういう身の振り方を考え出した方は本当にすごいな...。






★★  医師のキャリア革命(オンラインサロン)  ★★


「経済的自由」を手に入れるために Facebookを利用した非公開のオンラインサロンに参加してみませんか?



gg - コピー




本サロンの目標は、参加者全員に生涯途絶えることのない "複数の収入の流れ"  を得るための " 学びの場 "  を提供することです。


資産形成マニュアルで、医師が効率よく資産形成を実践するノウハウを公開しましたが、本サロンはそのフォローアップの場と位置付けています。


それぞれの参加者たちが得た知識や体験を共有し、集合知を形成する。集合知は、サロンのメンバーが未知の航海に旅立つ際の羅針盤となる


そのような " 学びの場 "  を

  •  整形外科医のための英語ペラペラ道場
  •  整形外科医のブログ 

​ ​
がタッグを組んで運営します!!
参加希望の先生方は、こちらからお願いします




m3: 株式、不動産、ビジネスの中で一番バランスの良い儲け方は?

このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、m3.comの連載企画【医師のための資産形成】第31回がアップされました。お題は株式、不動産、ビジネスの中で一番バランスの良い儲け方は? です。



m3com_logo




今回はずっと前から書きたいと思っていたテーマです。資産形成にはいろいろな手法がありますが、どれをチョイスすれば良いのか?という命題に関する回答はあまり見かけません。


ときどき、不動産と株式投資の二刀流の人が居ますが、ビジネスまで含めて比較している人は見たことがありません。


しかし書き始めてみると意外と難しい...。株式投資・不動産・ビジネスと言っても、投資戦略・規模・ビジネスモデルが全く異なるため一般化することは難しいからです。


そこで、できるだけ一般化しつつも、最終的には自分の実践していることをベースに、どのジャンルが最もコスパが良いのかを考えてみました。


その結論は、、、、
私の経験では不動産投資が最もバランスとコスパが良い、でした。


正直言って、不動産投資は最近全然タッチしていません。今はビジネスと株式投資メインですが、逆に言うとそれほど不動産投資は安定していてやることが無い状況とも言えます。


そして、株式投資・不動産・ビジネスの特徴をそれぞれ深堀したことで、自分の中でも進むべき方向性の整理をすることができました。


今回の m3.comの連載では、自験例をもとに株式、不動産、ビジネスのバランスに関する私意見を述べてみました。3分ほどで読了可能なので、是非 m3.comを訪問してくださいね!






★★  医師のキャリア革命(オンラインサロン)  ★★


「経済的自由」を手に入れるために Facebookを利用した非公開のオンラインサロンに参加してみませんか?



gg - コピー




本サロンの目標は、参加者全員に生涯途絶えることのない "複数の収入の流れ"  を得るための " 学びの場 "  を提供することです。


資産形成マニュアルで、医師が効率よく資産形成を実践するノウハウを公開しましたが、本サロンはそのフォローアップの場と位置付けています。


それぞれの参加者たちが得た知識や体験を共有し、集合知を形成する。集合知は、サロンのメンバーが未知の航海に旅立つ際の羅針盤となる


そのような " 学びの場 "  を

  •  整形外科医のための英語ペラペラ道場
  •  整形外科医のブログ 

​ ​
がタッグを組んで運営します!!
参加希望の先生方は、こちらからお願いします




株式投資で負けない精神構造とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、株式投資にかんしてナルホド...と唸らされる記事に遭遇しました。東洋経済オンラインのなぜ損を避けたい人ほど大損してしまうのか です。


経済学の分野では行動ファイナンスが注目されていますが、人間の行動は本質的に「損失回避的であるといわれているそうです。


例えば株を買ってその後上がったとします。上がればうれしいのは当然です。ところがそのとき、心の中に2つの矛盾する気持ちが生まれるのです。1つは「まだ上がるかもしれない」という期待感、もう1つは「今売っておかないと下がるかもしれない」という不安感です。「損失回避性」の強い人の場合、後者の気持ちが強くなりますので、わずかな利ザヤでも利益確定をしたくなります。

逆に、下がった場合はどうでしょう。投資した企業の業績が悪化したりして下がる場合は早く見切りをつけて売ったほうがいいことが多いのですが、損を確定するのが嫌で、そのまま持ち続けます。さらに下落が続いても我慢を続けることになりますが、下落の最終局面では、いわゆるセリングクライマックスが起きて下げ幅が拡大します。そうなると心理的にはパニック状態に近くなり、「このまま持っていたら潰れるかもしれない」と慌てて売ってしまいます。だいたいその後、株価は上昇することが多いのです。これは当然です。最後に売る人がいなくなれば株は自然に上がるからです。

結果として上がったときはわずかな利ザヤで、そして損切りしたときの幅は大きいため、よくいわれるように「株は9勝1敗でもなかなか儲からない」となってしまうのです。



少し長い引用になりましたが、非常に的を得た例です。
  • 株価が上がる → 今売っておかなければ下がるかもしれないと焦って売却するため利益は小さい
  • 株価が下がる → 損失確定が嫌なので損切りしないが、セリクラ発生でパニックになり大底で売ってしまい巨額の損失確定


似たような経験は、皆さんにもあるのではないでしょうか。人間なので精神の弱さは仕方無い面があります。そうは言ってもこのような行動ばかりでは投資で勝てないこと必定です。


ちなみに私の場合、このような精神状況に追い込まれてしまい、痛い投資行動を採ってしまうことはほとんどありません。


その理由は、株価が下落したときは機械的に買い下がり、株価が上昇するとその株に投資していることを忘れるからです。正確にはその銘柄に対する興味が無くなるのです。


なぜ株価が下がったときにパニックにならないのでしょうか? それは破綻可能性が極めて低い銘柄にしか投資しないからです。むしろ株価が下落すると安く買えるので嬉しい!


一方、株価が上昇すると興味を無くしてしまうのは、株式投資する目的が安定的な配当を永続的に獲得するための権利を購入することだからです。


つまり、株価そのものではなく配当に興味があるため、上昇している株価が下落したとしても、どうせ売却するわけではないので、あまり気にならないという精神状態なのです。


このような精神構造は長年相場に身を置くことで何となく体得したものですが、改めて他人に説明されると妙に得心してしまいました。


やはり株式投資で勝つ秘訣は、
  1.  自分の投資戦略にしたがって 
  2.  淡々と機械的に投資して 
  3.  決して一時的な欲や恐怖に惑わされない 

だと思います。言うは易く行うは難し、だと感じるかもしれませんね。しかし、私のように配当にフォーカスし続けると、株価が気にならなくなるかもしれない?!






★★ 管理人監修の資産形成マニュアル ★★
 


管理人監修の「勤務医の、勤務医による、勤務医のための資産形成マニュアル」です。高度な医療技術で社会貢献するためには経済的安定が不可欠! という信念のもと、管理人は多くのメンターから指導を受けました。

その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。既に資産運用をしている方でも、勤務医のアドバンテージを生かした新しい考え方が見つかるかもしれません。

PDF版の販売で、30日間の返品保証付きです。当直1回分にも満たない価格なので、本マニュアルの手法を実践すれば、あっという間に元が取れると思います。 尚、医師以外の方のご購入はご遠慮ください。



情報教材表紙




DocuSign導入で DX後進国を実感

このエントリーをはてなブックマークに追加

先週末は半日ほど、DocuSignという電子署名サービスの導入で四苦八苦していました。この手のクラウドサービスは非常に便利ですが、導入時に一山越える必要があります。


電化製品等でありがちな取扱説明書というものは存在せず、ウェブ上のカスタマーサービスにある項目毎の説明ページを都度確認しながら、実地で習熟していくしかありません。


サイトの UXはなかなか優れているのである程度は直観的に操作できますが、慣れるまでこちらのニーズに即した細かいアレンジをできないことが難点です。


土曜日の夕方から初めて日曜日の午前 10時頃に開眼し、正午頃にはほぼ DocuSignを使いこなせるようになりました。今回の苦闘で気付いた点が 3つあるのでご紹介します。



気付けば米国製サービスに囲まれている

会社では下記サービスを利用して、ほぼ完全なリモートワークを実現しています。年間約40万円で月額では 35000円にしか過ぎません。最高水準の業務環境がたったの 35000円です。

  • BOX
  • G-Suite
  • Slack
  • freee
  • DocuSign


上記のうち、freee以外はすべて米国企業のサービスであることに気付きました。特に私は米国が好きでも嫌いでもありません。


しかし、サービスの質と価格のバランスのベストミックスを追及すると、どうしても米国企業のサービスを選択せざるを得ないのです。


BOXの代替は、DropboxやGoogle driveで米国企業です。G-Suiteは代替さえありません。Slackの代替は日本の Chatworkでいい線いっていますが Slackの方がやや使いやすいです。


一方、今回の DocuSignは、国内でたくさんのサービスが立ち上がっていますが、いずれもDocuSignの 3倍以上の価格です。業界最大手がダントツ安なら DocuSign一択です...。


唯一、freeeのみが気を吐いています。日本人としては是非がんばってほしいものですが、グローバルに展開するのはなかなか難しそうな気がします。



日本が DX後進国は本当だった

米国では、契約業務がほぼ DocuSignに置き換わっているようです。日本でも菅総理が脱ハンコを打ち出していますが、周回遅れも甚だしいことに気付きました...。


DocuSignの UXを一度体験すると、日本の商習慣は石器時代のような感覚になります。最近、法人印鑑をチタン製に変更する手続きをしましたが、ほぼ無意味な作業でした。


コロナ禍の後押しもあって、菅政権はデジタル化を推進しています。周回遅れも甚だしいですが、私はもろ手を挙げて応援したいです。つまらない商習慣をぶち壊しほしいですね。



大企業の中抜きが横行している

Box導入時にも感じましたが、DocuSignでも大企業の子会社の中抜きが目につきました。私でさえも半日でマスターできたサービスに対して、どうして大企業を通す必要があるのか?


普通のネットリテラシーがあれば、誰でも自力で導入できるレベルなのに、大企業が中抜きしている様を見かけるのは、ちょっと微妙な感じです。


そんなところで小銭を稼ぐのではなく、DocuSignに伍するようなサービスを自分たちで立ち上げる気概はないのでしょうか? 大企業至上主義の社会に明日はなさそう...。





愚痴っぽい感じの感想になってしまいましたが、やはり若手の人にはどんどんがんばって新しいサービスを立ち上げてほしいと思います。


私のビジネスパートナーは、20~30歳台前半の方がトップの会社が多く、いつも刺激をもらっています。彼らよりひとまわり歳をくっていますが負けないようにがんばろう。






★★  医師のキャリア革命(オンラインサロン)  ★★


「経済的自由」を手に入れるために Facebookを利用した非公開のオンラインサロンに参加してみませんか?



gg - コピー




本サロンの目標は、参加者全員に生涯途絶えることのない "複数の収入の流れ"  を得るための " 学びの場 "  を提供することです。


資産形成マニュアルで、医師が効率よく資産形成を実践するノウハウを公開しましたが、本サロンはそのフォローアップの場と位置付けています。


それぞれの参加者たちが得た知識や体験を共有し、集合知を形成する。集合知は、サロンのメンバーが未知の航海に旅立つ際の羅針盤となる


そのような " 学びの場 "  を

  •  整形外科医のための英語ペラペラ道場
  •  整形外科医のブログ 

​ ​
がタッグを組んで運営します!!
参加希望の先生方は、こちらからお願いします




大学スタッフの再就職先

このエントリーをはてなブックマークに追加

平成16年に臨床研修制度がスタートした後も、大学が医学の中心であることは論を俟ちません。大学の看板を背負って研究や臨床に取り組むことは本当にすごいことです。


しかし周知のように、大学に在籍している時期は決して恵まれた環境とは言い難いです。研究では成果を出すことを強制され、臨床では薄給にもかかわらず責任は巨大です。


そんなある意味不遇(?)な大学スタッフ時代を過ごした後に、教授として大学に残る人以外は、ほぼ例外なく大学から出ることになります。


そして、大学から出た最初の病院が最終就職先となることが多いです。それでは、大学で苦労したスタッフはどのような病院に異動するのでしょうか?


大学によって異なると思いますが、一般的には准教授・講師などの上級職になるほど公的基幹病院の部長や医長におさまることが多い傾向にあります。


しかし、ここでひとつの疑問がでてきます。本当に公的基幹病院の部長職が幸せなのでしょうか?私は日赤、医療センター、済生会の勤務歴があり、部長や医長の姿をみてきました。


これらの先輩医師の姿をみていると、永久就職したいかと言われると正直言ってかなり微妙な感じです。一番の問題点は、責任や労働量と給与のバランスが非常に悪いことです。


勤務医として医師人生を終えるのであれば、大学から出た医療機関が医師人生の収穫の場となります。公的基幹病院の部長・医長職は収穫の場とは言い難い状況に思えます。


実家が太ければ問題ないのでしょうが、そうでない医師の場合には、もう少し身の振り方を考えた方がよかったのかもしれないと思う医師が多い印象を受けます。


私が見てきた中でハッピーな医師は、ある程度自分で能動的に動いて大学から異動していった方が多い気がします。大学在籍中から環境を整備し、良いタイミングで異動するのです。


准教授や講師クラスになると、医局人事に対してある程度能動的に対応することができるはずです。大学からの異動のタイミングは医師人生の集大成となる可能性が高いです。


この点をしっかり認識して十分な対策を練り、今までの大学生活の苦労に報いる環境を手に入れてほしいと思います。医局人事に身を任せるだけでは半丁博打ですから...。






★★  医師のキャリア革命(オンラインサロン)  ★★


「経済的自由」を手に入れるために Facebookを利用した非公開のオンラインサロンに参加してみませんか?



gg - コピー




本サロンの目標は、参加者全員に生涯途絶えることのない "複数の収入の流れ"  を得るための " 学びの場 "  を提供することです。


資産形成マニュアルで、医師が効率よく資産形成を実践するノウハウを公開しましたが、本サロンはそのフォローアップの場と位置付けています。


それぞれの参加者たちが得た知識や体験を共有し、集合知を形成する。集合知は、サロンのメンバーが未知の航海に旅立つ際の羅針盤となる


そのような " 学びの場 "  を

  •  整形外科医のための英語ペラペラ道場
  •  整形外科医のブログ 

​ ​
がタッグを組んで運営します!!
参加希望の先生方は、こちらからお願いします




アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

医療研究を身近な存在とし、医療の未来を作る


管理人の著書

161228 【書影】医師の経済的自由
管理人によるケアネット連載コラム
log_carenet

医師のためのお金の話

管理人による m3.com 連載コラム
管理人も参加しているオンラインサロン
勤務医のための資産形成マニュアル
築古木造戸建投資マニュアル

医師のための築古木造戸建投資マニュアル 1
REITで実践する不動産投資セミナー
190122
医師のための 金融資産形成術


配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール

自由気ままな整形外科医

・医学博士
・日本整形外科学会専門医
・日本リウマチ学会専門医
・不動産投資家
・超長期金融資産投資家
・ビジネスオーナー
・宅地建物取引主任士

QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。