整形外科医のブログ

中堅の整形外科医が、日々の気付きを書き記します。投資の成功で働く必要が無くなりましたが、社会貢献のため医師を続けています。

アルバイト

リタイア後も日医医賠責保険OK!

このエントリーをはてなブックマークに追加


以前、医師賠償責任保険の保険料を安くする(無料にする)方法
「日本医師会」に入会する方法をご紹介しました。


もし、勤務先の病院が日本医師会への加入を推奨しており、A会員の年会費(=約16万円)を負担してくれるのなら、日本医師会へ加入することで医師賠償責任保険に無料で加入できます。


私も日本医師会のA会員(正確にはA2会員)なのですが、都道府県医師会から「日医医師賠償責任保険の制度改訂に関するお知らせ」が届きました。


内容は、「閉院や医療機関から退職して医業を ” 廃業 ” した後にも賠償責任保険適用を追加する」 というなかなか画期的な改訂のようです。


従来は、廃業(=リタイア)前の医療行為に起因して損害賠償請求がなされた場合には、特例を除いて賠償責任保険が適用されませんでした。


これはかなりコワイ話で、極論すれば医師をリタイアしてもかなりの長期間にわたって医師賠償責任保険に加入し続けなければならないという厳しい現実がありました。


今回の日医賠償責任保険の改定で、日医A会員がB会員(年会費28000円)に異動することにより、これまでは保険の適用が無かったB会員であっても廃業後10年間は保険適用になります。


この改訂のおかげで医療訴訟の心配がかなり緩和されました。ただ、この適用は廃業後(=リタイア後)の医療行為について補償するものではないことは注意が必要です。


リタイア後も週1日程度は医師としての勘を維持するためにアルバイトをしようという場合には、2割の団体割引が利く民間医局などの医師賠償責任保険に加入しておくべきでしょう。




 ★★ 『 整形外科の歩き方 』でお宝アルバイト獲得のための基本講座を公開中です! ★★


      




ハンコのカスは歯ブラシで除去

このエントリーをはてなブックマークに追加


本日の午前はアルバイト先での外来でした。
この病院は、まだ紙カルテで運用しています。


個人的には、紙カルテの方が俯瞰性があって好きです。さて、最近ではめっきり少なくなった紙カルテですが、業務を省略化するために判子が準備されている病院が多いと思います。


手や足の判子、関節リウマチの疼痛関節の判子、腰の判子、ギプスの注意書き判子、よく使用する病名の判子等のさまざまなものが準備されています。


これらの判子は毎日使用されているので、使用頻度の高い判子ほどスタンプのカスが文字の間に溜まってしまい、カルテに上手く印字できなくなってきます。


以前は、アルコール綿花で判子の表面を擦ってカスを除去していました。今朝もうまく印字できなかったのでカスを除去していると、外来の看護師さんが面白い方法を教えてくれました。


① まず手袋をはめる
② 歯ブラシで判子の印字面を擦ってカスを除去する


この方法だと、手を汚さずにおもしろいほど簡単にカスを除去することができました。小規模病院や診療所などではまだまだ紙カルテは健在です。


もし判子の印字が上手くできなくなってきたら、上記の方法で表面のカスを除去すると見違えるように綺麗に印字できるので、外来がはかどるかもしれません(笑)。




 ★★ 『 整形外科の歩き方 』でお宝アルバイト獲得のための基本講座を公開中です! ★★


      




無料で医師賠償責任保険に加入!

このエントリーをはてなブックマークに追加


メインの病院のみの勤務であれば、仮に医療事故が発生した場合でも、その病院が加入している病院賠償責任保険で対応可能なことがほとんどです。


しかし、アルバイトに行っている場合には、アルバイト先で医療事故が発生した場合に備えて、医師賠償責任保険に加入しておく必要があります。


幸い、私はまだ一度も医師賠償責任保険のお世話になったことはないですが、不可抗力の事故も多いのでアルバイトをするのなら医師賠償責任保険への加入は必須だと考えています。


この医師賠償責任保険は結構高価で、1事故について最大2億円の支払限度額を確保しようとすると、団体割引の利く民間医局などで申し込んでも保険料は年間46,000円程度掛かります。


仮に20年間保険料を支払い続けた場合、総額が100万円近くになってしまいます。米国と比べると破格に安い保険料らしいのですが、それでも100万円という金額にはげっそりします。


そこで、医師賠償責任保険の保険料を安くする方法が無いかを調べたところ、意外なところに抜け道があることを発見しました。その方法とは「日本医師会」に入会することです。


日本医師会は、47の都道府県医師会から構成されており、それぞれの医師会は独立した法人組織です。まず地区医師会と都道府県医師会に入会した上で、日本医師会へ入会します。


日本医師会医師賠償責任保険の保険料は日本医師会の会費の中から自動的に支払われますので、同会の会員が損害保険会社と個別に保険契約の手続きを取る必要はありません。


保険会社から損害賠償金として支払われる補償限度額は1事故あたり最大1億円、年間1億円となっており、訴訟費用、弁護士費用等の訴訟費用は別枠となっています。


もし、勤務先の病院が日本医師会への加入を推奨しており、年会費(=16万円程度)を負担してくれるのなら、日本医師会へ加入することで医師賠償責任保険に無料で加入できるのです!


尚、下記の点には注意が必要です。
① 日本医師会医師賠償責任保険の免責金額は100万円
② 日本医師会には医師賠償責任保険未加入のタイプがある


勤務先の病院が日本医師会の年会費を負担してくれるのなら問題無いのですが、負担してくれない場合には2割の団体割引が利く民間医局の医師賠償責任保険を推奨します。


最高の1事故につき最大2億円の支払限度額であっても、保険料は年間58,000円 → 46,000円程度となります。10分程度のネット上の手続で完了するという利便性もメリットですね。



 ★★ 『 整形外科の歩き方 』でお宝アルバイト獲得のための基本講座を公開中です! ★★


      




アルバイトも結構勉強になります

このエントリーをはてなブックマークに追加


最近、アルバイト先で外来をしていて感じることがありました。
当然と言えば当然なのですが、医療機関によって患者層が違うのです。


比較的近いエリアにある医療機関であっても、医療機関の種類によって患者層はかなり異なります。もちろん、この年になったら初めて診る疾患はほとんど無いです。


しかし、メインの医療機関とは異なる患者さんを診る機会が増えるので、かなり長い間お目にかかる機会が無かった疾患を診断・治療することが多いです。


だいたいの感覚としてアルバイトに1回行くと、1~2個ぐらいの新しい気付きや久しぶりに診る疾患に出会います。単に私の記憶力があまり良くないだけなのかもしれませんが(笑)。


卒後10年目ぐらいまでは2年毎に病院をローテーションすることが多いですが、どんなに大規模な病院でも患者層の偏りを避けることができないことを考えると、合理的な行動だと思います。


逆に言うと1カ所の医療機関に長年勤務し続けることは、特に若いうちは避けた方が無難だと思います。1~2年するとその医療機関に最適化してしまい、新しい学びが少なくなるからです。


経済的な理由でアルバイトに行くことがほとんどだと思いますが、その気になればアルバイトも結構勉強になります。お金も稼げて知識もブラッシュアップできれば最高ですね!



 ★★ 『 整形外科の歩き方 』でお宝アルバイト獲得のための基本講座を公開中です! ★★


      




ウハクリの素人的考察

このエントリーをはてなブックマークに追加


私が斡旋を受けて夜診のアルバイトをしているクリニックは、午後5時から8時までの3時間で55000円です。時給18000円程度なので、それほど悪い条件ではありません。


現院長が開院してから約30年経過しており、地域を代表するクリニックです。診療は月~土の午前6コマ・午後5コマの合計11コマで、院長は午前4コマ+午後2コマ診療されています。


さて、11コマ中6コマしか診療されていないにも関わらず、クリニックは大きな収益を叩き出しているます。アルバイトに55000円×5コマ×4週=110万円/月支払っているにも関わらずです。


どうしてこのようなことが可能なのかを考察してみました。まず外来していて気付くのが、徹底的に仕組み化しており、誰が診察しても同じだけの量の医療行為を行うことができます。


医師が行うのは、診察・処置等の純粋な医療行為のみです。ベテラン看護師が問診から患者さん誘導までの全て取り仕切ってくれます。私はただ座って診察・処置をするだけです(笑)


私のコマだけでリハビリテーションを含めて100名以上の患者さんが受診されます。患者さん単価5000円×100=50万、経常利益率を30%とすると15万円/コマとなります。


私に55000円支払っても10万円は残るため十分にペイするようです。院長の立場から見ると、私の時間を18000円/時間で購入して、50000円/時間を稼いでいることになります。


開院して30年なので、もちろんほぼ無借金経営です。なるほど、これなら必要最小限の時間と労力でクリニック経営を維持できるなと妙に感心しました。


そして何回かに一度は院長の診察予約が入ります。そこで院長と患者さんの人間関係が再度構築されるようです。例えて言うならば院長の患者さんを私が「たまたま代診した」という感覚です。


もちろん、30年にわたって地域医療を支えてきた信頼感と実績があるから、このような離れ業ができるのでしょうが、将来的にはクリニック開業も選択枝のひとつかと思うようになりました。




 ★★ 『 整形外科の歩き方 』でお宝アルバイト獲得のための基本講座を公開中です! ★★


      




アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

管理人の著書
管理人によるケアネット連載コラム
log_carenet

医師のためのお金の話

勤務医のための資産形成マニュアル
築古木造戸建投資マニュアル
医師のための 金融資産形成術
医師のための金融資産形成術

タダで自宅を手に入よう!


配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。