先日の朝日新聞デジタルで興味深い記事がありました。エンゲル係数、29年ぶり高水準 食生活の変化が影響か です。




消費支出のうち食費が占める割合を示す「エンゲル係数」が急伸している。総務省の家計調査によると、2016年(2人以上世帯)は25・8%と前年から0・8ポイント上昇し、29年ぶりの高水準になった。かつて学校で、低下することが「豊かさを測る尺度の一つ」と教わった係数がなぜ今、上昇しているのか。  


東京都江戸川区のスーパー「いなげや」の総菜売り場で、近所の女性(74)が和洋とりどりのおかずの品定めをしていた。  


「夫の介護で疲れているときはお総菜にしています。手作りするのと半々ぐらい」。女性は要介護2の夫(73)と二人暮らし。介護費がかさみ、年金だけでは足りず月10万円ほど貯金を取り崩して生活する。それでも「食費はかかるけど、そうも言っていられない」。  


「時間がなくて、ついついお世話になっています」と話すのは会社員の女性(44)。夫と共働きしながら2人の子育て中。「割高だけど、時間を買うと思って週に3回ぐらいは買っています」  


高齢化や共働き世帯が増える中、家計の「食」の中身は、かつてと様変わりしている。中でも総菜など「調理食品」が消費支出に占める割合は16年に3・4%と、30年前(1・8%)の倍近くに増加。外食や、ペットボトルで買うことも増えた飲料などが伸びているのも特徴だ。  


経済成長とともに下降の一途をたどってきたエンゲル係数は、05年を境に上昇傾向に転換した。総務省が14~16年の上昇幅1・8ポイント分について分析した結果、その半分の0・9ポイントを占めたのが食品価格の上昇。円安で輸入食品の価格が上がっているのに加え、中国など世界的な食料需要の高まりなどが背景にある。  そこに、調理食品や外食の増加などライフスタイルの変化(0・2ポイント)や、将来に備えた節約志向などで消費支出そのものが減った影響(0・7ポイント)が加わった。  


「生活にゆとりのないばあい、他の生活費は減らせても、食料費だけは減らすことが難しいので、一般的には、エンゲル係数が大きくなる」  


30年前の中学「公民」の教科書でこう説明されていたエンゲル係数だが、最近の上昇は貧困の予兆なのか。  


岐阜大の大藪千穂教授は「かつてと違い、高齢化や為替変動、食文化の変化など様々な要因が全部混ざってエンゲル係数が上がっており、『上昇したから貧困』と直結はできなくなっている」と指摘。一方で、「特に低所得者層にとっては今でも生活の大変さを表す指標の一つとして重要な意味を持ち、中身を分析して影響を考えていく必要がある」と話す。 





エンゲル係数が上昇している・・・。あまり良いニュースではありませんね。ご存知のように、エンゲル係数とは家計の消費支出に占める飲食費の割合のことです。


20%台前半の他の先進諸国と比較して、日本のエンゲル係数はやや高めです。しかし、エンゲル係数は、価格体系や生活慣習の異なる社会集団の比較には必ずしも役立ちません。


日本のエンゲル係数の高さが、単純に他の先進諸国よりも生活水準が低い証拠にはならないのです。しかし、時系列でのエンゲル係数の上昇は由々しき問題です。


記事の最後で、識者の方が高齢化・為替変動・食文化の変化などの様々な要因が混ざってエンゲル係数が上昇しているため、単純に貧困化しているとは言えないとコメントされています。


しかし、現在の為替変動は、過去30年の中で決して過度の円安ではありません。また、食文化もこの30年で変化したということは無いと思います。


やはり、エンゲル係数上昇の原因は、高齢化およびこれに付随した貧困化だと考えます。そして、この現象は、医療業界にも深刻な影響を及ぼします。


大学病院や大規模公的病院のような基幹病院においては、 医療費支払いに困らない患者層(裕福な世帯や生活保護世帯)が多いので、あまり目立たないと思います。


しかし、一般世帯の懐具合を肌で感じる場末病院においては、貧困化は切実な現実として治療方針の選択にも暗い影を投げかけています。


私は治療方針を決定する際には、必ず患者さんと懐具合を相談しながら一緒に考えるようにしています。特に、初診の際には思わぬ出費になりがちなので注意が必要です。


初診時の医療費の高さで「ガツン」 とやられてしまい、その後の治療が続かないようでは、お互い不幸になりますから・・・





★★ 『 整形外科の歩き方 』でお宝アルバイト獲得のための基本講座を公開中です! ★★