整形外科医のブログ

中堅の整形外科医が、日々の気付きを書き記します。投資の成功で働く必要が無くなりましたが、社会貢献のため医師を続けています。

クリニック

クリニックM&A(継承)考えようかな


私は、いつも ” 勤務医最高!" と思っています。
しかし、意外にも私は将来的にクリニックを所有したいと考えています。


「クリニックを開業する」ではなく、「クリニックを所有する」というところがミソです。クリニックを所有したい理由はいくつかありますが、その主なものは下記の3つです。

  1.  持分なし医療法人を利用した相続対策
  2.  ビジネス・ポートフォリオの幅を広げるため
  3.  収益不動産としてのクリニック


結構ドン引きされそうな理由かもしれませんね(笑)。もちろん、地域への貢献なども理由として挙げられるでしょうが、先端機器を利用できる勤務医として働いているので説得力に欠けます。


やはり、クリニックを所有するからには経済的なメリットを語らないのは片手落ちではないでしょうか。しかし、上記のような考え方をしている医師は、あまり居ないのではないかと思います。


まず①ですが、持分なし医療法人は、公益財団法人ほどではないものの、一般社団法人や一般財団法人より設立が難しいです。何といっても「医師」でなければ設立できませんから。


現時点で最強の相続税対策は持分の無い一般社団法人ですが、富裕層が猫も杓子も一般社団法人に群がっているため、将来的には税法の抜け道が塞がれることは必至でしょう。


しかし、医療法人や公益財団法人は規制の網がら逃れる可能性があります。何故なら誰でも設立できる一般社団法人と異なり、設立のハードルが比較的高いからです。


このため、現在勤務医であっても、子供が医学部合格に成功すれば、相続対策の一環で持分なし医療法人を買収することを検討してみると面白いかもしれません。


②に関しては、鳥なき島のコウモリの話に通じます。参入障壁の高い業界はそれだけで魅力的です。参入障壁の無い海千山千の猛者が跋扈する業界で勝ち残るのはかなりしんどいです。


私のビジネスは、不動産賃貸業、旅館業、空室対策支援事業などですが、前2者は競争相手の(経営的な)レベルがさほど高くない人が多い業界なのでオペレーションが楽です。


これらに、参入障壁の高いクリニック経営を加えれば、ビジネス・ポートフォリオの幅が広がります。ただし、後述のクリニック買収価格の相場を考えると、高利回りとは言い難いです。


③に関しては、好立地にあるクリニックは収益不動産としても魅力的です。クリニックからの収益を基に銀行融資をひくことが可能なので、普段手が出せない地価の物件でも購入可能です。


好立地のクリニックは集患に有利なので、クリニックの収益性にも資することになります。やはり、クリニックの成功では、立地が最優先される要因だと思います。


では、一般的にクリニックのM&A(継承)では、どの程度の価格で取引されているのでしょうか?相対取引で個別性も高いことから一概には言えませんが、概ね下記が相場のようです。




クリニックの売買価格 = 不動産価格+設備資産価格+のれん代



のれん代は、医業収益(レセプト)の3ヵ月分と言われています。医業収益経常利益率は概ね25%程度なので、レセプト3ヵ月分(3/12)は、クリニックが1年間に稼ぎ出す利益に相当します。


例えば、医業収益1億円のクリニック(テナント物件)では、約2500万円の利益となります。ここから院長に給与を2000万円支払うと手元には500万円残ります。


レセプト3ヵ月の2500万円で購入できれば、利回りは500万円÷2500万円=20%です。自分がクリニックで働くのなら利回り100%ですが、人を雇うと20%なので高利回りとは言い難いです・・・


ここまで書いてクリニックのM&Aに対する熱が少し冷めてしまいましたが、好立地のクリニックを購入できるチャンスがあれば、チャレンジしたいと思います。




★★ 管理人監修の資産形成マニュアル ★★
 


管理人監修の「勤務医の、勤務医による、勤務医のための資産形成マニュアル」です。高度な医療技術で社会貢献するためには経済的安定が不可欠! という信念のもと、管理人は多くのメンターから指導を受けました。

その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。既に資産運用をしている方でも、勤務医のアドバンテージを生かした新しい考え方が見つかるかもしれません。

PDF版の販売で、30日間の返品保証付きです。当直1回分にも満たない価格なので、本マニュアルの手法を実践すれば、あっという間に元が取れると思います。 尚、医師以外の方のご購入はご遠慮ください。



情報教材表紙




さすが、地域一の繁盛クリニック!


先日、アルバイト先のクリニックで夜診をしている際に、おもしろい発見がありました。
上腕骨外上顆炎(テニス肘)の新患患者さんを診察した後の出来事でした。


一通りの診察を行い、病名と治療方針についての説明を行いました。その後、中待合で看護師さんが病因やストレッチの仕方を5分ぐらいかけて丁寧に説明していることに気付いたのです。


これだけ丁寧に説明すると患者さんの満足度はかなり上がると思います。医師が説明することが望ましいでしょうが、多くの患者さんを診察する必要があるので現実的ではありません。


限られた医療資源を最大限活用して患者さんの満足度アップに努めているクリニックの診療姿勢を見ると、このクリニックが地域一繁盛している理由がよく分かります。


決して昔からの老舗クリニックだから繁盛しているわけではないのです。私は、数年前まで基幹病院に勤めていたので、両者の診療姿勢の違いを見ると感慨深いものがあります。


確かに医療レベルでは基幹病院と比較になりませんが、アクセスの容易さや患者さんの満足度まで含めた総合評価では、結構いい勝負をしていると思います。


病院勤務医は少なくとも外来に関しては歩合制ではありません。このため治療で結果を出すことを最優先とするあまり、患者さんの満足度は二の次にする傾向があります。


このような意識のまま開業してしまうと、集患に苦労する原因になるかもしれません。そういう意味ではアルバイト医としてクリニックで診療することはメリットがありそうです。




 ★★ 『 整形外科の歩き方 』でお宝アルバイト獲得のための基本講座を公開中です! ★★


      




ウハクリの素人的考察


私が斡旋を受けて夜診のアルバイトをしているクリニックは、午後5時から8時までの3時間で55000円です。時給18000円程度なので、それほど悪い条件ではありません。


現院長が開院してから約30年経過しており、地域を代表するクリニックです。診療は月~土の午前6コマ・午後5コマの合計11コマで、院長は午前4コマ+午後2コマ診療されています。


さて、11コマ中6コマしか診療されていないにも関わらず、クリニックは大きな収益を叩き出しているます。アルバイトに55000円×5コマ×4週=110万円/月支払っているにも関わらずです。


どうしてこのようなことが可能なのかを考察してみました。まず外来していて気付くのが、徹底的に仕組み化しており、誰が診察しても同じだけの量の医療行為を行うことができます。


医師が行うのは、診察・処置等の純粋な医療行為のみです。ベテラン看護師が問診から患者さん誘導までの全て取り仕切ってくれます。私はただ座って診察・処置をするだけです(笑)


私のコマだけでリハビリテーションを含めて100名以上の患者さんが受診されます。患者さん単価5000円×100=50万、経常利益率を30%とすると15万円/コマとなります。


私に55000円支払っても10万円は残るため十分にペイするようです。院長の立場から見ると、私の時間を18000円/時間で購入して、50000円/時間を稼いでいることになります。


開院して30年なので、もちろんほぼ無借金経営です。なるほど、これなら必要最小限の時間と労力でクリニック経営を維持できるなと妙に感心しました。


そして何回かに一度は院長の診察予約が入ります。そこで院長と患者さんの人間関係が再度構築されるようです。例えて言うならば院長の患者さんを私が「たまたま代診した」という感覚です。


もちろん、30年にわたって地域医療を支えてきた信頼感と実績があるから、このような離れ業ができるのでしょうが、将来的にはクリニック開業も選択枝のひとつかと思うようになりました。




 ★★ 『 整形外科の歩き方 』でお宝アルバイト獲得のための基本講座を公開中です! ★★


      




診察室での小さな心遣い


先日、アルバイト先の診療所で夜診をしている際に、おもしろい気付きがありました。
整形外科の外来診療では、患者さんに診察台へ上がっていただくことが多いと思います。


その際、当然のごとく靴を脱ぎますが、この脱いだ靴を履くための”靴ベラ”を診察室に常備しているのです。看護師さんも積極的にこの靴ベラの使用を勧めています。


整形外科の患者さんは足腰が悪い方が多いので、この小さな心遣いはかなり好評のようです。さすが、地域一繁盛しているクリニックは違うなあと思いながら帰路につきました。


翌日、勤務先の病院での外来で看護師さんにこの話をすると、「何言ってるんですか、ウチにも靴ベラぐらいありますよ!」というではないですか・・・。


しかし、私自身この靴ベラを使用している場面を一度も見たことがありません。つまり、せっかく診察室に靴ベラがあるのに、それを全然有効利用していないのです。


このあたりのサービス精神の違いが、地域一繁盛しているクリニックと、どちらかというと殿様商売的な病院との違いなのかなと妙に得心してしまいました。


いずれにせよ、外来診察室での靴ベラ使用は、診察時間の短縮にもつながるし、患者さんの利便性にも資するので、積極的にお勧めしていきたいと思います。



 ★★ 『 整形外科の歩き方 』でお宝アルバイト獲得のための基本講座を公開中です! ★★


      




とある成功している友人の話


先週の週末に開催された講演で、私の大学時代の親友が演者として登壇しました。彼は開業7年目の成功している開業医なのですが、今でも古巣の病院でTKAを執刀しています。


昔から天才肌だったのでその言動にいつも注目していました。今回の講演内容は「開業医から見た病院勤務医」でした。彼が開業医として心掛けていることは下記のごとくだそうです。


① 紹介目的は明確に 
② 方針決定は紹介先の医師の裁量によることを患者さんに説明 
③ 他科への紹介であっても「分からないから診て欲しい」ではなく、
   「・・・という異常所見が疑われるので精査して欲しい」と書く
④ 触診の患者さん満足度は高い
⑤ 装具は高価なので、確実な効果を見込めるときしか処方しない


聴いていて病院勤務医である自分の方が気を付けなければならないと思うことが多々ありました。特に③~⑤は、病院勤務医が無意識のうちに陥っているピットフォールのように感じました。


更に驚くべきことに⑤に関して、足底板(outer wedge)を作成するかどうかを決めるときにはあらかじめガーゼを丸めて靴底の外側に入れて、効果がある場合のみ作成するそうです。


ここまで徹底されると脱帽してしまいます。彼のクリニックが他に例を見ないぐらい大繁盛していることも納得です。医師の技量だけでもなく経営者としてもすごい男だと思いました。




       ★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★

 
  初学者が整形外科の外来や救急業務を遂行するにあたり、最もお勧めの書籍です


                   
    

          
          整形外科研修ノート (研修ノートシリーズ)


アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

           管理人の著書
   勤務医のための資産形成マニュアル
      医師のための 資産形成講義
2015神戸セミナー

      築古木造戸建投資マニュアル
      医師のための 金融資産形成術
医師のための金融資産形成術

        タダで自宅を手に入よう!
   資産形成のコンサルテーション・サービス


SRI一橋大学消費者購買価格指数
.
配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール
QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。
  • ライブドアブログ