整形外科医のブログ

中堅の整形外科医が、日々の気付きを書き記します。投資の成功で働く必要が無くなりましたが、社会貢献のため医師を続けています。

サインバルタ

サインバルタの副作用の注意点

このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、サインバルタ関連の講演を拝聴しました。
私はサインバルタ(SNRI)に対してあまり良い感触を持っていません。




しかし、ベテランで経験豊富な先生が、意外な患者層に対してサインバルタを処方している話を拝聴して、少し考え方が変わりました。やはりビックネームの影響は大きい(笑)


ただ、やはり気になるの副作用は下記の2つでしょう。
  1.  自殺企図
  2.  離脱症状


①の自殺企図に関しては、25歳未満には特に注意が必要です。また、精神疾患で抗精神病薬を服用中の患者さんにも注意が必要です。


②の離脱症状は、めまい・ふるえ・発汗などがあります。効果があったのはいいのですが、患者さんの自己判断で服薬を中止したために離脱症状を併発したことがあったそうです。


患者さんの自己判断はこわいですね。しかし、このことはしっかり患者さんに言っておくべきだと感じました。何といっても患者さんの自己判断は非常にありそうな話ですから。






★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★


 
一般的で使用頻度の高い、鎮痛薬・睡眠剤・感冒薬・胃薬・止痢薬・去痰薬・便秘薬等の薬剤が、全13章にわたって系統立てて書かれています。それぞれの章の最初に、薬剤の分類図が記載されています。各系統間の薬剤の使い分けも平易な文章で書かれており実践的な書籍です。









姉妹本に『類似薬の使い分け』があります。こちらは全15章からなり、降圧剤、抗不整脈薬、狭心症治療薬、脂質異常症治療薬、糖尿病治療薬、消化性潰瘍治療薬、鎮咳薬、皮膚科疾患治療薬、抗菌薬などが1章ずつ割り当てられています。








サインバルタって安易に使えない・・・

このエントリーをはてなブックマークに追加

サインバルタをご存知でしょうか?
サインバルタ(一般名:デュロキセチン)はSNRIと呼ばれるタイプの抗うつ剤です。


日本では2010年から販売されている比較的新しい薬剤のため処方頻度はまだ多くないですが、世界的にみればかなり多く処方されている抗うつ剤です。


そして、2015年5月に「線維筋痛症に伴う疼痛」、2016年3月に「慢性腰痛症に伴う疼痛」が適応に追加されたため、イーライリリーと塩野義の両社から整形外科医への営業が多くなりました。


腰痛に対する作用機序は、内因性疼痛抑制機構に関与するセロトニンとノルアドレナリンの再取り込みを抑制することで下行性疼痛抑制系を賦活化し、鎮痛効果をもたらすとされています。


腰痛に対する薬剤としては新しいタイプなので、私も何例か使用してみました。しかし、効果が出る前に眠気や嘔気などの副作用を併発して断念する症例が多い印象です。


そして何よりも危惧されるのは、自殺念慮や自殺企図です。もともとサインバルタは抗うつ剤なので、文字通り「抗うつ作用」があります。


慢性腰痛症の患者さんには精神的にうつ傾向にある方の割合が比較的多いですが、このような患者さんにサインバルタを投与するとうつ症状が改善します。


うつ症状が改善するのは良いことではないのか? と思った方は、学生の時に習った精神科の授業を思い出してください。うつ病で最も危ないのは病気が快方に向かう回復期です。


「自殺企図」はうつ病の症状が最もひどい極期ではなく、病初期の不安・イライラが強いときと、病気が快方に向かう回復期に起きやすいことが知られています。


うつ病の極期では自殺する意欲もわかない状態なのですが、うつ病の回復過程に入り意欲が出てくると自殺への衝動性が高まるのです。


慢性腰痛に対して処方していたサインバルタのために患者さんが自殺してしまったら目も当てられません・・・。可能性はとても低いのでしょうが、「低いから問題なし!」では片づけられません。


たかが腰痛ですが、されど腰痛です。腰痛治療ではred flagsに注意するだけではなく、サインバルタのような治療薬を使う場合にも十分な注意を払うべきでしょう。




★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★


 
一般的で使用頻度の高い、鎮痛薬・睡眠剤・感冒薬・胃薬・止痢薬・去痰薬・便秘薬等の薬剤が、全13章にわたって系統立てて書かれています。それぞれの章の最初に、薬剤の分類図が記載されています。各系統間の薬剤の使い分けも平易な文章で書かれており実践的な書籍です。









姉妹本に『類似薬の使い分け』があります。こちらは全15章からなり、降圧剤、抗不整脈薬、狭心症治療薬、脂質異常症治療薬、糖尿病治療薬、消化性潰瘍治療薬、鎮咳薬、皮膚科疾患治療薬、抗菌薬などが1章ずつ割り当てられています。








アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

管理人の著書

161228 【書影】医師の経済的自由
管理人によるケアネット連載コラム
log_carenet

医師のためのお金の話

管理人による m3.com 連載コラム
管理人も参加しているオンラインサロン
勤務医のための資産形成マニュアル
築古木造戸建投資マニュアル

医師のための築古木造戸建投資マニュアル 1
医師のための 金融資産形成術
医師のための金融資産形成術

タダで自宅を手に入よう!

医師のための収益マイホーム購入マニュアル


配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール

自由気ままな整形外科医


・医学博士
・日本整形外科学会専門医
・日本リウマチ学会専門医
・不動産投資家
・超長期金融資産投資家
・ビジネスオーナー
・宅地建物取引主任士

QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。