整形外科医のブログ

中堅の整形外科医が、日々の気付きを書き記します。投資の成功で働く必要が無くなりましたが、社会貢献のため医師を続けています。

サプリメント

やはりサプリメントは無意味でしょ

このエントリーをはてなブックマークに追加

Medical Tribuneで興味深い記事がありました。
Caサプリメントに骨折予防効果なし です。




食事やサプリメントでカルシウム(Ca)摂取量を増やしても骨折予防には結び付かず,骨密度の改善効果も期待できないことが,ニュージーランド・University of AucklandのMark J. Bolland氏らが実施したランダム化比較試験(RCT)やコホート研究のシステマチックレビューと,メタ解析から明らかにされた(BMJ 2015;351:h4580, 351:h4183)。


骨折予防にはCaの摂取量を増やすことが有用だとしてサプリメントを使用する高齢者は多いが,同氏らは「摂取源が食事かサプリメントかにかかわらず,Ca摂取量を増やせば骨折を予防できるとのエビデンスは今のところない」と結論付けている。


高齢者の骨折予防にはCaの摂取量を増やすことが有効だとして,各国の複数のガイドライン(GL)でCa摂取量の推奨値が示されている。例えば,米国医学研究所(IOM)は51歳以上の女性に対して1日1,200mgのCa摂取を推奨。しかし,一般的な食事だけでは同量のCa摂取を満たすことは難しいため,欧米では高齢女性の30~50%がCaサプリメントを使用していると報告されている。 


Caサプリメントの使用をめぐっては,1992年にChapuyらが施設に入居する高齢女性を対象としたRCTでCaとビタミンDのサプリメントによりプラセボと比べ大腿骨近位部骨折リスクが43%低下したと報告(N Engl J Med 1992;327:1637-1642)し,注目された。


しかし2013年,米国予防医療サービス対策委員会(USPSTF)は「地域在住の閉経後女性に対し,骨折予防を目的に1日400IU以上のビタミンDおよび1,000mg以上のCa摂取を推奨するにはエビデンス不十分」との勧告を公表(関連記事)。これに対し,米国骨代謝学会(ASBMR)が異議を唱えるなど(関連記事),専門家の間でも意見が分かれている。 


Bolland氏らは今回,2014年9月までの文献についてシステマチックレビューを実施。50歳超の男女を対象に,食事またはサプリメントからのCa摂取量を増やすことによる骨折リスクおよび骨密度への影響を検討したRCT(ビタミンD補充の併用を検討した試験を含む)のメタ解析を実施した。


まず,食事からのCa摂取による骨折リスクへの影響に関しては,Caの摂取源が「食事」「牛乳」「乳製品」のいずれにおいても,ほとんどの研究でCa摂取と骨折リスクに関連はなかった。 また,Caサプリメントの有用性に関しては,バイアスリスクが低い4件のRCTでは,いずれの部位についてもCaサプリメントによる有意な骨折リスクの低下は示されなかった。


なお,これらの結果はビタミンD併用の有無別の解析でも同様だった。 ただし,施設に入居するフレイルの高齢女性でCaとビタミンDのサプリメント併用により有意に骨折リスクが低下したとのRCTが1件あった。


Bolland氏らは,今回検討したRCTの中にはプラセボ群に比べCaサプリメント群で急性の消化器症状による入院や尿路結石などのリスクが高かったとする試験もあったと説明。また同氏らが以前,実施したRCTやメタ解析では,Caサプリメントによる骨折リスク予防の利益よりもサプリメント使用による心血管リスク上昇による害の方が大きかったことなどを指摘した上で,「骨折予防におけるCaサプリメント使用のベネフィットはわずかで,それを支持する結果も一貫しておらず,リスク/ベネフィットのプロファイルは好ましいものとは言えなさそうだ」と考察している。 


一方,食事あるいはサプリメントからのCa摂取による骨密度への影響についてBolland氏らが実施した 59件のRCTのメタ解析からは,Ca摂取によりわずかに骨密度が改善することが明らかになった。食事からの摂取では0.6~1.0%,サプリメント使用では0.7~1.8%の骨密度増加が示された。しかし,同氏らは「この程度の骨密度の増加では骨折予防には不十分」と結論付けている。 


スウェーデン・Uppsala UniversityのKarl Michaëlsson氏は,「Chapuyらが報告した試験結果の影響力は大きかったが,それ以降,同試験の対象となった施設に入居するCaやビタミンDの摂取量が少ない高齢女性以外の層にも広くCaやビタミンDのサプリメントが販売されるようになった」と指摘。


Ca摂取の推奨量に関しては,英国や北欧諸国のGLが推奨する700~800mg/日が適切ではないかとの見解を示している。その上で,「全ての高齢者に対し,一律にこれらのサプリメントを使用すべきではないとの説得力のあるエビデンスを踏まえると,今こそ議論の的になっている(Ca摂取量を1日1,200mgに増やすべきとの)推奨内容を見直す必要があるのではないか」と主張している。






整形外科医的には、「そりゃそうだろう」というシステマチックレビューの結果でした。単にCaを補給するだけで骨質が改善されて骨折が予防できれば苦労はしません。


それよりも、Caの過剰摂取によって尿路結石発症リスクや心血管リスクが上昇してしまうことの方が気になります。特にサプリメントによるCa大量摂取には注意が必要でしょう。


サプリメントは原材料がほとんどゼロに近いにも関わらず、高額な単価設定が可能なので製造・販売会社からすれば非常にボロい商売です。


何の効果も無いばかりか有害事象を併発すれば目もあてられません。しかし、強力な広告戦略の結果、世の中のほとんどの人が騙されているということが現実です。


かく言う私も、妻が親にサプリメントをプレゼントしているのを知って愕然とした記憶があります。まさか身内がお金をドブに捨てていたとは・・・。夫婦のコミュニケーション不足でしょうか(笑)。



 ★★ 『 整形外科の歩き方 』でお宝アルバイト獲得のための基本講座を公開中です! ★★


      





米国でサプリメント不使用勧告

このエントリーをはてなブックマークに追加


Medical Tribune 2014年3月6日号に興味深い記事がありました。
「サプリメント使用に関する勧告を改訂」です。以下、Medical Tribuneからの転載です。


-----------------------------------------------------------------------------

米国予防医療サービス対策委員会(USPSTF)は,心血管疾患(CVD)やがんの初発予防を目的としたビタミンやミネラル,あるいはそれらの成分を複数組み合わせたサプリメントの使用に関する勧告を改訂した。改訂に伴い,勧告にはCVDあるいはがんの予防を目的としたビタミンE使用は「勧めない」ことが追加された。  


なお,同勧告はUSPSTFのウェブサイトおよびAnn Intern Med(2014年2月25日オンライン版)で公表された。


米国ではサプリメントの使用は広く普及しており,2010年における栄養補助サプリメントの売上高は281億ドルに上っている。サプリメント業界の調査によると,多くの医師や看護師が健康増進を目的にサプリメントの利用を患者に勧めているという。  


USPSTFは2003年,健康な成人におけるCVDあるいはがんの初発予防のためのビタミン,ミネラル,マルチビタミン,マルチミネラルのサプリメント使用に関する勧告を発表。ビタミンA,C,E,葉酸や抗酸化物質配合のマルチビタミンについて「エビデンス不十分(I statement)」とした他,βカロチンについては「使用を勧めない(D recommendation)」としていた。  


今回の改訂に当たってUSPSTFは最新研究をレビュー。その対象となった研究の参加者はおおむね50歳以上であった。なお,小児や妊婦,慢性的に不健康,入院中,あるいは既知の栄養欠乏症がある者は勧告の対象外としている。  


レビューにより,βカロチンとビタミンE以外のサプリメントによるCVDあるいはがんに対する初発予防については,「利益と不利益を評価するためのエビデンスが不十分(I statement)」と結論。またβカロチンに加え,ビタミンEについても効果がないことを示す新たなエビデンスが増えていたため,予防目的での使用は「勧めない(D recommendation)」とした。


さらに,ビタミンD,カルシウム,セレン,葉酸の使用についても今回新たにレビューを行ったところ,ビタミンDによる心血管イベントあるいは心血管死の抑制効果は3試験中2試験で示されず,がん予防を目的とした介入試験でも差は示されていなかった。  


セレンやセレン配合剤の2試験でもCVDの予防効果は示されておらず,がんについては追加解析でセレンが不足する男性でがん発症率の低下が示唆されたものの,全体的には一貫した結果が得られていない。葉酸の介入試験ではCVDの減少は見られず,介入群で前立腺がんによる死亡の増加が認められているとしている。  


なお,2013年11月に公表された改訂案に対するパブリックコメントを受け,肺がんリスクの高い者に対してβカロチンの有害性を強調する表現が追加されるなど,改訂案の一部が修正された。

-----------------------------------------------------------------------------


サプリメントの愛用している高齢者は多いと思いますが、この風潮に対する警告だと捉えました。ただ、この手のニュースによって利益を得る団体は無いので日本では黙殺されている印象です。


やはり、サプリメント業界(製薬業界も含む)と利益関係の無い、われわれ医師が微力ながらも外来で都度啓蒙していくしかなさそうです。


しかし、ただでさえ時間の無い外来中に「サプリメントは服用しても効果が無く、お金の無駄だから購入を止めた方が良い」という説明を毎回行うことは非常に難しいのが現状です。


そこで私は、「サプリメントを購入するお金があるのなら、そのお金で美味しい食事に行った方が良い選択枝だと思います」という殺し文句(?)を常用しています。心に響くでしょうか(笑)?




 ★★ 『 整形外科の歩き方 』でお宝アルバイト獲得のための基本講座を公開中です! ★★


      




カルシウムサプリメントの高用量摂取が男性の心血管疾患死リスク上昇と関連

このエントリーをはてなブックマークに追加

Medical Tribune Vol.46, No.13で、Caサプリメントの高用量摂取が男性の心血管疾患死リスク上昇と関連 という記事がありました。

----------------------------------------------------------------------

カルシウムサプリメントの高用量摂取が男性の心血管疾患(CVD)死リスク上昇と関連するが、女性ではその関連は認められなかった
JAMA Internal medicine(2013; オンライン版)


・ 対象は1995-6年に6つの州と2つの大都市圏で行われた米国国立衛生研究所(NIH)のAARP食事と健康研究に参加した388229人(男性219059人、女性169170人、50~71歳)

・ サプリメント非使用者と比べて、1000mg/日を越えるCaサプリメントを摂取していた男性の心血管疾患死亡リスクと心疾患死リスクは有意に高かった。

・ 脳血管疾患死は有意ではなかった

・ 女性においてCaサプリメントの摂取は心血管疾患死、心疾患死、脳血管疾患死のいずれとも関連が認められなかった。

・ Caサプリメントの摂が心血管疾患の罹患率や死亡率に及ぼす潜在的なリスクやサプリメント摂取による便益を評価するために、更に多くの大規模研究が必要である

・ 当面は低脂肪の乳製品や豆類、緑黄色野菜といったCaを豊富に含む食品を摂取することが安全である


---------------------------------------------------------------------


多ければ、多いほど良いといった考え方はCaサプリメントに関する限り破綻しているようです。やはり、サプリメントに頼るよりも食品からの摂取を心掛けたいですね。




 ★★ 『 整形外科の歩き方 』でお宝アルバイト獲得のための基本講座を公開中です! ★★


      



健康食品やサプリメントを考える ~グルコサミン、コンドロイチン~

このエントリーをはてなブックマークに追加

健康食品やサプリメントを考える その2 のつづきです


③その他の健康食品は、客観的な効用・効果が全く証明されていません。仮にメタアナリシスを行っても有意な効果が証明されることはまず無いでしょう。


整形外科医になじみの深い(?)健康食品にグルコサミンやコンドロイチン硫酸があります。グルコサミンは滑液の成分であるヒアルロン酸を構成する物質で、コンドロイチン硫酸は関節軟骨の成分です。


グルコサミンやコンドロイチン硫酸は、高齢者の関節痛に効果があると宣伝されています。これらの成分は関節軟骨や滑液の構成物質なので、経口摂取することですり減った軟骨の再生を促したり、滑液の補充になるという理屈だそうです。


しかし、これらが効果を発揮するには2つの大きな壁があります。一つ目はヒアルロン酸もコンドロイチン硫酸も分子量が大きく、経口摂取しても吸収されないことです。この問題をクリア(?)するために、ヒアルロン酸よりも分子量が小さなグルコサミンや、コンドロイチン硫酸の中でも特に低分子の物質が使用されています。


2つ目の大きな壁として、仮にグルコサミンやコンドロイチン硫酸が体内に吸収されたとしても、これらの物質が都合よく関節に到達して軟骨の再生や滑液の増加を促してくれるのかという問題があります。感覚的には経口摂取した成分の1/10000~100000でも関節に到達したら御の字かなと思います・・・。


整形外科医の常識では、ヒアルロン酸の関節腔内注射においてヒアルロン酸の分子量が大きければ大きい程、関節痛の除痛効果を見込めます(例えばサイビスク)。しかし市販の健康食品は経口摂取という高いハードルをクリア(?)するために、分子量が低いほど関節の除痛効果を期待できる良質な健康食品(!)というワケの分からないロジックがまかり通っています。


以上を総括すると、グルコサミン・コンドロイチン硫酸・ヒアルロン酸の経口摂取は、消費者の無知につけこんだ詐欺的な商品としかいいようがないです・・・。ただ、書いていて気付いたのですが、やはり整形外科医でなければこれらの知識は無いため、業者のセールストークに騙されても仕方がないのかもしれないと思いました。


もしかしたら、他科の医師でさえもこれらの健康食品が関節痛に効くと思っている方がいらっしゃるかもしれません。整形外科医の役割として、健康食品に騙されないように啓蒙することも必要かなと思いました。


※ 私は外来で患者さんに健康食品やサプリメントの効用について訊かれると、『さほど体に悪くはないでしょうがドブにお金を捨てているのと同じなので、そのお金で美味しい食べ物を食べる方が心が豊かになると思います』と答えるようにしています。

健康食品やサプリメントを考える その1

このエントリーをはてなブックマークに追加

外来で処方をすると患者さんから健康食品との飲み合わせについて訊かれることがあります。基本的に整形外科で処方する薬剤ではワーファリンを除いて問題ないと言っていますが、驚くほど多くの方が健康食品やサプリメントを常用しているようです。


健康食品やサプリメントに医薬品のような劇的な効果が無いことは、医師なら誰でも知っています。しかし、医師の常識(一般の方も健康食品の効用なんか信じているハズがない)が、一般の方の意識との間に大きなギャップを生み出しているのではないかという疑念を最近になって抱くようになりました。


恥ずかしい話なのですが、妻が義祖母に”サメの軟骨”を贈答していることを知って愕然としたことがきっかけです。整形外科医の身内にしてこの有様なのか・・・と同僚に話をしたら、単に家庭内で会話が少ないだけでは?とツッコまれて、更なるダメージを負ってしまいました(笑)。


タイムリーに週刊ダイヤモンドで健康食品の特集があったので、特集内容を順次まとめていきたいと思います。



                       

            
                
週刊 ダイヤモンド 2012年 11/24号 [雑誌]



健康食品やサプリメントを考える その2 につづく


アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

管理人の著書

161228 【書影】医師の経済的自由
管理人によるケアネット連載コラム
log_carenet

医師のためのお金の話

管理人による m3.com 連載コラム
管理人も参加しているオンラインサロン
勤務医のための資産形成マニュアル
築古木造戸建投資マニュアル

医師のための築古木造戸建投資マニュアル 1
医師のための 金融資産形成術
医師のための金融資産形成術

タダで自宅を手に入よう!

医師のための収益マイホーム購入マニュアル


配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール

自由気ままな整形外科医


・医学博士
・日本整形外科学会専門医
・日本リウマチ学会専門医
・不動産投資家
・超長期金融資産投資家
・ビジネスオーナー
・宅地建物取引主任士

QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。