整形外科医のブログ

中堅の整形外科医が、日々の気付きを書き記します。投資の成功で働く必要が無くなりましたが、社会貢献のため医師を続けています。

セメント

駄ネタ:セメントのカウントに集中して!

このエントリーをはてなブックマークに追加


先日、セメントの人工骨頭置換術がありました。
セメントを使用する際には30秒毎にカウントしてもらっています。


私の施設では、だいたい3分~3分30秒でセメントを充填開始することが多いです。このため、3分台に突入した時から緊張感が増します。


もちろんセメントガンの先端からセメントを少し垂らして粘度を確認しながらセメントを充填するタイミングを決定しています。


しかし、手術室看護師がカウントしてくれるセメントにモノマーリキッドを注入開始してからの時間も大いに参考にします。


先日の人工骨頭置換術では、ちょうど
モノマーリキッドを注入開始してから3分で病棟から内線がかかってきました。


そしてあろうことか、時間をカウントしている看護師がその電話に対応したのです! セメントのカウントをしている人が、いきなり病棟対応をしだしたので私は非常に焦りました。


正直言って、どうでもいい内容の問い合わせだったのですが、そのためにセメントのカウントが完全に止まってしまいました。


整形外科医的な常識ではちょっとありえない状況なのですが、いくら説明しても病棟対応の方が重要と感じたらしく、一向にセメントのカウントを再開しません。


やむを得ず、だいたいの感覚でセメントを充填したので事無きを得たのですが、セメントのカウントはそれだけに集中してほしいと心の底から思った出来事でした。







★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★

 
初学者が股関節外科の基礎および治療体系を学習するにあたり最もお勧めの書籍です。日本を代表する執筆陣が股関節外科に関するあらゆる事項を、非常に分かりやすく解説しています。この1冊があれば股関節外科のほぼ全ての疑問点を解消できると思います。


         




セメントレス-セメントのハイブリッド

このエントリーをはてなブックマークに追加


先日、大腿骨頚部骨折に対する人工骨董置換術がありました。
90歳ちかい高齢者で、大腿骨近位部の骨質は不良でした。


私は、THAにおいてはセメントレス派です。全国的にもセメントレスTHAが主流です。しかし、人工骨頭に関しては、私は状況に応じてセメントレスとセメントを使い分けています。


セメントレスに慣れている施設の医師は、基本的に全例セメントレスで対応しようとします。しかし、骨質が悪い症例では、無理をすると大腿骨近位の骨折を併発する危険性があります。


また、tapered wedge stemでは、何度もトライアルをしていると回旋不安定性を生じるケースがあります。これらの合併症を完全にゼロにすることは技術的に難しいと思います。


私は、できるだけリスクは負わない主義です。このため、大腿骨近位の骨質があまりに不良な症例では、セメントステムを好んで選択します。


最近では、ラスプがセメントレスとセメント共用の機種があるため、気軽に術中判断することが可能です。このため、少しでもアブナイなと感じたら、躊躇なくセメントにコンバートします。


ただし、周囲の反応は微妙です。セメント派の施設の医師には理解できないかもしれませんが、セメントレス派の施設でセメントを使用すると、ちょっとした疎外感を味わいます(笑)。


セメントは硬化するのに時間がかかることが欠点ですが、多少手術時間が延びても術中のストレスが少ない方を選んでいます。やはりストレスが少ない手術はイイものですね。




★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★


整形外科医なら誰もが所有している骨折治療のバイブルです。豊富な図や画像が提示されており、骨折手術におけるAOの考え方や基本原則を学べます。








アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

医療研究を身近な存在とし、医療の未来を作る


管理人の著書

161228 【書影】医師の経済的自由
管理人によるケアネット連載コラム
log_carenet

医師のためのお金の話

管理人による m3.com 連載コラム
管理人も参加しているオンラインサロン
勤務医のための資産形成マニュアル
築古木造戸建投資マニュアル

医師のための築古木造戸建投資マニュアル 1
REITで実践する不動産投資セミナー
190122
医師のための 金融資産形成術


配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール

自由気ままな整形外科医

・医学博士
・日本整形外科学会専門医
・日本リウマチ学会専門医
・不動産投資家
・超長期金融資産投資家
・ビジネスオーナー
・宅地建物取引主任士

QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。