整形外科医のブログ

中堅の整形外科医が、日々の気付きを書き記します。投資の成功で働く必要が無くなりましたが、社会貢献のため医師を続けています。

テニス肘サポーター

テニス肘ではなく関節リウマチだった!

このエントリーをはてなブックマークに追加


今日の午前はアルバイト先で外来をしていました。
先々週、20歳台の女性が3ヶ月前から続く右肘から前腕の痛みを訴えて初診されました。


最初は、上腕骨外上顆炎(テニス肘)の印象を受けました。chair test、Thomsen test、middle finger extension testを施行すると全て陽性です。単純X線像も異常所見なしです。


少し若いですがそれほど疑問にも思わず上腕骨外上顆炎と診断して、テニス肘サポーターを装着してもらいました。しかし、テニス肘サポーターはあまり効果が無いようです。


橈側手根伸筋のあちらこちらを圧迫して至適位置を探りましたが、なかなか除痛を得られるポイントが見つかりませんでした。その時、ふと肘関節に伸展制限があることに気付きました。


肘関節の可動域は100-10-0です。しかもよく見ると関節の腫脹まで認めるではないですか!朝のこわばりや他の関節の腫脹・圧痛は無かったのですが、RAの精査を行うことにしました。


そして、今日はその結果を説明する日だったのですが、抗CCP抗体が強陽性でした・・・。
2010 ACR/EULAR RA新分類基準では5点ですが、関節リウマチである可能性が濃厚です。


ご本人に説明して関節リウマチの治療を開始する方向としました。それにしても、当初は関節リウマチの可能性を全く念頭に置いていませんでした。


下手にテニス肘サポーターを関節直上に装着していたら、痛みが緩和されて肘関節腫脹に気付かなかった可能性が高いです。普段診慣れた疾患にも落とし穴があることを痛感しました。




       ★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★

 
  初学者が関節リウマチの治療体系を俯瞰するにあたり、最もお勧めの書籍です


                   
    
                            関節リウマチ治療実践バイブル


オスグッド病のお勧め装具は?

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日の午前は外来でした。
小学生のオスグッド病(Osgood病)の子が初診しました。


この子もスポーツ少年だったのでストレッチを指導しましたが、ストレッチだけでは速効性がありません。王道的にはオスグット装具ですが、10000円程度と価格が高いことが難点です。


私は小学生ぐらいなら膝周囲径が小さいので、オスグット装具の変わりにテニス肘用のサポーターを処方します。これなら1500円程度なので、患者さんの負担が小さいのです。


さすがに中学生になると膝関節周囲が大きいのでテニス肘用サポーターでは長さが足りません。このように膝周囲径が大人に近いぐらい大きい場合、私はテーピングを指導します。


アンカー無しのフィギュアエイト風のテーピングでも結構除痛効果があります。これでしばらく様子を見て、テーピングが面倒であればそこで初めてオスグッド装具を勧めるのです。


オスグッド装具は高価な割にはバルキーで使用しにくい印象があるので、いきなり初回からは処方しないようにしています。小学生ならテニス肘用サポーター、中学生以上はテーピングです。


高価なオスグッド装具を処方してもあまり効果が無いと親御さんに申し訳ありません。それにクレームの元にもなるので、装具の処方は慎重に行っています。


ちなみに整形外科医なら、テーピングの基本的な巻き方は知っておくべきだと思います。やはり、外来でテーピングを指導するのはカッコイイですからね(笑)




             ★★ 管理人お勧めの医学書 ★★
 


オーストラリア理学療法協会のスポーツ理学療法士による実践的な教科書です。
治療的テーピングの概要を学ぶことができます。



                  
 


          
DVDで学ぶ 理論と実践!治療的テーピング




上腕骨内上顆炎にテニス肘サポーターを処方しました

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日の午前は外来でした。
60歳台後半の方が1週間前から続く右肘関節内側の痛みを主訴にして受診されました。


単純X線像で異常所見を認めず、上腕骨内上顆炎と診断しました。通常、消炎鎮痛剤および外用剤を処方の上、ステロイド局所注射を初回診察で施行するかを患者さんと相談して決めています。


しかし、今日の方は装具を希望されたので、上腕骨外上顆炎用のテニス肘サポーターを処方することにしました。発症機序は上腕骨内上顆炎・上腕骨外上顆炎とも似ているので効果はありそうです。


しかし、私は上腕骨内上顆炎ではほとんどテニス肘サポーターを処方したことがありませんでした。考えてみたら不思議ですね。皆さんは上腕骨内上顆炎にもテニス肘サポーターを処方しているのでしょうか?


今日の方は、テニス肘サポーターを装着すると痛みが半分程度に軽快しました。消炎鎮痛剤および外用剤を処方の上、テニス肘サポーターで経過観察しようと思います。若年者であれば治療的テーピングでもいいかもしれません。


この手の重症化しない疾患を外来で診察する機会が多いですが、治療に難渋することが無いので他のドクターに治療方針を訊く機会がほとんどありません。もしかしたら、自分よがりな治療になっているケースもあるのかもしれませんね。




             ★★ 管理人お勧めの医学書 ★★
 


オーストラリア理学療法協会のスポーツ理学療法士による実践的な教科書です。
治療的テーピングの概要を学ぶことができます。



                  
 


          
DVDで学ぶ 理論と実践!治療的テーピング




オスグット病の治療雑感

このエントリーをはてなブックマークに追加


今日の午前は外来でした。ゴールデンウィーク明けで激混みでしたが、患者さんも心得たもので騒ぎ出すような方はいらっしゃいませんでした。


連休中にスポーツをやり過ぎたらしく、Osgood病の中学生が膝痛で受診しました。型どおりストレッチを指導しましたが、差しあたっての痛みに対して装具を処方することにしました。


小学生ぐらいならテニス肘用のサポーターを処方することがありますが、さすがに中学生になると膝関節周囲が大きいのでテニス肘用サポーターでは長さが足りません。


Osgood装具は7000円程度と高価な割にはバルキーで使用しにくい印象があるので、いきなり初回からは処方しないようにしています。その代わりに私はテーピングを指導します。


アンカー無しのフィギュアエイト風のテーピングでも結構除痛効果があります。これでしばらく様子を見て、テーピングが面倒であればそこで初めてOsgood装具を勧めるのです。


どちらがいいのかは今でも分かりませんが、Osgood装具を処方してもあまり効果が無いと申し訳ないので慎重に治療を進めていくようにしています。


ちなみに整形外科医なら、テーピングの基本的な巻き方は知っておくべきだと思います。私の持っている本は古いのでお勧めしませんが、アマゾンで「テーピング、本」と検索して、理論や基本手技が記載されている書籍を購入すれば良いと思います。



                      






アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

医療研究を身近な存在とし、医療の未来を作る


管理人の著書

161228 【書影】医師の経済的自由
管理人によるケアネット連載コラム
log_carenet

医師のためのお金の話

管理人による m3.com 連載コラム
管理人も参加しているオンラインサロン
勤務医のための資産形成マニュアル
築古木造戸建投資マニュアル

医師のための築古木造戸建投資マニュアル 1
REITで実践する不動産投資セミナー
190122
医師のための 金融資産形成術


配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール

自由気ままな整形外科医

・医学博士
・日本整形外科学会専門医
・日本リウマチ学会専門医
・不動産投資家
・超長期金融資産投資家
・ビジネスオーナー
・宅地建物取引主任士

QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。