整形外科医のブログ

中堅の整形外科医が、日々の気付きを書き記します。投資の成功で働く必要が無くなりましたが、社会貢献のため医師を続けています。

テーピング

猫背矯正ベルトで鎖骨骨折の治療?!

このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、外来中に患者さんから興味深いことを言われました。
この方は、鎖骨骨幹部骨折に対してクラビクルバンドで保存治療中です。


受傷後4週ほど経過していますが、仮骨形成がイマイチです。もう少しクラビクルバンド装着が必要だと説明したところ、クラビクルバンド装着は夜間がツライとのことでした。


折り返し部分が当たって痛いそうです。受傷後4週間なので、夜間だけ除去してもいいですよと説明したところ、思わぬ返答がありました。代わりに猫背矯正用ベルトを装着して眠りますと。。。


「猫背矯正ベルト」は初めて聞く言葉です。医局に戻って調べてみると、結構さまざまなタイプのものが発売されているようです。そして、クラビクルバンドよりも低負荷のものが多そうです。






さすがにクラビクルバンドほどの矯正力はなさそうですが、受傷後4週経過している患者さんには十分な気がします。特に夜間であれば、全く問題なさそうです。


積極的に勧めようとは思いませんが、オプションとしては知っておいて損は無い知識かなと思いました。それにしても患者さんもおもしろいことを考えるものですね。




★★ 管理人お勧めの医学書 ★★
  


オーストラリア理学療法協会のスポーツ理学療法士による実践的な教科書です。
治療的テーピングの概要を学ぶことができます。



 






治療靴の抱き合わせ商法

このエントリーをはてなブックマークに追加

先日から外来で足底腱膜炎の治療をしている方がいますが、なかなか治療効果を得ることができません。私は、足底腱膜炎の治療を下記のようなアルゴリズムで治療を行っています。


1. 消炎鎮痛剤および外用剤投与
2. テーピング指導
3. ステロイドのトリガーポイント注射
4. 足底板作成


やはり、③のトリガーポイント注射が最も効果が高いですが、痛いので嫌がる患者さんが多いです。この場合、足底板作成となりますが、高価であるため私はこちらの工夫を実践しています。


このように、少し気を使う(?)足底腱膜炎の治療ですが、どうしても痛い治療が嫌という患者さだったので、やむを得ずガーゼを使った足底板を試してみましょうという提案をしました。


しかし、意外なことに既に足底板を装着している(!)とのことでした。どこで作ったのかをお伺いすると、以前に「靴屋さん」で作ったとのことでした。


なんでも、靴屋さんで足底痛の相談をすると足底板の作成を勧められたそうです。価格は2万円弱で、当然医療保険は利きません。しかも何故か治療用靴(?)とのセット販売とのことです・・・


拝見したところ、どこが「治療用靴」なのか理解できませんでしたが、合計金額をぴったり医療機関で足底板を作成するのとほぼ同額に設定しているようでした。


傍からみると靴屋さんによる「抱き合わせ商法」なのですが、問題点はこの足底板が全然効果が無い点です。高い商品にも関わらず効果が全く無いようでは話になりません。


靴屋さんにとっては販売促進活動の一環なのでしょうが、話を信じた患者さんからすればタマッたものではありません。医療業界の周辺には人の弱みにつけこむ怪しげな人が多いようです。



★★ 管理人お勧めの医学書 ★★
 


オーストラリア理学療法協会のスポーツ理学療法士による実践的な教科書です。
治療的テーピングの概要を学ぶことができます。



  






鵞足炎の治療の問題点

このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、20歳台女性が膝関節内側の痛みを主訴に初診されました。
外傷の既往も無く、スポーツも特にしないそうです。


診察すると膝関節内側関節裂隙ではなく、関節裂隙よりもやや末梢の脛骨内顆部に圧痛がありました。いわゆる鵞足部の痛みのようです。


単純X線像でも明らかな異常所見は無かったので、消去法的に鵞足炎と診断しました。通常、鵞足炎はスポーツ選手のオーバーユースによって発症することが多いです。


今回の患者さんの原因はよく分かりませんが、軽症の場合には膝を使う運動を控えて安静を保つことで、炎症が治まり数週間で自然に軽快することが多いです。


痛みが強い場合には消炎鎮痛剤を処方します。ステロイド剤のトリガーポイントも炎症コントロールに有効ですが、個人的にはステロイド剤は嫌いなのでテーピングを指導しています。


鵞足炎の治療の問題は、10歳台のスポーツ選手に多く発症して慢性化しやすい点です。無菌性髄膜炎併発リスクから、未成年にはロキソニン等の消炎鎮痛剤を処方しにくいのです。


カロナールでは鎮痛効果がイマイチなのですが、ロキソニン処方で無菌性髄膜炎の地雷を踏みたくありません。治療としては切れ味が悪いですが、安全第一に考えると仕方無いですね。



             ★★ 管理人お勧めの医学書 ★★
 


オーストラリア理学療法協会のスポーツ理学療法士による実践的な教科書です。
治療的テーピングの概要を学ぶことができます。



                  
 


          
DVDで学ぶ 理論と実践!治療的テーピング




足底腱膜炎のテーピング

このエントリーをはてなブックマークに追加

整形外科を受診する外来患者さんの足部疾患のひとつに足底腱膜炎があります。
基本的には加齢性の変化なのでストレッチと局所安静が治療になります。


しかし、消炎鎮痛剤を服用しても劇的な効果はあまり見込めません。また、下肢なので日常生活で歩行せざるを得ず、安静を保つといっても限度があります。


ステロイドのトリガーポイント注射は有効ですが、軟部組織を傷めてしまうため複数回の注射は好ましくありません。足底板は高額にも関わらず効果が不確実なので躊躇してしまいます。


こうなってくると治療には手詰まり感が漂います。もちろん、足底腱膜炎を放置したからと言って何か重大なことが発生するわけではないので、何となく様子をみることが多いです。


しかし、痛がる患者さんをみていると何かしてあげたくなるのが人情です。そこで、足底腱膜炎の患者さんには、とりあえずテーピングを試してみることにしています。


テーピングの方法ですが、アンカーテープ無しで単純に5cm幅のサポートテープをアキレス腱部から前足部まで貼付するだけです。複雑なことを説明しても患者さんは理解してくれません。


この際に、足関節を底屈させてテーピングすることがポイントです。足底腱膜の緊張をサポートテープで緩和させてあげるイメージです。これは踵骨骨端症(シーバー病)にも応用できます。


3名中1名ぐらいには効果がある印象です。外来でテーピングしてみて効果がありそうなら、テーピングテープを自分で購入することを勧めています。安価で意外と好評な治療だと思います。



             ★★ 管理人お勧めの医学書 ★★
 


オーストラリア理学療法協会のスポーツ理学療法士による実践的な教科書です。
治療的テーピングの概要を学ぶことができます。



                  
 


          
DVDで学ぶ 理論と実践!治療的テーピング




陥入爪の新テーピング法を試しました

このエントリーをはてなブックマークに追加

昨日は、アルバイト先で夜診外来をしていました。
その際に、再発性の母趾陥入爪の方が再診されました。


以前、陥入爪に対するテーピング法をご紹介しました。この新しいテーピング法では、患者さんは1日に最低1回のテープ交換を求められています。


そして、爪の外側端が露出されるまでの4~8週間はテープ交換を継続する必要がありますが、この新しいテーピング法を正しく行えば、痛みは通常1週間以内に消失すると言われています。


使用するテープは、弾性接着用テープ(ニチバン,エラストポア®)で、従来法よりも幅広く(25mm)短く(3〜4cm)使用します。


実際、患者さんの母趾に施行してみましたが、しばらく母趾を洗っていなかったようで、皮膚がベトベトしてテープがなかなか張り付きませんでした(笑)。



母趾陥入爪の方は、痛みのためにお風呂で洗っていないことが多いです。このため、今回はアルコールガーゼでゴシゴシこすって皮脂を落としてからテーピングしました。


この方には、ドラッグストアでテーピングテープを購入して、毎日
テープ交換を継続するように説明しました。2週間後に再診予約したので、治療の結果が楽しみです。



 ★★ 『 整形外科の歩き方 』でお宝アルバイト獲得のための基本講座を公開中です! ★★


      





アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

           管理人の著書
   勤務医のための資産形成マニュアル
      医師のための 資産形成講義
2015神戸セミナー

      築古木造戸建投資マニュアル
      医師のための 金融資産形成術
医師のための金融資産形成術

        タダで自宅を手に入よう!
   資産形成のコンサルテーション・サービス


SRI一橋大学消費者購買価格指数
配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール
QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。