整形外科医のブログ

中堅の整形外科医が、日々の気付きを書き記します。投資の成功で働く必要が無くなりましたが、社会貢献のため医師を続けています。

トリビア

肩腱板断裂のトリビア

このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、群馬大学整形外科学教室の前教授である高岸憲二先生の講演を拝聴しました。講演内容は、肩腱板断裂についての疫学調査でした。


群馬大学のグループは、群馬県利根郡片品村で行われた特定検診において運動器検診を行い、腱板断裂を含めた整形外科領域の各種疾患の有病率を調査しました。


腱板断裂の調査には超音波検査を用いたそうで、結果は下記のごとくです。
  • 50歳以上の住民の26.6%に腱板断裂を認めた
  • 高齢になるとともに有病率が高くなる
  • 背景因子は①外傷の既往 ②利き腕側 ③年齢


上記の結果の中で無症候性の腱板断裂に関しては下記のごとくでした。
  • 症候性断裂の割合は34.6%、無症候性断裂は65.4%
  • 無症候性断裂の割合は、年代に関わらず腱板断裂例の約2/3であった


う~ん、 これはかなり興味深い結果です。これほど無症候性腱板断裂の割合が多いとは思いませんでした。人口比で26.6%×65.4%=17.4%の方は、無症候性腱板断裂ということになります。


このことから、肩関節周囲炎と言われている患者さんの中にも、かなりの割合で腱板断裂が紛れ込んでいる可能性が示唆されます。


腱板再建術後の再断裂例でも、再断裂が大きくなければ術後成績は良いことが知られています。 何に対して、何を目的に手術を施行しているのか? 肩関節は奥が深いですね。。。





★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★


      




こんなドレナージ法があったとは!

このエントリーをはてなブックマークに追加


今日の午前は、外来をしていて興味深い発見がありました。
犬に指を咬まれた患者さんが受診されましたが、受傷翌日の創は特に問題ありませんでした。


それよりも私が非常に驚いたのは、当直アルバイトに来ている外科医師がこの患者さんの初診時に施行した処置がとてもユニークだったことです。


指先を犬に嚊まれたため径5mmほどの咬創を形成していました。通常、咬創内を洗浄した後、ガーゼを貼付する処置が多いと思いますが、今回はドレーンまで留置していました。


そして、そのドレーンですが、なんと”ナイロン糸”をドレーン代わりにしていたのです!処置内容は極めて簡単で、3-0 ナイロンを”ブスッ”と咬創内に差し込んだだけです。


ナイロンが10mm程度創外に出るように、残りの部分を短く切ります。そして創外に飛び出たナイロン糸をステリストリップで皮膚に固定していました。


なるほど、極めて安価かつ簡単に小さな創でも有効にドレナージできています。私的にはかなりトリビアだったので、動物咬創を処置する際には私も同様の方法を採りたいと思います。


今回のように他大学や他科の医師の流儀を拝見することは、非常に勉強になります。それにしても、いろいろな場所でさまざまな工夫が日常的になされていることを改めて認識しました。


------------------------------------------------------------------------


2014.10.21 pm14:50 追記

北の整形外科医 様から下記のサイトをご紹介いただきました。


               新しい創傷治療

  【目次】 → 【動物咬傷】 → 【総論】 → 【咬傷のドレナージ】


今回、私が見たものと同じドレナージ法でした。特に「コヨリ法」が秀逸だと思います。
確かに患者さんは、チクチクして痛いとおっしゃられていました。


あと、固定はステリストリップである必要性は無いですね。
安価な未滅菌の固定用テープで充分です。


貴重な情報を教えていただき、本当にありがとうございました!




       ★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★

 
  初学者が整形外科の外来や救急業務を遂行するにあたり、最もお勧めの書籍です


                   
    

          
          整形外科研修ノート (研修ノートシリーズ)


アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

管理人の著書

161228 【書影】医師の経済的自由
管理人によるケアネット連載コラム
log_carenet

医師のためのお金の話

管理人による m3.com 連載コラム
管理人も参加しているオンラインサロン
勤務医のための資産形成マニュアル
築古木造戸建投資マニュアル

医師のための築古木造戸建投資マニュアル 1
医師のための 金融資産形成術
医師のための金融資産形成術

タダで自宅を手に入よう!

医師のための収益マイホーム購入マニュアル


配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール

自由気ままな整形外科医


・医学博士
・日本整形外科学会専門医
・日本リウマチ学会専門医
・不動産投資家
・超長期金融資産投資家
・ビジネスオーナー
・宅地建物取引主任士

QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。