先日、人工膝関節全置換術(TKA)がありました。
私は人工股関節全置換術ではドレーンを留置していません。


ドレーンを留置しないと、手術中にドレーンを留置する手間が省けることと、
コメディカルも含めて術後管理が楽になります。


ドレーンを留置しないことのデメリットとして感染率の増加が考えられますが、渉猟し得た限りでは、感染率が上昇するという論文を見つけることはできませんでした。


以前にこちらでもご紹介したように、 THA においては、むしろドレーン非留置を推奨している論文が多いようです。



一方、 TKA に関しては、こちらでご紹介したように、ドレーンを推奨する論文は THA ほどありませんでした。ニュアンスとしては可もなく不可もなくといったところでしょうか。


このため THA はドレーンを留置していますが、TKA はドレーン留置を続けていました。ところが、いくつかの施設で TKA でもドレーンを留置しない施設があると聞きました。


私も思い切ってドレーン非留置にしてみました。ドレーンを留置しなかった症例は、ドレーン留置と比べてさほど変化はないというのが第一印象でした。


危惧していた術後の膝関節血腫も、ドレーン留置例と比べて著明に多いイメージはないです。 むしろ創部からの出血がないため、外観上の創状態は良好に見えます。


更にドレーンが無いので動きやすくなり、離床が早く進む印象もあります。私は抗生剤含有セメントを利用しているので、感染対策でもドレーン非留置の方がいいのかもしれません。






★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★

 
初学者がTKAの治療体系を俯瞰するにあたり、最もお勧めの書籍です