整形外科医のブログ

中堅の整形外科医が、日々の気付きを書き記します。投資の成功で働く必要が無くなりましたが、社会貢献のため医師を続けています。

ファイナンシャルリテラシー

医師のマネーリテラシーは低いのか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

医師仲間で話をしていて、よく話題にのぼるのはファイナンシャル・リテラシーの低さです。『医師や弁護士は専門バカである』 という都市伝説(?)が、まことしやかに囁かれています。


私は、結構な頻度で、このことを自覚している医師に遭遇します。ファイナンシャル・リテラシーの低さを、一種のコンプレックスにしている方が多い印象です。


しかし、平均的な医師のファイナンシャル・リテラシーは、決して低くはないと思います。もちろん、極めて高いことはないですが、肌感覚としては平均よりも少し上ぐらいです。


私は、大家さんや不動産投資家のコミュニティにも属していますが、彼らもさほど高いファイナンシャル・リテラシーを持っているわけではありません。


大家さんや不動産投資家は、単に不動産に関する知見が突き抜けているだけで、ファイナンシャル・リテラシーは平均程度しかない方が多い印象です。


「 な~んだ、それなら安心 」と思ったアナタ! ここで安心してはいけません。何故なら、日本人のファイナンシャル・リテラシーはゼロに近いため、平均であっても全く安心できないからです。


ファイナンシャル・リテラシーがゼロに近い理由は、そもそもファイナンシャル・リテラシーを系統立てて学ぶ機会が無いからです。勉強しないから知識はゼロという状態です。


「 じゃ、少し勉強すれば簡単に平均を上回れるな 」と思うところですが、コトはそんなに簡単ではありません。確かに平均を上回ることは容易ですが、それで結果を出せるかは別問題です。


以前もお話ししたように、ファイナンシャルリテラシーの観点から見ると、もっとも成績が良くないのは下位21~100位ではなく、上位5~20位だったのです!


つまり、中途半端な知識は、「毒」となるのです。ここにファイナンシャル・リテラシー習得の難しさがあります。生半可な知識では、高い確率でヤラれてしまうのです。


著書を執筆するにあたって、この点は最も留意した部分です。医師が経済的自由に到達するためには、何が最も重要なのか? 拙書の中で、その解を記載している部分を転載します。





第1章 資産形成における4つの階層と4つの手法
資産形成における4つの階層  


私は、いろいろな方から資産形成の相談を受けます。たいていは「金融資産投資」「不動産投資」のいずれかに関する相談です。これらの相談に対するアドバイスはとても簡単です。なぜなら、いずれも勝つための定石が存在するからです。


定石にしたがって、その人の状況に合わせて機械的にアドバイスします。しかし、相談を受けながらも相談者が本当の意味で成功する確率は高くないことを感じ取ります。なぜなら、「金融資産投資」や「不動産投資」といった領域は、資産形成という大きな枠組みの中では最下層に位置するからです。私は、次のような枠組みで資産形成を考えています。


①生活習慣・お金に対する心構え
②税法
③資産形成の総論
④資産形成の各論  


①の生活習慣とお金に対する心構えが最も上位の階層です。ここをしっかり押さえておかないと、やっていることがちぐはぐになってしまいます。例えば、日常的にコンビニで買い物をする習慣などは見直すべきです。


極めて多忙なため、自分の時給単価を計算した結果、やむを得ずコンビニを利用するのなら仕方ありません。しかし、何となく通勤路の途中にあるから立ち寄る等は論外です。テレビを視聴するのも、時間単位の情報量が少なすぎるので同様です。ひとつひとつの浪費行為は小さなものです。


しかし、塵も積もれば山となります。極端に矮小化された節約術などを行う必要はありませんが、お金や時間に対するしっかりとした心構えを持つ必要があります。建物で言うと、お金や時間に対する心構えは基礎であり、資産形成の各論は建物になります。


しっかりした基礎が無いと、その上に立つ建物は簡単に倒壊してしまいます。これと同様に、お金や時間に対する心構えがしっかりしていないと、金融資産投資や不動産投資などの資産形成の各論は、極めて不安定なものになってしまいます。  





著書の中でマインドの重要性を強調しているのは、マインドを知らない人に対して、具体例と称して単なる枝葉の知識やハウツーだけを教えてしまうと、「毒」になる可能性が高いからです。


資産形成に即したマインドを土台にして、具体的な知識を習得するというステップを踏まない限り、果実を得ることは難しいのです。


そして、医師の場合、中途半端な知識は一般の方よりも毒性が強いです。それは、職業上の信用度の高さと見かけ上の収入の多さのためです。


平均をかなり上回るファイナンシャル・リテラシーの医師でさえ、社会的信用度や収入に対する比率を考えると、一般の方と比べてかなりアンバランスです。つまり「 絶好のカモ 」なのです。



このような危険性があるため、社会的信用度や収入が高ければ高いほど、自分の身を守るためにも、マインドを土台にしてファイナンシャル・リテラシーを高める必要があります。



医師のファイナンシャル・リテラシーは、絶対値としては低くないものの、社会的信用度や収入ほどには高くない方が多いので、具体例よりも、まずマインドを学ぶことが重要だと思うのです。



【 お願いがあります! 】


拙書「医師の経済的自由」のAmazonレビューが、まだまだ少なくて困っています。マインドや資産形成論についての、あなたの意見や感想を是非聞かせてください!







★★ 管理人の著書  「医師の経済的自由」 ★★
 


当ブログ管理人書き下ろしの書籍が、中外医学社から発刊されました。「経済的に自由な医師」になることで、医師としての充実感と経済的成功を両立できる道があります。


本著では、資産形成論とマインドを学ぶことができます。具体的な手法は勤務医のための資産形成マニュアルに譲りますが、医師に特化した資産形成の入門書として是非ご活用ください!




161228 【書影】医師の経済的自由







ファイナンシャルリテラシーを手っ取り早く学ぶ

このエントリーをはてなブックマークに追加

お金の問題を解決するには? のつづきです


日本人はお金を話題にすることを避ける傾向にあります。したがって高学歴でもファイナンシャルリテラシーは中高生並みという方が非常に多いのです。これは大袈裟な話ではなく、資産形成の専門家といわれる方と本気でディスカッションした経験があるという方以外は、全員該当していると考えるべきだと思います。


私の実感では、例えば不動産による本格的な資産形成を行うために要求される知識・経験量(ファイナンシャルリテラシー)は、市中病院の股関節外科医がTHAに関して持っている知識・経験量にほぼ匹敵すると思います。本格的に資産形成を志向するなら、学ぼうとする強い意志と覚悟が必要なのです。


しかし資産形成までいかなくてもいいから、取り敢えず現在のお金に関する余裕の無さを改善するお手軽な方法は無いのか? という方が一般的な反応だと思います。ここまでの話の流れでは、そんなうまい方法が存在するはず無いだろうと思いそうですが、実は 『 ある 』 のです(笑)。


まずは、方法論を知るおよび意識改革をするために下記の書籍を一読ください。できれば一読ではなく、内容が心に響くようになるまで何度も熟読することをお勧めします。





                
となりの億万長者―成功を生む7つの法則



これは富裕層研究で非常に有名な米国のトマス・J・スタンリー博士の名著です。膨大なデータから導き出された非常にシンプルな結論は、まさに目からウロコです。おそらく、この書籍に記載されていることを実践するだけで、お金に関する余裕の無さはほぼ解決すると思います。


コロンブスの卵的な意識改革のためには金持ち父さん貧乏父さんもお勧めの書籍ですが、医療人としての成功を志すなら、となりの億万長者の方がよりシンプルで職業にもマッチすると思います。詳しい内容は書籍に譲りますが、『 蓄財優等生 』 を目指すことこそがお金に関する余裕の無さを改善する最もお手軽な方法だと思います。


お金の問題を解決するには?

このエントリーをはてなブックマークに追加

勤務医のための家計&マネー力UP講座 のつづきです


民間医局で有名なメディカルプリンシプル社発行のドクターズマガジンの特集記事ですが、勤務医の私からみて的を得ていると思ったのが、『 勤務医の年収は恵まれていますが、高い税負担や社会保険料、増えがちな交際費や服飾費、惜しみない教育費、住居費によって、「可処分所得」は必ずしも多くはないことに無自覚な傾向にある 』と述べているところです。


これは確かにその通りで、謙遜ではなく本当にお金に余裕が無い家計状態の方が多いです。40歳代になると教育費などの子育て費用が重く圧し掛かってきますので、資金繰りが苦しくなってきます。少なくとも中堅世代の勤務医で、家計に余裕のある世帯は少数派だと思います。


収入が頭打ちなのに支出が増加するので、必然的に年を追うごとにお金に余裕がなくなってきます。院内でのポストが上り、責任や雑用だけ増えて給与は増えずという状態に耐え切れなくなって、高給を求めて転職したり開業を志向する勤務医が後を絶たちません。


しかし、それでは全く問題は解決しないのです。仮に転職により年収が300~400万円ほど上るケースでも、税率を考えると可処分所得ベースでは150~200万円増えるだけです。子育て世帯であれば、2~3人の子供を塾や習い事に通わせるだけで使い切ってしまう金額です。


では、開業医はどうかというと、盛業中の場合にはさすがにお金に余裕はあります。これは税引き前である程度費用計上することが可能になることや、収入の絶対値が勤務医よりも高いことが要因です。しかし、どうしてもある程度は生活が派手になるため、収入の割りには資産が少ない方が多いように感じます。したがって体調を崩して診療できなくなった瞬間に、経済的に破綻してしまう恐怖がつきまといます。


つまり、経済的な問題を解決するためには、収入を上げるだけでは解決策にはならないのです。経済的な問題を解決するのに最も推奨される方法は、自身のファイナンシャルリテラシーを上げることです。しかし、一言でファイナンシャルリテラシーを上げるといっても簡単なことではありません。


次週 日曜日につづく




 ★★ 『 整形外科の歩き方 』でお宝アルバイト獲得のための基本講座を公開中です! ★★

      




勤務医のための家計&マネー力UP講座

このエントリーをはてなブックマークに追加

民間医局で有名なメディカルプリンシプル社発行のドクターズマガジンに勤務医のお金に関する興味深い記事がありました。「勤務医のための家計&マネー力UP講座」です。


記事を書かれた占部氏は、住友銀行などを経て資産コンサルタントをされているとのことです。記事の内容は概ね妥当なことが多いですが、あまりファイナンシャルリテラシーの高くない勤務医にとっては、結構耳の痛い記事だと思います。以下に要約します。


・ 今まで数十人の勤務医の家計診断をしてきたが、家計に余裕があるのは全体の1割であった

・ 年収が増えても、年収の増加分ほどには貯蓄は増えない
  ⇒ 年収が増えた分の43-50%は税金に消える

・ 収入と可処分所得は違う。多くの方は自分の収入を「年収」、つまり額面の金額で判断するが、重要なのは自由に使えるお金(可処分所得)です

・ 多くのご家庭が「お金に余裕がない」とおっしゃられるが、細かく訊くと「謙遜ではなく事実」であった

・ 「家」へのこだわりは強いが、「住宅ローン」への理解は浅い

・ 老後に受け取れる厚生年金は低いため、老後に家計が赤字転落するケースが多い

・ 投資で利益を出す医師はほとんどいない

・ 医師にお勧めの投資は時間と専門性が不要な商品
  ⇒ 低リスクタイプの投資信託、確定拠出型年金


勤務医の年収は恵まれていますが、高い税負担や社会保険料、増えがちな交際費や服飾費、惜しみない教育費、住居費によって、「可処分所得」は必ずしも多くはないことに無自覚な傾向にあることが重要だそうです。


「投資で利益を出す医師はほとんどいない」 と 「医師にお勧めの投資は時間と専門性が不要な商品」は賛同しかねますが、それ以外は概ね勤務医の意識改革を促す良記事です。機会があれば一読することをお勧めします。


次週の日曜日 につづく

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

管理人の著書
管理人によるケアネット連載コラム
log_carenet

医師のためのお金の話

勤務医のための資産形成マニュアル
築古木造戸建投資マニュアル
医師のための 金融資産形成術
医師のための金融資産形成術

タダで自宅を手に入よう!


配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。