先日、フィットキュア・スパインを使用してみました。
フィットキュア・スパインは体幹装具の一種です。

pic_001 - コピー


椎体圧迫骨折では、コルセット完成までに数日間かかることが多く、完成までの期間は離床できないことが多いです。


フィットキュア・スパインは外来ですぐに装着できるため、
コルセット完成までの期間にも離床することができます。なかなか素晴らしいアイデアの商品です。


患者の背部形状に合わせたキャストステーを成形するという謳い文句ですが、実際のところキャストステーは不要です。装具だけでも充分固定性があるのです。


しかし、フィットキュア・スパインは「体幹ギプス」の一種という解釈で点数を取るため、キャストステーを使用せざるを得ません。


そして、キャストステーは非常に使い勝手が悪い。水に濡らすことが不要というのがウリのようですが、水袋が全然割れないのです(苦笑)。


体重をかけても全然割れないので、ハサミでついて割ってしまうのが早くて簡単です。実質的にはキャストステーは不要なので、要らぬ労力を使いたくないのが本音です。


フィットキュア・スパインは画期的な商品ですが、点数の取り方が邪道であるにもかかわらず、邪道な点数を取るために医師の手間が取られる部分は改善の余地アリだと思いました。







★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★


自治医科大学准教授の星地先生の経験・知識を余すところなく収めたサブテキストです。定番と言われている教科書に記載されている内容は素直に信じてしまいがちですが、実臨床との”ズレ”を感じることがときどきあります。このような臨床家として感じる、「一体何が重要なのか」「何がわかっていないのか」「ツボは何なのか」を自らの経験に基づいて完結に述べられています。