整形外科医のブログ

中堅の整形外科医が、日々の気付きを書き記します。投資の成功で働く必要が無くなりましたが、社会貢献のため医師を続けています。

ポリネックカラー

環軸椎回旋位固定の頚椎カラー

このエントリーをはてなブックマークに追加


先日から5歳児の環軸椎回旋位固定の治療を行っています。
もちろん、治療と言っても頚椎カラーを処方して経過観察しているだけです。


環軸椎回旋位固定は、1年前に
自分の子供が環軸椎回旋位固定になったこともあり何となく親近感のある(?)疾患です。


環軸椎回旋位固定は一般的には小児に発症することが多く、上気道炎や軽微な外傷が原因となることがありますが原因不明なことも多いです。私の子供も原因不明でした。


さて、治療は頚椎カラーの処方となりますが、5歳児に合うような頚椎カラーは残念ながら存在しません。カラーの高さがありすぎて斜頚の5歳児には装着できないのです。


このような場合、新聞を折って輪状にして包帯を巻いた手製の頚椎カラーでも良いのですが、忙しい外来診療の合間に作成することは現実的ではありません。


そこで、私は一番小さいサイズのポリネックカラーの上半分だけを装着してもらうようにしています。ご存知のようにポリネックカラーは2ピースで構成されており高さ調整ができます。

                        

キャプチャ - コピー




この2ピースのポリネックカラーの上半分だけなら高さはさほど高くないので、5歳児であっても充分に装着可能であることが多いのです。


注意点は、下半分のポリネックカラーを捨てないように親に言っておくことです。環軸椎回旋固定の再発予防のために、発症後3~4週程度は頚椎カラーを装着することが推奨されています。


しかし、斜頚が軽快するとポリネックカラーの上半分だけではブカブカになってしまいます。このため、再発防止のための装着期間にポリネックカラーの下半分も使用する必要があるのです。




       ★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★

自治医科大学准教授の星地先生の経験・知識を余すところなく収めたサブテキストです。定番と言われている教科書に記載されている内容は素直に信じてしまいがちですが、実臨床との”ズレ”を感じることがときどきあります。このような臨床家として感じる、「一体何が重要なのか」「何がわかっていないのか」「ツボは何なのか」を自らの経験に基づいて完結に述べられています。




                     


                  
Critical thinking脊椎外科



                        

自分の子供が環軸椎回旋位固定に・・・

このエントリーをはてなブックマークに追加


2日前の朝のことですが、子供が「首が痛い」と言ってなかなか起きませんでした。
「コイツ、学校に行くのが嫌なんだなぁ」と思って無理矢理起こすと痛がって首を傾けています。


???と思ってよく見ると、本当に痛そうです。まっすぐに立たすと、斜頚になっているではありませんか!そう、なんと自分の子供が「 環軸椎回旋位固定 」になってしまったのです。


時間があったので、丹念に触診すると環軸関節に圧痛があります。子供なので頚部の軟部組織が薄いため、環軸関節をしっかり触診できるのです。


今回は、特に上気道炎や軽微な外傷は無かったので原因不明です。念のため体温を測りましたが平熱でした。明らかに環軸椎回旋位固定なのですが、心配になるぐらい痛がります。


病院で診察する環軸椎回旋位固定の患児は、発症からある程度時間が経過しているケースが多いからなのでしょうが、触っただけで痛がるケースは稀だと思います。


しかし、発症したての環軸椎回旋位固定はかなり痛そうです。治療は介達牽引が推奨されていますが実際に外来で毎日行うことは難しい場合が多いので、今回も頚椎カラーを処方しました。


今日は発症から3日目ですが、幸いやや斜頚や疼痛はやや軽快傾向です。子供にとっては頚椎カラーを装着するのは結構嬉しいようで、昨日は喜んで装着したまま登校したようです。


環軸椎回旋位固定は20%弱ぐらいの頻度で再発するようなので、斜頚が治っても3~4週間ほどの期間は頚椎カラーを装着させようと思います。



       ★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★

自治医科大学准教授の星地先生の経験・知識を余すところなく収めたサブテキストです。定番と言われている教科書に記載されている内容は素直に信じてしまいがちですが、実臨床との”ズレ”を感じることがときどきあります。このような臨床家として感じる、「一体何が重要なのか」「何がわかっていないのか」「ツボは何なのか」を自らの経験に基づいて完結に述べられています。




                     


                  
Critical thinking脊椎外科



                        

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

管理人の著書

161228 【書影】医師の経済的自由
管理人によるケアネット連載コラム
log_carenet

医師のためのお金の話

管理人による m3.com 連載コラム
管理人も参加しているオンラインサロン
勤務医のための資産形成マニュアル
築古木造戸建投資マニュアル

医師のための築古木造戸建投資マニュアル 1
医師のための 金融資産形成術
医師のための金融資産形成術

タダで自宅を手に入よう!

医師のための収益マイホーム購入マニュアル


配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール

自由気ままな整形外科医


・医学博士
・日本整形外科学会専門医
・日本リウマチ学会専門医
・不動産投資家
・超長期金融資産投資家
・ビジネスオーナー
・宅地建物取引主任士

QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。