整形外科医のブログ

中堅の整形外科医が、日々の気付きを書き記します。投資の成功で働く必要が無くなりましたが、社会貢献のため医師を続けています。

リクルートドクターズキャリア

非常勤勤務の最新相場

このエントリーをはてなブックマークに追加


医師アルバイトでおなじみの リクルートドクターズキャリア に登録すると、毎月月刊誌が送られてきます。特集と求人広告という二部構成なのですが、内容が薄いのでスグに読めます。


今月の特集は「非常勤勤務の最新相場」でした。各医療機関では毎年1~3月に増加して、ピーク期は2月です。今年の募集数は例年通りで横這いだそうです。


ただ、近年募集内容に変化があった、関東では訪問診療を行うクリニックからの募集が顕著に増えています。これは2025年問題に向けて、病棟から在宅へのシフトに連動しています。


AGA(脱毛症)外来も新たに募集が増えている領域だそうですが、経験や専門性は低いので皮膚科医でなくても応募可能な施設が多いです。


これらの医師アルバイトの相場は、今年も例年通り時給1万円(※)が相場です。都心であれば千代田区・港区・渋谷区などの人気エリアよりも、郊外の方が時給は高い傾向にあります。


※ 日勤バイトの場合の時給相場です。夜診バイトでは時給1.5~2万円だと思います。


アルバイト基本講座でも説明しているように、相場以上の高額報酬を得るには医療機関との交渉が望ましいです。この場合には斡旋業者を通して交渉するとよいでしょう。


高額報酬を実現するための材料として本特集では下記の3つを挙げていました。
 1. エリアや診療の選択幅を広げる
 2. 売りとなるスキル
 3. 幅広い経験


医療機関は「即戦力」を求めているのです。いずれにせよ、今の時期は新規の非常勤アルバイトを検討するには絶好の時期だと思います。希望者は募集案件を精査するとよいでしょう。


ただし、アルバイトは所詮自分の時間の切り売りに過ぎません。漫然と「生活費の足しに・・・」といった目的で行うことは厳に慎むべきだと思います。


この点を注意していないと、アルバイト収入は「あぶく銭」となる傾向にあると思います。理想論を言うと、給料天引き方式でアルバイト収入には一切手をつけずに貯蓄することが望ましいです。


そして、貯蓄したアルバイト収入を資産形成の原資の一部に組み込むのです。私の場合は、アルバイト収入での貯蓄が、複数棟の物件購入の原資の一部となっています。


アルバイトで得た報酬が、収益物件や配当収入を生む株式に姿を変えて、継続的なお金の流れをもたらしてくれます。「あぶく銭」か「継続的な収入の原資」かは、あなたの決断次第なのです。



                ★★ 管理人監修の資産形成マニュアル ★★
 


管理人監修の「勤務医の、勤務医による、勤務医のための資産形成マニュアル」です。高度な医療技術で社会貢献するためには経済的安定が不可欠! という信念のもと、管理人は多くのメンターから指導を受けました。

その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。既に資産運用をしている方でも、勤務医のアドバンテージを生かした新しい考え方が見つかるかもしれません。

PDF版の販売で、30日間の返品保証付きです。当直1回分にも満たない価格なので、本マニュアルの手法を実践すれば、あっという間に元が取れると思います。 尚、医師以外の方のご購入はご遠慮ください。


情報教材表紙






勤務医で開業医並みに稼ぐ手法

このエントリーをはてなブックマークに追加


一人の整形外科開業医で達成できる経常利益は? のつづきです


高所得な勤務医として、下記のような勤務形態があります。開業医の平均所得である2600万円と比べてもさほど遜色無い数字だと思います。

 ① (手術症例を)集患できる能力が高いため、
    複数個所の病院から常勤医として給与を得ている。     
   例: 2000万円×2ヵ所=4000万円

 ② バイト医として生計を立てている。
   例: 10万円/日×6日×4週×12ヶ月=約3000万円

 ③ 民間の小規模病院のため、給与所得が高い
   +日勤のバイトを持っている
   例: 1800万円+10万円/日×1日×4週×12ヶ月=約2300万円


※ メインの勤務先が一般的なケースでは、さすがに開業医並みは難しそうです
 
 ④ 一般病院+日勤のバイトを持っている  
   例: 1200万円+10万円/日×1日×4週×12ヶ月=約1700万円


上記①②は体力的に永続性のある勤務形態では無いため、勤務医と比較した場合には安定性で開業医に分がありそうです。ただし、開業するには融資を受ける等のリスクがあるため圧倒的に有利とまでは言えないと思います。


上記②③は能力的なハードルは低いので、決断しだいで実現可能です。ポイントは平日に研修日を取ることです。ただし心理的に日赤や医療センターなどの急性期病院へ後戻りできないことが多いので、経験年数10年目以上のある程度の実力と経験を蓄積した医師の選択枝のひとつでしょう。


あと、②③では、
民間医局  医師バイトドットコム などの民間斡旋業者の助力が必須です。これらの業者に登録しても最初にアポイントがあるだけで、ワンルームやマンション業者のようなしつこい営業はもちろんありません。



           
          




結構、おもしろい案件を紹介してくれることがありますので、何社か登録しておくことをお勧めします。私は、両社に登録していますが、今も続けているペイの非常に良い日勤バイト1本と寝当直バイト1本は、民間医局 からの紹介でした。



尚、アルバイトに関してですが、医局の先輩から引き継ぐものより、条件の良い案件が紹介されることも多かったことを付け加えておきます。


私の運営する
ホームページに民間斡旋業者を通じてのアルバイト先との交渉方法のコツをまとめています。興味のある方はご参考にしてください。




アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

管理人の著書
管理人によるケアネット連載コラム
log_carenet

医師のためのお金の話

勤務医のための資産形成マニュアル
築古木造戸建投資マニュアル
医師のための 金融資産形成術
医師のための金融資産形成術

タダで自宅を手に入よう!


配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。