整形外科医のブログ

中堅の整形外科医が、日々の気付きを書き記します。投資の成功で働く必要が無くなりましたが、社会貢献のため医師を続けています。

リスク

小児の腹部・骨盤・脊椎のCT検査で高いがんリスク

このエントリーをはてなブックマークに追加

Medical Tribune Vol.46, No.36で、高線量の放射線に暴露する小児が増加 という記事がありました。


----------------------------------------------------------------------


高線量の放射線に暴露する小児が増加
JAMA pediatrics(2013; 167: 700-707)
カリフォルニア大学デービス校
Diana L. Miglioretti教授


・ 小児科ではCT検査は20年前から増加している

・ 小児は成人に比べて放射線暴露によってがんを発症する率が高い

・ 固形がんの推定生涯発生リスク: 年少、女児 > 年長、男児

・ 固形がんの推定生涯発生リスク: 腹部・骨盤・脊椎のCT検査 > 他の部位のCT検査

・ 女児の固形がんの発生リスクは下記のごとくです
   腹部・骨盤部CT: 300~390回/毎、
   胸部CT     : 330~480回/毎
   脊椎CT     : 270~800回/毎

・ 白血病の発生リスクは5歳未満の小児が頭部CTを受ける場合に最も高く、5000回/毎の発生頻度と推測された


---------------------------------------------------------------------


今回の研究結果をみて、管理人は意外なほど小児へのCT検査の悪影響が高いことに驚きました。リスク回避の観点からは、小児の頭部外傷などは積極的にCTを施行した方がよいのかなと思ってていました。


しかしこれだけがんの発生頻度が高いと、CTを行うことに躊躇してしまいます。CT施行を検討する段階で、この数字を提示してご両親にどうするか選んでもらうのが妥当なのかなと思いました。




  ★★ 良本さえ知っていれば、配送料無料であらゆる医学書を購入できます ★★
 

                      




夜勤経験のある女性で卵巣がんリスク上昇

このエントリーをはてなブックマークに追加

Medical Tribune Vol.46, No.20で、夜勤経験のある女性で卵巣がんリスク上昇 という記事がありました。

----------------------------------------------------------------------

夜勤経験のある女性で卵巣がんリスク上昇
Occupational and Environmental medicine (2013; 70: 231-237)


・ 対象は米ワシントン州の浸潤性上皮性卵巣がん患者1101例、上皮性境界悪性腫瘍患者389例、対照群1832例を対象に症例対照研究を行い、夜勤経験の有無と卵巣がんリスクの関連を検討した

・ 被験者の年齢は35~74歳

・ 浸潤性上皮性卵巣がん患者の26.6%、上皮性境界悪性腫瘍患者の32.4%に夜勤経験があった

・ 対照群の夜勤経験者は22.5%であった

・ 全体の夜勤経験の平均年数は2.7~3.5年で、その主な職種は医療関係、外食サービス、電話交換手であった

・ 解析の結果、夜勤経験と卵巣がんリスクとの間に相関がみとめられ、日中勤務のみの女性と比べて夜勤経験のある女性では、浸潤性上皮性卵巣がんリスクが24%、上皮性境界悪性腫瘍リスクが48%高かった

・ 夜勤経験と卵巣がんリスクとの関連にはメラトニンが関与している可能性がある

・ メラトニンはエストロゲンなどの生殖系ホルモンの分泌を調整しており、通常は夜間に産生されるが、夜間の照明により産生が抑制される

・ メラトニンには有害なフリーラジカルを除去し、体内の抗酸化物質の産生を促す

---------------------------------------------------------------------


夜勤の多い医療関係者には厳しい研究結果ですね・・・。私自身の感覚でも、夜勤や当直業務は「命を削りながら」敢行しているイメージですが、図らずも統計学的研究でも実証されてしまいました。


なかなか難しい問題をはらんでいるのでこれ以上コメントしようがないのですが、医療関係者の犠牲の上に現在の医療制度が成り立っています。




 ★★ 『 整形外科の歩き方 』でお宝アルバイト獲得のための基本講座を公開中です! ★★


      



いじめによる影響は若年成人期まで持続

このエントリーをはてなブックマークに追加

Medical Tribune Vol.46, No.20で、いじめによる影響は若年成人期まで持続 という記事がありました。

----------------------------------------------------------------------


いじめによる影響は若年成人期まで持続
JAMA Psychology (2013; 70: 419-426)


・ 対象は米ノースカロライナ州の小児1420例(9歳、11歳、13歳)

・ 対象児は9歳から16歳の間に4~6回の問診を受け、直近3ヶ月間にいじめの被害者あるいは加害者になったことがあるか否かについて回答

・ アウトカムは若年成人期(19歳、21歳、24~26歳)にYoung Adult Psychiatric Assessment(YAPA)を用いて評価した

・ 若年成人になるまでフォローできた1273例のうち、いじめの被害者になったことはあるが、加害者になったことはない ⇒ 335例

・ いじめの被害者になったことはないが、加害者になったことがある ⇒ 112例

・ いじめの被害者にも加害者にもなったことがある ⇒ 86例

・ いずれも経験がない ⇒ 887例

・ 貧困・虐待・不安定な家族構成など、精神障害の発症に影響を及ぼす可能性のある因子を調整後、”いじめの被害者になったことがある”、もしくは”いじめの被害者にも加害者にもなったことがある”と回答した児では、いずれの経験のない児と比べて精神的な問題を抱えるリスクが高い

・ いじめの被害者になったことはあるが、加害者になったことはない
 ⇒ 若年成人期の全般性不安障害、パニック障害、広場恐怖症のリスクが高かった

・ いじめの被害者にも加害者にもなったことがある
 ⇒ 自殺念慮、抑うつ症状、パニック障害のリスクが高かった

・ いじめの被害者になったことはないが、加害者になったことがある
 ⇒ 反社会性人格障害のリスクが高かった

・ いじめは被害者だけでなく加害者にも悪影響を及ぼすことが示唆された


---------------------------------------------------------------------


今回の研究は「いじめは精神的苦痛を伴うものの、成人すれば乗り越えられる一過性の傷害」だとする従来の認識を覆すものです。


幸い、私自身はいじめと無縁の生活だったので、今までいじめ問題に関心がありませんでした。しかしこの記事を読んで社会全体として問題意識を持って対応するべき問題なんだなと感じました。





 ★★ 『 整形外科の歩き方 』でお宝アルバイト獲得のための基本講座を公開中です! ★★


    



高尿酸血症は正常腎機能者の高血圧発症リスク

このエントリーをはてなブックマークに追加

Medical Tribune Vol.46, No.14で、高尿酸血症は正常腎機能者の高血圧発症リスク という記事がありました。

----------------------------------------------------------------------

高尿酸血症は正常腎機能者の高血圧発症リスク
第46回日本痛風・核酸代謝学会
山陰労災病院循環器科 太田原顕先生



・ 成人男性の高血圧発症の予測因子を検討するため後ろ向きのケースコントロールスタディを施行

・ 対象は、2001~2003年に同院人間ドックを受診した高血圧、糖尿病、脂質異常症の既往の無い65歳未満の成人男性

・ このうち、8年後に再度追跡可能であった338例(平均年齢53歳)

・ 高血圧発症群(HT群)と非発症群(NT群)を比較した

・ ロジスティック回帰分析をおこなったところ、SBP、血清尿酸値、年齢が独立した高血圧発症リスクであった

・ 初年度SBP/DBP (117±8 / 74±8.8 mmHg 対 110±10 / 69±9 mmHg)、血性尿酸値(6.4±1 mg / dL 対 5.8±1 mg / dL)、年齢(56歳±5歳 対 53±6歳)

・ この間のeGFRの低下はなかった


---------------------------------------------------------------------



腎機能低下に依存しない高尿酸血症は高血圧発症のリスクとなるようです。整形外科医は、外来で痛風発作を契機に高尿酸血症の治療を行うことは多いと思います。


この研究結果は、長期間におよぶ高尿酸血症の治療に対する患者さんへの動機付けにもなる良い報告かなと思いました。






          
    ★★ 管理人お勧めの医学書はこちら ★★
 


                      




カルシウムサプリメントの高用量摂取が男性の心血管疾患死リスク上昇と関連

このエントリーをはてなブックマークに追加

Medical Tribune Vol.46, No.13で、Caサプリメントの高用量摂取が男性の心血管疾患死リスク上昇と関連 という記事がありました。

----------------------------------------------------------------------

カルシウムサプリメントの高用量摂取が男性の心血管疾患(CVD)死リスク上昇と関連するが、女性ではその関連は認められなかった
JAMA Internal medicine(2013; オンライン版)


・ 対象は1995-6年に6つの州と2つの大都市圏で行われた米国国立衛生研究所(NIH)のAARP食事と健康研究に参加した388229人(男性219059人、女性169170人、50~71歳)

・ サプリメント非使用者と比べて、1000mg/日を越えるCaサプリメントを摂取していた男性の心血管疾患死亡リスクと心疾患死リスクは有意に高かった。

・ 脳血管疾患死は有意ではなかった

・ 女性においてCaサプリメントの摂取は心血管疾患死、心疾患死、脳血管疾患死のいずれとも関連が認められなかった。

・ Caサプリメントの摂が心血管疾患の罹患率や死亡率に及ぼす潜在的なリスクやサプリメント摂取による便益を評価するために、更に多くの大規模研究が必要である

・ 当面は低脂肪の乳製品や豆類、緑黄色野菜といったCaを豊富に含む食品を摂取することが安全である


---------------------------------------------------------------------


多ければ、多いほど良いといった考え方はCaサプリメントに関する限り破綻しているようです。やはり、サプリメントに頼るよりも食品からの摂取を心掛けたいですね。




 ★★ 『 整形外科の歩き方 』でお宝アルバイト獲得のための基本講座を公開中です! ★★


      



アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

管理人の著書
管理人によるケアネット連載コラム
log_carenet

医師のためのお金の話

勤務医のための資産形成マニュアル
築古木造戸建投資マニュアル
医師のための 金融資産形成術
医師のための金融資産形成術

タダで自宅を手に入よう!


配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール
QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。