整形外科医のブログ

中堅の整形外科医が、日々の気付きを書き記します。投資の成功で働く必要が無くなりましたが、社会貢献のため医師を続けています。

リーマー

THA: リーマーの使い方あれこれ

このエントリーをはてなブックマークに追加


人工股関節全置換術(THA)の際、低侵襲になるほど軟部組織が邪魔になります。
特に深部に位置する寛骨臼の操作で苦労するケースが多いです。


なかなか寛骨臼の奥まで目視することが難しいケースでは、リーマーが寛骨臼内にしっかり入っているのか否かを確信できないことがあります。


リーマーがしっかり寛骨臼内に入っていないにも関わらず、リーミングしてしまうと必ず偏心してしまうので要注意です。最悪のケースでは前壁や後壁を破綻させてしまうことすらあります。


このような場合、最も安全なのは、皮膚切開を延長して軟部組織を完全に切離して術野をムキムキの状態にしてからリーミングする方法です。


しかし、毎回コレをやっていると術者としての技量が全く上らないばかりか、患者さんにとっても侵襲の大きな手術になってしまいます。


これを解決する方法のひとつに、リーマーを逆回転しながら寛骨臼内の至適位置に誘導する方法があります。コツは軽く逆回転させながら、逆らわずに寛骨臼内に挿入することです。


リーマーを逆回転するので寛骨臼が掘削される危険性が少なく、逆回転によってリーマーが寛骨臼内の至適位置にセルフセンタリングされるので非常に重宝します。 



これ以外にも小径リーマーを用いて寛骨臼下壁の骨棘を簡単に切除できるので、手術時間短縮のツールとしてもリーマーの使用法を習熟することは悪いことではないと思います。




★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★

 
初学者が股関節外科の基礎および治療体系を学習するにあたり最もお勧めの書籍です。日本を代表する執筆陣が股関節外科に関するあらゆる事項を、非常に分かりやすく解説しています。この1冊があれば股関節外科のほぼ全ての疑問点を解消できると思います。


         




リーマーを寛骨臼内に誘導するコツ

このエントリーをはてなブックマークに追加


先日、人工股関節全置換術(THA)がありました。
最近では梨状筋~内閉鎖筋までの短外旋筋群を温存しています。


この術式のメリットは股関節の安定性が向上しますが、軟部組織を温存すればするほど手術操作が難しくなります。両者はトレードオフの関係なのです。


寛骨臼の下半分しか展開していないので、リーマーやカップを寛骨臼内に誘導することが非常に難しいです。通常のTHAでは苦労しないところで、操作上の問題点があります。


さて、これを解決する手法としてリーマーやカップを頭側から寛骨臼内に挿入すると、スムーズに誘導できることが多いです。


寛骨臼内は下図のように末梢側半分だけが展開された半円状になっています。この「半円」の形状にリーマーやカップの形状を「合わす」ためにリーマーの柄の部分を頭側に向けるのです。
  

141129




そして、この手技は梨状筋~内閉鎖筋までの短外旋筋群を温存するTHAだけではなく、人工骨頭置換術でも応用できます。


人工骨頭置換術の場合には大腿骨頭を抜去するために、骨頭抜去器の柄を頭側に持ってくるとスムーズに大腿骨頭を抜去できることが多いと思います。



       ★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★

 
    初学者がTHAの治療体系を俯瞰するにあたり、最もお勧めの書籍です


                   
    
                                    人工股関節全置換術

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

管理人の著書
管理人によるケアネット連載コラム
log_carenet

医師のためのお金の話

勤務医のための資産形成マニュアル
築古木造戸建投資マニュアル
医師のための 金融資産形成術
医師のための金融資産形成術

タダで自宅を手に入よう!


配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。