整形外科医のブログ

中堅の整形外科医が、日々の気付きを書き記します。投資の成功で働く必要が無くなりましたが、社会貢献のため医師を続けています。

ルール

ルールとモラルはどちらが大事?

このエントリーをはてなブックマークに追加


先日、アルバイト先で診察していると中学生が突き指したとのことで初診されました。
環指のPIP関節が腫脹しているため、両環指2方向の単純X線像を撮影依頼しました。


撮影された画像をモニターで見て目が点になりました。何と正面像が両手正面で撮影されているのです。しかも、小指は画像に写っておらず、環指も基部が欠けているではないですか!


もしかして両手2方向で撮影依頼してしまったのか? と思ってオーダーを確認しましたが、 しっかり両環指2方向でオーダーが通っています。


仮に両手正面像であったとしても、小指が完全に写っていない画像はありえないと思います。 そこで放射線技師さんに内線で直接確認したところ、「当院の撮影法はコレです」と言われました。


プアーな医療機関だと思いながら、 なぜ環指を中央にして撮影しなければならないかを説明したところ、放射線が垂直に入らないと正確な診断ができないことは理解していると言います。



では、なぜこんな撮影をするのかと問いかけたところ、「それが当院のルールだからです」とおっしゃられました・・・。悪びれずに堂々と言うところが、どうにも救いようが無いです。


医療機関の収益にも患者さんの利益にもならない撮影法を、この放射線技師さんは理屈を理解している(?)にも関わらず日々繰り返しているようです。これは職業倫理の問題です。



今回はちょっと極端な例かもしれませんが、医療機関のルーチンワークの中には時代に合わなくなったモノや、前提条件が間違っているモノがあるかもしれません。


今回の技師歴ウン十年の放射線技師さんを反面教師にして、もういちど自分の中でのルーチンワークを検証してみようと思いました。
 



 ★★ 『 整形外科の歩き方 』でお宝アルバイト獲得のための基本講座を公開中です! ★★


      




株式投資で絶対収益を目指す

このエントリーをはてなブックマークに追加

先週の火曜日は夕方から株式投資のセミナーに行って来ました。不動産関係のセミナーにはよく出席しますが、株式投資のセミナーに参加するのは久しぶりです。


今回の株式投資セミナーの講師は、元外資系ヘッジファンドのファンドマネージャーの方です。ちょうど私と同い年で、年初に私が開催した太陽光発電の見学会にも参加していただきました。


この方とは「大家仲間」なので、株式投資の話しをする機会はあまりありませんでした。よく考えてみたら非常にもったいない話しですね。


さて、さすがにヘッジファンド出身だけあって、株式投資の目的は「絶対収益」です。つまり相場環境に左右されずに収益を上げ続けることを目標としています。


この日のセミナーは株式投資のコツでしたが、結構レベルが高くて満足できる内容でした。この方がこの日に言いたかったことは下記の3つでした。

 1. 株式投資はしないほうが良い
 2. ルールを作ってそれを守る
 3. 100万円をタネ銭にして始める。それを1000万円にすることを目標にする


①は笑えますが、株式投資をしなくても食っていける状況であればそれに越したことは無いとのことでした。確かに株式投資で成功するには尋常でない精神的負担が必要となります。


②は、損切りと利食いのルールを徹底することです。例えば、10%下がると売る(損切り)・高値から10%下がったら売る(利食い)・3ヶ月動かなかったら売る(時間の損切り)等のルールです。


もちろん、実際のルールはこのような単純なものではありませんが、過去のデータを検証して使えるルールだと判断したら、そのルールに従って売買することが重要です。


③は、大きくもなく小さくもない金額で株式投資を始めて、とにかく経験を積むことが重要です。この中でも特に②が重要とのことでした。


さて、この日のセミナー内容を自分なりにまとめてみると下記のごとくでした。

 1. 株式で利益を出すコツは「売買方法」
 2. 投資対象の期待値を確認して、期待値の大きい対象を選択する


①は、過去のデータを検証して作成したルールを必ず守ることです。売買ルールを逸脱すると最終的には必ず負けてしまいます。


②の期待値は、投資金額に対して見込まれる投資収益金額をあらわしたもので、この数字が大きい対象を選択します。具体的には、個別株であれば収益性や成長性が高いものです。


期待値を上げる方法として、長期的なマーケット動向に逆らわないことと、 業績の良い銘柄を選択することが特に重要です。これは順張り投資の王道でもあります。


正直言って、この方の株式投資戦略は私と真逆の手法です。そして私が得意とする下落相場では、私と異なり先物売りを駆使して絶対収益を目指すそうです。


私のように10年間で3年間しか投資機会が無いようなことはなく、常に投資するチャンスがあります。省時間では私の手法に軍配が上がりますが、収益性はこの方の手法の方が上です。


私の手法の問題点は、上昇相場で投資のチャンスを掴めないことです。この弱点を克服するヒントにならないかを検証したいと思います。



★★  医師のための資産形成講義  ★★


第88回日本整形外科学会学術総会期間中の2015年5月23日に開催した、本ブログ管理人による 「医師のための資産形成セミナー」 の動画、および講演で使用したスライドです。


2015神戸セミナー



本セミナーは経済的自由獲得を目指す医師向けに開催しました。 資産形成マニュアル は、医師に最適化した資産形成手法だと自負していますが、文書だけでは伝わらないことも多いです。


講義内では、資産形成マニュアルにおいて文面だけでは伝えきれなかった資産形成のコツや、寝ていても定期収入をもたらしてくれる 「資産の自動運転化」 を中心に説明しています。 



アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

医療研究を身近な存在とし、医療の未来を作る


管理人の著書

161228 【書影】医師の経済的自由
管理人によるケアネット連載コラム
log_carenet

医師のためのお金の話

管理人による m3.com 連載コラム
管理人も参加しているオンラインサロン
勤務医のための資産形成マニュアル
築古木造戸建投資マニュアル

医師のための築古木造戸建投資マニュアル 1
REITで実践する不動産投資セミナー
190122
医師のための 金融資産形成術


配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール

自由気ままな整形外科医

・医学博士
・日本整形外科学会専門医
・日本リウマチ学会専門医
・不動産投資家
・超長期金融資産投資家
・ビジネスオーナー
・宅地建物取引主任士

QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。