整形外科医のブログ

中堅の整形外科医が、日々の気付きを書き記します。投資の成功で働く必要が無くなりましたが、社会貢献のため医師を続けています。

一次情報

売り上げの壁を乗り越えろ!

このエントリーをはてなブックマークに追加

ビジネスを展開する上で必ずぶち当たる壁があります。
そのうちのひとつは「売り上げの壁です。


仕事が取れないから売り上げが伸びないという場合が多いですが、そうではなくて売り上げをこなしていく業務をこなしきれなくて売り上げが伸びなくなることもあります。


例えば、私が現在注力している医療系スタートアップは現在第3期なのですが、第一期が始まった頃は、この売り上げの壁が大きくのしかかっていました。


どういうことかと言うと、当時の月商は100万円程度だったのですが、この程度の売り上げをこなすことにさえ、空き時間のほぼ全てを費やして注力していました。


病院から帰宅してからの業務だったので、文字通り24時間戦っているような状況でした。当時は何から何まで自分でやっていたため、いくら時間があっても足りなかったのです。


まさに自分自身に雇われてコキ使われている状態です。このような状態がずっと続くと死ぬまでバタバタ働かざるを得ない状況です。とても事業とは言えないなぁ・・・




個人事業からビジネスへ


そこで私はスタッフ探しという作業に着手しました。そうは言っても月商100万円程度しかないため、固定費でスタッフを雇うことは得策ではありません。


固定費ではなく変動費化して事業破綻リスクを抑えつつ、段階的にスタッフを増やしていくことにしました。スタッフを雇うということは固定給をイメージしがちです。


しかし、この考え方に拘泥される必要はありません。報酬については粗利に対する売り上げの何パーセントといった労働分配率で支払う方法があるのです。


固定給で雇おうとすると大きな心理的抵抗が生まれるので、なかなかスタッフを雇うことが難しくなります。しかし労働分配率で支払う方法であれば心理的抵抗は弱くなります。


また、スタッフを雇うと自分の取り分が少なくなると考えるのは間違いです。確かに短期的には、スタッフに報酬を支払うと自分の取り分から少なくなります。


しかし、忙しくて時間が無いことが、売り上げが伸びないボトルネックになっている状況では、この部分を拡張することが売り上げや利益を大きくするからです。




自分の業務を減らすべき理由


ただ、闇雲にスタッフを雇えばいいというものではありません。スタッフと言っても各人の能力はまちまちです。その業務に適した能力を持ったスタッフを雇う必要があります。


私が注力している事業では、医学的専門的な判断を要する業務と効率的に数字をさばいていく業務に大別されます。


当初は医学的知識を持たないスタッフを教育して、なんとか専門的判断をできるようにしようと努力していました。


しかし医学的専門的知識を業務で使えるレベルに引き上げることは容易ではありません。考えてみたら当たり前のことです。


医師国家試験に通るのに6年間もかかるような内容の知識を、片手間で教えて同様の結果を求めるということ自体が間違っています。


最終的には医学的専門業務に関しては医師にお願いするしかないという結論に達しました。完成された人材を雇うことで事業の拡大スピードが別次元の速さに変化しました。


やはり医師は優秀です。少しコツを教えるだけで、どんどん自分(もしくはそれ以上の能力をもった人)が複製されていく様は本当に感動的でした。


このようにして業務を体系化していき、自動化できる部分はシステム化して自分の業務をどんどん減らしていくことを考えます。


自分の業務をどんどん減らすことは決して怠けたいからではなく、マネージメント業務に特化するために業務を減らしていくのです。


私の場合、すでに宿泊業屋とネットビジネスにおいてはシステム化が完成しているので、ほぼ自動的に業務が回っている状況です。


もちろん、これらのビジネスが永久に回り続けることはありません。ビジネスにも寿命があるので、あと数年しか持続しないことが予想されます。


しかし、移り変わりの早い世の中なので、2~3年に1度ビジネスを立ち上げてシステム化することを繰り返していくことが、世の中を渡っていく理想形なのかなと思っています。






★★  医師のキャリア革命(オンラインサロン)  ★★


「経済的自由」を手に入れるために Facebookを利用した非公開のオンラインサロンに参加してみませんか?



gg - コピー




本サロンの目標は、参加者全員に生涯途絶えることのない "複数の収入の流れ"  を得るための " 学びの場 "  を提供することです。


資産形成マニュアルで、医師が効率よく資産形成を実践するノウハウを公開しましたが、本サロンはそのフォローアップの場と位置付けています。


それぞれの参加者たちが得た知識や体験を共有し、集合知を形成する。集合知は、サロンのメンバーが未知の航海に旅立つ際の羅針盤となる


そのような " 学びの場 "  を

  •  整形外科医のための英語ペラペラ道場
  •  整形外科医のブログ 

​ ​
がタッグを組んで運営します!!
参加希望の先生方は、こちらからお願いします




自分を追い込みすぎるな!

このエントリーをはてなブックマークに追加

ビジネスを展開していると、いろいろ気苦労があります。サラリーマンの立場しか経験がないと、経営者は上から目線で態度が大きいため、苦々しい思いを抱くことが多いです。


しかし、実際にビジネスを取り仕切る立場に立ってみると、ストレスにさらされない日はないと言っても過言ではないほど精神的に追い込まれることが多いです。


昔「サラリーマンは気楽な稼業」という CM がありましたが、実際にビジネスをしているとこのことは真実であることがよくわかります。


さて、私のようにガラスのハートしか持ちあわせていない一般人が、このような厳しいストレスに毎日さらされ続けていると、おそらく精神が壊れてしまうのではないかと思います。


このストレスに対して私がどのように対応しているかと言うと、あまり顧客の立場に立って感情移入し過ぎないことを心がけています。


ビジネスを行うにあたって、私は顧客の利益を最優先にしています。このため、競合他社よりかなりウェットな対応をすることが多いです。


しかし、これには限度もあり「顧客=私」と思うほど感情移入し続けると、精神的にとても危険な状態になります。「顧客=私」の状態では、逃げ道が全くなくなるからです。


顧客の利益は最優先するものの、最後の一線では「顧客  ≠  自分」と割り切ることが必要です。もちろん、このことは顧客の利益を適当に考えて良いということではありません。


そうではなく、自分の可能な限りのことをして顧客の利益を最大化しつつも、精神的には最後の一線を越えて自分を顧客と同一化しないというところがポイントです。


最後の最後は、顧客=私ではないという考え方をしていると、少し気が楽になります。このことは医療にも通じます。患者=私、ではないのです。


このように、ビジネスを回していくには、技術的なことはもちろんですが、経営者の精神状態もコントロールしながらやっていく必要があると、最近特に感じるようになりました。






★★  医師のキャリア革命(オンラインサロン)  ★★


「経済的自由」を手に入れるために Facebookを利用した非公開のオンラインサロンに参加してみませんか?



gg - コピー




本サロンの目標は、参加者全員に生涯途絶えることのない "複数の収入の流れ"  を得るための " 学びの場 "  を提供することです。


資産形成マニュアルで、医師が効率よく資産形成を実践するノウハウを公開しましたが、本サロンはそのフォローアップの場と位置付けています。


それぞれの参加者たちが得た知識や体験を共有し、集合知を形成する。集合知は、サロンのメンバーが未知の航海に旅立つ際の羅針盤となる


そのような " 学びの場 "  を

  •  整形外科医のための英語ペラペラ道場
  •  整形外科医のブログ 

​ ​
がタッグを組んで運営します!!
参加希望の先生方は、こちらからお願いします




実績の無い著名人には要注意!

このエントリーをはてなブックマークに追加

GACKT、本田圭佑、イケハヤに共通のことをがあります。
それは何だか分かりますか?


その答えは、何の実績も無いにもかかわらず、資産形成に関するビジネスを大々的に宣伝している点です。もちろん、彼らは自分の専門分野では非常に成功された方です。


名前も比較的通っているので、それだけで成功者のイメージがついています。彼らはその知名度を利用して、資産形成マーケティングの分野でも一旗揚げようと考えているようです。


私も含めた一般人の感覚では、著名人が実行していることや推薦していることは間違いないと思いがちです。このことはマーケティングを考える上で非常に重要です。


著名人を広告塔として用いることは、昔から非常によくあるマーケティングの手法です。テレビのCMが著名人で溢れかえっていることからも、このことはよく分かります。


このようなケースでも、宣伝している商品が、その著名人の成功している分野であれば、問題は比較的少ないのかもしれません。


しかし、単に有名であるというだけで全くお門違いの分野の広告塔になっている場合には、注意が必要だと思います。


一昔前に複数の大御所演歌歌手達が、疑似通貨「円天」というネズミ講の広告塔になって問題になったことがありました。


彼らの中には、円天の仕組みを完全に理解した上で広告塔となり、巨額の利益を得た者もいます。ここまでくると犯罪者です。


一方、一般人の立場からは、あれだけ有名な大御所演歌歌手が推奨している商品なのだから、間違いは無いはずと思います。


お客を集める側の立場では、著名人の集客力は非常に魅力的です。この場合、損をするのは 著名人のネームバリューに騙された一般人ということになります。


私は著名人を広告塔にするビジネスの全てが悪いと言っているわけではありません。ただ、著名人が広告塔になることは、その裏で何らかの経済的合理性が働いてると思うべきです。


特に、著名人の専門領域ではない分野の商品の場合には、著名人のネームバリューは全く参考にならないことを肝に銘じておく必要があります。


いくら著名人といっても、その分野で何の実績もない人の意見を鵜呑みにしてはいけません。それは、ネームバリューを利用したマーケティングの一環かもしれませんから。。。






★★  医師のキャリア革命(オンラインサロン)  ★★


「経済的自由」を手に入れるために Facebookを利用した非公開のオンラインサロンに参加してみませんか?



gg - コピー




本サロンの目標は、参加者全員に生涯途絶えることのない "複数の収入の流れ"  を得るための " 学びの場 "  を提供することです。


資産形成マニュアルで、医師が効率よく資産形成を実践するノウハウを公開しましたが、本サロンはそのフォローアップの場と位置付けています。


それぞれの参加者たちが得た知識や体験を共有し、集合知を形成する。集合知は、サロンのメンバーが未知の航海に旅立つ際の羅針盤となる


そのような " 学びの場 "  を

  •  整形外科医のための英語ペラペラ道場
  •  整形外科医のブログ 

​ ​
がタッグを組んで運営します!!
参加希望の先生方は、こちらからお願いします




ケアネット: おススメ情報収集法

このエントリーをはてなブックマークに追加

ケアネット・ドットコムの連載企画【医師のためのお金の話】第10回が本日アップされました。お題は、忙しい医師向けおススメ情報収集法 です。



log_carenet



詳細な内容はケアネットの連載企画に譲りますが、私が実践している投資情報の収集法を、医師目線で書かせていただきました。


AIの進化のために、記憶力が優れているだけの学歴人間は不要になっていくとの論調があります。確かに私大文系の入試に最適化したような人間は淘汰されていくでしょう。


しかし、全ての情報をスマホやクラウドなどの外部脳に委託してよいはずはありません。人間が新しいことを創造したり判断する材料として、知識や情報は必須だからです。


しかも、質だけではなくある程度の量が無ければ、素晴らしいアイデアを得ることはできません。このため、膨大な知識の海から有益な情報を効率良く収集するノウハウは必須です。


何の戦略もなくネットサーフィンするだけで、有益な情報を得ることは不可能です。ある程度戦略的に自分の欲しい知識や情報を獲得しにいく必要があります。


このことに関する私なりのノウハウを、今回の記事にまとめてみました。1分ほどで読了可能なので、是非ケアネットを訪問してくださいね。







★★  医師のキャリア革命(オンラインサロン)  ★★


「経済的自由」を手に入れるために Facebookを利用した非公開のオンラインサロンに参加してみませんか?



gg - コピー




本サロンの目標は、参加者全員に生涯途絶えることのない "複数の収入の流れ"  を得るための " 学びの場 "  を提供することです。


資産形成マニュアルで、医師が効率よく資産形成を実践するノウハウを公開しましたが、本サロンはそのフォローアップの場と位置付けています。


それぞれの参加者たちが得た知識や体験を共有し、集合知を形成する。集合知は、サロンのメンバーが未知の航海に旅立つ際の羅針盤となる


そのような " 学びの場 "  を

  •  整形外科医のための英語ペラペラ道場
  •  整形外科医のブログ 

​ ​
がタッグを組んで運営します!!
参加希望の先生方は、こちらからお願いします




リモートワークの現実

このエントリーをはてなブックマークに追加

最近話題の「働き方改革」について考えてみました。医師の働き方改革として、労働時間管理の適正化やタスク・シフティングの推進が話題になります。


確かに多忙な日常診療の現場をみていると、働き方改革を率先して実行に移すべき職種のひとつに医師が選ばれることも頷けます。


しかし、一貫して医師の労働時間を削減することにフォーカスして議論されていることに対して、少し違和感を感じています。


働き方改革の本来の目的は、生産性向上による国力アップだと思います。人口減少社会に突入した日本では、生産性向上は喫緊の課題です。




スタートアップでもスタッフの働き方は重要


そして、私自身が注力している医療系のスタートアップにおいても、スタッフの働き方を考えることは、経営戦略に直結する重要な課題です。


新しいこと好き(?)の私は、スタートアップの仕組みをすべてクラウドで完結させる方針で、最初から取り組んでいます。クラウドで完結するメリットは下記のごとくです。

  1.  初期投資が最小となる
  2.  固定費が最小となる
  3.  全国展開が容易
  4.  ある種の能力に長けたスタッフの採用に有利


上記①②の初期投資や固定費が最小になると、事業のリスクも最小限にすることが可能です。また、事業を開始するハードルもかなり低くなります。


完全にクラウドで完結している顧問業ビジネスから、宿泊業やレンタルスペース事業のように、現場にスタッフを派遣する形態まで展開していますが、概ね下記の装備です。



Slack+Google cloud+AWS+ネットバンキング+freee



売上1~2億円程度であれば、上記パターンのクラウド運用によって、オフィス等のリアルでの固定も不要なため、損益分岐点の低い非常に強固なビジネスを展開することができます。


③の全国展開に関しては、事業の種類によりますが、物理的なハードルが無いと全国展開が容易になりやすいです。全国各地に支店を出すには、膨大な資金が必要となりますから。


逆に言うと、全国展開を狙うのであれば、最初からクラウドで完結するビジネスモデルを構築すると良いということになります。そうであれば本社があるだけでOKです。


④のある種の能力に長けたスタッフとは、少し普通と違う感性を持っている人材です。決まった時間に決まった場所(=オフィス)に通うことは想像以上に大きな制約です。


その制約を良しとする人が大半ですが、そうではない人も世の中には居ます。そのような人は「普通」の会社に勤めることはできません。


しかし、クラウドがベースのリモートワークであれば制約が大きく緩和されるため、不安定なスタートアップでは採用が難しい優秀な人材であっても採れることもあります。




リモートワークの現実


ここまで、リモートワークの素晴らしさを語ってきましたが、実際に仕組みを動かしている感想を述べると、なかなか一筋縄ではいかないというのが正直なところです。


いつもでどこでも好きな時間や場所で働くというと、理想郷のような職場なのですが、実際にそれで結果を出せるかは別問題です。


働きやすいだけで結果を出せないようであれば本末転倒です。経営者からするとボランティアでスタッフを雇っているようなものなので、絶対に結果は出さなければいけません。


リモートワーク最大の問題点は、自発的に業務を執行する人じゃないと仕事が全然回らないことです。周りの目が無ければ、大人であっても意外とダラけてしまうものです。


おそらく、リモートワークはメジャーな働き方のひとつになるのでしょうが、自発的に仕事を回せる人しか通用しないという感触を得ています。この辺で大きな格差が生じそうです。


あと、スタッフのモチベーションを保つことが難しいことも問題点です。チャットやメール越しで仕事を進めるので、人との触れ合いが無く、モチベーションが低下しがちです。


対策として、月に1回ほどリアルの場での勉強会&飲み会を実践しようとしています。単に飲みたいだけだという話もありますが、飲みにケーションは意外と重要です。


このように問題点は山積していますが、それでもリアルの事務所を構えて行う従来のビジネスと比べて、メリットは大きいのではないかと感じています。




それでも、リモートワーク!


何といっても10年ほど前であれば実現不可能であった低予算でも、アイデアひとつで起業できてしまうのが最大のメリットです。


リモートワークがメジャーな存在になるのか否かは分かりませんが、最先端の働き方(?)を実践している私としては、試行錯誤しながらこのスタイルを維持しようと考えています。






★★  医師のキャリア革命(オンラインサロン)  ★★


「経済的自由」を手に入れるために Facebookを利用した非公開のオンラインサロンに参加してみませんか?



gg - コピー




本サロンの目標は、参加者全員に生涯途絶えることのない "複数の収入の流れ"  を得るための " 学びの場 "  を提供することです。


資産形成マニュアルで、医師が効率よく資産形成を実践するノウハウを公開しましたが、本サロンはそのフォローアップの場と位置付けています。


それぞれの参加者たちが得た知識や体験を共有し、集合知を形成する。集合知は、サロンのメンバーが未知の航海に旅立つ際の羅針盤となる


そのような " 学びの場 "  を

  •  整形外科医のための英語ペラペラ道場
  •  整形外科医のブログ 

​ ​
がタッグを組んで運営します!!
参加希望の先生方は、こちらからお願いします




アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

管理人の著書

161228 【書影】医師の経済的自由
管理人によるケアネット連載コラム
log_carenet

医師のためのお金の話

管理人による m3.com 連載コラム
管理人も参加しているオンラインサロン
勤務医のための資産形成マニュアル
築古木造戸建投資マニュアル

医師のための築古木造戸建投資マニュアル 1
医師のための 金融資産形成術
医師のための金融資産形成術

タダで自宅を手に入よう!

医師のための収益マイホーム購入マニュアル


配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール

自由気ままな整形外科医


・医学博士
・日本整形外科学会専門医
・日本リウマチ学会専門医
・不動産投資家
・超長期金融資産投資家
・ビジネスオーナー
・宅地建物取引主任士

QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。