整形外科医のブログ

中堅の整形外科医が、日々の気付きを書き記します。投資の成功で働く必要が無くなりましたが、社会貢献のため医師を続けています。

下肢アライメント

TKA: 皮切の小ささは無意味

このエントリーをはてなブックマークに追加


昨日の午前は人工膝関節全置換術(TKA)でした。使用機種は、ライト・メディカル(WRIGHT MEDICAL)のEVOLUTIONでした。なかなかデバイスが洗練されていて、使い勝手が良い機種だと思います。


さまざまなインプラントが発売されていますが、インプラント間(デバイス間)の差はマイナーチェンジ程度の差でしかないので、やはり術者の技量が手術成績に大きく影響すると思います。


一昔前に流行ったMISが今ではあまり顧みられることが少なくなった最大の原因は、侵襲の小ささに拘り過ぎて下肢アライメントや靭帯バランスのチェックが疎かになりがちな点だと思います。


昨日は12cm程度の皮切でしたが、やはり術野の展開が難しかったです。基本的には3名で手術を行っていますが、1名でも熟練していないドクターが居ると手術時間が延長してしまいます。


皮切が小さくなるほど、レトラクターの使用方法が重要となります。具体的には内側の展開を行う時には内側を中心にレトラクターを引いて、外側のレトラクターはほとんど抜けない程度に掛けているだけといった感じです。


MISは小さな皮切の手術ではなく内部の軟部組織に対する低侵襲手術であるとよく言われますが、インプラントを至適な靭帯バランスで設置するためには、軟部組織に侵襲を加えざるを得ません。


したがって、やはり分かりやすい”MIS”は、小さな皮切の手術ということになってしまいます。レトラクターの使い方次第でかなり皮切を小さくできますが、良い方向への長期成績には全く影響しないので、やはり普通に展開した方がよいかなと感じました。




       ★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★

 
    初学者がTKAの治療体系を俯瞰するにあたり、最もお勧めの書籍です


                  

    
      人工膝関節置換術[TKA]のすべて-安全・確実な手術のために


TKA: 大腿骨頭中心のマーキングの工夫

このエントリーをはてなブックマークに追加

昨日の午前は人工膝関節全置換術(TKA)でした。
かなり大柄な方だったのでインプラントサイズが大きく、少し時間がかかってしまいました。


私達は、
下肢アライメントを確認するため術前に透視下に大腿骨頭中心と下腿軸を確認してマーキングしています。大腿骨頭中心には心電図モニターの電極シールを皮膚上に直接貼付していましたが、金属の出っ張りが小さくて術中に探すのに少し苦労します。


先日、ZIMMERの方に下記画像のようなものを教えてもらいました。他の病院で考案された工夫のようで、シンプルかつ安価にできるので感心しました。


       
P1050916


これは、生食(500ml)のキャップに、いつも使用している心電図モニターの電極シールを貼ったものです。透視下に大腿骨頭中心の位置を確認して、サージット等でこのキャップ電極シールを皮膚上に貼付するのです。


ものすごくシンプルかつ安価なのですが(キャップは捨てるゴミですから)、あっという間に大腿骨頭中心の位置を確認できるようになりました。どなたかは存じ上げませんが、考案された先生はスゴイですね!




 ★★ 『 整形外科の歩き方 』でお宝アルバイト獲得のための基本講座を公開中です! ★★

          


アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

医療研究を身近な存在とし、医療の未来を作る


管理人の著書

161228 【書影】医師の経済的自由
管理人によるケアネット連載コラム
log_carenet

医師のためのお金の話

管理人による m3.com 連載コラム
管理人も参加しているオンラインサロン
勤務医のための資産形成マニュアル
築古木造戸建投資マニュアル

医師のための築古木造戸建投資マニュアル 1
REITで実践する不動産投資セミナー
190122
医師のための 金融資産形成術


配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール

自由気ままな整形外科医

・医学博士
・日本整形外科学会専門医
・日本リウマチ学会専門医
・不動産投資家
・超長期金融資産投資家
・ビジネスオーナー
・宅地建物取引主任士

QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。