整形外科医のブログ

中堅の整形外科医が、日々の気付きを書き記します。投資の成功で働く必要が無くなりましたが、社会貢献のため医師を続けています。

両側同時手術

THAやTKAの両側同時手術

このエントリーをはてなブックマークに追加


私が勤めている病院では、同一患者さんに対する両THAや両TKAなどの両側同時手術が多いですが、最近では同一患者さんのTHA+TKAというパターンも増えてきました。


コンスタントに両側同時手術を施行している施設はあまり無いと思われるので、メリット・デメリットについて考察してみました。


まず、両THAや両TKAなどの両側同時手術のメリットですが、やはり患者さんの経済的・時間的負担の軽減が最も大きいです。単純に1回分の入院費と治療時間が削減されます。


あと、両側手術施行例では、術後リハビリテーションが難しいのではないかと思われがちですが、意外なほど片側手術症例と比べて差がありません。むしろ、早い印象さえあります。


主治医の業務負担は、1/2~2/3程度に減ります。手術時には疲労が溜まりますが、それ以上にその患者さんに対する「慣れ」が発生するので、手術時間は短縮することが多いです。


一方、デメリットとしては、1回分の入院費用(約100万円)が無くなるので、長期的にみると医療機関の収益が減ることになります。



あと、片側手術症例と比べて手術侵襲が大きくなるので、術後感染リスクや深部静脈血栓症の併発リスクが上昇するのではないかと危惧されます(幸い、術後感染はゼロです)。


最後に、両側同時手術ではなく、同一患者さんのTHA+TKAというパターンですが、これに関しては、解剖学的な類似性に起因する「慣れ」は発生しません。


もちろん、経済的・時間的負担の軽減という患者さんのメリットは健在です。そして、特に術後リハビリテーションが遅れるという印象もありません。



以上から、両THAや両TKAなどの両側同時手術や、同一患者さんのTHA+TKAというパターンのメリットは大きいものの、それなりのデメリットがあるので慎重に判断するべきでしょう。





★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★

 
初学者がTHAの治療体系を俯瞰するにあたり、最もお勧めの書籍です


    




THA: 両側同時手術の是非

このエントリーをはてなブックマークに追加


先日、両側同時人工股関節全置換術がありました。
両側罹患例が多いため、患者さんが希望すれば両側同時THAも選択枝のひとつです。


最近立て続けに何例か両側同時THAがあったので、従来の片側手術と比べてみました。まず両側同時手術のメリットですが、患者さんの負担が一度だけで済むことが挙げられます。


後療法に関しては片側例と比べて、多少入院期間が延びる(1週間前後)程度です。側臥位の際には半側臥位で対応すると、創部を圧迫しないので問題ありません。


技術的には反対側の手術時間が短縮することがメリットです。関節の性状や軟部組織の緊張度が似ているため、反対側の手術は「経験済み」の手術となることが多いからです。


一方、デメリットに関しては患者さんへの侵襲が大きいことです。単純に考えても2倍のストレスが身体にかかっているので、種々の合併症を併発するリスクが高くなることが危惧されます。


技術的な問題点は下肢長の調整ですが、片方の手術を終了後に単純X線像で確認することで片側手術と同じように脚長差の調整を行うことが可能です。


最後に病院経営の面からは、一般的に両側同時手術はトータルの収益を押し下げます。これは両側同時手術の場合でも入院期間はさほど延長しないためです。


この問題は施設のキャパシティーと関連しており、年間に施行できる症例数よりも手術希望者数が多い場合には、両側同時手術であっても収益性を損なうことは無さそうです。



       ★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★

 
    初学者がTHAの治療体系を俯瞰するにあたり、最もお勧めの書籍です


                   
    
                                    人工股関節全置換術



THA: 両側手術は患者さんの利益か?

このエントリーをはてなブックマークに追加


昨日の午前の手術は、人工股関節全置換術(THA)でした。
両側変形性股関節症の方でしたが、たっての希望で両側同時手術となりました。


両側同時手術といってもTHAの場合は、体位変換するので一旦手を下ろします。したがって多発骨折のように特殊なシーツの掛け方等は無く、普通のTHA × 2 に過ぎません。


単純X線像では左側の方がやや変形がキツかったので、まず左側から手術を開始しました。骨棘形成が高度だったので寛骨臼の展開が苦しかったです。


大転子部裏側の骨棘を切除して何とかリーミングできるようになりました。次に一旦体位変換して右側の手術に取り掛かりました。ご存知のように人間の体は、左右が似通っています。


したがって、右側も大転子部裏側の骨棘を処理することで、寛骨臼の展開が可能となりました。左側に比べて、後から施行した右側の手術時間は30分ほど短縮されました。


しかし、右側の大腿骨側のステップぐらいから、かなり疲れていることを感じました。最後はマラソンランナーがゴールに飛び込むような感覚でした(笑)。


10時30分執刀開始で14時過ぎには両側とも手術が終了していましたが、片方だけのTHAと比べてやはりしんどかったです。最近、何故か体力を使うTHAが多い気がします・・・。


両側同時手術のメリットは患者さんの経済面での負担軽減です。しかし片側手術と比べて患者さんに対する侵襲が大きくなるため、感染などの種々のリスクが高まる可能性があります。


両側同時手術をウリにしている医療機関もあるようですが、真に患者さんの利益を考えると片側手術の方が推奨されるのではないかと思いました。




       ★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★

 
初学者が股関節外科の基礎および治療体系を学習するにあたり最もお勧めの書籍です。日本を代表する執筆陣が股関節外科に関するあらゆる事項を、非常に分かりやすく解説しています。この1冊があれば股関節外科のほぼ全ての疑問点を解消できると思います。


                 
         
                       股関節学



アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

管理人の著書
管理人によるケアネット連載コラム
log_carenet

医師のためのお金の話

勤務医のための資産形成マニュアル
築古木造戸建投資マニュアル
医師のための 金融資産形成術
医師のための金融資産形成術

タダで自宅を手に入よう!


配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。