整形外科医のブログ

中堅の整形外科医が、日々の気付きを書き記します。投資の成功で働く必要が無くなりましたが、社会貢献のため医師を続けています。

低体温

術中低体温は感染の要因?

このエントリーをはてなブックマークに追加


手術中の体温が低下すると創治癒不全や感染を併発しやすいと言われています。最初に報告されたのは、1996年の NEJM です。


術中に体温を正常体温に保つ群と低体温のままの群とに割り付けて調べたところ、低体温群が有意に創部の感染が多く、入院期間も有意に長くなると報告されました。


それ以降、いくつかの術中体温に関する報告がありますが、通常の麻酔→手術では中枢温で計測しても、正常体温の36~37度よりも1~2度低下することが多いそうです。


これらの報告を受けて、術中の中枢温を正常体温に維持することの重要性が麻酔科医師を中心に意識されるようになりました。


ただ、術中の中枢温を正常に保つことが、本当に創治癒不全や感染予防に有効なのか否かは、未だに論争が続いているようです。


そして、術中の中枢温を正常に保つことは意外と難しく、ベアハッガーのような温風式加温
装置を長時間使用していると低温熱傷を併発する可能性まで示唆されています。


このように
術中体温を正常体温に保つ是非に対するさまざまな意見や、中枢温を正常に維持する難しさがあるため、実際に日々の手術に導入するのは難しそうです。


しかし、知識として低体温は創治癒不全や感染を併発しやすくなる可能性が高いので、日常臨床においては頭の片隅に置いておく方が良いと感じました。






★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★

 
初学者がTKAの治療体系を俯瞰するにあたり、最もお勧めの書籍です






足部に痛風発作が好発する理由

このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、高尿酸血症治療剤のフェブリクの説明を受けました。
今更ながらですが、もらった資料が目からウロコだったのでご報告します。


周知のように痛風発作は足関節や足部MTP関節などに併発しやすいです。この理由は尿酸は低温になるほど溶解度が低下し、結晶化しやすい性質があるためだそうです。


これらの四肢末端や耳介は体温が低いため、関節液中の尿酸が結晶化しやすいのです。具体的には手関節や足関節より末梢は、室温20度で体温28度ぐらいになります。


尿酸塩イオンの溶解度は30度で4.5mg/dLなので、体温が28度ぐらいの四肢末端の関節や耳介が、体の中で最も尿酸が結晶化しやすい部位となります。


ちなみに尿酸塩イオンの溶解度は37度で6.8mg/dL、35度で6.0mg/dLなので、尿酸値 6.0mg/dL以下に継続的にコントロールすることが治療目的となります。


室温20度の状態では四肢末端の体温は28度で、尿酸塩イオンの溶解度は4.5mg/dL以下となるため、ちょっとロジックが合わない部分がありますが、概ね納得のいく説明でした。


ちなみにガイドラインでは尿酸の体液中での溶解限界が6.4mg/dLと考えられているため、尿酸値 6.0mg/dL以下に継続的にコントロールすることが治療目的となると記載されています。


いずれにせよ四肢末端や耳介で痛風発作を好発するのは、低体温下では尿酸塩イオンの溶解度が低下するため、関節液中で尿酸が結晶化しやすいからです。


一般整形外科医にとっては常識的なことなのかもしれませんが、私にとっては四肢末端に痛風発作が好発する理由を初めて知った瞬間でした。勉強不足ですね(笑)。




★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★


 
一般的で使用頻度の高い、鎮痛薬・睡眠剤・感冒薬・胃薬・止痢薬・去痰薬・便秘薬等の薬剤が、全13章にわたって系統立てて書かれています。それぞれの章の最初に、薬剤の分類図が記載されています。各系統間の薬剤の使い分けも平易な文章で書かれており実践的な書籍です。









姉妹本に『類似薬の使い分け』があります。こちらは全15章からなり、降圧剤、抗不整脈薬、狭心症治療薬、脂質異常症治療薬、糖尿病治療薬、消化性潰瘍治療薬、鎮咳薬、皮膚科疾患治療薬、抗菌薬などが1章ずつ割り当てられています。








アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

管理人の著書

161228 【書影】医師の経済的自由
管理人によるケアネット連載コラム
log_carenet

医師のためのお金の話

管理人による m3.com 連載コラム
管理人も参加しているオンラインサロン
勤務医のための資産形成マニュアル
築古木造戸建投資マニュアル

医師のための築古木造戸建投資マニュアル 1
医師のための 金融資産形成術
医師のための金融資産形成術

タダで自宅を手に入よう!

医師のための収益マイホーム購入マニュアル


配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール

自由気ままな整形外科医

・医学博士
・日本整形外科学会専門医
・日本リウマチ学会専門医
・不動産投資家
・超長期金融資産投資家
・ビジネスオーナー
・宅地建物取引主任士

QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。