整形外科医のブログ

中堅の整形外科医が、日々の気付きを書き記します。投資の成功で働く必要が無くなりましたが、社会貢献のため医師を続けています。

冤罪

痴漢冤罪を侮るな!!

このエントリーをはてなブックマークに追加

ときどき、公務員や医師が痴漢で捕まったニュースが流れています。「自分とは関係ない世界の話だな...」と軽く流してしまうのは大間違いです。


彼らは本当に痴漢して捕まったのでしょうか? もちろん、中にはそのような事案もあるでしょうが、冤罪的な要素が多分に含まれている可能性を否定できない事案も多いです。


残念ながら、一度警察に拘束されると、事実上「罪を認める」まで自由になれないシステムになっています。仮に冤罪であっても社会的に抹殺される可能性が極めて高いのです。


私の周囲でも冤罪に近い事案があったので、それ以来対策を考えていたのですが、妙案を思いつきません。弁護士の友人・知人がたくさん居ますが、そんな私でさえもです。


警察に拘束されたら、事実上、人生が詰んだと思っても過言ではないと思います。このため、そのような事態に至らないための予防策が重要となってきます。


しかし、冤罪の落とし穴は至るところに潜んでいます。例えば、電車などの公共交通機関に乗るだけで冤罪に巻き込まれる可能性が劇的に上昇します。


悪意ある相手に出会ってしまうと、冤罪を防ぐことは事実上不可能です。そのような相手を事前に察知することは難しいので、残念ながら完璧な予防策は無いと言わざるを得ません。


よく電車に乗るときは両手で吊革をもっていればOKと言われますが、これさえも万全ではありません。悪意ある相手が本気を出せば、赤子の手をひねるようなものです。


また、路上でも冤罪に遭遇する可能性があります。飲酒してフラフラ歩いていて悪意ある相手に遭遇すると、ジエンドになってしまう可能性があるからです。


このように冤罪の罠は至る所にあるので、完全に防ぐことは不可能です。少しでも冤罪に巻き込まれる危険性を減らすためには、

  1. 公共交通機関には乗らない
  2. 飲んだらタクシーで帰宅する


ということを遵守する必要がありそうです。う~ん、なかなか100%の実現は難しいですね...。やるせない気持ちになりますが、自分の身を守るためには仕方ありません。


重ねて言いますが、ニュースで流れてくる公務員や医師が痴漢で捕まったニュースを他人ごとと思ってはいけません。自分の身に降りかかる可能性があることを常に意識しましょう。






★★  医師のキャリア革命(オンラインサロン)  ★★


「経済的自由」を手に入れるために Facebookを利用した非公開のオンラインサロンに参加してみませんか?



gg - コピー




本サロンの目標は、参加者全員に生涯途絶えることのない "複数の収入の流れ"  を得るための " 学びの場 "  を提供することです。


資産形成マニュアルで、医師が効率よく資産形成を実践するノウハウを公開しましたが、本サロンはそのフォローアップの場と位置付けています。


それぞれの参加者たちが得た知識や体験を共有し、集合知を形成する。集合知は、サロンのメンバーが未知の航海に旅立つ際の羅針盤となる


そのような " 学びの場 "  を

  •  整形外科医のための英語ペラペラ道場
  •  整形外科医のブログ 

​ ​
がタッグを組んで運営します!!
参加希望の先生方は、こちらからお願いします




冤罪を防ぐ努力を怠らずに・・・

このエントリーをはてなブックマークに追加


ご存知の方も多いと思いますが、先月に酷いニュースがありました。




手術後の麻酔が残る女性患者に診察を装ってわいせつな行為をしたとして、警視庁千住署は25日、準強制わいせつの疑いで、東京都足立区にある柳原病院の非常勤外科医で、手術を担当した関根進(せきね・すすむ)容疑者(40)=東京都文京区=を逮捕した。「やっていません」と否認している。  


逮捕容疑は5月10日、同病院で胸の手術を受け、全身麻酔から覚めたばかりの30代の女性会社員に、手術後の診察と称してわいせつな行為をした疑い。  


柳原病院は病床数が85で、内科や外科、整形外科などの診療科がある。  


千住署によると、女性は意識はあったが手術後も麻酔が残り、身動きが取れない状態だった。女性から連絡を受けた会社の上司が110番し、その後、女性が被害届を出していた。

 




真偽は知りようもないですが、柳原病院はこちらのような抗議文をホームページに掲載しています。当時の状況を客観的に考えると、女性が訴える事実があったとは思えません。


物的証拠が何も無いにも関わらず、単に女性の被害届だけで逃亡の恐れが皆無である医師を逮捕するとは常軌を逸しています。これは、厳しいですね・・・


確かに、若年異性の診察に単身で訪床するのは、少々脇が甘いと言わざるを得ません。しかし、乳腺外科医や産婦人科医が100%看護師同席で診療するのは現実的ではありません。


今回のことは大々的に報道されており、ネット上は逮捕された医師に対する罵詈雑言で溢れています。冤罪だとしたら、たまったものじゃありません。


このような地雷を踏まないためにも、若年異性の診察では必ず看護師を同伴する必要があると思います。ただし、最近では男性看護師が増えているので「使えない」ことが多いですが・・・



一刻も早く事件が解決してくれることを祈りつつも、冤罪が確定しても社会的に失った信用力を取り戻すことは至難の業であることが分かります。


現実的には、私たちはこのような地雷を踏まないように今以上に慎重に自分の身を守る必要がありそうです。そういえば、ここ10年ほど私は満員電車に乗ることを極力避けています。


同様の努力(?)を医療の世界でも行う必要がありそうです。面倒ですが冤罪を避けるためにも、若年女性の診察では看護師さん同席が必須だと思います。





★★ 『 整形外科の歩き方 』でお宝アルバイト獲得のための基本講座を公開中です! ★★






アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

医療研究を身近な存在とし、医療の未来を作る


管理人の著書

161228 【書影】医師の経済的自由
管理人によるケアネット連載コラム
log_carenet

医師のためのお金の話

管理人による m3.com 連載コラム
管理人も参加しているオンラインサロン
勤務医のための資産形成マニュアル
築古木造戸建投資マニュアル

医師のための築古木造戸建投資マニュアル 1
REITで実践する不動産投資セミナー
190122
医師のための 金融資産形成術


配送無料! 医学書 購入サイト
プロフィール

自由気ままな整形外科医

・医学博士
・日本整形外科学会専門医
・日本リウマチ学会専門医
・不動産投資家
・超長期金融資産投資家
・ビジネスオーナー
・宅地建物取引主任士

QRコード
QRコード
記事検索
メッセージ
免責事項
免責事項に関して明示することで、当ブログの利用者は以下の事項に同意した上で利用しているものと考えます。 ここに書かれる意見には管理者のバイアスがかかっています。 利用者が当ブログに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当ブログの管理者は一切の責任を負いません。 また、当ブログの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。 また、当ブログは医療関係者を対象にしています。それ以外の方が、当ブログの情報から自己判断することは極めて危険な行為です。 必ず医療機関を受診して専門医の診察を受けてください。 当ブログの内容は、予告なしに内容を変更する場合があります。